• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

karonのブログ一覧

2017年10月13日 イイね!

もう2年




親父の形見としてオイラがもらい受けて、はや2年が過ぎたにゃ

家の車として新車で嫁いで来て14年。
親父が乗っていた12年の間、車としての危機的状況に至る事故が3回、小さな鈑金は数えきれず!(^_^;)

親父の晩年には、まともな修理の合間に出来た小傷や凹みを無茶苦茶な素人鈑金で誤魔化して家族の目を騙したつもりになった親父の被害車として哀れな日々を送っていたプレ公。

名変と同時に始めた鈑金修理&ドレスアップで、みすぼらしいAスペシャルは、LSモドキの な〜んちゃってSTI仕様に変身したにゃ(^^)♪

娘が自衛隊に入って以降、洗車も満足に出来てないけど、次の日曜日には久しぶりにWAX掛けてやろうかにゃ?(^_^;)
Posted at 2017/10/13 17:00:01 | コメント(1) | トラックバック(0)
2017年10月11日 イイね!

風邪をひきました(^^;)

風邪をひきました(^^;)いえいえ!こんな生半可な状態でくつろげる代物ではないにゃ!

実は先週末から完全にダウンしていまして(^^;)



ちょっとカッコ付けてチョコクランチでマッタリにゃんてうpしていたけど、実態はチョコクランチが喉を刺激して咳が出るわ出るわ!!(^^;)

土曜日曜月曜と咳が止まらず、「これはヤバいかもしれない!」と・・・



何が?・・・って、咳が出過ぎると骨折する事が有るのにゃ!

数年前に経験が有るので注意していたのだけど、ふと気が付くと胸筋の力を抜いて腹筋で咳をしている自分がそこに居たにゃ(笑)

伊達に骨折経験したわけじゃない。ちゃんと体が学習して覚えていた様子にゃ(^^;)

ただね(^^;)足掛け3日も咳が続くと、腹筋に掛かる力もかなりの量になる訳で・・・


こんなのを3日も付けっ放しにするオバカにゃんて居ないだろうけど、咳は昼夜を問わず非情にも出続ける訳にゃ・・・

察しのイイ人はもう気付いたかにゃ?(笑)

そう!なりましたよ!筋肉痛に!!(爆)
しかも6っつに割れる事もなく!!(核爆)


でもって、この3日間に痛めつけてガラガラの喉は咳をする度に首を絞められる様な痛みを伴い、


それと同時に筋肉痛の腹筋はあたかもボディーブローを喰らった如くからだを前のめりにさせる・・・

夜になって随分落ち着いてきたけど、今日1日よく耐えられたものだと思うにゃ(^^;)

全快までもう2~3日は掛かるかにゃ?(^^;)

それにしてもタバコが不味い!(をい!)
Posted at 2017/10/11 01:37:19 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年10月02日 イイね!

元 日産車オーナーとして

元 日産車オーナーとして皆さんこんばんは(ーー;)

既に皆さんご存知の通り、自動車業界において有ってはならない不祥事が発生しました。

先日私がブログに書いた「コストダウン」や「業務の簡略化」などが過度に行き過ぎた結果の一つだと言わざるを得ません。

事も有ろうか!古巣である「日産」で、しかも産声を上げたばかりの新車が受ける新車完成検査で!!



他メーカーの営業マン諸氏が
「やっちゃったね!日産!」
と囃し立ててプゲラする姿を見るに堪えない!!

当の日産はメーカーとしてユーザーにどう対処するつもりなのか?

このブログを出筆中の2017/10/02 20:55 現在においてもNISSANホームページ及びN-Link OWNERS においても、今回の不祥事に対する謝罪文の一つも掲載されていません。

それがグローバルスケールだと言うのならそんなもの要らない!

3年後、ソリオのローンが終わったらリーフかノートeパワーでも買って再び日産車オーナーになってみようか?
と本気で考えていた矢先の出来事だけに、対岸の火事で済ませたくない!という思いで記事にする事に決めました。


今「プゲラ」を決め込んでいる他メーカーの諸氏も「明日は我が身」と襟を正して欲しい。




かつて松下電器(現パナソニック)創設者の故 松下幸之助氏が「商売人の心」を説いたことが有るのをご存知だろうか?

例えどんなに良く出来た物であろうと、安かろうと、「それ」を売る人がお客様の気持ちを察し、お客様の気持ちになって販売出来なければ、人はその商品を買わない。
裏を返せば口八丁手八丁で金儲けの事しか考えてない事が明らかな商売人(メーカー)は「売れない」と言ってる訳です。
もっと言うならそうやってお客様の足元を見てその場の利益だけを追求するような輩は「いざと言う時」に見放される! と・・・

しかしながら非常に残念な事に今の日本の市場は殆ど「価格至上主義」な世界に成り下がってしまった。

そんな中でも「真に良い物」は価格を無視して売れ続けている。

そうやって売れ続けている物には見る者を圧倒する力が有ると思う。

では今の車はどうだろうか?

確かに高級車と言われるカテゴリーに至れば大衆車とは一線を画すものがあるが、「欲しいか?」と問われたら・・・センチュリーだろうとプレジデントだろうと「答えはNOだ!」と言ってしまえる。

昔の車、旧車カテゴリーに目を向けて欲しい。

当時の工業技術の低さ故に不細工な部分も多々あるのは確かな事だが、今の車には無い圧倒的な存在感を感じる人は少なくないだろう。

元々大衆車でありながらレクサスやインフィニティよりも存在感や風格のある旧車も珍しくない。

そこに有るものは何か?と言われた時、貴方ならどう答えますか?

私は迷わず、それこそが「匠の技」であり「匠の心」なのだと答えるでしょう。

自動車業界のみならず、全ての製造及び販売業の方たちに訴えたい!

「お金に目を向けるのではなく、お客様に目を向けてください!! 」 と・・・



Posted at 2017/10/02 22:01:23 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月22日 イイね!

日本の片隅から世の矛盾を叫ぶ!!

日本の片隅から世の矛盾を叫ぶ!!最近、うつ病になりそうなくらい悶々とした気分になってるカロンにゃ(--;)

今日は ちーとばっかし日頃の鬱憤を吐き出してみたいと思うにゃ。
あくまでも私感!見る人によっては気分を害する人も居るかもしれないにゃ。

まあ、そう言う人はどうぞ見ないで他の記事に飛んで下さいにゃ。



この数年で自動車を取り巻く環境は激変を遂げているにゃ。
販売価格の高騰、販売台数の伸び悩み、燃料価格の高騰、燃費競争の激化・・・etc



それらに対応する為、メーカー各社は並々ならぬ努力を重ね、素晴らしい高性能な車を世に送り出し、本来ならもっと活気のある状況になっているべきだと考える業界関係者はオイラだけではないと思うにゃ。

・・・にもかかわらず!

売れない!!

その原因をオイラなりに色々考えてみたにゃ。

考えてみると、それは何も自動車業界に限った現象ではない事に気が付くにゃ。
家電製品、家具、パソコン、携帯モバイル、衣料品、食料品ですら例外ではない様に思うにゃ。



その原因は高度成長期にまで遡って見なければならなくなる・・・

そう「作れば売れた時代」

人の手仕事では生産が追い付かなくなり、必然的に導入され、各業界に普及した「機械化」
当然、設備に掛けたコストを回収する為に企業はドンドン作ってドンドン売ったにゃ。



それでも生産が追い付かなければ人員を増やし、新たな生産設備を整え、更に作る!

ところがある時、作ったものが売れなくなったにゃ。



需要の飽和状態・・・・

この状況を打開する為に企業はありとあらゆる手段に打って出たにゃ。



モデルチェンジによる「新型」の導入。

多彩な機能を付加する事により、高性能でより快適な商品を開発し、購買意欲を煽った。

ところが何処の企業も同じような機能を付加して、尚且つ先行販売された商品よりも より高性能な商品が次々と現れる!

このイタチごっこは半永久的に続くかと思われたが、これもある時市場の流れに異変が起きたにゃ。



値引きによる薄利多売

各メーカーは値引きによる利益損失を最小限に抑える為、生産コストの削減を迫られる事になったにゃ。

ところが自動車業界はこの流れに追従するのが遅れた。
その原因は貿易摩擦の槍玉に挙げられたとも、為替変動の煽りを受けたとも言われているけど、日本から輸出されていない品目なんて原材料以外は殆ど皆無と言ってもイイにゃ。



むしろ、自動車独特の「ディーラー販売」という販売形態によるところが大きいとカロンは見ていたにゃ。

当然、ディーラーの販売現場でも「値引き」は実施されているけど、「自動車という商品」の販売価格に対してはほんの紗々やかなものでしかないにゃ。

ところがディーラーと言えども濡れ手に泡と言われるような利益を上げている訳では無い。

何故??

家電や眼鏡、スーツなどは30年前の半額以下、時計なんか1/10程度にまで安くなっていると言うのに自動車は30年前の2~3倍に高騰しているにゃ。

人生で最大の買い物と言われるマイホームですら2000~3000万円と、その価格は殆ど変わってないと言うのに、自動車だけが高騰している。

1万点とも言われる多種多様な構成部品を調達するためのコストがネックなのだと言う人も中には居るけど、ネットでサッとググって見た限りでは車より高額で大きい船舶や航空機ですらここまでは高騰していないにゃ。

では儲けているのは?

まあ、普通に考えて自動車メーカーと言う事になるのかにゃ?

ところが!またしてもここでメーカーですら甘い汁を吸っている訳ではないらしいにゃ。

日本国内の自動車販売台数を見ると、1990年をピークに減少し、最盛期の半数近くにまで落ち込んでいるにゃ。
景気が低迷していてもチャッカリと自社の利益だけは確保、蓄財に走っている様に見えて、物価や人件費の高騰分を加味すればトントンか赤字ギリギリかもしれない状態。

まあ・・・ね、「全てのムダの排除」とか「乾いたタオルを搾る」とか言われ、徹底的なコストダウンを励行してもなお、この状態なら仕方ないのか?

でもねえ、何か間違ってないか?って思うにゃ。

「ムダ」と「余力」は別の物だと思っているのだけど、今の社会的風潮って、この「ムダと余力の違い」を理解出来てないのと違うのか?って思う訳にゃ。

イイ例がエコカー。

20年前の車と走り比べて見ればすぐに理解できるはずにゃ。
今の車は余力が無いから爪に火を灯す様なアクセルワークで走ってもカタログ値を超える燃費を出すのは非常に困難なのに対し、20年前の車はチョットアクセルやブレーキの踏み加減に気を付ける程度でカタログ超えする車は沢山有るにゃ。
補修部品もこんな感じ



ウインカーを非分解構造にして製造コストと個別の部品(レンズ、ソケット、電球)の在庫管理コストを削減、しかも電球1個の価格の10倍で売れる!



複雑な機構を小型化する為に已むを得なかった部分は有るにしてもLEDが切れたらAssy交換で一発数万円がぶっ飛んでいくヘッドライトユニット



ブレーキシリンダーなんて材質がアルミに変わっただけで30年前と何ら変わらないのに



「カップキットの設定が有りません!」ってさ(^^;)
カップ交換数百円で終わる部品代がシリンダーAssy数千円!
ふざけてるんかい!!

どう考えてもエコロジーにもエコノミーにもなってないのに何処がエコカーなんだか!


企業も同じ。

日頃大した役に立って居ないかのように見える人材をカットし、残業を抑えて人件費を削減、部品の製造工程を簡略化して製造コストを削減、補修部品の在庫を減らし、お客様からの苦情さえ「当社では対応しかねます」と切り捨てて管理コストを削減。

失業者を増やして収入は抑えられて、故障や不具合はぼったくられて、文句を言えば切り捨てられる!

その中には製造業で部品作ってる人たちも大勢居るって事忘れてないかにゃ?
自分たちが丹精込めて作った部品を無駄に消費されて喜ぶと思うか?
まだ使えるのにゴミ箱に捨てられる部品の悲鳴が聞こえない連中に物を作って売る資格が有るのか?!

それでイイんかい!!


まあ、そうやって客が居なくなれば仕事も無くなるんだから、そんな無駄な会社はさっさと潰してコスト削減したら如何でしょう?(^^)♪
Posted at 2017/09/23 03:30:04 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月02日 イイね!

ペーパークラフトの魅力

ペーパークラフトの魅力皆さんこんにゃんば(^^)

何十年かぶりにペーパークラフトに火が付きそうなカロンにゃ(笑)

TOP画像は「あたご」型 護衛艦

先般、海上自衛艦の一般公開で「とよしま」艦橋内に特別展示されていたペーパークラフト。
なかなか良く出来ていて、欲しくなってしまうにゃ(^^)♪


「しらね」型 護衛艦

まあ、フルスクラッチ出来る人なら写真が何枚かと3面図が有ればどうにか形になるけど、細かいディテールに拘り始めたら詳細写真を大量に撮影して、現物の採寸をしたくなってしまう!(爆)


「たかなみ」型 護衛艦

そんなことしてたら護衛艦1隻作るのにとんでもない時間と大量の資料が・・・てか、一般公開に巻き尺持って写真撮りまくっていたら、流石に不審者扱いされてしまうにゃ!(核爆)


「むらさめ」型 護衛艦

しかし、この手の大きな艦船や航空機などを模型化する場合、わずか1mmの誤差が数十センチ~数メートルにもなるわけで(^^;)
しかも模型を「より本物らしく」見せる為のアレンジ(デフォルメ)が必須となれば、ディテールを損なう事無く模型化するには並々ならぬ努力と根気が必要なのは理解してもらえると思うにゃ。


「はつゆき」型 護衛艦

更に今回紹介している護衛艦、各型毎にケースに入れられているけど、横須賀や呉、あるいは佐世保などの桟橋に係留された姿を彷彿させ、違和感無く再現出来ている。


「こんごう」型 護衛艦

しかもこれが「プラモデル」ではなくペーパークラフトだと言う事に驚きさえ感じるにゃ!


「はつゆき」型 護衛艦

そしてよく見るとレーダーの大きさやマストの形状などに「明らかな個体差」を付けてあるにゃ。
詳細な資料は持ってないけど、各艦の特徴を再現したものと想像出来るにゃ。


「くろべ」「しらせ」「かしま」

右端の「かしま」が歪んで見えるのはカメラの広角レンズのせいにゃ(^^;)


「ましゅう」型 補給艦

喫水下まで作ってある!(^^)


「はやぶさ」型 ミサイル艇

1隻の大きさは10cm程度!


「うわじま」型 掃海艇


「やえやま」型 掃海艦


「すがしま」型掃海艇

右端に「とよしま」が写ってるにゃ(^^)


「うらが」型 掃海母艦と「えのしま」型掃海艇


うらが型2番艦 「ぶんご」と「ひらしま」型掃海艇

1番艦「うらが」は非武装艦だけど、2番艦「ぶんご」には速射砲が装備されているにゃ。
子分の掃海艇は一見同じに見えるけど、木造船の「ひらしま」型よりもシャープな船体形状で表現してある「えのしま」型はFRP船という違いがあるにゃ。


「あきづき」型 護衛艦

各艦、マストの形状が微妙に違うにゃ(^^)


「そうりゅう」型 潜水艦

流石に潜水艦の流麗な艦体を表現するには全長20cm程度では無理が有ったかにゃ?


「LCAC」

これだけはホバークラフトのエアクッションスカートの表現にもう一捻り欲しかったにゃ(^^;)


「おおすみ」型 輸送艦

こっちの「オマケ」で付いてるLCACの方がそれっぽく見えるのはデフォルメの為せる業か?(^^;)


「いずも」型 護衛艦

うん!カッコイイにゃ(^^)♪


P1哨戒機


YS11輸送機

P1もYS11もなかなかのクオリティ。
あえて難癖を付けるなら機首先端部の処理をもう少し丁寧にして欲しかったにゃ(^^)


「とよしま」艦内の場所を変えて(たぶん士官室)展示してあった「赤城」

この作品は「紙模型工房」製のキット

1/350スケールで70cm超え!という大作にゃ(^^)
だた一つ惜しまれたのはストレートに組み立てた船体が大きすぎて飛行甲板が歪んでしまっていた事。
船体内部にしっかりしたキール(竜骨)を通してやる必要があるのかも・・・


埠頭の特設テント内に移動して 戦艦大和

この作品も「紙模型工房」製のキット

これもデカイにゃ!(^^;)




上の2枚に写っている機体は「飛ばせるペーパークラフト」

飛ばして遊べるにしてはかなりハイクオリティなものも有るにゃ。









こっちの4枚に写ってるのは流石に飛ばせないと思うにゃ(^^;)
戦車や装甲車も有るし(いや!それは投げないだろ!^^;)
このなかではF18ホーネットと川崎C1輸送機のクオリティが突出していたにゃ(^^)




実はここでペーパークラフトの型紙を幾つか貰ったにゃ♪

他にも色々有るので興味の有る人はリンク先で調べて見ても面白いと思うにゃ(^^)♪

陸上自衛隊HP(ペーパークラフト)
http://www.mod.go.jp/gsdf/fan/download/papercraft/

海上自衛隊 大湊地方隊HP
http://www.mod.go.jp/msdf/oominato/gallery/papercraft/index.html


航空自衛隊防府南基地HP
http://www.mod.go.jp/asdf/hofuminami/papercraft.html

紙模型工房HP
http://papermodel.jp/index.html
Posted at 2017/09/03 00:06:43 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「全損で話しが進んでいたこの車、修理する事になってしまったにゃ(^_^;)
只今外注先で絶賛!修理中」
何シテル?   10/18 16:12
karonですにゃ。よろしくお願いしますにゃ。 某モータース屋さんで整備士の仕事をしているにゃ。 今はゆっくりとメカニックライフを満喫中にゃ♪ でも、中身...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

8月5日の塩分補給 函館出張 掃海艇MSC606「はつしま」 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/21 12:36:28
81年春は、サラブレッド(遠い目) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/27 12:31:39
オートジャンボリー 2017 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/26 12:54:51

ファン

37 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ ソリオ バンくん (スズキ ソリオ)
前任のリバ子が急に体調不良をきたし、急遽代替え後継機としてメインカーに就任。 カロン家に ...
マツダ スクラムトラック すっくん (マツダ スクラムトラック)
自家所有の畑に行くために、知人から安く買いうけたものの、2014/06現在、走行距離が2 ...
ホンダ トゥデイ オチビ (ホンダ トゥデイ)
メインカーに代わる通勤専用車として知人が廃車にすると言って手放す車を2004年にタダで譲 ...
スズキ ワゴンR ゴン太 (スズキ ワゴンR)
ゴンの修理用にオークションで引張った部品取り車。 ところが・・・車体フレームの状態が良 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.