車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月12日 イイね!
ニューイヤーミーティングとか、セリカTCターボとかブログネタとしては時間が前後しますが、かれこれ2週間前の1/29にお台場のニューイヤーミーティングに行ってきたので遅まきながらその時のレポートを。
  因みにこの日は嫁さんが1人でお出掛けだったので、娘を、「ちょっとだけクルマ見た後、ランチして帰ってくるか」とエサを撒いて連れ出すことに。グズるとまずいので足はサンクターボではなく、スーパーラグジュアリーカーのセレナです。


それでは、いつも通り全くの個人的趣味で気になったクルマをご紹介させていただきます。

まずは一般の駐車場で240ZGに遭遇。イイいですね~。やはりS30Zは魅力的です。


RSワタナベのブースに展示してあったこちらのホイールイイな。S30とか510に似合いそう。


今もヒストリック系のレースも行われていることも有り、B110、B310サニーは多く来ていました。人気の理由はやはりA型エンジンでしょうか。部品も豊富で、恐らくベースのエンジンも安価に手に入ると思われ、チューニングエンジンを楽しみたい人にはうってつけではないでしょうか。




こちらのB110はナンバー付きです。


こちらのB310サニー。懐かしい~。遥か30年近く前、弟がこれにそっくりの310に乗っていました。チンスポイラーはなかったけど、赤いアドバンのホイールとか、ちらりと見える純正のシートとか一緒だ。
ディーラーの中古車センターで買ったドノーマルをコツコツと自分でチューニングしていましたが、ソレックスとタコ足を付けただけで見違えるようにスポーティになったりして面白かったですね。
まだ大黒PAもベイブリッジもなかった当時の大黒ふ頭を走っていた時、アンダー出して路肩に突っ込み、曲がったロアアームを徹夜で交換して帰ってきたこともあったな~。


これはホンダスポーツのクーペですね。スタイル的には、決してカッコよくないのですがどこか惹かれるものがあります。(同じ意味でBMWのZ3クーペとか、スマートロードスターのクーペなども好きです。)当時の広告なんか見ると、純粋なスポーツカーであるオープンモデルに対し、こちらのクーペはビジネスの足にもなるスポーツカーという位置づけでした。そう言えば調度デビューしたばかりのマツダロードスターRFのコンセプトとも似てるのかな。流石にあちらはもっとスタイリッシュに仕上がっていますが。



こちらもホンダです。ホンダ最初の市販4輪車はこの360ccの軽トラックでした。クラブスタンドに展示してあったスケルトンモデルを見ると分かるように、なんとエンジンは、この後、ホンダスポーツにも採用される4気筒DOHCエンジンでした!!キャブも4キャブですね。昔のホンダに数々あった武勇伝の1つです。



こちらもクラブスタンドに展示されていたクルマ。程度極上のX1/9です。この綺麗さは、程度極上のクルマをさらにレストアしたのでしょうか?決して高価ではないこのクルマにここまで手を掛けているのは逆に極めて希少です。



このイベントで毎度見ることのできる240RS。今回は2台。
左のクルマのホイールはマルボロカイエンさんのと同じかな。


このエンジンは2TG?
ではなくトヨタ1600GTの9Rエンジンです。


ハコスカGT-Rのデビューレースで本当は優勝だったクルマとして有名です。(走行妨害でゴール後に失格となりGT-Rが優勝)
ハコ車にDOHCエンジンを積んでしまうという、まさに和製コルティナロータスです。


日野コンテッサ。このクルマも好きな国産車の1台。


このクルマのエンジンは後ろ。当時、RRはまだそれなりにポピュラーなレイアウトでした。



こちらは、当時アメリカであのデイトナコブラのデザイナーとしても有名なピートブロックが走らせていたクルマ。(のレプリカ?)日野がアメリカでのPR活動の為にピートブロックに委託して走らせていたものです。
そのつながりでピートブロックが作り日本GPに持ち込んだレーシングカー、日野サムライは有名です。


こちらはクラブマンレーサー風な1台。これをサーキットとかで走らせたらカッコイイですよね。でも部品とか苦労するんだろうな。その点、欧州車は大変恵まれています。



いすゞのベレットも大好き。今回は台数も多く集合していました。
まずは、このイタリア車を思わせる秀逸なデザインが魅力的。
(個人的な意見ですが、デザイン的にはアルファのジュリアクーペより好きかも。少々古臭さが残り洗練されていないところも含めて)




一番人気が高いのはこの117クーペ譲りの1600DOHCを積んだGT-typeRですね。



このネガキャンがGood!!



という感じでSHOP回りも含め、2時間ほどプラプラして会場を後に。
そしてランチの為に、近くのビーナスフォートまで。
お腹を満たし娘の機嫌も良くなったところで、隣接するトヨタのヒストリックガレージにふらりと入ったところ全く知らなかったのですが、なんとトヨタの歴代WRC車が特別展示されていたのです!!!

入っていきなりこのクルマとご対面。幻のグループBカー(グループS)222Dです。実車を見るのははじめてです。


後ろから見るとお解りの通り、ベースは初代MR-2。これに3SGターボエンジンを積み4WD化したマシンです。
実戦を走ることなく終わった試作車ですが、素人目で見ても走らなそう(笑)
WRCを走るにはベースのクルマが小さ過ぎと思います。でも実戦を走るところ見たかったな~。







そして中央に鎮座していたのがこちら。


サファリ3連覇を達成したグループBカー セリカTCターボです。
こうして30年の時を経てワークスカーと対面できたことは元オーナーとして感無量です!!! いや嘘じゃないですよ。ホントにこのグループBカーのオーナーでしたから(笑)





最後に思わぬおまけ(というかこちらが目玉だったか)もあって娘共々??楽しめた半日でした。


Posted at 2017/02/12 17:22:56 | コメント(1) | トラックバック(0) | イベント | クルマ
2017年02月04日 イイね!
F40との遭遇  昨日の金曜日はAMで仕事を切り上げ、元職場の少々遅めの新年会の為、伊豆の伊東温泉まで行ってきました。天気も良さそうなので偶にはのんびりドライブしつつという感じでサンクターボで出動です。

  平日とはいえ昼間の鎌倉~134号~箱根新道は少々混雑。伊豆スカインに入ってようやく快適なドライブを楽しめました。箱根までは時々来るのですが伊豆スカイラインは久しぶり。と言うかサンクターボで走るのは実は初めてだったかも?







  明けて本日。再び天気は快晴ということで折角なのでまた山を登り伊豆スカイライン経由で大観山までのルートを選択。




  そして伊豆スカイラインを抜けて大観山まで向かう途中で後方になんとF40を発見!!すかさず道を譲りF40を追走。その後ろ姿を堪能させていただきました。


  F40も行き先は同じ大観山のパーキング。ちゃっかりサンクターボを隣に止めてオーナーさんに声を掛けさせていただきました。


  このF40は某有名Shop制作のLM仕様だそうです。カッコイイな~。仮にもしサーキット走行&ヒルクライム用のロードカーを1台くれると言われたらF40選んじゃうな。性能や速さで言えばもっと速くて新しいクルマはいくらでもあると思うけどF40ほどピュアでダイレクトで、そして官能的なクルマはその後もう登場していない気がします。もう今の時代ちゃんとした自動車メーカーがこんなヤバイクルマを作ることは許されないでしょう。(笑)




  その後ラウンジでお茶などご一緒させていただき、そこで大観山の常連さんというこちらのお仲間の方々もご紹介いただきました。
930ターボは最終の89年型。兎に角程度極上でびっくり。リヤタイヤのサイズは僕のサンクターボと同じ245/45R16です!!
ハコスカGT-Rは、以前にもここでお会いしたことがあるクルマでした。(フロントのオーバーフェンダーで思い出しました。)
イイな~。やはり僕の好きなクルマはどうしても‘60~’80に偏ってしまう(笑)


 さて、懸案のシフトが入りずらくなるトラブルの件、今回のドライブの間、シフトの入りはやはりいまいちでしたがサーキット走行中に発生する時ほどの酷さでは無く、症状が徐々に悪化する傾向も無さそうでした。(前回TC2000走行後、パドックでエア抜きは実施済の状態)やはり油圧配管にエアを噛むのはサーキット走行時のみの模様。さてどうするか?
 今のところ次のサーキット走行の予定は白紙。まずはこのトラブルを直さないと走りには行けませんね。
Posted at 2017/02/04 21:05:27 | コメント(2) | トラックバック(0) | ドライブ | クルマ
2017年01月29日 イイね!
これは本物だ!! 6秒台を再確認 @TC2000  昨日、また走ってきました。TC2000。前回、6秒台を出したものの何となく半信半疑だったし、一方、あれで6秒台なら5秒台行けちゃうよ??なんて下心もあったりで・・・(笑)
  この時期、タイムアタックのハイシーズンとあって走行会はどこも満員だったのですが、たまたま空きがある走行会を見つけ間際でエントリー。Club-Fさんの走行会です。走行会の場合大抵は自己申告タイムによってグループ分けしてタイムが近いもの同士で走ります。で、今回、自己申告タイムを前回出した6秒5と書いてしまったところなんと一番速いグループに入ってしまい、こんな方々と一緒に走ることに・・・・



  後ろばかり見て走るようだな・・・と、ちょっと後悔していたのですが、走ってみると、速い人達はアタックラップとクールダウンラップのメリハリが有り、またそもそも1グループの台数が18台と少な目だったことも有りでかなり走り易く、クリアラップもかなり取れました。(ただし、自分はまたギヤシフト不良が再発し急にスローダウンしてしまったりでかなり周りに迷惑を掛けていたような・・・。どうも済みませんでした。)

  昨日は、かなり気温も高目で、また走行時間も14:00からということでタイムアタックにはやや不向き。実際前回1月8日の走行に比べ最高速は3km/hも低くなりました。またタイヤのグリップも新品おろしたてだった前回に比べるとやや落ちた感じ。(なにせ前回は、全く滑る気配がないくらいだったので・・・)
  しかし、ドライバーの方は今日は頑張りました。やはり続けて走るとドライビングの調子も上がってきます。
  大丈夫。今日も速い!!6秒台が結構すぐに出ました。そして、タイヤのグリップだけでなく、やはり足回りの変更が明らかに効いているのを確認。リヤの踏ん張りが以前とは明らかに違います。以前は例えタイヤが新品でもこんな走りは出来ませんでした。TC2000の最終コーナーでようやくグリップの限界近くまで踏める状態になりました。
  
1本目の終盤、5秒台がちらつき、ついつい最終コーナーで踏み過ぎて失敗した2Lapの動画です。でも大丈夫。このくらいならコントロールの範囲内です。しかも失敗しても6秒台。明らかに進化している。
“阿部さん やはりこのリヤ足はとてもイイです!!”




  そして2本目。1本目の後半に再発したシフト不良ですが、インターバルでエア抜きをしたので最初の数ラップはなんとかシフトも良好。そして3ラップ連続で6秒台!!その中の2周目が本日のBestでした。1‘06“356。自己Best更新です!!!




  流石に5秒台は簡単ではないです。でも、もし今日の状態でタイヤが新品だったら・・・。さらにもっと気温が低ければ・・・。
ここまで来ると色々条件が揃わないと厳しいですね。(笑)
毎回新品タイヤで走る訳にはいかないので、取敢えず腕を磨きます。



昨日は、以前からみんからブログでちょくちょく拝見していた5nigel27さんとお会いできました。愛車は、KTM X-BOW!!

もの凄いサス。一体どういう構造なのでしょうか??(笑)


なんと助手席に奥様を載せて自走で走りに来たとのこと。
(ちなみにTC2000は15年振りとのことでしたがタイムも凄く速かったです。)
ヘルメットにはインターコムが。
素晴らしい・・・。我が家では有り得ない・・・。




さて、次はどこ走ろうか?
と、その前にまずはシフト不良を直さねば。
エア抜きすると一旦は治るがサーキットを走ると再発。
エンジンの高熱により油圧ラインでパーコレーション?
ただ以前はサーキット走っても大丈夫だった訳で・・・
まずはクラッチの油圧シリダー交換してみるか。
あと車検が3月だ。


Posted at 2017/01/29 16:31:33 | コメント(2) | トラックバック(0) | サーキット走行 | クルマ
2017年01月08日 イイね!
サンクターボ覚醒!! 6秒台突入 @TC2000 本日、再びTC2000に行ってきました。関東では午後から雨でしたが本日の走行時間は朝一番。ドライ路面、気温も冷え冷えの絶好のコンディションで走ることができました。
  まっさらのニュータイヤのお蔭で、今日の走りは前回12月の走行とは別ものでした。グリップするタイヤのお蔭で、昨年の長期に渡ったメンテ&チューンの効果もようやく発揮することができたものと思います。
  この2年間、ずっと7秒台を目指して足踏み状態でしたが、本日の結果は、なんと7秒台を飛び越し6秒台に突入!!これまでの自己Best(1‘8“172)を大幅に更新する1‘6“533でした。

  我がクルマながら・・・「サンクターボ凄ゲ~!!!」

10年前、サンクターボでサーキットを走り出したときは、「いつかはTC2000で10秒を切る」ことを目標にしていました。その7年後(途中ブランクは有りましたが)9秒台に初めて入った時は嬉しかったですね。その頃6秒台なんて考えもしていなかったです。

  こちらがこれまでのTC2000 LapTimeのヒストリーです。足掛け10年。でも実は、回数でいくと20回しか走っていないですね・・・(うちWET走行は2回。途中海外転勤によるブランク有り)
  こうしてみるとタイヤ交換と同じペースでエンジンブローしているのがあらためて我ながら呆れるばかりです。(笑)


 こちらが本日の走行のラスト3周の車載動画です。初の6秒台突入のLap→クールダウン1Lap→ファイナルラップがBest Lap。



これでこれまでの苦難も報われた?
実は内心“6秒台も行けるはず“と思っていたのでそんなにビックリはしていないのですが、今日はドライビング的には余り褒められた走りではなかったし、シフトが入りづらい症状が再発したことによるロスも有ったりする中、あっさり6秒台が出た感じで・・・兎に角、ニュータイヤ様々の状態でした・・・。ドライバーとしてはその辺がいまいちスカッとせず。もっと上手い人が乗ったら間違いなく5秒台いけたと思います。

と言う感じなので、この際、5秒台まで目指しちゃいますか!!!
この先また2年以上掛かるかもしれませんが。(笑)

Posted at 2017/01/08 19:21:49 | コメント(10) | トラックバック(0) | サーキット走行 | クルマ
2017年01月04日 イイね!
サンクターボ 2016年の振り返りと2017年の抱負2017年を迎え、サンクターボとの生活も13年目に突入します。昨年は、これまでで最長の修理入庫となってしまい、スポーツ走行の回数は激減でした。一応2016年の運行記録をまとめておくと以下の通り。

<2016年の稼働記録> ( )内は前年比
走行距離:4099km (-1734km) 
稼働日数:19日(-16日) 
平均燃費:7.6km/L(+0.1km/L)
サーキット走行回数:2回(-3回)
  TC2000:2回
ヒルクライム走行回数:1回(-2回)
広場練習回数:1回 (+1回)
修理・メンテ入庫回数:3回(+1回)

年間の稼働日数は僅か19日に留まりましたが、その割に走行距離は走っています。メンテの為の三重との行き来をはじめ長距離走行が多かった為です。

<2016年の五大トピックス>
・足回り他もろもろの大メンテナンス完了(2月)
・通算5度目のエンジンブロー(ピストン溶け) (3月)
・秋タボ in 安曇野 参加 (10月)
・長年の懸案だったA/F値改善 (11月)
・All Japan hill climb festival 参戦 (11月)

兎に角2016年のメンテ(修理)費用は物凄いことになってしまいました。しかしまあ、今回エンジンもきっちり直したしA/F値も改善できたので、これでエンジンブローとは今後一切おさらばできると信じています。
走ることに関して言えば、なんとか修理が間に合って参戦にこぎ着けた、11月のヒルクライムがとても良い想い出となりました。

で2017年ですが、まずは大きなトラブル無く1年間フル稼働することが第一目標。(笑)
そしていい加減、この冬の間にTC2000での7秒台を達成したいものです。
その後も、ヒルクライムへの参戦を中心に引き続き全開走行しますヨ!!



ところで2017年最初の買い物はこちらのカレンダーとなりました。
各月2ページ有り、24枚+表紙1枚の写真が楽しめるGrBカレンダーです。
早速、調度空いていたリビングの壁のスペースに掛けてみましたが、家族の手により近々に撤去されるのは間違い無さそうです。(2Fのトイレの壁なら許すとのことでしたがこのカレンダー結構大きいので近過ぎて見れないよ・・・)



Posted at 2017/01/04 00:27:07 | コメント(3) | トラックバック(0) | My5turbo | クルマ
プロフィール
「@bozian これで本物が2脚揃ったといこですか? でも勿体無くて使えない?」
何シテル?   01/11 12:38
サンクターボが大好きです。 サーキット走ってますが、これがまた想像以上に楽しいクルマです。 どうぞ皆さんよろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
リンク・クリップ
【動画】ラテンフェスタ2015 最終戦 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/16 21:21:03
近況 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/08/04 23:43:23
クラゴン部屋筑波弐千稽古 スイフトスポーツ動画 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/04/15 22:04:10
お友達
サンクターボ好きの皆さんどうぞよろしくお願いします。
70 人のお友達がいます
桃奈々桃奈々 * TOSIHIROTOSIHIRO *
さんちゃん?さんちゃん? * 双子のとーちゃん双子のとーちゃん *
まっさくんまっさくん こさとうこさとう
ファン
75 人のファンがいます
愛車一覧
ルノー サンク ルノー サンク
1985年式のターボ2です。 型式8221つまりマキシの為のグループBホモロゲ車です。
ジネッタ G4 ジネッタ G4
1964年のラウンドチューブフレーム車です。エンジンは、ケントの1300cc改。ミッショ ...
トヨタ セリカ セリカGT-TS (トヨタ セリカ)
1984-1986サファリラリーを3連覇したセリカツインカムターボのグループBホモロゲー ...
過去のブログ
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.