ボルボ V60

ユーザー評価: 4.44

ボルボ

V60

V60の車買取相場を調べる

SUVに飽きてしまったあなたへ - V60

試乗

SUVに飽きてしまったあなたへ

  • 式波#

  • ボルボ / V60
    T5 インスクリプション_RHD(AT_2.0) (2018年)
    • レビュー日:2019年2月26日
    • 乗車人数:2人
    • 使用目的:その他

おすすめ度: 4

満足している点
1日乗る機会があったのでレビュー
2リッターガソリンエンジンで254ps、車重が1700kpと軽いためかコンフォートでもパワフルに走ります。
ワゴンなので車高が低い分ロールも少なく地面に吸い付く様に走るのはいいですね。

安全装備も充実しており、パイロットアシストと呼ばれる全車速追従機能付ACCは前車が無くてもステアリングアシストを行ってくれるので、高速道路の単調な走行時にかなり役立ちます。

試乗車のボディカラーはバーチライトメタリックと呼ばれるV60で新登場した色らしく、光の加減によって色が変化して美しいです。
パノラマサンルーフも開口部が広く、後席の人は眺めが良いです。

インテリアはフレームレスミラーや液晶メーターが標準装備、内装色のチャコール&ブロンドでこちらはとても美しいのですが、レザーシートの汚れがかなり気になります。
キャンプなどで汚れた格好で乗り込むのは躊躇するので別のインテリアカラーを選択した方がいいかもしれません。

エクステリアは近年のボルボデザインで、試乗車にはオプションで、押し出し感強目のエアロや4本出しのマフラーエンドが付いていました。

価格帯としてはインスクリプションという上級グレードを選択すれば、後付けオプションを全く付けなくても、ハーマンカードンのスピーカー、ナッパレザー、ヘッドアップディスプレイ、フロントシートのマッサージ、シートヒーター&ベンチレーション機能、360℃モニター、センサー類、ボルボの中で最新の安全装備が全て装着されているので、後付けオプションが多い他のメーカーよりコスパは高いです。

SUV全盛期でワゴンのラインナップが寂しいメーカーが多い印象ですが、V60は素直にカッコいいと思えるデザイン。
リアシート、トランクルームも広いので同乗者も快適に過ごせ、子育て世代の方も問題なさそうです。
SUVよりも車高が低いのでルーフボックス付けても立体駐車場の高さ制限を気にしなくていいのも良いです。
車幅も1.85mで、日本カーオブザイヤーを取ったXC40、XC60 よりも取り回しが良いのも魅力。
不満な点

不満な点は使いにくいセンサスと呼ばれるタッチパネルディスプレイ。
ボタンが少なく、デザインとしては良いのですが、各操作を毎回ディスプレイで、ホームに戻って呼び出さなくてはならないので、一手間かかりますし、タッチ式なので目視しないとわからないので、運転中に車内温度を変えるのも一苦労。ディスプレイの指紋も気になるので潔癖症は苦労しそうです。
後はキャップがない給油口は給油後に多少こぼれますので慣れが必要です。
またXC60に比べて静粛性が低く感じるので、ロードノイズが気になります。
総評
総合的にはコスパが良く
荷物をたくさん載せるような方でSUVに飽きてしまったり、魅力が湧かない方にはオススメです。
V60の走りはスポーティな味付けとされていますが私はコンフォートに走るのがベストだと思います。
家族の安全を第一に考える最新のファミリーカーとしてはスタイリッシュでカッコよく、運転も楽しい車ですが、よりスポーティな車を求める方は他の選択肢もあると思います。
私としてはルーフボックスを乗っけてキャンプに出かけたくなる車ですね。
ただ、次期V60クロスカントリーがとても気になる存在ではありますが...

レビュー一覧へ

レビューを投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車、今いくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)