車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月08日 イイね!
サンクターボ覚醒!! 6秒台突入 @TC2000 本日、再びTC2000に行ってきました。関東では午後から雨でしたが本日の走行時間は朝一番。ドライ路面、気温も冷え冷えの絶好のコンディションで走ることができました。
  まっさらのニュータイヤのお蔭で、今日の走りは前回12月の走行とは別ものでした。グリップするタイヤのお蔭で、昨年の長期に渡ったメンテ&チューンの効果もようやく発揮することができたものと思います。
  この2年間、ずっと7秒台を目指して足踏み状態でしたが、本日の結果は、なんと7秒台を飛び越し6秒台に突入!!これまでの自己Best(1‘8“172)を大幅に更新する1‘6“533でした。

  我がクルマながら・・・「サンクターボ凄ゲ~!!!」

10年前、サンクターボでサーキットを走り出したときは、「いつかはTC2000で10秒を切る」ことを目標にしていました。その7年後(途中ブランクは有りましたが)9秒台に初めて入った時は嬉しかったですね。その頃6秒台なんて考えもしていなかったです。

  こちらがこれまでのTC2000 LapTimeのヒストリーです。足掛け10年。でも実は、回数でいくと20回しか走っていないですね・・・(うちWET走行は2回。途中海外転勤によるブランク有り)
  こうしてみるとタイヤ交換と同じペースでエンジンブローしているのがあらためて我ながら呆れるばかりです。(笑)


 こちらが本日の走行のラスト3周の車載動画です。初の6秒台突入のLap→クールダウン1Lap→ファイナルラップがBest Lap。



これでこれまでの苦難も報われた?
実は内心“6秒台も行けるはず“と思っていたのでそんなにビックリはしていないのですが、今日はドライビング的には余り褒められた走りではなかったし、シフトが入りづらい症状が再発したことによるロスも有ったりする中、あっさり6秒台が出た感じで・・・兎に角、ニュータイヤ様々の状態でした・・・。ドライバーとしてはその辺がいまいちスカッとせず。もっと上手い人が乗ったら間違いなく5秒台いけたと思います。

と言う感じなので、この際、5秒台まで目指しちゃいますか!!!
この先また2年以上掛かるかもしれませんが。(笑)

Posted at 2017/01/08 19:21:49 | コメント(10) | トラックバック(0) | サーキット走行 | クルマ
2017年01月04日 イイね!
サンクターボ 2016年の振り返りと2017年の抱負2017年を迎え、サンクターボとの生活も13年目に突入します。昨年は、これまでで最長の修理入庫となってしまい、スポーツ走行の回数は激減でした。一応2016年の運行記録をまとめておくと以下の通り。

<2016年の稼働記録> ( )内は前年比
走行距離:4099km (-1734km) 
稼働日数:19日(-16日) 
平均燃費:7.6km/L(+0.1km/L)
サーキット走行回数:2回(-3回)
  TC2000:2回
ヒルクライム走行回数:1回(-2回)
広場練習回数:1回 (+1回)
修理・メンテ入庫回数:3回(+1回)

年間の稼働日数は僅か19日に留まりましたが、その割に走行距離は走っています。メンテの為の三重との行き来をはじめ長距離走行が多かった為です。

<2016年の五大トピックス>
・足回り他もろもろの大メンテナンス完了(2月)
・通算5度目のエンジンブロー(ピストン溶け) (3月)
・秋タボ in 安曇野 参加 (10月)
・長年の懸案だったA/F値改善 (11月)
・All Japan hill climb festival 参戦 (11月)

兎に角2016年のメンテ(修理)費用は物凄いことになってしまいました。しかしまあ、今回エンジンもきっちり直したしA/F値も改善できたので、これでエンジンブローとは今後一切おさらばできると信じています。
走ることに関して言えば、なんとか修理が間に合って参戦にこぎ着けた、11月のヒルクライムがとても良い想い出となりました。

で2017年ですが、まずは大きなトラブル無く1年間フル稼働することが第一目標。(笑)
そしていい加減、この冬の間にTC2000での7秒台を達成したいものです。
その後も、ヒルクライムへの参戦を中心に引き続き全開走行しますヨ!!



ところで2017年最初の買い物はこちらのカレンダーとなりました。
各月2ページ有り、24枚+表紙1枚の写真が楽しめるGrBカレンダーです。
早速、調度空いていたリビングの壁のスペースに掛けてみましたが、家族の手により近々に撤去されるのは間違い無さそうです。(2Fのトイレの壁なら許すとのことでしたがこのカレンダー結構大きいので近過ぎて見れないよ・・・)



Posted at 2017/01/04 00:27:07 | コメント(3) | トラックバック(0) | My5turbo | クルマ
2016年12月28日 イイね!
タイヤ交換 結局245/45R16に この前の日曜日、予定通りタイヤ交換に行ってきました。ただし予定通りではなかったのがリヤタイヤのサイズ。本当は今回もクムホV700の265/45R16にしたかったのですが、なんと輸入元で在庫切れ。その次の入荷も未定とのことで止む無く以前の定番サイズ245/45R16になりました。
  265がないのならこの際、V700以上のグリップ力と思われる225/45R16のRE71Rにしてしまうかというのも有ったのですが、クルマ自体のポテンシャルがどう変わっているかをちゃんと確認しておきたいとの思いから今回も同じV700にしました。
  でも来年のヒルクライム用としてもう1セットあるホイールに225幅の国内ハイグリップラジアルを履かせることも検討中。DUNLOPのニューモデルとかイイかな?



外したフロントタイヤ。まだ山はかなり残っている状態。でも既にグリップ感は今一なのできっぱりと廃却。


こちらがリヤ。既に山はゼロ。広場練習でとどめ刺したので一部表面のゴムの剥がれもみられる状態。



で、装着後はこんな感じ。う~んやはり265と比べると迫力不足。(笑) 
クムホさん265/45R16の再輸入お願いします!!見栄え的に代わるものがありません。
確かにこのサイズのニーズがかなり少ないのはよく分かりますが・・・。僕以外でサンクターボに履かせている人もまだ見たことないし。でも930のターボとかに履けないかな?確か純生は245幅だったと思いますが。




タイヤ交換後の帰路。やはりタイヤのグリップ感が蘇ったのを感じる。
どうかサンクターボがサーキットで覚醒してくれますように!!
(クリスマスの日の夕刻。正面遠くに富士山が。)

Posted at 2016/12/28 20:35:46 | コメント(2) | トラックバック(0) | メンテ&チューン | クルマ
2016年12月24日 イイね!
タイヤ交換前に広場練習  昨日、我が家では子供達の友達&そのママ達のクリスマスパーティーが開催されていました。「あなたは邪魔だから何処かに行ってなさい」との指令が出ていた為、これは絶好のチャンスとばかりに早朝からサンクターボで出動。この週末にはタイヤ交換の予定の為、広場トレーニングで今のタイヤにとどめを刺してきました。
  練習用タイヤを持っていない僕にとって広場トレーニングできるのはタイヤ交換直前のまさに今のタイミングしかないのです。という訳で、実に3年ぶりにないじぇるイゲタさん主催の広場トレーニングへ。場所は筑波サーキットのジムカーナ場です。ここは確か遥か昔に走った記憶が・・・。ロードスターの時かな?(マツダじゃなくてユーノスの時代ね)
 
  基本的にはドリフトの初・中級者向けトレーニングなのですが、グリップ派の僕の目的は、限界域でのクルマのコントロール練習・・・・ではなく、サンクターボでドリフトをカッコよく決める為の練習です!!(笑)
 今回、クルマの仕上がり的には以前に比べればドリフトのコントロールの幅が広がっていることを実感できました。しかし、やはりサンクターボでのドリフトは難しいです。まあリヤ265幅のクムホV700でドリフト練習するなんて不向きこのうえないのでしょうが。

  イゲタさんにも運転してもらいましたが、やや狭い今回のコースだと2速のパワーバンドから外れてしまいドリフトし辛いとのこと。でもイゲタさんの腕にかかると、それでもちゃんとできちゃうんですよドリフト。クルマのせいにはできません・・・。








 午前中は8の字ターンでオーバーステアーを作る練習。徐々にコツが分かりつつありましたが、それでもまだこの程度の状態。


 一方、イゲタ先生のお手本はこちら。流石に初っ端はハーフスピンをしていますが、その後すぐに補正してしまうのは流石。


 午後は2速のターンの練習。結局、綺麗にまとめられた走りは1本もできず。難しい・・・。


 イゲタ先生の走り。流石にいきなりの1本なので前半はややてこずっています。しかし、素早くクルマの特性を理解し、最後のコーナーはパワーバンドを外さぬよう大きなRを取ることによりロングドリフトをきめています。僕もこれくらいのドリフトをきめたいです。
 

今回学んだこと「フロントタイヤのグリップを感じヨ!!フロントが十分グリップしていなくてはオーバーステアーは始まらない」まあ頭の中では分かっていてもそれを体で理解しなくては意味ないですから練習あるのみ。

1年と2か月お世話になったリヤタイヤ。(実稼働は5か月ですが)お疲れ様でした。
従来、外側の方が減りが早かった僕のクルマですが流石にこれだけキャンバー付けると内側の方が減るようになりました。



  あっという間に1日が過ぎ、16:00過ぎに練習終了。念の為、家に連絡してみると「もう少しゆっくりしてこい」の指令が。仕様がないから代官山蔦屋にでも寄っていくかと考えつつ、谷和原IC入口手前のガソリンスタンドで給油。
 しかし、ここで事件発生!!スターターがうんともすんとも言いません。結局その場で店を広げることに。(バイトの店員さんは見て見ぬ振りで何も言わず。セルフのスタンドで助かった。)エンジンルーム内のカバー類を全て外しこの状態。このような時、荷物をさっとまとめて降ろせる自作トランクBOXが大変便利です。(自画自賛)


 エキマニ下のセルモーターの遮熱板を外して原因発見。(幸いエキマニは既に大気温度まで下がっており素手でも触れる状態。冬でヨカッタ。)


 拡大すると分かりますか?セルモーターへの配線が端子の根本部分から千切れて、完全に断線していました。


 取り敢えず素線を剥いて、ナットで直接締め付けて暫定対策完了。所要時間は90分でした。毎度のローダーのお世話にならずに済んでヨカッタ。
 そんな訳で、期せずして時間潰しも完了。そのまま帰宅となりました。時間をみつけて配線ちゃんと直さないと。冬休みの仕事が増えてしまった・・・。
 という状況なので年内のTC1000は諦め。次は年明けに新品タイヤで再びTC2000に臨みます。


Posted at 2016/12/24 11:43:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | サーキット走行 | クルマ
2016年12月18日 イイね!
次のタイヤは何にするか?  先週のTC2000で既に終わっていることが判明した現在のタイヤ。前回交換したのは2015年の10月なので1年2か月。ここまでの総走行距離は4900kmでした。その間スポーツ走行は、TC2000×3回(ただし内1回は4周のみ)、FSW×1回、ヒルクライム×2回 だけです。
 ちなみに遡ってみると、その前の交換は1年4か月、6800km。さらにその前は10か月、3500kmで交換していました。(この時はパンクにより少々早目の交換)銘柄は全てクムホのV700です。
 まあ、僕の使い方だとサーキット走行の頻度にもよりますが1年過ぎたらそろそろ替え時ということでしょうか。
 消耗したタイヤでタイムが悪いだけならばまだ良いのですが、サンクターボの場合は兎に角じゃじゃ馬化が激しいので安全の為にももう交換有るのみです。

さて次のタイヤは何にするか?

案1)現在と同じ     クムホV700   フロント 195/50R15 リヤ265/45R16
案2)以前のサイズ    クムホV700   フロント 195/50R15 リヤ245/45R16
案3)新ハイグリップラジアル  BS RE71R  フロント 195/50R15 リヤ225/45R16
案4)定番ハイグリップラジアル DL Direzza ZⅡ フロント 195/50R15 リヤ225/45R16
案5)Sタイヤ          YH A050 フロント 195/50R15 リヤ225/45R16

その他では、最新・最強ラジアルとして評判のYH A052 も魅力的ですが残念ながら今のところフロントの15inのラインアップが無し。
さらには、DLからも最新のZⅢが発表されましたが発売はもう少々先(2月)の模様。

  クムホV700は、ハイグリップラジアルの元祖と思いますが、最新の国産ラジアルの実力はもう追いつき追い越している状態の模様。また、どうもV700はタイヤの温まりが遅い性質のようで、確かに僕も何度かやばいシーンを体験しています。とすると完全にタイヤが冷えた状態からいきなり全開走行が必要なヒルクライムには余り向いていないのでは?とも思え・・・
  一方、国産ブランドのタイヤとなると16inのリヤのサイズは225となります。僕のサンクターボのリヤホイールの9Jには少々細いかと思っていましたが、Sさんが履いていた225のSタイヤをみるとそんなに引っ張り風でも無く普通に履けていたので選択肢としてOKと考えています。外径はかなり小さくなりますね。案外ヒルクライムには有利かもしれません。でも見栄え的にはやはり寂しいかな・・・。

  で結局、今回の選択は案1で考えています。V700の265の実力はまだきちんと確認できていないし、なにより見栄え的には1番自分の好みなので。
まずはそこでしょ!!(笑)




  以前、ブログにもアップしたサンクターボ用の自作トランクBOXですが、その後、取っ手の穴あけとペンキ塗りを終え一応完成しました。
結構使い勝手も良くまあまあ満足。
背中の部分には、エンジンカバーの形状に合わせ微妙に傾斜を付けてあるのがポイントです。








  さて、もうすぐ今年も終わりですが、年内にもう少し走る予定。折角のズリズリ気味のタイヤなのでタイヤ交換の前に久しぶりにジムカーナ場での広場練習に参加してきます。ないじぇるイゲタさんの練習会です。
  さらにその後、タイヤ交換して予定が合えばTC1000に行くかも?
  そして年明け早々の1/8に再度TC2000へ!!
  今度こそは・・・。
Posted at 2016/12/18 01:11:08 | コメント(1) | トラックバック(0) | メンテ&チューン | クルマ
プロフィール
「@bozian これで本物が2脚揃ったといこですか? でも勿体無くて使えない?」
何シテル?   01/11 12:38
サンクターボが大好きです。 サーキット走ってますが、これがまた想像以上に楽しいクルマです。 どうぞ皆さんよろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
リンク・クリップ
【動画】ラテンフェスタ2015 最終戦 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/16 21:21:03
近況 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/08/04 23:43:23
クラゴン部屋筑波弐千稽古 スイフトスポーツ動画 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/04/15 22:04:10
お友達
サンクターボ好きの皆さんどうぞよろしくお願いします。
67 人のお友達がいます
TOSIHIROTOSIHIRO * BlueflexBlueflex *
さんちゃん?さんちゃん? * こさとうこさとう *
ahirukantaiahirukantai ローリー。ローリー。
ファン
74 人のファンがいます
愛車一覧
ルノー サンク ルノー サンク
1985年式のターボ2です。 型式8221つまりマキシの為のグループBホモロゲ車です。
ジネッタ G4 ジネッタ G4
1964年のラウンドチューブフレーム車です。エンジンは、ケントの1300cc改。ミッショ ...
トヨタ セリカ セリカGT-TS (トヨタ セリカ)
1984-1986サファリラリーを3連覇したセリカツインカムターボのグループBホモロゲー ...
過去のブログ
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.