• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

らみい7のブログ一覧

2023年06月10日 イイね!

初めての車検

初めての車検デイムラーW6、手に入れて初めての車検がやってきました。今回もユーザー車検と思い、まずは車検当日、ヨビケン相模さんに入庫したところ、ステアリングラックブーツの破れとヘッドライトの光量不足が発覚!これでは車検が通らないので、いつもお世話になっているJEFさんへ持ち込みました。



まずはヘッドライトの交換。ヘッドライトは既に反射板が錆びていた為、小糸のヘッドライトに交換となりました。オリジナルはルーカス製ですが別にこだわりはありません。出来れば電装系だけは全て日本製にしたいくらいです。

ステアリングラックブーツの交換は破れている片側だけ行いました。その他にもエンジンが時々ストールしそうになる原因が判明。デスビバキュームアドバンサーが既に機能していないとのこと。こちらも交換。また、リアのブッシュがもうだめとのことで4個交換。それとリアガラスから雨漏れしていて、リアシート下の排気温のセンサーを誤動作させていました。こちらはリアガラスを外して腐食がなかったので再シーリングのみを実施。トドメにセルモーターが点検中に死んでしまったため、こちらも交換。出先でセルモーターが死ななくて良かったです。正に不幸中の幸い。



整備後はエンジンがとても調子良くなったので満足、満足。アイドル回転が安定し、アンメータを見ると発電量も上がっていました。また、セルモーターを変えた事により、今まではキュルキュルキュルどーん、という感じでエンジンがかかっていましたが今はキュドーンに変わりました。凄い。エンジンもオイル交換?のせいか大分回転が軽くなった気がします。

W6、正直手がかかりすぎるのでもうドナドナしようかなと何度か思いましたが、乗ると絨毯の上を走っているかの如く上質な乗り心地、そしてシルクのような滑らかな12気筒エンジン、エレガントで美しいスタイリング、よき時代の英国車を思わせるウッドと革のインテリア、正直お前しかいない!(これ何の話?)となってしまうのです。

まだまだW6との蜜月は続きそうです。

*車検費用の明細は整備手帳に載せましたので気になる方はどうぞ。

Posted at 2023/06/10 20:18:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | ディムラーW6 | クルマ
2023年05月22日 イイね!

最高の楽しさ!

最高に楽しいクルマです!
Posted at 2023/05/22 21:38:35 | コメント(0) | クルマレビュー
2023年04月11日 イイね!

話題のマクラーレン アルトゥーラに乗ってみた

話題のマクラーレン アルトゥーラに乗ってみたマクラーレン アルトゥーラ、3.0LV6ツインターボのPHEV、システム出力は680PS。車重は1,400kg弱。前日に試乗したフェラーリとがっぷり四つのマクラーレンの最新モデルです。



デザインはマクラーレン流、スーパーカーの中でも落ち着いたデザインです。



サイドエアーインテークが目を引きます。大きさは4,539mm×1,913mm×1,193mm。これまたフェラーリ296GTBに近いサイズ感。益々違いが気になってきます。



リアは一目でマクラーレンとわかるデザイン。ブラックアウトされとてもシックかつボリューミーな感じです。

さて、いよいよ試乗です。センターコンソールの赤いボタンを押してシステムオン。



メーター及び中央に付けられた小型のアイパッドのような画面にアルトゥーラが表示されます。こういったところもフェラーリに比べると華やかさは無くあっさりしています。

走り出しは電気モーターで。スルスルとクルマが動き出します。マクラーレン全体に言えますが、最近のクルマで主流となったオーバーサーボ気味のカックンブレーキではなく、昔ながらの踏めば踏んだだけリニアにブレーキが効くタイプですので、最初は「あっ!ブレーキが効かない!」とちょっと焦ります。これは恐らくサーキットなどハード走行を意識した前提、または玄人好みの設定だと思います。ここら辺が乗用車から発展してスポーツカーになったか、レーシングカーをデチューンしてスポーツカーを作ったかの違いが如実に現れている気がします。

電気での走行はテスラのようにバーンとスピードが出るタイプでは無く、スルスルと必要十分なスピードで走れますよ、というチューニングになっています。フェラーリより電動走行での加速スピードは抑えられています。

試乗は首都高。虎ノ門のホテルからお台場に向かいます。道は日曜日ということもありやや混んでいます。さて、ドライブモードをスポーツに入れてエンジンを始動させます。ドライブモードはハンドリングとエンジンのモードを別々に設定できますが、ハンドリングをコンフォートにすると乗り心地はとても良いです。スーパーカーに乗っているのを忘れるほどです。エンジンのモードをスポーツからトラックに。エンジンレスポンスがより敏感になります。排気音はどちらかというと無骨で野太い音。排気音をチューニングしていないV6ターボエンジンの音という感じです。排気音は720Sの方が私は好みです。走行フィールはアクセルの踏み込み量の問題かもしれませんがマイルドに感じます。0-100km加速が3.0秒ですので相当速いはずですが、それがあまり体感できませんでした。恐らく玄人好みのセッティングになっているのだと思います。つまりこのクルマをそれらしく楽しむにはそれなりの腕や慣れが必要でちょっとした試乗ではわからないのかもしれません。乗れば乗るほどクルマの凄さがわかってくるというタイプのクルマ、マクラーレンらしいかもしれません。すぐに歓喜を感じられる享楽的なフェラーリ296GTB、玄人好みのアルトゥーラ、あなたはどちらがお好みでしょうか。

Posted at 2023/04/11 06:14:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | スーパーカー | 日記
2023年04月11日 イイね!

最新型フェラーリ296GTBアセットフィオラーノに乗ってみた

最新型フェラーリ296GTBアセットフィオラーノに乗ってみたフェラーリ296GTBアセットフィオラーノにコーンズ様で試乗させていただきました。



詳細スペックはこちらをご覧ください。アセットフィオラーノとはサーキットを意識したスパルタンなモデル、足周りが固められ、カーボンパーツの多様により通常仕様より30kg軽く仕上っています。写真のストライプも専用オプション。かっこいいですね〜。一見コンパクトフェラーリの復活かと思いましたが、実物は全長 4,565 mm x 全幅 1,958 mm x 全高 1,191 mmと意外に大きいです。



リアからの造形はいかにも廃熱がよさそうなデザイン。テールランプは最近のフェラーリで定番になった横長2連のタイプです。ナンバー上にマフラーがあり、マフラーカッターが横長なのでちょっと未来的な感じがあります。さて早速乗り込んでみましょう。




コクピットは今までのフェラーリの流儀に沿っていますが、メータに映される表示は未来的です。電気だけで25km走れますがその充電状況が一目で見られるようになっています。パワーユニットは2.9LV6ツインターボ+電気モーターでシステム出力830PS! 1,500kgを切る車重にこのスペックは凄いですね〜。

試乗は一般道のみでしたが、第一印象は思ったより乗り心地が良いことです。ポルシェのGT系などより足は柔らかいのではないでしょうか。そしてクルマがとても軽く感じます。パワーウェイトレシオ2kg/psを切るのですが、重たい車体にハイパワーなエンジンという雰囲気ではなく、まるでライトウエイトスポーツカーに乗っているような軽快感。そして何より素晴らしいのは音です。V6ターボエンジンをどんな魔法を使うとこんな素晴らしい音色になるのでしょうか。これらが混然一体となって、フェラーリの中でもとびきりFun To Driveなクルマに仕上がってます。

このクルマで山道や高速を走ったらさぞ楽しいでしょうね〜。都心に戸建てを買える価格ですが十分にその価値があると思います。

Posted at 2023/04/11 05:02:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | スーパーカー | クルマ
2022年10月10日 イイね!

TOKYO SUPERCAR DAY 2022

東京お台場で10/8-10/10まで開催されたTOKYO SUPERCAR DAY 2022に参加してきました。

参加と言ってもSUPERCARは持っていないので、今回特別枠で作ってもらったコーナーに皆で参加してきました。特別枠はゲレンデやアバルトやネオクラシックなどいくつかのコーナーが作られていて、私たちは10/10に開催されたジャガーコーナーにクルマを並べました。

我々の展示場所はとても良い場所でガンダムのすぐ近くでした。



ジャガーはMARK2やEタイプ、XJSなど。






会場は何箇所かに分散していてとても規模の大きいイベントでした。
レースクィーンさんもいらっしゃいました。


さて、
では気になるクルマを何台かご紹介します、、、






言わずと知れたボンドカーの代表選手アストンマーチンDB5 新車のようなコンディション。


最新フェラーリSF90!


マイアミバイスでお馴染み、フェラーリデイトナ。


これも素晴らしいコンディションのランボルギーニミウラ


SUPARCAR協会の会長須山氏のクルマ、ディーノ。美しい!


そして一番驚いたトヨタMR-Sベースのカウンタック、完璧な作り込み!


その他にもトークショーあり美女のランウェイやアイドルのミニライブなどもあり、とても楽しめるイベントでした。来年も是非行こうと思います。
ジャガーコーナー、もっと台数増やしたいな。

Posted at 2022/10/11 00:12:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | スーパーカー | 日記

プロフィール

らみい7といいます。 英国のバックヤードビルダー的な個性派スポーツカーTVRキミーラに乗ってから、英国車病に。スポーツカーのマスターピースとも言えるケータハム...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2024/2 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

リンク・クリップ

プレゼントキャンペーン3週目 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2023/06/16 23:44:41
yuriapapaさんのジャガー デイムラー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/04/28 16:55:26
初回車検 プレミアムケア適用 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/03/06 21:32:12

愛車一覧

デイムラー デイムラー デイムラー デイムラー
1991年式のディムラーW6。 5.3L12気筒と3速ATの組み合わせはウルトラスムーズ ...
ランドローバー ディスカバリー 災害対策ディスコちゃん (ランドローバー ディスカバリー)
レネゲードからの乗り換えです。エアサスで乗り心地が良く、内装が豪華なのが決めてで購入。6 ...
ポルシェ ボクスタースパイダー ポルシェ ボクスタースパイダー
2016年5月末納車になりました。 注文してから368日。長かった。 外装はシルバー 内 ...
ジャガー XJ-S コンバーチブル クロネコちゃん (ジャガー XJ-S コンバーチブル)
1994年新車並行ドイツ仕様のXJS V12コンパーチブルです。日本仕様にはない2by2 ...

過去のブログ

2023年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2022年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2021年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
© LY Corporation