ヤマハ R1-Z

ユーザー評価: 3.4

ヤマハ

R1-Z

R1-Zの買取情報を調べる

クルマレビュー - R1-Z

  • マイカー
    ヤマハ R1-Z
    • ノリノリ67

    • ヤマハ / R1-Z
      不明 (1990年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:1人
    • レビュー日:2017/11/25
      使用目的:レジャー
    • 走行性能

      世間でヤマハハンドリングと言われているモノを体感中。倒しこみが軽くハンドルも自然に切れ込んで行く感じです。
      ブレーキの効きは昔乗ってたレプリカに比べると甘いけど町中では十分強力。フレームも剛性感足りない感じだけど町乗りには十分。
      加速には少しずつ慣れてきました。
      サスはリアがちょっとヘタっている感じなの様子を見ながら調整したいと思います。自分の体重増加によりそう感じるのかもしれません。

      乗り心地

      全体的に柔らかめな印象です。
      ラバーマウントのエンジンは高回転での振動が気になりますが、それも味です。
      ハンドルの高さはレプリカよりも高目で体格の割に腕の短い自分でも思ったよりも疲れません。もっと年を取ったらアップハンドルに変更するかも。
      急加速時にシートが滑るのがコワイので対策(張りなおし?)が必要。

      燃費

      不満な点でも書きましたがリッター11キロです。

      積載性

      シート下もリアシートも狭いのでほぼありません。なのでデイバックは必須です。シートバックを購入しました。

      故障経験

      まだ納車2週目なのであったら困ります。

      3ヶ月たったけど特にナシ、調子いいです。
      そろそろ老いる交換か?

      満足している点

      軽い車重とハイパワー。油煙の香りとチャンバーのハジケる音。スパルタンな印象のルックスだけど乗り味はソフト?
      エンジンは寒い冬でも一発始動で絶好調!!

      不満な点

      購入時に知りませんでしたが、Ⅰ型のフレーム、エンジンにⅢ型のフロストシルバーの外装を被せたのマシンです。
      点さびや電食が目立つ。シートも滑るし、シート下のゴムパーツが劣化していて要交換。
      燃費最悪!! 町中を6000rpmキープして走ると 11km/L しか走らない。満タンで150kmしか走らない計算になる。サイレンサーからのオイル漏れ&排気口からの飛び散りでナンバープレートなどが汚れる。特にエンジンが温まるまでは排ガスの白煙がすごい。

      総評

      現在は生産していない希少価値の出てきた2st。中古価格もジワジワと上昇傾向?レーサーレプリカではない町乗りに違和感のないネイキッド。直線番長なんて言われているけど欠点が気にならない素晴らしいマシンです。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    • 龍ノ介

    • ヤマハ / R1-Z
      不明 (1990年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:1人
    • レビュー日:2017/07/03
      使用目的:通勤通学
    • 走行性能

      きちんと整備とキャブセッティグして上げると低回転から全開まできちんと付いてくる、750クラスについて走る事も出来ます。

      乗り心地

      柔らかいサスなので乗り心地は良い方。

      燃費

      16~18km前後

      積載性

      二人乗りするととても怖いと言ってました

      満足している点

      思いっきり早く走らなくても気持ちいい加速をしてくれます。2st乗るなら街乗りもしやすいコレ。
      ハンドルとメーターを交換すれば簡単に出来る方法があります、srxのメーターとsvr250のトップブリッジを使う事で純正パイプハンドル化が可能。

      不満な点

      重量バランスの関係でパイプハンドルにすると車体がブレる、ノーマル状態だとタイヤサイズが無い、フレームの塗装がしょぼいので錆びる。

      総評

      維持費が安い250。最後の2ST。乗っていたかった。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    ヤマハ R1-Z
    • あじさいクン

    • ヤマハ / R1-Z
      不明 (1990年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:2人
    • レビュー日:2017/06/01
      使用目的:レジャー
    • 走行性能

      出だしは2ストの宿命でトルクはありませんが、パワーバンドにのれば別世界です。車体も軽くて取り回しも楽です。

      乗り心地

      長距離では、尻が取れるかと思うほど痛かった。
      通常では問題なし。

      燃費

      普通で13km、高速オンリーで17kmでした。2ストオイルも食います。

      積載性

      ほぼなし。工夫が必要。

      故障経験

      リアリンクの鳴り、1年半で2回、バラシてグリスアップで解消。

      満足している点

      2ストの軽い加速感がいいです。

      不満な点

      燃費がもう少し良ければ、チャンバーからオイルが飛び散るところ。車が近寄ってきたら、吹かしてオイルでお見舞いします。

      総評

      20数年超のバイクです。中古でまだ1年半ですが、こないだの連休で500km超の弾丸ツーリングでも問題ありませんでした。末永く付き合いたいバイクです。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    • IZO8823

    • ヤマハ / R1-Z
      3型 (1990年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:1人
    • レビュー日:2017/01/02
      使用目的:レジャー
    • 満足している点

      大型デビューした後、どうしても2ストに乗っておきたくて、買いました。
      250パワー感、2ストをナメてました!速いです。
      ミハラのCDI、OXのチャンバーが付いていたので50PSくらいあったのかな?
      何と言っても軽い!取り回しが楽です。
      そして車検無いので維持費が楽です。

      不満な点

      特にないですが、セパハンはポジション、キツいので、UPハンに変えました。

      総評

      RZに比べたら、新しいのでパーツとか、直ぐに手に入るので、お金をかけずに2ストスポーツを味わいたい方にお勧めします。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    カンパーニャ R1-Z
    • DT50

    • ヤマハ / R1-Z
      不明 (1990年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:2人
    • レビュー日:2016/10/02
      使用目的:レジャー
    • 走行性能

       旋回性はとても素直、バンク時の安定性もあるし、スロットルオンで膨らみ、オフで切れ込む動作もとてもわかりやすいと思います。
       エンジンは250ccの2サイクルですからトルクフルとはお世辞にも言えないけれども、クラッチミートは3千回転も回せば充分発進できるくらいの力はありますし、3速あたりまでなら2千回転付近からの再加速も可能です。
       ただし、6千回転付近からの急激な出力の立ち上がりなど、乗り手が自分できちんと制御してやらないとなかなかのじゃじゃ馬ぶりを見せてくれます。
       現行車種で一般的になっている4サイクルエンジンと比べてしまうと扱いやすさと言う点ではお世辞にも優秀とは言えないでしょう。

      乗り心地

      どちらかと言えば長めの柔らかい足を良く動かして路面からの入力を受け流す足回りなので乗り心地は良いです。ただ、振動が多いのが難点、1時間も乗ると手足がしびれてビンビンしてきます。
      ポジションは比較的楽な方だと思いますが、当時のスポーツモデルにしては…という注釈が入ります。現行の同クラスと比べると前傾姿勢はやや強い方じゃないかと。あと、シート幅が意外と広いので足つき性は身長174㎝のオイラでも両足のかかとが少し浮く程度です。

      燃費

      オイラ個人の最低記録は8㎞/L、最高で17㎞/L、乗り方でだいぶ差が出ますが街乗りで12~14㎞/L出れば良い方なんじゃないかなぁ…?
       低回転域で無理するより5~6千回転くらい回してあげた方が燃費は伸びるようです。

      積載性

       ベーシックとはいえスポーツモデルですし、当時の時代背景的にも積載が考慮された車体形状ではありません。
       一応後席とシートカウル上面は平面がありますし、フレーム下部は荷掛けフックが付いてはいますのでシート上面に荷物を置いて荷物ネットなどで固定する事は可能です。
       シート下も一応スペースはありますが、190ccサイズの飲料缶を入れるのがせいぜいですし、トレー状にはなってはいますが閉鎖空間ではないので小さな物は走行中にシートカウルとフレームの隙間から落っこちる可能性も…
       荷物は素直に自分で背負うかタンクバックを活用した方が無難だと思います。

      故障経験

      取り立てて壊れやすい所はないですが、いかんせん古いバイクですので多くの部品が経年劣化していると考えるべきでしょう。特に電装品とオイルシールやパッキン類をはじめとするゴム部品はいつお亡くなりになってもおかしくないと覚悟するべきです。
       この手のバイクに乗るなら最初に大金を投じて消耗品類を一新するか、トラブルすらも楽しむくらいの根性が必要です。
       また、故障とは違いますが、車両コンセプト的にも新車当時の価値観的にも電装は必要最低限の能力しか与えられていません。発電、バッテリー容量共に余力はないので、ETCなどの現代の電装品を搭載したいのであれば照明類をLED化するか、バッテリーの充電状態をこまめに確認するなど、気を遣ってあげてください。

      満足している点

       パワーバンドでの怒涛の加速と爆音は好きな人にはたまらない魅力です。軽量な車体は街中でも取り回しが楽ですし、ポジションも比較的楽な部類に入るので街中から峠道までそつなくこなしてくれます。
       外見もトラス状に組まれたパイプフレームとスイングアーム、右2本出しのチャンバーなどなど、当時のヤマハの美意識を詰め込んだバイクだと思います。

      不満な点

       燃料タンク容量が16L(その内予備3L)しかないので航続距離が短いこと、余裕を見積もると150km程度しかないので、長距離ツーリングでは常に燃料残量を気にしながら走る事になります。
       あとギア比が中途半端、5足と6速をあんなに近づけるならその分2~5速を低速側に満遍なく振り分けてくれてくれた方が街乗りがしやすいと思う。

      総評

       残念な事に「今」となってはお勧めできるバイクではありません。というか正直なところ「欲しい」と言ってくる人には「やめとけ」と返しています。最終型の販売終了から17年、初期型に至っては25年以上、中古で気軽に楽しむには時間が経ちすぎました。
       魅力的なバイクではありますが、中古相場が値上がりを続けている現在、本来の性能を楽しもうと思ったら最終的には同クラスの現行モデルの新車が買えるだけの金額が必要になります。繰り返しになりますが最終型でもすでに17年も前のバイクなのです。
       それでも乗ろうという方は是非可愛がってあげて下さい。現行機種に比べたら何かと手間のかかるバイクではありますが、その手間をかけた分はちゃんと応えてくれるバイクですよ。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評

 

 

みんカラを始めよう!

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース