• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

車の天井を地面につけた男のブログ一覧

2020年08月31日 イイね!

ウレタンスプレーの保存方法


以前は更新頻度が悪いと機嫌が悪くなるあの人が、最近では「余程のことがなければ更新するな」とのこと。
話を聞くとバイク関連でググると必ずここがヒットするとのこと。
あまり目立ちたくないそうです、今回の内容はバイク関連ではないのでセーフだと思います。

先日G-Net氏がウレタン塗料スプレーでエンジンを塗装していたので「余ったら貸して」とお願いすると、G-Net氏「使い終わったら直しとけよ」と言って貸してくれました。
え?直しとけ?
塗装も終わり、結構余っていましたが2液混合タイプなので保存はできないので処分することにしました。
しばらくするとあの人がすごい形相で「誰が捨てろといった!?あれは高かったんだぞ!!」などと言って怒鳴り散らしてきました。


まさかこの人2液混合タイプ塗料の特性を知らないのか?と思い反論すると、G-Net氏「誰がそんな事を言いだした、ネットか?メーカーか?」「お前も自宅警備やってんだったらそのくらい知っとけ!」と言われました。
いや、缶にもその日の内に使えと書いてあるし。


缶に入っている状態では普通に20時間ほどで硬化してしまうので、保存が効くとは思えません。
どこに保管するかと思い、ついて行ってみると冷凍庫に缶を放り込んでました。
どうして?と尋ねてみると「スプレーの説明にもある通り5℃以下では硬化し難い、冷凍庫の温度温度は-10℃以下、この意味がわかるな」とのこと。
実際に10日ほど経って使ってみると普通に使うことが出来ました。
今回の内容は商品の裏に書いてある小さな説明書きをよく理解しなければいけないことを教わりました。
Posted at 2020/09/01 01:50:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑談 | 日記
2020年06月26日 イイね!

CB125T 中華フロントフォーク(片方だけ)交換


いつものようにバイクに乗っていてふとフロントフォークに目を向けるとオイルが大量に吹き出していました。
これはよろしくない、一応オヤブンに相談したところ「そんな些細なこといちいち報告するな!」と一蹴されました。
仕方ないので勝手に倉庫からフロントフォークの予備品を漁ってみました。


以前予備として購入したCB125Tの純正フォーク。
オイル漏れはないんですがストローク部分に点サビがあり、なおかつダストシールの破損、オイルシールの汚れがあり、明らかにすぐオイル漏れを起こしそうでした。


こちらはG-Net氏が購入したCD250Uの純正フォーク。
このフォークはCB125Tと互換があり長さも2センチほどしか変わらず、流用できるサスです。
状態も良好なのですが、これを使うと後でどんな目に合うか…


オイル漏れをおこしているのは左側だけなので片方のフロントフォークを外します。


結局使用するのは以前CD2号機に使用していた中華フォーク。
国産純正フォークはベストな使用環境なら2~30年ノントラブルなのに、乗らないときは室内保管しているにも関わらず2~3年ほどでオイルを吹き出すとは。
情報によるとオーバーホールもできないそうです。
この調子だと1年もしないうちにオイル漏れを起こすだろうから、それまでに純正品をO/Hしようと思ってます。


復旧が終わって各部ボルトの増し締めも終えました。
後は交換したフォークを隠しておかないとまたあの人が「よし!バラすぞ!」とか言いそうです。


試運転も良好、今回の作業はただの時間稼ぎにすぎないのは気のせいでしょうか?
Posted at 2020/06/26 10:50:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | バイク整備 | 日記
2020年05月20日 イイね!

CB125T及びCD125T シリンダーヘッドの脱着

CB125T及びCD125T シリンダーヘッドの脱着ご無沙汰していますG-Netです。
昨今CBTやCDTのボアアップに挑戦される方が増えているようです。
今回は自身が経験した&失敗した経験を元にシリンダーヘッドヘッドの脱着を説明します。



最初にクランクシャフト&タイミングホイールキャップを開放し、クランクを手動で回しCDTなら「T」に、CBTなら「TL」に合わせます。



ヘッドカバーのボルトを外し、ヘッドカバーを外すと次はシリンダーヘッドボルトとカムシャフトホルダーナットを写真の順に外していきます。
この順番を違えるとシリンダーヘッドボルトの雌ネジ部分が破損する可能性があります。
先にカムシャフトホルダーナットを外してしまうとシリンダーヘッドが少し浮き上がりシリンダーヘッドボルト側に負荷がかかってしまいます。
カムシャフトのみの交換でもシリンダーヘッドボルトは外す必要があります。



カムホルダを外すと正常なエンジンならタイミングマークがホルダー取り付け位置とツライチになります。
この状態でスプロケットボルトを緩めておくと後の分解が楽になります。



カムチェーンの取り外しはテンショナーのロックナットを緩め「時計回り」に回すことでチェーンが緩みます。



シリンダーヘッドは液体ガスケットを塗らない限り容易に外すことができると思います。
問題はシリンダーの方です。
シリンダーとクランクケースの接合部のガスケットは張り付きやすく、少々のことではびくともしないので、ケースとシリンダー(赤丸印)の間にマイナスドライバーを突っ込んでこじると容易に外せます。



巷で流行りの中華シリンダーですが、アジャスター穴の位置が純正品と異なる場合があるとの情報があります。
あらかじめシリンダーの高さ、アジャスター穴の位置確認は必須です。



次に復旧です。
復旧は分解の逆の手順で再びタイミングホイールをのぞいて、クランクを手動で回しCDTなら「T」に、CBTなら「TL」に合わせタイミングマークに合わせてカムスプロケ&チェーンを組み立てます。



後はカムホルダを取り付けてヘッドカバーを取り付けるだけです。

シリンダーヘッドボルトの締め付けトルクは1.2Kgf/m
カムシャフトホルダーナットの締め付けトルクは2.3Kgf/m
シリンダーヘッドカバーボルトの締め付けトルクは1.0Kgf/m

シリンダーヘッドボルトとシリンダーヘッドカバーボルトは雌ネジがなめやすく締め過ぎは厳禁です。

簡単にまとめてみましたが腰上分解は手順を間違えなければさほど難しいものではないと思います。
オイル上がり下がりが酷い、ボアアップに挑戦したいという際にチャレンジしてはいかがでしょうか?
できればバイク屋さんに丸投げすることをおすすめします。
Posted at 2020/05/20 18:14:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | バイク整備 | 日記
2020年04月16日 イイね!

CD3号機メーター不動問題


先日G-Net氏が制作したCD3号機がメータートラブルでうちに戻ってきました。
と言っても肝心の製作者は不在、メールするも帰ってきた返事は「なんとかしてくれ」の一言、なんとかするしかない。


しかし、デッドストックだけで良くもここまで…
正直初めて触る車両なので直せるかどうかわかりませんが進めて行きます。


メーターワイヤーは問題なし、ワイヤーをチューブから外してドリルでメーターを直接回してみましたが普通に動作していました。


となると、もうメーターギヤを疑うしかないようです。
しかし、G-Net氏はメーターギヤは予備と交換したと言っていました。



ホイールを外してメーターギアを見ると少し削れていました。
もしかしてメーターギアではない、ギヤボックスリテーナーが悪い。
リテーナーの予備なんて取っていないので、予備ホイールから剥がして比較してみました。
歪んでいる…多分組むときにブッ潰したんですね。


リテーナーを交換して試運転。
メーターの動作も良好、その他の不具合といえばタコメーターの回転数が実際の半分しか表示しないこと、右マフラーから白煙が少し出ているくらい。
どちらにしても私には修理できない案件なのでそのままオーナーに帰すことにします。
Posted at 2020/04/16 20:50:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | バイク整備 | 日記
2020年03月05日 イイね!

CD250U 制作進捗状況 05


家のゴタゴタを片付けるのにブログを放置してましたがボチボチ再開します。
先日あの人からメールが届き「今度こそ…今度こそCD250Uを今年中に完成させる」とのこと、あ~あ、今年もダメなんだなあ。
ボチボチ進んでいるようですが目新しい進展はないと思っていました。
サニーの中にブラスト塗装したパーツが有るので紹介していこうと思います。


CD250U用ステップ&ステー


CD125T6V用バッテリーケース


CD125T用延長センタースタンド
このセンタースタンドは私が加工したものです。
https://minkara.carview.co.jp/userid/2763481/blog/43483752/


ナイトホーク250用スイングアーム
そういえばあの人がみんなにCD250U購入を猛反対されて渋々買ったのがナイトホークだったような…時々うちのCB125Tにナイトホークのタンクを付けて「カウルも付かねえかなあ」などと言っていました、まだ未練が有るんですね。


後、サニーの中に一緒に入っていた部品の中に用途不明の部品が入っていました。
最初スクーターの部品か?と思ってましたがスクーターのブレーキはしっかりしてるのでG-Net氏に尋ねるとCD250Uのパーツだそうです。


キャリパー&マスターシリンダー
取り付け方法は不明、G-Net氏は取り付けについては全て把握しているとのこと。


トルクロッド


リヤディスクブレーキ
リヤまでディスク化するなんて聞いてない。
しかも出品者さんにこのパーツの取り付けと性能をブログにすることを約束したそうです。(ネタがなかったから助かりますが)
10日ほど前にはフレームの加工をバイク屋さんに依頼したそうです。
いよいよCD250Uの作成も本格化してきそうな予感です。
Posted at 2020/03/05 20:52:16 | コメント(0) | トラックバック(0) | 製作 | 日記

プロフィール

「速報 G-Net氏、新型エンジンを完成させてしまう。
アイツ、ネットで時々ネタになっていることを本当にやりやがった。」
何シテル?   10/22 13:33
年齢=ニート歴の車の天井を地面につけた男というブサメンです。 整備のことは全くのド素人ですがよろしくおねがいします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/10 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

愛車一覧

ホンダ CB125T toshi彦 (ホンダ CB125T)
利彦は、233cc並列2気筒エンジンを搭載。キャストホイールやCB750F用のディスクブ ...
ホンダ ベンリーCD125T 中村ァ! (ホンダ ベンリーCD125T)
Gomatsu.Net製 車種名:Nakamuler  排気量 ? 全長 2090mm ...
ホンダ ベンリーCD125T ネェル中村ァ! (ホンダ ベンリーCD125T)
ネェル・中村ァ!は、このクラスでは珍しく4サイクル並列2気筒エンジンを搭載。GB250の ...
ホンダ ベンリーCD125T ワイト中村ァ! (ホンダ ベンリーCD125T)
Gomatsu Net製CD125T第3号機。 車種名:wight Nakamuler  ...

過去のブログ

2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.