• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

HATORIのブログ一覧

2021年07月25日 イイね!

今後のMVアグスタの予想 新型F4はもう出ないのか?

今後のMVアグスタの予想 新型F4はもう出ないのか?今後のアグスタの展開はどうなる?
あくまで個人的な予想です。

まず第一に、「新型F4および四気筒は出ない(なにか間違って会社が大きく儲かれば出るかも)」

です。理由は後ほど。

第二に、「バイクは三気筒と二気筒がメインになる」

第三に、「電動バイクも今後増える」

第四に、「デザインテイストは今までと変わる」

です。

なので、結論から言いますと、今までのアグスタとは、だいぶ別物になると思います。最終的には中国資本になって、今のベネリなどと同じ道を歩むかもしれません。最悪、ブランド消滅なんてことにも…。現在F4に乗っている身としては、微妙ですが、これも時代の流れでしょうね。

さて、理由ですが、

第一の理由
CEOがジョバンニ・カスティリオーニからティムール・サルダロフに変わりました。そして、この新CEOは、スーパースポーツバイクの性能とレースを最重要とは見ていません。アグスタなのにレースを重要視していないとは…と思われる方、昔からのアグスタファンにはそう思われる方も多いと思いますが、そうなのです。

現在のブルターレ1000やラッシュも、以前の四気筒をなんとか規制に通るようにしたものなので、在庫処分という考え方をしたほうが妥当でしょう。

そして、今後、金のかかる四気筒の開発は、カーボンニュートラルのこの世の中にあって、おそらくされることはないでしょう。

と、いうわけで、新型F4の発売は、少なくとも当面はないと考えられます。

出たとしても、電動バイクでしょう。デザインも、特徴的なセンターアップマフラーは、もはやトレンドではないため、デザインテイストを残すとしたら、装飾的なものになるでしょうね。そもそも電動ではマフラーいらないですし。

第二の理由
三気筒は、現行のものを引き続き生産することでコストを抑える。

二気筒は、中国のロンシン社との提携がすでに発表されており、中排気量のシングル、またはツインを開発することも発表されている。

あんまり話題が出ないので、開発は進んでないような気もしますが。

少なくともエンジンなどのメカ系は中国産のものになるでしょう。

これが一概に悪いかどうか、というのは結果をみないとなんとも言えません。BMWなどもエントリーモデルは、インド生産ですからね。

ただ、個人的には、ブランド価値は下がりそうな気はしますね。

第三の理由
すでに電動自転車を発表しています。今後、バイクも電動化していくことを考えると、バイクのみではなく、電動モビリティブランドとなっていくことを新CEOは目指しているのかもしれません。そうなると、もはや、MVアグスタでなくてもいいような気もしますが。

第四の理由
2021年型のアグスタのモデルのデザインテイスト(三気筒のマイナーチェンジですが)が以前と少し変わったと感じる方がいるかと思います。

スーパーヴェローチェ ブルターレ1000 (RUSHは不明)は、新型F4をデザインした、エイドリアン・モートン氏によるものですが、どうもモートン氏がデザインディレクターから外れたようなのです。

新型三気筒モデルのマフラーエンドの形が、少しやりすぎでは?と思っていた私は、なるほど、と思いました。それとともに、モートン氏のデザインが私にとってはアグスタブランドの魅力だったので、今後のデザインテイストがどうなるのか、少し不安でもあります。

さて、マイナーながらも好きな人にはたまらない、MVアグスタの今後について予想してみました。F4のデザインが好きな方は、今のうちに中古車を検討することをオススメしますよ。ちなみに、中古F4は、初代タンブリーニモデルの750 1000 二代目モートンモデルの前期型 後期型 とありますが個人的にはモートン 後期型 をお勧めします。理由は、この記事の評判が結構よかったら、また投稿します!それでは、お読みいただきありがとうございました。
Posted at 2021/07/25 19:37:41 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2020年08月19日 イイね!

ハーレーのシェアが

レスポンスのニュース
ハーレー、4割減でシェア32.7%まで低下…輸入小型二輪販売 7月実績
https://response.jp/article/2020/08/11/337396.html

ハーレーのシェアが減少しているようです。

あくまで個人的な見解ですが、理由として考えられるのは
1.最新モデルのラインナップやスタイリングにめぼしいものがない
2.ハーレーは中古(旧いモデル)の人気が高い。カスタム派が多い
3.トライアンフ、KTMなど他メーカーの攻勢
かと思います。

1.についてですが、ここ数年、ダイナがなくなってソフテイルに統一されたり
ライトのデザインが異形ライトになったり(ロボみたいなファットボブとか)
70年代グラフィックが、どうもイマイチな気がしたり、ユーザーに刺さっていないのでは?という気がしています。ライトのデザインは、今までのハーレーのファンはシンプルな丸目を好みそうだし、かといって、そのまま丸目だと毎年の新モデル感を出しにくかったりと、難しそうな気はしますね。でも個人的にはハーレーには丸目一灯が似合うような気がします。
モデルについても、ブレイクアウト以降、すごいインパクトがあってユーザーに受けそうなものが出てないような気もします。
あと、ビューエルの再来か、とも言われていたブロンクスが発売中止になったみたいですね。あれ、かっこよくて売れそうだったんですが。
逆に、パンアメリカを残したんだ???っていう気もします。

2.は、ハーレーはほかのメーカーに比べても各世代のエンジンやハンドシフト
ハードテイルなど人気が高い旧モデルが多数なので、新車を買わずに中古に流れているユーザーが多いのかもしれません。またカスタム前提であれば、新車を買うより中古を購入してカスタムするユーザーが多いのかもしれないです。

3.は数字が物語っているように、特にトライアンフの伸びがすごいですね。
おしゃれなモデルが多いですし、価格もそこそこの物が多いですし、信頼性も
結構高いようなので、人気は出ますよね。何気に映画などでもよくつかわれていて、そういうところでのイメージアップも結構あるのではないでしょうか。
KTMも評判がいいし、最近ではオシャレなデザインのハスクバーナなんかも
人気が徐々に上がってきてる気がします。
ドゥカティは、V4シリーズがいったん落ち着いてモデル発表の谷間、という印象です。

逆に言えば、以前は輸入車=ハーレー だったのが他のメーカーが台頭してきたのかもしれませんね。

私の乗るモトグッツィは、相も変わらずマイナーですが
Posted at 2020/08/19 21:23:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2020年06月29日 イイね!

superveloce800、ついに発売!?

外国のサイトですが、superveloce800の通常の写真(宣材ではない)が
掲載されています
https://www.tutti.ch/de/vi/basel/fahrzeuge/motorraeder/mv-agusta-superveloce-800/38299538
おそらく販売店の写真かと思いますが、いよいよ発売が身近になってきました。
正直コロナの影響で、もっと後ろにずれるかと思っていましたが
意外と早かった印象です。

それと、カッコイイはカッコイイのですが、宣材写真のような、ものすごい色気のようなものは、少し薄まっているかな、というのが正直なところです。

撮影マジックはすごいなぁ、と感心しつつ、実車を観たら、また違う感じかもしれないので、まだまだ楽しむ時間を過ごせそうです。

心配していた保安装備も、考えられる限りベストな取り付け方で、本来のスタイルを崩してないな、と思いました。
Posted at 2020/06/29 18:44:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2020年06月13日 イイね!

来週のバックトゥザフューチャー2では!

来週のバックトゥザフューチャー2では!シトロエンの未来の乗り物が登場!!
それにしても、バックトゥザフューチャーは、やっぱり面白いなぁ~
Posted at 2020/06/13 13:54:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2020年05月27日 イイね!

MVアグスタスーパーヴェローチェの新色がカッコイイ

こちらヤングマシンさんの記事にも出ていますが
https://young-machine.com/2020/05/27/101407/
スーパーヴェローチェの新色?が赤×銀と黒で決定とのことです。


結構前から本国イタリアのアグスタのフェイスブックなどでは
この新色が公開されていて、これはカッコイイと思っていました。
初期発表の赤×黒 白×黒 は、あからさまに廉価版という感じがして
これはちょっと…と思っていたので、今回のカラーリング変更は
とても嬉しいニュースです。
特に伝統の赤×銀は、アグスタといえばこのカラー という感じで
このカラーリングゆえに、セリエオロがずっとひっかかっていたので
嬉しい変更ですね。
フレームとシートはセリエオロのみ赤なのですが、このくらいは
仕方ないでしょう。
ゴールドホイールとバーエンドミラー、細身のウインカーも
コンセプトのデザインを崩してなくてバッチリです。

とは言え、お値段はちょっとした中古自動車なら、相当選び放題
なくらいの価格なので、しばらくは様子見なのですが。。

イタリアは今回のコロナで、とても大変だった国の一つですが
イタリアの産業、また元気に復活してほしいですね。
Posted at 2020/05/27 17:14:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「@鯱ョ570 ありがとうございます。(^^)今、ドリーム50とか小さいスポーツバイクに興味があるんですけど、高速乗れないし、近場~中距離はセローで足りちゃうから買っても乗るかなぁ、と悩んでて。」
何シテル?   10/02 09:22
クルマはシトロエンC4ピカソです。 バイク マグナ50 →エリミネーター125→エリミネーター250V → GSX250SS KATANA → G...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2022/1 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

ブログカテゴリー

愛車一覧

シトロエン C4 ピカソ シトロエン C4 ピカソ
SLの屋根が壊れてしまったので、乗り換え。背が高くて荷物が積めて個性的なクルマという条件 ...
ヤマハ セロー225WE ヤマハ セロー225WE
250の中古が高かったので、あえての225WEにしましたが、どこでも行ける気軽さが気に入 ...
MV AGUSTA F4 MV AGUSTA F4
F4
ホンダ GB500TT ホンダ GB500TT
ビッグシングルに乗ってみたくなり、カタナ1100を手放し、その売却金で購入しました。 ヒ ...

過去のブログ

2021年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2006年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2005年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2022 Carview Corporation All Rights Reserved.