• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

2TG怪のブログ一覧

2019年01月18日 イイね!

380円のラーメン

380円のラーメン宇都宮に380円でラーメンを出す店が
有ると聞きました。

これは行かねばなりませぬ・・・・




場所は宇都宮市鶴田町、
オッサンの会社からだと約1時間かかります。

そんな冬のある日、
午前中で仕事が終わりました。
当然会社を抜け出して訪問します。








反対側には東京インテリアが有ります。









店の名前は大衆食堂ひょうたんと言います。










ひょうたんと言えば
ひょっこりひょうたん島です。
オッサンが小学低学年の頃に
NHKで放送されてました。
記憶にのこるのはドンガバチョくらい・・・・・

すいません話が逸れました。









同じ時代には素浪人花山大吉、
驚いたりするとしゃっくりが出るが、
ひょうたんの酒を飲むと・・・・・

すいません二回連続で話が逸れました。











まだ開店したばかりなので
オッサンが二人目の客みたいです。










店に入るとカウンター席に案内されました。









定食類のメニューです。
かなり安い値段設定です一番高いメニューが、
日替わりセットのAで1000円、他はそれ以下です。









ラーメンが380円です。
チャーハンも450円とこちらも格安です。
当然注文はラーメンとチャーハンです。









後から来た客はほとんどが、
800円のラーメン、ニラレバ炒め、半ライスのBセットを
注文していました。









店は厨房に60歳前後の男性料理人が2人、
ホール係りは50代くらいの女性が担当してます。









カウンター席が5席くらい、
小上がりとテーブル席が多数あります。









厨房の料理人の、いきがピッタリなのには驚きました。

片方が炒めもの担当で、もう片方が麺類の担当でしょうか、
一言もしゃべらず阿吽の呼吸で料理を作ります。











タンポポで言うとこんな感じです。

動きに無駄がないんだ、
しかも全部無言だ、
いい店ってこうなんだよ・・・・・・

すいません話が逸れました。










待つこと10分くらいでしょうか、
ラーメンとチャーハンが同時に来ました。








こちらが380円のラーメンです。
チャーシューもハムではありません(笑)









そして450円のチャーハンです。










まずはスープから、
かなり透明度の高いスープです。
一見塩のスープに見えますが
ちゃんとした醤油味です。
昔の食堂で食べたような懐かしい味、
380円とは思えぬ美味しさです。










麺は中細の玉子麺とでも言いましょうか
茹でかたもいい塩梅、美味いです。










お次はチャーハンです。










具はチャーシューに長ネギ、なると、玉子と
ごく普通です。
450円なら破格だと思います。











料金は830円と普通の店なら、
ラーメンと半チャーハンの値段ですが、
フルサイズのラーメンとチャーハンです。

久しぶりに満足したランチになりました。

Posted at 2019/01/20 18:57:05 | コメント(2) | トラックバック(0) | 食べ歩き | グルメ/料理
2019年01月17日 イイね!

秩父豚みそ丼です。

秩父豚みそ丼です。富山旅行翌日の話です。





前日に山のように買ったお土産です。
慎重に分配したわけですが
なぜか一品間違って分けてしまいました。









せっかく購入した富山のお土産、
是非とも本人に渡したいと思うのが人情です。







幸い三連休の最後は、
ラーメン暦42年の友人と
秩父に豚みそ丼を食べに行く約束をしていました。









ホタルイカを渡す友人は埼玉県深谷市なので、
秩父に向かう通り道になります。

LINEで連絡して秩父の帰りに会うことにしました。










自宅を朝7時に出て、
同行の友人宅には7時30分過ぎに到着。
予定では10時30分に秩父の店に着ければいいかなと。









途中休憩を挟み10時35分に到着しました。











豚みそ丼の人気店、
すでに30人以上のお客が並んでます。










お食事処 野さかと言う店です。











オッサン達が並んだ後もお客は来ます。
オープンの頃には60人位並んでました。









11時に暖簾が出てオープンです。










5~6人位ずつ順番に入店します。










入店すると券売機で注文するシステムです。
オッサン達は初めてなので、
一番無難なロースとバラのミックスの
豚みそ丼の並盛(900円)をチョイスしました。











席に着いたのが11時10分です。
お茶はテーブル上のポットに入ってるので飲み放題です。











店内のお品書きです。











お茶を飲みながら待ちましょう。










待つこと20分くらいで配膳されました。










久しぶりの御開帳~










御開帳といえばオッサンのブログでは、
この様な怪しい踊りの後の、
フルオープンを意味・・・・・・

すいません話が逸れました。










豚みそ丼の並盛です。
とても香ばしい香りがします。










まずはロースから行きます。
甘辛い味付けに柔らかいお肉です、
焦げ目がまたいい感じで旨さに拍車をかけます。











バラ肉は脂が美味しい、
バラとロースで丁度良いバランスとなってます。











艶々の御飯の味付けは甘辛い醤油の味付けですが、
味噌味の豚肉との相性もいい感じです。










大変おいしゅう御座いました。
並ぶ訳がわかる逸品です。










さて帰りますかと思ったら、
富山のお土産を渡す友人が登場!

豚みそ丼の持ち帰りを買いに
オッサン達が居る時間を見計らって、
わざわざ訪ねて来て下さいました。










それにわざわざお土産まで買ってです。
逆に恐縮してしまいました。

深谷名産のネギを使った味噌味の
せんべいはオッサンの大好物です。











何とかお土産の持たすことが出来ましたので、
肩の荷がおりました。











友人を見送ったあと秩父の町を散策します。










おなじみの秩父神社です。










知知夫国新一ノ宮と言われ
格式の高い神社です。











秩父神社に参拝したら、
秩父のメインストリートの番場通りに向かいます。










番場といえば昔のアニメ、侍ジャイアンツの
番場蛮を思い出します。
硬式ボールをつぶしてしまうほどの握力・・・・・

すいません話が逸れました。










話は戻りますが、
番場通りといえば有形文化財の建築物が
数多く有ります。










以前に紹介したパリー食堂も
元気に営業しておりました。










大正5年創業の安田精肉店、
こちらの味噌漬けが美味しい。










ことしは猪年なので
猪の味噌漬けを買おうと思ったが
やっぱり豚になってしまうオッサンはヘタレ組。











そして、ネットでも人気らしい、
メンチカツを食べてみることにします。











ソースをかけて熱いメンチをぱくりと、
口の中に広がる肉と玉ねぎの美味しさ。
かなり美味しいメンチです。











かがんでみたけどパンツは見えない・・・・










アニメで町おこしも健在でした。

そんなこんなで豚みそ丼も食べれて
間違ったお土産も無事渡すことが出来ました。




めでたしめでたしな連休最後の日となりまた。



Posted at 2019/01/18 20:28:29 | コメント(4) | トラックバック(0) | 食べ歩き | グルメ/料理
2019年01月16日 イイね!

冬の富山県グルメ 2

冬の富山県グルメ 2冬の富山県グルメの後編です。

翌日は7時に朝食を取ります。








アパホテルの食事処 京都銀ゆば、
こちらで朝食が提供されます。

昨晩の宴席はこちらで行えばと反省です。









朝ごはんは、
少しずつ沢山のオカズを食べます。









当然健康も考えて野菜ジュースも。










食後に活動開始です。

8時30分にロビーに集合して、
徒歩10分の射水神社に向かいます。









高岡古城公園内に鎮座する、
射水神社は越中国一宮と格式が高い神社です。











鳥居をくぐり手水舎で清めて参拝します。











こちらが拝殿になります。











授与所社にて御朱印を頂きます。











お次は射水神社から
徒歩5分の高岡大仏に向かいます。











坐像の高さ7.43mの青銅大仏です。

御朱印は隣にある社務所で頂けます。










お昼は富山市まで戻り回転寿司です。











きときと寿司婦中有沢店です。

回転寿しですが宇都宮辺りの
普通の寿し屋よりネタや鮮度が上です。











回転寿司というより
料亭といった感じの入り口です。












案内されたのは6人掛けのテーブル席。












食べる前から御満悦のデ組の重鎮さん。











各自思い思いの寿しを注文します。











富山で食べたい寿しなら、赤ムツとか白エビですが、
オッサンは1500円のサービスメニューを注文しました。











寒ブリはもとより、のど黒(赤ムツ)、白エビ、
アオリイカ、ヒラメ、キジハタなどが地物です。










しかし赤ムツや白エビばかり注文すると
料金がとんでもない事になります(笑)










食べるに夢中で画像はあまりありません。











皆さん大満足できときと寿司を後にします。

ちなみに きときと とは、
富山の方言で新鮮とか、生きが良いという意味です。

たまには真面目に話を逸らしてみました。










そして最後の訪問は、
鱒の寿しミュージアムです。










こちらで鱒の寿し作りの体験をするそうですが、
オッサンとふじやまさんはパスです。










皆さんが鱒の寿し作りをしている間に、
扇一ますの寿しに予約しておいたお土産を取りに行きます。











今の所ここの鱒の寿しが一番美味しいかと思います。










鱒の寿しミュージアムに戻り、
体験しているミンともさんを見に行きます。









子供さんやお母さんたちの間に、
違和感のあるオッサンが3人もいます(笑)











後日の談話ですが自分で作った、
鱒の寿しの味は?だったらしいです。

当然と言えば当然の結果ですが・・・・・











最後に焼き鯖寿司やその他色々なお土産を購入のち、
お開きと言うことになりました。











帰りのルートは越中東街道から、
安房峠を通り松本から上信越道で帰るルートを
選択しました。










途中の道の駅で休憩を挟みながらの帰路ですが、
同行の皆さんお土産を買いまくります(笑)










上高地近くの土産店辺りではこんな状態(笑)
ごみ収集車ではありません。











最後に群馬県の某所にて解散と言うことになりました。
 
今回の旅で得たもの、
それは富山ブラックどら焼が美味しかった事でしょうか(笑)












デ組のオッサン四人が乗ったフィットの燃費ですが、
走行距離約870キロ、燃やした燃料は約41リッターで
リッター辺り約21キロとなりました。

普段から比べるとかなり燃費が落ちましたが、
これがデ組の実力と言うことです(笑)









長々と2回にわたりお付き合い下さった
みん友さんには感謝の極み・・・・

Posted at 2019/01/17 19:07:13 | コメント(6) | トラックバック(0) | 日記
2019年01月14日 イイね!

冬の富山県グルメ 1

冬の富山県グルメ 1そのプロジェクトはあるみん友さんの
一言で始まった。

本場の寒ぶりが食べたいと・・・・











ぶりといえば、
あのねのねというフォークデュオを思い出します。

魚屋のオッサンが屁をこいた!
ぶりっ!!

すいません話が逸れました。










そこで富山で寒ぶりを始め、
美味いものを食べるツァーを企画しました。

飛びついてきたのは、ほ組の食いしん坊の面々(笑)
案内は地元のふじやまさんにお願いしました。










朝4時に群馬県の某所に集合、
一路富山を目指します。

途中、上信越道の妙高あたりに雪があったくらいで順調です。










北陸道はほとんど雪はありませんでした。








富山の案内人さんとは、
海王丸パークで待ち合わせです。










富山に初めてきたみん友さんは、
海王丸の美しさに大はしゃぎです。











ほ組でデ組の重鎮さん達です。










そして富山の案内人さんと合流、
全員揃ってから、向かったのは氷見漁港です。










漁協の建物の片隅にある、
怪しげな食堂に不安げなみん友さん(笑)










魚市場食堂と言います。

氷見の魚問屋が経営する、
富山県で一番鮮度がい良い魚が食べれるお店。
競り場から数メートルの位置で、
競り落とされた魚が直接届く店と言うらしい。











紫の暖簾をくぐり建物内に入り、二階に向かいます。
二階からは市場の競りが見えるようです。










二階にも暖簾があります。

しかしこの暖簾の字体ですが
何と言うか蚯蚓がのたくったような字体です。
オッサンが足で書いたほうが・・・・・

すいません話が逸れました。











お勧めのメニューの張り紙。














外観の怪しさからは想像できない綺麗な店内です。














通常メニューですがここはスルーです。












今回はこちらの限定メニューから注文します。

寒ブリの刺身定食(2080円)を注文、
他にブリ大根とブリのシャブシャブを注文しましたが、
こちらは三人でシェアと言うことで一人前を注文しました。









15分ほどで配膳されました、
こちらが寒ブリの刺身定食です。










脂がのっているブリの刺身です。











こちらはみそ汁の漁師汁です。











鮮度のいい魚のアラを使っているみたいです、
臭みもなく旨いです。










ブリ大根は骨まで柔らか、
多分圧力鍋で煮ているかと思います。










ブリシャブです。
こちらもかなり美味しいです。










氷見の寒ブリに御満悦のみん友さん。











氷見の寒ブリを堪能したら富山観光の時間です。
まずは伏木神社です。

毎年5月15日に行われる例祭、
伏木曳山祭で有名な神社です。











立派な本殿です。
皆さん初詣と言うことで参拝してもらいます。











次は越中國一之宮氣多神社です。











本殿にて参拝を済ませて
社務所で御朱印をもらいます。











少し戻りまして、雨晴海岸で一休みです。










風光明媚な観光スポットです。

雨晴海岸(あまはらしかいがん)は、
富山県高岡市北部の海岸。
能登半島国定公園に含まれ、
日本の渚百選に選ばれている。

       wikipediaより抜粋











その後は高岡市に戻り、瑞龍寺の見学です。











以前に訪れていますが、
その時は御朱印を頂いてないので
あらためての訪問です。










瑞龍寺参拝のあとは富山市に向かいます。










やって来たのは、富山駅にある
きときと市場 とやマルシェです。











こちらでおやつの時間です。

白えび亭で白エビ丼にしようか?












西町大喜でブラックにしようか?悩みます。

白エビは高すぎるとか、今は旬でないとか・・・
富山ブラックなら、西町大喜大島がいいとか
意見があいません(笑)











そして出た答えが、路面電車に乗って
西町大喜本店に行くことになりました。










初めて乗る路面電車、
運賃は大人200円とリーズナブルです。











初めての路面電車に、
感無量のみん友さんです。











西町で降りて歩くこと5分でこちらの店に到着です。










富山ブラックといえば味はともかく、
こちらの店で食べなければ本当の富山ブラックを語れません!











西町大喜 本店です。











暖簾をくぐると券売機が迎えてくれます。
注文は中華そば(750円)です。
ライスもお願いしたいところですが売り切れです。











うなぎの寝床のような店内、
こちらは向かって右側です。










こちらが左側です。

中段には芸能人の色紙が飾ってあります。
過去にはモモクロさんも訪れたようです。











エロのスギりんさん間違いました。
ワイルドだぜ~のスギちゃんでした。

うまスギちゃんだゼとのコメントですが、
本当に美味かったのかと問い詰めたい、
小1時間問い詰めたい・・・・・

すいません話が逸れました。










10分程で着丼しました。











こちらが本物の富山ブラックです。











本物の富山ブラックは
しょっぱい中に旨味感じる?との事ですが、
オッサンの舌では旨みを・・・・・











歯ごたえのある太麺ストレートが、
本物の富山ブラックの証です。











チャーシューもたっぷり入ってます。
メニューには中華そばとありますが、
ほとんどチャーシュー麺です。










塩抜きをしてない、
塩漬けのメンマが美味いのです(笑)











地元のみん友さんは完食しますが、
同行のみん友さんは残すのがデフォルトです。











初めての富山ブラックを食べた
みん友さんの感想は・・・・・











二度と食べたくないとか、
コンビニでよく冷えたお水を飲みたいとか
いいたい放題・・・・・・











ラーメンの後は、富山駅まで路面電車で戻ります。









富山市を後に宿泊地のホテルのある高岡市に戻ります。










これで終わる訳が無いデ組のツァーです。










ホテルで一息ついたら夜の会の始まり、
とりあえず高岡市の繁華街と言われる、
御旅屋通り商店街に向かいます。

おたや通りと読みますが
ほとんどの店にシャッターが下りたままでした(涙)











しょうがないので途中にあった
中華料理の店に寄ることにしました。










看板から予想するとかなり期待できそうな店。












良さげな雰囲気な店です。











麺類は注文しませんが一応載せときます。











一品料理のメニューですが、
餃子が350円と良心的な値段です。











注文は、生ビールに餃子を2皿です。

若鶏の唐揚げが1300円と高めですが、
多分美味しいでしょうと注文。
あとは野菜炒め900円を注文しました。










とりあえず生で乾杯です。











餃子が来ました・・・・・・
久しぶりにこのフレーズが出ました

何これ? 少なくない?高くない?・・・・・
宇都宮餃子の半分です(笑)










次に来る料理も想像がつきます。











ハイ!こちらが1300円の若鶏の唐揚げです。

親指大のムネ肉のフリッターです。
当然、鶏唐の美味しさはありません(笑)













900円の野菜炒めは野菜のみで、
肉のひとかけらも入っていませんでした(涙)
味付けも訳がワカメちゃんな味付けです。











とうぜん評価は・・・・・・



今回の富山グルメの初日は、
美味しい物から美味しくない物へと・・・

右肩下がりと言う、
食べ歩いた旅となりました(笑)



次回に続きます・・・・・・



Posted at 2019/01/15 21:45:13 | コメント(16) | トラックバック(0) | 食べ歩き | グルメ/料理
2019年01月10日 イイね!

大食堂の巻

大食堂の巻なぜか皆さんに人気のある、
会社を抜け出してのランチシリーズです。












ランチといえばドラゴンボールに出て来た
ランチさん、なかなか楽しいキャラですが、
いつの間にか・・・・・・

すいません、いきなり話が逸れました。









今回は大食堂です。

大食堂といえばオッサンが子供の頃は、
デパートの最上階にあるのが当り前田のクラッカー。

子供の頃は、親にデパートの食堂に
連れて行ってもらうのが唯一の楽しみでした。











昭和の頃の宇都宮には上野百貨店、むぎくらデパート、
十字屋デパートなどがありましたが、
今も同じ場所に残っているのは
東武宇都宮百貨店くらいかと思います。

すいません話が逸れました。











今回会社を抜け出して訪れたのは、
こちらの交差点近くにある大食堂です。











せいみや大食堂です。










さっそく店内に入りましょう。










さすが大食堂、入り口は自動ドアです。










平日のお昼の訪問ですが、
大食堂のわりには、お客が一人しか居ません。

大丈夫なのか大食堂!











この店に来た理由は食事のほかにもう一つあります。
こんな髪型のウェイターが居るという。










お茶を運んできたリーゼントの・・・・・

ほんとに居ました(笑)
画像をアップ出来ないのが残念です。











メニューです。










さすが大食堂です。
寿司から定食、うどん・そば、中華と何でも有りです。










そんな中から選んだのは、ラーメン(500円)と
おにぎり(150円)を注文しました。











店内は大食堂らしく、寿司のカウンターもあります。
他にスナック風のカウンターもありました。











お座敷もあります。











お座敷といえば、
お座敷小唄です。
富士の高嶺に降る雪も♪
京都先斗町に降る雪も・・

和田弘とマヒナスターズ&・・・
このウタを知っている方はかなりのオッサン(笑)

すいません話が逸れました。










二階は大広間の宴会場らしいです。












大食堂には関係ありませんが、
モトコンポも配備されてました。










モトコンポと言えば藤島康介の逮捕しちゃうぞです。

トゥデイのミ二パトにニトロ(NOS)を載せたりと、
かなりマニアックなアニメ・・・・・・

すいません話が逸れました。










10分程で配膳されました。
ゆで卵の殻を剥くのに苦労した後が・・・・・

ラーメンとおにぎりの夢のコラボです。










ノスタルジックなラーメンです。
大食堂はこうでなくてはいけません。










おにぎりはオカカを頼みました。










まずは麺から、
中細麺はよくある食堂タイプです。
茹で方も丁度良い感じでした。










やや濃い色のスープは、
魚介系と豚でしょうか?
飛びぬけて美味いわけでは無いですが
なぜかほっとする味です。










チャーシューはパサ、俗に言うダシガラです。
これが良いのです(笑)










オッサンが帰る頃にはポチポチと
お客が来たようです。










最後にリーゼントのキャラですが、
よんでますよ、アザゼルさんzに出てくる、
エウリノームと言います・・・・・


中卒なめてんのか!?どこの中学だ、あああん?



こんなお茶目な髪型のお兄さんに会える店、
暇な方は訪ねてみて下さい。

Posted at 2019/01/10 20:36:55 | コメント(6) | トラックバック(0) | 食べ歩き | グルメ/料理

プロフィール

「@ハピワンさん  瓢箪の酒をのみましょう(笑)」
何シテル?   01/20 18:49
2TG怪です。よろしくお願いします。 若い頃は、セリカ1600GTV、TE37レビン、TE71・4ドアセダン 2TG搭載車オンリー(一部2Tも)でした。 ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/1 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

今シーズンも、あと1か月半! かな? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/02 19:23:14
上州山賊麺  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/17 14:55:43
レッドブルではなく… 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/17 06:17:13

愛車一覧

ホンダ フィット3 ハイブリッド グラタン (ホンダ フィット3 ハイブリッド)
ホンダ フィット3 ハイブリッド Lパケに乗っています。 初めてのホンダ車ですが、 結構 ...
ホンダ S660 カトリーヌ (ホンダ S660)
セカンドカーとして購入 ミッドシップはAW11以来です。 少しづつ弄って行こうかと。 ...
ホンダ その他 ラーメンマン (ホンダ その他)
災害に備えて配備してます。 ハイドラ用の画像用かも知れません(笑)

過去のブログ

2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.