• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ばくおんのブログ一覧

2018年08月14日 イイね!

FC3S リアアームピロ化 ブッシュ抜き編


暑い日が続きますが季節の変わり目を感じる今日この頃です。



少し前にフロントロアアームのピロアーム化を施しましたが、今度はリア側です。

因みにまだ準備してるだけに留まってます^^; 車検取れてないし。。。

アームのピロ化はとても興味があるので今後の楽しみってトコかな。








中古でリアアームを用意しました。

現車のアームをベースにするのが良いですが、行程的に大変なので^^;

しっかし重いアームだなぁ。。。










この部分のブッシュを抜き取って、代わりにピロボールを仕込みます。

ココをピロにするとFCのリアの可動部はフルピロになりますね。

私的にはどこかで応力を逃がしたい考えですが、メンバー側のブッシュで逃げるかなと?












とりあえずブッシュを抜きます。

先ずは両端のツバ部分をカッターで切り取ります。













ドリルで穴を空けていきます。

6mmの木工用のキリでなるべく細かく空けていくと良いかな。














プライヤーで芯を挟んでグリリンとすれば外れます。

因みにココは2個のブッシュで成り立ってるんだなー。













アームに残ったアウターカラーを外します。

私はカットソーで切り込みを入れてみました。

アーム側まで切らないギリギリがポイントかな。















ハンマーとタガネみたいなのを用いて叩けば割れてコロリです。

たぶんこの方法が一番楽かも?













とまぁ…こんな感じで作業すると良いかもです。

特に難しい事はございません^^;


ピロ組み込み編に続きます。。。

Posted at 2018/08/14 22:01:10 | コメント(2) | トラックバック(0) | 足回り | クルマ
2018年08月03日 イイね!

サイレントマフラーの製作 ⑦


暑いですね~^^; 夏ですな。。。

この暑さの中、屋外でDIYは死にそ…(苦笑)












さてさて、触媒から分岐パイプまでのパイピングの製作です。

予定してた輪切りパイプで繋ぐのをやめて、廃材から切り出したパイプを使います。













切り出したパイプ外径は76.5mm。

合わせるパイプの内径は77.1mm。(分岐パイプ)

こんな感じで差し込むカタチで使います。















ハメ込むとこんな感じ。

少し「逃げ」があるので微妙な角度に対応出来るんです。

同径パイプの突合わせより、差し込む方式の方が作業も楽だし強度も出るかな。
















ほぼストレートに出来た^^

作業も無理なく、排気効率も無理なくで、無難な作業とクォリティーを両立してみました。

















車輌に組んだ状態でマーキングして溶接。

本当は車輌に組んだ状態で仮溶接して~が良いけど出来ないので^^;

慎重な作業を必要とします。。。



















塗装して完成っと♪

うんうん、良いんでないかい(*^^*)
















車輌に組んで作業は一旦終了です。 意外とすんなり出来た~(嬉)

Fパイプの修正と、この夏場の暑さが大変だったけど^^;

無理なく組めるマフラーって組むのが楽だし、なんか気持ち良いかも♪

















やはりサイレンサーに既製品を使った事は大きいですね。

初歩的なマフラー造りにはやり易い内容で良かったと思います。

初めは出来るのか全く自信ありませんでしたから^^;(笑)



最後は動画でサウンドをどーぞ。。。

フツーって感じかな? でもま、コレで良いのだ。






Posted at 2018/08/03 20:49:58 | コメント(1) | トラックバック(0) | 造りモノ | クルマ
2018年08月01日 イイね!

サイレントマフラーの製作 ⑥


触媒からのパイプを造ろうにも、触媒出口の位置が気になって仕方ありません…( 一一)

元々ナナメのFCではありますが、それ以上にナナメなのです。。。

明後日の方向みたいな(笑)

無理やり「くの字」に曲げるのは効率良くないし、私はヤだなと。。。















ちーっと面倒ですがFパイプの修正をしてから残りの作業に移行します。

前を上げる為、車を移動する為にアルミダクトを繋いで動けるようにしました。

腹下直管は住宅街ではさすがに出来ません(笑)
















離れの駐車場に移動してFパイプの摘出。

私が造ったFパイプなのですが、純正のレイアウトを忠実に再現したつもりなのになー(^^;

少しの角度の違いで大きく変わるのでマフラー造りは難しいですね。













ズバンと真っ二つにして切り口を削って角度を付けていきます。

どこで角度を付けるかで変わってくるし難しい作業かな。

イメージです(笑)

















仮溶接して車輌に戻して組み付けて角度の確認。

うんうん、イイね!

先端程、末端は大きく変わるのがマフラー製作の難しいトコかな。













車輌から外して本溶接。

少し錆が多いのと、パイプが薄いのでちょっと難しかった^^;

ほんの少し角度を加えた程度ですね。












錆び止めに塗装してインシュレーターを巻いて完成っと。


簡単に書いてるけどこの1Pの内容はこたえました…><;

夏場の作業は辛く、夜には軽い熱中症になってしまいました。

炎天下のDIYは気をつけましょー!


















Posted at 2018/08/01 19:36:09 | コメント(2) | トラックバック(0) | 造りモノ | クルマ
2018年07月22日 イイね!

サイレントマフラーの製作 ⑤

 
暑い日が続きますが、作業はどんどん進めますよー!

いえ、ボチボチです(笑)






エキゾーストパイプの位置にちょっと悩みましたが、全体のバランスを考えると

もう少し上げた方が良いかと思い調整し直しました。

分岐パイプに造ったブラケットの穴位置を一つ変えて15mm上げてみる事に。

3個の穴はこうゆう時の為に空けておいたんだな^^v









分岐パイプからサイレンサーまでのパイプも調整し直してこんな感じ。

あまり変わらないように見えますが結構違います。

だいぶパイプが見えなくなったけど、曲げパイプ部分は見えるのでコレで良いか。。。














位置が決まったので溶接の為に仮溶接で固定していきます。

外して仮溶接して、戻してフランジ側を仮溶接してまた外して…って感じ。


フランジ部分で曲げ角を逃がしたのがよく解るでしょ?

パイピング作業って3Dなのでこうゆうトコも上手く使って決めていきます。

途中でパイプの高さを変えたから少し角度が付き過ぎたかな^^;















あまり面白く無い事を書いていると思うので溶接の事も書いてみます。

溶接機は100Vの半自動ね。

今回溶接するのは1.6mmのスチールパイプと9.0mmのスチールフランジです。


因みにこの溶接機でステンレスはダメだと感じる。何かが足りない気がする…。

スチールは結構ちゃんと溶接出来るかな。

だから今回の製作に使う材料は全てスチールなんです。












パイプ~パイプの溶接。

私は点付け溶接を重ねてこうゆうのは溶接するかな。

連続してビードを描く溶接をすると母材の温度が上がり過ぎて難しくなるから。

一定の温度を保って溶接をするのは大事なんだと思う。 …たぶん^^;(笑)









パイプとフランジの溶接。

こっちはフランジが厚いので、溶かす為に連続してビードを描いていきます。

パイプは薄いので回しながらヒュッと入れていく感じかな?

因みに2通りとも溶接機のパワーは全開です。じゃないと溶けないのが100V溶接機。かな?










やっぱりいつもやってないと溶接は上手くなりませんね^^;

でも面白いな溶接は♪ 暑いけど(苦笑)

とりあえずここまで出来ました。








次は触媒からのパイピングですけど…アレは鬼門だな( 一一)



Posted at 2018/07/22 21:32:11 | コメント(1) | トラックバック(0) | 造りモノ | クルマ
2018年07月21日 イイね!

サイレントマフラーの製作 ④


分岐パイプからサイレンサーまでのパイピングの製作です。

ココは30°の曲がりパイプを用意して、チマチマ合わせていきます。

んー、思った以上にすんなり出来てしまった(^^;

コツは… イメージです(笑)














少しエキゾーストパイプが低い感じだけど、少し迷いますね。。。

なるべく高くした方が安全ではあるのだけど、少し低く設定したいんですよね。。。

FCの2本出しマフラーの場合、後ろから見てエキゾーストパイプが低い位置だと見えるし、

それがまた低さと存在感を強調するからヴィジュアル面では好きなんです(^^ゞ

そうゆうのナイですか???











改めて触媒の向きも気になるな。。。

Fパイプの方向がイマイチ(^^; もっとストレートな方向に持っていきたいね!

色々と思う事はあるし、まだ補正出来る段階なので迷います(^^;












こうも作業が進んでいるのは、サイレンサーを既製品を使ったからに他ならないです。

サイレンサーもハンガーも製作~…なんて気が遠くなります(^^;

DIYも結構なんだけど、自分の力量とか作業性を考えないと苦しいだけっす。

自分の出来る事を考えつつ、少しづつレベルアップしていくのがDIYの神髄だと思うんよね。












粗方作業を終わりにして近所の夏祭りに行ってきました♪

作業の後の生ビールは最高っす♪ (*≧∇≦)ノd□ ビールがウマイッ!

夏らしく今日はこんな〆で(*´꒳`*) 

















Posted at 2018/07/21 19:08:17 | コメント(3) | トラックバック(0) | 造りモノ | クルマ

プロフィール

「FC3S リアアームピロ化 ブッシュ抜き編 http://cvw.jp/b/435963/41833266/
何シテル?   08/14 22:01
FC3Sを自分で色々やってます。 ハードな作業は外注ですが基本的にDIY。 プロバリなクォリティーを目指したいですね! サーキット走行が好きで...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

ファン

74 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ RX-7 マツダ RX-7
以前はヤフブロで書いてました。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.