• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

でんでん74のブログ一覧

2009年07月30日 イイね!

ヴェルファイア3.5V試乗記

ヴェルファイア3.5V試乗記 なんだかんだと言いながら、やっぱり、四角くでかい車が好きである。
 特に、最近は、ヴェルファイアが気になってしょうがない。
 今日は久しぶりに仕事が早く終わったので、ヴェルファイアを試乗することにした。

 試乗車は、3.5Vの七人乗りである。
 私がかっこいいと思っている、ヴェルファイアとは少し顔が違う。よく私が見るのは、Zという、エアロの付いたスポーティーデザインのグレードだという。カタログの写真を見比べると、確かに顔がちと違う。でも、エアロが付いていなくても、十分厳つくてかっこいいと思った。
 売れ筋は、2.4Zだという。ディーラーでも、Zを勧めているという。でも、一番下のグレードであるXでも、ほとんどの装備は付いているので、全然損はしないという。本当のお買い得グレードは、2.4Xだと教えてくれた。
 ディーラー曰く、減税のお陰で、ヴェルファイアがすごく売れているという。なんでも、2か月待ちの納車になるという。減税の効果はあるのは聞いていたが、ヴェルファイアがのような高級車が売れているとは意外であった。減税額が大きいのが魅力なのだという。あと、これは、私の憶測だが、ヴェルファイアの個性的で、ヒップホップ的なデザインが受けているのではないかとも思う。

 能書きはこの辺で…乗り込んでみる。
 ステップの高さは割とある。SUVほどではないが、少し足を上げる必要はある。それでも、手擦りが良い位置にあるので、それほど乗り込むのは苦痛ではないが。
 ミニバンであるので、着座位置は高い。でも、それほど不自然に高い感じはしない。感覚的なものだけれど、立っている時の目線の位置と同じくらいかもしれぬ。なんとも、自然な高さである。
 全車共通装備であるという、エンジンスイッチを押してエンジン始動。ハイブリットではないので、エンジン音はするが、いたって静かである。遮音は完璧な気がする。
 走りだす。少し走り出しただけで、剛性の高さが感じられる。カチッとした車体である。適度にロールはするが、揺すられ感はない。アルファードに乗った時は、もう少しロールが大きい気がしたので、セッティングが多少異なるのか?もしくは、私が慣れたのか?はたまた、個体差か?とにかく、足まわりの感じは好印象で、安心感が高い感じがした。
 ハンドルもちょうどいい。重たい感じはしないが、適度に安定感がある。低速でも、高速でもとても楽で、安心できるハンドルである。
 シートもよい形状である。体にフィットし、疲れにくそうである。少なくとも、十分足らずの試乗では腰が痛くなることはなかった。
 動力性のは十分である。余裕がある。けれども、エルグランドのように、野蛮にパワフルな感じもしない。穏やかに、紳士的に、パワーが出ている。踏みこめばすごいのだろうけど、一般道では、少しアクセルを踏むだけで、流れに乗れてしまう。
 重さは感じない。軽々と走って行く。そのせいか、実際の大きさよりも一回り小さい車を運転している感覚に陥る。体感的には、エスティマよりも、車体感覚は掴み易い気がする。
 小回りも、大きさの割には効くほうである。交差点を左折するようなときも、「大きいな」という感じを持つことはない。駐車も割とすんなりできた。取り回しは、思ったより悪くない。

 購入価格や維持費、実際の寸法を聞くと、うんざりするが、実際に見て、触れて、運転したヴェルファイアに、欠点はなく、運転し易く、楽しい車であった。
 でも、実際購入できるグレードは、一番下の、2.4Xであろう。(それでも、300万円するが)
 2.4Lの動力性能はどうであろう?エスティマの時は、必要十分な気がしたが、なにせ、重さが違う。かったるいのかな?いつものごとく、ディーラーでは、「2.4Lでも、十分ですよ。」というが、あまり信用できない。(営業の人って、大して、車の知識がないから。)
 妻は、カタログを見ただけで、「こんなの買わない。」と絶叫していた。
 やっぱり、無理かなぁ。

 
 
Posted at 2009/07/30 22:21:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | 試乗記 | クルマ
2009年07月25日 イイね!

トヨタでスポーツ車は…

 アムラックス東京に行って、「走りがいい車はどれですか?」と尋ねた。
 すると、マークXやクラウンアスリート、ブレイド、オーリスなどを紹介してくれた。さらに、「欧州車っぽいのは?」と詰め寄ると、「うーん、ないですね。」と述べていた。
 家に帰って、いろいろサイトで調べてみたが、レクサスも含めて、スポーツカーと呼べる車は、トヨタにはないことが分かった。(MR-Sやセリカが今はないからね。)
 ただ、ノーマル車ではないが、カスタムカーなら、あることが分かった。
 それは、ヴィッツのTRDターボM。試乗したことはないが、試乗レポートを見ると、条件抜きで、スポーツ走行が楽しめる車のようだ。
 ノーマル車で、スポーツカーのラインナップがないのは、寂しい限りである。
 ”子供社長”は、車好きなようだから、期待しよう。スポーツカーこそ、(それも安価な)トヨタの起爆剤になるはずだと思う。
Posted at 2009/07/25 19:32:47 | コメント(1) | トラックバック(0) | IQ日記 | クルマ
2009年07月24日 イイね!

トヨタ ヴィッツ大試乗記

トヨタ ヴィッツ大試乗記 青森の旅では、レンタカーとして、ヴィッツを借りました。1・3Lの4WD、4ATです。(FFは、CVTなのに)
 ヴィッツは、以前、試乗したことが2度ほどありましたが、2日間も乗ったのは初めです。

1 外見はかわいいです。2日間見ていても飽きませんでした。欲しくなっちゃいます。
2 車内は広いです。後部座席も狭いとは感じません。
3 出だしが速いです。ビュッンと出るので、慣れないうちは少し驚きました。
4 その割には、中間加速は遅いです。特に、坂道などは、かなり踏み込まないと、上がっていきません。(4ATだからかなぁ。)
5 ハンドリングはいいです。少しスピードを出しても、不安になることはありません。
6 小回りが利きます。
7 車体感覚は掴みやすいです。初めて乗る妻も、難なく乗りこなしていました。
8 踏み込むと、エンジン音は賑やかですが、通常は静かです。ロードノイズ等もあまり入ってきません。

 まとめ
 ヴィッツは、可愛くて、広くて、使い勝手が良くて、しっかり走る車です。小さい車ですが、十分、一家に一台のファミリーカーとして使えると思います。ただ、アップダウンのあるような地域では、1.3Lでは、やや力不足かなと思いました。特に、家族5人乗るような機会が多い場合は。1.5Lは欲しいかなと思いました。
 とにかく、ヴッィツの走りや使い勝手は好印象でした。プリウスの次は、ヴィッツがいいかなと思いました。(1.5Lがいいかな。)

ファミリーカー度指標(各項目 最高5点 総合点25点満点)
1 コンパクト性:コンパクトで取り回しし易い。「5」   
2 十分な車内スペース:大人4人がしっかり乗れる。カローラより広いかも。「5」
3 軽快さと安定性のバランス:軽快で、どっしり感もある。地方では、1.5Lがいいかも。「5」
4 経済性と安全性のバランス:燃費はいいし、安全性も高い。「5」
5 イメージ:かわいいが、男性が乗ってもおかしくない。「5」
総合点 25点(ファミリーカーとしても、車としても完成度は高い。誇りも持てる。オリジナリティもあり。)
Posted at 2009/07/24 19:57:16 | コメント(1) | トラックバック(0) | 試乗記 | クルマ
2009年07月24日 イイね!

恐山大間のマグロ寒立馬下北半島下風呂温泉

恐山大間のマグロ寒立馬下北半島下風呂温泉 本月22日から24日までの3日間、夏休みを取り、青森県下北半島周辺を、妻と2人で旅行をしてきました。
 下北半島を旅して気付いた点を以下に記します。

1 下北半島は、2日もあれば、車で一周することができます。
  ガイドブック等で見ると、下北半島一周は、150kmくらいとかなり距離があるように感じますが、実際は、距離ほど時間はかかりません。道がいいし、信号もほとんどないし、車もほとんど走っていないのです。(もちろん、時間帯や場所によって差はあるでしょうが。)だから、どこに行っても、カーナビで計算した時間どおりに行けるのです。これほど、車で走り易いとは思わなかったので、割と、観光する場所を限定してしまいました。知ってたら、もう少し、たくさん見ることが出来たのにと残念に思います。

2 恐山に行く時は、運動靴で行きましょう。
  恐山に行くこと自体は、車で行けますし、それほど大変ではないのですが、恐山の中は、かなり歩きます。地獄に見立てた石山のようなところを、1時間ほど掛けて歩くようになっているのです。これが結構大変。アップダウンはあるし、足元は石なので、歩きにくいのです。観光客の中には、サンダルや革靴で来ている人が居ましたが、とても歩きにくそうでした。恐山は地獄ですw。必ず、運動靴を履いていきましょう。もちろん、草履でもいいですが…w。

3 下風呂温泉は穴場です。
  下北半島の温泉というと、薬研温泉が有名ですが、そこよりも少し北にある、下風呂温泉もなかなか良いです。割と人が来ていなくて、空いていますし、値段も300円とリーズナブル。そして、なんと言っても、湯の質がいいのです。少し熱めのお湯にゆっくりと入れば、お肌はつるつる、体はポカポカしてきます。あー、温泉っていう感じの、最高のお湯です。他にも、下北にはたくさん温泉がありますから、いろいろ回ってみてください。いいですよぉ。

4 下北半島は、イカとホタテも美味しいです。
  下北半島というと、大間のマグロが有名で、ついつい、マグロを食べてしまいがちですが、実は、イカとホタテも美味しいのです。マグロだけでなく、イカも、ホタテも沢山とれるようで、どこで料理を食べても、イカとホタテの料理が付いてきます。イカとホタテには、全く期待していなかっただけに、あまりの美味しさに驚きました。マグロを食べたくなる気持ちも分かりますが、ぜひ、イカとホタテを中心に食べて見てください。絶対、絶対、美味しいですから。

5 下北半島は夏でも、寒いと思ってください。
  東京が30度の日に、下北半島のむつ市では、22度でした。天気も悪かったせいか、気温以上に寒く感じました。下北半島は、関東地方よりも、一季節遅れていると思って下さい。だから、夏でも、春物の、長袖の上着を一枚持って行った方がいいです。

6 寒立馬が居る、尻屋崎は、時間にならないと入ることすらできない。
  尻屋崎は、寒立馬の放牧で有名ですが、ここは、時間にならないと、放牧をしていないだけでなく、敷地内に入ることすらできません。敷地の入口に、踏切のような門があって、放牧時間にならないと開かないようになっているのです。だから、早めに行って、放牧を待ってしても無駄です。放牧時間が過ぎてから、ゆっくり行った方がいいと思います。それほど、人は来ていませんし、時間が経った方が、放牧されている馬が、数多く下の方に降りてきて、見ることができるようになるでしょうから。
Posted at 2009/07/24 19:42:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記 | 日記
2009年07月20日 イイね!

特上カルビの空に虹

特上カルビの空に虹 昨日、実家に行った。
 母と弟と夫と私で
 近所の焼肉屋に行く途中、
 空を見上げたら、
 虹が2本並んでいた。
 七色というより、三色の虹。
 こんな虹を見るのは初めて。
 私の夫と共に、
 近所の人達も携帯で撮っていた!!!
 行く先々で、携帯を空に翳す人々。
 はしゃいでいたのは
 私だけではなかったみたい。
 焼肉屋に行く途中の空に
 虹が二本立っているなんて
 なんと、幸せな夕暮れだろう。
 弾む会話の中で
 特上カルビが焼き上がった。
 
Posted at 2009/07/20 13:04:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 妻の独り言 | 日記

プロフィール

「ハマっちゃった http://cvw.jp/b/107353/42180066/
何シテル?   11/13 17:01
ペーパークイリング ヤマトアートカレッジ認定講師です。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2009/7 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

スイーツ三昧 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/06/12 07:46:06
初代プリウス購入記 
カテゴリ:自動車
2008/11/29 18:33:02
 
sigeoのインプレッサとプリウスのページ 
カテゴリ:自動車
2008/10/03 18:49:34
 

お友達

一緒にペーパークイリングを楽しみましょう。
29 人のお友達がいます
Fujiyama115Fujiyama115 * DonGAMEDonGAME
五味康隆五味康隆 ムーさんムーさん
ピロリンちゃんピロリンちゃん 壱壱九壱壱九

ファン

1 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ プリウス トヨタ プリウス
燃費の良さと、妻の熱烈な希望から、プリウスを選びました。 グレードはSです。Gが欲しかっ ...
スバル インプレッサスポーツワゴン スバル インプレッサスポーツワゴン
「スポーツは君を変える」という フレーズに惚れました。 走りも逞しい。 ただ、燃費がいま ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.