• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

aladdin2のブログ一覧

2017年12月11日 イイね!

キリ番ゲット

2017年12月9日 長野に行った帰り道 キリ番ゲットしました。



今回は、圏央道走行中にキリ番になりそうだったので、
手前のICで一般道に降りて、撮影しました。

Posted at 2017/12/11 21:32:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | キリ番 連番 | クルマ
2017年10月21日 イイね!

連番逃した

2017年10月21日 新潟に行った帰り、連番になりました。

が、高速道路上だったので、最寄のPAで写真撮影。


残念ながら 2km 過ぎちゃいました。


Posted at 2017/12/11 21:29:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | キリ番 連番 | クルマ
2017年09月16日 イイね!

やな場で 鮎 そして 白河の関とお城

やな場で 鮎 そして 白河の関とお城2017年9月16日は、白河に行ってきた。

夏のおわりには、鮎を頂かないとね。
新潟県は魚野川の鮎も美味しいと思うんだけど、関東で有名どころと言えば、栃木県は那珂川の鮎でしょう。
ってことで、那珂川のやな場に向うのですが、ついでに白河まで足を延ばそうと思って、いつもとは違うやな場へ行くことにしました。

いつも通りに海老名ICから圏央道から東北道に入って、那須塩原ICで降りて、やなに向います。

向ったのは、「寒井観光余一やな」。
頂いたのは、鮎釜飯セット(最初の写真)と 子持ち鮎の塩焼き と 鮎の天ぷら。

頂いてみたら、驚きの美味しさでした。
那珂川の鮎は、もちろん美味しいのですが、調理されている料理人さんの腕が良いのでしょう。
塩焼きの塩梅が絶妙で焼き加減が良いし、釜飯も魚臭さを感じないで鮎の旨さを味わえる美味しさでした。
お客さんが、程よく多くなかったのが、良かったのかもしれませんね。

鮎に満足して北上し、途中立ち寄ったのは、道の駅 「東山道伊王野」

ここは、 2連水車の里 とも言われているようで、この水車で挽いたお蕎麦が有名なのだそうです。

道の駅の名前に登場する「東山道」は奈良時代に整備された、都から近江、美濃、飛騨、信濃、上野、下野の国を通って奥州(陸奥、出羽の国)へ向う街道です。

その下野国と陸奥国の境にあったのが、「白河の関跡」

奥州3関のなかでは、もっとも有名な関所跡です。


白河神社が有りますが、平安中期に関所の機能が必要なくなったらしいのですが、神社だけはその後も残されていた居たようです。


当時の関所は、防衛拠点としての機能を持っていて、空堀や土塁で守られていたようです。

余談ですが、高校野球 甲子園の優勝旗は、この白河の関を越えて東北地方に行ったことがありません。 (飛行機で飛び越えて、北海道へは行っています)

次に行ったのは、 「白川城」

こじんまりした山城で、堀切や土塁なんかが残っており、楽しめました。

近くまで行ったので、「小峰城」にも寄ってきました。

何度見ても、ここの石垣は見事です。

白河に行ったら、当然白河ラーメンですよね。
ってことで、いつも行く、「手打中華 すずき」さんに行ったのですが、
16時前だと言うのに、売切れ閉店でした。。。。残念

ということで、近くの別のお店で白河ラーメンを頂いて帰途に着きました。

帰り道は、白河ICから東北道に乗り、来た道を戻って帰ってきました。

全行程 約590Km 燃費計 15.8km/L

Posted at 2017/12/11 21:15:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブ | 旅行/地域
2017年09月09日 イイね!

秩父で 流しそうめん

秩父で 流しそうめん2017年9月9日は、夏の恒例行事である、流しそうめんを食べに秩父に行ってきた。

たかがそうめんなのですが、秩父の自然に囲まれた離れで頂く 流しそうめんは、ご馳走なのです。
ってことで、海老名ICから圏央道と関越道を走って、花園ICで降りて、国140を使って長瀞に向います。

流しそうめんを頂くのは、いつもの「長生館」。
この日は、お天気も良く混雑が予想されたのですが、意外や待ちの人が少なくて、その場で30分ほど待機したら、入れました。
 (2時間以上の待ち時間になることもある、人気店です)
流しそうめんをやっている場所は、本館の離れで、長瀞の流れが見える景色のいい場所です。
 最初の写真は、その近くの待機場所から取った、長瀞の様子です。

お腹がいっぱいになって向ったのは、阿佐美冷蔵さん。
秩父では超有名な、かき氷屋さんです。
が、「ぶらタモリ」効果も有るのか、いつもよりも長蛇の列。(待ち3時間超かな)
ってことで、断念して次の目的地へ向いました。

宝登山神社(ほどさんじんじゃ) 
秩父神社・三峯神社とともに秩父三社の一社とされています。

ご祭神は、
 ・神日本磐余彦尊~かんやまといわれひこのみこと :神武天皇
 ・大山祇神~おおやまづみのかみ
 ・火産霊神~ほむすびのかみ
日本神話のころからいらっしゃる神様ですね。


社殿の軒下や、仕切りには、美しい彫刻がありました。


想定していたより、ありがたみを感じることができた神社でした。

やっぱ、かき氷 が食べたいってことで、長瀞に向う途中の国140沿いで見かけた天然氷のかき氷屋さんの 「榮月」に行ってみました。

こちらの氷は、日光で作られている天然氷なのだそうです。
金時 を頂いたのですが、 せっかくの天然氷の旨さに負けている餡がやや残念でしたので、 しぐれ で頂くのが正解かも知れません。
氷自体がとてもおいしい、天然氷のかき氷でした。

その後は、東松山に移動してちょっと買い物をして食事して帰ってきました。

全行程 約280Km 燃費計 13.2km/L
Posted at 2017/10/01 02:09:49 | コメント(2) | トラックバック(0) | ドライブ | 旅行/地域
2017年08月26日 イイね!

岡倉天心 ゆかりの地:茨城県北茨城市

岡倉天心 ゆかりの地:茨城県北茨城市2017年8月26日に、茨城県北茨城市に行ってきた。

茨城県北茨城市大津町五浦に、岡倉天心がこの地の風景を気に入り移住した旧天心邸や六角堂などが残されています。
東日本大震災で、六角堂は流されてしまったのですが、翌年に当時の設計を元に新築されています。

当日関東は猛暑予報だっだのですが、北茨城は涼しいとの予報だったので、向うことにしました。

横浜新道から、首都高横羽線、首都高6号線を経由して常磐道を北上します。

最初に向ったのは、北茨城市の大津港にある「大津漁協直営市場食堂」

昼食に、海鮮丼を頂きました。(最初の写真ね)
隣のお店で売っていた、エビのから揚げ盛り合わせも一緒に頂いたのですが、
海鮮丼のエビのお刺身も、から揚げのエビも大変おいしかったです。

お次は、「茨城大学五浦美術文化研究所」

こちらに、岡倉天心の住まいであった「旧天心邸」や観瀾亭である「六角堂」が残されています。

岡倉天心が、一目で惚れ込んだという五浦海岸の景色は、なるほど素晴らしいものでした。



そして、「天心記念五浦美術館」

天心ゆかりの品々や天心の足跡などが展示されておりましたが、天心の弟子たちである、横山大観、菱田春草らの作品は見ごたえのある作品でした。

ここで、企画展「三百六十度の世界 松本哲男展」が行われていたのですが、こちらの鑑賞の方が時間が掛かりました。

鑑賞していると時間を忘れてしまうほど、圧巻な作品たちでした。

想定外に時間を使った後に向ったのが、「勿来関跡(なこそせきあと)」

江戸時代には「奥州三関」のひとつとされていた関所です。
残り2つは、白河の関と鼠ヶ関(ねずがせき)です。

帰り道は、常磐道水戸ICで途中下車して、水戸で夕食を頂き帰ってきました。

全行程 約480Km 燃費計 13.8km/L


Posted at 2017/09/13 21:26:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブ | 旅行/地域

プロフィール

「@shellie.may そこそこ忙しいのは忙しいんですけど、むしろ心に余裕が無くブログ滞っております m(__)m あちこち出掛けてはいるんですけどね(^_^) 」
何シテル?   01/09 11:08
aladdin2です。よろしくお願いします。 金曜の夜出て仮眠取りながら移動し、土曜観光して、夕方から仮眠取りながら帰ってくるというパターンで、あちこちで...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/1 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

タイヤと燃費(総まとめ) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/01/09 11:10:27

ファン

5 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ マークX トヨタ マークX
マークX 250G Sパッケージ に乗っています。 15年10月に、インプレッサ GT ...

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.