まとめ記事(コンテンツ)

2019/03/17

RACING SUCTION INDUCTION BOX 製作 その6

カテゴリ : エンジン廻り > 吸気系 > その他

1
その5の続きです。
https://minkara.carview.co.jp/userid/2349356/car/1859486/5216167/note.aspx

図面を書いてみました。

誤差はかなりあると思いますので目安として見ていただければと思います。

穴のアルファベットは同じアルファベットの所と重なります。正面のCの穴はステーのCの穴と合います。

天面がボンネットとギリギリなので5ミリ程度天面の高さを下げた方がいいと思います。


正面
ボンネットを開いて一番手前の面です。
2
裏面
ボンネットを開いて一番奥の面です。
スーパーパワーフローと固定しています。
3
側面
ボンネットを開いて両サイドの面です。
右側はダクトホースを接続できるようにクーラーキャップを付けています。
4
底面
底の部分になります。
入り込んだ水が点付け溶接の隙間からサーモーガードの間に入り込んで劣化しないように全ての面をコーキングしてます。
5
天面
透明な板にすることでフィルターの汚れ具合やボックス内のゴミの混入や水の溜まり具合を確認することができます。
ポリカーボネートで作ったのでエンジンルームの熱でも変形せず衝撃にも強く不燃性でもあるので最適な材質です。
クリップで固定しているので脱着も用意で天面を外せばフィルターもこのまま交換できます。

その5に書いてますがボンネットのキャッチと多少干渉するので削りました。
6
ステー
ボックス本体を固定するステーは2ミリで作って天面を固定するステーは1ミリとしました。
7
展開図です。
各図面は展開図と同じ向きで作っていますので製作する時は表と裏の注意が必要です。

天面がやや大きいのは溝ゴムの上に乗せるのでその分大きくしてます。

イイね!0件

はてブに送る
はてブに送る

オススメ関連まとめ

 

みんカラを始めよう!

最近見た車

最近見たクルマはありません。

みんカラ+新登場

Re:Birth/リバース
Re:Birth/リバース

コーティング

ニュース