• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

LIBERTYのブログ一覧

2018年09月23日 イイね!

ドライブ~9月23日~

ドライブ~9月23日~いまいち天気がぱっとしないので、景色の良い道を走りに行くより別の事で楽しもうと思い林道へやってきました。

前回、道が荒れすぎていて撤退した氷ノ山林道のハチ高原側から侵入。

オフロードバイクの多さに驚きました。
林道であんなにたくさんバイクを見たのは今回が初めて。

スキー場の中を林道が通っているので、こうした広い場所に出ます。


ちょっと道を外れて、セローで一度だけ行ったことのある場所へ。



そこがこの場所。

晴れていれば絶景なのですが、今回はちょっと残念な景色。
それでも、鬱蒼をした道が急に開けるので開放感のある眺めでした。

その後も深い洗掘を避けたり跨いだりしながら走ります。


写真だと大した深さに見えないのですが、運転席からだと結構深く見えるんですよね~。


氷ノ山でも一番有名なダートのロングストレート!
約1kmほどありますが、未だに舗装されずに残っています。



林道の出入り口まであと少し。
「はちまき展望台」で休憩。



林道走行中にお昼を迎える事を予想していたので、ここで昼食を摂る事にしました。
バーナーでお湯を沸かして、持参したカップ麺に注ぎます。



ごちそうさまでした!


天気は良くないけど、眺めの良い屋外で食べる食事は美味しいのです(*´∀`*)
荷物をたくさん積めるフォレスターなので、今回みたいに気軽に余計な物を乗せられます。
せっかく買ったアウトドア用品なので、たまに使わないとね。


今回、林道を走るので荷物の固定がどうなるのか心配でしたが、タイダウンベルトで簡単に固定した程度でも荷物にズレは無し。


まだまだ荷物を載せるスペースはあります。

涼しくなったおかげか、ライダーをたくさん見かけました。
フォレスターにも乗りたいけど、そろそろバイクにも乗りたい。
体が足りません。

月曜日はバイクに乗ろう(*´∀`*)
Posted at 2018/09/23 23:15:44 | コメント(2) | トラックバック(0) | ドライブ! | 日記
2018年09月17日 イイね!

ドライブ~9月15日・16日~四国編

ドライブ~9月15日・16日~四国編待ちに待った9月の3連休。

フォレスターの納車前から計画していた四国ドライブへ行ってきました!

天気は生憎の雨。
この所、本当に天気に恵まれませんが、予定通り四国へ向けて出発。

四国へは以前から走ってみたかった「しまなみ海道」を通るルート。

島から島へ渡された吊り橋も特徴的ですが、自転車・原付などの専用道路も用意されている事でも有名ですね。

実際、車で走っていると自転車で橋を渡っている方を見る時もありました。

特定の島には展望台があるのですが、そこからの景色は雨なので期待は出来ませんでしたが!

なんと、しまなみ海道を渡り始めると急に雨が止み始め、時より晴れ間が見えるくらいに天候が回復。

これなら展望台からの景色も期待できるかもと思い、最初の目的地である
「亀老山展望台」(きろうさん展望台)までの山道を登りました。
自転車には注意!

山頂の駐車場に車を停め、立派な造りの展望台を登った先の景色は最高でした(*´∀`*)



「来島海峡大橋」と言うこれから渡る橋が見えます。


小さな島を経由して架けられた橋。
この景色が見たかったのです!

この時点でお昼を迎えたのでさっと食事休憩を取った後は次の目的地である「糸山展望台」へ。

来島海峡大橋を渡った先にある展望台なのですぐ着いたのですが、大雨の影響なのか展望台付近の山が土砂崩れを起こしていたため展望台への道が立入禁止に・・・。

これは予想外でしたが、すぐ近くにある展望館からも橋を間近に見る事が出来るのでそこから撮影。



実際に車で走っている時は意識していませんでしたが、写真で見ると結構なカーブを描いています。



2つの展望台からの景色を満喫した後は、ようやく四国へ上陸!
しかし、この辺りからまた天気が崩れ始め雨がパラパラと降ってきました。
雨が降ったり止んだりの天気はバイクだと大変ですが今回は車ですからね。

四国上陸後も高速道路を走り、途中のPAで仮眠を取ったら午後3時前。
まだ目的地は他にもあるのですが、経路上に宿泊予定のビジネスホテルがあるので
先にチェックイン!

「スーパーホテル愛媛」に宿泊します。

チェックインを済ませてから15日最後の目的地である「みさき風の丘パーク」へ出発。

「佐田岬半島」の赤矢印の辺りになります。細長いですね~。



ここは風力発電の風車が並ぶ景色を見る事が出来ます。

山の上には大きな風車があり、その根元には駐車場と展望台がありました。


時刻は午後5時40分。
丁度、日が傾き始めた頃だったので、夕日が見られるかもと思いましたが雲が多くいまいち。
雨が降ってないだけマシだと思いましょう。




雲や霧が多くてぼやっとした風景になりがちで難しい撮影となりましたが、風車群はなかなか見られない景色なのでそこそこ満足。
誰もいなかったので独り占め出来ました(*´∀`*)

この後は少し寄り道をしてからホテルに戻りました。

四国ドライブ1日目の総走行距離は「465.3km」

疲れたら車内で仮眠が取れるし、ツーリングアシスト機能で高速道路は楽々。
そこそこ疲れはしましたがまだ余裕アリ。

2日目はもっともっと走る予定なので、これくらいで根を上げるわけには行きませんからね。



~9月16日~

晴れたぞ~!!


早朝はどんよりとした雲が空を覆っていましたが、愛媛県を南下し始めると次第に青空が広がり
絶好のドライブ日和!
昨日とは大違いです。

天気や気温の影響を受け難いのが車ですが、やっぱり晴れているだけでテンションが上がってきます。

本日の予定は沈下橋巡り。
一度、四万十川と沈下橋を見てみたかったんですよね。

四国ドライブも今日が本命。
天気にも恵まれたので、気分よく四万十川沿いを南下していきます。



走る事約2時間半。

第1の沈下橋。

「岩間沈下橋」


去年、橋の一部がV字に窪み、現在はその一部が撤去され立入禁止になっています。
何年も前の出来事だと思っていたので、てっきり修復は終わってるものだとばかり・・・。
遠くから眺めるだけにして次へ。


「勝間沈下橋」


個人的に一番来たかった沈下橋です。
橋の手前に広い河原があるので車を停めてゆっくり撮影出来る事を期待していました。

しかし、川辺にはカヌー体験?でもあるのか大勢のライフジャケットを着た集団が広がり、バイクを道の真ん中に停めて記念撮影するマスツー組などがいたので、数枚写真を撮るだけにしておきました。

それよりも面白そうだったのが河原をフォレスターで走る事!


拳ほどの角の取れた石なのでパンクの可能性も少ないこんな場所を走れる機会なんてそうそうありませんから、道の近くを少し走らせてみました。

カヌーを運んだと思われる軽トラですら入っているくらいなのでフォレスターでも余裕!
かと思いきや思ったより石が動き、轍もあるので車がうねるうねる。

ハンドルを切ってもあまり曲がらない路面状況でしたが、スタックするような気配はありません。

試しにXモードの「スノー・ダート」を選択するもあまり変化は感じませんでした。
まだもう1段階ありますが、それはまた別の機会に。

沈下橋よりも河原走行を楽しんだ後、次の沈下橋へ向かいます。

でも、ちょっと寄り道。


実はここ、キャンプ場に面した四万十川の河原です。

次の沈下橋を目指している途中、トレーラー付きの車が河原に居るのを見つけ、牽引しながらでも入れるような河原があるなら走ってみたいと思い突撃。



勝間沈下橋よりも少し走りやすく面積も数倍はありそうなほど広かったです。

それでもハンドルを切ると思うように曲がらないのでXモードの「ディープスノー・マッド」を選択。
こちらはトラコン等の電子制御がOFFになる一番滑りやすい路面に強いモードです。

これに切り替えるとさっきまでの走りが嘘の様にグイグイ曲がる様になりました(*´∀`*)
なかなか貴重な体験が出来たので大満足です!

寄り道もほどほどにして、本日3つ目の沈下橋である「佐田沈下橋」へ。


ここは駐車場やトイレに屋形船まである一番観光地化された沈下橋ですが、生活道路でもあるので時より車が来るので注意。

川幅があるので橋も長いのですが、それより気になったのが川の流れが速い事。
もっとゆったり流れているイメージがありましたが、目で見て分かるほどに勢いがありました。
橋から落ちたらあっと言う間に流されそうです。

これで有名な沈下橋3つを巡る事が出来ました。

この時点で午前11時。

まだまだ帰るには早いので次は「石鎚スカイライン」を目指そうと思いましたが、ここに来るまで通ってきた国道441号線。

2車線の場所もあれば離合が困難なほど狭いブラインドコーナーが続く箇所も多く、運転にはとても気を使いました。

石鎚スカイラインも狭い場所が多いらしく、もう狭い道は走りたくなかったので別の目的地を選択。

天気も良いので「四国カルスト」を目指すことにしました。
バイクでは2回行ったことがありますが、あそこは本当に良い場所なので何度でも行きたくなります。

ナビに目的地を入力するとまた国道441号線をまた通らせようとしたので、遠回りをしてでも2車線の道を走るために別の道を経由地に設定。

スマホでストリートビューを見て決めました。
しかし、これが失敗。

国道439号線を通る道で2車線の快速路だったのですが「峠付近は幅員減少」の看板が・・・。

これまで走った道を思い返せば、四国だし国道が1車線になるのは普通普通と構わず進んだ結果↓


ガードレールも無く、場所によっては脱輪の危険がある箇所が点在。
こんな道を15kmも走る羽目になりました。

引き返そうにもUターン出来るスペースも無く、離合するスペースもほぼ無し。

対向車が来ない事を祈りながらの運転となりましたが、後続車が来ただけで対向車は結局1台も来ず祈りが届きました。

2車線の道に出た時の安心感はひとしおだった事を思い出します。

こんな道を長時間走り続けたおかげでフォレスターの車幅感覚が大分鍛えられました。
ただ、もうやりたくないです。

あとは快適な2車線を走ったり439号線に比べればずっと走りやすいカルスト周辺の狭い道を越えて、最後の目的地である「四国カルスト」に到着!







もう3回目のカルストなので写真だけを掲載。

天気が良ければ何度来ても最高です(*´∀`*)

バイクだと苦も無く走れるカルストの道ですが歩行者・対向車には大変気を使い、離合も難しい場所も多く車だと景色を楽しむ余裕もありませんでした。
運転中はすっぱり景色を見るのは諦めた方が良いですね。

それでも、フォレスターと一緒にこの景色を見られたのは良い思い出になりました。
やっぱり四国カルストは良いなぁ~(*´∀`*)

このまま何事も無く終われば良かったのですが、帰りの高速道路で渋滞にハマってしまいました。
災害復興工事の為、一部区間が対面通行になった事が原因。

しかし、こんな場面こそスバルのツーリングアシスト機能が本領を発揮。

車は完全に停止はせず、時速10km前後でノロノロと流れる厄介な渋滞でした。
バイクだと左手が悲鳴を上げていたと思います。

そんなノロノロ区間を10kmほど走る事になりましたが、ハンドルは軽く握りペダル操作は車任せ。
もしもの時に備えてブレーキを踏む準備はしていましたが、結局フォレスターが渋滞を切り抜けてくれました。

レガシィやDAEGで渋滞にハマった時はクラッチ操作に苦労させられたものです。

しかし、ツーリングアシスト機能をフル活用したフォレスターだと凄まじく楽が出来ました。

最後の最後で辛い思い出に上書きされなくて良かったです。


渋滞を抜けた後は瀬戸大橋を渡って、ようやく本州へ再上陸。



そして、午後11時半頃に無事帰宅。


四国ドライブの2日目の走行距離は「605.8km」

1日目-465.3km
2日目-605.8km

1泊2日の四国ドライブの総走行距離は「1071Km」

まさか2日間で1000Kmを超えるとはさすがに予想外。
やっぱり車だとかなり長距離を楽に走れますね(*´∀`*)



雨に降られ潮風にさらされ河原を走り狭路を走るも、ノントラブルで頑張ってくれたフォレスター。

労いの意味も込めて3連休最後の今日は洗車してピカピカ!

大満足の四国ドライブになりました!
Posted at 2018/09/17 23:31:24 | コメント(2) | トラックバック(0) | ドライブ! | 日記
2018年09月09日 イイね!

ドライブ~9月9日~

ドライブ~9月9日~フォレスターが納車されてから、秋雨前線や台風などで天気の悪い日が多いです。

今週末も生憎の天気でしたが、フォレスターでドライブに行ってきました。

たっぷり走りたいと思い、目的地は京都府の丹後半島に決定。

高速道路の規制が心配でしたが、調べた限りでは問題なく丹後半島まで行けそうだったので、予定通り高速で京都まで直行。

やっぱり、クルコンとハンドルアシストなどのツーリングアシスト機能は非常に負担を軽減してくれます。

それでも、疲れや集中力の低下があるのでSA/PAでちょくちょく休憩。

シートがセミバケじゃなくなったので、寝心地がアップ!
仮眠後に体が痛まないのは良いですね~(*´∀`*)

そうして、片道約180km程走り丹後半島から日本海を眺めます。


「立岩」と呼ばれる一枚岩の自然岩。
高さ20m・周囲1kmの迫力ある岩です。

ここはボルドールで一度来ていますが、あの時は晴れ。
大荒れの海にそびえる立岩は迫力がありました。

その後も、海岸沿いの道を走りましたが風と雨が強い。


時より大きく深い水たまりが現れましたが、フォレスターはそんな中でも安定した走りを見せてくれたので安心感はありました。

路面状況や景色の悪さに帰宅時間を考えるとあまり長居をする気にはなれなかったので、ほどほどの所で折り返し。

帰りも強い雨に降られ、睡魔にも襲われたのでPAで仮眠。

目が覚めると雨脚が随分と弱まっていたので、無理せず休憩したのは正解でした。

こうして、無事丹後半島へのドライブから帰宅。

往復約400kmでしたが、ほどほどの疲労感を感じる程度。


こんな悪天候の中、ツーリング中のライダーさんに何度かすれ違った事が印象的でした。
Posted at 2018/09/09 19:30:02 | コメント(1) | トラックバック(0) | ドライブ! | 日記
2018年09月02日 イイね!

フォレスターと迎える初めての週末

フォレスターと迎える初めての週末キリッとしたヘッドライトなのでこの構図が最近のお気に入りだったりします。

さて8月27日の月曜日に納車されたので、今日で一週間が経ちました。

そして、今週末が初めてフォレスターに乗れる週末。

当然、ドライブに行きます!

~土曜日(9/1)~

秋雨前線の影響で天候には恵まれませんでしたが、そこは車なのでバイクと違い構わず出発。




目的地は「淡路島」



当然、高速道路を利用するのですが
・「全車速追従機能付きクルーズコントロール」
・「車線中央維持機能」

これらが凄く便利です。

設定した速度で上り坂も下り坂も車速を維持して、なおかつ先行車に追いつけば車間を保って速度を調節してくれます。
車間は3段階だと思っていたのですが4段階でした。
最低限欲しい車間距離は確保してくれるようになったので、以前より安心して走れます。

ステアリングアシストも手を添えるだけで良いので楽!

途中、休憩も挟みながらだったので特に疲れる事も無く最初の目的地に到着。



「たこせんべいの里」です。

ガラスに隔てられた生産工場の隣が休憩スペースとお土産売り場になっています。
工場の方は休業中でしたけど。

車なので荷物の心配もいらず、適当に見繕い会計を済ませて再出発!

この日のドライブで一番の目的である「南淡路水仙ライン」

この道は淡路島の南東付近を通る海沿いの道です。

しかし、一部区間はコンクリート舗装になっており、そこの走り心地が非常に悪い。
見た目は綺麗なのですが、実際に走ってみると「ゴツゴツ」とした振動が伝わり、レガシィでもDAEGでも走り辛かった印象が強く残っています。

今回のドライブで淡路島を目的地に選んだのもSUVであるフォレスターもそうなのかと思い、それを確かめる為にやって来ました。



結果は非常に快適!

レガシィの様にハンドルに伝わる振動もほとんど無く、舗装が変わったのかと思うくらいでした。
最新の車の乗り心地の良さには驚きです(*´∀`*)

途中、モンキーパーク付近で猿を目撃。




座礁したサルベージ船を間近に見る事も出来ます。




これで淡路島でやりたい事は終わったので、ここでナビの目的地を自宅へ設定。
帰路につきました。




そして、帰り道の出来事。

納車から6日目。



総走行距離1,000kmを迎えました!

仕事終わりにそのまま慣らし運転に向かう日々。

9月の3連休には四国へ行くので、それまでに慣らしを終えて初回点検を受けたかったのですが、車を持って行けるのが今週だけだったので何とか間に合いました。

そして、淡路島から自宅へ帰る途中にフォレスターを購入したお店に初回点検をお願いしたら・・・。

「1ヶ月経ってから持ってきてください」と言われ断られてしまいました。

初回点検は1,000kmまたは1ヶ月だからやってくれると思ったのですが・・・。
DAEGは1週間程度で1,000Kmを走って初回点検をしてもらったのですが、お店によって違うんですね。

四国へ行く事も伝えたのですが、むしろ四国から帰ってきたくらいがちょうど良いと言われたので、初回点検はお預け。

通勤で市街地のストップ&ゴー。峠へ向かう道で快速路の走行。峠でワインディング走行。たまに高速道路を利用しての高速走行。
車の慣らしとしては結構バランス良く走ったつもりでしたが、意味が無くなりました。

最初のオイル交換ってそんなにのんびりしてても良い事が分かったので、これにてフォレスターの慣らし運転は終了と言う事にしました。

スバル車に搭載されている「SI-DRIVE」というエンジンの出力特性を変える機能があります。
慣らし運転中は一番大人しい「インテリジェンスモード」だけで走っていましたが、慣らしも終えたので
これからは「スポーツモード」を遂に解禁!

そして、あと二つ解禁したものがあります。



一つ目は林道走行!


一般道も高速道路も快適に走りたいけど、たまにオフロードも走りたいと言うわがままを叶えてくれる事を期待してフォレスターを買った訳ですから、当然林道も走ります。


降車する際に裾が汚れないドア。




ディーラーオプションのトレーマットで靴の汚れも気になりません。




前方+左前を写すモニターも標準装備。




三つ目に解禁した「Xモード」
悪路での走破性を向上させてくれます。




実際に林道を走ってみたのですが、レガシィと比べて車格が大きくなったので気を遣う場面も多いですが、カメラで外が見れるのが非常に助かりました。

車で行ける林道の終点にはいつの間にか急な坂が出来ていたので「Xモード」を試すには丁度いいと思い突撃!




結構は坂なのですが、数字だけで見ると傾斜角13度。



大した事は無いように感じますが、ボンネットで地面は見えません。
しかし、そこはフロントグリルのカメラでしっかり車内から確認出来るので怖くはありません。

実際に登ってみると山側の路面が少し緩く、右側のタイヤが空転気味な感じでしたがそれでも登坂は成功。
さすがフォレスター。

ここまでは通常モードでの登坂。


一度、坂を下りてから今度はXモードの「ディープスノー・マッド」を選択。
トラコン等がOFFになり「スノー・サンドモード」よりも悪路に強くなります。

今度もあっさり登坂は成功でしたが、さっきと違い空転してる感覚は無く力強さを感じました。
「SI-DRIVE」と同様に「Xモード」みたいなモード選択はワクワクする機能なので、個人的にはかなりお気に入り(*´∀`*)



淡路島の海と地元の山を楽しんだ「366.9km」でした。



~日曜日(9/2)~

今日もフォレスターで走りに行こうと思い、準備を整え出発。

時より晴れ間が覗く天気で、太陽が顔を出せば暑く感じますが気温自体は30℃以下でライダーをちょくちょく見かけました。

そして、向かった先は「瀞川氷ノ山林道」

セローを何度も走りに行ったことのある林道です。

良く知った道であり軽自動車が走ってたりしますが、ほどほどに荒れてるのでフォレスターでがっつり林道ドライブを楽しむには持って来いの林道だと思っていました。

落石・倒木の処理も早い林道なので通り抜けられると思っていたのです。

豪雨で西日本に災害をもたらしたあの大雨の影響か、そこそこ深い洗掘が点在。
しかし、フォレスターの220mmの最低地上高があれば、問題なく走る事は出来ました。




路肩が崩れていたり、道を横切るコンクリートの排水溝の前後では土が流れて大きな段差になっていたりと予想より大荒れ。




そんな道でもフロントビュー・サイドビューカメラの映像を頼りに順調に上っていたのですが・・・。





フォレスターの車幅と同じくらいの巨大な洗掘が出現!

これは流石に危険なので、ここで撤退。
セローの時も無理をしない林道ツーリングで危ない目に遭ったとこはありませんでしたからね。

丁度、転回できるスペースがあったのでそこで向きを変えて下山。

下りはXモードを起動し「ヒルディセントコントロール」を利用しました。

この機能はXモードを使用している時に下り坂になると車速を一定に保ってくれます。
アクセルやブレーキで「約4km~約20km」の範囲で調節可能。

これがなかなか有難い機能で、ペダル操作が減る分路面状況の把握に集中できました。


若干、不完全燃焼だったのでちょっとした段差に乗って写真撮影。


改造したジムニーには到底及びませんが、それでも地面にタイヤは接地してます。

林道で遊んだ後は洗車機に入ってから帰宅する予定でしたが、河川敷のゲートが解放され釣り人の車がちらほら見えたので寄り道。



広いフラットダートを走ります。

突然、大きな段差が現れる可能性もあるので要注意。

でも、泥濘や水たまりがあれば入ってみたくなりますよね。

レガシィで水たまりに入ると若干ハンドルが取られていたのですが、フォレスターに乗り替えてからは水たまりに入ってもそんな事も無くなり、非常に頼もしい車です。



納車から1週間。

この車とならどんな所へでも行けると思わせてくれる非常に良い車だと感じています。

2週間後の四国ドライブが楽しみです(*´∀`*)
Posted at 2018/09/03 00:22:34 | コメント(3) | トラックバック(0) | クルマのお話 | 日記
2018年08月27日 イイね!

新型フォレスター納車!

新型フォレスター納車!ようやく、念願のフォレスターがやって来ました!

5月の先行予約から3ヵ月は長かった~。

会社をお昼で早退し、すぐにお店へ向かい納車前の説明を受けて代金を支払い晴れて愛車となりました。
まさか、現金を手渡しすることになるとは。

ちなみに自分のフォレスターがお店では第1号の納車だとか。

ガソリンを満タンで納車してもらえたので、そのままドライブへ出発!



ODOメーターは11kmでしたが、出発前に撮影し忘れ12kmになってしまいました。

2.5リッターのNAエンジンで少しアクセルを踏むとあっという間に50km・60kmに到達。
6,000回転からレッドゾーンになる低回転のエンジンなので、巡航中は回転数は控えめ。
だいたい1500回転以下で走るのでレガシィと比べてとても静かでした。



すぐに制限速度に到達するのでアクセルワークに難儀しましたが、本当は高速道路で使うクルコンが大活躍!

設定した速度でぴったり走ってくれるのでこれがすごく楽ちん♪
CVTのエンブレには期待していませんでしたが、峠の下りでは想像以上にエンブレが効いてくれたので走りやすかったです。

ハンドルアシストもはっきり分かるくらいグイグイ効く割に、少し力を加えれば逆らわずに修正舵が切れるのでストレスはありませんでした。
帰りの高速道路で大活躍です。

ただ車間距離の設定が3段階で行えますが、一番長い距離を選択しても100m以内程度。
普段、高速道路を走る時は150~200mの車間を空けるので、近すぎて怖いです。
設定で変更出来たりしないかな。




ほとんどの操作はハンドルのボタンで行えるのは本当に便利です。




メーターの明るさやパワーリアゲート関連のスイッチ。
アイドリングストップや横滑り防止装置のOFFスイッチなど。

エンジンを掛けるたびにアイドリングストップをOFFにするのが面倒。
なんとかならないかなぁ。




あと、ヘッドライトを「AUTO」にするとエンジンを切ってもヘッドライトが点灯したままになるのも何とかならないかな。
通常のライトオンでも同様に点灯したままになるかは試すのを忘れていたので今度やってみよう。


普通の鏡から


レバー1つでバックカメラの映像に早変わり!


後部座席に人を乗せたり、荷物を満載した時に便利なメーカーオプション。
夜間にも効果を発揮します。




大きなサンルーフも付けました!
ここから顔を出して、写真を撮れば良い足場になるんじゃないかと期待しています。

最新の車だけあって慣れない機能が盛りだくさん。
出来る事なら変更したい設定もあるので、まずはマニュアルを読みつつフォレスターに慣れて行こうと思います。



ナビやドライブレコーダーの取説は薄いのですが、フォレスターの取説は780ページもあるので読みごたえがあります。

まずは薄い取説から読むとして、フォレスターの方は何日かかるかなぁ。

試乗もせず展示車両を外から眺めただけの車でしたが、実際に乗ってみると運転しやすく求めていた機能もしっかり発揮してくれているので大満足!

すでに9月の3連休には四国へ行くため、ホテルも予約済み。
たくさん走るぞ~!
Posted at 2018/08/27 23:04:19 | コメント(3) | トラックバック(0) | クルマのお話 | 日記

プロフィール

「ドライブ~9月23日~ http://cvw.jp/b/599461/41981641/
何シテル?   09/23 23:15
愛車は「フォレスター」・「ZRX1200DAEG」 2018年8月27日 レガシィからSKフォレスターに乗り替えました。 オフロードバイクで林道を...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

お友達

車好き、バイク好きの方からのお誘いをお待ちしております。

お気軽に声を掛けてください。
17 人のお友達がいます
盤嶽盤嶽 * canoncanon
takeshi474takeshi474 泥組泥組
NokaNoka ななぽんRSななぽんRS

ファン

19 人のファンがいます

愛車一覧

スバル フォレスター スバル フォレスター
2018年8月27日に納車。 5月28日に先行予約をしたので3ヶ月待ちました。 CVT ...
カワサキ ZRX1200 DAEG カワサキ ZRX1200 DAEG
平成25年6月22日納車 CB400SBからの乗り換えです。 初めての大型バイク。 安 ...
その他 自転車 トランセオ 4.0 (その他 自転車)
平成26年7月7日納車。 体力づくりと新しい趣味として購入。 幅広い用途に使いたかった ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
記念すべき初所有の車がLEGACY B4・NA車 総走行距離5万kmを越えました。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.