• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

tomoya/のブログ一覧

2014年01月30日 イイね!

千葉ドライブ

千葉ドライブ先週末は、会社の同僚と、「父と娘と房総へ」ツアーに行ってきました。


横浜発、アクアラインを通って、南房総を横断して鴨川へ。
→鴨川シーワールド→道の駅めぐり→魚屋でむつと金目かって捌いてもらい→鋸南自然の家
(この前八景島にいったばかりですが、水族館が大好きで連れていくことに)



夜は晩飯の後、捌いてもらったばかりの刺身で一杯、どころか何杯も。
腹が膨れて気持ちよく酔いも回り、娘たちの遊ぶ声を子守唄に、先に布団の上でうたた寝。


次の日は朝からいちご狩り→水仙ロードを走り→市原のキッズダム→木更津に戻ってアウトレット
房総半島を南へ北へ、東へ西へよく走りました。

ミシュランX-iceはスタッドレスを忘れさせる良いタイヤ。
指で触ると明らかにゴムが柔らかく動くのに、走るとしっかりしておりとても不思議です。
夏タイヤに替える気持ちがなかなか起こりません。
(PCDチェンジャー付きの為、交換が面倒くさいというのもありますが)


旅の最後、市原から木更津に16号を南下している時、決して褒められた行為ではありませんが、
ふと左手にスマホをもって運転しながら動画取ってみました。


前見て運転しながら適当に手に持ったスマホでしたので冒頭は映像が揺れていますが、
もちろんふんわり乗り心地、娘はあっという間に就寝。


スマホのマイクが良く音を拾うのでうるさく感じますが実際は静かなもので、
助手席の娘の寝息も良く拾っています。



40秒あたりから、スマホをもった手でハンドルを持ったので、手ぶれが抑まっています。
また、映像の最後はナビの音声ですが、クルマのスピーカーを通しています。



全く面白みはありませんが、車載動画撮ったのは初めてで、旅の思い出になるかなと思い、
早速Amazonでヘッドレストに固定できるような台座を購入しました。


なお、冒頭の写真は、ホイールを洗わず1000キロ超えた状態のもの。
この距離だとホイールの汚れはわからないレベルです。

これでブレーキタッチも良いのですから、もう純正には戻れませんね~
Posted at 2014/01/30 22:41:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | 旅行/地域
2014年01月20日 イイね!

N6000売り切れ・・・

さて、どのタイミングで夏タイヤにもどすか、ちょいちょい考える時期に来ました。
あと一回くらい雪見風呂入りたいから、もうすこしですね。

さて、夏タイヤに戻す時期に合わせて、タイヤを新調するつもりです。
いつぞやのパーツレビューで書いた通り、N6000が第一候補、のはずが・・・

本日見たら売り切れ!
そりゃあ、4本18200円じゃあいつ売り切れてもおかしくないですよね。
買って保管しておこうと思っていた矢先にこれです。

残念すぎます。



気持ちを切り替えて。

さて、次のタイヤは何にしようか。冬は安全第一なのでミシュランにしましたが、
夏はアジアンタイヤしか選択肢にありません。

第1候補:ネクセンN8000またはN9000

本当はN80001択だったのですが、N9000の方が新しいし。ちょっとだけ安いし。

急きょ第2候補にあがってきたのが、ATR SPORTS。
安いし、良質なゴム産地であるインドネシア製。

もう少し情報収集する必要がありますが、
中国製だけは心情的に怖いものがありますので。

このクルマは、そこまで静粛性タイヤ求めなくても車自体が良いので気にせず、
あとはグリップが普通程度にあればこのタイヤ幅でカバーしてくれる。

そんな思い込みが私の中で出来上がっています。

このタイヤは、あらかじめ買っておこうかな・・・・。
Posted at 2014/01/20 20:43:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2014年01月15日 イイね!

登場当時の広告

登場当時の広告C5は、C6に続いてインポートカーオブザイヤーを受賞しており、PC内の写真をあさっていたら、その時の広告写真が出てきました。



昔からのファンの方にはシトロエンらしさが失われた・・・というお声もありますが、
このコピーを作った人はそれもわかっていて、とはいえ抜群に格好良くて、でもこんなクルマ誰も知らなくて。


今見ても(個人的に)秀逸だと思います。
自分のクルマをこんな深みのあるシルバーにしたい・・・


(ご参考)

iQには負けましたが、なんとGT-Rより上なのです。

1位 トヨタiQ
2位 シトロエンC5
3位 日産GT-R
4位 アウディA4/A4アバント
5位 ジャガーXF

Posted at 2014/01/15 23:52:17 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2014年01月13日 イイね!

C5でスポーツドライビング(?)

今日は仕事。通常会社までは電車ですが、車で行ってきました。
休日出勤、行き帰りくらい楽しみが無いとやってられません。


仕事が終わった後の連休最後の夜はクルマもまばらで、第1京浜を自宅に向けて快適にクルージング。

****************妄想*********************

前方がクリアになった所で、一気にアクセルを床まで踏み込む。
伝説となった3リッターV6DOHCエンジンが狂おしく咆哮を上げ、245のフロントタイヤは荷重がかかっていることを失念したたかのように虚しく空転し、数瞬の後、背中がシートにめり込むのを感じながら、ゴムの焼ける匂いと共に周囲の景色を線描画に変えていく・・・


****************妄想終了*******************


そんなことは一切無く、せいぜいブィーンと唸る位です。加速も穏やか。
アクセルも半分くらいしか踏みません。
3.0V6のC5は、最高のサスに最低のエンジンといったジャーナリストもいたような気がします。

最低とまでは思いませんが、もう少しいい音してもいいのではないでしょうか。
オイルを変えたおかげでガサついた音からは改善されたものの、官能的とはどんなひいき目にみても言えず。
それゆえに伝説(=カタログ落ち)になってしまったのでしょうが。



ないものねだりしても虚しいので、私の運転中の楽しみは、ブレーキもアクセルも操作を最小限にして、かつ周りのクルマの流れを乱さずにマイペースでスムーズに走ることへの挑戦。

適切な車間をとり、前方遠くの状況を見越して早め早めのの車線変更。
無駄なブレーキを最小限にして、自分が渋滞の原因にならないこと。
夜の第1京浜は70キロ前後で流れており、ハイドロサスのおいしい所が顔を出します。
そのため、70キロをいかにキープするかがキモ。


コーナーでも試しています。
中速コーナーでも、AUTOモードだといきなりハンドルをRに合わせて切るとぐらつくので、、
今挑戦しているのが、まず気持ち程度のハンドル操作で、クルマにコーナーであることを伝えてから、サスが踏ん張ってくれるのを感じつつ、Rに合わせてハンドルを切ることでオンザレール感覚で曲がっていく・・・はず。

効果のほどは不明ですが、ハイドロのクセと旨みを目一杯引き出すコツを日々検討中です。


これも一種のスポーツドライビング、だと思うのです。




ただいま。


どこか文章がヘンなテンションになっていると思ったら、自分が発熱していました。
薬飲んで布団にもぐることにします。

Posted at 2014/01/13 21:26:13 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2014年01月13日 イイね!

運転に気を使います

C5を運転していて、気を使うこと。

1.小回りが効かないこと

カタログには載っていませんでしたが、回転半径6.1メートルらしいです。
メーカーによっては同クラスの車で一般的に5メートル前半であり、
このハンドルの切れ角の小ささは特殊な足回りに理由があるのでしょうか。


都心の狭い地下駐車場だと、大柄なボディと相まって、最悪3回程度切り替えす場合も。
自宅用の駐車場からして、物理的に一発で入れられず。

駐車場の誘導の人には、きっと「外車に乗っているヘタクソ」なるレッテルを貼られているのでしょう。



2.後方視界が良くない

バックするとき、小さい子が車の後ろに入り込んできたらまずわからないでしょう。
これは旧C5も同じで、購入直後にバックして赤いコーンを轢いてしまい、それ以降、安全のためにバックカメラをつけました。

今のC5を購入したときも、その足でカー用品店に行って取り付けをしています。



3・車高を下げて駐車する場合の注意

さらに、駐車時に車高を低くするクセがついてしまって、それが悪い方向に行くことも。

旧C5のときに、いつものようにエンジンを切る前に車高を下げ、買い物が終わってそのまま出ようとしたときに嫌な音が。
「ギギギ・・・バキッ」
あわてて降りてみると、車止めのコンクリブロックの上に車が座ってしまっていたらしく、
発進時に引っかかってバンパーの下部が曲がっていたことがありました。

それ以来、初めて入るコンビニ等では、車止めの高さを見るようにしています。



・・・気がつくと、嫌なところばかり書いてきましたが、
でも、そんなことにも目が瞑れるくらい好きなんですこの車が。

ノロケ話のようですね。
Posted at 2014/01/13 07:50:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

シトロエンC5の認知度の低さときたら・・・。 どこの国の車かも知られていないこともあります。 でも乗せるとみんな良さを分かってくれる、そんなどマイナーな...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/1 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

ファン

5 人のファンがいます

愛車一覧

シトロエン C5 セダン シトロエン C5 セダン
ふとしたきっかけでシトロエンC5を試乗し、価値観がひっくり返されたのがシトロエン信者にな ...
シトロエン C5 セダン シトロエン C5 セダン
ハイドロにハマるきっかけとなったクルマ。 シトロエンC4の試乗フェアのハガキが来たので ...
日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
どうしてもGT-Rに乗りたくて、中古で購入。 赤のボディカラーに一目ぼれしていました。 ...
スバル インプレッサハードトップセダン スバル インプレッサハードトップセダン
STiバージョンⅢ。最初に新車で購入した車です。 既に具体的な乗り味は記憶の彼方ですが ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.