• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

よしゆき@青粋のブログ一覧

2018年10月14日 イイね!

妄想クルマ選び(スズキ、新型スイフト・XRリミテッド編)

妄想クルマ選び(スズキ、新型スイフト・XRリミテッド編)

2018/10、スイフトに特別仕様車が追加された。

 下位グレードのXG(15インチタイヤ+ハロゲンヘッドランプ)をベースに、特別装備を架装したモノである。

 気になる特別装備は……。

・RS用エアロ(&フォグ&リアフォグ)
・セーフティパッケージ(6エアバッグ、衝突被害低減ブレーキシステム、リアシートベルトフォースリミッター&プリテンショナー)
・室内チタン調オーナメント
・6スピーカー
・リアディスクブレーキ
・LEDサイドターンランプ付ドアミラー
・電動格納式リモコンドアミラー[リモート格納]
・助手席シートヒーター(2WD車)

 ……等。つまり、

 XGリミテッド + RS用エアロ + RS用シート + 室内チタン調オーナメント + LEDサイドターンランプ付ドアミラー&電動格納式リモコンドアミラー[リモート格納] + 助手席シートヒーター(2WD車) = XRリミテッド

  ……となる。 

妄想クルマ選び(スズキ、新型スイフト・XGリミテッド編)
↑で、スイフトのベストバイはXG リミテッドと断言したが、前言を撤回する必要があるかもしれない^^;

 さっそく細かく見ていこう。

XRリミテッドの〇と×。

・ハロゲンヘッドランプ。
 雨の日はハロゲンが安心。

・15インチタイヤ。
 ヒラヒラ感アップ。タイヤも16インチに比べると安い。

・ハロゲンフォグランプ標準装備。
 白球だが、ハロゲンフォグランプが装備されている。

 黄球に変えて、フォグとするもよし、白球のまま社外ランプを増設して、ハイビーム連動にするもよし、使用環境に合わせて選べるのは良い。

 個人的には、車外ランプをバンパー上部に増設し、純正フォグをハイビーム連動にするつもりである。

妄想クルマいじり ~純正フォグランプ・アップデート編~ 『裏技編』
詳しくは↑参照して頂きたい。

・車両重量。
 870kgしかない。

 XGのパワーウェイトレシオは……840kg/91ps=9.23kg/ps。
 XGリミテッドのパワーウェイトレシオは……860kg/91ps=9.45kg/ps。
 XRリミテッドのパワーウェイトレシオは……870kg/91ps=9.56kg/ps。
 RSのパワーウェイトレシオは……870kg/91ps=9.56kg/ps。

XGリミテッドに比べて10kg重いのは、エアロ分?

・6スピーカー
 やっと先代並。

・RS用エアロ(&フォグ&リアフォグ)
 エアロが付いている分、素のスイフトよりも高速域での安定性が向上しているだろうから、83素イフトの持病である"80km超えるとオシリがフワフワする"が、低減されていると……いいなあ。

 リアフォグも高評価。濃霧の時に後続車にアピールできるのは良い。

・助手席シートヒーター(2WD車)
 これは嬉しい。

×
・タイヤサイズ。
 スイフト15インチ共通の、175/65R15 84H。ホイールは5J、インセット40。
 このサイズは選択肢が少ない^^;。

 どうせなら、185/60R15  84Hを標準として、ホイールは6Jを標準にしてくれれば……。

・標準装着タイヤが、 ブリジストン・エコピアであること。
 エコタイヤ故、横方向のグリップが弱い。
 ブリジストン故、寿命が短い。

 先代の15インチはヨコハマ・エコス(非エコタイヤ)だったぞ。
 先代の16インチは、ブリジストン・トランザ(非エコタイヤ)だったぞ。

 エコタイヤ標準って……。ローテーションせずに履きつぶして、ちゃっちゃっとタイヤ交換してしまうのが吉だね。

 推奨タイヤは以下の通り。(ホイール交換無しの場合)

1.ヨコハマ・アドバン ネオバ AD08R
185/55R15 82V
※空気圧を基準値より20kPaほど上げる必要アリ。

2.グッドイヤー・ベクター フォーシーズンズ
175/65R15 84H or 185/60R15 84H

3..ミシュラン・クロスクライメート プラス
175/65R15 84H or 185/60R15 84H

・ステアリングスイッチ。
 いらねー。

・LEDサイドターンランプ付ドアミラー
 2つの機能を一つに集約すると、1つ壊れただけでも両方交換になるから×。

・電動格納式リモコンドアミラー[リモート格納]
 冬季とか、畳みたくない時もある。

1.カラー選択。
・車両本体価格:¥ 1,503,360。(5MT)
・色:バーニングレッドパールメタリック。特別色なので + ¥21,600。
→車両本体価格+特別色=¥ 1,524,960

2.メーカーセットオプション。 → 選択せず。

3.ショップオプション(ディーラーオプション)。 → 以下を選択。
・フロアマット(ジュータン)〈スタウト〉、\14,526。
・ヘッドユニット(Clarion、2DIN)、\32,508。(ケーブル等付属品込み)
ショップオプション合計:\47,034。

4.車両価格合計:\1,571,994
 おや? XGリミテッドよりも、\17,550安いぞ^^

 つまり、こういうことだね。

 前言を撤回させていただく。 このXRリミテッドこそ、スイフトのベストバイである!! 


 

 敢えて一言だけ付け加えさせて頂くならば、RS用のショックとステアリングコントローラーが、メーカーオプションで選べるようにしていただければ、完璧なのだが……。

Posted at 2018/10/14 21:38:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | 妄想クルマ選び | 日記
2018年10月13日 イイね!

スイフト XRリミテッド

スイフト XRリミテッド2018/10/11

 スズキ・スイフトに特別仕様車が追加されたようだ。

・スイフト XR リミテッド。

 廉価グレードのXGをベースに

・RS用エアロ(&フォグ&リアフォグ)
・セーフティパッケージ(6エアバッグ、衝突被害低減ブレーキシステム、リアシートベルトフォースリミッター&プリテンショナー)
・室内チタン調オーナメント
・6スピーカー
・リアディスクブレーキ

 ……等を追加したもの。

 エアロが付いている分、素のスイフトよりも高速域での安定性が向上しているだろうから、83素イフトの持病である"80km超えるとオシリがフワフワする"が、低減されていると……いいなあ。

 価格は5MTで、1,503,360円(車両本体価格)

 先にデビューしていたXG リミテッド(XGにセーフティパッケージを追加したもの)の車両本体価格が、1,456,920円だから、46,440アップということになる。

 なんていうバーゲンプライスだ!! エアロだけでも元がとれちゃう!! しかもこの個体、15インチの鉄ホイール+ハロゲンヘッドランプが標準である。いいねっ!!

妄想クルマ選び(スズキ、新型スイフト・XGリミテッド編)
↑で、スイフトのベストバイはXG リミテッドと断言したが、前言を撤回する必要があるかもしれない^^;
 妄想クルマ選びの、次のネタはこのクルマだな。(ディーラーオプションで選ぶのは、フロアマットとヘッドユニットのみでOKか?

 いつものディーラーに試乗車が入ったら、80km以上の速度域で試してみたい。
Posted at 2018/10/13 09:10:39 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年10月07日 イイね!

洗車実施。

洗車実施。 外観:洗浄済。

塗装保護剤:未塗布。

フロマット:なにもしていない。
Posted at 2018/10/07 10:13:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | 洗車実施 | 日記
2018年09月17日 イイね!

マツダ・ロードスター RS&S 一気乗り

 マツダのホームページを見ていたら、ものすごい発見をした。県内にロードスターのSグレードの試乗車が有ったのだ!! それも結構近い距離に。
「おおうっ!! Sじゃんっ!!」
 先日ロードスター RSグレードを試乗したお店に連絡して、Sグレードを取り寄せてもらった。

 約束の時間にお店に行ったら、営業女史から嬉しい申し出が……。
「RSもあるので、乗り比べできますっ!!」
「まじすかっ?!」
「はいっ!! どちらから乗られますか?」
 暫し熟考。
「RSからで」

 まずはRS。最高級の全部載せである。晴れていたのでオープン状態で試乗スタート。
「楽しいねぇー」
「^^」
 何度か乗せてもらっているので慣れもあるけど、ぜんぜん怖くない。コーナー出口での安定感は絶品である。

 お店に戻りSに乗り換え。スペック上はだいぶ緩いベースグレードである。ノーマル形状のシート、どんな感じかな? Sもオープン状態での試乗となった。
「あれ? 思ったよりシートが悪くない」
「意外ですねえー」
 RSのレカロに比べるとホールド性は悪いのだが、これが意外に悪くなかった。 

「エンジン音は前からしか聞こえないけど、これはこれで十分だなー」
「ですねぇ」
 インダクションサウンドエンハンサーが付いていないので、エンジン音は前からしか聞こえない。でも、これはこれで十分だね。

「さて、コーナーです」
 となりで営業女史が身構えるのが分かった。アンダー出ちゃうのを覚悟で、あえてRSと同じタイミングでアクセルを踏んでみる。
「おや?」
「あ……れ?」
 拍子抜けって、こういうことを言うんだろう。コーナー出口での安定性は、RSに遜色ないんじゃないのか? 何個かコーナーを駆け抜けて、思わずこんな声が出た。
「Sすげー!! スタビ無いのにびったり路面に吸い付いてる!!」
「びっくりしました!! 正直ものすごいロールを覚悟していたのに……」
 2人で大興奮である。

「バイパス走ってみてもいいですか?」
「どうぞどうぞ」
 そのままパイパス(制限速度70km)へ。合流してアクセルオン。
「おおーっ!! Sすげーっ!!」
「安定してます!! 意外……」
 80km超えても、びったり路面に吸い付いていた。懸念していたリアタイヤの接地性は、全く問題なし。

 お店にもどるまで、興奮しっぱなしの試乗だった。
「買うならSだな」
「ぜひ増車して下さい!!」
 本気で欲しい。スイフトの維持費を子供たちに出してもらうのを、本気で提案しようかな?
Posted at 2018/09/17 16:56:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年09月03日 イイね!

妄想クルマ選び(マツダ、ロードスター編)

妄想クルマ選び(マツダ、ロードスター編)  先日、改めてNDロードスターに試乗したら、結構本気で欲しくなってしまった。
 4人家族なのに2シーターオープン1台ってワケにもいかないが、あと数年で上の子供が免許取るんだよなあ。スイフトをそのまま残して、2台目としてなら……。

 と、いうワケで、妄想クルマ選び、スタートである。(購入資金については完全に考慮の外である。なんたって、妄想クルマ選びだから^^)

1.グレード選択。

 トランスミッションはMTを選びたい。MTが選べるのは……。

・S(990kg、¥2,554,200) 「軽快感」と「開放感」を追求したベーシックモデル。
※オープンデフ、リアスタビ:無、トンネルプレースバー:無。

・S Special Package(1,010kg、¥2,759,400) より安全・環境に配慮したハイグレードモデル。
※LSD、リアスタビ:有、トンネルプレースバー:有。

・S Leather Package(1,020kg、¥3,094,200) 快適装備が充実したレザーシートモデル。
※LSD、リアスタビ:有、トンネルプレースバー:有。

・RS(1,020kg、¥3,256,200) 操る楽しさを極める、ロードスター RS。
※LSD、リアスタビ:有、トンネルプレースバー:有、フロントサスタワーバー:有、大径ブレーキディスク、ビルシュタインダンパー。

・Caramel Top(1,020kg、¥3,094,200) お洒落で上品な大人の甘さが香る特別仕様車。
※LSD、リアスタビ:有、トンネルプレースバー:有。

・NR-A(1,010kg、¥2,705,400) 街中でもサーキットでも「走る歓び」を味わえる、モータースポーツベースグレード。
※LSD、リアスタビ:有、トンネルプレースバー:有、フロントサスタワーバー:有、大径ブレーキディスク、ビルシュタインダンパー(車高調)。

 あれ? もしかして、全グレード? さすがロードスターだねぇ^^ 
 この中からグレードを選んでいくのだが、エンジンとトランスミッションは全車同一なので、室内の装備と脚回りの補強の有無が価格差となって表れてくる。

 Sは自分でいじるためのベース車って扱いなのかな? リアデフがオープンでリアスタビが無いのか……。NAの再来って言われているけれど、ロールが大きいのかな?(Sには乗ったことが無いので、なんとも言えない……)

 RS&NR-Aは完全体育会系。ここまでガチのアシは、いらないかな?

 そうなると、S Special Package? でもなあ、マツダコネクト……いらないなあ。

 結論:Sでいこう。

2.カラー選択。
 ソウルレッドクリスタルメタリック。(+ ¥64,800)

3.メーカーセットオプション。 
 SRSエアバッグシステム サイド(頭部用/胸部用)(+¥32,400)

4.ショップオプション(ディーラーオプション)。 
フロアマット(¥22,464)

5.見積合計。 
車両代金合計:¥2,897,804。

以下、詳細。

車両本体価格:¥2,673,864。
メーカーセットオプション価格:¥32,400。
ショップオプション価格:¥22,464。

諸費用合計:¥223,940。

6.ロードスターの、ここがダメ。
・ハイオク指定であること。

・マニュアルエアコンであること。
 この価格でマニュアルエアコン?

・ヘッドランプがLEDであること。
 雨の日見えないぞ^^; 

・フォグランプがオプションでも存在しないこと。
 雨の日見えないぞ^^; 

・ステアリングリモコンが付いていること。
 いらねー^^;

7.結論。
 雨の日は乗るなってことね? どうしても雨の日に乗るのなら、車外品のフォグは必須だが、つけられるのか?
Posted at 2018/09/03 21:58:50 | コメント(1) | トラックバック(0) | 妄想クルマ選び | 日記

プロフィール

よしゆきです。 ZC72スイフト(2型)-XG-CVT-青に乗っています。 よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

俗俗俗、明るい未来の為に格闘した。  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/09 19:45:17
【試算】車両価格差を燃費の良さで相殺 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/24 16:22:06
IPF 968 ドライビング クリアレンズ / S-9682 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/09 08:53:29

ファン

16 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ スイフト スズキ スイフト
現在の愛車は、スズキ スイフト。(新車で購入) ZC72S-XG-CVT-青。 ・色 ...
ローバー ミニ まいなぁ君 (ローバー ミニ)
新車で購入。 1996式、ローバー・ミニ、メイフェア・改。 改造ポイント ・レカロ搭載 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.