車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月20日 イイね!
またエンジンが・・・・ @TC2000  本日、再びTC2000に行ってきました。RE71Rと共に。しかし結果は不発に終わりました。僅か5周でエンジンに異常が・・・。明らかに音がおかしい。しかし水温に異常は無し。一応走行もできる状態。
  ピットインしてチェックしたところフロントボンネット内でクーラントを吹いた形跡が。そう言えば、コースインして1LAPの慣熟走行が終了後、全開にした瞬間、フロントウインドウに水滴が付いたのです。その時は前走車からのものかと思っていましたが、どうもその時点で吹いた模様。ただしクーラントの水量はそれ程減ってはいませんでした。
  結局、走行を諦めパドックでプラグのチェック。焼け具合は問題無しでしたが3番シリンダーが濡れている。燃焼室の中を覗くとやはり水分が。
  音は変ですが一応エンジンは掛かって車も動かせる状態。軽微なガスケットの吹き抜けかな・・・。しかし流石にこの状態で自走で帰るのはリスク高過ぎだし、また自分で治せる類の不具合ではないのは明白です。この状況では、やはりエンジンを直してもらったAさんに見てもらうしかないので再びSOSです・・・・
  流石にショックです・・・。(軽症であることを祈りつつ、取り敢えずエンジンブローという言葉を使うことは控えておきます)




そんな状況だったので、今日の成果は極僅か。
まず5周しかしていないのでクラッチの状況は確認できず。(前回も最初の10周くらいは症状出なかったので)
もうひとつRE71Rの実力チェックは?
確かにV700と比べるとグリップ力が出るのが早いのは間違い無し。アウトラップの次の周からもう行けそうな感触でした。温まったあとの比較で言うと、まずフロントのグリップはRE71Rの方が上と感じました。1ヘア、2ヘアの突っ込みで差を感じます。一方リヤは1コーナーで流れる挙動が何度か出ました。流れ出しはとても分かり易く、コントローラブルな流れ方でしたが、絶対的なグリップ力はやや低いか?245→225と幅が狭くなった影響が大きいものと予測されます。
今日は、周回数が余りに少なかったのでもう少し走ってみないと本当の評価はできませんが、タイヤの印象としては非常に良かったです。もっと走ってどこまで行けるのか試してみたかったです。無念・・・。




本日の車載動画です。
アウトラップの最終コーナー立ち上がりでウインドウに水滴が!!
1周おいて7秒台×2周のあと6秒台に突入。
さらにペースを上げたかったその直後エンジン音に異常が・・・・
Pit in。


 朝一番、8:00からの走行枠で5周しかしていないので余りに早い時間。駅に向かう前にしばらくパドックを呆然と彷徨っていました。
 折角なので今日見掛けたクルマの写真でも









 こちらのエリーゼPh1の方とは以前もご一緒させてもらったことがあり暫し歓談。駅までお願いしちゃおうかと思いましたが、残念ながら助手席は荷物スペースで乗れません(笑)



 僕のサンクターボは、Aさんがピックアップに来てくれるまで暫く待機です。いつの間にかいつもの一番隅の場所にEV充電器が設置されている・・・。仕方ないのでその隣りへ。

Posted at 2017/03/20 18:42:11 | コメント(4) | トラックバック(0) | サーキット走行 | クルマ
2017年03月12日 イイね!
BS RE71R投入  気温の方も真冬の寒さは既に無く、タイムアタックシーズン終了モードのこの時期ではありますが、再び新品タイヤを投入することにしました。
  今年のヒルクライムシリーズ参戦に向け、これまでのクムホV700に比べより冷間性能の良さそうなBS RE71Rを投入しようかと。となればいっそのこと早目に投入して、あとちょっとで手の届きそうなTC2000 5秒台に挑むしかないと思い立った次第。
 
  クムホV700もまだTC2000を2回しか走ってないので当然そのままヒルクライム参戦時以外で使用する予定。これまでは、1セットを摩耗限界が来たら新品交換のサイクルで使っていたので、タイヤ2セットを使い分ける体制は初めてです。
  今回、新品タイヤを履かせるスペアホイールが錆だらけの醜い状態となってしまっていたので先週末と今週末の空き時間はひたすら錆落とし作業に従事。電動ツール、ブラシ、ウエスを駆使しひたすらコンパウンド磨く骨の折れる作業でした。パナスポーツの3PCホイールゆえのボルト周りの作業が特に面倒。もとの状態への復元はとても無理で、まあ競技用としてはなんとか許せるレベルの状態にまでするので精一杯でした。

発見時の状態


磨き後


 今回、タイヤはなんとAMAZONで購入。他のネット通販と比べても安かったのでビックリ。届くのも早かったし。で、交換は本日、以前もお世話になったタイヤフィッターさんの出張作業にて。



  そしてこちらがRE71R装着状態。フロントはいつも通りの195/50R15サイズですが、リヤは245/45R16→225/45R16にサイズダウンとなりました。そもそも国産ブランドのハイグリップタイヤの16インチは225サイズまでしかラインアップされていないのでいたしかた無し。


従来の245/45R16と今回の225/45R16の比較がこちら。
左が245。右が225です。



  幅が細くなるのに加え外径も小径化されています。つまりギヤ比としてはローギヤード化されることに。ヒルクライム用としてはこの点は逆に有利になるかと。
クムホ245の外径619mm 
BS 225の外径 608mm
なので、245で4000rpmだったところで225では4072rpmで走れます。
・・・・あれ?余り変わらないか。
 ちなみに昨年秋のヒルクライムフェスティバル時に履いていたクムホ265ではどうかと言うと、外径 639mmだったので3874rpmとなります。
265→225の比較でいくとまあそれなりのギヤ比差にはなりますか。
昨年のヒルクライムフェスティバルでは低速コーナーではかなり1速を多用して走っておりお蔭でスピードが乗らず・・・。DVDで外からの走行映像みると他車に比べても明らかに遅い・・・。たまたま横でチラ見していた全くクルマに関心の無い長男に「なんで遅いの?」と言われてしまう有様。
 つまり今回、タイヤの小径化をしたからにはタイトコーナーでは1速→2速に上げて走れなければ意味がないことになります。う~ん2速で加速してくれるかな?なにせ古典的ターボ車なのでターボバンド外すと本当に加速しないので。 

 しかし225だと折角のデカパンに対してかなりスカスカ。やはり見た目ではクムホの265がBestです。



 ちなみに僕のパナスポーツのリヤホイールサイズは9Jなので実は265くらいが適正サイズ。225だと完全に引っ張り傾向となり、ご覧の通りサイド形状が樽型になっています。



  本日の午前中は昨日気が付いた不具合のチェックの為、下道を2時間ほどドライブ。幸い問題なさそうです。あと先日高速道走行中にハンドルの振動が発生していたのですが、タイヤ交換時に、併せて調べてもらったところ右フロントタイヤのバランスずれだったことも判明。次回また使用するのでバランス調整しておいてもらいました。
 とりえあず次回3/20のTC2000走行に向けクルマの方の準備はOKです。



  おっとそういえば2017年のヒルクライムシリーズのカレンダーがいつの間にかアップされていました。初戦は、5月13日、14日の連戦か。この翌週も恒例のお泊まりツーリングの予定なのですが・・・。果たして連荘できるのだろうか?

Posted at 2017/03/12 22:55:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | メンテ&チューン | クルマ
2017年03月04日 イイね!
車検完了サンクターボ購入以来、通算7回目の車検が完了しました。併せて、懸案のクラッチの不具合対策も。明らかな不具合は見つかりませんでしたが、オイルラインのフィッティング部からのエア混入を疑い、ノーマルの樹脂製の油圧ラインをステンメッシュに変更しました。果たしてこれで解決となるか?サーキット走ってみないと分かりません。

おや、何か荷物を積んでる・・・・



実は、こんなものを買ってしまいました。
走りの方はそこそこになって来てたので、次はもう少しクルマを綺麗にして行きたいな~と思う今日この頃なのです。


そんな矢先、先週ショッキングな事態が発覚。
なんと、ここ数年カバーを掛けてバルコニーに置いてあったスペアのホイールがこんな状態に・・・・。カバーが風で飛ばされて雨水がかなり溜まっていた様です。



実は、タイムアッタクシーズンも終わりつつあるこのタイミングでニュータイヤを再投入してなんとか今シーズン中での5秒台達成を、と考えていたのですが、その為には、どうしてもこのスペアホイールが必要なのです。
あっニュータイヤと言っても今度は、クムホV700でなはくBSのRE71RかDLのDIREZZA ZⅢにする予定。リヤのタイヤ幅は245→225と細くなってしまいますが、グリップはかなり高そうだし、また外径が小さくなることからヒルクライム用としもマッチするかと。(普段は太くて見栄えの良いV700で行きますが)
しかし、このホイールを復活させるのはかなり骨が折れそう。間に合うかな・・・


Posted at 2017/03/04 23:34:20 | コメント(1) | トラックバック(0) | メンテ&チューン | クルマ
2017年02月12日 イイね!
ニューイヤーミーティングとか、セリカTCターボとかブログネタとしては時間が前後しますが、かれこれ2週間前の1/29にお台場のニューイヤーミーティングに行ってきたので遅まきながらその時のレポートを。
  因みにこの日は嫁さんが1人でお出掛けだったので、娘を、「ちょっとだけクルマ見た後、ランチして帰ってくるか」とエサを撒いて連れ出すことに。グズるとまずいので足はサンクターボではなく、スーパーラグジュアリーカーのセレナです。


それでは、いつも通り全くの個人的趣味で気になったクルマをご紹介させていただきます。

まずは一般の駐車場で240ZGに遭遇。イイいですね~。やはりS30Zは魅力的です。


RSワタナベのブースに展示してあったこちらのホイールイイな。S30とか510に似合いそう。


今もヒストリック系のレースも行われていることも有り、B110、B310サニーは多く来ていました。人気の理由はやはりA型エンジンでしょうか。部品も豊富で、恐らくベースのエンジンも安価に手に入ると思われ、チューニングエンジンを楽しみたい人にはうってつけではないでしょうか。




こちらのB110はナンバー付きです。


こちらのB310サニー。懐かしい~。遥か30年近く前、弟がこれにそっくりの310に乗っていました。チンスポイラーはなかったけど、赤いアドバンのホイールとか、ちらりと見える純正のシートとか一緒だ。
ディーラーの中古車センターで買ったドノーマルをコツコツと自分でチューニングしていましたが、ソレックスとタコ足を付けただけで見違えるようにスポーティになったりして面白かったですね。
まだ大黒PAもベイブリッジもなかった当時の大黒ふ頭を走っていた時、アンダー出して路肩に突っ込み、曲がったロアアームを徹夜で交換して帰ってきたこともあったな~。


これはホンダスポーツのクーペですね。スタイル的には、決してカッコよくないのですがどこか惹かれるものがあります。(同じ意味でBMWのZ3クーペとか、スマートロードスターのクーペなども好きです。)当時の広告なんか見ると、純粋なスポーツカーであるオープンモデルに対し、こちらのクーペはビジネスの足にもなるスポーツカーという位置づけでした。そう言えば調度デビューしたばかりのマツダロードスターRFのコンセプトとも似てるのかな。流石にあちらはもっとスタイリッシュに仕上がっていますが。



こちらもホンダです。ホンダ最初の市販4輪車はこの360ccの軽トラックでした。クラブスタンドに展示してあったスケルトンモデルを見ると分かるように、なんとエンジンは、この後、ホンダスポーツにも採用される4気筒DOHCエンジンでした!!キャブも4キャブですね。昔のホンダに数々あった武勇伝の1つです。



こちらもクラブスタンドに展示されていたクルマ。程度極上のX1/9です。この綺麗さは、程度極上のクルマをさらにレストアしたのでしょうか?決して高価ではないこのクルマにここまで手を掛けているのは逆に極めて希少です。



このイベントで毎度見ることのできる240RS。今回は2台。
左のクルマのホイールはマルボロカイエンさんのと同じかな。


このエンジンは2TG?
ではなくトヨタ1600GTの9Rエンジンです。


ハコスカGT-Rのデビューレースで本当は優勝だったクルマとして有名です。(走行妨害でゴール後に失格となりGT-Rが優勝)
ハコ車にDOHCエンジンを積んでしまうという、まさに和製コルティナロータスです。


日野コンテッサ。このクルマも好きな国産車の1台。


このクルマのエンジンは後ろ。当時、RRはまだそれなりにポピュラーなレイアウトでした。



こちらは、当時アメリカであのデイトナコブラのデザイナーとしても有名なピートブロックが走らせていたクルマ。(のレプリカ?)日野がアメリカでのPR活動の為にピートブロックに委託して走らせていたものです。
そのつながりでピートブロックが作り日本GPに持ち込んだレーシングカー、日野サムライは有名です。


こちらはクラブマンレーサー風な1台。これをサーキットとかで走らせたらカッコイイですよね。でも部品とか苦労するんだろうな。その点、欧州車は大変恵まれています。



いすゞのベレットも大好き。今回は台数も多く集合していました。
まずは、このイタリア車を思わせる秀逸なデザインが魅力的。
(個人的な意見ですが、デザイン的にはアルファのジュリアクーペより好きかも。少々古臭さが残り洗練されていないところも含めて)




一番人気が高いのはこの117クーペ譲りの1600DOHCを積んだGT-typeRですね。



このネガキャンがGood!!



という感じでSHOP回りも含め、2時間ほどプラプラして会場を後に。
そしてランチの為に、近くのビーナスフォートまで。
お腹を満たし娘の機嫌も良くなったところで、隣接するトヨタのヒストリックガレージにふらりと入ったところ全く知らなかったのですが、なんとトヨタの歴代WRC車が特別展示されていたのです!!!

入っていきなりこのクルマとご対面。幻のグループBカー(グループS)222Dです。実車を見るのははじめてです。


後ろから見るとお解りの通り、ベースは初代MR-2。これに3SGターボエンジンを積み4WD化したマシンです。
実戦を走ることなく終わった試作車ですが、素人目で見ても走らなそう(笑)
WRCを走るにはベースのクルマが小さ過ぎと思います。でも実戦を走るところ見たかったな~。







そして中央に鎮座していたのがこちら。


サファリ3連覇を達成したグループBカー セリカTCターボです。
こうして30年の時を経てワークスカーと対面できたことは元オーナーとして感無量です!!! いや嘘じゃないですよ。ホントにこのグループBカーのオーナーでしたから(笑)





最後に思わぬおまけ(というかこちらが目玉だったか)もあって娘共々??楽しめた半日でした。


Posted at 2017/02/12 17:22:56 | コメント(1) | トラックバック(0) | イベント | クルマ
2017年02月04日 イイね!
F40との遭遇  昨日の金曜日はAMで仕事を切り上げ、元職場の少々遅めの新年会の為、伊豆の伊東温泉まで行ってきました。天気も良さそうなので偶にはのんびりドライブしつつという感じでサンクターボで出動です。

  平日とはいえ昼間の鎌倉~134号~箱根新道は少々混雑。伊豆スカインに入ってようやく快適なドライブを楽しめました。箱根までは時々来るのですが伊豆スカイラインは久しぶり。と言うかサンクターボで走るのは実は初めてだったかも?







  明けて本日。再び天気は快晴ということで折角なのでまた山を登り伊豆スカイライン経由で大観山までのルートを選択。




  そして伊豆スカイラインを抜けて大観山まで向かう途中で後方になんとF40を発見!!すかさず道を譲りF40を追走。その後ろ姿を堪能させていただきました。


  F40も行き先は同じ大観山のパーキング。ちゃっかりサンクターボを隣に止めてオーナーさんに声を掛けさせていただきました。


  このF40は某有名Shop制作のLM仕様だそうです。カッコイイな~。仮にもしサーキット走行&ヒルクライム用のロードカーを1台くれると言われたらF40選んじゃうな。性能や速さで言えばもっと速くて新しいクルマはいくらでもあると思うけどF40ほどピュアでダイレクトで、そして官能的なクルマはその後もう登場していない気がします。もう今の時代ちゃんとした自動車メーカーがこんなヤバイクルマを作ることは許されないでしょう。(笑)




  その後ラウンジでお茶などご一緒させていただき、そこで大観山の常連さんというこちらのお仲間の方々もご紹介いただきました。
930ターボは最終の89年型。兎に角程度極上でびっくり。リヤタイヤのサイズは僕のサンクターボと同じ245/45R16です!!
ハコスカGT-Rは、以前にもここでお会いしたことがあるクルマでした。(フロントのオーバーフェンダーで思い出しました。)
イイな~。やはり僕の好きなクルマはどうしても‘60~’80に偏ってしまう(笑)


 さて、懸案のシフトが入りずらくなるトラブルの件、今回のドライブの間、シフトの入りはやはりいまいちでしたがサーキット走行中に発生する時ほどの酷さでは無く、症状が徐々に悪化する傾向も無さそうでした。(前回TC2000走行後、パドックでエア抜きは実施済の状態)やはり油圧配管にエアを噛むのはサーキット走行時のみの模様。さてどうするか?
 今のところ次のサーキット走行の予定は白紙。まずはこのトラブルを直さないと走りには行けませんね。
Posted at 2017/02/04 21:05:27 | コメント(2) | トラックバック(0) | ドライブ | クルマ
プロフィール
「サーキットに走りに来たはずが、ぶらりローカル線の旅になってしまった。
毎度お馴染みのことですが…」
何シテル?   03/20 11:32
サンクターボが大好きです。 サーキット走ってますが、これがまた想像以上に楽しいクルマです。 どうぞ皆さんよろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
リンク・クリップ
【動画】ラテンフェスタ2015 最終戦 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/16 21:21:03
近況 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/08/04 23:43:23
クラゴン部屋筑波弐千稽古 スイフトスポーツ動画 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/04/15 22:04:10
お友達
サンクターボ好きの皆さんどうぞよろしくお願いします。
72 人のお友達がいます
ahirukantaiahirukantai * f2000f2000 *
TOSIHIROTOSIHIRO * ぷろぺら935ぷろぺら935 *
さんちゃん?さんちゃん? * ZAKI7ZAKI7 *
ファン
77 人のファンがいます
愛車一覧
ルノー サンク ルノー サンク
1985年式のターボ2です。 型式8221つまりマキシの為のグループBホモロゲ車です。
ジネッタ G4 ジネッタ G4
1964年のラウンドチューブフレーム車です。エンジンは、ケントの1300cc改。ミッショ ...
トヨタ セリカ セリカGT-TS (トヨタ セリカ)
1984-1986サファリラリーを3連覇したセリカツインカムターボのグループBホモロゲー ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.