• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

かながわのやまちゃんのブログ一覧

2021年10月23日 イイね!

足尾から日光へ 二輪ツーリング

足尾から日光へ 二輪ツーリング10月23日土曜日
日光へ

今回は関越道前橋インターから




赤城の大鳥居 夜明けです

赤城山に雲はかかっておらず、そのまま県道4号線で赤城山を目指します




登り勾配が急になってきたこの場所で




25,000kmに到達

標高上がるにつれて気温は下り、1.5℃を表示しています
なるべく乾いた路面を選んで走り




鳥居峠まできました




朝日と眼下の風景

ここまで来る途中、山から降りる車と随分すれ違いました
おそらく日の出の写真を撮っていたのでしょう




覚満淵と大沼




雲海の向こうには筑波山

と、ここで天候が急変 
時折降っていた霧雨が雪に変わり、強風に煽られて打ちつけてきます

周辺を散策しようと思っていましたが、二輪では身動きできなくなるおそれがあり、急ぎ撤収します




道の駅ぐりーんふらわー牧場・大胡まで来てほっと一息




国道353号と並行する『からっ風街道』
名前が良いですね
どちらも楽しい道です

大間々まで行かずに県道333号のクネクネ道でショートカットして




わたらせ渓谷鐡道 上神梅駅

『2008(平成20)年に、駅舎及びプラットホームがわたらせ渓谷鐵道の施設としては初めて登録有形文化財に登録されました。足尾鉄道の開業当初からの歴史を見守ってきた駅舎は1912(大正元)年の建造で、駅舎ファンの間では全国的にも「横綱級」と称えられています。珍しい木製の改札が残り、昔と変わらぬ姿の現役の駅舎』(わたらせ渓谷鐡道ホームページ)

簡素な造りの建物ですが、見守り続けて1世紀以上は確かに『横綱』です




ちょうど下りが来たのでホームに出て追いかけ撮影

ここから国道122号銅街道で足尾に向かいます




草木ダム




左岸展望台にいた先客
いつからいるの?




他には誰もいません




草木ダム堰堤上




草木橋




足尾駅まで来ました
旧足尾線で使用されていた車両が保存されています




キハ35
わたらせ渓谷鐡道になる前に乗りに来たことがあります

当時キハ30系は少数派でキハ20が主力でした




キハ30
だいぶ傷みが激しいです




かつての賑わいを彷彿とさせる広い構内
足尾駅を後にして




渡瀬橋




古河掛水倶楽部

『古河鉱業の貴紳客の接待と宿泊施設として、明治32年に建築された和洋折衷の迎賓館です。中には国産第1号といわれるビリヤード台や、資料館には民間電話導入第1号の電話機が展示されています。当時としては『ハイカラ』の先端をいくものだったようで、鉱都足尾の当時の栄華を残す施設です。』
(日光市ホームページ)

開館時間までまだあり、次に向かいます




新渡瀬橋から渡瀬橋




製錬所への貨物線の跡

事実上の操業停止となった1989年(平成元年)まで貨物輸送が行われていたそうです
後ほど訪れる足尾環境学習センターの方から伺いました




古河橋と足尾本山駅跡

大きい建物は倉庫として使われていたそうです
これも足尾環境学習センターの方から伺いました

古河橋は1890年ドイツの工場で製作された部材を輸入し、現場でボルト接合のみを行い、短期間で組み立てたもので、足尾で近代最初期に整備された施設の中で、ほぼ完存しており、この種では国内最古の遺構
(栃木県の土木遺産ホームページより抜粋)




製錬所跡の煙突

上流に進み




7段で流れ落ちる足尾砂防堰堤(ダム)が見えてきます




銅(あかがね)親水公園




人道用斜張橋 銅橋
106mあるそうです




橋上から下流方向




足尾砂防堰堤(ダム)

製錬所の煙害(銅製錬で発生する亜硫酸ガス)により、足尾の山々は壊滅的被害を受け不毛の土地となり、雨で山から土砂が流れ出し下流に堆積する現象が多発、河川氾濫の危険に晒された。
足尾ダムは上流の山々から流出した土砂を堰き止めるために1954年(昭和29年)に建造された砂防ダムで、渡良瀬川・仁田元川・久蔵川の3つの河川が交わるこの場所に建設され、砂防ダムとしては国内第2位の規模である。
(ネット公開情報を編集)

迫力ある砂防堰堤ですが、煙害で山が荒廃して流出する土砂を堰き止めるために建設されたとなると見ていて複雑な思いです

銅橋を渡ると足尾環境学習センターがあり、足尾銅山と煙害により廃村となった松木村の歴史を学ぶことができます




ダムカードは集めていないのですが、パンフレットと一緒にいただきました




砂防堰堤には、日本最大規模2000枚の陶板による壁画が描かれています




松木渓谷への入口は車両通行止めです

『日本のグランドキャニオン』とも呼ばれる松木渓谷ですが、煙害で木々が失われて露出した岩石が作り出す景観となると考えさせられます




特徴的な駅舎が目を引くわたらせ渓谷鐡道終点間藤駅
 
足尾を後に
日足トンネルを超えて日光市街地へ




市営駐車場から見た女峰山は雪に覆われています

さて、
今回の旅の目的の一つは日光三社参りです

東照宮が創建される以前は
本宮(本宮神社)
新宮(二荒山神社)
瀧尾(たきのお)神社
三社を日光三社権現と呼び、日光の信仰の中心的存在であったそうです




二荒山神社ホームページ掲載の案内を見ながら歩きます




まずはお馴染みの神橋から

紅葉にはまだ早いようです

『二荒山神社』神橋
重要文化財・世界遺産


本宮神社(ほんぐうじんじゃ)へ



入口の案内板には

二荒山神社発祥の地
日光の原点

とあります




重要文化財・世界遺産




こぶ杉




開運笹

瀧尾神社に向かいます




喧騒を離れた静かな道




昔からの参道でしょうか?
石畳の道を歩きます




摂社北野神社




手掛石




本宮神社から20分ほどで




白糸滝

瀧尾神社を創建したと伝わる空海が修行したと言われています




瀧尾神社です

本殿・唐門・拝殿・楼門・鳥居・石畳は国の重要文化財に指定されています




運試しの鳥居

額束に開けられた穴に石を投げて通すことができれば、願いが叶うそうです




楼門




拝殿 本殿

本殿の裏側には扉があり、神体山である女峰山を遥拝できるようになっています。

他にも



瀧尾稲荷神社




三本杉




酒の泉




安産子種石




二荒山神社に向かいます
静かな道を20分ほど進むと





東照宮、二荒山神社の表参道に出ます




東照宮の華麗な建築物を右手に眺めながら




二荒山神社

重要文化財・世界遺産です




銅鳥居 
重要文化財




境内案内図
(二荒山神社ホームページ)
神苑入場券にも掲載されていますので、見ながら参拝します




拝殿
東照宮ほどではないですが、すごい人出です

神苑に入場します




本殿を間近に見ることができます




日枝神社
重要文化財




朋友神社
重要文化財




大國殿
重要文化財




化け灯籠
重要文化財

江戸時代に警護の武士が灯籠の炎を亡霊と見誤り、度々斬りつけた刀傷と案内板にあります




三社の御朱印をいただいて




二荒山神社を後に




二荒山神社からほど近い東武日光駅へ




買い物と給油をして




駅近くのホテルに泊まります

朝少し食べただけで何も食べていなかったので、駅弁を2つ購入して夕食にします











半熟たまご






R1200RT走行317キロ
歩行9.7km

翌日に備えて早めに休みます

旅の2日目に続きます
お付き合いいただき、ありがとうございました😊








Posted at 2021/10/25 08:29:42 | コメント(4) | トラックバック(0)
2021年10月17日 イイね!

三浦 松輪サバを食べにいく ランクル70

三浦 松輪サバを食べにいく ランクル7017日日曜日
また、三浦です

松輪サバを求めて出かけました




漁協直営の『地魚料理 松輪』さんへ
前回は7月末に二輪で伺いました


近いのでゆっくり出発しても開店1時間半前に到着です

まだ駐車場が開いていなかったので、江奈湾を見渡せる岸壁で海を眺めていると

待機していたと思われるジムニーが駐車場に入っていくようなので

後に続いて




店前に停めます

まだ入口は開いておらず、名前を書く紙が店頭に出されています

ジムニーの先客に続き2番目を確保

ちょうど通りかかった店の方に
『サバありますか?』と伺うと
『ある・・と思います』とのお答え

サバなければ、初声にカツ丼でも食べに行くか、と決めて待つことにします

ほどなく駐車場は満車に
県外の方が半分くらいです

瑞牆山の写真と記事をまとめていると開店時間になり、店内に案内されます
予約の方が2組で4番目です

改めて
『サバありますか?』
『あります!』
今度は力強くお答えいただきます




2階が客席です
1階に備え付けられているメニュー表にはサバは載っておらず、黒板メニューを見ると




大丈夫、ありました

ちょっとお高いけど・・

昨日は山中で粗食だったので良しとして、
炙りサバ刺身を定食セットでお願いします


ここで『松輪サバ』とは・・

『松輪サバ(まつわさば)は、神奈川県三浦市松輪漁港で水揚げされるマサバのブランド名。松輪漁港で水揚げされることからその名が付く。豊後水道に育ち大分県佐賀関で水揚げされる関さばと並び称される高級サバのブランドである。
魚体は腹部が張り出して丸々としている。身はしっかりと乗った脂のため桜色に見え、普通のマサバとは一目瞭然に違う。
三浦沖で一本釣りされ、極力人の手が触れぬよう出荷直前まで生かして運ぶことで生食できるほどの鮮度が保たれる。生のサバは関東以北ではごく一部の漁村で食べられるだけだが、松輪サバはその例外ともなっている。
7月以降が脂が乗っておいしい時期とされているが、漁獲量が少なく珍重されており、市場関係者は「黄金のサバ」と呼ぶ。魚屋で販売される場合は普通のマサバの10倍近い価格となる。
2006年10月27日には特許庁により「地域ブランド」として認定された。』
〜Wikipediaより抜粋〜

お店のホームページも同様の文が掲載されているので、こちらを引用します

などと、スマホを見ていると

ほどなくして




配膳されます

お店の方から
わさび+醤油も良いが、ポン酢で食べるのがお勧めとアドバイスいただきます

はい、もちろんお勧めの通りにします




盛り付けも綺麗




脂ののり具合
お分かりいただけると思います

表面を炙ることで香ばしさが加わり、適度に溶け出した脂が表面を覆って、旨みが増して感じられます

脂がのっているので、確かにポン酢がお勧めですが、くどいとか生臭いことは全くなく、わさび+醤油もいけます

松輪サバを堪能して2階から降りると、待ちのお客さんが多数です

また来年も訪問したいと思う味でした




雨も小降りになってきたので、もう一度江奈湾を見て




丘陵の畑を巡ってから帰路につきます

ランクル走行83km

お付き合いいただき、ありがとうございました😊


Posted at 2021/10/19 06:20:49 | コメント(3) | トラックバック(0)
2021年10月16日 イイね!

林道 川上牧丘線 ランクル70

林道 川上牧丘線 ランクル70瑞牆山登山の続きです

https://minkara.carview.co.jp/userid/3211914/blog/45546911/

お付き合いいただき、ありがとうございます😊




下山後、増富の湯でさっぱりとして




林道川上牧丘線で大弛峠を目指すことにします



Google

ルートはご覧の通りですが、
わかりにくいですね・・

A→B区間が未舗装です



みすがき湖
塩川ダム




県道106号原浅尾韮崎線
瑞牆山がよく見えます

ヘアピンカーブをいくつか通過して




信州峠




原浅尾韮崎線
長野県川上村の真っ直ぐに伸びる道

キャベツの収穫ピークです

ここは二輪で走りたい道です

川上村の中心部で
県道68号梓山海ノ口線に入り




林道川上牧丘線へ

三国峠を越えて秩父に抜ける通称中津川林道は残念ながら通行止めのままのようです





しばらくは簡易舗装路です




伐採地の開けた場所




ここからしばらく先
樹林帯に入るあたりから約9km未舗装路です




つづら折れで高度を稼ぎます




道幅はあります





荷室の荷物がひっくり返るぐらいの路が続きます




木々の間から遠くも望めます




砂防ダム




峠に近くなると路面の石が大きくなり、普通車ではかなり厳しい路面です




4Lレンジに切換えます
3・4速が走りやすいです

このあたりから法面崩落箇所多数で停車は危険な状況のため、写真は撮っていません




厳しいセクションを抜けて一息




大弛峠
日没前に到達できました

標高2360m
一般車両が通行できる日本最高所の峠です

金峰山、国師岳登山口があり、駐車場が備えられていますが、この時間で金峰山から下山した方一組だけでした




峠を降ります
山梨県側は舗装路です

これから向かわれる方へ
工事区間一部未舗装路があります
オンロード二輪車はご注意を




林道終点です

帰路につきます
いつも通り中央道、東名高速道路は渋滞でした

ランクル走行367km

お付き合いいただき、ありがとうございました😊

Posted at 2021/10/18 06:40:28 | コメント(2) | トラックバック(0)
2021年10月16日 イイね!

瑞牆山 登山

瑞牆山 登山奥秩父
岩峰を連ねた山容が特徴的な瑞牆山(みずかきやま)に登りました




未明の本谷釜瀬林道を走り、夜明けと同時に瑞牆山荘南側の駐車場に到着




さすが人気の山
駐車場はかなり埋まっています





瑞牆山荘




登山口




シラカバ・ミズナラの美しい林
最初は緩やかな登りです




巨岩が目を引きます




富士見平林道を跨ぐと本格的な登りです




尾根に乗ったところで目指す瑞牆山が全容をあらわします
登高欲が高まります




なだらかな道を進みます




『平成の水百選』にも選ばれたという富士見平小屋下の水場




富士見平小屋で一休み




紅葉は盛りを過ぎたようです
緩やかな登降を繰り返して、小川山への分岐道標を見て




天鳥川(あまとりかわ)出合
冷たい沢水が流れています




天鳥川を渡り、少し登ったところ
『桃太郎岩』
右側登山道梯子に登山者を入れて撮ってみました
巨大な丸岩が縦に真っ二つのさまに圧倒されます




コメツガ林の中、岩場を詰めていく急登が続きます




鎖場も何箇所かあり




塔のように聳える岩の下で一息




岩場が続きます




黒森分岐道標
瑞牆山頂まで10分とあります




あと少し




到着!
標高2230m




富士見平小屋から霧の中を進んできましたが、山頂は雲海の上です




富士山



南アルプス




八ヶ岳




金峰山と富士山




金峰山を眺めながらコーヒーで一服

吹きつける強風で雲が流れていきます
視界が開けてきますが、とにかく寒い




名残り惜しいですが、登山者で賑わってきて狭い山頂も混んできたので、眼下の岩峰と金峰山を振り返り、山頂をあとにします




霧がはれて特異な岩峰を眺めながらの下山です




油断は禁物
下りは危険です




登りの休憩場所




度々振り返りながら歩きます




富士見平小屋まできました




ここで昼食
カップ麺普段はあまり食べないのですが、山中では重宝します




テントサイトの木漏れ日が心地よく
ここでもゆっくりしてから出発




今一度
瑞牆山の雄姿を振り返り




瑞牆山荘到着!




標高差710m
行動時間は山頂と富士見平小屋でのんびりしたため、6時間半ほどで、正味の歩行時間は5時間強でした




瑞牆山荘から
本谷釜瀬林道を増富方面に戻り




増富の湯へ

『霊山瑞牆山の麓にある増富の温泉は、信玄公の時代から湯治場として愛されています。
増富の湯の源泉は日本でもまれなラジウムを含んでおり、大変貴重な温泉です。
ゆっくり入ることで細胞を活性化させ、冷えの改善や自然治癒力が高まり、さまざまな病気に対して効果が期待できます。』
(北杜市観光協会ホームページ)

源泉掛け流しの湯は
25℃、30℃、35℃、37℃の浴槽が用意されていて選ぶことができます

さすがに25℃はどなたも入浴されていませんでした




せっかくなので
大弛峠に向かうことにします

長くなりましたので、続きはまた

お付き合いいただき、ありがとうございました☺️



Posted at 2021/10/17 11:44:14 | コメント(4) | トラックバック(0)
2021年10月10日 イイね!

北富士演習場 ランクル70

北富士演習場 ランクル70同僚のこにゅさんにお誘いいただき、車高上げスバルの皆さまの陸上自衛隊北富士演習場での写真撮影会にお邪魔してきました




早朝
山中湖平野の浜
濃霧で霞んでいます




全車集結




富士吉田市外二ヶ村恩賜県有財産保護組合役場に先ず伺います




レトロ自販機?
稼働しているのでしょうか?




『入山鑑札』を発行していただきます

以下山梨県ホームページより
『北富士演習場は、陸上自衛隊の演習場として各種の部隊訓練及び小銃、機関銃、迫撃砲、戦車砲、榴弾砲その他の火器、火砲の実弾射撃訓練に使用されています。演習場の使用条件は国と地元との間で締結している使用協定(5年ごとに更新)により定められています。
(中略)
演習場内国有地については、旧来からの入会慣行を尊重し、地元関係者に対して期間を定めて演習場内への立ち入りが認められています。』

なるほど
地元関係者以外は『入山鑑札』を発行していただくことで立ち入りができるわけです

合わせて渡される『入山心得』を確認します

ちなみに、北富士演習場を含む『入会地』への入山可能日は組合ホームページで公開されています




北富士演習場入口




最初のポイントへ




『戦車道』
ここだけではなく無限軌道の轍がいたるところに

続いて



徹甲弾ドーム




実弾射撃訓練が行われていることを示す看板がいたるところにあります



















晴れ間がのぞく時間もありました
走り回って午前の部終了




昼食は場内で済ませて




午後の部開始




晴れていれば、富士山が正面に大きく見えるはず
















戦車道を示す看板前に戻ります
泥だらけ




広大な敷地内を縦横無尽に走り、1日が終わり




道の駅で散会

スバル乗りの皆さまありがとうございました!
また、お会いしましょう


帰りは大渋滞

泥汚れを落として帰宅したのは深夜です
走行は280km
北富士演習場敷地内で60〜70 km

お付き合いいただき、ありがとうございました☺️












Posted at 2021/10/11 06:49:26 | コメント(2) | トラックバック(0)

プロフィール

「少し早いかな🍁
見頃はもう少し先になりそうです」
何シテル?   10/24 11:55
かながわのやまちゃんです。よろしくお願いします
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/10 >>

     1 2
345678 9
101112131415 16
171819202122 23
24252627282930
31      

リンク・クリップ

天竜&木曽路ツーリング 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/10/11 22:32:18
R1250GS ADVで走る 北の大地2021『北海道』DAY1 『ラジオ体操第一!』早速立ちゴケ!『予行演習』練習とは違う!? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/09/16 05:37:37
月山神社へお参り 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/09/09 07:11:41

愛車一覧

BMW R1200RT LC BMW R1200RT LC
R1200RT LCに乗っています
トヨタ ランドクルーザー70 トヨタ ランドクルーザー70
ランドクルーザー70 GRJ76Kに乗っています 二十数年前に乗れなかったナナマル 再 ...
ホンダ CB750 ホンダ CB750
前車です ともに赴任地の大阪、名古屋、北海道と歩んできました。
スバル レガシィ ランカスター スバル レガシィ ランカスター
6気筒EZ30搭載車 LA-BHE C型です メーカーオプション VDC マッキント ...

過去のブログ

2021年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.