車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年05月28日 イイね!
御嶽スーパークライム2017を振り返る  既に日も経ってしまいましたがやはり5/13,14で行われた御嶽スーパークライムについてはもっとしっかり書いておかなければ。(と言うことでかなりの長文です。)

  まずは、初日の第1戦。この日は早朝から生憎の雨。天気予報も1日中の雨予報とあってもうはなから観念です。(今回のコースは2015年に一度走ったことがあり、なんとクラス優勝してしまった相性の良いコースだったので残念)
  僕のサンクターボは兎に角めっぽう雨に弱く・・・。正直、僕にはウエットでコントロールしきる自信が全くありません。なのでやばいコースではもうウェットでは走らないことを心に決めています。(エントリーフィーを無駄にしてでも)
  にも関わらず昨年11月のヒルクライムフェスティバルではこんなことに。しかも下見走行で・・・。走らない勇気もとても重要であることを学んだ次第。
  と言う訳で今回は、「今日は絶対アクセル踏みません」と朝から周りの人に宣言しまくり、間違っても変な気を起こさないように自分を抑えこみました。(笑)



  で、結果は堂々のクラス最下位。登り勾配の急なこのコースで、古いカニ目(ヒーレースプライト)にも負けました。一応、安全マージンを取った上でアクセル踏めるところでは踏んでいたのですが・・・。クラシッククラスのベテランドライバーは皆、腕も良いので、このコンディションではもし仮に本気で走っていたとしても惨敗していたかも・・・。そんな手応えの1日でした。
昨年度チャンピオンのRS-MIEさんのスカイラインRSがマシントラブルで欠場の中、クラシッククラスはSさんのロータスエランの圧勝。


  第2戦のコースは通称ロープウエイ戦と呼ばれるシリーズ屈指の高速コース。2015年11月のコルサデマッキナ、2016年11月のAll Japan Hillclimb Festivalと既にこれまで2回走っているコースです。ただし今回はこれまでよりスタート地点がもっと下となるロングコース。走行時間にすると1分くらい長くなり走り甲斐のあるコースでした。


  これまでも走行経験のあるコースということで、過去の反省も踏まえ今回は秘策有りです。(笑) 
まずはタイヤ交換。昨年11月の際は、いつものクムホV700でのぞみましたが実はこの時のタイヤは既にグリップ力がかなり劣化していたことが、この直後にTC2000を走った際に判明。(ヒルクライム当日は、比較するだけの経験値も乏しく全く気付きませんでした)
  で、今回はBSのRE71Rを初投入です。(3月にTC2000を5周走っただけのほぼ新品)そしてこれに伴いリヤタイヤのサイズを245/45R16→225/45R16へ。そもそも国産ハイグリップラジアルのラインアップには、16inの245は無く、225までしか無い為の選択なのですが、ヒルクライムではタイヤの小径化によるローギヤード化は有利に働くはず。そしてリヤの車高が下がることもお尻の重いサンクターボにとっては良い方向となります。
  そしてもうひとつの策が、1速使用の封印です。これまでの走行では、タイトコーナーでは1速を多用していました。(2速ではターボバンドを外れるので1速を使用するしかなかった)そのせいで車速が伸びず他車と比べても明らかに遅い走りに。しかし、昨年のエンジンOHを経て現在のエンジンは低速のトルクはかなり上がっており、タイヤ交換の効果と合わせればひょっとしたら2速でいけるのではないか?と考えました。
  
  宿でたっぷり睡眠を取り、明けて翌日は快晴!!昨日の雨の影響で路面はセミウエットかな?と心配されましたが、結局走行時間には完全なドライ路面に。そしてクルマのコンディションは絶好調。(直前に発覚したブースト上がらずの症状は解消。原因は恥ずかしくて書けませんが(笑))
こうなればもうなんの迷いも有りません。全開あるのみです。(笑)


  
SS1の走りは前回アップした通り。
ミスもあってやばいシーンも有りましたが、走り終わった直後、本人的にはアクセル踏み切れた感一杯で、もう感無量状態でした・・・。(この時点ではタイムや順位は全く分かりませんでしたが)
これまでサンクターボで10年以上走ってきた集大成の走りだったと思います。もう足元にマイクを置きそのままステージを後にしたい気分でした。(涙)
  ということでまたアップしちゃいます。

スーパークライムVol.2 SS1

 

  まずタイヤのグリップが素晴らしかったです。ヒルクライムを走っていてこんなグリップ力を感じたのは初めて。普段のクムホV700もグリップ力は素晴らしいのですが、冷間時のグリップはダメ。それに対しRE71Rは冷間時のグリップが大変良いのは前回TC2000を走った際にも確認済です。つまりヒルクライムには持ってこい。
  グリップが良ければ自然とアクセルの開度は大きくなります。するとサンクターボの場合、ターボバンドを外しにくくなり他のクルマ以上のタイムアップが可能となるのは以前のサーキット走行でも経験済。さらに今回のコースでは秘策の1速封印作戦がこのコンディションにドンピシャで嵌まりうまくスピードを乗せることができました。(それでもターボバンドを明確に外れるコーナーが2か所有りましたが・・・)

  結果、SS1はクラス1位。ということでこれで終わってさっさと帰りたいところだったのですが、勝負はSS1とSS2の合計タイムで決まります。なのでまだSS2を走らなくてはなりません(笑)
  そんな感じでSS2は気持ち的にはSS1とは打って変わって守り感満載。頭の中ではSS1でとっちらかった場所での補正と、もっと踏めそうだった場所でもうちょっと踏むことをインプットしてスタート。
  

  SS2を走り終わった後は、大人の走りをしてしまったと少々反省。ミスはほぼ無かったもののアクセル踏めた感も少なかったので、SS1でとっちらかった部分でのロスを挽回した一方、その他はアクセル控えめとなり行って来い位のタイムだったかの感触。
ところが意外にもタイムはSS1をさらに2秒上回る結果に!?

スーパークライムVol.2 SS2



しかし、さらにビックリしたのは今日ロガーデータを確認してみた時。
ヒルクライムを走る時も一応GPSログを取っています。ただし、空が開けているサーキットとは違い、ヒルクライムは林間部など空に障害物があるので位置精度は今一。よってコーナー毎の細かい分析などは難しく、見れるのは区間タイムと最高速くらい。

で、今回はこんな感じにコースを6つの区間に切ってSS1とSS2の区間タイムを比較してみました。(位置精度の高そうなところで切っているので区間タイムは比較的正確なはず)


結果はこちら。なんとドライバーの感触とは大きく違う部分が。


6区間中、なんと5区間でSS2の方が速い結果。ただしSS1でカウンターを当てて大きくロスしたはずのSEC.3のタイム差は意外にも僅か0.2秒のみ。では、実際はどこで差がついていたかというとSEC.2、SEC.4の2か所の長いストレートとSEC.6の最後の登り坂という意外な場所でした。さらに走行ログをよく見てみるとどうもストレート途中のアクセルオフの部分で差が付いている様子。
アクセルオフ気味で入る高速コーナーはサンクターボにとっては特に怖いポイント。なので基本的にはかなり控えめに走っているのですが、その部分の抑え方で差が付いていた模様です。
このようなポイントでは、2回目となるSS2の方が知らずと自信をもって走れているということなのか?あるいはSS1より路面温度が高くなりさらにタイヤのグリップが上がった結果なのか?いずれにしても次戦以降は、注意すべきポイントです。だからと言って安易にはアクセル開けにくい場所ではありますが。


今回の総合順位はこちら。クラス1位ばかりでなく総合でも11位という好成績でした。このイベントはヒストリックカーイベントではなく、むしろランエボ、インプレッサといったバリバリのクルマ達が主役のイベントなのでこんなクルマ達の中に、僅か1400ccで32歳のサンクターボが食い込めるとは・・・。サンクターボの真のポテンシャルにまたまたオーナー自身が驚かされました!!(ちなみにドライバーは何の競技歴も無いただのクルマオタクです)



と言う訳でお蔭様で5月は走りに、メンテに充実したサンクターボライフを楽しめました。(その分、家族のバッシングは最高潮に高まっているので6月は大人しくしているか・・・。できれば現在のエンジンパワーを測ってみたいのですがちょっと無理かな?)
Posted at 2017/05/28 00:34:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | ヒルクライム | クルマ
2017年05月21日 イイね!
2017春タボ  先週のヒルクライムの余韻がまだ残る中、続けて今週末は恒例の春のサンクターボツーリング“春タボ”でした。
  立て続けてのビックイベントなんて幸せ~♡。と行きたかったところですが、家庭事情的には、土日のクルマイベントの連荘とは、まさに死のロードとでも言いましょうか・・・(冷汗)
ともかく今回は強行突破です。
  
  取り敢えず車の方はヒルクライムから帰宅してボディーカバーを掛けたままの状態だったので金曜日の夜、会社から帰宅後LED照明で照らしながらのタイヤ交換(RE71R→V700)、オイルチェック&簡易洗車を済ませ出発できる状態に。
  
今回は塩尻集合、木曽経由で飛騨までのルートです。集まったのは、クルマ10台(うちサンクターボ8台)、人14名。
お天気には恵まれすぎて、気温は30℃越え!!まあ5月の風はまだ心地よく問題無し。今回はマシントラブルもほとんど無し!!いつも通り緩~く進行です。(実は、私1人がミスコースして、皆さんにマッタ~りと待っていただいたりして・・・)



僕のサンクもヒルクライムのダメージも特に無く、ノーメンテで2週続けての御嶽山!!



今回、初参加のHさんの青ターボⅠ。







今回の撮影装置はこんな感じで。(手抜きで撮影は2日目のみ)




次回は秋。秋にはヒルクライムの最終戦(土日イベント)もあるし、果たして参加できるかどうか・・・。微妙・・・。

しかし、20:00に帰宅してその日の内に、動画編集までしてブログアップなんて我ながら熱心だな~。会社での仕事ぶりと一緒だよ!!


ウソ。
Posted at 2017/05/21 23:55:28 | コメント(3) | トラックバック(0) | ドライブ | クルマ
2017年05月15日 イイね!
ターボパワー炸裂!! in 御嶽スーパークライム この週末は、僕にとっての一大イベント BRIGヒルクライムチャレンジシリーズの開幕でした。土曜日の第1戦は生憎終日雨。フルウエットコンディションの中、クラス最下位となりましたが、明けて日曜日は快晴で路面も完全ドライ。
  サンクターボも最高のコンディション、そしてタイヤのグリップも素晴らしく、思いっきり全開で走りました。結果、クラス優勝。さらに総合でも11位ということでもう感無量です・・・(涙)
本当にサンクターボというクルマは凄いクルマです!!!

Vol2 SS1の車載です。
とっちらかっているところも多いですが、サンクターボが絶好調でアクセル踏めた故なので最高に楽しかったです。
(1か所、ダートにはみ出しガードレールと紙一重だったのはやばかったですが・・・)



もと色々詳細書きたいのですが今日はもう遅いのでまた今度。

今回、ご一緒させていただいた皆さんお疲れ様でした。
また次戦もよろしくお願いします。
Posted at 2017/05/15 01:24:14 | コメント(10) | トラックバック(0) | ヒルクライム | クルマ
2017年05月08日 イイね!
長いG.W休暇も終盤。昨日は、再びサンクターボのリフレッシュを進めました。今回は、サンクターボ2の重要なアイデンティティ ボディーサイドの“TURBO2”ステッカーです。
  以前のブログにも書きましたが、この“TURBO2”のステッカーがかなりの曲者でして、単純な切り文字ではなく前から後ろに文字の濃淡が変化するデザインとなっているのです。

この白いターボ2の例では、TURBO2の進行方向前側の文字が濃く、後方が薄くなっているのが分かると思います。



この濃淡をどうやって表現しているかというと、ご覧の様なドット柄のドットの大小で表現されています。


この濃淡の方向は車両の前後方向に一致しています。つまりステッカーの右側、左側は別デザインとなります。
で、ややこしいのがその方向です。つまり前から後ろに、濃→淡なのかあるいは淡→濃なのかどちらが正解?という問題。
これまでのサンクターボオーナーさんの見解や僕の確認結果からもどうやら以下が正解のようです。
 ボディー色が淡色系(白とか):前方が濃で後方が淡
 ボディー色が濃色系(黒とか):前方が淡で後方が濃
なんとボディー色によって違うとは・・・
普通に考えると、車両進行方向(前方)が濃く、後ろにいくにつれ淡くなる方が自然のような気がしますがなぜ違いがあるのか・・・。理由は不明です。
ちなみにこのステッカーですが、実はボディー色に応じて2種類の色違いがあります。
やはり上記と同様、ボディー色が濃色が淡色かによる違いです。

と、前置きが長くなりましたが、ここで僕のサンクターボのステッカーがどうなっていたかと言うと、

右側はこんな感じ。実は銀色のシートから切り出した手作り品(濃淡のドット無し)を取敢えず貼っていた状態。



一方、左側はこれ。ドットもちゃんと有りずっと純正品と思っていました。ところがよくよく見ているとどうも色が全体的に淡い。つまりTURBO2の文字が目立たないのです。
ひょっとしたらこれは、淡色系用のステッカーが使われていたのではないか?


そんな中、既に以前ドット柄を見事に再現した淡色系用ステッカーの特注制作をしていたmv1000さんから良ければ濃色系用のステッカーも作りましょうか?とのありがたいお話をいただき、慎重な色合わせを経てようやくこの度ステッカーが完成したのでした。



そして昨日、左右の旧ステッカーを剥がし、新“TURBO2”ステッカーに貼り替えました。ステッカーの出来栄えはお見事。僕が知る限りリプロ品としては唯一無二の出来栄えです。
素人施工ゆえ序盤少々の失敗は発生しましたが、すぐに上達して何とか完成。
最終的に習得したこのステッカー貼りのコツは、
① 文字は全て切り離し1文字ずつ貼る方が確実。
②(1文字ずつ貼る前提で)裏紙は貼りながら徐々に剥がすのでなく、最初に全て剥がしてしまった方が良い。
まあ、参考にする人はいないと思うので、いずれまた自分で貼るときが来た時用の備忘録として。


今回は、さらにもう2か所やっちゃいました。
まずはリヤウインドウの“TURBO”ステッカー。僕のクルマには購入時より有りませんでした。こちらのステッカーは単色の切り文字なのでリプロも比較的簡単。
実は、Aさんよりこのステッカーも譲ってもらっていました。なんとメーカー純正品です。しかし、貧乏性の僕は、今回はおまけで一緒にもらった(恐らく)リプロ品の方を使用。



さらに最後はこれもリヤウインドウに貼られていたRenault elf F1のステッカーです。
このステッカーは標準という訳ではなさそうですが、ターボ2で貼られている車は多いです。またターボ2に限らず、同時代の他のルノー車にも貼られているのを見掛けます。
新車当時、日本に輸入されたターボ2の多くもこのステッカーが貼られていました。
やはりターボ2には是非欲しいステッカーと思います。
僕のクルマにも元々貼られていたのですが、寄る年波にはかなわずこんな状態に。


これもこのクルマの歴史の証。とも言えるのですが今回の機会に思い切って貼り替えることにしました。(実は、今回の一連の作業の中で一番苦労したのがこの古いステッカーの剥がし作業でした)
流石にオリジナルは無いのですが、これもまた以前、Aさんからお土産でもらった特性リプロステッカーがあるのです!!


そして今回完成した姿はこちら。
このG.Wの一連の作業で自分的に気になっていた点をかなり改善出来たので大満足です!!






G.Wも終了しますが、次の週末は、いよいよヒルクライムシリーズの第1戦、2戦です。今日は、遠征に備えガソリンを給油しにクルマを動かしたのですが、そこでマイナートラブルが。
まず、エンジンの吹けがおかしい(何かドロドロ言ってる)。プラグをチェックしたところ3番シリンダーがかぶり気味。プラグを交換したら直りました。ほっ・・。でも以前はプラグがかぶるなんてことなかったんですけどね。結局フューエルデスビの交換でA/F値は改善したので、本来の燃調はもう少し薄い状態に戻した方が良いのかもしれません。
さらに、立て続けにもう1件。フルブーストを掛けると、シューっと大きなエア音がします。一応ブーストは0.9くらいまでは掛かりますがmaxまでは上がりません。
車庫に戻って確認すると、インタークラー下側ホースのバンドが緩んでいました。ところが、締め込んでもう一度走ってみても改善しません。再度確認するとまたバンドが緩んでいました。これはバンドの破損か?今日は時間切れでここまで。明日(実はもう1日休みがあります)ホームセンターでバンドを買ってきて交換してみます。
でも、ヒルクライムの前に判明してラッキーでした。
あと、明日はヒルクライムに備え再びタイヤをV700→RE71Rに交換しなければ。


Posted at 2017/05/08 01:05:54 | コメント(2) | トラックバック(0) | メンテ&チューン | クルマ
2017年05月02日 イイね!
サンクターボを振り回せ!!@茂原ツインサーキット 昨日は職場のモータースポーツクラブ主催の茂原ツインサーキットの走行会で走ってきました。ここ最近は、TC2000(と入庫)ばかりでショートサーキットを走るのは久しぶり。このサーキットを走るのも調度2年前の同じ走行会で初走行して以来の2度目での走行でした。
  昨年のメンテ&チューンにより進化したサンクターボでどこまで走れるか楽しみでしたが、結果はなんと前回のBestを2秒短縮rの51秒台と期待以上のタイムアップでした。前回は初走行だったのでドライバーの慣れの差もあったので、クルマで1秒+ドライバーで1秒のタイムアップという感じでしょうか。
  
  2年前の初走行時のブログを読み返してみると、今書こうと思っていたこのコースの印象がそのまま書いてありましたね。(笑)
  兎に角、体力的に疲労困憊です。立て続けの切り替えしに、最終コーナーはステアを切り込みつつのアクセルONでもうハンドルにしがみつき状態です。真面目な話、コースインして数周した後はもうBESTのドライビングはできませんでした。本当にハンドル重いんですよ・・・。車載をよ~く見ていただくとタイトコーナーで時おり変なハンドルさばきしているのが分かるかと。
  あとこのコースは、かなりきついタイトコーナーが多く、サンクターボの場合、そこからの立ち上がり加速に問題が出ます。これまでの経験からするとサンクターボは最低速度が50km/hを下回るコーナーでは2速のターボバンドを外れ立ち上がり加速がトホホな状態に・・・。かなり早めにアクセルを開けていますがしばらくは無反応です。50km/hを下回る場所はここでは3か所も。ちなみにTC1000は1か所。TC2000は0です。
  でも、そんなところも含めてサンクターボを振り回して走るのが楽しいコースですね。路肩の乗り越えもへっちゃらです。何しろ生まれはラリーカーですから!!



 昨日は午後の途中に雨が!!もう絶対ウエットでは走らないことに決めているので自分の走行はそこで終了。空いた時間で参加車の写真撮影していたので一部をアップさせていただきます。





  
  今回、クルマの方は全く問題無し。シフトの不具合も出なかったのでこの間の対策でクラッチのエア噛みは解消したかな?
ここを無事に乗り越えたので、次はいよいよヒルクライムです。土日の2連戦にエントリーしました。あとは、どうかドライで走れますように。(ウエットだったら走りません。キッパリ!)

Posted at 2017/05/02 18:17:36 | コメント(2) | トラックバック(0) | サーキット走行 | クルマ

プロフィール

「@ナルチャン Are GO 初期型のテスタロッサだけどフロントバンパーが違う?」
何シテル?   05/08 21:44
サンクターボが大好きです。 サーキット走ってますが、これがまた想像以上に楽しいクルマです。 どうぞ皆さんよろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/5 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

【動画】ラテンフェスタ2015 最終戦 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/16 21:21:03
近況 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/08/04 23:43:23
クラゴン部屋筑波弐千稽古 スイフトスポーツ動画 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/04/15 22:04:10

お友達

サンクターボ好きの皆さんどうぞよろしくお願いします。
75 人のお友達がいます
f2000f2000 * TakeTake *
ZAKI7ZAKI7 * つん。つん。 *
こさとうこさとう ローリー。ローリー。

ファン

76 人のファンがいます

愛車一覧

ルノー サンク ルノー サンク
1985年式のターボ2です。 型式8221つまりマキシの為のグループBホモロゲ車です。
ジネッタ G4 ジネッタ G4
1964年のラウンドチューブフレーム車です。エンジンは、ケントの1300cc改。ミッショ ...
トヨタ セリカ セリカGT-TS (トヨタ セリカ)
1984-1986サファリラリーを3連覇したセリカツインカムターボのグループBホモロゲー ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.