• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

JJ.のブログ一覧

2018年06月09日 イイね!

名車767Bがセントラルを疾走!

名車767Bがセントラルを疾走!名車767Bの実走を見ました。
4ローターの咆哮を聴くのは初めてです。
本日は、息子を伴ってセントラルサーキットで開催された「りんくうセブンday」に行ってきました。到着したのは正午過ぎで、ちょうどマツダスピード767Bの同乗走行中でした。
767Bは、91’ルマン優勝車787Bの前身、エンジンは同型式の4ローター。あの太田哲也氏もドライブした名車です。
まずは、そのサウンドをご確認ください。

イベントではセブンの走行会も開催されていていました。

MASARATIさんのFD3Sも出場です。この方、峠もサーキットもきれいに走られます。

フロントもリヤもダウンフォースが効いています。こうして比べるとよく分かります。

会場の様子を少し紹介します。



次はRX-VISIONです。ロータリー四十七士のスピリットを継承するクルマでしょうか。

マツダの挑戦に期待。このメーカーのチャレンジする精神には惹かれますよね。
私も今できることを頑張りたいと思います。

今日は、セブン大好きな息子のお友達も一緒に楽しみました。
かき氷は美味しかったかい?

つづきは、フォトアルバムをご覧ください。
Posted at 2018/06/09 23:05:37 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2018年06月03日 イイね!

迷ったら、積極案を取るべし。

迷ったら、積極案を取るべし。息子と離れて、外に出る機会がめっきり減りました。
お部屋で音楽を聴いたり、本を読んだり、それはそれでよいのですが、すっかりインドア派になってしまいました。
今日は朝から快晴です。久しぶりに六甲にあがるか?それともお部屋でゆっくりか?アラフィフの私にとって、後者が魅力的な選択肢であることは言うまでもありません。しかし、悩んだときは、積極案を取るのが私の信条。M3のS65エンジンに火を入れ、芦有に駆け上がりました。

思い切って積極案を取って正解でした。六甲に到着後すぐに、お友達のFD3Sに遭遇。
フロント周りがリニューアルされて精悍な顔つきです。フロントアンダーカバーはなんとDIY。

MASARATIさんはドラテクもメンテも凄腕です。今週末はオフ会でセントラルを走られるとか。
ここ芦有に来るようになって、この縁を頂きましたが、この方とは、家族で仲良くさせて頂きました。
今日は、芦有にあがってよかった。

こちらは、息子の大好きなジュリエッタです。この深い色見のロッソは見覚えがあります。

2年前の名古屋開催トリコローレで見かけたジュリエッタではないでしょうか。だとしたら、みん友さんのはず。ベンチで休まれているオーナーさんにお声掛け。もしかしてPonji!さんですか?
大正解でした。クルマは、2年前からバージョンアップ。さらに趣味よく仕上がっていました。
カーボンとカッティングシートの競演です。

シートバックのアルファロゴも自作とのこと。カーボンにベストマッチ。もうこれはプロ技です。
Ponji!さんとは、しばし歓談をさせて頂きました。こちらも、とても良い縁を頂きました。
迷ったら、積極案を取る!これ、間違ってないみたい。
息子君、今週末もこちらに来るのかい。一緒にセブンミーティング@セントラルに行こう!
きっと、いい縁が待ってるよ。
Posted at 2018/06/03 23:05:01 | コメント(9) | トラックバック(0) | 日記
2018年05月22日 イイね!

第3回TECH-Mサーキットエクスペリエンス

第3回TECH-Mサーキットエクスペリエンス今回で3回目となるTECH-M主催の走行会「サーキットエクスペリエンス」に参加してきました。直前の参加表明でクルマの準備が不十分なままでの参加となりましたが、前回に同じく、親子ともども、とても有意義に走行会を楽しむことができました。
今回も、息子が実家宮崎から参加、前日の飛行機で関西入りし、走行会終了後に最終便で戻るという強行軍でしたが、みなさんにお会いすることができて大満足だったようです。

今回は、屋内でしっかりとブリーフィングを聞くことができました。すばらしい企画の改善です。
息子君は、最前列でしゃっちょさんの説明に聞き入りました。

ファミリーランを済ませて、さっそく中級枠で走行です。クルマはベストコンディションではありませんでしたが、とにかく気持ちよく走れました。taoさん提案の「走好会」に一票!

今回の目標は、フルノーマルE92M3のベンチマークの確認。素人のドライブでどのくらいのタイムで走れるか?タイヤは2万km超え、ストリート向きのプロクセスT1Sなので、純正指定のミシュランから少し性能ダウンと仮定。実際に何度かリヤがブレイクしました。ドライブも、前回に引き続き、ブレーキは限界まで我慢せず、早めのブレーキ、また、テクニカルセクションも攻め込まないドライブです。計測の結果、ベストが1分40秒フラットでした。ハイグリップタイヤならもう2秒くらい、上手な人が乗ればさらに2秒くらい。結論として、フルノーマルE92M3のポテンシャルは1分36秒くらいかと想像しますが、いかがでしょう?ノーマルでも十分なポテンシャルだと思います。

今回は、気になっていたブレーキフルードを走行会直前にTECH-Mで交換しました。緑色に変色していました。注入したのはNUTECのRP300、劣化したノーマルフルードに比して、ブレーキのタッチが終始安定していたのは、鈍感な私にも、確実に感じられました。この点は、純正の性能にプラスされていた点かも。

お誘い合わせで参加された「ほっと8」さん。この方、本当に運転が上手です。パッドだけ交換のフルノーマルM135で36秒台です。しかも、セントラル初走行とは驚きです。M4キラーだな。

今回は、職場の後輩も参加してくれました。また一緒に行きましょう。

で、息子君は、サーキットでお気に入りのミニ四駆のピットを開設しておりました。
シャシダイでパワーチェック中かな?

写真もたくさん撮ってくれましたよ。少しだけ紹介します。

これは、外せないですよね。息子は六甲でも同乗試乗済み…。

こちらも、超豪華ジュラルミンのホイールをはいて登場です。

CSL…。なんて素敵なんだ。

ルマンぶる号! ブレーキのアップグレードで一段と速くなったそうです。羨ましい!

さすがの存在感です。スミレパパさん、少しブレちゃいました。ごめんなさい。

今回も上級2枠目はグリッドスタートです。GT300のマシンみたい。レースクイーンはどこですか。

1コーナーの突っ込みもレースそのもの。怖くて見てられませんでした…。

つづきは、フォトアルバムでお楽しみください。

TECH-Mサーキットエクスペリエンス。今のところ3回とも皆勤賞です。
秋も親子で参加したいと思います。次はタイヤとパッドを新調するかな。

Posted at 2018/05/23 00:35:06 | コメント(14) | トラックバック(0) | 日記
2018年05月04日 イイね!

レトロフィットの完成と衝撃のポーン!

レトロフィットの完成と衝撃のポーン!とうとう完成です。CICレトロフィット。
みん友さんから絶大な支援を頂き、なんとか終了です。この分野は、私の守備範囲外だったのですが、悪~いみん友さんから、「大丈夫~ できるよぉ~」と悪魔のささやきがあり、勢いでやってしまいました。自力ではできないDIYを、友人の手を借りながら完成させるのも満足度が高いですね。
年明けから、作業の下調べをしたのですが、実際にやってみて初めて分かることもあり、作業は、2回に分けて実施することになりました。というか、2日かかりました。

これを見ると、大変そうですが、大したことはしていません。

私がやったのは、みん友さんにセッティング頂いたCICをインストールすることです。

CCCの各種ケーブルを、前方のCICに延長するのに手こずりましたが、何とか終了です。

緊張のIGオンで、最新の地図を確認。当方の生息地を隠すため、若干、引きの縮尺です。

やはり、いいですね~CIC。もちろん地図も最新になったのですが、モニターの解像度も、
また、コマンダーの操作性も、CCCからは、隔世の感があります。

ビデオインターフェースも入れ替えました。CCC用はCICには使えません。コレ、大きな出費。
ただし、バックカメラも、地デジも、モニターが変われば、別物になります。

うれしくて、このコマンダーをくるくる回していたら、「ポーン」と聞きなれた嫌な警告音が…。
あれ?壊れた?違います。ずいぶんと御無沙汰でしたが、あの画面です。
CICでこの画面を見るのは、もちろん初めて。ただし、「ポーン」はCCCと同じ音です。

この画面、見おぼえがあります。でも、連休中でディーラーもショップもお休み中。
早速、手持ちの簡易診断機にかけてみましょう。

4番シリンダーで失火 緊急プログラム発動。失火と排気劣化4番 これも、見おぼえあり。
何度か見たこのワード。このドイツ語だけは、辞書なしで理解できるようになりました。
間違いなくIGコイル不良です。しかも、4番コイルです。最悪だな。

4番はバンク1の一番奥。しかも8番より作業がしにくいのです。手が大きい人はNGです。
2年前のプラグ交換では苦労しました。でも、今回はコイルですから、何とかなるかな。
心配性の私は、万が一に備えて、IGコイルの予備をトランクに積んでいます。
確か前回も、旅先でIGコイル不良に見舞われ、近傍のディーラーをkai-onさんにご紹介頂き、
交換をお願いしました。旅先でのアクシデントだから、工賃はいらないと言われ、
さらに、クリスマスケーキまで頂きました。感謝ですが、もしや、kai-onさんが…。
今回は出先ではありませんが、連休真っ只中です。やむを得ずDIY決定です。

以前のブログで紹介した、この工具を使って、意外にサクッと交換できました。

一番奥なので、工具のヘッド部は外してコイルにアクセス。さあ、引っこ抜け!
少し力が必要ですが、スポンと抜けました。この工具、ホント優秀です。

診断機でエラーコードを消去して作業は終了。40分くらいでいけちゃいました。
安かった簡易診断機と、超安かったこのコイルリムーバーに助けられました。

上が新しいIGコイル。形状の違いから対策品になっているようです。
私がオーナーになって4万kmで現在8万km、この間、5本のIGコイルが逝きました。
1回目:4.3万km、2回目:4.7万km、3回目:5.3万km、4回目:5.5万km、5回目:8万km
前オーナーは、すべての整備をディーラーで実施されたようですが、コイル交換履歴はありません。
したがって、残り3本ですが、そう遠くない将来に3本とも逝くでしょう。
今後も、不具合が出たら、一つひとつ処置すればよいと思います。

これで、S65エンジンの咆哮が復活です。
VTEC、ロータリー、水平対向と国産スポーツエンジンに乗り継ぎましたが、
このNAの4リッターV8エンジンは別格だと思います。
太いトルクと8400rpmまでキッチリ回る大排気量の高回転型エンジン。
想像してください。これを6MTで操る歓びを。



Posted at 2018/05/05 01:40:30 | コメント(8) | トラックバック(0) | 日記
2018年05月02日 イイね!

ちょっとした喪失感と、新たな挑戦のはじまり

ちょっとした喪失感と、新たな挑戦のはじまり単身生活がはじまり、クルマの趣味で多くの時間を共にした息子と離れて1か月が過ぎました。
部屋には彼の足跡があちこちに。
写真は去年のTECH-M走行会の快晴を願って、息子が作ったテルテル坊主。今年の快晴も請け合いかな。
部屋の柱には、彼の身長を測った跡も…。
中学生になって、ぐんと背が伸びるとイイね。

私は…というと、ひとりになって、部屋の模様替えをして、観葉植物を飾ってみました。

ひとりの時間が増えたので、音楽を聴くようになりました。 読書も増えたかな。

ゆっくりお話をしたかった方を思い切って食事に誘いました。とても有意義な時間を頂きました。
思い立った時に、行動に移すといいことがあるみたい。

そうだ。こんな時は何かに挑戦しよう。念願だったナビの換装、CICへのレトロフィットにチャレンジ!

現在、ここまでたどり着きましたが苦戦中です。みん友さんの支援なくしてこのDIYは達成が困難。でも、仲間の助けを借りて達成する喜びも素晴らしいと思います。
単身生活がはじまり、ひとりの時間は、自らの成長のために使いたいと考えました。
まずは、このレトロフィットを完成させよう。

PS:この連休で息子がこちらに来ることになりました。どこに行きたい?って聞いたら、TECH-Mに行きたい!とのこと。普通はUSJじゃないの? 5日は一緒にTECH-Mだな。
Posted at 2018/05/02 01:01:29 | コメント(7) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

子供の頃から車が大好きです。 息子も僕に負けず車が大好きです。 最近は息子のほうがマニアックかな。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

E90前期、CCCからCIC換装への挑戦 ~ 第1章 ~  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/01 18:06:11
いや~、本当にあるんですね。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/03/18 20:19:00
後はピーマンだけ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/03/18 20:11:12

ファン

34 人のファンがいます

愛車一覧

BMW M3 クーペ BMW M3 クーペ
E92型のM3。あこがれのクルマでした。 実用性を兼ね備えたジャーマンスポーツ。 これか ...
アルファロメオ 159 (セダン) アルファロメオ 159 (セダン)
巨匠ジウジアーロの傑作です。最高のデザイン。これまでで一番長く乗った車です。 数少ないオ ...
スバル WRX STI スバル WRX STI
スバルのディーラーでインプレッサWRX STI に試乗したのが運の尽き。堅牢なボディーを ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
不思議な縁で、スバルに2週間ほどお世話になる機会があり、会社全体が持つクラフトマンシップ ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.