• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

まぁSeaのブログ一覧

2018年09月20日 イイね!

フラグファイター。。

フラグファイター。。積読(つんどく)の続きです。。(^^;)



「HG 1/144 SVMS-01E グラハム・エーカー専用 ユニオンフラッグカスタム (機動戦士ガンダム00)」
当時リアルタイムで視聴していませんでしたし、当初はあまり好きな作品ではなかったが。。気に入るキッカケをくれたのは、ガンダムに搭乗する主人公・・ではなく、
登場キャラクターの一人「グラハム・エーカー」。この人の影響大なのだと本気でそう思う(笑)

本音では「GNフラッグ」の方が欲しかったけれど、HGでは無いようなので・・(>_<)

とりあえずセリフの一例。。

「初めましてだな、ガンダム!」
「グラハム・エーカー…君の存在に心奪われた男だ!」

「まさかな。よもや君と出会えようとは…乙女座の私にはセンチメンタリズムな運命を感じずにはいられない」

「多少強引でなければ、ガンダムは口説けません」
カタギリ「彼、メロメロなんですよ」。

「私は我慢弱く、落ち着きのない男なのさ。しかも、姑息な真似をする輩が大の嫌いときている。ナンセンスだが、動かずにはいられない」

「モビルスーツの性能差が、勝敗を分かつ絶対条件ではないさ…当てにしているぞ、フラッグファイター!」

「人呼んで、グラハム・スペシャル!!」

「あえて言わせてもらおう…グラハム・エーカーであると!」

「抱きしめたいな…ガンダム!」

「まさに…眠り姫だ」

・・作中、本人は大真面目なのだろうが、キャラは濃い。ある意味この人が主人公にも見える(笑)
また、セリフの一つ一つがいちいち名言といいますか。。力が入り過ぎている感(*´∀`*)
・・彼が出てくる際に、流れてくるBGMを聴くだけで素で笑えてくる(笑)

※以下はグラハム・エーカー - ガンダムWikiの一部をコピペ

「そんな道理…私の無理でこじ開ける!!」
トリニティ出現の報に、カスタムフラッグで単独出撃した際の台詞。小説版では若干状況が異なり、TV版ではコックピット内での台詞だったが、小説版では格納庫でカタギリに「フラッグを出せるか」と聞いた後に言っている。
実はこれ、同じ黒田氏の作品「スクライド」のパロディ。
「どれほどの性能差であろうと!今日の私は!阿修羅すら凌駕する存在だ!!」
スローネアインのビームサーベルを奪い取って右腕を切り落とし、「モビルスーツの性能差が勝敗を分かつ絶対条件ではない」事を証明した瞬間。この時は間違いなくグラハムが主人公であった。
この後再び彼に心奪われた視聴者によってなのか、?Amazonでカスタムフラッグのガンプラが一時的に売り切れた。。。らしい。

そう考えると・・自分も彼に心奪われた視聴者の一人だったんだろうなぁ・・と、そう思う(笑)



・・画像ピンボケてる・・orz

造ってみた感想は・・部品の一つ一つが細かい感じ。全体的にか細くて、まるでガラス(または紙)のような繊細なプラモでした。。(^^;)

「設定」
グラハム・エーカー専用のユニオンフラッグの改修機で、対ガンダム調査隊の隊長機として、レイフ・エイフマン教授が1週間という短期間で建造(グラハムの要望で)
その結果・・
パイロットへの「安全面」は「完全に無視」で仕上げられたらしい。。(笑)

全速旋回時にはパイロットに12Gという殺人的な負担がかかる為、グラハムは吐血する(>_<)(その設定から、トールギスのゼクスを思い出してしまうのは自分だけだろうか・・(笑)



ボディが黒いのは「耐ビームコーティング」が施されている為とか何とか。。(^^;)



※以下は機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダム 原作ネタ用Wikiからコピペ流用。
「劇中の活躍」
ガンダムの性能を見たグラハムが、エイフマン教授に改修を依頼して搭乗する。
性能面はガンダムには追いつけなかったが、グラハムの技量もあってガンダムとも互角に戦ってみせた。
ちなみにロックオン(ニール)の搭乗するガンダムデュナメスの狙撃を、すべて回避し接近するという芸当は グラハムの技量あってこその結果。

トリニティがユニオンの兵器工場に襲来した際は(多分に私情を含んで)出撃、グラハムスペシャル(飛行中の空中変形。命名はビリーカタギリ)などを駆使して急接近し、ソニックブレイド二刀流でガンダムスローネアインと接戦。ビームサーベルを弾き飛ばした直後、空中で受け止めたビームサーベルでそのままスローネの腕を斬り裂いた。

・・このシーンに多分全米中もきっと心奪われたのでは?と思います(笑)

関連情報URL(YouTube)で観れますた気になればどうぞ(^^♪


ちなみに、このプラモデルも飛行形態への変形も出来はしますが・・あちこちパーツが外れまくる為・・変形はもう諦めました・・orz



「XLR-04試作ライフル 」
フラッグの開発元であるアイリス社が製造した試作型。一般機に装備されているリニアライフルより威力が高められている・・らしい。。



「プラズマソード」
刃を高周波で振動させてソニックブレイドの刃の周囲にプラズマを纏わせた状態。ビームサーベルの開発途中で生まれたもの。。らしい(*´ω`) ・・ソレっぽくする為に「ワザと」色ムラを出す等、一応対抗して見せたが・・(笑)


・・頑張って実はもう一体造りましたが、グラハムのせいで(?)長文となってきたので、この続きは後日。。あまり観たくないかもしれないが・・(^^;)




・・今日は外気温20℃くらいと9月にしては少々お寒いので、
三河開化亭 でこってり豚骨醤油ラーメンを食べてきた。ここに+ライスを頼むとお1人様1000円を超えてしまうという・・(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

家内はあっさり醤油を頼んだが・・どうも醤油味が濃いらしかった(>_<) 実はこってり豚骨醤油のほうがアッサリしていたという結果。。なんか不思議だ。多分、違いは豚骨かな・・。
Posted at 2018/09/20 17:50:59 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年08月21日 イイね!

ガラス面に出来てしまった「ウロコ」取り落とし。。。

ガラス面に出来てしまった「ウロコ」取り落とし。。。ガラス面に出来てしまう水垢やウロコの原因は。。

※以下はコピペを再編・・
「洗車時の拭き上げが不十分だったり、雨の日に着いた水滴をそのまま放置していると、その汚れと水分が混ざり蒸発する時に「油分」や「ばい煙」の他、水の中の「ミネラル成分」などが残り、更にソレを放置すると、ガラス面に白くこびりつき結果ソレがウロコとなります。」

「油分を含んでいるので「ウロコ」化してしまうと。水洗いなどでは水を弾いてしまうので、簡単には落ちません。」・・だって(^^;)


自分は。。日頃洗車はしても水滴を拭いたりとか、あまりしないので・・・
実際その通りの結果となった訳ですね(>_<) 


とりあえず検索してみたら、普通にカー用品で売っているようなので、まぁソレを買えばよかったのですが・・他にも方法はあるようなので、そっちで試してみる事に致しました・・(^^;)




①お酢を使ってみる。
第一印象はとりあえずは・・「体にイイんだよなぁ・・」・・ですかねぇ。。(笑)

ウロコはアルカリ性なので、酸性であるお酢で中和させて汚れを落とすやり方のようです。
ティッシュにお酢を含ませてウロコのある所に貼り15分ほどしたら・・とか何とか書いてありましたが。。そんな面倒な事はご免なのでやってません(笑) 

試しに布にお酢を含ませて拭いてみました。この方法でも結構拭き取る事は出来ましたが、コレではやはし多少残ってしまいますね。。(^^;)
 

残念ですが画像ありません。
誤って消してしまいましたのでっ・・・orz

ちなみにお酢は「酸性」なのでボディに付着したらと塗装が傷みますよ。。普通に注意です(>_<)


②メラニンスポンジで落としてみる。

コップの「茶渋」などを取るためのスポンジ。
メラミン素材は粒子の細かい研磨剤の役割を果たし、頑固な茶しぶ等も水垢汚れやコップの茶渋などを取る事が出来る。水垢汚れやウロコも落とすことが出来る。コレは水だけで落とします。

それにしても水だけとは・・素晴らしい。 まるで主婦の精神が形となったようだ。。とか言ってみた(笑)

とりあえず2点買ってきた。。


「レック 激落ちくん (メラミンスポンジ) S-691」
「ドイツ生まれの新素材激落ちくん」
腕組みしながら自信満々で「使えば納得」とかありましたが残念。今回は結果的に使わなかったので、その真価は分からず終いでした・・(笑)



「3M スコッチブライト すごいボトル洗い 取替え用スポンジ」

実際に使用したのはコレです。。(*^^*)


施工前の画像は残念ながら無いのですが、リアガラスの下面部分にウロコが連なるように出来ていたのですよ(;^_^A

お酢と比べてコレの方がよく取れましたよ♪ ・・でも、薄っすらと残るウロコ・・コレをもってしても完全には落ちないとか・どんだけ頑固なウロコなんだい・・ _| ̄|○ ガクッ


お酢でも取り切れない、メラニンスポンジでも完全には無理なのか・・・(汗)


゜∀゜!!


「じゃあ。。2つを合わせたら取れるんじゃね?」みたいな結論に至りました。

その結果・・・。















除去できましたよヽ(^◇^*)/ ワーイ 


今日も暑かったので結構大変でしたが・・・何とか報われた(;^_^A


お酢にしてもスポンジにしても・・身近でお求め易い値段なのが普通に嬉しいですわ(^^♪
Posted at 2018/08/21 17:10:36 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年08月10日 イイね!

進撃の巨人(26) 読み始めと読み終わり。。

進撃の巨人(26) 読み始めと読み終わり。。

(以下はとある所からのコピペ。。)

全世界に対してパラディ島の脅威を説くマーレ。そこに現れたのは「平和への反逆者」エレン・イェーガーだった。エレンはマーレの人々をなぎ倒し、軍への大打撃を目論む。エレンと「戦鎚の巨人」の戦いは過熱、そして集結した両国の最大戦力がぶつかり合い・・・


※以下は軽くネタバレ要素です。読んでいない方は申し訳ありません。。

マーレ国への強襲劇はとりあえずは成功っぽくは終わりました。

自分はてっきり「全て」パラディ島の壁内人類が未来を勝ち取る為に一丸となって、この作戦を計画し決戦に望んでいた・・と思っていたのですが。。実際は違っていましたね・・・('ω')

本作戦の首謀者はジークであり、なんとエレンでした。

・・それと、残念なお知らせ。。サシャがお亡くなりになりました( _ _ )..........o

船内にてサシャの訃報を聞いたエレンはなんと「クックック・・」と、ソレを笑った。。

描写的には一応苦渋の顔を浮かべていましたが・・・。

前巻までのエレンは精神的にも成長したのかな?と思いかけていました。。

・・これは勝手な推測想像を多分に含みますが、実はエレンは本当にエレンなのか・・?という軽い違和感を受けました。もちろん身体はエレン本人なのです。。。が、エレン本来の姿(心?)が投影されていない。。。ような?そんな感想なのです。ジークの巨人能力と王家の血の能力で、間接的ではあるけれどエレンの持つ始祖の巨人に反応してエレンの中で、何らかの影響を受けているのでは・・?と。

・・まぁハンジさんの言葉を借りれば、エレンは「反抗期の化身」のような人物なので、半分はエレンらしいといえばエレンらしい。。とも同時に思えてしまう・・(-_-;)


何にしても、この詳細は次巻以降ですね。 

・・続き、たのしみです。。



暑い日が続くので、口当たりの良いものを好みますね。すっかり定番になったな感な「つけ麺」を戴きました。普通に美味しいです。から揚げも美味ーーーっ(^^♪
Posted at 2018/08/10 17:51:52 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年08月07日 イイね!

「意地があんだよ、男の子にはなぁ!!」


「つんどく状態」のガンプラ組立の続き・・(笑)


HGUC 1/144 RGM-79 ジム (機動戦士ガンダム)

結構前に買っていました。。(^^;) 

ドン・キホーテでのお買い物・・最安値の600円(うる覚え)です(笑)





造りはRX78(ガンダム)の半分位か? 今まで造った中で一番簡単。コレなら確かに大量大生産は可能である・・ある意味で原作に、とても忠実なのかもしれないぞと・・思うだけです(笑)





簡素な割に可動域もそれなりに備えている。ジムという機体。。見慣れてくるとそう悪くない。実は結構カッコいいかもしれない?。。気のせいか??(笑) 



HGUC 1/144 MS-05B ザクI (機動戦士ガンダム)

コレもうる覚えだけど、オートバックスで買ったのでは?と思う。
お値段忘れたが、ハッキリしているの事はジムよりは確実に高い(笑) 本当はMS06(ザク)が欲しかったのですが・・地味に人気があるためか?どのお店にも置いてなかったという・・(^^;)

部品点数は単純想像でもジムの2倍はありました。
組み立ても思っていた以上に面白いです。コレ(^_^)







見た目は簡素ながらも・・想像以上にコレはカッコいいぞ。(≧▽≦)



「素人め!間合いが遠いわ!」
・・と言わんばかりのタックルポーズを「とりあえず」やってみた(笑)





バズーカ砲の構えもバッチリですわ(*^^*)



フル装備状態のMS05は地味に渋みと凄みがあるな。。。ミリタリー色が濃厚・・(^^;)
シールドのトゲ部分は攻撃力よりも凶悪性が高い・・ような気がするのは自分だけだろうか・・(笑)
この装備でなら初期のアムロに勝てたのでは・・とも思える(笑)


両者お見合い・・「握手会」ではない(^^;)






とある小説ではザクは「工芸品のようなもの」とか書いてありました。ジムと比較して生産性は低い。また単体の完成度は高いのだけれど、発展性に乏しい機体らしい。よくてグフまでとか。。なので戦況に応じた多種のMSがアレコレ新規で開発されたとか何とか・・な設定。また、ジオン系のMSは「戦闘に勝つ為の兵器」・・とも揶揄って書いてありましたね。。('ω')


対してジムは=雑魚というイメージが何処かにあるかもしれないが・・実は基本性能はザクよりも高い。また、ザクと比較して生産性に優れ、機体はある程度の強度もあるので、状況に応じて強化発展させる余裕と幅を備えている。実は極限まで改修されたジムは相当に強力なMSとなる・・らしいです(どこかの設定)とある小説には「戦争に勝つための兵器」とも書いてありました。


たしか・・ドズルは「戦いは数だよ兄貴!」とか言っていましたので・・

まぁその通りなのかもしれません(^^;)


前回と比べ・・今回は普通に楽しく造れました(^_^)

やはしファーストガンダム系はイイっ(^^♪ 次を造る「意欲」をもらいました(笑)
Posted at 2018/08/07 17:35:18 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ
2018年07月30日 イイね!

東京喰種:re16巻(最終巻)読み始めと。。読み終わり。。

東京喰種:re16巻(最終巻)読み始めと。。読み終わり。。
[東京喰種:re]16巻 集英社 石田 スイ


・・\(^o^)/オワタ

・・ついに終わってしまいました。 筋書きは全て決まっていたかのように(ある意味当たり前なのでしょうが(笑)各ストーリーもとてもスマートに進行し。。最後は半ば綺麗にまとまり(収まり)終わりました。

・・率直な感想として、綺麗にまとまり過ぎている為何処か物足りないような・・?気も致しましたが、更に2読してみて・・こういう終わり方で良かったのかな?とも思い返しました。


この漫画はみん友さんからのお勧めで読み始めました。

そうでもなければ多分、読むこともなく終わったのでは?と思われます。

自分は単行本のみで読みましたが、一応リアルタイムでコレを読めてよかったなと思います。

実は石田スイの漫画の描写は「?」となる時が時々ありました。その描写が何を表現した画なのか?がイマイチ分からjなかったです。。(^^;)一応何度か読み返して何とか理解する形でしたが。。読めば読む程深く知れば知る程。。面白くなっていく。。そんな漫画でした。自分は基本グロ表現ダメなのですが・・おかげ様で(?)読んでいるうちに何処か耐性も付いていきましたね・・(笑)

コレは素で名作です。


軽くネタバレしてしまいますが。。(笑)

カネキ「ヒデ!僕たちと一緒に戦った男がなんで地球潰しを!? 」

ヒデ「カネキ! 地球上に残った人類などは地上のノミだということがなぜわかないんだ!私はお前たちと共に戦って人類を不敗させるものがなんたるかを知った ・・私はお前たちとは袂を分かったんだ。」

カネキ「避けた!?」
ヒデ「それでこそ私のライバルだ!」


・・のような、まるで最後の最後のラスボス的な感じの、妙な裏設定はヒデ(永近)には全くなかったですね(笑)

「走れメロス」のようなまるで絵に書いたような、ある意味あり得ない位に親友想いの純粋で友情パワー全開の・・すごくイイ奴だった。ただし物凄く切れ者。何にしても状況に対して超速理解過ぎる。 この人がいなければ勝てかなかったのでは?と素で思える。

なんと喰種ナキは生きていた件。 最後は喰種ミザ(女性)と結ばれた件。 死んだと思った時はこの女性を不憫に思っていたので。。妙に嬉しかったです(^^;)





なんと!最終巻には「絵はがき」が付属されていました。 コレは嬉しいプレゼンツでした。
大切に保管させて頂きます。 
カネキ&トーカ&イチカちゃん 末永くお幸せに…(^_^)
Posted at 2018/07/30 21:14:12 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「フラグファイター。。 http://cvw.jp/b/745381/41968285/
何シテル?   09/20 17:50
・・まぁSeaと言います。一見は何処にもいそうな普通の男?でもちょっと変わり者?でクルマ好き・・そんな感じです。 車歴) ミラTRXX→シビック...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

ファン

19 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ マークX トヨタ マークX
・・購入当初は「この車は、そんなにやらないようにしよう・・」と、思っていたはずなのに・・ ...
トヨタ スープラ mintスープラ (トヨタ スープラ)
平成8年式、約50000キロ走行の中古車を購入して約10年くらい所有していました。・・車 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.