• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

kim5tのブログ一覧

2017年09月09日 イイね!

1981年モンテ優勝車購入(1/12サイズですが)

1981年モンテ優勝車購入(1/12サイズですが) 先月、フランスのOTTO mobileから突如発売となった1/12ビックスケールのサンクターボ 1981年モンテ優勝車。発売日に注文したところ、早速先々週には日本に届きました。先週はヒルクライムに行っていたりで開梱する時間もなく、ようやく本日ご対面となりました。
  もうかれこれ20年くらい前でしょうか?ミニチャンプスやエブロなど精巧な量産ミニカーが出てきた当初、人気の中心は1/43スケールのミニカーでした。しかしなんとなく一時の元気が無くなってきた最近のミニカー業界においてこのところ多いのが1/18を中心としたより大きなスケールのミニカーです。さらに以前はミニカーといえばダイキャスト製でしたが、最近増えているのがレジン製のミニカー。ダイキャストに比べ量産性は落ちますがその分安い投資で作れるので多品種少量生産には向いています。またシャープなボディーラインが再現し易いのも特徴でしょうか。
  で、僕のここ数年のお気に入りメーカーがフランスのOTTO mobile社なのです。1/18がメインのレジン製ミニカーの専門メーカーですが、出来栄えの割には値段もお手頃で、そしてなによりその車種選定がマニアックで僕のストライクゾーンなのです。結局紹介しそびれていますがここ最近買ったのは、1985年コルスの911SC-RS(お馴染みのロスマンズカラー)、308GTB Gr4 (パイオニアカラー)、1984年アクロポリスのRX7 GrB など。さらにはなんと1/12の シトロエンSMも買ってしまった。飾っておく場所もなく全て箱に入れたまま積み上がっているのみなのですが・・・。

  そして今回の1981年モンテ優勝車です。タミヤの1/24のプラモデルをはじめ、これまで最もモデル化されてきた最も有名なサンクターボと言えるでしょう。しかし、流石に1/12というビックスケールは今回が初めてです。(ちなみにロードバージョンの5ターボⅠ、ターボⅡはこれまで既に1/12でモデル化されており僕もターボⅡを持っています。これも購入時にブロッグアップした後は箱に入れたまま一度も日の目を見ていませんが・・・)





  
車高はちょっと高過ぎかな?実車と同様、ミニカーも車高は大事です。


リヤタイヤの手書きの文字も再現されています。リヤの右という意味か?


このクルマは僕のヘルメットのデザインのモチーフにもなっているのです。並べてみるとこんな感じ。ミニカーのスケール感が伝わるでしょうか?




このミニカーもこの写真撮影後、早速箱にしまって山積みへ。いつかはロードバージョンと2台並べて飾りたいけど流石に1/12×2台は我が家にはデカ過ぎる。正に宝の持ち腐れか・・・


先週のヒルクライムで浮き彫りになった1速のシフト不良ですが、それなりの整備になるので手を入れるのは最終戦終了後にします。ただし本日はマイナートラブルの為に少々部品の取り外しを。
実は、ターボにマフラーを繋ぐボルト&スプリング3本のうち1本が折損して脱落していたのです。気が付いたのは先週のヒルクライムの前にオイル交換していた時だったのですが、ちょっと前の写真を調べていたらなんと5月のヒルクライムの前の時点で既に無くなっていたことが判明。普段はカバーに隠れて見えないところなのですが5月に過給洩れしている!と騒いでいた際には付近を色々いじっていたのにも関わらず見落としていました・・・。



ボルトは折れて中に残ってしまっているのでターボのバイパスバルブカバーごと外してAさんのところに送って取り除いてもらうことにしました。そして代わりのボルト&スプリングと共に送り返してもらう予定。
なのでサンクターボはしばし不動です。
Posted at 2017/09/09 19:51:18 | コメント(4) | トラックバック(0) | グッズ | クルマ
2017年09月03日 イイね!

御岳ヒルクライム2017参戦!!

御岳ヒルクライム2017参戦!! 2017年のヒルクライムシリーズも後半戦に突入。昨日は第4戦御岳ヒルクライムに参戦してきました。
今回のコースは第1戦と同じコース。ただし前回はフルウエットで戦意喪失状態だったので個人的には2015年の走行以来2年ぶり2度目の走行と言えます。幸い天気の方は快晴!!汗はかきつつも日陰だと過ごしやすいくらいのコンディションでした。

  2015年の際は、自身参戦2戦目で初のクラス優勝できたコースなので相性は良いはずなのですが、今回の結果はクラシッククラス2位(総合29位/87台)の結果に終わりました・・・・。敗因は“ギアシフト不良“につきます。
SS1では途中1速→2速へのシフトアップ時にギアが2速に入らず大きくタイムロスすることが1回発生。これは致命的でした・・・。なんとかクラス2位には留まったもののクラス1位の毎度お馴染みSさんのロータスエランには7秒もの大差が。
(5ターボ 3分3秒4  エラン 2分56秒1)
続くSS2。SS1程の大きなタイムロスは無かったものの今度は3か所で2速→1速のシフトダウン時にギアが入らずまたまたタイムロス。ゴール後はがっくりでした・・・。
しかし、パドックに戻りタイム速報を見てビックリ。なんとクラスBestのタイムでした。本人は全く速く走れた感無かったのですが・・・・
(5ターボ 2分54秒4  エラン 2分56秒9)
  
  今回も本当は極力1速を使わず2速で行ってみようと考えていたのですが、試走の際に試してみたところやはりここのタイトコーナーでは1速じゃないと加速してくれませんでした。勾配も急ですからね。
さらに今回、1速へのシフトダウン時にはギャーギャーとギアが酷く鳴く状態となり走っていて精神衛生上良くなかったです。(笑) 普段の街乗りでも感じていたのですがそろそろシンクロのOHが必要な感じです。以前は、少なくともヒール&トーしていれば鳴くこともなくスコッと入っていたので。

そんな感じで残念ながら1位は逃したもののかろうじてBest timeは出せたのでまあ良しとしましょう。今回もまた楽しいイベントに参加でき、無事走行を終えこうしてのんびりブログをアップできることが何より幸せです!!


SS1とSS2の車載動画です。
SS2の走行の冒頭に、パドックで「あれは酷かった」とお仲間から酷評されていたSさんのエランの失敗スタートシーンをアップしちゃいます。
動画では少々分かりづらいですが、真後ろから見ていてもあれは酷かったです。(笑)


そして今回の総合順位表。








今回、昨年までのクラシックカークラスのライバル RS-MIEさんがインプレッサで総合9位(クラス2位)の好成績!! 来年はスカイラインRSで是非またヒストリッククラスに!!



こちらのClioV6のドライバーさんはとても若い方でした。(しかも彼女とのカップル参加)なんと今回が(練習走行も含め)人生初のモータースポーツ参加だとか。「V6は限界超えると怖いですよ~」と若い芽を摘むアドバイスさせていただきました。


表彰式終了後は、主催者さんの粋な計らいでなんと参加費無料のBBQでした!!




次戦は最終戦11/11,12のAll Japan Hillclimb Festival です。いよいよ新コースでの開催が実現するそうなので楽しみです。


Posted at 2017/09/03 16:53:31 | コメント(4) | トラックバック(0) | ヒルクライム | クルマ
2017年08月21日 イイね!

真夏の自己Best更新 @TC1000

真夏の自己Best更新 @TC1000 今年の夏休みは、家族で東北にキャンプに行ったりで(正確には、宿泊費を節約する為のテント泊旅行)結構忙しく過ごしていたのですが終盤は特に予定無し。ちょっと調べてみたところTC1000の走行会があるのを発見。真夏とは言え今のクルマなら自己Best更新はできるだろうと急遽、開催2日前にエントリー。天気は怪しかったけど、最悪雨でもTC1000なら比較的安全だし現在のクルマのウエットでの挙動確認はできるかなと。

  で、本日行ってきました。With Me Racingさんの走行会です。TC1000を走るのは、2015年6月のAHA以来なので実に2年ぶり以上。(ちなみにこの夏、サンクターボを動かしたのも1か月ぶり)幸い雨は一切振らずドライコンディションで走れました。天気は曇りで灼熱の暑さではなかったのには救われましたが、それでも暑くて汗だくでした。(最後のおまけの5本目の走行は体力の限界でパスさせてもらった次第)

  これまでの経験からこのコースでBestを出すなら1本目に掛けるしかない!!(案の定、今日も本数を重ねる毎にタイヤがグリップしなくなりタイムが伸びず。3本目、4本目は明らかにブレーキポイントを手前にせざるを得ない状態でした。路面がタイヤカスで汚れるせいでしょうか??)
で、結果はなんとか自己Best更新。41秒909。取り敢えず目標の41秒台には入りました。冬なら41秒前半いくかな?
  2年前と比べると、やはりリヤサスのジオメトリー変更が効いていてリヤの踏ん張りが違います。高速コーナーでもアクセル踏めるし、タイトコーナーでもリヤが踏ん張ってくれる分、アクセルを早く開けられます。(今回タイヤはクムホV700だったので以前と同じ)違いが顕著なのは最終コーナーで、以前はオーバー出まくりだったのが今日は完全にアンダーでした。立ち上がりでフロントタイヤが鳴くなんてこれまでサンクターボ乗っていて初めてかも。
  ただし限界点は上がったとは言え、限界を超えた時のオーバーステアー特性までは変わっておらず今日も結構カウンター当てたりスピンしたり・・・。タイムは上がったけど相変わらずのじゃじゃ馬です!!


  もうひとつおまけの動画を。今回、グリッドスタートの練習の走行枠が設定されました。ベストタイム順でグリットに付き。シグナルスタート&3LAPの走行です。サンクターボはこの日の2番手タイムだったのでフロントローからのスタートです。ゼロ発進は、最近のヒルクライム参戦で手慣れたもの。今回もスタートダッシュに成功!!
  実は特別なテクニックがある訳でなく、単に5000rpmでクラッチミートしているだけ。これ以下の回転数だと失速します。これ以上では何が起こるか怖くて試せません(笑)


今日、Bestタイムだったのはこちらのインプレッサ。


  なんとドライバーさんは車椅子の方なのです。クルマを見せてもらったところこれがまた色々手が入っていて凄い。一見、STIに見えたのでMTなのかな?と思いきやAT。なんでもAT車をベースにSTIのエンジンを換装し、ATも強化しているのだとか。さらにこの方、普段はジムカーナをやっているそうでサイドも引ける様に特注の改造をされています。この熱意は凄いですね。

こちらのアクセル&ブレーキレバーの前にあるシルバーのトリガーがサイドレバーで、これを引くとエアシリンダーによりサイドブレーキが効く機構だそうです。



  さてこれで夏休みも終わり。でも2週間後には再び御嶽です!!ヒルクライムシリースの第4戦。前回、ウエットで撃沈した第1戦のコースに再び挑戦です。幸いクルマのコンディションは好調を維持しているので、特別なメンテは無しで臨めそう。あとはどうか雨が降りませんように!!!



最後に、2017年夏の思い出 (笑)

Posted at 2017/08/21 00:17:44 | コメント(2) | トラックバック(0) | サーキット走行 | クルマ
2017年08月06日 イイね!

2017オートモービルカウンシルに行ってきました

2017オートモービルカウンシルに行ってきました調度1年前の同じ時期に第一回目が開催されたオートモービルカウンシル。第2回となる今年も土曜の朝から行ってきました。
  
  個人的な今年の目玉はアウディのブース。ワークスのクワトロS1とスポーツクワトロのロードバージョンが展示されていました。
  S1の実物を見るのはこれがはじめて。国内には存在しない車なので貴重ですね。そしてそのホモロゲーションベース車であるスポーツクワトロも恐らく日本にあるのは数台のはず。これまた貴重です。昨今、このクルマも価格がかなり高騰しているようです。










  308のGr4仕様が今年も来ていました。今年はシルバーの1台が新たに増えています。このクルマ2700万円の値段が着いていますがお買い得ですよね。思わず「これ1台ください」と言ってしまいそうでした。


 こちらのDTMカーは4500万円。ロードカーベースの改造車ではなく、本物のDTM車両のようです。








この余り見慣れないクルマ。ジネッタG40です。
元ジネッタオーナーなのでこのエンブレムには思い出一杯です。
英国の軽量レーシングスポーツカーは色々ありますが、このようなコンパクトなクーペは希少。中々うまくまとまったデザインでカッコイイです。
でもこの値段720万円は少々高いかな~?












シトロエンは今年も目立っていました。
この辺の綺麗なDSだとお値段400万~600万越えとなるようです。






昨年とは別のSMも来ていました。お値段は690万円と昨年よりもさらに高くなっている・・・・




今年はエンジンルームも見れました。
前輪より後方に位置するマセラッティ製のV6。メラクのエンジンですね。SMはFFなのでエンジンの前方にミッションが有ります。そしてオルタネータ他補器類のレイアウトの都合上、エンジンヘッド部から前方にシャフトを伸ばしエンジンとは離れた位置にある補器類を駆動するようになっています。



こちらは程度極上のデルタインテグラーレエボⅠ。エンジンルームもまるで新車のよう。お値段もまるで新車のようになってしまいましたが・・・580万円




さらにこちらのフィアット128も程度極上。というか恐らく新車当時よりも綺麗なのでは? この車、最近日本でも人気が高まっている様で早速商談中。ちなみに表示価格は399万円だったようです。高いけどこの程度ならそうなるのか・・・


ランチアのストラトスの前のラリーウエポンがこのフルビアHFでした。750万円。狭角V4という珍しいエンジンですが、確かに縦置きFFというこのクルマのレイアウトには全長が短いV4というのはオーバーハング長を抑えるのにマッチしています。
しかし、このエンジンの傾きは凄いですね。左右のタイヤでかなり荷重差があるのではないでしょうか?



オーテックザガートステルビオ。物凄いデザイン過ぎて余り人気は高くなかった印象ですが、流石に希少車故、価格は上がって来ているようです。580万円。
車の中身は日産レパード。なのでエンジンはV6。NAかな?



80’sのプジョーが2台。人気のあった手前の205とマイナーな309。実は、昔309GTIに乗っていたんです。新車当時のCGで吉田匠さんが309を試乗していて評価良かったもので。
SOHCの1.9Lですがエンジンの吹け上りが軽くて街乗りでも気持ちよく乗れたのが印象的でした。
両車ともこの会場の車の中ではかなりお安い80万円台でしたが、とても綺麗なクルマだったので好きな人にとってこれはお買い得と思います。








今年も会場はそれほど混んでなく、面白いクルマも色々見れたので中々良いイベントでした。販売車両の価格表示がちゃんとされているのも買えない我々も楽しめる重要なポイントです。
もう少しで仕事も夏休み。でもこの休みはサンクターボの出動予定は無し。車庫で待機の予定です。



Posted at 2017/08/06 09:51:06 | コメント(4) | トラックバック(0) | イベント | クルマ
2017年07月17日 イイね!

Renault Sport Blouson from France

Renault Sport Blouson from France かなり前にたまたまWEBでみつけた当時物のルノースポールブルゾンのレプリカ。調べてみるとフランスの5ターボクラブが作ったものらしい。
  「僕も欲しいのですが?」とメールをしたところ、数が集まればまた制作するので少々お待ちをとの返信が。そして何か月かしたところでそろそろ制作するのでとオーダーフォームが送られてきました。送金が少々面倒でしたが入金後さらに待つこと数か月、きちんとブルゾンが到着しました。

  ルノースポールのワークスラリーチームが着ていたブルゾンは年代によって様々あるようですが、今回のタイプは5ターボの登場前、FF 5アルピーヌの時代のもののようです。まさにラニョッティがこのブルゾンを着ている添付の写真は、恐らく1978年5アルピーヌが2位に入賞した1978年モンテカルロラリーでの写真と思われます。(ちなみにこの年の優勝は後にプジョー205T16の開発ドライバーも務めたJ.Pニコラのポルシェ911でした。)でも確かにデザイン的には後の時代のものよりもこのデザインが一番良いですね。



  で、「無事届いたよ。どうもありがとう」とメールしたところ「宜しければ日本人のあなたが着ているところの写真を送ってくれませんか?」とのリクエストが。
  という訳で、連日30℃を超えている真夏の本日、折角なのできちんと正装した上にブルゾンを着ての撮影と相成りました。(ご近所の目が恥ずかしいのとこの暑さなのででそそくさと短時間で)ちなみにカメラマンは小学生の長女です。
  今年の秋、冬のイベントはこれを着て出没したいと思います。


Posted at 2017/07/17 17:47:27 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「明日の代官山モーニングクルーズ フランス車なので行ってみようかな。」
何シテル?   06/10 22:17
サンクターボが大好きです。 サーキット走ってますが、これがまた想像以上に楽しいクルマです。 どうぞ皆さんよろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

【動画】ラテンフェスタ2015 最終戦 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/16 21:21:03
近況 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/08/04 23:43:23
クラゴン部屋筑波弐千稽古 スイフトスポーツ動画 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/04/15 22:04:10

お友達

サンクターボ好きの皆さんどうぞよろしくお願いします。
83 人のお友達がいます
TOSIHIROTOSIHIRO * るのるのるのるの *
f2000f2000 * しるびあしんちゃんしるびあしんちゃん *
さんちゃん?さんちゃん? * DORYDORY *

ファン

77 人のファンがいます

愛車一覧

ルノー サンク ルノー サンク
1985年式のターボ2です。 型式8221つまりマキシの為のグループBホモロゲ車です。
ジネッタ G4 ジネッタ G4
1964年のラウンドチューブフレーム車です。エンジンは、ケントの1300cc改。ミッショ ...
トヨタ セリカ セリカGT-TS (トヨタ セリカ)
1984-1986サファリラリーを3連覇したセリカツインカムターボのグループBホモロゲー ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.