• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

桃奈々のブログ一覧

2019年02月18日 イイね!

奈々ちゃん新曲発表~😊

奈々ちゃん新曲発表~😊

トップニュースにも(*'▽')
Posted at 2019/02/18 08:17:37 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2019年02月10日 イイね!

羊と鯛~😊

羊と鯛~😊昨日の雪で、今日は出撃せず・・・

しかし、天気が良いので~
タンデム自転車で近所をお散歩しました!(^^)!

四谷まで走って~
お昼はひつじやです。





昼間から、ワインボトルで~😊

ハンガリー、トルコ、ルーマニア、ブルガリア、レバノン、モルドバ、アゼルバイジャン、チュニジア、クロアチア、ジョージア・・・と、余り馴染みの無い国のワインが取り揃えてあります。

そして、安いのよね~(*'▽')

南アフリカのワインをボトルで注文しました~😊
ひつじのたたきで一杯(*'▽')

これはランチセットで~
ひつじの・・?????
なんだか忘れた・・・
中東料理・・・(*'▽')

柔らかく煮込んで有ります。
味付けは薄味で、余りスパイシーでは無いです。

これも、ひつじのシシカバブと・・・???
なんとかの餃子・・・???
中東料理・・・(*'▽')

シシカバブの見た目は・・・羊の・・・(@_@。

中東餃子??の中身は~

これは、旨いです~😊

ひつじの脳みそ(*_*)

白子の締まったような感じです。
高温のオリーブオイルでガーリックと一緒に素揚げにした様な感じです(*'▽')
中々行けます😊

ナンも付いてきましたが、インド料理屋のとはちょっと違う感じです。

でも、釜は同じ様で、焼いているのもインド系の人みたい!(^^)!
ワイン一本呑んで、しこたま喰って、一人\3,000以下でした~(*'▽')

食後の甘味は~
お隣の鳴門海峡天然の~

鯛・・
鯛・・・・
鯛・・・・

焼です~😊


ここの鯛焼きは、パリッとした薄皮に程よい甘さのつぶあんが絶妙~😊

その場で食べないと駄目です!

帰りは、新宿をまわり~
閉店とてしまう秀山荘
馴染みの店員さんに挨拶を・・・・するだけのつもりが、
靴やら、ザックやら、御上にいろいろ買わされちゃった(*_*)
Posted at 2019/02/11 10:48:50 | コメント(3) | トラックバック(0) | 旨い! | 日記
2019年02月08日 イイね!

デザインガラス交換完了~😊

デザインガラス交換完了~😊カチ割られたエントランスホールのガラス・・( ゚Д゚)


自分でデザインした柄なので特注・・・
更に事件は年末の上に・・・
保険会社ともめた挙句に適用外(@_@。

なので、納期が~


やっとこ出来上がって、嵌めてもらいました😊


三人がかりです(@_@。


保険適用外が辛い・・(*_*)
Posted at 2019/02/09 16:09:36 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記 | 日記
2019年02月07日 イイね!

アスレチック ハイキング part7

アスレチック ハイキング part7今日は、移動性高気圧真っ只中で、小春日和の予報~😊
そして、土曜日にはこの冬一番の冷え込みと南岸低気圧で太平洋側も雪予報・・(@_@。

行くしかない!
と、いう事で今日も~
安近短の古賀志山に一人で出かけました~😊

古賀志山には、今年に入って既に6日間も通い詰めたので・・・
大体おいしいコースは行ったかな~
何処に行こうか・・???

南面の弁天三社から中当山に登る事だけ決めて、後は成り行きという事で出発です😊

南登山口駐車場から入り、雄滝の有る滝不動を経て、岩下道を辿ると~
岩壁の下に弁天三社が見えて来ます(*'▽')

1月13日にママと行ったpart3で弁天三社は確認済みです。
弁天三社の右側から奥に登っていく明瞭な道を進むと~

正面岩壁ですが・・


ハングした悪い岩壁・・( ゚Д゚)


岩壁基部にはにわの様な石像が~😊


女滝という石柱が有りました。
雄滝が有るのだから雌滝でも良さそうですが・・


ここまでは、明瞭な踏み跡・・
というより道が有りましたが、その先は全く踏み跡らしきものは有りません。
ハングした悪い岩壁に包まれている感じです。
左手は、唯一行けそうなので岩壁に沿って登っていきました。
岩壁基部には水が湧き出している所も有ります。


岩壁に沿って左上していくと、弁天三社の有る洞窟上の岩壁の上~!
落ち葉バンドに古いフィックスロープが有りました。

フィックスロープは9mmザイルではあるものの、空中を飛んでいる上に、カサカサで非常に古いもので、無いのと同じです(@_@。

固定してある木が成長して同化しています。

落ち葉バンドはフカフカで、上の岩は若干被っています。
難しくは有りませんが、明るく爽快な硬い岩場と違い悪く感じます。
確保しても下はオーバーハングで30m位は有りそうだし、慣れない人にはプレッシャーが大きいかも(@_@。

バンドを渡り終えてから踏み跡不明瞭です。
窪状の所を登ると倒木が煩くなってきました。


コース図だともっと右の筈なので、窪から右にトラバースしていきました。
藪が煩いので、上方の傾斜が弱い岩場を直上~😊


岩場が終わると、再び踏み跡の無い藪の煩い尾根です。
藪をかき分け登り付いたところは、コース図とは違い中当山では無く、背中当山と中岩との稜線の模様・・
part2で背中当山には南から登り、中岩に抜けているので間違いないとは思うのですが、確認の為に、背中当山を往復しました。

南登山口駐車場から一時間を要しました。

中岩との鞍部まで戻り、中当山方面に向かいます。
鞍部からは、明瞭な道が有り植林帯に入っていきます。
植林帯は、若干不明瞭ですが、難なく中当山鞍部を経て、平凡な山頂の中当山到着。


中当山頂は平凡ですが、先に明瞭な踏み跡が有ったので辿ってみると~
少し下った所に岩峰が有りました。

左から回り込むと、岩峰に乗れます(*'▽')
そして、岩稜が続きます。

コース図には有りませんが、踏んだ後は明らかで少し降りてみました。
やはり、踏み跡は明らかなので、置いてきてしまったストックを取りに戻り、岩稜を降りることに(*^-^*)
明るくて岩も硬く楽しい岩稜です。


岩稜を真っす直ぐ降りて直進するとクライミングゲレンデの有る不動岩の上に出てしまいそうですが・・
背中当山との間は植林帯なので、岩稜が終わった所から右手の植林帯に逃げれば良いと思い、岩稜を降りていきました。


岩稜最後の岩場を降りて~


右手の植林帯にも行けそうですが、赤テープの目印と明瞭な踏み跡が左にトラバースして・・
此方を辿る事にしました。


トラバースする踏み跡を辿ると、古いフィックスロープも有りました。
やがて水の無い沢に・・
下はとなっている様です。
良く見ると、滝の下に丸いベンチの様な物が見えます。

滝不動の有る雄滝の上の様です。

もう一つ小尾根を回り込むと、反対側は落ち葉バンドです。
悪くは有りません。


バンドが切れた所から岩場を降ります。
木の根などガバが多く、下るのは容易です。


岩場を降りると滝コースです。
滝コースに出る岩場はこんな感じです。

中当山の南岩稜から滝コースに出るこのコースは、あの詳細なコース図にも載っていないですが、明るく楽しい岩稜と雄滝の落ち口が見られる等、良いコースだと思います。
しかし、滝コースからの入口には目印等無く、知らなければ見つけるのが難しいかも。

写真参考になればと思います。

さて、滝コースのかなり下に出てしまったので・・・
どうしようか????

丁度、滝コースの谷の反対側に踏み跡が見えたので、それを登って観音岩尾根に出られるかな~😊
と、いう事で、観音岩尾根に向かいました。
トラバース気味に尾根に乗り、適当に、岩場を登っていくと~


観音岩基部です😊

真っすぐ登るルートにはボルトが二本見えましたが、ブカブカの渓流シューズ、ノービレイでは怖いので、右から巻きました。

観音岩南東面フェースには5.10クラスのルートが多数有り、ボルトだらけ・・


回り込んで上から降りていき、観音岩頂上です。


突端まで行って覗き込みました。


取って返して古賀志大神に向かうと岩稜です。


ナイフリッジになっていますが、容易です。
巻く踏み跡も有ります。


古いフィックスロープが設置された岩壁に当たります。

途中のハンドの所まで登りましたが・・
それまでの顕著な踏み跡というか道に対して、フィックスロープはカサカサのかなり古い物で不釣り合いな感じ(@_@。
上部の垂壁にボルトラダーが見え、クライミングルートなのか・・??
それとも、バンドを巻ききって左から上がれるのか??

下を見ると、右に巻く顕著が踏み跡が(@_@。
コース図をよくよく見直すと右に巻くのが正解の様に感じ、クライムダウンする事に( ゚Д゚)

岩場の基部を随分長く右へと巻いて行くと、容易に登れそうなポイントが有りました。


結構登った跡が有りました。


岩場を登りきると獅子落が見えます。


古賀志大神から対面岩に向かう道との分岐です。
part2で見逃したところです。


古賀志大神到着11時20分
駐車場から二時間半です。

古賀志大神から尾根通しに下る踏み跡も有ったので、クライムダウンして引き返した岩場は登っても行けたのではないかと思われます。
後日、確かめましょう(*'▽')

今日は、御嶽山で~
おでんです😊


パラグライダーは今一つ強いサーマルが無い様で、リッジで粘ってトップアウト+200m程度をウロチョロしています。


このまま下るのも、時間が早いので~
アルマヤ堂跡から、午前中に寄れなかった雨乞岩中当山乗越から背中当山乗越、大日山大日窟のルートを探ってみることに(*^-^*)

アルマヤ堂跡からのこのルートは、part2の時に入口が分からずに下山してしまった・・・

アルマヤ堂跡から岩壁基部を忠実に辿り、踏み跡は無いかよく見て進みます。

このバンド・・
何となく踏んだ様な~
登ってみました😊

はずれ・・
でした( ゚Д゚)

バンドの先に踏み跡は無く、適当にトラバースして行ったら顕著な踏み跡に当たりました。
踏み跡は尾根に巻き上がります。
尾根は登って行く踏み跡と下っていく踏み跡が・・
尾根を降りていくと標識が有りました。

登っていくと御岳山・中岩と有りますが、このコースも図には存在しない・・( ゚Д゚)

踏み跡を辿り、雨乞岩に出ました。

岩小屋になっていて、雨乞岩というより、雨宿り岩ですね(*'▽')

雨乞岩からほんの少し降りれば、午前中に来た中当山との鞍部。
そして、午前中と逆コースで背中当山との鞍部の登り返し、大日山に向かいます。
背中当山鞍部からの下り口は明瞭ですが、次第に不明瞭になり道を外した様です。

適当に下っていくと、荒沢滝の上らしき地形が下に見えてきたので、またまた適当に落ち葉バンドをトラバース(*'▽')


尾根まで登り返すと、大日山でした。

大日山は、山というより尾根の突端、岩場の上という感じで、見晴らしは良いです。


大日山からは、明瞭な道が有り、part3で訪れた大日窟の少し上に出ました。


大日窟です。


水晶玉?も健在でした。


岩下道を荒沢滝の先の尾根まで辿り、すぐ下にブル道が見えたので、藪を漕いでブル道に出てシートカットして温泉神社の裏に出ることが出来ました(*'▽')



コース図にトレースしました。
青が今回で、赤は前回までです。
点線はコース図に記載が無かった部分です。


古賀志山全体コース図に今まで辿ったコースをトレースしました。


今回は、道を外してしまったり、コース図に無い踏み跡を辿ったりと、楽しいハイキングが出来ました。
古賀志山には、まだまだ面白いコースが有りそうです😊
Posted at 2019/02/09 15:06:23 | コメント(1) | トラックバック(0) | 山 & スキー | 日記
2019年02月03日 イイね!

富士浅間山から幕岩へ~😊 その弐

富士浅間山から幕岩へ~😊 その弐地形図、ネット検索で集めた荒い画像の写真、Google航空写真現地で上から覗いての下調べで、私でもなんとか登れそうと望んだ黒瀧山幕岩に、いよいよ焼山峠から登り出しました~
富士浅間山から焼山峠までは、其の壱をご覧ください😊

焼山峠で、富士浅間山北面の残雪帯でお世話になったチェーンアイゼンを外し~😊

今回初めて使いましたが、4本爪の軽アイゼンより良いです!(^^)!
ちょっと重いのが難点ですが・・

地形図で予想はしていましたが、焼山峠から直ぐに藪岩です。

落ち葉の積もったバンドを右に左にと拾って登れます!(^^)!
踏み跡は皆無です

急傾斜の藪岩を登りきると傾斜が弱くなり、スラブが出て来ます。

九十九谷右岸尾根と同じようなスラブです。
傾斜は弱いので問題ありません。

またまた藪岩が出て来ました。


藪岩基部に何故かハサミが(@_@。


簡単な藪岩を越えると~

幕岩基部に出ました。


アンザイレンして登り始めます。
最初 7~10m位のフェースは大まかなホールドが有り容易です。

意外と岩は硬く、浮石も少なかったです。

フェースから藪の付いたバンドを左上したのち、同じく藪バンドを右上していきました。
ザイルの残りを確かめながら、30m弱の所に有った木でピッチを切りました。
夏のみかんさん・・ビレイしていたので写真無し(@_@。

上から撮影しても、藪ばかりで迫力無し(@_@。


上を撮影しても・・・
よく分からない写真ですね(@_@。


ビレイポイントから少し右にバンドが有り、その上も左にバンドを辿れば、容易に稜線直下に出られそう。
詰め上げる稜線には、上から偵察した時の記憶に残る松の木が見えています。

偵察時に登れると判断した稜線直下のポイント・・
稜線直下のポイントが難しそうなら左の松の木でピッチを切り、再びトップ交代するという事で、夏のみかんさんにトップを交代しました。

トップを交代した夏のみかんさん、稜線直下まで非常に容易との事。
「松の木の先をそのままトラバースしても行けそう」という判断ですが、ザイルが足りない・・
直上も容易そうという判断で、そのまま稜線に上がってしまいました。

↓終了点です。

稜線直下は、5~7m程で、スタンスは大まかですが、頭を抑えられる様に上が被っていてちょっと嫌らしい・・

林道から撮影した写真にルートを引いてみました。

グレーディングは、ラバーソールの渓流靴緩めでのものです。
夏のみかんさんはトレッキングシューズでした。
ザイルは8mm x 30m、残地ハーケン無しですが、灌木でいくらでも支点はとれます。

簡単なルートでしたが、何の資料も無い所だし、手垢のついていない岩の感触も良く、二人とも大満足です!(^^)!


幕岩の岩稜を辿り、観音岩へ~


幕岩の稜線をバックに・・

幕岩北側は穏やかで迫力無いです(@_@。

黒瀧山不動寺、月西岩、鹿岳、遠くに妙義山😊


九十九谷左岸尾根の下山路分岐、石祠のピークで~

チョリソにビールに熱燗です~😊

迫力ある九十九谷を眺めながら、下山しました!(^^)!


ちょっとマニアックな藪岩ハイキング😊
楽しい一日、夏のみかんさん有難うございました(*'▽')







南牧村 黒瀧山 幕岩 焼山峠 富士浅間山 ふじせんげんやま 観音岩
Posted at 2019/02/05 17:24:53 | コメント(1) | トラックバック(0) | 山 & スキー | 日記

プロフィール

「[整備] #N-ONE エアコンフィルターの交換 https://minkara.carview.co.jp/userid/256635/car/1993115/5178284/note.aspx
何シテル?   02/18 14:53
今はほどほどに出来るようになりましたが、はまるととことんやるほうです。 過去にはまったのは、山登り、ロッククライミング、アイスクライミング、パラグライダー山岳...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/2 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

愛車一覧

フレイザー MK-2  3S フレイザー MK-2 3S
フレイザーMK2 3Sです。 ニュージーランド製の奈々一族です。 エンジンはトヨタの3S ...
マツダ アテンザワゴン マツダ アテンザワゴン
高速道路長距離移動メインの足なので、ディーゼルにしました。 赤は高かったので嫌だったので ...
バーキン その他 バーキン その他
中学からの友人の車です。 私一人ではつまらないので無理やり買わせました。 無理やり買わせ ...
いすゞ ファーゴワゴン いすゞ ファーゴワゴン
山に、パラグライダーに、スキーにと、多くの荷物を運んでくれました。 関越赤城の上り坂で8 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.