• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Citroen saxoのブログ一覧

2018年06月14日 イイね!

うまくいかないな~

うまくいかないな~先週の窓開け高速走行で
悪化した天井がさらにひどい事に。



布の裏にある厄介なスポンジが劣化で剥がれ
車内はカオス。
作業性を考え天井をはがさないといけなくなったのですが
リアのハッチからフロントまで一体型になっていて
サンルーフはあるわ、サンバイザーあるわで
こりゃ無理だ・・・となり
苦渋の決断の上、天井をぶった切りました(泣)



こんな感じに。
このでっかいサンルーフを収納するためにここまで
レールが伸びていたとは驚き。



今週末車検で預ける事を忘れてて途中で思い出し
急いで戻しましががこれが完全に失敗しました。

段どりミスったーーーーー

車検から戻ってきたらもう一回綺麗に貼るかな~




終わり。
Posted at 2018/06/14 19:34:55 | コメント(2) | トラックバック(0) | C5 ブレーク | 日記
2018年06月13日 イイね!

フランスファミリーエンジン⁈

フランスファミリーエンジン⁈前から気になってた事です。
2台持ちを夢見てシトロエン・プジョーの排気量の
大きなエンジンを搭載してる車種に興味がありました。

高速ロングツーリングを夢見て(笑)
で、シトロエン・特にプジョーは最上級グレードに
3Lエンジンが搭載されてるんですね。
あれ、これはみんな同じエンジンなのかなぁって疑問が出た訳です。



と、言うことでネットの海をプカプカします(笑)
※ここから書くことは確かな情報ではないので
鵜呑みにしないように。

自分の乗ってるC5ブレークは3Lモデルです。
エンジン型式はXUF。車検証もこの表記ですが
どうもこの「XFU」で調べても情報が少ないので・・・・



他の呼び名がないか調べるとありました。
どうもPSA ES/ESLエンジンと言うらしいです。

搭載車種がプジョー406・407・607、シトロエンC5、C6とあります。
はい、解決~終了!と思いきや気になる文が・・・・

「PSAグループとルノーの共同開発であり、ルノーでは、L7Xと称する。」

ほう・・・・
さらに

「2000年に、性能向上のため、ポルシェが燃焼室形状の再設計、インテークマニホールドの新規作成、カムプロファイルの見直し、VVCの採用を行った。」

え?ポルシェが?となったのでさらに調べてみる事に(笑)



ネットで調べものする時、特に外車の場合英語で検索する方が
圧倒的に情報量が多いです。
英語なんて中学以下レベルしかありませんが
ハイテク機器「スマホ・PC」を駆使して粘ります(笑)

上から順に訳すと

[呼び名 PSA ES Renaurt L]

ルノーの名前があるのでこのエンジンは
ルノーも関わってるって事ですね。

生産されていたのが1997-2010年。

V6、バンク角60°

[Predecessor V6 PRV engine]

前のモデル、前身はPRVと言うエンジンらしいです。

[Successor Prince engine(PSA) Nissan VQ engine(Renault) ]

後継のエンジンです。日産、VQエンジンとあります。



訳してみると、PSAとルノーの共同開発により旧型V6PRVエンジンから置き換えられ
1997年に導入されプジョー406に搭載されました。
PSAではESエンジンと呼ばれルノーではLエンジンと呼ばれています。

だそうです。この3社によって作られた事が確定です。
※FrançaisedeMécanique" フランス・メカニカルがよく分からん(笑)



V8プロジェクトから開発された旧PRVエンジンとは異なり
バンク角は60°となっています。
(V6の最適なバンク角は60°らしいです。)

シリンダーブロックやシリンダーヘッドにアルミニウム合金を使用し
DOHC24バルブ形式です。(一部日本語Wikiより)

旧PRVの3.0Lより少し小さい2946ccに置き換えられ
ボア径は87mm、ストローク量は82.6mmです。

当初は3.3Lのバージョンも計画されていたが欧州の
V6エンジンの需要が減った事と日産との提携後に日産V6エンジンへの
切り替えがされ生産されなくなったそうです。

時代の流れ、そしてルノーが関わっていた事で
日産エンジンに置き換えられたんですね。
ダウンサイジング~~~



当初ESLは3L未満のエンジンについて、ドイツとフランスの保険カテゴリー?
の制限に基づき194馬力のエンジンを生産しました。←ココの文章がよく分からん。

2000年、ポルシェは0から40度の間で変化する吸気カムシャフトの可変バルブタイミングを
導入し、燃料消費量を改善してプジョー607とシトロエンC5に投入した。

2005年、わずかに馬力アップし211馬力になったがルノーは日産が開発した
V6エンジンに終点を当てたため使用していないとの事。

英語力0のおかげで肝心な文脈が分からないのですが
ポルシェが性能向上の為見直しを行ったと僕は捉える事にします。
もし本当なら面白い事だしなぜ?となりますね~
ベンツE500などのエンジンは聞いたことありますがフランスメーカとの
関りは聞いたことがないので。



ESL V6は、シトロエン、プジョー、ルノーのエグゼクティブとラグジュアリー部門、
すなわちシトロエンXM、シトロエン・キサンティア、シトロエンC5、シトロエンC8、シトロエンC6などのさまざまな車に使用されています。

プジョーでは406,407,605および607に使用されてます。

ルノーではルノー・ラグナ(Mk.I、II)、エスパス(Mk.III)、ルノー・アヴァンティム、ルノー・サフラン、クリオV6などに使用されている

PRVとは違って、モータースポーツでのキャリアはあまりないとの事です。

まとめるといろんなフランス車の最上級モデルに使われていて
もしかしてあのポルシェが関わってたことも?っと感じですね~

前身のPRVエンジンはボルボやランチアなどにも使われてたらしいので
意外といろんなエンジンは繋がってて
もしかすると遠い親戚だったりすることもあるってことですな

おもしろいね~(笑)

もっと深く調べようとすると大変なことになりそうなので
この辺で。



終わり。
Posted at 2018/06/13 22:49:26 | コメント(1) | トラックバック(0) | C5 ブレーク | 日記
2018年06月09日 イイね!

いまさらC5ブレークについて書いてみる(笑)

いまさらC5ブレークについて書いてみる(笑)最近飛行機ネタばっかなので
そろそろ車ネタを(笑)

と言っても偏った自画自賛ブログですが・・・・・(笑)



我が家にやってきて2か月弱。
まだ2か月なのか~と思ってます。
ハイドロを運転したのは去年の6月。

まさか1年後に所有するとは(笑)



全長4840mm幅1780mmのこの車。
長さはかなりあります。Mモに入庫したときそのデカさに
黄色いPの人と驚いてました。

シトロエン特有?のフロントオーバーハング。
多分ボンネットのラインがサクソと同じ角度。
角度は統一されているんでしょうか?



エンジンは3L V6を搭載。
ここから210馬力を発生。
数字上は大した風に見えないがかなり力強い走りをしてくれます。



ミッションはアイシン製6AT。
いわゆる普通のオートマにTIPのような機能付き。

そして左下に秘密のボタン「S」が(笑)



ボタンを押すことでメーター上にその表示が現れます。
6速巡行時に押すと必ずシフトダウン(笑)

普段は日本車のようにポンポンとギアを上げる制御ですが
このモードの時だけはしっかりと上の回転まで引っ張り
ギアを変え、アクセルに対しての反応がかなり速くなります。


これがめちゃ凄い。クォーンと言う音と共に。
まるでパワーアップしたかのよう。

勝手にアフターバーナーと名付けてます(笑)



こちらはハイドロの制御を行うボタン。
上げたり下げたりはこのボタンでぽちっと。



こっちにもスポーツモードは存在。



メータ回りも結構シンプルにまとめられ視認性はよいかと。



マルチファンクションディスプレイで各情報を表示可能。
ま、あんま使わないけどね。
現行の車、特にBMWとかにはこれに似たような物が付いていたような。
あれはナビも兼ねてるのか?
それの前身だと思います~



明るいライトで夜も安心。



首振りライト搭載。こんな変態チックな機能はさすがシトロエン(笑)



高速巡行と長距離においては完璧。
さすがバカンスの国の車だけある。
速く走り早く目的地にしかも快適に到達する。
ただそれだけなんだけどそこが凄いし考え方が根本的に違うな~と
思います。



名付けて超長距離温泉旅行号(笑)
荷物満載、人満載、その他満載?(笑)



もうすぐ車検、これが終われば安心して
異国の地日本を縦に横に走り回れると思うと
楽しみです。






と、ここまでいい事書いてましたが
事件発生・・・・・・



今朝の出来事。セントレアに向かう為気持ちよく走ってて
高速道路上でブレーキを踏んだら何やら
ゴーーーっと音が。
ブレーキペダルのから伝わる若干の振動に違和感。

ある程度のスピードからまぁあぁの加減で踏むと発生する模様。
いわゆるブレーキジャダーっていうヤツ?

全然前兆がなかったから何で?と思って写真を撮ってたんだけど
思い当たる節が1つ。

昨日の夜飯行くぜー!とバカ満載で走ってた時に
脇道からアフォが出てきて超急ブレーキ。
あーぶつかったと思ったんですが何とか回避。

でもそんなんでローターって歪むのか?とか
ネットで調べると歪むとかいろいろ。
因果関係不明。ただ前日まで何の振動もなかったから
やっぱそれが原因なのか?ともね。

ま、普通の一般道では振動は出ないんだけど・・・・



もう一つ、前からはがれ気味だった天井が悲惨なことに。
帰り道の高速道路を窓全開で走ってて悪化したのかと思います。
なんかルームミラーに時折チラチラ写るな~と思って
家着いたらこの始末

一瞬???でした。

くっつけるにもこれだけの大きさだとなぁ・・・・
木工用ボンドでどうやら綺麗に治るらしいが・・・・

なんだか雲行きが怪しくなってきました。
とりあえず明日詳しく確認、処置を考えます泣





終わり。
Posted at 2018/06/09 20:55:42 | コメント(3) | トラックバック(0) | C5 ブレーク | 日記
2018年06月09日 イイね!

~たくさんの人と想いを乗せて~

~たくさんの人と想いを乗せて~飛行機ネタです。
今日しかないと思って急遽出動。



明け方まで降り続いた雨も止み
回復傾向に。風が強くなりまっせ~



本日の主役は沖止めスポットで待機。
前日の最終便で沖縄より飛来。



朝一の千歳便をお見送り。



タイA350も到着。なんの変りもない休日です。



ジンベイが先行して沖縄へ。
空いたスポットに牽引されます。

※設定は間違ってないのにどうもファインダーから覗くと
白っぽい。ゴミも入ってないはず。
白カビみたいのが生えてるのか⁈



新ジンベイはやや早めの上りで沖縄へ。

JTAいい航空会社だと思います。
特別塗装多し、情報もしっかりマメに発信してるし。
大手企業が絶えずSNSを更新するのは凄い大事な事だと思います。



その後定刻より若干遅れながらもプッシュバック。



安室ジェット。9月限定までの特別塗装で運行の機体です。
これ人気が凄いらしくて航空ファンはもちろんの事安室ちゃんの
ファンも結構空港に来てるみたい。
連日SNSで話題です。

まさか新しい機体の07RKを塗装するなんてやるじゃん~と思います(笑)



真横から撮るとでっかいウィングレットが邪魔して文字が欠けたり
顔に被っちゃうから結構難易度高めなことに気づきました。

完璧に撮るには立ち位置や構図をしっかり考えないと
いけませんな。



写真って追い求めれば限りなくて難しいな~といつも思います。

↑だって真横から撮ろうとしたらスカイマークがチワ~ッスて被ったり
風だって強いし、直前になって真横に割り込まれたりね。

難易度が上がれば上がるほど燃えます(笑)



失敗作は切り取って仕様(笑)



正直なところあんまり安室ちゃんの事は知らないんだけど
ファンの人にとってはたまらんよな~。
本人が座った席がどこ?とかね(笑)
クラスJの前の方らしいけどプレミアだな(笑)



強めの向かい風を受け南の地へ。
こうやって毎日運航され日本の空を飛びまわってるです。

こっちのサイトで画像をクリックした方が大きく見えるかも。

ある人は写真を撮りある人は沖縄へ
中にはファンの人も念願かなって乗ってたりしてね(笑)

いろんな人の想いを乗せて日本の空を飛びまわる
素敵じゃ~ん。


と勝手に妄想して締めくくります(笑)


さ、この次はC5ブレークネタ投入です~。







終わり。
Posted at 2018/06/09 19:52:21 | コメント(1) | トラックバック(0) | 飛行機&カメラ | 日記
2018年06月04日 イイね!

蓋を開けてみればお祭りだった ②

蓋を開けてみればお祭りだった ②今回も飛行機ネタです。画像、長文注意。

前回のブログはこちらから。

後半戦、午後の始まりです~



午後一番で獲物が来ます(笑)
カリッタの747F。貨物です。



4発機の迫力を披露しながら安定したアプローチでしたが
なんとその先にはANAの737がノコノコ。

いきなりゴーアラウンド(着陸やり直しです。)



そのおかげで迫力のあるゴーアラが見れました。
ある意味ナイス(笑)



その次は無事着陸。
この2階建てデッキはいいね~

どっかのデ〇専オール2階建てとは大違い(爆)



結構汚れますね~。
昨日は日曜日だったので航空ファンだけでなく家族や
おじいちゃんおばあちゃんも沢山。

あれはどこの国の飛行機ですか~?とか
いろいろ聞かれますが素人&にわかなので
は、はい、たぶんそうかと。なんて曖昧な回答をしてしまったりもします(笑)

でも飛行機詳しくない人でもジャンボだーとか
大きいー!とかみんな言っていたのでやはり凄いですね。
ジャンボはジャンボなんだなと。



あれ、消防車?



こっちのお見送りは失敗~



配置についた消防車これはいったい・・・・?



現れたのはデトロイトからのデルタA330-200



なんとこの日、名古屋-デトロイト間のデルタでの就航が20周年ということで
記念の放水が行われました。

知ったのは本当に直前。デッキで隣に居た2人組の人の会話がチラッと
聞こえたからです。

が、このような放水なんて撮ったこともないのでどういう構図にしようか
迷いましたが時間もなかった為、安全を求め真横のアングルに決定。
結果、これが超つまらない写真になってしまいましたwwwwww

※この後、放水の水が風で飛んできて・・・・・・泣



こちらは737-900。シリーズの中では一番長いのですが
これならほかの機材でも良くないか?と思ったりも。



人間も飛行機もお尻から(笑)



しばらく見なくなったエア・カナダ ルージュも再就航。
夏限定だけなのでしょうか?
ドでかいウィングレットがERの証。



ホノルルから到着の777-200ER。
ワイハーのビーチでバカンスしたいです(笑)



へーーー



スタアラ737を真横でGET。
これもなかなかレア。
もうポケモン集めてるのと感覚一緒(笑)



朝の時点で運行がA350になったのでこれは1日で2機の
A350が見られるのか?となりましたが実現ならず。

こちらはたしか香港へ。



20年目スタートのデルタも行っちゃいました~



この後ルージュを見送りました。
だいぶ日が傾き難しいコンディションに。



この日ラストの個人的目玉はまたまたタイの今度は
787-9。しかもこれ、タイ航空の中でもまだ2機しかない事。

こちらも最近セントレアへ割り振られてます。



ふぅ~~かっコイイ!
自分は787-9に乗ったことあるからこの機体が好き。



真正面から見るとハチの顔に似てる気がする~



横から。8型よりこの胴長の9型の方がバランスが良くて
カッコイイと思います。



この後、22:00着のJTA安室ジェットを狙うつもりでしたが
SDカードが一杯に。そして寿司行くぞ~と追い打ちをかけるような集合令(笑)


ここで撤退しました。朝初期化でまっさらにした32GBのSDカードが
一杯になるなんて・・・・調子乗りすぎて整理が大変なことに。



最初はA350だけってのもな~と思ってましたが
行ってみれば特別塗装に記念行事、その他細かい小ネタで
楽しめました。

カメラの設定も結構煮詰まって来ていい感じ。
構図は数重ねる事かな~。センスが大きいけど(笑)


今日もバズーカいいな~とか思ってましたが
やっぱり腕にあったそれなりの機材で
楽しく撮る。これが大事だなと感じました。

プロじゃないんでね(笑)


あれ、車と一緒⁈



終わり。
Posted at 2018/06/04 05:35:57 | コメント(2) | トラックバック(0) | 飛行機&カメラ | 日記

プロフィール

「@ぬころく 雪のオーバーフェンダーですか⁈笑
雪国恐るべしです!」
何シテル?   01/26 21:57
よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/6 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

若狭湾お題クリアことりっぷ2日目-①(舞鶴~世久見) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/08 18:05:19
シトロエン(純正) ステップガード 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/02 21:58:30
桜ドライブ⑤Final (仁科三湖・白馬・茅野) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/27 01:17:28

ファン

7 人のファンがいます

愛車一覧

シトロエン サクソ シトロエン サクソ
2代目 サクソです。 前期型 ブランバンキーズ
シトロエン C5 ブレーク シトロエン C5 ブレーク
C5ブレークです。ハイドロをジックリ味わっていけたらと思います。 (60,232kmで ...
その他 カメラ Canon EOS kiss x7 (その他 カメラ)
自分にとって初の一眼レフです。 ダブルズームキットをamzonで購入。 軽量ボディなので ...
シトロエン サクソ シトロエン サクソ
1.6ℓ NA 5速MT FF
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる