燃料残量警告灯が点灯! ガソリンはどのぐらい残っている?

2021年5月28日

ガス欠

クルマによっては航続可能距離が表示されることもありますが、そうした機能が付いていないクルマは燃料残量警告灯が点灯すると、ドキドキしてしまう人も多いでしょう。普段出かけないような地域での点灯ともなれば、さらに不安なはずです。クルマは燃料残量警告灯が点灯してから、どれくらいの距離を走ることができるのでしょうか?

残り50kmで点灯があくまで目安

一般的に燃料残量警告灯が点灯してから50kmは走行できると言われています。この50kmという距離は、高速道路のガソリンスタンドがあるSAやPAが50kmごとに設置されているというのが根拠だとされます。しかしこれは、交通量が少ない地域にまで高速道路が網の目のように張り巡らされる以前の話で、現在は100km走ってもガソリンスタンドがない地域もあります。例えば道東道の足寄ICから西方面に走ると、最初のガソリンスタンドのある施設は約175km先の由仁PA。地方を走る場合などは早めに給油するほうが安全です。

ガス欠
 

一般的な燃料残量計は燃料タンク内にフロート(浮子)があって、そのフロートの高さによって燃料残量を計測しています。トヨタのプリウスの取り扱い説明書を見ると、ガソリンの残量が約7.5リットルで点灯、ランドクルーザーのガソリンモデルの場合は約15Lで点灯と記載されていました。ランドクルーザーはほぼ定石通りの表示、プリウスは7.5Lもガソリンがあれば余裕で50km以上走れそうで、車種によって表示にかなりのばらつきがあるのが現実です。取り扱い説明書には何リットルの残量で警告灯が点灯するかが記載されているので、自車のデータは調べておきましょう。

燃料残量警告灯が点いたり消えたりするのはなぜ?

燃料残量警告灯が残り何リットルで点く…というのはあくまでも平らな場所にクルマを置いたときのデータです。上り坂と下り坂で点いたり消えたりすることもあるし、加速中は点く、ブレーキを踏むと点くという場合もあります。このパターンは車種によって異なるので、自分のクルマの癖を知ることも大切です。

慣れてくると、点いたり消えたりしているときはだいたい何リットル残っているから何km走れる、点灯しっぱなしになったらあと何kmしか走れない、といった勘所がわかるようになります。これがわかるようになるには、点いたり消えたりが始まったときに満タンにしたら何リットル入った、点灯しっぱなしになったときに満タンにしたら何リットル入った…というデータ取りが大切。この時の給量をもとにタンクの燃料残量を計算し、そこに燃費を掛けて大まかな走行可能距離を計算するわけです。普段から自車の燃費を知っておくことが大切なのはこうしたこともあるからです。

走行中のガス欠は事故や故障の原因にも直結する

当たり前の話ですがガス欠を起こすとエンジンが停止します。「なんだそれだけか」と思わないで下さい。現代のクルマでエンジンが止まるというのは大事です。エンジンが停止するとパワーステアリングのアシストがなくなり、ブレーキのアシストも弱くなります。クルマが減速するだけでなく、ステアリングが急に重くなったり、ブレーキが効きにくくなったりするわけです。これが高速道路走行中や、下りのワインディングロードなどで起きた事態を想像してみて下さい。ガス欠が原因で大事故にもなりかねないというわけです。

また、ディーゼル車の場合は燃料を高圧で噴射しているため、燃料が切れると燃料ライン内に空気が入り込んでしまいます。こうなるとエア抜きをしないとエンジンが正常に始動できません。さらに、ディーゼルエンジンの燃料ポンプなどは、燃料そのものが潤滑を担っているため、最悪の場合はポンプなどが焼き付く可能性もあります。現在のマツダ車はこの燃料切れを防止するため、完全に燃料切れを起こす前にエンジンを停止させるというシステムまで組み込んでいます。たかがガス欠、されどガス欠です。こまめな給油と、残量計を気にする習慣を身につけましょう。

諸星陽一
  • 諸星陽一
  • 日本自動車ジャーナリスト協会(外部リンク)
  • 自動車ジャーナリストとして専門誌やライフ誌での執筆活動をはじめ、安全運転のインストラクターも務める。1992年~99年まで富士スピードウェイにてRX-7のレースに参戦。セルフメンテナンス記事も得意分野。福祉車両の数少ない専門家の一人でもある。

関連するユーザー投稿

乗るに戻る

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

注目タグ

最近見た車

最近見たクルマはありません。

ニュース