• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

おにぼうのブログ一覧

2018年04月14日 イイね!

ご一緒にエアインダクションキットもいかがですか?

ご一緒にエアインダクションキットもいかがですか?もう3年目です。車検です。
車検前には、ディーラー様から案内が来ますね。
お安くはならないようですが、日程が短くなるようです。



それではと、事前点検に出してきました。
特に問題はないということで、見積もりを頂戴したのですが、エアインダクションキットもいかがですか?って言われました。



某ファストフード店のようにご商売が上手ですね。
思わず、お願いします。って言いそうです。
このエアインダクションキットは、次の点が魅力ですね。

純正同様にブローバイガスをリターンさせる構造
アルミ製ヒートインシュレーターによる遮熱
ワイパーモーター部のカウル切削によるフレッシュエア導入

しかしながら、この製品に限らず、このタイプのフィルタの性能は純正品よりも吸気に重点を置いたものになっているため、微細な粒子がまで取り切れないそうです。もっとも、日本で使用するにあたっては純正品がオーバースペックで、この製品のフィルタで十分だという話でした。

ただ、私の場合過走行を覚悟していますので、文字どおり塵も積もれば山となるで、何らかの影響が出そうな気がしてきて、見送ることにしました。


そして、車検が終わり、ディーラーのメカニックのSさんと点検の様子をお聞きしていると、リヤにキャンバーシムを入れたらどうですか?と勧められました。
確かに、リアタイヤはイン側が浮き気味なのかも知れません。アウト側がすり減っていきますからね。
こっちは、コーナー中のリヤのグリップが増すからお勧めですよ、ってやっぱり商売上手ですよね。
いやいや、昨年夏もそう言われていましたが、お断りさせていただいていたのです。
でも、コーナー中のグリップ、良くなって欲しい気もします。
うーん、悩みますね。どうしましょう。
Posted at 2018/04/14 22:23:18 | コメント(1) | トラックバック(0) | | クルマ
2018年03月31日 イイね!

鈴鹿ツインサーキット Project1 フルコースのフリー走行 2/2

鈴鹿ツインサーキット Project1 フルコースのフリー走行 2/2さて、2枠目と3枠目の間に30分の休憩時間を入れておきました。アバルトも休ませないと持たないでしょうからね。
で、ぶらぶらとあちこち撮影してみます。
就学前の ちびっこオフロードレーサー が2名フル装備で準備していましたので、保護者の方と話していたのですが、写真はNGだそうです。もうちょっと頑張ったら公開してもいいらしいので、頑張ってくださいね。その時は撮影させてくださいって、言っておきました。

alt
ABARERU号ですね。もちろんサーキット仕様になっています。こういう車があると楽しいでしょうね。

alt
こちらのS2000もとても速かったです。もちろんサーキット仕様になっています。こういう車があると・・・ 以下略・・・

alt

気がつくと、暴れる号ばかり撮影してました。

私の車も撮影しておこうっと。

alt

alt

こんなもんでしょうね。
周りの車に比べると、背も高くて全く乗用車ですね。でも、いいんです。アバルトでサーキットを走るのは楽しいですから。

さてさて、3枠目の走行に入ります。
1枠目、2枠目までは気持ちよく走行できていたのですが、30分休憩後の3枠目で、そろそろタイヤのグリップが落ちてきていたようです。やっぱり3枠も走行枠を購入しなければ良かったかなぁ、なんて思いながら、燃料計を見るとあと2目盛りしかありません。3枠目も残り15分を切っています。なんとかガス欠にならずに済んだかなぁ、なんて思っているとやってきました。Warning Low Fuel!サーキットから目当てのガソリンスタンドまで10kmほどあります。このままサーキットで走行を続けていて、ガソリンスタンドまでたどり着けないと困ります。ちょっと悩んで、最後に1本だけしっかり走って終わることにします。そのくらいなら、なんとかガス欠にはならないでしょうから。
後から計算してみると、サーキットでの今回の燃費は、3.75km/Lのようです。
これまでのサーキット走行の燃費から、今回のサーキット走行の燃費も5km/Lと読んでいたのですが、大きく計算を外してしまいました。

そして、本日の結果です。前回の自己ベストが1’16’’517でした。
今回は、1’16’’042と自己ベストを更新しました。これは新品タイヤのお陰でしょう。3枠目は17秒台がやっとということで、タイヤのグリップが落ちてきたのが影響していますね。

では、撤収してガソリンを補給、桜えびのかき揚げうどんの補給に行きましょう。
次回ここに来れるのは、夏でしょうか。また夏が楽しみです。

alt

サーキットを出て数kmのところで、前方の車がスローダウンします。渋滞・・・ じゃないよね。
あの速かったセブンが路肩に停まっています。どうしたんだろうと、その前に私の車を止めて話を聞くと、どうやらガス欠のようで、困っておられるご様子です。「最後の1本でなんだか様子が怪しかったんだ」「ガス欠だと思う」。そうなら、ガソリンスタンドまで行って、ガソリン携行缶を借りてガソリンを運んであげましょう。と言うことになり、ガソリンスタンドへ直行です。私の車も燃料警告灯が点いていますので、先に私の車を給油して、ガソリンスタンドでガソリン携行缶を借り、10L入れて運びます。

alt

このセブン。速かったですし、格好良いですよね。
フェンダーはカーボンのようです。
セブン、いいなぁ、欲しいなぁ。なんて、買えもしないのに思ってしまってました。

セブンの給油を初めて見ました。給油口の写真を撮らなかったのが失敗でしたが、漏斗を完備されているんですね。ガソリンスタンドの方が、セブンはゆっくり給油しないと溢れるから10Lを持っていってくださいって、20L缶でしたが、10L給油です。でも、ゆっくりゆっくり給油です。
ガソリン10Lをセブンに補給すると、ちゃんとエンジンが掛かりました。エンジントラブルじゃなくてガス欠でした。良かったです。

でも、セブンの給油ってああやるんだ・・・ と思うと、一気にセブン欲しい病が失せていったのでした。

では、セブンのオーナーさんに別れを告げて、桜えびのかき揚げうどんを補給です。写真を撮らなかったのが失敗です。美味しかったですよ。

alt

名阪国道を小倉ICで降りて、突き当りのここを左折して、奈良ニュルへ入ります。

前回の帰りは雨でしたので名阪国道を天理まで走りきりましたが、今回は晴天ですから通称奈良ニュルと呼ばれるコースを使って帰りましょう。

alt


この道は車が少なくて気持ちいいコースですね。


alt

帰ってきた翌日。ホイールがブレーキダストで真っ黒になっていますので、洗おうかなぁ、と思いながらブレーキローターを点検していると、クラックを発見してしまいました。
まだ当面は走行可能でしょうが、このままサーキットにはいけません。
タイヤの次はブレーキローターの交換ですね。
Posted at 2018/03/31 21:56:42 | コメント(1) | トラックバック(0) | サーキット走行 | クルマ
2018年03月30日 イイね!

鈴鹿ツインサーキット Project1 フルコースのフリー走行 1/2

鈴鹿ツインサーキット Project1 フルコースのフリー走行 1/2今月9日にも行ってきた鈴鹿ツインサーキットにまた行ってきました。
今回もProject1ですから、1750mのフルコースのフリー走行となります。
事前に予約をすると少しお安くなりますから、予約しておきます。
9:00から30分間の走行枠が5枠あります。いろいろ考えたのですが、今回は2枠・3枠・5枠と予約しておきました。
2枠から走行開始ですから、9:30の走行までに準備が整えば良いので、比較的ゆっくり出発できますね。
今回は3枠90分間走行する予定です。30分でおよそ6Lのガソリンを消費する計算をしています。
自宅からサーキットまでおよそ100kmで、この走行でも6Lのガソリンを消費します。
つまり、ガソリン満タンで出発してもサーキットの走行終了時には24Lを消費していることになり、帰る前にどこかでガソリンを入れて帰らねばなりません。そうしないと、途中でガス欠になってしまいます。
では、出発前に鈴鹿ツインサーキット周辺のどの辺りにガソリンスタンドがあるかを検索して、良さそうなところをピックアップしておきました。
事前にわかっておくといざというときに慌てませんよね。
このガソリンスタンドの前にはうどん屋が! 桜えびのかき揚げうどんが名物のようです。
これは楽しみが増えました。昼食はここにする予定です。

alt

さて、鈴鹿ツインサーキットに到着です。
受付をして、走行券をもらいます。
荷物をおろして、空気圧を調整して、ホイールナットの締め付け具合のチェックをして・・・
私にできることはこのくらいです。


alt

走行時間になったので、コースに出ます。
先日交換したばかりのフェデラルRS-RRは結構良い仕事をしてくれます。ナンカンNS-2Rはリヤがズルズル滑って、これはこれで面白かったのですが、フェデラルRS-RRはリヤもしっかり踏ん張ってくれます。頼もしいです。

今日はいろいろな車が走行しています。


alt

ABARERUのサイドステッカーが格好いいダイハツ ミラ エッセがお隣さんでした。
今回がシェイクダウンだそうで、リアウィンドウには大きくカタカナで縦に「ナラシ」って貼ってありました。


alt

セブンやレーシング軽トラもいます。
セブンはむっちゃ速かったです。


alt

3枠目が終わって5枠目走行までの間にウロウロして、レーシング軽トラのオーナーさんと話をすることが出来ました。
聞くとリヤのトラクションが全くかからないので、リヤのオーバーハングにある燃料タンクにガソリン満タンするとか、リヤサスペンションを柔らかくするとか、いろいろ工夫をしているそうです。


alt

「でも、やっぱり1回スピンしてしまいましたぁ」と笑っておられましたが、それ、私の目の前でおやりになられましたよね。ちょっとびっくりしました。
一般公道では、アオリも付けて走行されるようです。

では、次回は3枠目走行とその後です。
Posted at 2018/03/30 23:01:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | サーキット走行 | クルマ
2018年03月28日 イイね!

やっぱりフェデラルのタイヤノイズが好き

やっぱりフェデラルのタイヤノイズが好きタイヤを新しくしました。
昨日予約を入れていましたので、交換してきました。
タイヤはフェデラルの595RS-RRです。
サイズは、ちょっと幅広で215/40ZR17 87W XLとなります。
これは、昨日のブログ「そうだ! タイヤを買おう! もちろん爆音タイヤ!」のとおりです。

alt

ロードインデックス(LI)が87になりますから、純正LIの84と同じタイヤ負荷能力を確保すると、次の空気圧になります。

フロント LI 84 空気圧 230kPa 負荷能力 415kg → LI 87 空気圧 210kPa 負荷能力 420kg
リヤ   LI 84 空気圧 210kPa 負荷能力 385kg → LI 87 空気圧 200kPa 負荷能力 405kg

空気圧200kPa以下の表がありませんので、リアタイヤは200kPaにしておくのが良さそうですね。

alt

リヤを交換中です。
タイヤ交換後、タイヤのバランスで、錘を20gしか使わなかった、と聞きました。
前のナンカンNS-2Rは沢山の錘を貼り付けていたのですが、フェデラルは優秀なんでしょうね。

錘が少ない分、バネ下重量が軽くなって運動性能が上がったでしょうか。
いや、幅が広い分、重くなっているはずです。


alt

alt

炎のようなパターンがちょっと嬉しいです。
やる気にさせる ファイアパターン ?
でも、ちゃんと排水性能などが考えられたパターンだそうです。


alt

alt

2017年35週ってことですね。昨年の8月下旬製造ってことでしょう。




タイヤの摩耗指数は200だそうです。このタイヤは、2016年12月以前は140って表示されていたのです。

595RS-RR 仕様変更のお知らせ



うーん。よく理解できませんが、いい加減な会社ではないことを祈っています。


alt

タイヤ溝は、およそ5.8mmでした。

気になるタイヤのロードノイズは、思っていたより小さいです。
でも、ナンカンNS-2Rのゴゥンゴゥン・・・と唸るノイズより、フェデラルのブーーーンと鳴り続けるノイズの方が好きです。ノイズは今のところ、595RS-Rと同じです。
Posted at 2018/03/28 23:23:39 | コメント(1) | トラックバック(0) | アバルト595 | クルマ
2018年03月27日 イイね!

そうだ! タイヤを買おう! もちろん爆音タイヤ!

そうだ! タイヤを買おう! もちろん爆音タイヤ!先日のサーキット走行で、左前タイヤにヒビ割れが出ました。
大したことないだろうと思っていました。
しかし、少し不安になったので、調べてみたのです。
こんなの全然問題無し! ってのを期待して・・・



こういうヒビ割れというか、ササクレというか、ウロコ状のものが全周に渡って起きています。

タイヤのトレッド面(地面に当たる面)のヒビ割れであれば、交換の必要はないということなのですが、タイヤの外周角の割れは交換の目安だそうです。一般道の走行は問題ありませんが、レースやラリーに出てはいけません。早期の交換をお勧めします。と、いうコメントが出ていました。
ああ、やっぱりダメです
レースには出ませんが、サーキットを走りたいです。
このタイヤに交換後およそ1万キロを走行して、溝はまだ5mm位あります。新品の6.7mmから2mmくらいしか使用していません。少なく見積もってもあと5000kmほどは走行できると思っていたのですが、不安を抱えて走行するのはよくありませんね。



この画像とタイトル画像は、フェデラルのカタログから頂戴しました。
フェデラルのカタログはなぜかトリコローレカラーです。これはイタリアを強く意識しているんでしょうか。

では、早速新しいタイヤを購入しようと思います。
595RS-R → NS-2R → NS-2R と来ていますから、当然次も爆音タイヤですね。
次のタイヤは、1年前に買おうとして買えなかったFederal 595RS-RRにしようと思います。
昨年の1月17日に台湾のフェデラルのタイヤ保管庫が火事になったため流通が滞り、昨年は買えなかったのです。
595RS-RやNS-2R以上にタイヤノイズが大きいという噂です。でも、爆音、爆音、どんとこい!

アクセル踏めばレコードモンツァがゲロゲロガロガロ、ブレーキ踏めばブレーキパッドがキーキークーキー、そしてスピード出せばタイヤノイズがゴーゴーゴー
一人で乗っても賑やかです。

alt
画像は、ナンカンのカタログから頂戴しました。

現在装着しているナンカンNS-2Rも悪いタイヤではありません。NS-2Rは安さ魅力ですね。タイヤ単品で税込み8500円ほどです。
Federal 595RS-Rに比べると冷間時のグリップが良くないように思いますが、温まれば問題ありません。コストパフォーマンスは最高だと思います。
ただ、昨年2回もナンカンNS-2Rを購入していますので、そろそろ違う銘柄を試してみたくなりますよね。

そうと決まれば、早速連絡です。以前Federal 595RS-Rを購入装着したお店に連絡すると、タイヤは取り寄せで時間がかかるんだそうです。
そういえば、フェデラルだけを正規販売している店がありました。早速連絡すると、在庫有りで、お値段もお安くしてもらえるようです。職場から車で30分の距離でこちらの方が遠いんですが、在庫と値段には勝てません。この店舗で交換の予約を入れました。

では、明日、交換に行ってきます。ゲロゲロガロガロ、キーキークーキー言わせながら。
Posted at 2018/03/27 18:00:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | アバルト595 | クルマ

プロフィール

「名古屋、コンパルのロースカツサンド
美味しかったです。
昼夜と名古屋のカツを堪能しています。」
何シテル?   11/04 19:40
はじめまして。 おにぼうと申します。 由来は、WRC世界ラリー選手権ラリーフィンランドの名物ステージ ouninpohja をもじっています。 でも、最近...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

ドアノブ樹脂の色艶褪せ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/22 20:04:14
Museo Nazionale dell'Automobile 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/17 13:12:31
フロント フェアリング タイヤ前 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/09 20:02:13

ファン

91 人のファンがいます

愛車一覧

フィアット アバルト・595 (ハッチバック) フィアット アバルト・595 (ハッチバック)
右ハンドルですが、初外車です。 いろいろ心配していますが、なんとかなるかな。 2015 ...
トヨタ ノア トヨタ ノア
もうハイブリッドじゃなくてもいいかな。幅の広い車は、駐車場までのアクセス路で気を使うし。 ...
トヨタ エスティマハイブリッド トヨタ エスティマハイブリッド
次もRV車をと思ってディフェンダー110を狙ってたんですが、ミニバンハイブリッドというの ...
トヨタ ハイラックスサーフ トヨタ ハイラックスサーフ
RV車が欲しくなって、新車購入。 2インチくらい車高を上げてました。 また、構造変更して ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.