• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

桃奈々のブログ一覧

2019年01月17日 イイね!

黒滝山九十九谷右岸尾根

黒滝山九十九谷右岸尾根古賀志山ハイキングに三回続けて行ったので、今日は西上州方面に~😊
何処に行こうか・・

南牧村トレッキングガイドに掲載されている
黒滝山

九十九谷という小規模ですが急峻な岩壁地帯が有る山です。
以前に九十九谷コース(左岸尾根)から登ったのですが、ガイドに載っている九十九谷の写真と同じ風景が見られなかった・・・
九十九谷の右岸の尾根から登ると良く見えるかも😊

と、いう事で~😊
黒滝山登山口出発は9時30分
古賀志山より遠いので・・・実は寝坊が原因(@_@。

右岸尾根の末端は車道なのですが、えらく急斜面です。
民家の方から取り付けば楽そうですが、人の家の敷地内なので・・・
登山道を少し登ってみると、直ぐ標識の所から尾根の方に回り込む踏み跡が有りました。

民家に行く道らしく、尾根の所で柵が有りました。
そこから尾根筋を直上しますが、とても急な枯れた笹のザレ斜面で登りにくいです(@_@。

10分も頑張れば、斜度は落ちてきて~
九十九谷左岸尾根側壁も見えて来ました。

20分程の登りで最初の岩場が見えて来ました。

一段目を左から回り込んで登ると、岩場は傾斜の落ちたスラブです。
右の九十九谷側はスラブ、反対側は垂壁になっています。


傾斜の弱いスラブをペタペタ登りバンドに立つと傾斜が増します。
左岸尾根の側壁がよりよく見えます。

直上も出来そうですが、弱点探しがお楽しみ😊
垂壁の上のバンドを左に下降気味にトラバースして行くと岩場の弱点が有り容易に上に出られました。

岩場の上に立ち九十九谷側の覗くと傾斜の強いスラブが落ち込んでいます。


尾根筋にはお饅頭の様な岩が二つ・・

下山時にこの岩が確認でき、目印となりました。

九十九谷の中尾根が見下ろせてきました。

ここを登れないかとも思っていましたが、最近記録が見つかり・・
中尾根末端壁の突破は、V級、支点無し30m、脆い・・・という相当困難なルートだと分かり、単独でひょろひょろ行くところではない(@_@。

二番目の岩場です。

傾斜は弱く容易でした。

飛び出した稜線は見晴台のピークの直ぐ北側でした。
見晴台到着は10時40分。1時間10分の登りでした。
見晴台の岩峰には石祠が有ります。


見晴台のピーク南側です。


通常、見晴台の岩峰は東側を巻くのですが、西側にも踏み跡が有ったので行ってみました。
鎖やロープは有りませんが、簡単に降りられる岩場でした。


左岸尾根の分岐ピークも九十九谷側に巻く道が有ったので、行ってみましたが何も無く・・
登り返して幕岩方面に行ってみました。
幕岩の中央のピーク観音岩には~
観音様!(^^)!


鹿岳、妙義山方面の展望です!(^^)!


石祠と石仏


観音岩北側の窪みには石仏が沢山安置されています。


その先にも!(^^)!


かなりの数が有ります。


東西に長く伸びる幕岩、西のピークにも行ってみました。
振り返ると、観音岩の岩峰が(*^-^*)


幕岩は岩稜です。
顕著なピークは有りません。


幕岩を降りるルートが無いかと、富士浅間山への尾根の辺りまで行ってみました。
↓ここから降りられそうな感じですが、一段下の緩斜面帯の下が見えません。

緩斜面帯は木の高さ以上あるので下部岩壁は20m以上有りそう。
30mザイル一本しか持って来ていないので・・・
次回、下から登れないか見に来ましょう。

観音岩まで引き返し、西のピークにも行ってみました。
ピークまで薄い踏み跡が有りました。
此方のピークには石祠が有りました。


その先は岩壁で降りられません。

西のピークの岩壁を北側から巻いて行く踏み跡が・・有る様な無い様な( ゚Д゚)
引き返して九十九谷左岸尾根の登山道を下る事にしました。
左岸尾根は九十九谷の眺めが良いです。


九十九谷中間尾根末端スラブと、右股の側壁が深く食い込み悪そうです。
落石の音もゴロゴロと聞こえます。


上部は、藪岩尾根という感じです。


登山道はスラブのリッジです。


左岸尾根の側壁にも少し日が当たってきました。

登った右岸尾根が木の合間から見えました。
顕著だったお饅頭の様な岩二つが確認できました。


駐車場到着は1時丁度、3時間半の楽しいハイキングでした~😊


南牧村トレッキングガイドの写真と・・
↓ほぼ同じかな???
Posted at 2019/01/18 20:50:24 | コメント(1) | トラックバック(0) | 山 & スキー | 日記
2019年01月13日 イイね!

アスレチック ハイキング part3

アスレチック ハイキング part3関東は良い天気~
という予報だったので、またまた低山ハイク😊
またまた古賀志山でアスレチック ハイキングです!(^^)!
三回連続・・・(@_@。

でも、今日は二人です(*'▽')
なので、古賀志山の定番コース・・
と思われるルートにしました。
南市営駐車場から滝神社、岩下道を西に大日窟から赤岩山に登り、古賀志山まで縦走して、東南稜を下山し、岩下道を戻る予定です(*^-^*)

連休中日だったので、道は空いていて8時半過ぎには古賀志山南市営駐車場を出発出来ました。
しかし・・
朝の内は曇り空(@_@。
寒いです~
着込んで出発(*^-^*)


今日は、お祭りとの事で、滝神社で支度が始まっていました。


岩下道を西に辿ると、洞窟の中に社らしき物・・
弁天三社でした。


前回は、見過ごしてしまった所です。
由来は、享保10年(1725)との事。


更に岩下道を進むと、荒沢滝(*^-^*)


荒沢滝からほんの少しで、常火屋跡です。


水晶玉~😊
ガラス玉か・・・?(@_@?


常火屋跡の少し上に大日窟!(^^)!

梯子が掛かっているので、安全に越えられます。


沢山分岐する道を適当に登って行ったら、なにやら人工構築物・・・

パラグライダーのテイクオフポイントでした。
9時40分到着、駐車場から約一時間です。

昔、よく飛びに来ていた時と場所が違います。
少し下に移動したのかな・・・
昔は、稜線直下でランチャ台になっていたのですが。
此方の方がランチャ台より怖くないし、尾根越しのフォローが防げるので良さそうです。
この時間で弱アゲンストでしたが、稜線の吹き流しはフォローでした。

モノラックは稜線直下のランチャ台が廃止された様で、ここから先は使用された形跡が有りません。
赤岩山に直上する道は不明瞭でモノラック沿いに強引に登りました。
一部藪が有りザレていて登りにくい~


ランチャ台の残存物の間から稜線に出ると、丁度赤岩山のすぐ横でした。


赤岩山からの稜線は岩稜ですが、要所に鎖が付いていて安全に縦走出ます。


岩稜のすぐ下に巻き道が有ったりします。


二尊岩です。

巻き道も有りますが、岩場をトラバースしても行けます!(^^)!



アスレチックな岩稜の上り下りを楽しんで~😊


一昨日も来た・・・(@_@。
中岩😊


中岩からも痩せ尾根です。


鎖が付いているので安全です。


11時前には御嶽山到着です😊

ハイカーで賑わっています(*^-^*)



東稜の見晴で~
今日もチョリソでビール!(^^)!


一杯やって、気を大きくして~
東南稜の下りです😊


下ります😊


下ります😊


東南稜の鎖場が終わった・・と、思われる場所に26番の札

道が尾根を横切っていたので、これが岩下道と見て南西方向へ~😊
分岐がいくつかありましたが、適当に進むと一昨日見た猪落のフェース下の伐採地に出ました。


見覚えのある対面岩下の洞窟。


一昨日見逃した聖観音発見!(^^)!


1時には、駐車場に戻れました!(^^)!
今年になって連続3回の古賀志山アスレチックハイキングの辿ったルートです。

この程度は一日でこなす地元の兵ハイカーも居るそうですが、のんびり探索して行きましょう😊

Posted at 2019/01/14 17:00:17 | コメント(1) | トラックバック(0) | 山 & スキー | 日記
2019年01月11日 イイね!

アスレチック ハイキング part2

アスレチック ハイキング part2春の様な穏やかな天気~😊
という予報が出たので、今日も低山ハイクです!(^^)!

先日行った古賀志山
アスレチックルートが沢山有りので、連続ですが再訪です(*'▽')
標高が低くて風も弱く、標高差も少ないので、日が短い日に半日ハイクするにはお気楽です。

先日行って様子/地形が有る程度把握出来たので、ルート図も少し理解しやすくなりました。
今回は、東西に伸びる主稜線と南面を探ってみることに!(^^)!

ネットで拾った情報から、南面に突き出した支稜を末端から登るルートの内、
背中当山に登るのが面白そうです。
鎖や虎ロープの他に、ワイヤー梯子が掛かっているらしいです。
また、南面には中当山、雨乞岩、対面岩、猪落、大神など、沢山のピークや岩場が有るので、回ってみようかと思います。

スタート地点は、古賀志山南登山道駐車場です。
トイレも有る広い駐車場です。

8時半過ぎに到着した時は、誰も居ませんでしたが、9時には次々に車が来て登り出すハイカーが~( ゚Д゚)
私も9時15分にはスタートしました。

林道を進むと~
古賀志山神社、御嶽山神社、湯殿山神社の三社が並んでいます。

ここにも駐車スペースは有りますが、私有地なので遠慮した方が良さそう・・

林業用ブル道を進むと滝神社周辺の岩場が見えて来ます。


オーバーハングした滝からは、水は流れていませんでした。
滝下に有る滝神社です!(^^)!

左側の水場には、岩間からコンコンと水がわき出しています(*'▽')


周辺の岩場はクライミングゲレンデなので、ボルトや確保支点が沢山見えます。

アプローチが短く日当たりも良いし、広場や水場もあるので、休日はさぞ賑わう事なのでしょう。

石祠が有ります。

あまり気にしなかったので一つしか確認出来ませんでしたが、後で良く案内図を見たら弁天三社・・・
あと二つ何処かに有ったのか( ゚Д゚)

岩下道という立派な登山道が有りますが、登り口を見過ごさないように岩の基部を歩きました。
尾根を回り込むと、真新しい虎ロープが設置された背中当山の登り口に到着です。
駐車場から25分位です。


虎ロープ沿いにバンドを右上し少し直上すると、樹林の上に出て明るくなり展望が開けて来ます(*'▽')


土の所は踏み跡がしっかりしていて、岩場には残置ボルトが沢山有ります。

しかし、登り口のバンドから先には虎ロープは有りません。
ワイヤー梯子も出て来ません・・???

更に登り、一枚岩に突き当たると・・


右に虎ロープを発見しました。

しかし、どう見ても左の上昇バンドから越えた方が楽そうなので、左から巻き登る事に・・

段々、傾斜が落ちてきて・・


藪尾根に・・


背中当山に付いちゃった~( ゚Д゚)

ワイヤー梯子なんて無いジャン!
楽しみにしていたのに~(@_@。
9時50分到着です。

背中当山からは、稜線の岩場方面も良く見えました。


主稜との鞍部には明瞭な道が横断していました。


主稜線の中岩はピーク付近に露岩が見えます。


更に登ると東側の展望・・
大神のピークかな・・
そして、低く見える岩稜は雨乞岩か???
後で確かめてみましょう😊


中岩直下の露岩は、傾斜弱くスタンス&ホールド豊富な硬い岩です。


西側に巻き道も有りましたが、直上しました。

ここも、虎ロープなどは有りません。

頂上直下かと思ったら、更に藪岩稜が続きました。


中岩到着~
10時5分なので、駐車場から1時間掛からない~(@_@。


主稜線を御嶽山方面に向かうと、岩稜、露岩が有りますが、ステンレスのシッカリした鎖が設置されています。


御嶽山手前の展望が良い岩には、ボルトが幾つも打ってあったので、クライミングの終了点かな・・??


御嶽山到着10時半(*^-^*)


御嶽山から北方の展望です。


古賀志山北面にも藪岩稜が幾つも有ります。
ルート案内と見比べてみました。


これは、コマラ尾根かな。

チョリソと一杯やって下山です。


御嶽神社は・・無い(@_@。


猪落としに行こうかと思って・・・
いつの間にか、隣の古賀志大神に・・


猪落しの岩稜が見えています。


面倒なのでそのまま下りました。
尾根を真っすぐ降りるルートは入口不明でした。
左の谷にトラバース気味に下ると、対面岩に到着です。

横顔に見える岩が岩壁の方を向いているから・・対面岩!(^^)!

この辺の地形が案内図から読み取れなかったのですが、猪落しの岩壁末端に対面岩が有りました。
猪落しのフェースはざっと50m位。
残置ボルトやハーケンが多数あり、ルートが幾つも有るようです。


対面岩下の基部には洞窟が有ります。


対面岩を伐採地となっている岩下道まで降り、右東に回り込んで猪落としに登り返しました。
回り込んだ所から今度は左上する所は、鎖が取り付けられています。


猪落のフェース上には、懸垂用の残地が有りました。


展望の良い傾斜の落ちた岩稜を辿ると~

猪落の山名板が有りました。

一度主稜線まで登り返し、滝コースを下りアルマヤ堂跡に~😊


石仏や石祠が有ります。


アルマヤ堂から雨乞岩、中当山に回ってみようと思っていたのですが・・
いつの間にか滝コースに戻ってしまった( ゚Д゚)
面倒くさくなって、そのまま下山することに・・・

不動滝には、クライマーが沢山来ていました。

12時過ぎには駐車場に戻れました!(^^)!

案内図だとこんな感じ~😊


今日も、お気楽アスレチックハイキングが楽しめました。
まだまだ、沢山ルートが有るので、また遊びに来ましょう!(^^)!

Posted at 2019/01/12 20:02:10 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2019年01月08日 イイね!

アスレチック ハイキング~😊

アスレチック ハイキング~😊昨日、ハイキングの予定だったのですが、却下されて七福神ダブルヘッターとなってしまったので‥
今日は一人でハイキング~😊
雪の無い、低山ハイクを楽しむ事にしました!(^^)!
冬の関東は、天気は良いが風は強いので、超低山に~
何処に行こうか・・・????

宇都宮郊外の古賀志山が~
鎖場多くアスレチック ハイキングルートが沢山有る~

古賀志山は、1990年代前半、冬は毎週の様に通っていた所ですが、
目的はパラグライダーだったので、上空からしか見たことないのです( ゚Д゚)



楽しそうなルートをネットで探ってみましたが・・
ルート多過ぎ( ゚Д゚)



どのルートが楽しいのか・・??
何処をどう廻ったら面白いのか・・・????
何処が起点になるのか・・???

ネットの記録も多過ぎて、良く分からん( ゚Д゚)
でしたが、中尾根東稜というのが面白そうなので、森林公園駐車場を起点に、中尾根を登って東稜を下る事にしました!(^^)!

と、いう事で、森林公園駐車場を9時頃出発です😊
広い駐車場には既に数パーティーのハイカーが居ました。
綺麗なトイレも有ります。

赤川ダム沿いの舗装路を進み、芝山林道方面に進み、赤川橋に到着。
この辺りにも数台の駐車スペースが有りました。
東稜の末端はここなのですが、道標などは有りません。

右の新しそうな林道に入ります。

中尾根と思われる藪岩尾根が正面に見えます。


直ぐに、細野ダムといわれる堰堤の所で林道は「北コース」と呼ばれる谷沿い方面に・・
この辺りが中尾根末端なのですが、末端付近も三通りのルートが有る様です。
末端壁の下に沿って明瞭な道が有ったので、そちらに入ってみました。


末端壁に虎ロープが下がっていました。
登り口は、ここかな・・??

登ってみました!(^^)!
出だしは傾斜が有り、虎ロープを使わずⅢ~Ⅲ+位です。
ロープを掴めば容易です。

直ぐに傾斜は落ちて木の根の多い藪岩となります。

程なく、二つ目の岩場です。

虎ロープが見えましたが、傾斜が弱いので左上して行くと・・・
右手に上の虎ロープが見えたので、スラブを右にトラバース。
後で調べたらそのまま左上しても良かった様です( ゚Д゚)

虎ロープは左への外傾バンド沿いについています。

バンドは容易ですが、バンドから一段上がる所の一歩は、傾斜が強くスタンスも細かいです。
鎖と虎ロープを掴めば容易ですが、無ければこの一歩はⅢ+~Ⅳ-位かと思います。


もう一つ岩場が有り、虎ロープが下がっていますが傾斜が弱く容易です。


ここを過ぎると平凡な尾根・・
別ルートから登ってきた人が居てビックリ( ゚Д゚)

軍艦岩といわれる顕著な岩です。
名称は後で調べて分かった事です(+_+)



自撮り記念撮影!(^^)!


中尾根は末端の岩場を終えれば困難なギャップも無く、顕著な道が続く平凡な尾根歩きに終始します。
岩場は有っても↓この程度で虎ロープも有ります。


主稜線に到着です!(^^)!


北コースの分岐、富士見峠到着10時半頃です。


古賀志山山頂到着です。


チョリソーで一杯(*'▽')


少し戻って東稜に向かう東稜見晴という展望の良い所に~😊


ここから急角度に降りていく岩場が始まります(*'▽')


鎖が付いているので、容易です。


下りにしては、傾斜が有る方です。


スタンスは大きく、高さもそれ程無いので、しっかり見て足を乗せて行けば、鎖は不要な程度です。


岩場が終わると東稜と北東稜の分岐・・
今回は、東稜の方に岩場の基部を回り込んでいきました。
東稜に入ると平凡な登山道です。

明瞭な北コースへ道の分岐には道標もありました。


そのまま稜線を辿ると中尾根が見渡せる岩がありました。


後で調べたら、反省岩というそうです( ゚Д゚)


12時半には、駐車場に戻って来られました。


今回のルートは、しっかりした道が有り、岩場には鎖や虎ロープが設置されていて、安心してアスレチックが楽しめました。

古賀志山は岩質が良く硬くてシッカリしています。
岩登りの練習場、フリークライミングのゲレンデも有る程、良い岩質です。
うっかり登ったらロープ無しで降りるのが困難な針峰や、脆くて進退不能となる事は少ない様です。
他にも沢山ルートが有り、名の有る岩や、洞窟、滝、神社等も有る様だし、ママでも行けそうなので、ちょっと通って解明していきたいと思いました。
Posted at 2019/01/09 22:05:55 | コメント(1) | トラックバック(0) | 山 & スキー | 日記
2019年01月07日 イイね!

なんと! 今日も七福神(@_@。

なんと! 今日も七福神(@_@。今日も・・・
なんと・・・・
七福神巡りです~(@_@。

ハイキングに誘ったのですが、寒いから・・・
嫌~( ゚Д゚)

仕方がないので、近所の板橋七福神です😊
タンデム自転車で出発~😊

最初は、西光院


大黒天


次は、西光寺・・
同じような名前ですが、違います( ゚Д゚)

布袋尊

ここには代掻き地蔵という・・・
昔話で有名だというのですが、私は知りませんでした( ゚Д゚)


次は、能満寺
ここだけ、練馬区です。

寿老人


次は、環七を渡って~
安養院

弁財天


このお寺は立派です。


本堂内部は金ピカ( ゚Д゚)



松!


なんと!
四国八十八か所を一気に回れる夢の施設が~(@_@。


スタート地点の直ぐ先に有るゴール地点には弘法大師😊


フェイク八十八ヵ所は平成に制作されたようです。

相当有力な檀家が居そうなお寺でした( ゚Д゚)

次は、長命寺


福禄寿

杖だけ新しいのは新調したのかな~😊

次は観明寺


恵比寿天


板橋仲宿商店街で、白神こだま酵母を使ったパン屋さんがあったので~


ちょっと寄り道!(^^)!


ラストは文殊院


毘沙門天は何故か閻魔堂に・・


閻魔堂はおどろおどろしいです・・( ゚Д゚)


七福神コンプリートの記念に、お経をあげて頂きました~😊


お隣に有る「うどん処ごえん」さんでお食事~😊





板橋七福神コンプリート!(^^)!

Posted at 2019/01/07 21:31:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | 自転車 | 日記

プロフィール

「[整備] #N-ONE エンジンオイル/フィルター交換 https://minkara.carview.co.jp/userid/256635/car/1993115/5136326/note.aspx
何シテル?   01/18 15:26
今はほどほどに出来るようになりましたが、はまるととことんやるほうです。 過去にはまったのは、山登り、ロッククライミング、アイスクライミング、パラグライダー山岳...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/1 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

愛車一覧

フレイザー MK-2  3S フレイザー MK-2 3S
フレイザーMK2 3Sです。 ニュージーランド製の奈々一族です。 エンジンはトヨタの3S ...
マツダ アテンザワゴン マツダ アテンザワゴン
高速道路長距離移動メインの足なので、ディーゼルにしました。 赤は高かったので嫌だったので ...
バーキン その他 バーキン その他
中学からの友人の車です。 私一人ではつまらないので無理やり買わせました。 無理やり買わせ ...
いすゞ ファーゴワゴン いすゞ ファーゴワゴン
山に、パラグライダーに、スキーにと、多くの荷物を運んでくれました。 関越赤城の上り坂で8 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.