• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

くみちようのブログ一覧

2018年11月13日 イイね!

Y31 プラグチェック

Y31 プラグチェック去年のあの惨事以来、LPG車はプラグが命ということが痛烈に解りましたのでプラグチェックは怠っておりません。
半年に1回は外して診ているほどのビビりっぷり(笑)。
まあ診ないよりはいいんでしょうが、なんせ飼い主がいい加減作業なのでプラグ穴から異物混入やネジ山ナナメ突撃などの二次被害のほうが逆に心配かも知れません。

プラグはLPエンジン用のイリジウムプラグを使ってます。
サファリのTB鈍器(笑)よりもずっと高価なモノですが、油分が少なくて完全燃焼に近い燃え方なので、お財布と免許には優しい燃料でもプラグには厳しい環境なのです。

まずは1番プラグ。



御覧の通り実に真っ白。ガソリンターボ車だったら卒倒して泡を吹くレベル(笑)。
電極にも欠損ありません。

6本全部紹介してもしょうがないので、4番(笑)。



こちらも良好。
まあ交換して1年ですからね。
その間の走行距離も2000kmぐらいだし。



最後の6番。
直6は熱的に一番厳しいのが6番ですが、ここまで白いと良く判りません(爆)。
アレの鈍器エンジンだと6番目がちょい焼け気味になります。




エーモンのプラグレンチはたまに中のプラグ保持ゴムが抜けてプラグ側に残っちゃう時があるので注意が必要。そのままプラグコードを突っ込んでも刺さりません(笑)。



プラグのネジ部分には薄く耐熱グリスをヌリヌリして戻しております。
プラグのネジとは思えないほど乾ききっているので油分が欲しくなります。




来年の桜が咲くころにもう一度プラグを診てみましょうかね。
現在超絶絶好調なY31セド君ですが、次はどこが壊れるのか不安であり、楽しみでもあります(笑)。




Posted at 2018/11/13 14:06:38 | コメント(4) | トラックバック(0) | LPGだよ人生は | 日記
2018年11月06日 イイね!

鯨組2018忘年会のお知らせ

ほんっとにヤバいぐらい月日が過ぎるのが早いんだけど、もうそんな話題の季節です。
来月が12月ってコトは世界中の2割ぐらいしか知らないんじゃねーかと思うのですが(爆)、とにかく今年は夏が終わったと思ったら忘年会なのですよ(笑)。

で、気になる日程ですが

12/8(土)~(日)


とさせていただきたく、組員もしくはサポータ各位に宜しくお願いしたいトコロでゴザイマス。

あんまり年末だとオトウサンの家族サービスやお仕事の年末進行の都合もおありでしょうし、ちょうどいいんじゃないかと。

野営も考えましたが、きっと死ぬほど寒いのでいつも通り那須基地で(笑)。

また近づいたら追って沙汰を配信しますのでよろ。

やっぱりビンゴ大会は必須だな(笑)。







2018年11月05日 イイね!

トランクの良心

トランクの良心先週半ばから原因不明?(笑)、まあ良く判らんデドコ不明の腰痛が始まってしまって、週末は大人しくしておりました。

ほんとは61-60さん~kuro-v-c-m くんの走行会に行きたかったんだけどねえ。

しかしこの腰痛、ジッサイ原因不明ではないのかもです。
先々週に会社でクソ重いモノを階段で8階まで運ぶというお手伝いをして、むやみに「若いもんには負けん」アピールをしたのが取っ掛かりの原因なのか、その週末に池袋と北池袋を往復し、浅草から御徒町まで歩いてさらには旧岩崎邸まで徒歩旅行したヤツがダメを押したのかでしょう。

人生の折り返し地点を鮮やかにパイロンギリギリサイドターンを決めてさらに加速中(笑)なのだから無理はできないと解っていても、頼まれるとハッスル(死語)してしまう悲しい性のメイドイン昭和40年代なのでゴザイマス。

ちなみに都内のヤツは「東京の興味深い建築、構造物を巡るツアー」とかいう説明員役でした。
報酬はお昼の豚カツ御膳(笑)。とてもコストパフォーマンスの高い建築士の使い方ですな(爆)。

さて、そんな都内での車事情のコト。
最近は「軒先駐車」と言われるパーキングの借り方をしています。
個人やお店の方の空いている駐車場を貸し出す方法で、その胴元はB-Timesやakippaなどが有名でしょうか。
比較的安いのも魅力ですが、事前予約ができるので駐車場を探してウロウロせずに済むのがワタシにとっては最も便利な部分。
主にB-Timesを利用していますけど、いまのところトラブルや問題はナシです。
ただ、中型車オッケーとか唄っていても強烈に狭い場合もありますが、、、。

まあそんなこんなでその日も北池袋にベンちゃんを駐めた時のコト。
天気上々過ぎて暑いので上着を持っていくか置いていくか悩んでいたのですが、まいっかと置いていくことにしてトランクを閉めようとしたのです。
ところがトランクのキャッチがロックされず、すぐにカチャッと開いてしまうのです。
なんどやっても同じでドン!と強めに閉めてもやはりすぐに、カチャッと虚しく開くトランク。

「うわ~こんなところで故障かよ」と泣きそうになりましたが、紐かなんかで縛ってしまえばどっかのヤナセに辿り着くぐらいはイケるだろうと思って、向かい側の建築現場の監督さんになんか結べるものを貰って来ようと無意識に上着を引っ掴んだときに、全て理解してしまったのです。
ワタシ、置いていくつもりの上着のポケットにキーレスの鍵を突っ込んでいたのですね。
ベンちゃんはそんなワタシのバカな鍵閉じ込めを防止するために、一生懸命トランクのキャッチをフリーにしていたんです。

それが証拠に鍵を我が手に握りしめたままでは、ちゃんとトランクのキャッチはロックされて通常通りの動きです。

ああ、コイツなんて良いヤツなんだ、、、(笑)。

おかげでトランクへのキー閉じ込めを防止できました。

今どきのキーレスのクルマでは当たり前のコトなのかもしれませんが、こーいう気遣いは素直に嬉しいですね。
勝手にリモコン施錠にしてしまったうちのセドリックだったら、完全にトランク閉じ込め事件発生です(笑)。

キーレスエントリーは確かに便利ですが、その便利の裏側ではメーカーさんが様々な事象を考えてフールプルーフ(つまりバカ避け制御)をやってるのです。
ワタシのような救いようのないバカにはほんとに有難いことです。

まあ同じバカ避けでもデフロックとかフリーハブのフールプルーフは御免被りますが(爆)。




Posted at 2018/11/05 11:03:10 | コメント(5) | トラックバック(0) | ベンツなんだよ人生は | 日記
2018年10月22日 イイね!

ロケットストーブ作成

最近はなかなか我が家のお車どもか壊れないので(壊れても手に負えない系なので)、DIY魂が薄れそうになっております(笑)。

なので、ロケットストーブなるものをを作ってみました。



写真は参考例。
こんな感じでペール缶を利用して作るタイプです。
一斗缶利用とかいろいろあるようですが、今回は新品のペール缶が手に入りましたので↑の形で製作してみます。もちろんペール缶は中古でもオッケーです(笑)。

ロケットストーブの仕組みはこんな感じ。





J形にするのがミソなのですが、よーするに焚口と煙突の温度差を作ってガンガン燃焼させるというもの。単純ながら「こうかはばつぐんだ」という説明だったような(爆)。

まずは材料。



ペール缶2個。今回はバンド蓋つきを使用。貰い物。
120φのステンレス煙突のエルボとチーズ(片側蓋つき)と直管を近所のホムセンで購入。



断熱材に使うパーライト。これも近所のホムセン園芸コーナーで購入。


では制作に入りますが、サンダーさえあれば誰でもできる簡単なお仕事です(笑)。



ペール缶の横っ腹にエルボを突っ込む穴をあけます。
型紙はネットで頂きました。丸いモノの横っ腹に空ける穴は円形ではないので重宝しました。



サンダーは火器ですので注意しましょう。マジですよ。
火事を出さないためにも火花養生は確実に。



刃を放射状に入れて折り曲げれば穴が完成。
当たり前ですが手を切らないように手袋を使いましょう。



エルボを突っ込みます。
おおう、一発でジャストフィットやないかい(笑)。



こんな感じ。

ちなみに穴をあけたギザギザは処理しませんで、エルボを通したら軽く折り曲げ返しておけばオッケイ。この後に突っ込むパーライトが零れ落ちなきゃ良いのです。


続いてもう一缶にもサンダー加工。
今度はケツブタに穴をあけます。



平らな面に穴をあけるので型紙は無くても良いですね。
煙突をあてがってキュキュ~っとマジックで〇書けばおっけーです。



空きました。良い穴です(笑)。

エルボ側のペール缶に煙突の直管を突っ込んでパーライトを詰めます。



エルボの下側にもパーライトがぎっちり入り込むように棒でよく突くのがポイントです。

次、ペール缶の蓋にも穴をあけます。



安全に開けるには少々手間でもケツブタに穴をあけたペール缶へ蓋を戻して固定して、それからサンダーを当てたほうがヨロシイですね。平たいものを加工するって結構難しいんですよ。
間違っても片手で押さえながらのサンダー作業はご法度です。

ペール缶を上下に合体させます。



出来上がりに左右するのでちゃんと天端が平行になるように気を使いましょう。
下のペール缶から上のペール缶の高さを4か所測ると簡単です。



平行を確認したらタップビスで固定します。
上のペール缶にもパーライトを入れて蓋をすれば完成です。


さっそく燃焼実験開始(笑)。



焚口に木っ端と枯れた杉の葉を入れて着火。
火をつけた直後はまあぶっちゃけフツーの焚火(笑)。
煙がモウモウとなりますが、しばらくしてチロチロと火が付き始めると炎が煙突側へ引っ張られるようになってきます。
ちゃんと乾燥した薪であれば煙も少ないんでしょうが、なんせ燃やしてる木っ端はウッドデッキの廃材なので辺りは煙で充満(笑)。
やはりロケットストーブとはいえ、無煙という訳ではないのでご近所迷惑は必至(爆)。


最後、このままでは煙突が邪魔で煮炊きが出来ないので五徳の高さに合わせて煙突をカットします。



取り敢えず完成。
煙突は焚火目的か煮炊き目的かで延長できるようにしたほうが良いかな。
鯨組忘年会はコイツで野外おでん決定(笑)。







Posted at 2018/10/22 10:03:53 | コメント(2) | トラックバック(0) | 乱記 | 日記
2018年10月09日 イイね!

ステキな代車

ダイナ君がリコールでTのお店にドナドナしました。
なにやらEGRクーラーにビミョー品質があるようです。
「少々お時間を下さい」とのことなので、
「少々お車貸してください」
とお願いしたらこんなのが来ました。



超ドシンプルなインパネです。
先代のほうがよっぽど色気があったですね(笑)。
タクシーインパネも真っ青になるほどですが、視認性は悪くはないです。
ちょいと視線を左にズラすと、、。



ファイルや書類を突っ込んでくださいと言わんばかりの形状。
コストを上げずに利用価値を上げる金型屋泣かせの手法ですな。
さすが世界一の下請け業者イヂメ企業(爆)。
こーいうヤヤコシイ形のダッシュボードが流行っているようですが、ホコリが掃除しずらそうでワタシはイヤ(笑)。
で、先代より受け継ぐこの車お約束はコレかな?



と、引っ張ってみるとテーブル出現。
先代のヤツよりもちょっと大きめです。
実際コンビニ弁当食うにはちょうど良いのですが、ホントはパソコンとか置いちゃって出来るビジネスマンを演出するツールのよう(笑)。



ドアポケットの内側がボディの裏側というのも先代譲りのナイスポイント(笑)。
「商用車は遮音云々など考えんでもよいわ!」という力強いメッセージが込められております。
ポケットの内側が無い分は広くなるので、ワタシも賛成。
濡れたものを突っ込んでもボディにちょいと穴開ければ排水も簡単(爆)。

走ってみると、けっこう元気が良いのです。
が、これはきっとアクセルバイワイヤーのセッティングなんでしょう。
ちょっと踏んだだけでガバっとスロットルが開く手法で、手っ取り早く「よく走る」感を演出するやり方ですが、この手の商用車には全く好ましくありません。
超低速で微妙なアクセルワークを受け付けないので、すんごいエキスパート向けですね(爆)。



その要因の一個かも知れないのが、この如意棒のポジション表記に現れています。
CVT、、、だと?
元々T社のCVTセッティングは好きではありませんが、これで決定的となりました(笑)。



人間を座らせることを否定したリアシート。
このグレードでは畳めてフラットな荷室を作ることが最重要なので良しとしましょう。
最上級グレードになると「座れる」ようになります(笑)。



シンプル(コストダウン)を極めたわりにはヤヤコシイ形状のフロントまわりです。
正直、コレがかっこいいとはツユも思えません。先代のほうがよっぽどカッコよかったですね。
最近のT自動車のグリルデザインは醜悪過ぎてコメカミが痛くなってきますが、商用車にもついにその毒風が(爆)。


もうお分かりかと思いますが、この会社のクルマのデザインはモデル(マイナー)チェンジのたびに酷くなっていくのが如実に理解できたかと。
古くはbBとかいう実用ヤン車がフルモデルチェンジでウンコ以下になってしまったり、秀逸なデザインだった下請け(爆)D社のストー〇アを横からクチだしてパッ〇とかいうメタクソなカッコにしてしまったり、オジサンの憧れ”いつかはアレ”を御猪口グリルにして保守層を裏切ったり、最近はニュルで鍛えたとかでますます顧客ターゲットが迷走してみたり、兎にも角にもチグハグの振れ幅が素晴らしいのです(笑)。

伝説の陸船を期間限定で再販するとか、あのピックアップトラックを再びカタログに並べるとか素晴らしく評価できるところもある反面、ユーザーがまるで見えてない残念な部分も多々あるのが面白いですね。

まあシリーズハイブリッドを電気自動車とか平気でウソをつくワタシの大好きな自動車メーカー(笑)よりは一般的にマシかも知れませんが(爆)。


※意見には個人差があります。




Posted at 2018/10/09 18:21:44 | コメント(3) | トラックバック(0) | 乱記 | 日記

プロフィール

「11/17(日)は数年ぶりにお台場の旧車のヤツに行ってみるよ。白田組のアレとか気になるし。」
何シテル?   11/17 15:01
くみちょうです。よろしくお願いします。 物騒なネームですけど、比較的穏やかなおっちゃんです。 サファリY60に乗っております。 メインはTB42Eのキング...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

戦争したくなくてふるえる若者と、就職できなくてふるえるという現実。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/07/29 13:49:01
関東大会へGO! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/03/02 12:53:18

お友達

四駆乗りに限らず、モノ好きな方はぜひお友達に!(笑)。


73 人のお友達がいます
マイトファクトリーマイトファクトリー * ちよサフちよサフ *
16nights16nights 荒野のうさぎ荒野のうさぎ
ぶらんぶらん q-wrgy60q-wrgy60

ファン

52 人のファンがいます

愛車一覧

日産 サファリ さふぁり(参号機) (日産 サファリ)
WGY60と言えばTB42Eが肝です。 静粛性、動力性能に不満はありませんが、燃費が、、 ...
その他 その他 その他 その他
最近のワタシのお気に入りマシンです。 実はヒジョーに燃費が悪いコトに気が付きました(笑) ...
日産 サファリバン さふぁり(四号機)ヨン様 (日産 サファリバン)
参号機の極悪燃費を支援するために、ディーゼルの四号機を入手しました。 内装まで剥がし2名 ...
日産 セドリックセダン セドくん (日産 セドリックセダン)
突如として妻の実家よりやってきた黒塗りの営業車セドリック(笑)。 主に納屋でじっとしてい ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.