• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

後駆のブログ一覧

2018年05月07日 イイね!

日産スカイライン GT-R の純正マフラーが走行中に溶接部で破断し、垂れ下がったマフラーが地面に接触し、後輪が宙に浮き上がり走行不能に陥った件


誹謗中傷、陰口をたたいている御仁への反論を添えて。
しかし、御仁は長文を目にすると眩暈(めまい)がするらしいので読むのは無理か。

18年前、走行距離 1万km、程度極上、憧れの日産スカイライン GT-R を手に入れた。故障箇所は全て純正部品で置換して 19年目を迎え、すべてのパーツが日産純正部品から成る BNR32 スカイライン GT-R という稀有な存在を維持してきた。

19年目で3本目のマフラーを装着するにあたり初めて純正品ではなく代替品を選択することになった。①純正→②純正→③社外というマフラー交換歴となったことは、その他すべてのパーツが日産純正であるがゆえに不本意であった。名車と言われ歴史に名を残すクルマであるからこそフルオリジナルで乗りたかった。三度(みたび)純正マフラーに交換すると現在では 20万円もかかるが、それでも当初は日産ディーラーで純正マフラーに交換する旨を伝えた。その後、自分で取り外したマフラーを見て考えを改めた。東北大学工学部で金属材料、材料工学を専攻した知人にも見てもらい、溶接部のみで破断していることを確認してもらった。つまり錆びた鉄が主因ではなく、応力の集中により溶接部が破断したのだ。鉄が錆びたことにより強度を維持できなくなったのが主因であれば、溶接部のみではなく、その他の錆びた部分でも破断したはずである。



早合点をして 25年前のマフラーだと決めつけた浅薄な知識の持ち主が、僕の著作物である文章や写真を無断転用しておきながら、僕には「自己責任」であることを自覚せよ、己(おのれ)の無断転用に関しては「自己責任」で書いていると、その時点で自己矛盾に陥っていることにも気づかず的外れな論を展開した結果、より多くの人の目に触れることになった前回のブログであるが、そもそも僕は設計を問題にしたのだ。先の御仁が鉄製、鉄製、鉄は錆びると一つ覚えのように連呼しているが、鋳鉄(ちゅうてつ)が錆びることは僕も承知している。錆びてマフラーに穴が開いても構わない、命の危険はないからだ。また破断もしないに越したことはないが技術的に難しいのも理解できる、溶接により金属は変質し、弱くなるからだ。しかし、垂れ下がる設計はいけないのだ。破断しても下垂しない設計、対策を講じるべきだと僕は日産に提案したのだ。日産は対策しないとのことなので、マフラー下垂事故の危険性を少しでも周知する目的で、国土交通省に報告した文章をブログとして掲載した。先の御仁のような輩(やから)が出てくることは予想していたが、あまりにも程度が…。技術的な論が展開されていたのだったら、どんなに良かったか。

就学前の児童でも経験的に知ることになる「鉄は錆びる」という事実を日産が知らないはずはない。そして現在では一般的に錆びないと思われているステンレスという材料があることも日産は知っているだろう。子供でも知っている「鉄は錆びる」材料であり、見栄えも著しく悪くなる材料であるのに
何故、日産は錆びる鉄をマフラーの材料として使い続けるのか。大手と言われる自動車メーカーが鉄マフラーを作り続けているのだから何か良いことがあるのだろう、というのでは思考停止であり、面白くない。そこでマフラー材料に関する歴史を調べてみた。


藤壺技研工業株式会社の事例

1993年 高級オールステンレスマフラー「レガリス304」登場

1995年 超軽量・オールチタンマフラー「レガリス スーパーTi」登場

2001年 「FUJITSUBO 21プロジェクト」主要商品軽量オールステンレス化 開始

2002年 「FUJITSUBO 21プロジェクト」主要商品軽量オールステンレス化 完了


上記フジツボの技術革新に比べ…
2018年の今になっても尚、鋳鉄マフラーを破断・下垂対策もせず 20万円で販売している日産の姿勢について論じてもよかったと思う。ラインオフ時の設計そのままの形状のマフラーを今でも買えること自体は有難く感謝したい。しかし材料を改善したバージョンがあったらもっと嬉しかった。エンジンは排気系統を含めて設計されている。RB26DETT エンジンの設計性能も純正マフラーでこそ発揮される。できれば純正マフラーを装着したかった。

先の御仁によると僕のようなタイプは自転車に乗ったらよいそうである。僕だけでなく自転車ユーザーをも馬鹿にしているかのようなその言い回しからは知性の欠片も感じられない。根拠が薄弱である。冗談としても面白くない。御仁の文章は実物を見ず、事実も知らずに書き散らした無「責任」な言葉の集合体で、不愉快な負の感情を引き起こす稚拙な文章なので勧めないが、どうしても読みたいという方は、このブログタイトルをコピー&ペーストして検索すると引っかかってくる。

自転車…、これから暫くは自転車も気持ちのよい季節ではあるが、車は車でも自動車が好きなので、今後も自動車に乗りたい。健康で長生きをして、少しでも長くクルマを楽しみたい。



2018年05月16日 <追記>
誹謗中傷ブログが削除された件

誹謗中傷、陰口ブログは削除された。それでも、どうしてもご覧になりたいという方は、Google 検索、検索結果表示画面の【日産自動車 御中】…の▼をクリックして表示される[キャッシュ]をクリックすれば閲覧可能だ。念押しするが決して勧められるものではない。



2018年05月19日 <追記>
誹謗中傷ブログ[キャッシュ]が削除された件

誹謗中傷ブログは Google[キャッシュ]からも削除された。陰口をたたいていた悪質な陰湿ページが完全消滅した。



2018年05月21日 <追記>
マフラー下垂事故の瞬間が撮影された動画の件

wasa@11uk さんが見つけてくださった動画の URL 。百聞は一見に如かず。
同様の事故が国産車でも起きる現実を知っていただきたい。
03:26 ~ 03:36 (10秒) を是非ご覧あれ。
Posted at 2018/05/07 20:55:55 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記
2018年04月28日 イイね!

国土交通省 自動車不具合情報ホットラインに報告


日産スカイライン GT-R の純正マフラーが走行中に溶接部で破断し、垂れ下がったマフラーが地面に接触し、後輪が宙に浮き上がり走行不能に陥った件



日産スカイライン GT-R で走行中に突然、純正マフラーが溶接部で破断し、垂れ下がったマフラーが地面に接触し、走行不能に陥った。破断したマフラーが進行方向と対向するように垂れ下がり地面に接触したため、下垂したマフラーがつっかえ棒のようになり、車体が前につんのめるように後輪が宙に浮き上がってしまい、マフラーがリアバンパーを押し上げ、リアバンパーも破損した。
車検を受けて 9か月でマフラーが破断し垂れ下がり走行不能に陥った。破断が高速走行中だったら車体がひっくり返っていた可能性もある。踏切を横断中だったら電車に突っ込まれていたかもしれない。
溶接部でマフラーが破断する事態も生産技術上ゆゆしき問題だが、それ以上に破断したマフラーが垂れ下がり、地面に引っかかるような造形は設計上あってはならないと考える。今回のマフラー破断下垂事故は、走行速度や発生場所によっては死亡事故につながる重大インシデントである。

2018/04/27 日産から下記の回答文書を受けた。

お写真を拝見する限り、マフラーは瞬断されたものではなく、法定点検や車検を適切に受けていただいていれば、予測できた範囲である、というのが日産自動車としての見解でございます。そのため、現時点でご申告の現象に対するマフラーへの対策予定はございません。

文書を受け取るまでに日数を要したこと、富山日産から口頭でこの概要を伝達されていたこともあり、下記で部品持込み修理をした。
オートバックス婦中工場
整備:純正品を除去し代替品を取付
名称:HKS Hi-Power409
型番:31006-AN012
尚、破断した純正マフラーは証拠提出用に保管してある。

当初、富山日産に対し純正品に交換する旨を伝えたが、交換部品も鋳鉄製で破断・下垂対策もされていないと知り、ステンレス製の代替品を選択した。

事故発生の 9か月前に富山運輸支局へ持ち込み、国の検査員による下廻り検査も受けた上で車検標章の発行を受けた。
2017/06/08 ユーザー車検 112,700km
次の法定点検は 3か月先だった。日産の見解では「法定点検や車検を適切に受けていれば予測できた」とのことだが、今回の事故は車検と法定点検の間に発生している。日産は国の検査員による車検を適切ではないと考えているのか。もし日産がディーラーによる車検だけを適切だと考えているのなら見当違いであり、国の検査員が適合すると判断した車に対する回答としても不適切である。国の検査員による車検から次の法定点検まで 3か月を残してこの事故は発生したのだ。現物を見ず写真のみで「予測できた」とは現実を看過してはいないか。現にマフラーが破断し垂れ下がったことにより事故が発生したのだ。国の検査員が「予測できた」不具合を見落としたとでも言うのか。あるいは国が認めているユーザー車検の受検者に対し「予測できた」症状を国の検査員が見逃したとでも言いたいのか。それは国の検査員に「未必の故意」があったと嫌疑をかけるのと同義であり失礼である。日産の見解からは国の検査員に対する敬意が感じられない。
最も懸念していることは同様の事故で死亡者が出ることである。マフラー溶接部の破断、垂れ下がりは大変危険である。破断しないよう配管を吊り下げ部に差込溶接するか、マフラー自体を吊るためのフックを一つでも増設するなどして破断しても垂れ下がらないよう対策するべきである。このことを日産に伝えたが上記のような回答しか得られず今後、死亡者が出てしまった場合、生涯悔やまれることを考え、こちらに報告することにした。
一部には格安車検業者を利用し、高速走行している自動車ユーザーもいる時代である。また、日産が考えているであろう「適切」なディーラー車検であっても、人間であるディーラー整備士全員が判断ミスをしないという保証はない。だからこそ破断してもマフラーが垂れ下がらないよう対策を講じるべきなのである。
私はこの報告でユーザーとしての責務を果たしたと考える。もし、この報告が見過ごされ、同様の事故で死亡者や負傷者が出た場合にはマスコミ各社に今回の報告のコピーを送ることになるだろう。そのときのために今回の報告に対する最終判断・決裁者の記録を残しておいていただきたい。
日産の回答は現実と乖離しており、国の検査員及びユーザーを愚弄した不誠実な対応であると考える。また事態を「予測」できなかった国の検査員による車検の受検者は事故に遭うのも致し方なしという態度は傲慢そのものである。日産の完成検査不正問題に見られた企業体質、日産の自社技術に対する過信を正すことが私にはできなかった。今後、同様の事故で未来を奪われかねない自動車ユーザーを救ってほしい。
Posted at 2018/04/28 23:55:01 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2018年03月31日 イイね!

GOODYEAR さん ごめんなさい


サマータイヤに交換して二週間経過した。その感想。

クルマ : R34 スカイライン GT-X
タイヤ : ミシュラン XI3 ⇒ GOODYEAR 『GT065』

前々回、この 『GT065』 について誤った記述をしてしまった。
訂正し、お詫びする。グッドイヤーさん、ごめんなさい。

GOODYEAR 『GT065』 は素晴らしいタイヤだった。
転がりも良く、乗り心地も良い、実用的で優れたタイヤだ。

なぜ僕が誤った判断をしてしまったか。その原因について。
タイヤ配置を前後入替で装着した為だった。
タイヤ&ホイールのセットを落札後、届いたタイヤトレッド面の山際がしっかり角張っているのを見て、そのあまりのバリ山ぶりに、これなら敢えて…とクルマに履かせてみたのだ。これが間違いの元だった。前オーナーと前後反対に履かせた僕の過ちをタイヤのせいにしてしまった。重ねてお詫びする。グッドイヤーさん、ごめんなさい。
そして今回、前回配置の前後を入れ替えて装着したところ、劇的に良くなったのだ。目を見張るとはこのことだと思った。まったく印象が異なる。あれほど転がらないと思い込んでいたタイヤが実に転がる転がる。履いて走り始めからきれいに走るようになった。
グッドイヤーさん本当にごめんなさい。
ベーシックタイヤでも僕にとっての価値は上級タイヤであった。反省。
Posted at 2018/03/31 10:59:59 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年12月31日 イイね!

ミシュラン スタッドレスタイヤ 2シーズン目の印象


昨シーズン、ミシュランの新品スタッドレスタイヤ XI3 を純正ホイールに組んで R34 スカイラン GT-X に装着したばかりの頃、そのしなやかさに驚いた。乗り心地が良くなり、あまりにもきれいに走るその激変ぶりに感動すら覚えた。第一シーズンは大満足で終えた。

2シーズン目、ミシュランのスタッドレスタイヤは別の面を見せてきた。しなやかさは減少し、しっかり感が増加した。一年も経たないうちにこれほど印象が変わるものなのか。しっかり感が増した分、乗り心地は少し悪くなった。これがミシュランがベストだと考えるタイヤの性質なのか。高速道路を使っての長距離移動時にも安心して走ることができる「しっかりとした足」こそがミシュランの狙いなのか。

僕はミシュラン XI3 の1シーズン目の驚きのしなやかさが好きだった。しかし、2シーズン目の結論を出すにはまだ早い。タイヤが一年も経たずにこれほど印象が変わるのなら、今シーズン終わりまでにまた変化が見られるかもしれない。また書きたい。
Posted at 2017/12/31 22:55:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年11月30日 イイね!

GOODYEAR 『 GT065 』 ならばどうか

GOODYEAR 『 GT065 』 ならばどうかあらたにタイヤ&ホイールを買ってしまった(苦笑)


  グッドイヤー  GT065  195/65R15  2014年製

             &

  日産純正  15 × 6 インチ  オフ(イン)セット 40


先月までの結果を受けて、低燃費性能を追求していないタイヤを探していた。

オフセットが同じ日産純正ホイールに組まれたタイヤで、製造年週が新しいバリ山タイヤをネットで探し続けていた。そこで見つけ気になったのが、グッドイヤー GT065 だった。一体どのようなタイヤなのか、カタログに記載がないのでメーカーに問い合わせてみた。

-------------------------------------------------------------
お問合せの件、GT065の発売は2000年の後期からの発売で、
現在も一部サイズを限定にて製造しております。
また、トヨタ自動車様のノア・ボクシー新車装着用として、
新車納入は行っておりませんが、現在も製造しております。
特徴といたしましては、特記すべきことは無く、
ベーシックなタイヤです。
新車装着用の場合は、ノア・ボクシー用としての開発となります。
--------------------------------------------------------------

メーカーの回答がどなたかの参考になることを願い、全文をそのまま載せておく。

特記すべきことがない、つまり特長がないベーシックタイヤのようである。特長がないのが特徴、まさにそのようなタイヤにこそ低燃費タイヤにはない昔ながらの乗り心地の良さがあるのではないか、と考えた。2000年の発売なら、設計は 90年代後半と時代も燃費至上主義の現代よりは僕が期待する設計がなされていた時期かもしれない。

期待に胸を膨らませ、タイヤ&ホイールを交換した。「乗り心地は良くなるのか…」














GT065 の第一印象

乗り心地の改善はほとんどなし。タイヤを履き比べないと感じられない差でしかない。
そして大きなマイナス面が目立った。転がりの悪さである。まだタイヤが車に馴染んでいないことを差し引いても、あまりにも転がらないのだ。アクセルから足を離すとクルマがすぐに減速してしまう。ブリヂストンのエコピアであれば、アクセル一踏みでどこまででも転がるかのようにきれいに走った。履き始めの ECOPIA と比べても雲泥の差である。同じ車が重く感じるのだ。

「これが安タイヤか」

言葉は悪いが、ついそのように呟(つぶや)いた。
極めて転がりの悪いタイヤを履かせるとクルマは極めてつまらなくなる。乗り心地が悪くても低燃費タイヤの方がずっと気持ちよく走れた。交換前のタイヤ、ブリヂストンのエコピアにすぐにでも再交換したい衝動に駆られた。ECOPIA の良さを改めて知った。転がりが良いという特長に一点集中したかのようなコンセプトは実に潔く、明確な特徴となっていて実に面白かったのだと認識させられた。

上記はあくまでも第一印象ではあるが、グッドイヤーの GT065 を履いて、ブリヂストンの ECOPIA が圧倒的に良いタイヤであると感じた。来シーズン、GT065 を再装着して印象がどのように変わるのか、また走り込みたい。
GT065 は一週間と履かずに、スタッドレスタイヤに交換した。これからはミシュラン XI3 で走る。
ミシュランのスタッドレス、2nd シーズンはどのような印象か、また書きたい。
Posted at 2017/11/30 15:01:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「日産スカイライン GT-R の純正マフラーが走行中に溶接部で破断し、垂れ下がったマフラーが地面に接触し、後輪が宙に浮き上がり走行不能に陥った件 http://cvw.jp/b/2494331/41452978/
何シテル?   05/07 20:55
隊列の最後尾に控えるという意味です。クルマとタイヤの相性を追求しています。ご迷惑をおかけしないよう走ります。どうぞよろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

ファン

24 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ NSX ホンダ NSX
秘蔵の NSX 一号機
マツダ RX-7 マツダ RX-7
父から譲り受けた RX-7
日産 スカイライン 日産 スカイライン
父から譲り受けた R34 スカイライン GT-X
ホンダ NSX ホンダ NSX
二号機は新たなオーナーの元へ

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.