• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

kips1985のブログ一覧

2017年06月18日 イイね!

QPエアコンその後の後

コンソール横からは辛うじて指が届くブロアーファンリレーですが、
もしかして前面パネルを外せばアクセスできるかと思い、外してみました。

結論を言うと、手が届きません。
どうやら、このリレー3兄弟にアクセスするには
ダッシュボードを下ろす必要があるようです。
で、折角外したので、

ACコントロールユニットの中を覗いてみることに。

白いカバーのビス4本を外し、引っかかっているツメを起こせば、

ユニットがスイッチもろとも外すことが出来ます。
プリント基板を眺めてもそれらしいハンダ割れは見受けられず

付いているコンデンサー等にも膨れたり変色しているものも無さそうで
もとより、電気はからっきしダメなので無駄な分解でした。
もしかしてスイッチの接触不良かとバラシにかかりましたが、
スイッチボックスと基盤を止めるビス4本が
なぜか頭が舐めている為、これも出来ずじまい。
結局、コネクターにCRC226を吹いただけで元に戻すことに。
もしかして、これで接触不良が直ってくれたらと、淡い期待を抱いて
自己診断テストを実行しましたが、
まぁ、直るわけも無く、相変わらずファン3はNGのままです。
で、小一時間ほど、郊外を流してきましたが、
どうも電動ファンが廻ると電磁クラッチが切れると言う症状は改善されたらしく、
正面吹き出し口から出てくる風も12~13℃くらいで、
効いていることは効いているんですが、
これが走り出すと20℃前後まで上がると言う
数年前の状態に戻ったって所です。

さて、弱りましたねぇ。
マジでダッシュ降ろししなくちゃならないんでしょうかねぇ(涙

補足:アルファロメオ147で、同じように噴出し温度を測ってみると
こちらは概ね4~5℃の冷風が出てきます。
信号待ちでも走り出してもほとんど温度は変りません。
こういう状態が正常なわけで、明らかにQPは異常です。


にほんブログ村に参加しています。

[[img(https://car.blogmura.com/italysya/img/italysya80_15_lightblue_3.gif)]]
[https://car.blogmura.com/italysya/ にほんブログ村 車ブログ イタリア車へ(文字をクリック)] ←ポチッとお願いします。
Posted at 2017/06/18 12:56:01 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月17日 イイね!

QPエアコンその後

取り敢えず、エアコンの自己診断モードで判明した
ファンスピード3を何とかするべく、配線図とにらめっこ中です。

普通はリレー辺りから探っていくんですが、諸事情により、
バルクヘッド内にあるレジスターから。

ワイパーを外して、ビス3本を外せばバルクヘッドカバーは外せます。
普通ならこの辺のパーツはABS樹脂辺りで作ってあるはずですが、
そこはマセラティ、販売台数なんて高が知れているので

射出成型金型が高くつくので、FRPで作っています。
この車、ファーストオーナーもしくはセカンドオーナー時代に
右フロントをぶつけている可能性が大で、
このパーツもいろいろ小細工して取り付けてあったようで、
再組立の際にけっこう苦労しました。
まぁ、本来の目的はこのファンレジスター

外してみると、3本ある端子のうち、両側はサビが
真ん中はコネクターが焼けているような・・・

端子を外して、磨いて、CRC226吹いて
ついでに落ち葉やら砂やらがけっこう溜まっていたので、
その掃除までやったら、もう夕方近く。
再度自己診断モードで調べると
やっぱりファンスピード3はNGで、こいつは無罪だったようです。
とすると残るはリレーかなと助手席カーペットをめくって見上げてみましたが
どうやらブロワーファンリレーは

こんなところにあるようです。
コンソールの脇から指を突っ込むと、
一番下のリレーには辛うじて触ることが出来るので、この状態でテストすると、
なんかちゃんと反応しているみたいで
これはいよいよコントロールユニットなんじゃないかと思えてきて。
ちょっと大事になりそうです。
冬眠ならぬ夏眠になるんでしょうかねぇ。



にほんブログ村に参加しています。

[[img(https://car.blogmura.com/italysya/img/italysya80_15_lightblue_3.gif)]]
[https://car.blogmura.com/italysya/ にほんブログ村 車ブログ イタリア車へ(文字をクリック)] ←ポチッとお願いします。
Posted at 2017/06/17 18:05:29 | コメント(1) | トラックバック(0) | クアトロポルテ | 日記
2017年06月11日 イイね!

QPエアコン検証、再びか再々びか

先週、輪島までイベント見学に出かけた際、
行きは朝一だったので、涼しくてエアコン要らずだったのですが、
帰りは気温も上がり、さすがにエアコンを入れざるを得ませんでしたが、
やっぱりあいも変わらず不調です。
始動直後は普通に冷風が出ますが、
水温が上がると電動ファンが回転、と同時に電磁クラッチが切れて
冷風がただの風になる。この繰り返しで
車室内の温度も徐々に上がっていくというわけです。
某マセラティ専門のショップブログを見ると
エボ前のQPは、ACオンで電動ファンが常時廻ると書いてありますが、
うちのQPは廻らないんですね。そのくせ、水温が上がると
激しく回転するんで、電動ファン自体は問題なく
オーバーヒートとは無縁なんですが、人間の方がオーバーヒート状態に。
最初のうちは黙って窓を開けていた助手席のカミさんも
だんだん棘のある言葉を言うようになり、
結局、久し振りの能登半島もロクに観光もせず
速攻で自宅に帰ってきた次第です。
まぁ、それはともかく
何とかしなくちゃならないんで、詳しく調べることに。
取り敢えずマニフォールドゲージを接続、

稼動前の状態で、4.6~4.8kg/cm2くらいでしょうか。

大まかに言うと、停止状態で気温の25%くらいの数値だそうですので
あながち大外れでも無さそう。
因みに普通にエアコンが効いているアルファ147を調べると

こちらもだいたい同じような数値ですので、

特にQPの方がガスが少ないとか言うわけでは無さそう。
ただし、ゲージの動きには違いが。
QPは、電動ファンは廻っていなくて、
それが回転すると数値が下がる(電磁クラッチが切れる)、

アルファ147は電動ファンは回転して

切れることはありません。
数値的にはQPの方がやや低圧側が低いように思えるのと、
147のほうは高圧側がやや揺れているのが気になりますが。
多少のガス量の違いはあるにせよ、
そんなに両車とも大きな違い(機械的にと言う意味です)は無さそうなので、
やっぱりQPは電気的に異常な箇所があるようです。
電磁クラッチや水温上昇時の電動ファンの回転で
ファンリレー(ダブルのファンなのでリレーも2個)やコンプリレーは問題なし、
ACオンで電磁クラッチは繋がるのに、電動ファンが廻らないとなると
ACコントロールユニット内部か、周辺のコネクターの接触不良と言うことでしょうか。
一応、サービスマニュアルにはエアコンの自己診断メニューが載っていて

この手順を追っていけば、

ユニット自体や周辺のパーツ、コネクターの不具合が判るらしいので、
早速実行してみた結果がこれ。

手順とすれば、AUTOのボタンを押しながらエンジンキーをONにすれば
全部のライトが点灯。まぁ、これは玉切れのテストですが。
この後は順番にボタンを押していき、ディスプレイに表示される数値で
不良な箇所を見つけるわけです。
随分前(最初のエアコントラブルの時だったかも)にも
一度テストしたことが会ったんですが、
その時は何も出なかったように記憶していますが、
今回はブロワーファンスピードの高速側(3)がNGなのと、
温度調節の上下ボタンの数値がマニュアルと違っていると言う2点。
中速でもけっこううるさいので、めったに高速側ファンは使わないせいで、
トラぶっているなんてはじめて知りました。(苦笑
温度調節のほうは、デファルトは00-60なんですが
03ー75という数値が出ています。
これはヒーターコックを交換した際にモーター部分をOHして
微妙に設定を狂わせてしまったせいだと思います。
以前コメントで教えてもらった設定方法があるんで、
それで、修正は効くでしょう。
ブロワーファンの方は他の速度では廻るのでモーターはOKでしょう。
リレー(それぞれの速度に各1個ずつ)か、
スピードを変えるレジスター、もしくはその間のコネクターってとこでしょうか。
とすると、エアコンONで電磁クラッチ側と電動ファン側にいっている
コネクターの接触不良辺りが怪しそうです。
とはいえ、ファンスピードリレーにせよ、各コネクターにせよ
全てセンターコンソールの後ろ側にあるでしょうから、
検証するのにまたまたアクロバットな姿勢を強要されるのは間違い無さそうで
はっきり言って気が重いです。




にほんブログ村に参加しています。

[[img(https://car.blogmura.com/italysya/img/italysya80_15_lightblue_3.gif)]]
[https://car.blogmura.com/italysya/ にほんブログ村 車ブログ イタリア車へ(文字をクリック)] ←ポチッとお願いします。
Posted at 2017/06/11 16:18:34 | コメント(2) | トラックバック(0) | クアトロポルテ | 日記
2017年06月10日 イイね!

帰ってきたセルボ

ホームセンターでアクセルじじいにぶつけられたセルボですが、
今日、修理完了しました。

見事に潰された左リアドアはもちろん新品に交換、
中のウインドレギュレーターやスライドレールもひん曲がっていたので
こちらも交換。
押されて隣の車と接触したリアバンパーも新品に交換。

そのほかにリアアンダースカートや左のサイドスカートも新品に。

さらに、私は気づきませんでしたが、
左リアホイールにもキズがあったようで、これも新品に交換されてきました。
まぁ、相手の保険会社が100%見てくれるんで、
修理屋さんも遠慮無くニューパーツが使えるんですね。
因みに修理総額20うん万円だそうです。

これがクアトロポルテだったら。。。


にほんブログ村に参加しています。

[[img(https://car.blogmura.com/italysya/img/italysya80_15_lightblue_3.gif)]]
[https://car.blogmura.com/italysya/ にほんブログ村 車ブログ イタリア車へ(文字をクリック)] ←ポチッとお願いします。
Posted at 2017/06/10 15:49:40 | コメント(1) | トラックバック(0) | いろいろ | 日記
2017年06月04日 イイね!

輪島オートモービルミーティング

先週の福井県金津町のフレンチトーストピクニックに続いて、
今日は能登半島輪島の能登空港Pであった
輪島オートモービルミーティングに行って来ました。

ランボルギーニカウンタックやフェラーリ360モデナ等のスーパーカーから
国産旧車まで、いろんな車が集まってます。
コスモスポーツが何台か来てましたが
これは珍しいルーチェロータリークーペでは?

ホンダS6のクーペタイプというのも珍しいです。

同じくホンダつながりでシビックRS

ちょうど日産チェリーに乗っていた頃に発売された車で
当時気になって仕方が無かったんですが、
日産ディーラーに勤める身とすれば他社製品はちょっと・・・でした。
その日産ではブルーバード510(シングルナンバーでした)や

スカイライン54B(サイドバッチが赤だったので)など。

そのほか、ベレGや

相棒でおなじみのフィガロ等々。

中にはこんなスペシャル塗装の車も

で、帰りの駐車場で見かけた貴重車、

形もユニークなら、その名前エスカルゴもユニークな
日産がBE-1で味を占めて次々に出してきた受け狙い(失礼ですかね)。


にほんブログ村に参加しています。

[[img(https://car.blogmura.com/italysya/img/italysya80_15_lightblue_3.gif)]]
[https://car.blogmura.com/italysya/ にほんブログ村 車ブログ イタリア車へ(文字をクリック)] ←ポチッとお願いします。
Posted at 2017/06/04 23:37:52 | コメント(1) | トラックバック(0) | クアトロポルテ | 日記

プロフィール

「QPエアコンその後の後 http://cvw.jp/b/1671025/39952686/
何シテル?   06/18 12:56
日英独仏と乗り継ぎ、今は伊オンリーです。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

PWスイッチウッドカバー塗装 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/11/09 08:01:38

ファン

11 人のファンがいます

愛車一覧

マセラティ クアトロポルテ マセラティ クアトロポルテ
マセラティ クアトロポルテIVに乗っています。2010年5月にテーマから乗り換えました。
アルファロメオ 147 アルファロメオ 147
プントからの乗り換えです。還暦のお祝いに赤いチャンチャンコならぬ赤いアルファを自分にプレ ...
フィアット プント (ハッチバック) フィアット プント (ハッチバック)
アルファ147と入れ替えに神奈川に貰われて行きました。
ランチア テーマ ランチア テーマ
マセラティの前に乗っていました。途中フロント周りの修理の為、3年ほど放置状態でしたが、結 ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.