• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

しゃもじのブログ一覧

2014年08月08日 イイね!

夏の思い出・・・と。

夏の思い出・・・と。まいど。ご無沙汰のしゃもじです。

8月に入りまして、先月の激務の残務処理終わって一息ついております。

しかしねぇ~。

なんですかねぇ。普段のお仕事だけなら良いのですが…
普段以外のボランティア的なお仕事を押し付けられて…
ちょいと最近面倒くさい感じです。

そんなストレス解消と言えば、車!
と、言いたいところですが。

『夏なので、父ちゃんとの思い出つくってあげて!!』

ネ申様の指令もあり。

なんて事で、とりあえず、海でしょww的な感じで…(^^;

日本海は、福井県の敦賀に海水浴に。

大阪から敦賀は、実はすこしまだ近いほうでして…
高速道路を、めいっぱい使わなくても、昔の鯖街道なんてのを使えば、
高速代が値上がりしている昨今を考えれば、うれしい方面でして。

その敦賀でも、以前から気になっていた『水島』なんていう、
離島が今回の目的地。

敦賀湾の中にポツンとある。小さな無人島なんですが。

満潮になるとその1/3から半分は沈んでしまいそうな。

むか~し、新婚旅行で行ったタヒチのモツを想像してたけど…








やっぱり、ちょっと違ってますたwwww



でも、手近に行けるのは、なかなか良い感じでして(^^)

Topの写真のような感じで、朝一番に乗り込めば、結構リゾート気分です♪
時間が経つにつれ、若者が沢山乗り込んで来て、リゾート感が台無しなので、午前がお勧めです。

島にはトイレしか無いくらいなので、ビーチシェルター(日蔭)や飲食物は持参しないとダメですけどね…

そんな『水島』で、シュノーケリングしたり、のんびりしたりして、


日頃の疲れを癒したのか、余計に疲れたのか・・・

島を離れるときには、息子が『おーい水島~、一緒に日本に帰ろう~』

なんて下らない事を教えこんでいたので、散々船上で叫んでちょっと恥ずかしかったですww

そのまま帰るのはもったいないので、



三方五湖観光して。



地元の民宿泊まって、新鮮な食材に舌鼓でしたよ。

そんな海だけじゃなくて。地元では恒例の。



夏祭り連れて行ったり。



仕事が終わってから、ちょいと近くの川の堤防まで。


花火見に行ったり。



相変わらず、最後はピカドンでしたが。

そんな夏の思い出は、もう半分も過ぎてしまいましたとさ。

でもって、気が付くと子供やネ申が帰省したので・・・

ここからお盆はオヤジのプライベートタイム??

今年のお盆も、龍神にみん友さんと走りに行こうかと、画策しております(^^)

8/13(水)和歌山の龍神ドライブ。
走ってカレー喰って、温泉入って帰ってくる!


こんなツーリングですが…

急ですが、その日は暇だぜ!なんて方がいらしたら、ご連絡くださ~い♪
Posted at 2014/08/08 16:00:59 | コメント(5) | トラックバック(0) | 家族 | 暮らし/家族
2014年07月16日 イイね!

近況報告と、今後のオイラのレガシィは・・・

近況報告と、今後のオイラのレガシィは・・・どうも。みなさま随分ご無沙汰しております。
もう季刊誌的な更新具合のしゃもじのブログですが。

さてさて、先の6月を中心にしてかなりの激務が重なり、
いろいろ大変でしたよ。
通常6月は仕事の啓発月間的な感じで、外部委託の仕事に
駆り出されるのですが、まぁそれは毎年の事なのですが…

それに加えて、事業審査なるものが国の機関からございまして。
これが新しい事業所をつくると(親子継承でも新規扱い)半年から
1年以内に行われる、同じ業種の方なら誰でも通る審議事項なのですが…

この審査が胃が痛い。
特に何も間違った事していなくても重箱の隅を突かれて、
酷い目に逢わされる
事も多々あるそうです。
それもここ数年で、かなり厳しくなって、その精神的苦痛に自殺者も出るぐらい。
精神的だけ苦痛だけじゃなくて、済的制裁(財産一部没収)なんて場合も。
あまりにもひどい仕打ちなので、審議の際は弁護士同伴といった場合もあるそうです。

そんな通過儀礼とはいえ、胃の痛い審査があり他の同業者にアドバイスを聞いても…
『しゃもじさん真面目だからだいじょうぶですよww』的な無責任発言が…(^^;
でもってそう言うのは数年以上前の、審議がまだ優しかったころの話。
ネットで情報を調べて、他の業者さんの助けも少し貰って、万全の体制で資料作って。
いざ挑んでみると…思いの他の審技官からのお褒めの言葉…(^^;
かなり苦労して頑張って連日寝ずに、盤石の体制で挑んだだけの事はありました。
でも、少しポカミスもあって、そこは重箱の隅を突かれましたが…

そんな苦悩の6月の新規審査が終わったかと思うと、翌日には息子が熱を出して不眠の看病…orz
何とか息子の熱を下げたかと思うと、その翌日には前から約束していたので仕方なかったので。
ほぼ9年ぶりの登山へ。大学時代の後輩達が山を知らないのでOBが随伴しろとの指令でして…
場所は・・・ココ
遭難者も出るくらいの荒れた道なので、素人集団では危険なので致し方なく…
本来ならそれまでに、個人トレーニングを行うつもりが・・・
先の審査の準備でトレーニングは皆無な方向へ…
でも、9年ぶりと言っても15㎏以上の荷物担いで、何とか行けたのですが。
そのあまりの日頃の運動不足と連日の過労から筋肉もオーバーヒート。
体力も限界で高熱出して週明けからほぼ倒れてましたよ。
でも仕事に穴を空ける訳にも行かないし。
毎度の薬漬けで、何とか回復、今に至ってます。

やっと平穏な仕事が出来る状況が戻ったので、恒例の神戸サンシャインオフにも参加。
もう昔の顔見知りのメンバーが少なくなって、しまいしたが。
散在するぞ~!と思ったら、嫁が事前に恒例の割引券やお土産券など全て事前に破棄…orz
(計画的犯行か!!)
散在意欲も一気に失せてしまいましたとさ。

そんな感じで気が付けば5年目の車検。

レガシィツーリングワゴンは残念ながら廃版となっちゃったのが悲しいですけどね。

大切に乗りますよ。
いろいろ、みんカラ浦島状態ですとその間に、箱替え?といった感じでレガシィを降りられた方もちらほら。
いろいろ家庭の事情などあるかと思うのですが…
『こんなに使える車もったいない』なんて思っちゃうのは自分だけでしょうかね。
デカくなったと言われても、しょせんクラウンサイズどまり。
DITはまた未知数ですが、信頼のEJ2500ターボ(次期WRXも最初はDIT導入しないとか)、そして広大なラゲッジを要するワゴン。
もう本当お腹いっぱいです。昔BPのレガシィ(アウトバック)乗っていましたが、やはりいろいろと手狭で、気を遣う事も多かったし、
それに比べると本当に良くできたパッケージングです。
同乗者にも優しい助手席と後部座席。

内装のシルバー系が気に入らなかったり、
ノーマルのECUが、がんじがらめのデチューン仕様だったり、
足回りがクラウン的にフニャフニャだったり、ボディがよれたり…
まぁ、いろいろありましたが、今では全て解決してオンリーワン的な車に仕上がりましたよ(^^)

ベストバランスの車高で、雪道は最強的な感じで突き進むし、


(ちなみにこの時はサマータイヤww 急な天候変化で仕方なく)

春になればアウトドアで広大なラゲッジに巨大なテントも積載OK。



無駄をなくしたキャンプなら、ルーフボックスいらずです。

酷い登り坂でも下を擦らずにバリバリ登ってくれたり。

岡山県の某キャンプ場の最頂部。指定されたから来たけど・・・
誰も車で登りたがらない、サイトでしたよ・・・(^^;

いま他に乗り換える候補が本当に無い状態です。
箱替えする人は、上記のような使い方をレガシィには求めて無かった。
てな感じなんでしょうかね~。

それともレガシィ=雪道≒アウトドア(ワゴン)なんて図式は本当に古いのかも。
(特に車高を低く低くする方には関係無いでしょうね)

本来なら2台所有する方が良いのですが、車庫の関係から1台で済ませるとなると…やっぱりレガシィかな。
そんなレガシィワゴンが消失してしまい、本当に残念ですねぇ。

次のレガシィワゴンが復活するまで、事故など無いように大切に乗っていきたいところです。
(レヴォーグは候補の論外です。変態スバルマニアにとって、インプWRXワゴンをレガシィの後継と言われてもねぇ。
親株会社のユーザーじゃ無いですから、変態スバルマニアにはそれでは騙せないかと…)

そんな締めとなりましたが…

今年の夏も納涼ツーリングオフなどしようかと…
毎年の龍神ドライブか、それとも奈良の鍾乳洞で納涼か?
いずれかになるかと思いますが、お盆あたりで検討しています。

まぁ、時間が空いていたり気になる場合は、こちらにコメントいただけるか、
メッセージ戴ければ幸いですm(_ _)m
ゆるりと進行していきたいと思いますので。
Posted at 2014/07/16 19:30:09 | コメント(6) | トラックバック(0) | 車(一般) | 日記
2014年05月17日 イイね!

つらつらと・・・冬の締めブログ。

つらつらと・・・冬の締めブログ。どうも。相変わらずのご無沙汰ですが。

今年ももうすぐ半年が過ぎようかとするなか、ブログもかなりサボりのしゃもじです。

いろいろ書きたいことや、言いたいことなどはあるんですけどね…
ついつい。

そんななか今回も上半期のオイラ自身の備忘ブログです。
でもって、今回は『冬の終わり編』てな具合ですww

さて。
もう夏日も体感出来るというのに。
少し前の3月は…(^^;
最近よく行く、岐阜県の平湯温泉に行ってきましたよ。
前々回のブログでも少し上げましたが…

3月も下旬、もう雪も結構融けてしまい、もう大丈夫なんじゃない?なんて具合で。
標高1300メートルほどの温泉地帯。
案の定、オイラの家族が移動すると…最後の大寒波…

途中行程では…生憎の立往生や事故の車が…



ドナドナな車や…



しかし、スタッドレス装着してAWDのレガシィにとっては、鼻歌交じり?までとは言いませんが。
丁寧な運転をする事で、今シーズンの大雪でも、安心できた雪道ドライブが出来ましたよ。

少し季節は戻りますが…2月の大寒波の時なんかは・・・

 

チェーン規制だけでなく・・・4WD規制まで
結構場所によっては、厳しい事も多かったようですね・・・(^^;
それでもレガシィは、規制など問題無しで走行してくれましたよ♪
 
そして。今回の予想外?の最後の寒波にて。
もしかすると、息子とスキー出来るかも?
てな具合で…一応という感じで親子のスキー用具を積み込んでおいたのですが。

想定外の豪雪で、最後のスキーを堪能してきましたよ。
季節終わりで小規模の平湯温泉スキー場でしたが…

寒波でパウダースノーまでは予想外でしたが、シーズン最後のスキーにしては最高でした(^^)
しかしスキーと言っても、その内容はうちの息子をスパルタ教育するのがメインで…



今シーズン途中にはボーゲンヘルパー(トライスキー)も破損による、強制卒業もして。
ちびっこレーサー気分のようです…
短めのスキー板なら、大人でも後続からは追いかける事も出来ないくらい…(^^;

その晩も寒波のおかげで、お宿の外では-14℃まで気温が下がったとか。
翌日は快晴でしたが、さすがに車のドアは凍ってバリッと音を立てながら開きましたとさ…(^^;

前日の悪天候とは打って変わっての快晴の雪道ドライブ。

標高の高い所での、快晴雪道ドライブは気分は最高ですね(^^)



ぽつんと、乗り捨てられた車が気になるところですが…(^^;

その後、九頭竜湖を経由して福井県へ抜けて親としては食傷気味な恐竜博物館…



相変わらず子供たちの間では恐竜ブームのようでした。

でもって福井と言えば、シーズン最後の越前ガニ。



越前海岸にて。



春の訪れを待つ感じでしたね。

番外編としては…

息子に何のテレビアニメを見せるか?てな感じで、頭を悩ます事もあるのですが・・・
古いアニメですが、銀河鉄道999を見せていまして。
車好きから、少し鉄道にも興味を持たせつつ(^^)

敦賀駅前の松本零士モニュメントロードにて。



昔のアニメには名作もあったので、子供に何かを教えるには良い作品もあるので、地味に仕込んでいます(^^)

しかし、なぜ敦賀市と松本零士の『銀河鉄道999』と『宇宙戦艦ヤマト』が関連するのか?
なんて疑問にもなりますが、その答えは敦賀港にある『人道の港敦賀ムゼウム』にありましたよ。
http://www.tmo-tsuruga.com/kk-museum/



大陸横断鉄道の終着点、及び旅立ちへの敦賀港。
船と電車が絡むだけでなく、そこにドラマがあったからなんですね…


福井県は何もない県だな~…
なんて思いつつ、結構スポットを周った休日でした。



海鮮丼も忘れずに…(^^)

まぁそんな感じで、冬の雪道もそれに至る高速道路も安定した走りで、我が家を運んでくれるレガシィ。
本当に頼もしい存在ですね。
広大なラゲッジのおかげで、スキーも短めなら簡単にそのまま収納出来るし、
最近ではルーフボックスも埃をかぶっております…(^^;

今のレガシィに乗り換えてからも、かなりの思い出を作ることが出来ました。
これからも、まだまだ乗り続けますので、しばらく買い替えは無さそうです。

そうそう。買い替えと言えば。
うちも年度末の消費税UP前にささやかな小市民としての買い替えは…


 
テレビを買い替えておりました(^^)
以前と同じ東芝の47インチなのですが。
昔と違ってその重量は、ほぼ1/3。(13kg)
確かに様々な入力系統がオミットされて残念な気もするのですが、
7年越しの買い替えは、その進化ぶりには目を見張るものがありましたよ。
駆け込みとは言え、満足の買い物でしたね♪

そんな感じで、2013年度でしょうかね。
春の年度末締めのブログとなりましたが、何もかも後手後手の備忘ブログお許し下さい。
Posted at 2014/05/17 12:02:27 | コメント(2) | トラックバック(0) | 家族 | 日記
2014年04月10日 イイね!

一連の例の新細胞疑惑に関して。

まいどご無沙汰しております。しゃもじです。

新年度に入りひと息ですが、定時の近況報告などもございますが。

今日はちょっと趣向を変えて。
その時々の時事ネタとして、備忘しておこうといったブログです。

さて。そのネタと言えば…

世間をお騒がしている、STAP細胞疑惑の件ですが。

渦中の人物の女性や研究機関に関してはあえて表記は伏せさせていただきますので。
皆様適度に想定して、ご閲読いただければ幸いです。

さてさて。
STAP細胞の存在やその表明に関してですが。
こちらは、かの有名科学雑誌ネイチャーに掲載された件に関して疑惑が浮上している事は皆様もご承知の事かと思います。

渦中の女史は、この件に関して間違いであって捏造や作為的なものでは無いと主張されているのですが…

彼女の在籍するR機関が、それを捏造と判断した事に対しては、この見解が間違っていないかと思われます。

そもそもトピック的に分子生物界を逆転させるかのような世紀の大発見だったのですが…

その細胞の作成方法に疑念が生じ、客観的に第三者が再現できないといった結果からこのような経緯の発端となった訳なのすが…

この分野、確かに他人に情報開示して功績を横取りされる不安要素もあるのですが、
それ以前に論文掲載する前に学会発表は一切行っていないのか?そのあたりも不明な点があります。

ラボに篭って秘密の研究プロジェクトを進行させる事もあるかと思いますが、世界的に論文を公表するなら、
それ以前に適度に中間報告を学会発表して、その手の権威のある専門家に客観的に判断して貰い、
落ち度のある(つっこみ所)部分を突いてもらい、研究のクオリティは上がっていくものであると、自分は思っているのですが…

何おまえは偉そうに言っているんだ!なんて思われそうですが…
これでもオイラは以前は研究者だったんですよね~…(^^;
ただ、駆け出しの大学院+α程度の研究機関在籍でしたから。
それ程までに偉そうに言えるかと言えば、心苦しいのですが…
ただ当時の事を思い出せば、自分もかの女史と同じ年齢層でしたら、若い頃の苦労は今でも思い出されます。

そんな経緯で、自分も博士論文は書いて何とか博士号はいただいているのですが…
そりゃそこに至る経緯は辛かったですよ…(^^;
今でもネット上に論文は公開され続けておりますが…(^^;;;

論文に対するコピペなんて考えられないし、当然引用文献として文献著者の考えや考察、実験手法を自分の論文のバックアップフォローの材料として
用いさせて貰う事は多々ありますが。
そういった先人の功績を糧にさせて貰いながら、新たな分野の発見と言うものは進んで行くわけでして。
考えや手法を一部採用するのは、有りですが、内容をそのままコーピーペーストするなんて言語道断ですねぇ。

それも、今回の女史の博士論文は100ページ中20ページがコピペだったそうで、
そりゃ個人の論文であるといった域を超えて盗作と言われても仕方無いですね…
また、過去の論文に使われているSTAP細胞の作成方法の資材や薬剤が、
今では入手不可能(生産終了)の物で過去の遺物(盗作先)からの引用だったので、
さらに疑義は生じたとか…

なんともまぁ、『稚拙で酷いありさま』と言われても仕方ないです。

そして一番声を大にして言いたいのは、やはりデータの捏造ですね。

データの捏造なんて研究を志すものにとっては、絶対のご法度。

お遊びでも許されない行為です。

同じく改ざんなんてものあるのですが…
こちらは自分にとって都合の悪いデータを、削除したりする行為で、
実際に存在するデータの整合化とか言ってみたりするのですが、これも立派な改ざん行為です。

改ざん(データの削除)せざるを得ない状況(結果が出ない)になれば、実験の計画(手法やサンプルのとり方)が
間違っていたと言う事で、一から実験を見直す必要があります。

つまり、結果を出すと言うことは非常苦しく長い経緯があって、難産で生まれ出される事が多くて、改ざんはもちろん。

有り得ない(存在しない)データを作り出すと言うことは、永久追放されても仕方ない行為なんですよ。

今回の件で言うと、DNAの電気泳動画像に関して4本のバンドの中で、3本目を…

他所から切って貼り付けた なんて行為は、捏造で断定であり。

ましては判り難いように周囲を、ペイントかフォトショップなどで加工した行為は、明らかに悪意と言った故意が存在しているかと思われます。
(Lawデータの捏造)

そこまでの行為をしているにもかかわらず、『悪意があったか?』なんて?ふざけてません??

見え見えの悪意丸出しの行為に、親子関係で言えば親である、R研究機関としてもこれは科学者として許すまじ行為なので、
『捏造』と言い切ったのでしょう。
共同研究者たちも、まさかこんな行為に女史が及んでいるとは、思いもよらず愕然とした結果だと思います。

研究者として未熟という言葉だけでは片付けられず…
『見つからなければ良い』とか『別にいいじゃないですか』なんて、
浅はかな子供じみた考えで捏造や盗作をするかと思うのですが…
根底には、そいった行為で人生が許されて来たことがあるんでしょうね。

別に研究だけが人生じゃないです。人として向いてなかったと、潔く立ち去ることが綺麗な収束かと思われます。

その後の不服会見でも、かの論文は断定論文ではなく『ちょいと見つけましたよ♪』的な…説明でしたが。
それは、小学校の朝顔の観察日記程度のレベルと言われて仕方ないレベルなんですよ。

再現性が無く、自分は確かに見た!と言っても、それだけの捏造や盗作をする人間を、誰が信じますか??

研究者(科学者)は純粋で、物事を事象だけでは捉えず、必ず裏打ち(統計学)や再現性などで立証します。
『200回見たお』的な内容でも、それは仮に190回とするなら、たった200回の実験で190回成功するまでの立証が出来なければ、
確立した事象とは言えません。
1000回して200回見た!なら、確率で言うと20%…こんなもの何かの間違いレベルで片づけられます。
科学とは1000回の実験(サンプル数)したなら、950回成功しないと学会発表や論文としては認められないのが常です。

この辺り、統計学が分子生物学に採用されていない筈は無いかと思われるのですが…

そういった科学者的見地でみると、女史のお話はお花畑妄想と捉えられても致し方無いかと思われます。

もう少し、科学者としてゆるぎない材料や立証証拠の積み重ねが無いと、いくら不服会見しても誰も相手にしないのが現実ですね。

純粋な科学の分野を、ショービジネス的に展開させた今回の経緯にR研究所が加担していると言うなら、研究所も一部同罪です。
ただ、全ては信頼の上で成り立っているはずなのに、酷過ぎる裏切り行為を行っていたので、共同研究者達のほとんどは、彼女から去っていくのが通例でしょう。

一連の世間をお騒がせした行為。
科学を侮辱した行為は許せません。
その手の分野を少しでもかじった方なら、彼女を擁護する事は出来ないでしょう。

願わくば、死で研究に努力されている若手や女性の研究者が同じような目で見られないよう、今回の件で科学の進歩をさまたげないよう切望するしだいです。


あ。ちなみに…
この研究には国民の血税が用いられているのは、よく頭に入れておくことが重要ですね。
それでも、彼女に同情できますか??
Posted at 2014/04/10 11:27:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | 社会ネタ | ニュース
2014年03月22日 イイね!

リザルトマジックver.EXインプレなどなど。

リザルトマジックver.EXインプレなどなど。みなさま、随分とご無沙汰をしております♪

今年に入って2度目のブログ、もう春も訪れようかと言うのに…(^^;

年度末で確定申告やら、プチ講演のスライド創りやら、他にも仕事以外の雑務が大量でして…
それなのに、仕事のお客さんが『小説書いたから、校正&監修して欲しい!』なんて依頼まで入りまして…
多忙ながらも何とかこなして、今は自分へのご褒美?てな具合で奥飛騨温泉でこのブログ書いております。
今日は平湯温泉スキー場でシーズン最後の滑り収め。
マイナーなスキー場でガラガラ貸切みたいな感じで。
爆弾低気圧のおかげでパウダースノーと最高な滑り収めでしたよ♪
温泉も嫌と言うほど入って・・・まあ、そのネタは次回に回して。

さてさて。
いろいろネタはあるんですが、何しろみんカラに裂く時間が無くて、やっと一息ですが…

月末に新潟でECU書き換えオフがあるの言うので、先にECUのインプレだけ掲載しておきますね。

そんな感じで、オイラのレガシィのECUはオリエントワークスさんのECUで書き換えているのですが。
その経緯と現在の最新バージョンについて書き留めておこうかと思います。

うちのレガシィGT(ターボ車両)ですが、初期のオリエントさんのECUリザルトマジックver.1からいろいろ改修を重ねまして。
オリエントオリジナルマフラー装着により、ver.2となってました。
ここまではよくあるバージョンなのですが、それ以降一次触媒をHKSさんの物に変更したり、


  

プローバさんのブローオフバルブを装着する事により、
高ブーストとなるとブーストカットのリミッターが介入するようになりました。
夏場はよしとしても、少し気温が落ちて秋から冬になると、頻発してくるように…

それで困ったので、ブーストカットのリミッターを変更するとともに、それを踏まえたECU書き換えを。
こちらがver.3になります。ちまたでは微細なバージョン更新からこのバージョンはver.5などとも言われていますが…
金額が発生するバージョンとして、オイラは3に定義しておきます(^^)
またこのバージョン3はブーストコントローラーを装着しているので、ECUの素性だけでなく実際にいろいろブースト設定を変更出来る事を併用しています。

書き換え直後はブーコンのスイッチをoffで介入させない状態でも、その恩恵はじゅうぶんに感じられ、Iモードも更にスムーズになり、S#は猛烈な加速と・・・
ECUver3単体としてもかなりの変化が認められました。
ただ、弊害もありまして…
燃調をいじってありまして、排ガス臭はMPISを装着していても、厳しい臭いとなっております。
また当然ながら燃費は悪化しており、ある程度の快適や楽しみの代償としては致し方ないのかと思います。
オリエントのECUは環境にも優しくお財布にも…といった概念はエントリーモデルではないので、それなりの心構えが必要です(^^;
ただしブーストカットの苛立ちから開放されるので、それを考えると自分としては満足のいくバージョンとなっておりました。

ここまでは。以前のブログと同じ感じですかね~。↓こちらも参照。

https://minkara.carview.co.jp/userid/112462/blog/30676798/


そこに…
まだ髭社長が違うバージョンを投入したとのことで…(^^;
インプの概念を取り込んだECUとして、バージョンEXが!
正直自分としては、バージョン3でお腹いっぱいでしたし、これ以上レスポンスが上がったとしても、乗り手として使いこなせる限界なのか?
それともボディ剛性が少し限界に来ているような感じもありましたし。
EX投入は少し見送ってました。

しかし。年末の一息付いた頃にオリエントさんに年末の挨拶に行くと…
気が付くとバージョンEX投入へと…(^^;
『いや、もうお腹いっぱいですって!』なんて言いつつも、やはり甘い蜜が目の前にあると、ついつい(笑)

『Iモードでもトラクションコントロールの警告が出るくらい!』なんて言われてましたが、そのレベルはver.3でもしばしば確認しておりましたし…
確かにレスポンスは上がっているのですが、やはり特筆すべきはIモードが更にスムーズな吹け上がり(加速)をしていくようになりましたね。
昔にMPISを装着した頃に覚えた、スムーズな加速感が更に加えられた感じでした。

前述のように、自分の車両にはブーストコントローラーが装着されていますので、上限をノーマル1.29、ハイモードは1.38ぐらいで設定していますので、
Iモードではブーコンの影響は上限値としては関係ないですが、GeinやDutyを調整しています(↑)ので厳密には違うのかと思いますが、かなり乗り易くなっており、通常使用ではIで全て事足りるような感じです。


 
当時一部お世辞があったかもしれませんが、IがSに変化したと初期のECUでのインプレがありましたがそれを遥かに凌駕して。
完全のノーマルECU比較であれば、IがS#と言っても良いかもしれません。
従いまして、S#はそれなりの気構えと車両の装備(ブレーキや脚回り)が変更されていないと、危なっかしくて乗れたものでは無いかも…(^^;

また、自分のバージョンEXには上記の経緯から支払った代償としてブーストカット回避の設定が組み込まれています。
自分のEXではブーストカット掛かっちゃうよ。。。なんて場合は回避には追加料金が発生しちゃうかもしれませんね。

そんな感じで5代目レガシィGTを発表当時のアプライドAから、ECUを順に改修してきましたが。
それに伴い車両の止まる(ブレーキ)曲がる(車高調)だけでなく、オイルクーラーその他のインフラ整備。
最終的には任意にブーストを管理といった感じで仕上がっております。

ほぼ集大成といったバージョンEXが一連のバージョン進化なしで手に入るのは、その間の経緯を知らずに非常に幸せでもあり、コストパフォーマンスで言えば一番優れているかと思います。

しかしながら、上記のように車両がある程度仕上がっていないと、S#などは走る凶器と化してしまうので、その辺りは冷静な判断が必要かもしれませんね。
順を追ってのバージョンアップなら、ある程度調子が掴めるかもしれませんが、いきなりノーマル→EXは、少しビックリしちゃうかも・・・
オリエントのECU初めてでEXはビックリマージンが大きく、既に2や3のバージョンを入れている方ほど、ビックリマージンは少ないかもしれませんね・・・(^^;

最後になりましたが…
バージョンEXについての補足ですが、明らかに上述のバージョン3より燃費は向上しております♪
MPISを装着したときのような…といったインプレと相関しているのでしょうか。
排ガス臭も若干マシになったかな??…(^^;

この点に関してでは、
ビックリマージンの少ないオイラにとっても大きな収穫となりましたよ(^^)v
 
Posted at 2014/03/22 03:48:27 | コメント(2) | トラックバック(0) | 車(パーツ) | クルマ

プロフィール

「昨日は遅くまでありがとうございました。久しぶりで楽しかったです(^^)@gaotta@drs 」
何シテル?   10/03 12:26
見た目より実用主義のつもりですが… 見た目ばっかりで、中身が付いてきていません(T_T) 車に対しては、こだわり過ぎず、適当に・・・ 勝手気ままに、内...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/1 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

ボディショップFUMIさん 
カテゴリ:クルマ関連
2012/08/15 01:45:31
 
オリエントワークス 
カテゴリ:クルマ関連
2009/10/26 14:02:39
 
カーコーティング エムシーサービス 
カテゴリ:クルマ関連
2006/09/11 18:27:50
 

愛車一覧

スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
5年半乗り続けたスバルアウトバック3Lからの乗り換えです。 家族構成も変化し、いまの自分 ...
スバル レガシィ アウトバック スバル レガシィ アウトバック
一度惚れ込んで、購入した車は長く乗るタイプです。 BPEも期待に答えてくれているみたいな ...
いすゞ ビッグホーン いすゞ ビッグホーン
現車アウトバックの以前に所有しておりました。 派手さは無いものの質実剛健、手の掛からない ...
その他 その他 その他 その他
DATA保管庫
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.