• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

sin@monのブログ一覧

2018年12月02日 イイね!

響け!有頂天デカルチャー!がきれい

響け!有頂天デカルチャー!がきれい 11/23(金・祝)前回の続きです。


 うん十年ぶり?の京都へ向かいました。

 今まで何度も行きたいと思いつつ、なかなか行かれませんでした。

 何が自分を駆り立てたのか?

 まさかこんな単純な理由で?

 いや、決して単純ではない想いは前回書いた通り。。


 布石はあったのです。

 1週間前、この情報が出た時にシミュレーションはしていました。

 しかし、どう考えても観光などしている時間は無い。

 それでも行かれる場所は?

 「宇治」だけは何としても行きたいな。でもゆっくりはしていられない。

 食事は?「北白川」?

 交通手段も色々探しましたが、始発の新幹線以外の選択肢が無い。


 そんな時、先日宇治へ行った方がバニーガール先輩を探しにこちらへ来るというw

 いや、触発された訳ではないのですが、参考にはさせていただきました。


 さすがに思い付きだけで行ってしまうような危険は犯しませんよ(^^;


 とりあえず「運」に任せようと最後の悪あがき。目覚まし時計はあえてセットしません。

 「もし、起きてしまったら行こうかな?」的な。。。

 結果、ろくに眠れずでしたが、とにかく最寄り駅へ。


----------

 始発の新幹線。


 甘く見ていました。。。


 少しでもケチろうと自由席を買ってしまい、ホームに向かうと多くの方が・・・


 既に乗車率150%とのアナウンス。


 そういやオイラ、3連休初日に世界的に有名な観光地に行こうとしてるんだったよw


 結局、デッキに立ったまま2時間。。。。。


 睡眠など取れるどころか疲れ果てて京都着w


 さすがに帰りの指定席を確保。遅くとも16時半までには東京着。

 滞在時間は5時間程度か・・・


 土地勘が無いので地図アプリを見ながら方向を確認。自分、海外でも迷わない自信はある。せっかくなので観光を兼ねて徒歩で現場へと向かう。

 ところが意外と距離あったwww



 
 到着すると既に150人くらい並んでたかな?

 開店は10時半。

 9時半から10時の間に並ぶとランダムで入場券をもらえるシステム。当然、早く並べば早い順番の中でランダムになる。

 あまり早く並んではいけないとの事でしたが、関係ありませんでしたね。


 運命の時。これで今日の行動パターンが決まる。

 マジか!終わった。。。


 この時点で東京行きは無くなった。鶴さん諦め・・・・・ってあれ?ここ京都じゃん?

 シェリルさんしか頭に無かったのですっかり忘れてましたww

 22時までに帰れれば良い。遠藤綾さんが出演するマクとま観るんだ。


 ならば、時間の許す限り思いっきり楽しんじゃおう!!



 そう思うと色々な作品が脳内を駆け巡る不思議(^^;

 で、舞台めぐりアプリを起動。うん。間違いない。この近くだ。


 という訳で、同じ通り添いのここへ人探しに♪



 うーん、居ないなぁ・・・という事でコチラへ。




 まさかここへ来るとは、川越を散策している時には思いもしませんでした。



 大丸から本能寺へ。道すがら「この辺、ふたりはどういう気持ちで歩いたんだろう?」などとアーケードを歩きながら想いを馳せる。作品では語られないこういう雰囲気を感じる。これが舞台めぐりの醍醐味。
 さすがに他のスポットへ行っている余裕はありませんが、ここはターニングポイントになった大切な場所。来られて良かった。


 そしてもうひとつ。京都マルイ周辺は「有頂天家族」の舞台でもある。ふぁなみりーとしては「色々な意味で」想い入れのある作品。ここもまた来たかった場所。

 ホント、すぐ近所でしたね。



 で、本能寺ついでに更に奥へ・・・


 鴨川沿いを進み、目的地はここ。




 こっちね♪



 「鴨川デルタ」です。左岸へ渡る道は他に選択肢がありませんw




 さすがに下鴨神社に寄る時間は無い。

 左岸に渡り、天一本店を目前にしつつ断念し、いよいよ京阪電車へ。このまま一気に下って(?)と行きたいところですが一旦京都駅に戻り、新幹線の時間と行き先を変更。これで夜までゆっくり出来る。

 寝不足に加え新幹線立ちっぱなし、更にかなり歩いた為にこの時点で身体中悲鳴を上げています。。仕方なくイノダコーヒーで昼食。

 京都はシャレたカフェがたくさんあるのですが時間があればねぇ。

 ま、どうせカフェならそのうち「森の魔女カフェ」にでも行ってみるさ←


----------


 さて、ここで丁度良い時間になりました。

 京都マルイへ戻り、物販列へ。

 一応売り切れ情報はチェックしながらでしたが、貼り出されている完売情報は2つほど・・・・・


 って、あれ?パーカーって何??しかもレイナ??


 あぁ、なるほど。過去の商品も置いてあるのか!

 とりあえず目的のものはまだ残っている。

 いよいよ入店。




 目的のモノをとりあえずショッパーズバッグに入れてから試着。サイズは良い。着心地も良い(気分的にも)♪
 陳列品が最後の一着だったので前の方が声をかけてくれたが追加されひと安心。てか、自分は先に確保してますw



 他にも物色。やはり「激情のオシャレマクロスデルタ」の商品がたくさん並んでる。

 しかもメッサーT普通にあるしwww

 でも・・・もう遅いのや。。


 他にも「蘭花絢爛」モノがたくさん。想定外の状況に爆買いこらえるのが大変。。

 とんだ精神修行。。。



 そしてまた新たな展開。コスメとか凄いけど、もっと本気を感じたのがコレ。



 凄く良いものだけど、価格も凄かったw

 しかしホント、オイラの何処に行ったのだろう??


 そしてレジへ。この日発売の一番くじを引く。

 『FIGURE SPIRITS KUJI マクロスF 10th アニバーサリー -シェリル・ノーム-

 江端さん描き下ろしのシェリルさんが必ず当たる新たな一番くじ。(なので高価)

 実は例の「黒幕さん」が朝から買いに行ってB賞とC賞だったとの事。


 その恨み、晴らしましょう。チャンスは1回。デカイから持ち歩きたくないので・・・


 キッチリA賞を引き当てる!さすがオレ!!


 更にガラガラも当ててしまったというwww



 通常は1枚のみ。当たったので全部セット♪

  という訳で、この大荷物を持って後半へ♪


 と、その前に腹ごしらえ。



 確かに「ケー鯛」ですね♪ 養殖ですが。。

 さすがにジャーマンポテトは選びませんねぇ。。味はまぁ普通?



 袋に入っているのではなく、別途貰えるという太っ腹w



----------


 さて、残り時間も少なくなってきました。いよいよ京阪電車に乗ってもうひとつの目的地へ。どこまで回れるか、既に予定から大幅にズレています。無駄な動きをせず臨機応変に行きましょう。

 という訳で、一路「宇治」方面へ。

 途中、伏見稲荷も寄れない。八坂神社も行っていない。もちろん清水寺も。。

 MEは何しに京都へ?



 とにかく、絶対に行きたい場所だけ地図で確認。日没も近い。2時間以内に戻らないと帰りの新幹線に間に合わない。とにかく感覚を頼りに最寄り駅からひたすら歩く。


 これが見えた時には感動というか、様々な想いが湧き上がる。。。




 「2」の中では本当に特別な、大好きなシーンです。



 丁度同じような時間帯でした。この時間独特の空気、風や音を感じる。こういうコトが大事。本当に静かな場所。今にもユーフォが聴こえてきそう。。。

 残念なのは工事中で中に入れなかったこと。まぁ、仕方ない。。

 ここから宇治駅まで川沿いを歩く。涼やかな風に吹かれ、こういう時間が愛おしい・・・

 このシーンでも描かれていますが、宇治駅までは歩ける距離。そのすぐ先に例の橋があります。下調べをしていなかったので、この距離感や位置関係は色々な意味で収穫でした。

 そうなると、どうしてもあのシーンの場所を特定したくなるもの。この橋の何処だろう?



 脳内で再生・・・確か右に曲がって走り抜けた先、奥に電車が走っていたなぁ・・・


 と言う事で、恐らくこの場所と断定!「写真で一言。」と呟いたのですがw





 おぉ!大正解でしたね(^^;


 更に奥まで進みます。



 そしてここまで来て初めて気付く事実。

 まさかここって、世界遺産の超有名な場所じゃねっすか!

 10円玉とか1万円札の!!

 
 多分、ここに来る目的でこんなヤツ居ないでしょうwww


 しかも時間が無いから入らずにココだけ見て帰るって(^^;



 せっかく宇治に来たのだから、せめて超濃厚抹茶ソフトを食す。

 そして構造が有名な京阪宇治駅へ。



 居ました。見逃すところだった。。



 そして最終目的地へ。

 すっかり暗くなりましたが、ここへ来る時間を何とか余らせる事が出来ました。





 「リズと青い鳥」いよいよBD&DVDが発売されますね。

 本当に素晴らしい作品。何度観ても楽しみです♪

 あと1時間あれば学校関係を回りあの道を歩きたかったのですが。。また桜の季節に来たいなぁ。。


 もうここで何かを購入する余裕は無かったのですが、せめてものお買い物。

 あぁ、やはり横須賀の振替公演行きたいなぁ。まさか「のぞ先輩」のFCイベントと被るとか・・・・・どんな冗談だよ。。。





 あぁ、これだけで涙腺が・・・


 ともかく、最低限度の目的は果たしました。




 今回のブログタイトル、「響け!有頂天デカルチャー!がきれいだった件」になるはずでしたが欲張り過ぎでしたね(^^;

 すったもんだの1日でしたが、結果的に十分堪能出来ました。鶴さんのリリイベに行かれなかった代わりに宇治に行かれたのも運命のイタズラか。

 そして帰りの新幹線、ふと空を見上げるときれいな月が出ている。何とこの日は「満月」だったんですね。

 「ムーンリバー」的にも、「月がきれい」的にも意味のあること。そして何より・・・バニーさんがこの旅を祝福してくれているようで・・・♪



 今回「京都」に行って分かった事。やはり歴史ある素晴らしい場所。世界的に有名な観光地。次はいつ行かれるか分かりませんが、しっかり下準備してから行かねば。(←何の?)


 帰宅後「マクとま」を観ると、綾さんがあのスカジャンを着てるじゃないですかっ!

 あはは。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


 今回の戦利品。

 スカジャンは今後予定しているライブで着て行かれたらいいなぁというのがキッカケでした。



 ついでにTシャツとシュシュ。



 「23日限定 バースデーポストカード」「おしゃれまくろす 雪露繚乱 オリジナル大判カード」



 「クリアファイル」「ポストカード」(蘭花含む)




 そして、一番くじ A賞♪






 シェリルさんの造形って難しいそうです。江端さん自身も微妙な角度の違いで別人になってしまうとおっしゃるほど。

 ストロベリーブロンドの髪色も表現難しいでしょうね。どうしてもピンクになってしまう。ピンクではないのだよ。。

 そういう観点からも、ホント細部に渡って拘った作品。ちゃんと瞳もハートですよ♪


 さて、暫く節約生活しなきゃだな。。。


 (あれ?他にもカナメさん扇子とか購入したはずだが・・・まいっか。)


Posted at 2018/12/02 00:09:34 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記 | 日記
2018年11月25日 イイね!

2041年11月23日

2041年11月23日 2041年11月23日(公証年代不明)

 後に「銀河の妖精」と呼ばれるシェリル・ノーム生誕まであと23年!?


 現在、「マクロスF」10周年ということで様々な事が進んでいますが、自分にとってはターニングポイントとなった大切な作品。この作品との出会いが無ければ今の私は全く違う趣味、生き方をしていたでしょう。

 そして様々な、大切な出会いをもたらしてくれた作品でもあり、お付き合いくださる方々には本当に感謝しております。


 まぁ、このハナシには「黒幕」が居る訳なのですが・・・・・w

 その方との出会いもたまたま同じ車種に乗っていて「みんカラ」で目に付いたのがきっかけ。なので、ワタシは「縁」を大切にし、堂々とこういう内容を思うままに書き綴っているのです。

 今でも一番大切にしているこの子たち。



 「劇場版 マクロスF 恋離飛翼〜サヨナラノツバサ〜」前売り券の特典ですが、当時ワタシは別の仕事をしており発売日に絶対休めず、代わりに毎回朝早くから並んで全て入手してくださったのも「黒幕さん」(←今回これで通そうw)です。

 公開初日も仕事終わりまで待ってくださり、夜一緒に劇場で鑑賞しました。

 初めてのライ部活動にも付き添ってくださいました。

 同じ価値観を共有できるってホント素晴らしい。


 当時からお付き合いしてくださっている方はご存じ、ワタシが最も尊敬するアーティスト、それが「シェリル・ノーム」なのです。これは今でも全くブレていません。


 シェリルファンは周囲にもたくさんいらっしゃいますが、ビジュアルや歌は当然の事ながら、私の場合は彼女の「生きる姿勢」にもの凄く共感する部分があるのです。

 「プロ」として絶対に負けられない、多くの人たちに夢や希望を与え続ける為には弱みを見せる訳には行かない、その為ならば自分をも犠牲にする姿勢は自分も仕事の上で似たような部分があり・・・

 反面、本当は臆病で自信が無く誰かにすがりたい。でもプライドからそんな事は出来ない。結果的に孤独を選んでしまう・・・それもまた自分に対比してしまう。。


 「リアル感」を大切にするマクロスという作品だからこそ。こんなに人間臭く愛おしいのですから、もはや次元を超えた存在として自分の中に居続けています。


 そんな彼女の2面性を見事に表したのが『ユニバーサル・バニー』なんですよね。

 そういう意味で大好きな楽曲です。
 



 この演出を越える為に後の作品はどんどんエスカレートして行きましたね。



 全力でフライングジャンプしてしまった方多数・・・w


 そう言えば公式イヤリングをお守りとしてルームミラーにぶら下げていましたが、乗り換えと共に何処かへ大切にしまい込んで見付からないんですよね。。


 元々「マクロス ゼロ」が好きでしたから、「マクロスF」、シェリル・ノーム、ランカ・リーはあっさり受け入れられました。だから「マクロスΔ」も延長線上なのです。「ゼロ」を知らなければ「F」も「Δ」も本当の意味が解らないと思います。

 そういう意味で「犬フェス」には色々な意味で大いに期待していたり。


 さて、書き出したらキリがありません。

 過去に濃厚なブログを多数書いていますのでこの辺にして本題へ。


----------


 「おしゃれまくろす雪露繚乱」


 シェリルの誕生日に合わせた11/23~25の期間、京都マルイにて開催されました。「雪露」とはシェリル・ノームの中国名。「百花繚乱」に文字っているのはシェリルらしくてセンス良いですね。

 ちなみに以前、ランカ・リーの誕生日に合わせて「おしゃれまくろす 蘭花絢爛」が開催されましたね。もちろん「蘭花」は「蘭花 李」の事。「豪華絢爛」に文字っています。


 「オシャレマクロス」は過去何度もマルイで開催されていますが、マクロスとのオリジナルコラボ商品の質が高く毎回大盛況で完売続出、夏に新宿で開催された「激情のオシャレマクロスΔ」では仕事の都合で見事入場すら出来ないという玉砕に会いました。。。

 ちなみに最近きよさんも着けているメッサーバングル、ワタシも入手してライブで装着していますが「オシャレマクロスデルタ」の商品です。


 京都マルイ開催の「おしゃれまくろす」は京都らしい和風のテイストが魅力。ですがさすがに遠いので買い物程度で簡単には行かれない。。

 ちなみに最近ようやくライブでは遠出するようになりましたが、大阪、名古屋は行っても京都には中学の修学旅行以来行った記憶が無い。てか行く用事が無い。。

 「京アニ」作品が好きなのにね。。さすがに「P.A.WORKS」の本拠地である北陸には何度か行きましたが・・・


 で、今回も指をくわえて星間静観するつもりでしたが・・・商品ラインナップを見て衝撃が走る!


 まさかの「ユニバーサル・バニー」ですよ!

 いや、これはマジで欲しいっ!!

 で、一応絶対行くであろう方に向けて呟いてみたが仕事との事。。

 だからといって・・・


 そうだ!京都行こう!!


 と簡単には行かない。


 ①行くならば初日の朝から並ぶ必要がある。
 ②前日は遅くまで仕事。翌日も仕事。。
 ③当日、ラクーアで鶴さんのリリイベがある!


 せっかく行っても入店はランダム抽選順。買えないリスクはある。激情の時はお目当てのメッサーTが瞬殺だった。交通費もバカにならない。。

 てか、鶴さんですよ。


 先日の発売前イベントは歌唱無し。トークイベントと握手会だった。とは言え、握手と言っても約1分間、手を握ったまま存分にお話が出来るというものだった。

 その時貰ったカードが左のもの。下の特典に書いてある通り、今回から鶴さんを取り巻くスタッフが総入れ替えになって新生「TRUE」としての初シングル。
 スタイリストが違うからジャケ写もいつもと違う。曲調もMVも今までに無い感じ。
 早く生で聴きたい・・・


 そんな葛藤もあり、直前までずっと悩んで無理して行かない方向に・・・


 とりあえず早めに就寝。。

 が、眠れない。。。

 結局4時にバッチリ目が覚めてしまう。。。

 もうこうなったら仕方ない。


 そうだ!京都行こう!!



 という訳で、最近話題のバニーガール先輩ではなく、ユニバーサル・バニーを追って西方に向けて始発の新幹線「ひかり」の矢を放つのでした!




 つづく♪


Posted at 2018/11/25 23:51:04 | コメント(1) | トラックバック(0) | マクロス | 日記
2018年11月19日 イイね!

ぼくたちのヴィーナスに逢って来た♪

ぼくたちのヴィーナスに逢って来た♪ 2018年11月18日(日)

 安野希世乃 2ndミニアルバム『笑顔。』

 ゲートシティ大崎にて開催されたリリースイベントに行って来ました。

 なんかもう、ここまで続くと完全にアレですねw



 特に意識はしていないのです。たまたま日程が続いただけ。。ま、それだけ活躍しているということでしょうか。恐らく今年の参戦ランキングは数えるまでも無く1位かと(^^;

 きよさんの魅力は直接触れ合ってこそ。純粋で温かい空間を共有できるのが心地よく、ファンを「安野家」と呼ぶのも納得。母のような愛は残念ながら映像や大きなイベントでは伝わらないんですよねぇ。。


 8時より整理券配布開始。早起きして向かいました。



 ここでのリリイベは1stミニアルバム「涙。」以来の2回目。

 「ロケットビート」はラクーアでしたが、この日はお隣で開催されているお祭りから「にわか」さんが雪崩込んで来て平穏を乱される可能性があったので大崎でヨカッタ。。





 無事、整理券をゲット。スタバでまったりしながら時間調整。この時に呟いた「暇だな。ふわふわしようかな。どうしよっかな。」というのは10月からFMヨコハマで始まったこの番組が元ネタでしたw



 嬉しい事に横浜には何かと縁がありますね。ワタシも地元のようなものなので(^^;


 10時めがけて所用でアキバへ移動。予想通りドーム方面からたくさんの方がいらっしゃり・・・そりゃね、彼らにとってはそもそも聖地。至る所でホイホイに引っかかってましたがw

 自分も水色T着込んでいたので違和感無かったという。。。

 12時集合に向けて戻りましたが、集合場所に誰もいない。。

 そりゃそうですよ。リハが始まるんですもの♪



 予想に反し、青系のワンピースで登場したきよさん、ポニテは久しぶりに見たかも?やっぱ似合うわぁ。

 自身で仕切りいきなり歌い始める。周囲にサービスしながらとっても楽しそう。

 前日のANIMAX MUSIXからの勢いか、声の張りが絶好調!初めて生で聴いたという方が凄いと驚いていました。CD音源では味わえないものがあります。

 特に音合わせで軽く歌っていると思ったら一気にスイッチが入って本番さながらの迫力。さすが声のプロ。これは凄いものがあります。

 相変わらずのトーク含め、リハだけでお腹一杯w


 ようやく整列して会場入り。なかなか良い位置。


 時間になり司会がきよさんを呼び込もうとテントに向かって確認を取る。


 ・・・・・・・・・・無反応www


 そしてマネ木さんよりOKの合図。


 ぼくのヴィーナスのイントロが流れ、きよさん登場!


 挨拶かと思ったらそのまま歌い出す。


01_ぼくのヴィーナス


 思い切り愛想振りまいて楽しそうに歌っている。

 やっぱスゲー声が伸びてる。


 てか・・・何その可愛い振り付け!!

 最後に斧乃木余接ちゃんばりのピースサイン♪


 「ブイだよっ♪」「ダブルじゃなくてブイだよっ♪」

 「ヴィーナスのブイでーーすっ♪♪」



  会場内→  ヽ(▽`)ノワーイ♪ヽ(´▽`)ノワーイ♪ヽ( ´▽)ノ


 「ここでのリリイベは2回目。」(ここで思わずVサイン)

 「あっ!2回目のブイだーっ!!」


 ・・・・・もう、何この平和な癒し空間はwww


 そして昨日の件やラジオ番組の話。

 「続いての曲は、番組のテーマ曲にもなっています。」

 「その前にちょっと待って。」と水を飲む。


 客「美味しい??」
 
 安「Good taste!」



02_ふわふわとしてる

 やっぱ声変わるねぇ。ふわふわヴォイスです♪

 この曲は頭サビの後、イントロ、間奏でクラップが入るのですが、初披露なので皆さん遠慮ぎみ。恐らく自分が一番自信持って大きな音だしていたかとw

 その後、皆さん手拍子。でもこの曲は時々ブレイクが入るのでしっかり止めましょう。

 こういうの1発目から決めてあげたら嬉しいでしょ?

 気持ちよく歌って欲しいもの。



 しかし事件は起きてしまった・・・・・


 この曲、Aメロを2回繰り返すのですが、2番は間にブレイクが入り「イヒヒッ♪」というようなメッチャかわええ笑い声が入るのですが・・・


   やらなかった!!


 会場内からは落胆の声が。。。


 そりゃさ、その一言が聞きたくて来ていると言っても過言では無いし。。。

 「キラッ☆」とか「ちゅるっ!」とかQ&Aの「逃がさないで」とか来る瞬間って一瞬静まって全力で耳を傾けるじゃないっすか。あ、でも「キラッ☆」は逆に全力で叫ぶかw

 あれ、来なかったら落胆しません?


 でもね、きよさん悪くない。。


 あんなもん、生でやれったって恥ずかしすぎるわwww

 完全に照れてたもん。無理もない。。

 逆に、あの一言は安易にやって欲しくないくらいのステキな声ですから・・・


 まぁ、ライブに期待しましょう(^^;



 次も初お披露目の曲。

 コール&レスポンスをやりたいと以前に言ってましたが何処でやる?と疑問だった曲。

 練習してみましょうと説明をしている時に皆さん決めてしまい、更に厳しめの採点をつけられてしまうのは誰かさんの影響?

 で、肝心のどこでやるのか説明を忘れ、歌う直前に気付く。間違って頭サビでやっちまう人が出るトコロだったw

 
03_Wonder Shot

 歌い始めると一気にスイッチが入り声も迫力も変わるのはさすが。

 やっぱ盛り上がる曲だわ。一歩間違えると家虎出そうな曲ですが、咲きクラすらやらないのはさすが安野家。一番大切な事は何なのか解っていらっしゃる。

 今日、マジでラクーアじゃなくて良かったと思う。

 ハンカチぶん回すかもしれないので持って行ったのですが使わなかった。ライブではタオル曲になるかな?



 次が最後の曲。

 リリイベなので今日初めての方もいらっしゃるかも知れない。と言う事で、代表的なあの曲しかないでしょう。


04_ロケットビート

 自分、解っていても弦が聴こえた瞬間、超ウルトライントロ的に「AXIA」かと思ったのは単なるビョーキ。さすがにそれは無いですよ。。脳が咄嗟に反応してしまっただけ。

 もうこの曲は激しく盛り上がる形が出来てしまいましたね。

 優先エリア外に居た制服の高校生がひとり家虎的に騒いでたなぁ。。。

 この曲しか知らんのでは?



 最後に記念撮影で終了。

 掛け声はヴィーナスポーズで「ワンダーショット!」


 これ、今後のデフォになりそうw


----------


 ここからは「ハイタッチ&お渡し会」


 多少は話しかけても良いけど立ち止まらず、答えを求めるような質問はしないようにとの注意事項。

 きよさんは何でも時間が押してしまうので仕方ないかな。ラクーアの時はかなり待ったけど1回で参加券の数だけ貰えた。

 どうやら今回は参加券1枚につき1回。複数枚持っていたら何周もしなければならない様子。自分は2枚所持。


 見る見る進んで行きます。それにしても、女性ファンが多いこと。


 自分の番。

 日頃の想いを込めて感謝のひとこと。


 メッチャ満面の笑みで感情のこもった「ありがとうっ♪」いただきましたっ!!



 1周目はこれで良いのです。後半のほうがペースが落ちてゆっくり話せるようになるからね。


 2周目。何だかどんどん人が増えているような?


 無理に話しかけて引き剥がされる方も増えて来た。

 しかし自分、いつもちゃんとお話出来てるので・・・


 今日の事でどうしても言っておきたいことがあったので態度を変えて強気で臨む。



 俺「きよさん!」(と普通に呼んでしまったw)

 安「はいっ!」(ちょっと驚いた表情)

 俺「ライブの時は「イヒヒっ♪」っていうやつ、期待してますからねっ!」

 安「えーーーーっ!」(困り顔を見てやはり照れて出来なかったと確信)

 俺「がんばって♪」

 安「はっ、はいっ。がんばります。。。」(ちいさなガッツポーズの後、手を振る)

 メッチャ照れた「笑顔」いただきましたっ♪


 超高速ハイタッチの中、これでもスタッフに押されなかったw


 約束したかんねーっ!


 この後も列は途切れず2時間くらいやっていた?疲れていても終始「笑顔」なのはさすが。いやホント、きよさんと言えば「笑顔。」ですから。

途中、水を飲んだ時にふと視界に入った真上の人たちに笑顔で手を振ってました。振られた方は突然の出来事に戸惑ってましたねw
ホント、天然さん。純粋なのよね♪


 余韻に浸り、暫しまったり。。。




 はぁ、今年まだ数回会える予定なのよねぇv(^^*



 今日も平和です。



 そういや今回の反省か、今日発表されたみのりんごのリリイベは「光速ハイタッチ会」と書いてあったがwww






Posted at 2018/11/19 23:56:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | ライブ・イベント | 音楽/映画/テレビ
2018年11月17日 イイね!

WALKÜRE CAFÉ 2018

WALKÜRE CAFÉ 2018 2018年2月に開催された"WALKÜRE 3rd LIVE 『ワルキューレは裏切らない』 at 横浜アリーナ"Blu-ray&DVDが2018年10月24日に発売されました。

 これを記念し、昨年に続き11月3日(土)~11月25日(日)の期間、原宿AREA-Qにて「WALKÜRE CAFÉ 2018」が再び開催されています。

 昨年の様子はコチラの「ブログ」と「フォトアルバム」にて。

 前売りチケットによる時間制です。滅多にない平日休み。午前中は「別のカフェ」に行き、夕方の回です。




 象徴的な場面を描きおろしてくれた実田さんに感謝♪


 3rdライブ「ワルキューレは裏切らない」については過去たくさん書いて来ましたが、現地では見えなかった演出や表情を改めて見ると様々な感情が湧き出てきます。

 そして自分、あの大きな会場でこんな至近距離に居たんだぁと改めて実感w



 今だから書きますが、この位置から見える風景はステージ裏の一部、ステージモニターに出される進行や動きの指示、バンドメンバーの手元や楽譜、セトリ(もちろん遠くて読めませんがブロック分けは読み取れます)まで見えて「運営目線」を感じる貴重な体験でした。

 もちろん、ムービングステージがせり上がってくるのをいち早く察知。まさかそのままあんな遠くまで行ってしまうとは思いませんでしたが(^^;

 そして豊洲の最前線を体験。彼女たちの息遣い、ほとばしる汗や筋肉の動き、表情の変化を至近距離で目の当たりにし、更に親近感を覚えるようになりました。やはり彼女達も普通の人間。目に見えて成長していくから応援したくなる。


 「ワルキューレ」「マクロスΔ」は本体ならば2ndライブで終演を迎えるはずでした。


 だからこそ2日目は終始異様な雰囲気に包まれ、会場に居た全員が彼女達の想いを感じて超感動に包まれたのだと思います。

 それを見ていた河森監督が終演直後、「このまま終わらせてはならない」と何も決まっていないのに行動を起こし、激情に繋がったのです。


 ワルキューレもあれから更に成長しました。

 
 8月に開催された「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」に参加した際、アウェー状態の中で観客の心をつかむほどのステージを見て「彼女達のパフォーマンスは既に完成している」と判断。

 そして激情では超高難易度の楽曲、パフォーマンスが用意され、見事にこなしました。

 しかし、さすがにあれをライブでやれるとは思わず別物を考えていましたが、彼女達は「やらせてください」と懇願。振り付けも武田舞香さんにスタッフとして参加してもらい、そのまま再現。


 その他、3rdライブでは「2ndの2日目」を越えなければならないと、会場運営含めスタッフを総入れ替えしたそうです。

 確かにムービングステージは凄かったですが、本当に凄かったのはパフォーマンスそのもの。落下防止策が何もなく、床が透明な為に位置を把握するバミリすら簡易なものしか無い。そこで披露されたのは主題歌中心の盛り上がる曲ばかり。

 そんな中、思いっきり楽しんじゃってる彼女達を見た時、本当に「ワルキューレ」というユニットが完成していると思った瞬間でした。


 移動用マルチドローンは決まった通路をグルっと回るだけではなく、会場内を自由自在に飛び回るバルキリーをイメージした動き。

 どんな場所でも完璧なパフォーマンスをこなし、ファンに訴えかけるのも慣れたもの。そこらの声優ユニットやアイドルとは格が違ってきたように思えます。実際、比較して欲しくないし、そもそもコンセプトからして比較対象外だと思う。


 特に初日はまたここに帰って来た喜び、歌える喜びに満ち溢れ、自信に満ちた表情で素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。

 楽曲のアレンジも意味がありましたね。激しい曲の後はイントロを長めに取り、回復する時間を作る。豊洲の曲間を見ていたのでこれは納得。

 「愛・おぼえていますか」に関しては2ndでこらえきれない感情が溢れ出した凄いものになったので、あえて今回は歌わずハーモニカのインストで。チャッピー大先生の優しい音色が素晴らしかった。


 本編はあくまでもキャラクターとして演じ、アンコールに入って初めて自身の想いを伝えるスタイルはいつも通り。JUNNAちゃんは「歌担当なので」と美雲さんのイメージを壊さない為に本編では無口。アンコールとのギャップがw


 まぁ、言いたい事はイロイロありますが、完全新作でとんなパフォーマンスを見せてくれるのか楽しみです。

 これはファンならばマストな一冊。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


 「WALKÜRE CAFÉ」は衣装や原画などの展示物に囲まれた空間でワルキューレ考案のフードやドリンクを堪能しながらファンの交流を深めるのが目的。

 メッセージ動画やライブ映像で盛り上がり、あの日を思い返します。

 本当なら11/4(日)に行きたかったのですが、この日は「フレイア・ヴィオン生誕祭」ということでみのりんご来店、倍率高過ぎでダメでした。。




 キャラクター原案・実田千聖(CAPCOM)さんによる描き下ろしイラストが迎えてくれます。5人共メイド服ですがそれぞれに合った全く違うデザインに驚き。店内至る所にワルキューレやスタッフのメッセージが書かれています。



 【衣装展示期間】

 前半:11月3日(土)~11月14日(水) /ライブ衣装① ・ 惡吸麗特攻服
 後半:11月15日(木)~11月25日(日) /ライブ衣装② ・ カスタムライブTシャツ

 特攻服は1日目だけ登場しました。サプライズ的なものだったので2日目は無し。

 ライブ衣装②はムービングステージの衣装。Blu-ray&DVDのパッケージデザインにもなっている象徴的な衣装なので見たいのですが。。


 カウンターは3rdライブにて使用された江端理沙さんによるエーデル・シュヴァン。激情でも使用された「Absolute5」の衣装です。江端さんやっぱいいですよね。



 フードも「A5」イメージのパフェを選択。ドリンクはモチロン♪


 女性客や大人も多く、ファンならば気軽に行かれるカフェですので是非。

 その他の画像は「フォトアルバム」にてご覧ください。

 ※今回、展示物の撮影に規制があったので原画等の画像はありません。場面チョイスが素晴らしかったのと、天神氏によるOP映像の展示が凄かった。


 という訳で、前回ブログに続き「カフェ三昧」(きよさん三昧?)な1日でした♪


 ※フォトギャラを編集していてワタシとした事が致命的なミス(忘れ物)をしていた事に気付く。。。




Posted at 2018/11/17 23:36:19 | コメント(1) | トラックバック(0) | マクロス | 音楽/映画/テレビ
2018年11月11日 イイね!

安野希世乃『笑顔。』

安野希世乃『笑顔。』 安野希世乃 2ndミニアルバム『笑顔。』

 2018年11月7日にリリースされました。

 フルアルバムではなくミニアルバムを続けるというのはチーム安野の戦略との事。聴き疲れしない、ちょうど良い長さの中にもしっかりとストーリー性があり、幅広い楽曲はミニアルバムである事を忘れてしまうくらいの満足感。


 きよさんの声は清らかで温かく、包み込まれるような優しさを感じます。それでいてハスキー成分が含まれている為に響きのレンジが広く、低音が芯となり立体的で大変心地良いという、独特な魅力があります。(決してフォールド波ではないw)

 自分は元々「この声すごく好き!誰だろう?」というところから始まって今に至るのですが、彼女の声は音楽業界でも「いろいろな楽曲を作りたくなってしまう魅力がある」と言われております。


 元々FlyingDogは自分にとって好きなアーティストが多いこともありますが、音質が良くCDとハイレゾ両方購入することも多いレーベルです。
 私のポタオデ環境とは相性が良く、いやむしろ追い詰めた結果そうなったのかもしれませんが、本当に生々しく細かい部分まで聴かせてくれます。
 特にこのリケーブルによる激変は衝撃的でした。「オメェ・・・まだ上があんのか・・・」(by悟空)というくらいw


 CDにはCDの良さもありますが、ハイレゾとの違いについてはきよさん自らコチラの記事で「とっても分かりやすく」語っておりますのでw
 

 前作『涙。』は各方面でも評価が高く彼女の魅力を存分に味わえるものでした。特にボーナストラックのエスカクロン挿入歌『戸惑いトレイン』は大人の事情で配信されていませんが、安野希世乃さんが歌って来た中で今でも一番好きな楽曲です。

 あれから1年3ヶ月、シングルも発売し、その他様々なアーティスト活動を経て更に成長したきよさんですから期待しかしていませんでした。


【 収録曲 】

01_ぼくのヴィーナス
  作詞:安野希世乃/作曲・編曲:コモリタミノル

 リード曲。SMAP初期の曲を代表とする名曲を数々手掛けて来たコモリタミノルさん、ワルキューレでは「ルンピカ」「いけボ」「破滅」、そしてJUNNAちゃんの「Vai! Ya! Vai!」などノリの良い楽しい曲でお馴染み。
 きよさんのソロ曲では初ですが、福田Pの願いにより安野さんに歌って欲しいメロディを提供、そこから「夏」をイメージした安野さんが作詞をしました。



 どこか懐かしさを感じる曲。クセになるフレーズが耳に残ります。


02_ふわふわとしてる
  作詞・作曲:EPO/編曲:山本隆二

 もうね、誰が聴いてもEPOさんですよ♪きよさんのイメージで作ったって・・・やっぱこうなるんですよねw
 歌い方は恵に近いかな。キャラソンと言っても良いくらい。とにかく可愛らしい、ふわふわとした曲です。途中の笑い声が・・・♪


03_笑顔。
  作詞:鈴木桃子/作曲・編曲:松本良喜

 作詞は元COSA NOSTRAの鈴木桃子さん。作曲は「AXIA ~ダイスキでダイキライ~」「さよならソレイユ」の松本良喜さん。これまでのイメージとは違う、とても心地よいスウィート・ソウル・ミュージックに仕上げてくれました。6分半の大作。


04_Wonder Shot
  作詞・作曲:堂島孝平/編曲:北川勝利

 「悲劇なんて大キライ」に続いて堂島孝平さんらしいメチャクチャカッコ良くライブ映えする曲です。更に「涙目」同様、北川勝利さんによる編曲、きよさんのカッコイイ部分を存分に引き出してくれました。こういう歌い方、「Rockin'Emotion」ともまた違う引き出しがあるのが凄い。。


05_かすかなかなしみ
  作詞・作曲:鈴木祥子/編曲:鈴木祥子・菅原弘明

 真綾さんとも縁深い鈴木祥子さん。「さいごの果実」「SAVED.」のような優しい曲。真綾さん好きとしてもこういう曲をきよさんが歌うって嬉しいですね。前曲からの流れも素晴らしい。


06_嘆きの空
  作詞・作曲:成本智美/編曲:河野伸

 これまた6分半の大作。成本智美さんによる穏やかで美しい楽曲。きよさんの声が乗ると聴いていて涙が出てきます。
 「嘆きの空」という意味深いタイトル。切ない内容なのに曲の終盤、空から一筋の光が射し、温かく包まれるような感覚になるとってもステキな楽曲です。
 河野伸さんによる編曲が自分にとって馴染みやすい曲にしてくれたのかも知れません。


07_ロケットビート
  作詞:岩里祐穂/作曲・編曲:北川勝利/ストリングス編曲:宮川 弾

 「嘆きの空」で心地よく終わった後、少しの静寂を入れたのは意図的でしょう。この流れでシングル曲の「ロケットビート」は本来異色ですが、間が開く事によりこの曲のまた新たな魅力を知ることが出来ました。


 全曲、レコーディングは北川勝利さんゆかりの豪華メンバーが演奏しています。これが全体的な安定感を生んでいると思います。

 特にコーラスはきよさんが幾重にも重ねており、ヴォーカルに更なる厚みが出ています。ワルキューレで鍛えられた効果が出ていますね。ハイレゾで聴くとほんと良く分かります。

 ライブツアーも当選しています。その前にリリイベもありますが、今から楽しみでなりません。


 映像特典も全部乗せ贅沢仕様です。

<初回限定盤Blu-ray収録内容>

・ ちいさなひとつぶ Music Video
・ ロケットビート Music Video
・ ぼくのヴィーナス Music Video+メイキング映像


 水着が・・・w



_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


 さて、発売日前日、平日休みだったので現在「ドラマカフェ池袋店」にて開催されているコラボカフェに行って来ました。

 『安野希世乃×声優グランプリ コラボカフェ』

 開催期間:2018年11月2日(金)~11月25日(日)





 きよさんが「おかえり♪」と迎えてくれました(^^*

 店内は発売前の『笑顔。』が流れており、至る所にきよさんがw

 直筆の落書きメッセージ多数♪






 ちょっと早目のおひるごはん♪



 限定販売のマグカップも無事購入。これでカフェラテ飲もう♪




 平日なので空いていましたが、明らかにこの後同じ場所へ向かうであろう出で立ちの方が数名w

 心地よいひとときを過ごせました。

 うん、また最終日に来るつもり。


 という訳で、この後の行動についてはまた後日。

 
 『笑顔。』

 またお気に入りの1枚が増えました。



 今日も平和です。



Posted at 2018/11/11 22:56:47 | コメント(1) | トラックバック(0) | 音楽 | 音楽/映画/テレビ

プロフィール

「いや、だから伊東に行ったのではなくてよ?」
何シテル?   12/18 22:35
クルマの縁から派生した趣味的な内容を中心に活動させていただいております。 基本的に自分で感じ、調べ、体験した事を基にした「個人的な意見」を発信しております...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

ライブ・イベント等参戦履歴 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/15 22:15:50
 
MACROSS PORTAL 
カテゴリ:Favorites
2017/01/07 21:02:35
 
海女人屋 
カテゴリ:Favorites
2016/08/26 23:33:53
 

お友達

基本的にオープンですが、ご縁を大切にしている為、お互いの動きが見える範囲でのお付き合いをさせていただいております。
マナーの悪い方、交流も無く情報だけ流用される方等はご遠慮いただく場合がございます。
90 人のお友達がいます
もえわんもえわん * GVB@RyoGVB@Ryo *
Shiuzy!Shiuzy! * わっ!Snufkinわっ!Snufkin *
隼人のぱぱ隼人のぱぱ * VAB-102VAB-102 *

ファン

49 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ アクア トヨタ アクア
2台目の『AQUA』 特別仕様車 S“Style Black” 初代からの乗り換えです ...
トヨタ アクア トヨタ アクア
2012.03.30納車
メルセデス・ベンツ Aクラス メルセデス・ベンツ Aクラス
A180スポーツからの乗り換えです。 初期型からかなり洗練され、快速快適で走る喜びと安 ...
メルセデス・ベンツ Aクラス メルセデス・ベンツ Aクラス
2013年4月7日 納車 カルサイトホワイト ナイトパッケージ COMANDナビフルセ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.