• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

green_openmindのブログ一覧

2018年04月14日 イイね!

エクスプローラーIの帰還〜相場高騰はなぜ?

エクスプローラーIの帰還〜相場高騰はなぜ?OHに出していたROLEXエクスプローラーIが無事戻ってきました。無償OH期間中でしたが、交換部品が出たら有償、と言う話ですが、ゼンマイが劣化していました、とのことでその分はしっかり払いました。

で、引き上げる前に試しにスタッフに、

今この時計(ROLEX ExpI ref.114270)はいくらで売ってるんですか?

って聞いたらなんと60万円程だとか。。。

え?そうなの????

特に自分の個体は114270の最終末生産品なので、プレミアなんだそうです。

でもねぇ。。。。

好きな方には大変申し訳ないのですが、この時計ってそんなにすごい時計なんでしょうか。。。

今の取引価格は正直言って時計の出来からは到底理解できない相場だと感じます。いわば作られた相場です。

時計業界ではざっくり言ってROLEX独り勝ちと言った状況です。すでに販売飽和状態にある時計業界にあってそれでもしっかり売り上げを伸ばしています。一方で生産数や製造コストなどを一切明かさない、しかも製造番号でさえ販売業社などが調べ、製造年次を推定しているくらいで、そのミステリアスさもプレミア市場形成に一役買っているのでしょう。

自分がこの時計を購入したのは某ROLEX専門店で、ここは国内でのトップクラスの取り扱い業者なのですが、そもそもこの会社が製造番号により価値が違う、と言い出したんではないでしょうか?

まぁ、有り体に言ってROLEX価格の調整役を担っていると言っていいでしょう。

ただ、自分も実際にはROLEXの時計は本当に丈夫な優れた時計だと思います。
でも、いい時計でも現在の各モデルの価格は高すぎると思います。それは明らかに時計自体の価値に見合う価格に投機価格が上乗せされています。このままいくと時計好きの間をやり取りされるのではなく、投機目的の商材としてやり取りされ、時計として欲しい人の手には装着されない高価格時計になって、ひょっとしたらある日を境に暴落するかもしれません。そうして適正な価格になればそれはそれでいいかもしれませんが、時計が投機商材として扱われるのはあまり気分が良くないのも偽らざる感情です。。。。

私の目には。。。

左のGrandSeikoも右のROLEX Exp Iもいい時計だと思いますが、その実勢価格が3倍も差があることには納得し難いものがありますね。。。
Posted at 2018/04/14 14:37:12 | コメント(3) | トラックバック(0) | 時計 | 日記
2018年04月06日 イイね!

日本の社会情勢に合わせたクルマの開発を!

狭い日本の道路で「3ナンバー」はなぜ売れる?過去最高の販売に(ニュースイッチ) - Yahoo!ニュース
狭い日本の道路で「3ナンバー」はなぜ売れる?過去最高の販売に
と題する記事がYahooニュースで飛び出ていましたが、そんなもん5ナンバー車が減ってるんだから当たり前じゃん、と読み飛ばそうとしましたが、ふと考えると日本の将来にかかわる問題が垣間見える結構シリアスな記事に見えてきました・・・

最近のクルマ関係の大きな流れをユーザー視点でみるとこんなことが挙げられるんじゃないでしょうか?
・年々厳しくなる国の安全性基準に合わせるため車体強度アップが必要で、そのあおりで大型化しており、車幅増→3ナンバー化が進行
・各自動車会社は利益確保のためにも、コストカット⇒国際基準化の結果クルマが大型化し、結果として3ナンバー化が進む
・長引く不況や社会不安から可処分所得は減る上にクルマ以外の支出先が増え、クルマの販売が伸び悩む。
・3ナンバー車が購入できない層(狭小路地域や車庫スペースの問題など)の受け皿がいよいよなくなり、利益の出にくいコンパクト車や軽自動車に需要が流れ、メーカーの利益が減少
・利益確保のためには不採算部分(スポーツグレード設定)は切り捨てざるを得ず、商品の魅力が低下し、クルマ愛好家層がそっぽを向く(あるいは海外好事家向けクルマに流れる)
・安全装備てんこ盛りが必要な時代になり、クルマの価格が上昇し、エントリー層(若者)がクルマを買えない、あるいは興味すら持たない(だから売れない、と悪循環)
・安いクルマ(中古車)買おうとしたら、旧車増税でいびられるので嫌気がさし、クルマから離れてしまう

とまぁ、いろいろありましょうが、すでに持っている人には所有し続けるのが厳しい(買い替え強要税制、モデルチェンジのたびにクルマがでかく、高くなる)し、今から持とうと思う層にはクルマのエントリー価格の上昇、軒並み3ナンバー化して最初から路上試練連発だし、高齢者層には免許制度の厳格化でいつまでも乗れない時代になった(ただし高齢者問題は自分はやむなしとは思いますが)、となれば、いったい誰がクルマ需要を支え続けるのかわからなくなりますね。

基本的に日本という国はすでに縮小期に入っており、国内の購買力は今後下がるばかりです。その上島国という閉鎖社会ですから、この閉ざされた国だけでものを考えていてはダメ、というのは今や常識。だから国際標準化が必要なんだ、というのはある程度の納得感はありますが…

しかしですね、クルマってのは閉鎖社会であろうがなかろうが、地域事情に大きく依存する商品ですから、利益確保のためのグローバル化を進めすぎるともはやその地域では売れなくなる、というシナリオにつながりかねないと思います。極端な話、世界の経済をけん引する北米を主眼に車を作り続ければ、5ナンバーをちょっと超えた3ナンバー車どころか、幅が190センチにも達するようなバカデカクルマばかりになりますよ。そんなクルマが日本で売れますかね?クルマを大きくするのはある意味安易にできますが、道路を広げるのは並大抵じゃありませんし、各家庭にある車庫だってポンポン広げるわけにもいきません。また、うちの近所もですが、有料駐車場や店舗併設の駐車場ではいまだに5ナンバーサイズの駐車枠を引いている場所が多く、でかいクルマは使い勝手が悪くてとてもじゃないが生活に活用できません(だからそんなの要らない、となりかねない)。

私が個人的に考えるのは・・・

今みたいに衝突安全基準とかでガッチガチに縛るのではなく、もっと自由に商品展開してもいいようにすべきです。
具体的にはエンジン性能や足回りをコダワって売りにするクルマが許容されるんですから、最新の安全性基準に合致していない(もちろん最新基準じゃないから即危険なクルマ、とは言えないでしょ?)車も製造を認めるべきだと思います。メーカー側もインチキで安全性なんてうたわずに明確に”5ナンバーを維持するために安全性基準を一昔前の水準に留めました”とか、”安全性装備を簡素化しましたのでその分軽く、安く、運動性能も高めました”というのを逆に売りにするのではいかがですか?

もちろんお上の許可の部分に依ることが多いでしょうが、このままでは普通車はすべからく大きくて安全かもしれないけど、鈍足でもっさりした車庫に入らないクルマ、ばかりになってしまいます。

この考えは突飛でもなんでもなく、実際路上を走っていますよね。そう、軽自動車ですよ。

軽自動車は元々の規格設定時の目的が安価に国民に車を普及させる、というのがあったため、税金も安く設定され、また安全基準面でも普通車よりも低いことがお上に許されていることから、同じ路上にいるにもかかわらず、ある意味異質な存在です。しかし近年はでかくなるばかりの普通車に嫌気がさした、あるいは近距離移動しかしないから、または性能が上がってきた軽自動車で十分、という客層を取り込み市場を拡大させています。

決められたボディサイズ、排気量で商品展開されますので、ユーザー視点ならある意味安心な商品群だし、しかもその中で各社が競って改良を繰り返すため、魅力的な商品が持続的に供給されています。

この軽自動車は、国内専用モデルですね。日本の閉鎖市場をガラパゴス化と自虐する意見もよく聞き、退嬰したビジネスモデルと卑下されるかもしれませんが、それでも日本国内は1億人以上の人口を誇り、多少競合過多ながら現に一応独り立ちできている市場です。

また、軽自動車ユーザーは制限された性能になっているのを承知で軽自動車を購入しています。高速走行性能が劣る安全性面で見劣りがする、これを理解したうえで購入し、サイズ面や維持費面でのメリットを手にしているのです。

こうした商品構成を普通車にも一部展開してはどうかと思うのです。例えば第二軽自動車枠の設定です。この目的は真に日本の社会環境(道路事情)に向いた車の商品展開を一定レベルで維持することと、軽自動車は嫌だという層(軽は嫌で3ナンバーも嫌という層)の取り込みです。例えば、ボディサイズと排気量を規格で縛り、その分税金面で優遇します。その一方で安すぎる軽自動車の税制面の見直しも行います。

その上は規格なしとして、今の普通車の層を引き継ぐ感じですね。

こうした階層形成は社会の階級差別化につながる危険性もありますが、そんなものは現実にはクルマ社会(路上階層)にすでに現実存在していますので、事実上問題にはならないでしょう。

また、こうした3層構成にすれば目的に応じた商品構成がわかりやすくなり、しかも規格化で会社間やり取りなどでコストダウンの方策も生まれるかもしれません。
Posted at 2018/04/06 13:21:37 | コメント(3) | トラックバック(0) | 政治経済 | 日記
2018年04月03日 イイね!

花粉症悪化→気管支炎→そして…?

日曜日あたりから激烈体調悪化です(涙)

思えば先週末くらいから花粉症が悪化して両側鼻閉(ま、鼻詰まりダブル♪)が出てきていよいよステロイド登場か?と思いながらも土曜日は娘通院に付き合わないといけないので自分の通院はできず、やむなく強ミントタブレットで誤魔化していましたが、ミントの食い過ぎで喉がヤラレました(爆)

んで、そうこうしているうちに今度は咳が出だして、花粉症+時折の激しい咳き込みでついに睡眠に差し障る事態に…

しかし今週は職場異動の挨拶回りがあるため休むわけにもいかず、止む無く誤魔化し誤魔化し出社していましたが、ほぼ徹夜×2日になると四六時中咳をしているせいで身体全体がダルダルになり、こりゃお年寄りには辛いですゥ、ということで今日は半休を取って主治医に掛りました。

幸い気管支喘息には至らず、よって強引な気管支拡張剤は処方しない方針で臨むことになり、吸入ステロイドと咳止め+抗アレルギー剤を処方してもらいました。まぁ、気管支拡張剤(テオフィリンとか)って投与量コントロールが難しく(有効性発揮する血中濃度と毒性が出る濃度が近い)、また他の薬剤の代謝に影響されやすいので、総じて使い方が結構厄介なんで、主治医方針を聞いてちょっとホッとしました。

これでしばらく様子見ろ、とのことでした。

ウチの主治医はもう15年以上の付き合いで、春先のいつもの症状ということで、毎度とっても頼りになります。

まだ薬飲む前からなんか平癒したかの錯覚さえあります笑)

今日はそれほど混んでいなかったのであっという間の診察終了でしたが、薬屋としてごく簡単な意見交換もしておきました(自社品売り込みではない)。

やはり信頼できる主治医が近くにいるってホントありがたいです。
Posted at 2018/04/03 20:12:12 | コメント(1) | トラックバック(0) | 医療健康 | 日記
2018年04月01日 イイね!

車庫が荒らされた?の真相

車庫が荒らされた?の真相まぁ、当たり前ですが犯人は私自身です(苦笑)

今日は花粉症全開の中、カプチーノ 用の駐車スペースの最適化を行いました。

前の写真では実は既に作業自体はほぼ完了していました。今回の作業はカプチーノ側の横にあるウッドデッキとの境界部分の最適化でした。ウッドデッキと車庫の成り立ちがやや複雑なのですが、建築、取り壊しの順番が

車庫一号建築→車庫二号建築→ウッドデッキ製作→車庫一号、二号取り壊し→車庫三号建築

となっており、車庫三号建築の際に無理やりウッドデッキと結合させたため、隙間ができていたのをちょっと前に大規模に補修して、今日は車庫内に残ったつぎはぎの残り部分を取り外してスッキリさせました。単純に車庫内寸が5センチほど広がったので、ケツからカプチーノ を収納しての乗り降りが少しだけですが楽になりました。

さらに車庫の後ろの方に置いていたボンネット輸送用の箱を撤去して整理したので、カプチーノを約20センチ後ろに駐めることができるようになりました。この20センチはそのまま車の前のスペースになりますので、ちょっとした作業などに重宝するでしょう。

と、花粉症で頭がイマイチ働かない中での作業としてはまずまずの仕上がりかと思います。
Posted at 2018/04/01 17:22:16 | コメント(0) | トラックバック(0) | カプチーノ | 日記
2018年04月01日 イイね!

うぉ〜、泥棒に荒らされたのか?

うぉ〜、泥棒に荒らされたのか?を!

カプチーノ側の駐車スペースが無茶苦茶になっている!

いったいなにが????

続く
Posted at 2018/04/01 16:16:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | カプチーノ | 日記

プロフィール

「エクスプローラーIの帰還〜相場高騰はなぜ? http://cvw.jp/b/108746/41349655/
何シテル?   04/14 14:37
静岡県某所でカプチ&RX-8を所有しとります♪ カプチは購入後青空駐車→フルボディカバー→簡易ガレージ→自作木製ガレージ(1号)まで行った後でヤサをRX-8...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/4 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

【4/4更新】スズキのK6A車の方に知っておいて欲しいメンテ・改造のまとめ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/07 10:32:19
抗がん剤は、癌に効かない、欧米では常識、なぜか日本では隠されているが 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/14 00:48:03
濃密な一日(Hakanさんご対面編) その5 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/10/28 21:32:42

お友達

ま、よろしくお願いします♪
177 人のお友達がいます
シュピーゲルシュピーゲル *みんカラ公認 MAKOTOMAKOTO
macモフモフmacモフモフ jawayjaway
職人。職人。 ぺエスけ&amp;カプたんぺエスけ&カプたん

ファン

33 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ カプチーノ スズキ カプチーノ
H8に新車購入後月あたり500km走行を超えないように大事に乗ってきました。おかげで月5 ...
マツダ RX-8 マツダ RX-8
黒のオーテッ君に替わりまして我が家の1stカーになりました、真っ赤なRX-8です。既存の ...
日産 プリメーラ 日産 プリメーラ
現在でも寝強い人気を誇るP10プリメーラですが、その中でも約200台しか生産されなかった ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.