車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月15日 イイね!

 TokyoMXの通販で0.4ctのダイヤモンドが29,800円っているのをやっているのだけど。

 大丸松坂屋の商品で、かなり安い。
 もちろん安いのは理由があって、表向きは0.5ctで仕入れたものからサイズが満たないのではじいたものであること。
 そしておそらくは含有物がそれなりに含まれているもの。

 こんなところである様子。

 ちょっと含有物が含まれる方が一見きれいに見えることもあるとかで、必ずしもマイナスにしかならない訳でもないらしいのだけれど。

 もともとダイヤモンドなんて炭素の固まりであって燃えてしまうし、宝飾品としての用途以外は人工ダイヤで十分なものなので、鉱物としての価値は限られる。金みたいに溶かして工業材料に使うわけにも行かないし。

 こういうものにお金を出す気にはなかなかならないなあ。売っても大したお金にならないし。1/10とかもっと安いとか。資産としての価値はほとんどない。よほど大きなものでない限り。

 強い屈折のキラキラが欲しければ、ジルコニアとか人工ダイヤでいいじゃん、とかと思ってしまう。

 写真左は1.5ct 20万円のダイヤ。右は人工ダイヤ。


 幼い頃、母から半ば強引に将来ダイヤモンドをプレゼントすることを約束させられた。人工ダイヤがついているガラス切りでも買ってやろうかとずっと思っているのだけど。

https://www.youtube.com/watch?v=uPsTaVq6bx4

↑天然ダイヤモンド燃焼実験 炭素の共有結晶だから、固いけど燃えてしまう。

 ダイヤモンド価格はデビアス1社独占で維持しているという話があるけれど。正直ダイヤモンドを大枚はたいて買うなんてあほらしい。

 天然物はそのうちなくなると言われてるけれど、天然物の価値は結局純粋さにある。

 しかし人工的に作れるものなので、不純物が少なく無色で透明度が高い方が価値があるなら、人工の方がそう言うものを作りやすいのではないかと。

 そのうち不純物が入っている方が『天然物の味わい』とかいって珍重されるようになるかも。不純物が入っていても比較的目立ちにくいSI1クラスより不純物が目立つ安いSI2の方が価値が出るかも(笑)

Posted at 2017/01/15 18:19:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | ひとりごと | 日記
2017年01月14日 イイね!
1月9日からの週の概要。ドル円。



 雇用統計を受けて117円台に乗せた後、月曜日は一時上値を追う動きが出たものの117.50円台で失速。自分もここで売っていたが、売りの継続に自信がなく、断続的な売り買いにとどめた。

 その後はやはり利食う動きが優勢でトランプ就任後を睨んだ疑心暗鬼相場になっている。
 注目のトランプ記者会見では、やはりというか攻撃的なトランプ次期大統領のそのままを顕わにし、ドル円を売っていた筋の買い戻しか強い反発をしていたが、会見直後から失望からドル円が売り込まれる展開に。強い買いがあり反発が続いた115円を割り、一気に114円台まで売り込まれる。
 その後は売り込まれては反発をしているが、7日線を越えることない短期下降トレンドが継続。
 13日の良好な米小売売上高を受けての買いも7日線で売り込まれ、114円台半ばまで下落している。

 大きく下落するとドル買いの反発が大きいが、上値ではトランプラリーの利食いで強く売られる動きが続いている。
 これがなおも続くとやがてドル買いも止んでくるかも知れない。

 かなりボラが大きく、トレンドがはっきりしないまま上下動を繰り返すことも多くなっている。油断しているとストップばかりつけられてしまう危険な相場でもある。こまめな利食い、ロットを抑える、などの対応が必要。

 上下動からやがて現れる方向性にしっかりとついていく必要があるが、基本は5~7日線での戻り売りになっている。そのあたりまで上がれば売りでしばらくいけそうだ。
 トランプ大統領下での安心感が出てこないと、積極的な買いを進められる状況には無さそうだ。就任演説は無難なものになると予想されるが、それを受けて安易に買い進められるかどうかは疑問がある。何が出てくるか、もうしばらくは様子見が続くのかも知れない。

 目先は113~115円のレンジからやや下方向、さらに失望材料が出てくれば110円程度までの下落は短期的に見ておきたい。

 大きく動くときにはしっかりと乗り、上下動を繰り返すときは手を出さないか小さなロットで回転売買。自信がある人はスキャルで大きく稼げそうだが。

 見極めが寛容になっている。

 ダウは横ばい、日経先物はドル円に準じてやや下げているが、19000-19700円のレンジ。


Posted at 2017/01/14 21:41:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | 市況・トレード | 日記
2017年01月08日 イイね!

 目を疑うほどに、日本の子供たちの自己評価が低く受動的で、社会的に何をしても無駄感が現れている。

日本の高校生、米中韓と比べ自己肯定感が低い傾向
2012年08月22日 14時30分
提供:リセマム

 文部科学省は8月10日、高校生を取巻く状況について公表した。心の健康や勉強、学校生活、社会への参加意欲などについて調査したところ、日本の高校生は、米国や中国、韓国と比べ自己肯定感が低く、社会への影響力が低いと感じていることが明らかになった。

 同報告書は、2011年3月の「高校生の心と体の健康に関する調査」と、2010年4月の「高校生の勉強に関する調査」、2009年2月の「中学生・高校生の生活と意識」の3つの調査をもとにまとめている。

 自分自身をどう思うかについて、「私は価値のある人間だと思う」と回答したのは、日本36.1%に対し、米国89.1%、中国87.7%、韓国75.1%。「自分が優秀だと思う」と回答したのは、日本15.4%に対し、米国87.5%、中国67.0%、韓国46.8%。そのほかの自己評価に関しても米国や中国、韓国の高校生と比べるとすべての項目について低く評価している。

 どのような授業が好きかについて、「生徒によく発言させる授業」や「生徒の観察力や応用力を発揮させる授業」が他国と比べて一番低い値だった。

 勉強の仕方について、「教わったことをほかの方法でもやってみる」「できるだけ自分で考えようとする」「勉強したものを実際に応用してみる」「問題意識を持ち、聞いたり調べたりする」について他国と比べて一番低い値だった。

 学校や社会への参加意欲について、「私は将来に不安を感じている」と回答したのは、日本77.7%に対し、米国60.6%、中国58.0%、韓国79.5%。「私の参加により、変えてほしい社会現象が少し変えられるかもしれない」と回答したのは、日本30.1%に対し、米国69.8%、中国62.7%、韓国68.4%。「私個人の力では政府の決定に影響を与えられない」と回答したのは、日本80.7%に対し、米国42.9%、中国43.8%、韓国55.2%だった。

 日本の高校生は、他国と比べ自己肯定感が低く、将来に不安を感じ、自分の力で社会が変えられないと感じている傾向にあるといえる。
http://news.ameba.jp/20120822-978/


 学校は学びの場と言うより何かにつけ評価をされる場であるし、型に合わせることを求めてくる。

 生徒自身を見ていても、自分から何かを求める雰囲気は希薄。やらされている感が強く、刹那的で目先の楽しみばかりを優先する。それによって何かおおきなことが得られるわけではなく、そうした体験もない。
 発言を求めても嫌がるばかり。社会的な関心も低い。何かを変えたいという意志も感じられない。

 ひたすら従順に飲み込むだけで、理不尽を許容するような人間ばかりが育成されているように見える。まさに社蓄育成だ。

 ただ、これは学校のせいとばかりは言えない。日本の社会全体に、そうした人間を育成する土壌がある。

 教育は、その中で出る釘を打ち、内容を身につけたかではなく我慢をさせることで卒業資格を与え、中身のない人間を生産してきた。



 

Posted at 2017/01/08 18:16:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | 教育・子育て | 日記
2017年01月08日 イイね!

 ツイッターで、ハフポストのアカウントからのツイートが目に入った。



 日本の農産物が世界で人気を集めるなんてマンセー記事が出てくることに不信感を持つ。
 よくみてみれば左下に「プロモーション」とある。ハフポストが打っている広告なのだ。
 しかし、ハフポスト自身が広告を流しているものをこれまで見たことがない。

 該当記事を見てみる。



 左上に注目。

PRESENTED BY 内閣府

 要するに、政府広報、政府が流している広告なのだ。

 中を見てみれば震災以降も輸出が伸び続けている云々と。

 しかし、日本の農産物を買っている所など限られるし、放射能規制で輸入制限をかけたままの国もまだ多い。

 伸び続けているというグラフがある。


 2015年までの輸出額(円建て)のグラフだ。
 これを見てぴんと来る人もいるはずだ。これは円安で見かけ上輸出額が増えているだけではないのかと。

 ドル円日足チャート。



 アベノミクス相場で円安が進んだ部分がぴったりあてはまりそうだ。

 ドル円の各年の中央値でドル換算してみると


輸出額
(億円)
ドル円 ドル換算
(億ドル)
2012 4497 80 56
2013 5505 95 58
2014 6117 110 56
2015 7451 120 62

となる。

 2015年こそ伸びてはいるが、ドルベースではほぼ横ばいだったことが分かる。やはり伸びているというのは為替で有利になった分だけと言っていいらしい。2015年は【爆買い】が話題になった年で、円安が進み中国人の間で日本製品を購入するのがブームになった年である。

 円安効果で安くなった分買われたのと、主に中国等の富裕層が信用できない中国産ではなく日本ブランドを好んだという二つなのだろう(中国本土と同じぐらい香港や台湾への輸出額が大きい)。

 円安が進まなければ輸出額の増加は期待できないし(むしろ落ちる)、いつ破裂するか分からない中国の時限爆弾が破裂すれば、輸出が大きく落ち込むだろう。

 年初からうさんくさい政府の広告をそれと分からないようにみせられて、気分悪い。


 輸出物の内訳や展望については下リンク参照。

 困った輸出品内訳が見えてくる。大部分がコムギやタバコなど輸入材料の加工品なのである。水産物に関してはゼラチンなどの副産物が多い。

農産物輸出の実態と今後の展望 農林金融2014・12
農林中金総合研究所

https://www.nochuri.co.jp/report/pdf/n1412js1.pdf

Posted at 2017/01/08 16:37:51 | コメント(1) | トラックバック(0) | 政治・行政・マスコミ | 日記
2017年01月08日 イイね!

 携帯電話の番号を他の携帯電話に移行するMNPだが、自分の場合はどうするか考えている。

 正直言って、電話番号を知らせている相手は極めて少ない。証券会社等に登録しているものもあるが、変更の手間も大したことは無い。

 電話番号が変わっても、実質大した実害はない。

 MNPに3000円もかけるメリットはどうも無さそうだ。

 **

 それよりむしろケータイメールだ。こればかりはYモバイルとの契約を継続するほかに維持の方法はない。

 他に乗り換えるにしても、キャリアメールを使えるのは三大キャリアと一部のMVNOのみ。

 Willcomのドメインでは利用できるものが少なかったとは言え一応キャリアメールなのでケータイメールオンリーのものでも使えることは多かった。

 キャリアメールを使えるUQモバイルぐらいしか選べない。月200円もかかるし。

 もっとも、最近ではキャリアメール以外でも登録できるものが増えてきているので、ケータイユーザーにメールするするときぐらいしかメリットがなくなりつつあるかもしれない。スマホユーザーならキャリアメール以外の連絡手段をもっていることが多く、他人とのやり取りでキャリアメールしか使えないケースは減ってきているし。

 認証はSMSに移りつつあるし。

 とはいえまだしばらくはキャリアメールオンリー、三大キャリアオンリーのモバイルサーボスが続くだろうなあ。

 **

 今のところの方針は、MNPはせずに3月にウィルコムを解約。

 実のところ携帯電話は使っていないに等しいのでしばらくはもたずに様子見にするかも知れない。





 

 

 

 
Posted at 2017/01/08 15:49:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | PC/UMPC/Smart Phone | 日記
プロフィール
愛車 黄色いピアッツァのHP http://piazza.ciao.jp/piazza_web/index.html ↑プロバイダーを変更して再開! ...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
リンク・クリップ
常識はずれのPIAZZA達の隠れ家 
カテゴリ:Piazza
2012/11/17 07:31:43
 
須関裕子のブログ 
カテゴリ:Music
2011/02/26 18:38:37
 
Delta Speed 
カテゴリ:Alcyone SVX
2010/06/13 19:58:02
 
お友達
クルマ好き、音楽好き、アート好き等々どんな方でも話しさえ合えば是非お友達に!
36 人のお友達がいます
前期FC前期FC * JR120XEJR120XE *
Touch.Touch. * keisanv2keisanv2
じゃんだらりんじゃんだらりん shoyunshoyun
ファン
60 人のファンがいます
愛車一覧
いすゞ ピアッツァ いすゞ ピアッツァ
 社会人になりはじめて手に入れた車です。 PIAZZA XE Handling by L ...
スバル アルシオーネSVX スバル アルシオーネSVX
 はじめてのSVXは追突事故によって、わずか1年半で乗り換えることになってしまいました。 ...
その他 その他 その他 その他
写真の置き場です。
スバル アルシオーネSVX スバル アルシオーネSVX
 1989年のモーターショーのショーモデルを見て以来の、憧れの車でした。ほとんどそのまま ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.