• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

h.shibataのブログ一覧

2017年08月25日 イイね!

でも結局EVって原発頼みじゃんね?

いくら性能の良い電気自動車が出来たところで動力源がなければただのゴミです。一体充電する為の電力はどのように調達するつもりなのか、という前提条件が全く抜け落ちています。所詮、電気自動車は原発由来の電力が充電用として潤沢に使える事が前提の機械です。これは日本でも海外でも同じ話です。だから電気自動車としては原発以外の動力源たるエネルギー源の調達方法として水素というルートも視野に入れている訳です。
例えば今現在、日本国内で流通している台数程度ならばまだ電力事情も耐えきれていますが、これ以上増やしてどうやって賄おうとするつもりなのか教えて欲しいもんです。経費削減のためと称して東京電力では「でんこちゃん」までリストラされてしまい、原発の夜間余剰発電分をアテにしたオール家電住宅って、そういえば昔ありましたよねえ?っていう位ですしね。問題は蓄電池の性能の話だけではないです。

思えば平成18年頃は原発にとっては無風時代でした。チェルノブイリ原発事故は私が高3の頃の話ですから、思い起こせば遠い昔の記憶になったもんです。ちなみに今の私は47歳ですからねえ。
という訳で、当時は電力会社主導で出力調整の利かない原発の夜間余剰電力を売り捌こうとオール電化住宅の宣伝が華やかかりし頃の時代です。

当時の私は損保会社の代理店研修生でしたので、火災保険分野のオール電化割引の有無はわりかしホットな話題でした。これをあてにして他社に比べて有利な保険料の火災保険を売り込もうという話もあった訳です。まあ、あんまり成果は無かったけど。

そんな話はさておき、日産リーフもそんな時代の空気の中で開発・発売された訳です。原発の夜間発電分力を売るため安く設定された深夜電力を使えば「まあ、お得」という話です。時は平成22年12月(発表自体は平成21年8月)のことでした。

だが、しかし。最悪のタイミングで悲劇は起こりました。そう、東日本大震災です。ここで一気に反原発の声が大きくなり、同時に全国の原発が営業運転停止に追い込まれた訳です。ここであてにしていた「夜間の電気料金は安い」という大前提が崩れる事になります。
まあ、原発を追い込むのはさておき実際には営業運転をしていないというだけで鎮めるにも大量のエネルギーが費やされる訳ですから、そんなくらいなら発電させておけば良いんじゃない?って思うんですが、何というか潔癖症過ぎる傾向が近頃は強いようで、無菌状態じゃないと気が済まないというか、見つけたゴキブリは根絶やしにしないと落ち着けないという気分に近いような気がしますが、そんなこんなで日本の電力事情は逼迫し、石油・石炭・ガスとありとあらゆる火力電力水力発電を総動員し、挙げ句のはてにはクリーンエネルギーの名の下に日本中の空き地という空き地にソーラーパネルを増殖させるという奇妙な光景を現出させるに至った訳です。



ま、そんな話はともかく電気・電気という目先の小綺麗そうな話や、「欧州では...」みたいな話に惑わされるのは程々にしておいてもらいたいもんです。
Posted at 2017/08/25 13:20:51 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年08月16日 イイね!

新車セールスという職種は売れない時はブラックだったけど売れている時は楽しかった

ブラックだホワイトだの議論に加えて残業時間にも非常に厳しい目を向けられるようになってきました。
おそらくそういうことに目を向けられらた制度だとは思いますが自動車営業職に早番・遅番制が導入されたと聞いた時には何かの冗談かと思ったものです。でも、同時に時代も変わったもんだとも感じました。もっとも、そんな制度が導入された時にはとっくの昔に新車セールスは辞めてしまっていましたが。


当時は連日夜10時に締めの夕礼が行われるのが常の、今ならブラックの称号まっしぐら(まあ今じゃなくてもそうだろうけど)な時代でしたが、それはそれとして個人としては営業所全体の数字云々は全く別世界の出来事で、自分が売れていない時はどうしようもない程苦痛にまみれた時間を過ごしていました。
でも反対に個人の実績が良く、ワリと高ペースで売れている月や新しい商談の種に事欠かない時は周りの空気が重かろうが暗かろうが知った事ではなく、とてもノビノビとした時間を過ごしていました。そういうときは正直楽しかったですね。

まあ大概、売れていない、これという商談のネタも無い時はお客さんの所に行くのも嫌になるくらいで、邪魔の入らない所で昼も夜も寝ているのが常だしたが、新しい商談のネタに事欠かない時は真反対に、いくら夜遅くになろうが休日だろうがお構いなしで仕事をしていて全く苦になりませんでした。逆に楽しいくらい。
まあ体力の低下は年齢とともにお構いなしにやってくるので、あまりにハイになった後はグッタリ疲れるのも分かっちゃあいるんですが、やってる方としては楽しいからあまり苦にならないんですね。


そういう時間を過ごした事のある人間としては、一律な労働時間・残業規制はナンセンスに思えます。
体や頭の拘束時間を売る労働形態もある一方で、行動範囲や拘束時間とはあまり関わりなく労働成果を売る労働形態だってある事も事実だと思うのです。かわいそうに思うのが、一方が他方に足を引っ張られる現実です。
ぶっちゃけ拘束時間を売る側からすれば集団の中で一人、能力があっても好き勝手な出退勤の時間や仕事ぶりをする人間は目に余る存在でしょうし、逆に労働成果を売っている人をとにかく集団行動の中に拘束しようとするのは無理がある様に思います。

トヨペットという新車ディーラーはマージンと基本給の二本立ての給与形態を謳ってはいましたが基本はやはり労働時間・拘束時間の会社でした。
一方アリコジャパンという生命保険会社の各営業オフィスは完全に労働成果を求められる雇用形態で、事前連絡さえしてあれば直行・直帰も自由、土日祝日はオフィスは閉まっており、基本給は10万円でしたが獲得契約の大きさよって加算されるマージンは青天井という給与形態でした。同時期にアリコで働いていた人の中には1ヶ月200万円を超える給与だった人もいました。そういう雇用形態を望む人にとってはそれで良いと思うんですよね。ただし2ヶ月間新規契約が無いと否応なしに首になるんですが。


そういう目で見ると、自殺者を出すまでに至った電通の新人に求めた無期限労働時間は一体何をさせたかったのか、何を求めていたのか理解に苦しみます。
まあ「嫌なら辞めろ」と雇い主から言えない、労働者から「自発的に『辞めます』と言わなければ解雇できない・されない」制度も正直どうかとも思うのですが、もっとその辺、自由な雇用形態を選べる環境を考えていく事も必要なんじゃないのかなと思います。

私個人の好み的には高給を望んで独立したわけではありません。ただ、行動や時間の自由は欲しいと思います。拘束され、強制されるのが性に合わないんでしょうねえ。
Posted at 2017/08/16 13:56:11 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年07月15日 イイね!

近頃は駆け込み寺が黄帽子って人もいる時代なのか

先日、地元のママさんバレーの送迎役をした際に聞いた話ですが、クルマのトラブル修理の持ち込み先が黄帽子って人がいる事にびっくりしてしまいました。

持ち込んだ当人さんには「いやいや、あそこはクルマの用品屋さんであって修理屋さんじゃないでしょ?」とか「何でまた、そんなところに持ち込む気になったの?ディーラーに持って行く事は思いつかなかったの?」とか聞いてみたんですが、返ってきた答えは


「そもそも、そういうことを誰に聞いたら良いのかも分からなかったから」


でした。そんな時代なのか?

もっとも期待を裏切らない黄帽子の事ですから、色々手を入れた結果として2万なにがしかの請求金額に加えて「バッテリーの様子もよろしくない様ですので、こちらも交換致しましょうか?」となかなかに水も漏らさぬ布陣だったようです。さすがにそれは断って帰ってきたとの事でしたが、まあそれが用品屋さんの営業ってモンでしょうねえ。

クルマ屋さんな私的には商売に対する余念の無さに呆れるというか感心至極というか、社員教育の周到さに唖然としてしまうというか。いや、さすがだわ。とてもついて行けん。それをやれと言われたら仕事辞めちゃうだろうなあ、俺。



とあるお客さんからこんな内容のメールがやってきました。

曰く
「ガソリンスタンドでバッテリーが弱っているから交換を勧められました。あとタイヤのひび割れも酷いので、これも交換も勧められました。shibataさんに頼んだ方が良いですか?」
というものでした。ガソリンスタンドの店員に言われたというだけで既に交換する気になっているところがすごいなあ。

個人的には車検の際に工場から指摘された事項はお客さんに伝えますけど、こちらから進んで「タイヤをそろそろ替えませんか」という類いのことは言いません。
聞かれたら感想程度の事は言いますが、まあ後はご自由にご判断なさってくださいという感じです。ですから、このお客さんもクルマを納めたのは私ですし車検整備も請け負ってはいますが何年か前からタイヤは自動後退、バッテリーはガソリンスタンドブランドの赤箱が入っていたのは承知はしていました。

で、何回かのやりとりの後、結局私が交換を請け負うことになり先ずはバッテリーの交換作業をしてきました。
最初にボンネットを開け、まず目に入ったのが前回のバッテリー交換時期を記したマジックのメモ書きです。H26/8とありました。ちょうど3年目だったんですね。ああ、交換の根拠はこれだけか、と。やられちゃったねえ。バッテリーの比重計は適正状態を示していましたし、勧められた際、特に診断機の数値を示された訳でもないらしいし。

ちなみに交換された赤箱のバッテリーは私の手持ちのCCAテスターでも500位を示していました。ちなみに純正装着のバッテリーサイズは46B24Lですからサイズ的には300位を示していれば充分な数値です。


情報弱者という言葉があります。
お手軽に情報が手に入る時代にもなりましたが一方でまだまだ「調べることすらしない」方々も少なからずいらっしゃるようです。もちろん調べるだけで完結するわけもなく「どうやって調べたら良いのかすら分からない」とか言われたりすると気持ちも萎えるのですが、だからこそSNSで気軽に質問できて繋がることの出来るネットワークがもてはやされるのかもしれません。





Posted at 2017/07/15 10:36:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月25日 イイね!

労働時間か労働成果か、労使相互の選択

近頃は真っ先に定時で帰ろうとする新人君の話をよく見かけます。飲み会に誘うと「それって残業代が出るんですか?」と聞かれちゃったりね。とあるお客さんからも「近頃は残業時間がうるさい」という話をよく聞きます。その一方で電通の新人さんが超過勤務を苦にして自殺してしまったなんて話もあったりするわけです。


うん、そーねー。

ちなみに私の新車営業マン時代は「残業時間って何?それって日本語?」ってくらいの感覚です。朝は8時半から夜は10時過ぎまで拘束されるのが当たり前で、加えて決まった休日などほぼ皆無。1ヶ月のうちで満足に休める日など2日位あれば良い方という感覚でした。
あるとき労働組合から勤務時間実態調査なるシートを渡されて記入させられた事が数ヶ月ありましたが、まあ14時間、15時間なんてのはザラで当時「『女工哀史』の労働時間ってのはこんな感覚だったんだろうなあ」と感慨にふけった事もありました。


ところが場所が変われば感覚も大きく違うのも不思議な現実で、自動車販売会社から保険会社へ転職してみたら土日祝日は休みだは、出勤も9時からの夕方5時定時で、自分が終わろうと思えば「じゃあ、お疲れ様でした」と帰れてしまうという、なんとも隔絶した世界がそこには展開されていたのでした。
しかもオフィス所在地は市街地のど真ん中という好立地でしたから一歩外に出れば飲み屋勤務の兄ちゃんやお姉ちゃんが、そこかしこでの呼び込みに精を出している有様です。ついつい誘い合わせてほぼ毎日6時過ぎには「じゃあお疲れ様でした」とジョッキをあおっているという、ところ変われば人も変わるという生活を当時謳歌していました。転職前はガリガリ君だった私が転職後は10kg増えましたからね、体重。



私が自動車ディーラーに入社したのは平成4年ですから、バブル崩壊後とはいえ少なくとも今よりはまだまだ余韻のあった時期です。「仕事人間はかっこいい」という雰囲気がまだまだ強い時代でした。


ただ本来ならば自動車販売業の従業員は「販売台数」という成果を売る商売な訳ですから、本質的には拘束時間など意味はありません。
個人的にはそう思います。



仕事をたくさん抱えた人間や手の遅い人間ならば遅くまで仕事をする必要もあるでしょうけど、定時を過ぎているからといって超過時間分の給料を払わなければならない必要があるのか?と思ってしまいます。成果を売る商売なんです。単に手の遅い人や仕事のない人間の付き合わされた超過時間分までをも給料計算に入るのは違うと思うのです。
挙げた成果に対して明確な基準でもって、依怙贔屓でなくきちんと計算できる金額を成果給として支払う。それで良いと思います。また、そういう所謂「できる人」に対して労働時間を制限しようとしたりするのもいかがなものかと。できる人には権限と裁量を与えて得意分野で好きにやって頂くという事がなぜ考えられないのかね?例えばアリコ時代には、いつ仕事してるんだろ?と思ってしまう人が10年来、常にトップの成績を上げているという光景もありました。

報い方は人それぞれです。開発が好きな技術者さんに何故年齢一律で得手でない管理業務などをやらせようとするのかが不思議です。管理職になる事が双六のあがりに相当するとでも思っているんでしょうか?
東芝のフラッシュメモリー開発者のインタビュー記事を目にした事がありますが「東芝が好きで、開発が好きだったから、できれば東芝で開発を続けていたかった」とか「フラッシュメモリー事業が会社の基幹事業になったときもありがとうの一言もなかった」という内容には涙が出ました。報い方が下手だよねえ、って。そりゃあ、中韓へ流出もしますわ。ちなみにGT-Rのチーフエンジニアの水野さんも日産退職後は台湾系の開発会社に在籍しているとか。


確かに月末になれば純利益たる給料が出る、人任せの幸せが期待できるサラリーマンという職業は個人事業主の私からすればうらやましくもあるんですけど、今でも夢でうなされる時があるあの息苦しさは「もう結構」って感じですねえ。

Posted at 2017/06/25 12:19:26 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月11日 イイね!

同じクルマ、同じブランドのタイヤの組み合わせでも変わる印象

今乗っているサクシードは昨年3月に買った初度登録平成24年(つまり現行マイナーチェンジ前)の個体です。いつもなら買って直ぐにタイヤは新品へ交換してしまうのですが、当時履いていたタイヤ(たぶんTOYOだったと思います)はかなり残り溝があったのでさすがに勿体なく思え、そのまま履きっぱなしにしていました。

ただ、いい加減交換したい気持ちが我慢できなくなり今年1月になってやっと交換。ただし、この時は6PRのバンタイヤではなくミシュランの乗用車タイヤ(XM1の155/80R13)を選んでみました。純正サイズのXM1は現在製品ラインナップから外れてしまっているので仕方なく1サイズ小さいものです。

理由は2つ。以前乗っていたサクシードにもミシュランXM1の、この時は純正サイズを履かせていたのですが、ずいぶん印象が良かったから。
もう一つの理由は、今のサクシードの前にH19年初度登録のサクシードに履かせた事のあるバンタイヤのミシュラン・アジリス(純正サイズの165R13の6PR)が、あまり印象が良くなかったからです。確かにミシュランらしいがっしり感はあったのですが一方で妙にタイヤが重いというか挙動が重苦しく感じる走りとなってしまい、ちょっとがっかりしました。このため今回もそのままミシュラン・アジリスを選ぶ事に躊躇してしまったわけです。


で、その結果は。





駄目でしたねえ。
ショックに対する当たりが柔らかすぎて乗っていて気持ち悪い。高速道路上では好印象なタイヤでしたが、一般道を走るタイヤとしては正直気持ち悪い。うーん大失敗。
ただ、履いたそばから嫌になったからと言ってもタイヤ代2万プラス交換工賃という大枚を払ってしまった後の事です、さすがに直ぐに捨てる気にはなれません。どうしよう。


結局、車検用にもう1セットある純正サイズのバンタイヤセットに早々に履き戻して乗っていましたが、こっちもこっちで乗用ミシュランほどではないにしても柔らかいんですよねえ。仕方なくフル積載状態の指定空気圧にして乗ってましたが、ホントにこれで貨物用タイヤか?と思うほど柔らかい。という事はバンといえども一般の方々が求める乗り心地の平均値ってこういうものなのかなあ?



こんな状態でしばらく乗っていたのですが、さすがに我慢が出来なくなり、先日「エエイ、ままよっ」ってばかりにもう一度純正指定サイズのミシュラン・アジリスを仕入れてしまいました。正直、あの柔らかい乗り心地のタイヤよりマシになれば重さを感じる挙動くらいは我慢できるか、という半ばあきらめを込めた気持ちだったんですが、



結果は大正解


ああ、これこれって感じ。ずっしりとした剛性感に軽快な挙動。安心してタイヤのことを忘れられます。これぞミシュランって感じ。
じゃあ逆に、平成19年式サクシード+ミシュラン・アジリスの違和感は何だったんでしょう?あれほど悪かった前回の組み合わせの印象の原因が思い当たりません。走行距離は今のサクシードよりも少ない個体だったしタイヤの個体差なのか?それとも、どうも前オーナーさんは御高齢のオーナーさんだったらしい印象ですから、あまりにもシェイクされていない足回りだったからなのか?

まあ何はともあれ、これでしばらくはタイヤこのとは考えなくても良さそうな雰囲気です。こうなりゃ次回もミシュラン一択だしね。ただし、このサイズのタイヤを生産し続けてくれていればの話だけど。
Posted at 2017/06/11 11:45:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「予想されていた事とはいえ「燃費偽装車は数あれど、補償するのは日産絡みの軽自動車のみ」って事は、結論「日産ラベルの軽自動車を買った人以外は眼中に無いです」って公言してるようなもんだな。」
何シテル?   06/25 15:34
どノーマル車が好きなので、派手なカッコにしたりとか、ボディへのお絵かきはしません。中味もそのままです。仕事が暇な時はクルマを磨こうかなあと思ったりもしますが、大...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

浜松市 歯科 オペラデンタルオフィス 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2011/06/10 09:35:08
 
しばた新聞 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2009/09/22 19:37:56
 

お友達

こちらからのお誘いはしていませんが、御遠慮なくお誘いください。頂いたコメントには必ず御返答させていただきます。
13 人のお友達がいます
じょい@じょい@ * JI1VJI1V
ナインツナインツ 仲林工業株式会社仲林工業株式会社みんカラ公認
黒猫ライダー AGITΩ黒猫ライダー AGITΩ ブルマウブルマウ

ファン

76 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ サクシードバン 銀サク (トヨタ サクシードバン)
前回のサクシードバンの後に一台、丸目インプレッサ・スポーツワゴンNA2WDの1.5リッタ ...
マツダ ロードスター マツダ ロードスター
NA型から転びました。NC2型ロードスターのSグレードRHT、AT車です。ボディカラーは ...
マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
以前は勤め先の関係で買えなかったけど、転職を機にやっと念願のロードスターに辿り着きました ...
三菱 アイ 三菱 アイ
私にとっては都合3代目のアイとなります。2代目は二週間でお嫁入りしてしまったので今回のア ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.