車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月20日 イイね!
八千穂レイク氷上走行 動画氷上走行会の動画を編集しました。
下手くそですが、課題を克服して次回に繋げて行きます。

進歩の無い車載動画なので、そろそろエンジン回転、水温等の車両情報を追加表示させたいと思う今日この頃です。

今回のコースレイアウトはこんな感じです。
氷の状態が悪く、全ての車両を湖内に停められない状態だったので、毎回外の駐車スペースまで移動した次第です。




かなりテクニカルなコース設定のように思いました。

低中速コーナー主体で、このようなタイトなコースだと、サイドを上手く使う事が肝に感じました。
コーナーは、IN IN INで張り付いて走りたいのですが、フロントが逃げて行ってしまいます。

オーバースピードで進入した際、フットブレーキを使うと、さらにアンダーが加速してしまうので、
こんな時は、サイドを利用して減速しつつ、リア側を流して立ち上がると上手く回れるように思いました。

なんだか、ジムカーナをしている印象でした。

ドリフト角は最小に、スライド少なく立ち上がるように練習してみました。




次回の車載には、ワンランクUPを目指したいと思います。
上手くログ取れるかな?
Posted at 2017/01/20 23:15:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | サーキット | クルマ
2017年01月12日 イイね!
2017.1.11 八千穂レイク氷上2017年 あけましておめでとうございます。
今年も八千穂レイク氷上走行会に参加して来ました。

気温-8℃ 天候晴れ 氷のコンディションは不良。。。

なんとか無理くり開催してる感じです。
昨年は、この時期コンディション不良で休止でした。
本格開催されたのは1月下旬


前日も、14時位に終了し、かなりの水溜まりができてたそうです。

当日のドラミでも、氷のコンディションが悪いので、前倒しでスケジュールを消化し、早めに終了するお話でした。日帰りで、片道4時間半掛かる道中ですから、全然ウェルカムでした。

総走行距離は、595km(八千穂レイクでの走行含む) 燃費計表示11.0km 氷上、山登りはSモード 

道中は、ほとんどドライ路面で、山上の一部だけが圧雪路面でした。
少しの雪上ドライブでしたが、やっぱり雪道ドライブは楽しいですね!

氷上走行楽しい!
四輪ドリフト楽しい!
久しぶりで、車も違って、勝手が違いましたが、時間を重ねる程に、感覚が蘇って来ました。
デフもノーマルで全然行けるし、もちろんセンターデフはロックして、VDCはOFFにしないとまともに走れませんが・・・。

昨年購入した激安スタッドレスも、まだまだ使えます。



何回となく雪壁にぶつかり、バンパー破損したと思いましたが、なんとか持ちこたえました。
しかし、帰って見てみると、左フロントバンパーの一部が浮き上がっていました。多分ツメが折れたりしてるような・・・。

下回りも点検したら色々出て来そうな感じ。。



動画、ロガーもとりましたが、編集には時間が掛かりそう・・。
Posted at 2017/01/12 21:40:50 | コメント(2) | トラックバック(0) | サーキット | クルマ
2016年12月14日 イイね!
冬支度今年は、気温低下が早いので、山奥の湖が凍るのも早そうです。

本当は、スタッドレス交換する前に、鈴鹿サーキットに行きたかったのですが、日程合わずに断念しました。

という事で、スタッドレスタイヤに交換


ついでに、鳴きのうるさいリアのブレーキパッドも純正に戻しました。

2017年も氷上走行に行こうかと思います。

今年は、開催日程が少ないようですが、

アライモータースポーツの八千穂レイク氷上走行会に申し込みしました。

1/11(水)と2/8(水)です。

1/11(水)は、氷上の状態によっては、流れる可能性もあるので、2回申し込みしました。

その場合は、女神湖でも言ってみましょうかね。


Posted at 2016/12/14 16:37:04 | コメント(2) | トラックバック(0) | メンテナンス | 日記
2016年10月12日 イイね!


7年前のGPSログデーターを探し出して、今回の走りと比較してみました。
行けてないのは承知の上で、どこがいけていないのか探ってみる事にしました。

当時のGDBの仕様は、足回り(車高調)、インダクションホース、軽量クランクプーリー、
タイヤ245/40/18のR1Rと若干の軽量化、その他はノーマル

スタート地点を合わせて検証してみます。

【タイム】

 -GDB 2分3秒79・・・・青
 -GVB 2分10秒99・・・赤

  その差7秒2

縦軸 スピード 
横軸 距離

距離が同じなので、グラフが上にあればある程速い状態

ベストな走りは、綺麗なグラフですね。。。(笑)


【1コーナー】

 -GDB 最高速度229km・・・青
 -GVB 最高速度222km・・・赤

   ブレーキポイントは、青の方が38m奥
   赤は手前で止まり過ぎているので、ラインが上手く取れていない。
   ボトムスピードは青の方が6km低い

【コカコーラー】

 -GDB 最高速度175km・・・青
 -GVB 最高速度167km・・・赤

    ブレーキポイントは、青が28m奥
    ボトムスピード赤4km遅い

【100R】

  ライン取りはほとんど変わらないですが、旋回速度が9km~15km違う
  青の方が若干走行ラインが短い



【アドバンコーナー】

  ボトムスピードで、赤14km遅い 
  ライン取りもかなりの違いが
  青の方がコース幅を使い切れているが走行距離は長い

【300R~ダンロップ】

 -GDB 最高速度198.km・・・青
 -GVB 最高速度186km・・・赤

  ブレーキポイントは、青が27m奥
  アドバン立ち上がりからは、アクセル全開なので、
  進入のブレーキポイントとは別に、加速性能に違いがみられる。



【最終コーナー】

 赤が前なのは、単純に走行ラインが短いからでしょう。
 もっとコース幅を使い切ってスピードを乗せれば良いのかも知れません。
 実際、各コーナーでの速度差が最大16kmある。

【ストレート】

 最終立ち上がりからの加速は、3速→4速に入れるポイント、速度はほぼ同じなのですが、
 そこからの加速に差があります。青の方が車速で4km速く、その分5速に入れるタイミングが早い。
 そのまま最大速度差が6kmまで開きました。この差が最高速度の差そのものでした。

 この差は、車重の差? 抵抗の差? パワーの差? 
Posted at 2016/10/12 17:52:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | データーロガー | クルマ
2016年10月06日 イイね!


GPSデーターロガーから、先日の自分の走りを振り返りました。
実際に走っている時は、一瞬一瞬の出来事で、慌ただしく時間が過ぎて、結果のタイムだけ見ても、何が悪くてタイムが出ていないのかよく分かりません。

本当ならば、セッションが終わった後に、ロガーを開いて「ここが行けていない」とかできれば良いのですが、流石にプロチームではないので、そのような芸当はできません。

そうは言え、ロガーを開いてみると、色々見えてきます。
本当に便利ですごいシステムです。

感謝感謝

まだまだ、詰めれる余地はたくさんありました。

【その前にデーターをまとめておきたいと思います。】

 -最高速度ストレートエンド 200m看板辺り 223km
 -最大横G 1.366G アドバンコーナー進入
 -最大加速G 0.544G 1コーナー立ち上がり(下り)
 -最大減速G 1.04G ダンロップ進入

■ 1コーナー進入
   減速Gが弱い、ここで最大減速Gが出てない。ブレーキポイントまだ奥に取れる。
   手前で止まりすぎて、速度を合わせている。(前走車や並走車の兼ね合いもあり)

■ コカコーラコーナー進入速度 170.09km
   ここももっと奥まで行ける。4速180km位まで行けるはず?
   リアのスタビリティーがないとIN巻きして突っ込む所
   VDCオフにしないと介入して来る。

■ 100R旋回速度 125.20km
  アドバン進入速度 127.94km
   100R立ち上がりから、ヘアピンまでの突っ込みを強く、且つ、ボトムスピードを落とし過ぎない。
   ボトムスピードにバラつきがある。(前車に引っかかりもある)
   100Rは4速 ボトムスピード稼げるなら、4速のまま回るのもあり?

■ 300R 157.11km
   ダンロップ進入 190.07km

   ここもリアのスタビリティーがないと全開で行けない所
   5速まで入れず、4速8000回転で187kmまで引っ張るか
   5速入れるならば、早めのシフトUPで対応した方が車速が伸びる感じ?

■ 13コーナーからプリウスコーナー

   60km~100km位の速度で、メカニカルグリップが試されるところ
   総じてフロントの入りは良く、応答性、ハンドリングは良かった。
   敢えて言うと、加速しながらの旋回なので、強めのLSDが欲しいところ
   切り返しが多いので、サスストロークは短く、バネレートが高い方が有利?
  
■ ストレート
   変速に時間が掛かりすぎてるので、6速入れず5速8000回転まで回す手もありかも
   軽量フライホイールや、クラッチシステムでの軽量化が効きそうな感じ?
   計算では、5速8000回転で、237kmまで出るはず。
   最高速度からして6速要らない??

※状況を振り返るに、こちらの走行会は基本的に台数が多く、
   クラス分けもないので、混走状態です。
  長いコースの中で、どこかで必ず前走車に引っかかります。
  その中で縫うように走り、ベストタイムを出すのは至難の業です。

  車本来の持つ、ベストパフォーマンスをタイムという形で出すには難しい環境と言えます。

  それは、かつてGDBで走った時も同じであったと思います。
  そういう意味では同条件であり、手探りで初めて走ったのも同じなので、
  その中でちょっと速かったというのは、GVBの方が車のパフォーマンスが上であったとも、
  言えるかもしれません。

  
  そんなにしょっちゅう走れませんが、次に生かしたいと思います。
Posted at 2016/10/11 09:03:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | データーロガー | クルマ
プロフィール
◆2003年6月 筑波ライセンスを取得  1995年(H7年式)GC8C型WRXでサーキットデビュー   2006年6月2度目のミッションブローにより廃車を...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
リンク・クリップ
スバル WRX STI tS TYPE RA NBRチャレンジ  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/12 00:25:44
日産 モコ  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/01 16:00:57
I.woks 
カテゴリ:セッティング&ドラテク
2009/11/15 12:54:10
 
お友達
ポチッとやって下さい!
お気軽にどうぞ!
56 人のお友達がいます
田中 ミノル田中 ミノル *みんカラ公認 FistaFista
タカヒロ@GDBタカヒロ@GDB nobu@GVBnobu@GVB
ちいこちいこ GRT改GRT改
ファン
43 人のファンがいます
愛車一覧
スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
限定300台の内、NBRは200台、WRブルーの生産台数は47台みたいです。 時期とタイ ...
日産 モコ 日産 モコ
通勤、通学送り迎え&お買い物カー 
スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
筑波2000をメインに時々富士、茂木に行ってます。 【仕様】 ECUノーマル、純正交換 ...
スバル インプレッサWRX スバル インプレッサWRX
H7年式のGC8WRX(STIではない)をいじり倒した車です。 ラアンスポーツ 4ドア ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.