• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

LATIO@オタナス!のブログ一覧

2018年08月12日 イイね!

科学館へ。

お盆休みも始まりましたが、例年「この時期こそ動かない」タイプの人間なので大人しくしていますw

変な動きしているクルマ多いし、ディーラーやってないし、JAFもすぐに来ないだろうし・・・(´-`)


せいぜい県内の空いてそうなスポットを巡ったりするのですが、今年は栃木県子ども総合科学館へ。
小さい頃に何度も行ったものですが、ここ10年近く訪問していませんでした。

目的はこちら、

Y31セドリックを拝みに行くこと!


自動車の動く仕組みを紹介するコーナーで、日産自動車が展示協力をしたとプレートに書かれています。


グレードは前期のブロアム、VG20DET搭載のAT車です。


この内装色、直線基調のインパネ!
エアコンの操作パネルが日本語表記なのも、ユーザー層を意識してのことでしょうか。
2本スポークのステアリングやワイパーレバー、シフトノブなどはU12ブルーバードと同世代な事を感じさせます。


メーターがレッドゾーン手前だけど・・・w


サイドブレーキがペダルでロック、リリースをボタンで行う方式、この頃の日産が良く採用していました。


小さい頃は良く分かっていなかった「ピラーレスハードトップ」のありがたみ、今なら実感できます!w
この頃はまだ天井側のアンカーを取り外せましたね。


うちのU12には別体式になっているピュアトロンも、セドリックはビルトイン。


履いているのは恐らく製造当時モノのヨコハマASPEC。
カッチカチでしょう。


ボタンを押すと、エンジンが回り、プロペラシャフトで後輪へ動力を伝え、デフを介してタイヤが回るという一連の動作が見ることができます。
ベルト類やピストンも上下しており、数回見てしまいました。


少し離れたところにエンジン単体の展示もあります。


セラミックターボの文字が見えますね。
年代によってレギュラーの185PS仕様、ハイオクの210PS仕様がありますが、どちらなのかは不明です。


Y31は兄弟車であるグロリアのCM、好きなんですよね。

科学館は今年で開館30周年だそうで、このセドリックも開館当時からいるのでしょう。
とても貴重な展示品、末長く見られると嬉しいですね。


未来のクルマ・・・という扱いになるのか、セドリックの隣にはハイパーミニが。
製造期間が2000〜2002年、350台程が作られたということで、これも希少車ですね。
ボディーカラーもシルバーって地味に少なく、殆どが黄緑色だったような。


ハッチゲートが取り外されていたので、運転席もよく見ることができました。
コラムシフトやステアリングはZ10キューブに似ていますね。
日産が横長のデジタルメーターを使うのは最近になるまで少なく、未来感を出すために採用したのでしょうか。
日産唯一の自社開発軽自動車ですが、運転席と助手席の距離が半端なく近い(というより普通車サイズのシートが付いている?)のは作り慣れていないからだと思いますw


映像には宇都宮ナンバーを付けている個体が写っています。


走っているのは栃木工場内・・・と思われるので、多分研究用に使われていたのでしょう。


さてもう一台、こちらは身近なエコカー?になるのでしょうか、初代インサイト。
1999年デビューということで、これらの展示は2000年頃で時が止まっているかのようですね。
特徴であったリアホイールスカートが外されており、随分と普通の車に見えますw


やたら低いナビの位置が90年代w
後部スペースが高くなっており、軽トラか?と思うほどリクライニングも出来なさそう。
車台番号は1000022、と初期の車両でした。

と、この3台を見るのに1時間以上かけてしまったので他は駆け足でw

これはソーラーカーの操作体験。


ライトを当てる位置を操作してクルマを進めるような仕組みだったような。


科学館入口にいたロボット。
自動走行で掃除をしてくれていたような・・・?
絆創膏が貼ってあり、今はお休み中みたいです。


夏休み特別企画で各企業が展示を行っており、日産とスバルがブースを出していたので見てきました。


スバルは自動車の方ではなく航空部門の方。
レヴォーグとインプレッサのポストカードが配布されていました。


日産はGT-Rのホイールに関する問題。


ああ、なんと勿体ない!w
ホイールとタイヤでいいお値段しそう・・・。


また来ます!
Posted at 2018/08/12 16:53:12 | コメント(3) | トラックバック(0) | クルマ
2018年07月29日 イイね!

1ヶ月ぶりに。


車検が終わったので引き取りに行ってきました!
丸々1ヶ月、長かったなぁ。


代車のブルーバードシルフィさん、お疲れ様でした。
775kmを走行。

通常の車検整備項目の他、消耗部品の交換を重点的に行いました。







忘れないよう、整備記録やパーツレビューに書いておこうと思います。

家に戻り、車検の間に頼んでおいたパーツを取り付けます。

グレードエンブレムです。
XESaloonのエンブレムは欠品になっているようで・・・これ実は110系カローラの物なんです!


カタログを参考に・・・


こんな感じ。
他車流用ですが多くの方は気付かないでしょう。
これで「このクルマSSSですか?」という質問は無くなるハズw


ワイパーゴムも自分で交換。
撥水コートの出来るモノタロウオリジナル商品です。

エンブレム以外にはホイール・タイヤの交換が大きな変更点です。
入庫する道中でパンクしてしまったので、思い切って4本入れ替えました。

14インチ鉄チンにC23セレナ用キャップ!
タイヤはレグノGR-XIです。


アルミホイールっぽいスポークやナット風の演出を排除した、キャップらしいデザイン。
「がんばってない雰囲気」が良いでしょ?w


平成元年生まれのブルーバード、平成最後に受けた車検となりました。
Posted at 2018/07/29 18:41:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | ブルーバード | クルマ
2018年07月01日 イイね!

入庫しました。

ブルーバードの車検でディーラーへ入庫する前、ちょっとした事件が。

午前10時という約束でお店に向かっていたところ、
「カツンカツン・・・」「バタバタバタ・・・」
まーた、エアコンあたりから変な音してんだろうと思いながらエアコンをオフにしても音が止まない。
電圧計も通常値。あれ?なんだ???
ひとまず安全な路肩に停車し、クルマをぐるっと一周すると、


パンクしてる!

まったく、まあスペアあるし交換して向かうかぁ・・・と思ったら
「ジャッキはあるけど車載工具がない!」

マジっすか・・・。
普段は家にあるフロアジャッキとクロスレンチを使っているので、全く気づきませんでした。というか、ジャッキが載ってるなら工具はあるものだと思い込んでいたのが間違いですね。

JAFを呼ぶか迷いましたが、ディーラーからそれ程の距離がないので担当氏に電話したところすぐに来てくれ、工具だけ借りてお店に向かう事に。


無事に到着。
テンパータイヤは半年に1回、必ず420kpaあるかチェックしているので助かった。


パンクの原因はこの釘。
昨日は足尾まで出かけていたけど、あそこでパンクしてたら大変な事になってただろうな・・・。
あっという間に空気が抜けたのでバーストを疑ったのですが、釘踏みでもこうなるのですね。

とはいえ、タイヤ自体が2010年製造の古い物。
溝はあるにしてもヒビ割れが目立って来たので、車検から戻ったら新しいものと交換する予定です。

車検の整備項目は、見積もりから数点プラスしたり、カットしたりしてオーダーしました。
部品自体、手に入るかどうか分かりませんからねぇ・・・

しばらく時間がかかるということで、今回は代車です。

なんと、G10ブルーバードシルフィ!
普段借りるのはノートやデイズが多いので、かなり驚き。
古くて普通の人は嫌うかもしれませんが、僕としては大歓迎の物件です!
「U12からG10に乗り換えた2003年の夏」ではありませんw

お家へ連れて帰ると、結構内外装に汚れが。
今回は日数掛かるだろうし、せっかくなら綺麗な状態でお出かけしたい。
ということで、車内清掃と洗車!w

フロアマットも水洗い、ベタついていたステアリングも綺麗に。
カフェラテ内装、明るくて好きなんですよね。


曇っていたヘッドライトも、


クリーニング。


シャンプー洗車してスマートミストでコーティング、ツヤ感が少し戻りました。
ガラスも撥水コートしてあります。


初代ブルーバードシルフィの後期、車体色はシャンパンシルバー、グレードは18Viです。
前期はセフィーロ風、後期はティアナ風でしょうか。


MCを重ねるごとにBLUEBIRDの文字が大きくなっていきました。


エンジンはQG18DE。
当時としては環境性能に優れ、「都心部の空気より排気の方がキレイ」という怪しげな謳い文句があったような・・・w
トランスミッションはロックアップ付き4速ATです。


前期のCMでは、ハイブリッドカーと有害物質の排出量を比較して優れていることをアピール。


全体的には木目調パネルやプラズマクラスター付きオートエアコン、ファインビジョンメーターなど上質な装備が多いのですが、リアシートが狭いのが少々難点でしょうか。
ブルーバードを名乗っていますが、実質はB15サニーの兄弟車ですからね。
プレスドア(フルドア)の構造もサニー系の特徴そのままです。

ところでこの子、前にどこかで見たような?
過去の写真を探してみると、

いましたw
2011年に一度エルグランドの代車として借りていたようです。
ホイールが当時と変わっていますね。
しっかし、7年越しに再開するとは・・・w

ということで「ブルーバードシルフィとシルフィとスカイライン生活」になります。

Posted at 2018/07/01 19:09:26 | コメント(2) | トラックバック(0) | ブルーバード | クルマ
2018年06月30日 イイね!

平成最後の夏が始まった。

関東梅雨明け!

本日のテーマソング、渡辺美里「夏が来た!」

「平成最後の夏」を感じに、足尾へ行ってきました。





なんだろう、すごく画になる・・・。

来年は新たな元号になり、登録されるクルマも「〇〇元年式」となりますね。
元年車と呼ばれることもありますが、僕のブルーバードも平成1年(1989年)式の元年車。
ちょっと良い響きじゃありませんか?w


足尾駅へは4年前にコペンで来ていました。

そのまま122号を南下、丸美屋自販機コーナーで昼食です。

ブルーバードで初来訪。
自販機コーナーも平成の次の時代にも、末長く残って欲しいですね。


大概ここへは夜に行くのですが、日中だと目の前の道路を車両がガンガン往来して中々騒々しいw
午後3時をまわったのにお客さんの出入りが常にあって賑わっていました。
一部の自販機フードは売切れ、写真もあまり撮れず・・・。


天ぷらうどん 250円
もう何度目の訪問になるのだろう?
数ヶ月に一回、「あ、丸美屋行かなきゃ・・・」と思い出すんですよw
ここのうどん、オススメです!


50号に乗り、足利方面へ。
樺崎八幡宮へお参りして来ました。


北関東道がすぐ近くに見えるのに、ここだけはいつも静まり返っています。
空気もひんやりしているし。

ぐるっと200kmのドライブを楽しみました。
いよいよ、7月は車検がやってきます。
Posted at 2018/06/30 20:29:45 | コメント(0) | トラックバック(0) | ブルーバード | クルマ
2018年06月24日 イイね!

付いてました。


スカイラインを購入して3年目、新たな事実が。

部品番号を調べるため、Partsfanというサイトをよく使います。
イラストと共に部品の番号や値段が分かるのでとても重宝しています。
これを元に、ディーラーへ部品の発注をかけています。その方が担当氏の手を煩わせないで済みますからね。


またシャーシナンバーを入力すると、その車両の製造年月やグレード・ミッション・内外装色などのデータが見れまして、その他の情報として装着したメーカーオプション項目も出てきます。
これまでに装着されているオプションは把握していたつもりだったのですが、


「ビスカス LSD仕様」
え、これLSD付いてたの?!


スペック表にも記載のある通り、2LのGTグレードにオプション設定があるとは知っていましたが、まさか装着していたのとは・・・。
外観からは判断が付かないので中古車でも判別できませんが、R34のRB20DE搭載でビスカスLSDを組んだ車両はどれだけの台数が世に出たのでしょうね。
残ったメーカーオプションはナビ・サンルーフ・アルミ・SFHCくらいですし、ボトムグレードで色々付ける人は少ないはず。
これだけオプションを装着すると、25GTの価格にかなり接近しているのではないかと思うのですが、どうでしょう?


ビスカス装着・非装着車を乗り比べていないので、効果の程は体験できていません。
前のオーナーさんは一体何を目指していたのだろう。
2000cc直6エンジンというメカニズムに、こだわりを持っていたのだろうか・・・?
Posted at 2018/06/24 13:40:58 | コメント(1) | トラックバック(0) | スカイライン | クルマ

プロフィール

趣味は「カーライフ」。 クルマを洗車したり、眺めたり、調べたり、語ったり、遠出したり・・・クルマと一緒に生活することが好きです。 生まれてからずっと、親...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

ファン

26 人のファンがいます

愛車一覧

日産 シルフィ 日産 シルフィ
マイカー歴の中で、一番気に入っています。 U12ブルーバードのCMで用いられた「グッド・ ...
日産 スカイライン 日産 スカイライン
―その名を聞いて、ときめくクルマは少ない。― R34型スカイラインの後期型、4ドアセダ ...
日産 ブルーバード 日産 ブルーバード
ーブルーバードが好きだ。ー 僕のクルマ趣味の原点、U12ブルーバード。 手放してから2 ...
ダイハツ コペン ダイハツ コペン
マイカー歴初めてのMT・ターボ・軽自動車・ダイハツ。 とても状態の良いコペンを友人と通 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.