• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

紺の豚のブログ一覧

2017年11月19日 イイね!

2017ミルキーウェイ・ブルーアイランドラリー 土曜日

2017ミルキーウェイ・ブルーアイランドラリー 土曜日2017ミルキーウェイ・ブルーアイランドラリーが、去る11/11-12で行われた。一昨年は娘の学芸会が二日目にあるため1日だけの強行出撃、昨年は娘の受験でお休みしたので、久しぶりのフルエントリーだ。ナナちゃんのためにも頑張らないと(笑)

11/10夜、大阪南港からオレンジフェリーで出航。車検証を忘れていて、長さが判らない。よくチェックすると、必需品であるキッチンタイマーとメトロノームも忘れてきている。やっぱりブランクがあるとダメだ。翌日、東予港から集合場所である石鎚山ハイウェイオアシスへ。みんな集まっている。


お、これはジーロデル大山の主催者、白猫#35さんのベルリーナ!初参加のはず。

「ようこそミルキーへ。楽しんでください!流石に35番(=バッチリチューンした2000スプリントベローチェ)では無いんですね。」
「さすがにアレでは無理ですよ!」

当家の右隣のポルシェ356は、うちから200mのタワーマンションに住んでおられるUさんの個体。一昨年ご一緒させていただいて以来だ。お久しぶりです!

石鎚山ハイウェイオアシスを起点に、東へと向かう。いつも四国西半分のイメージだか、今回は初めて高速で徳島市へ。高速道路の5連続トンネルでのタイム計測でいきなり間違い、重苦しい雰囲気。「これは今年はダメだ。」と諦めムード。
混雑する徳島市内を抜ける頃、白猫#35さんの奥様から電話。
「阿南市のstratosさんに連絡したら、ぜひお昼ご飯をご一緒しましょうってことになりました。どうされます?」
そんなの断れないじゃ無いですか!
「ぜひぜひ。よろしくお願いします。」
それからは大変だった。丁度大阪に残してきた92歳の母やヘルパーさんから電話がかかってきて、ナビの嫁さんはそれを処理するのでてんてこ舞い。その上なぜか飲んでしまった酔い止めで異常に眠たく、ナビ機能がダウン(笑)stratosさんとの待ち合わせの電話連絡などもあり、車内はパニックだった。ラリー中に色々同時進行なのはダメだな(笑)

stratosさんとは国道55号線のバイパスでお家の近くのコンビニ駐車場で待ち合わせ。以前グループ4ストラトスの同乗試乗をさせていただいた道沿いだった。


凄い!フラミニアで来てくださった。以前も一番お気に入りと言っておられたけど、本当にいつも乗っておられるのだな。

「どうしましょう?実はけっこう時間が押していて、南阿波サンラインの第一駐車場がチェックポイントなんですが、そこに13時までに行かないといけないんです。」
「それなら、食事してる暇は無いですね。僕も一緒に行きますから、チェックポイントの後で食事にしましょう。それで良いですか?」
なんだか申し訳ないけど、地元のstratosさんがそうおっしゃられるので、それに従おう。

南阿波サンラインはなかなか気持ちのいい道だった。とにかくミルキーには珍しく、素晴らしい快晴だった。

チェックポイントの第一展望台はこんな感じ。

素晴らしい太平洋の眺め。

その直後にSS(スペシャルステージ)。当家が15位以内に入賞したのは3年前なので、もう一般車で、それもエントリーが早いため一番短いA。ちょっと長いけど、SSの緊張感と素晴らしい風景をお楽しみください(笑)


その後もタイム計測で制限速度が途中で変わるのを見逃して白猫#35さんとはぐれたり、クイズの答えのクルマ(ジムニー?)を見逃したり、散々だった。でも素晴らしい景色が傷ついた心を癒してくれる(笑)途中でstratosさんが「ちょっとここのは量が多いよ」と言ってくれた喫茶店「飛行船」に。

これ、下が深くてハラペコだったのに思いっきり満腹。参りました(笑)

這々の態でやっと室戸岬に。

室戸岬は「本当に何もない」ところだった。

右が岬、左に中岡慎太郎の銅像。岬の上には灯台があるようだが、徒歩20分の時間はない。先を急ぐ。

最後にもとんでもない勘違いを。ゴールまで40分かかるオーシャン石油で解答用紙を手渡せば良いと勘違いして、験算などやっていたものだから、実際のゴールには17時までに行かないといけないのに、安芸市の渋滞に引っかかってギリギリになってしまった。せっかく美しい夕焼けが土佐湾に沈んでいくのに、見る暇もなかった。

ゴールの「リゾートホテル 海辺の果樹園」は素晴らしいロケーション。

stratosさんと白猫#35さんはすでにゴールしておられた。stratosさん、結局高知まで引っ張ってしまってすみませんでした。でも楽しんでいただけたようです

部屋に入って、やっとゆっくり土佐湾に沈む夕日を眺められた。


夜はパーティー!

今回の宿は今までで食事はベストだったと思う。それなりに高かったと思うのですが、ありがとうございました!パーティーマスターの小林さんの司会やYes-Noクイズなど、2年ぶりに経験してもやっぱり抱腹絶倒で面白い!疲れもあり11時には就寝した。
Posted at 2017/11/19 23:47:54 | コメント(2) | トラックバック(0) | ローバーP6 | 日記
2017年11月02日 イイね!

愛犬の死

愛犬の死10月27日に当家の愛犬、ナナちゃん(ミチニュアダックスフンド)が15歳11ヶ月で亡くなった。

老犬になって耳も目も聞こえにくくなっていたが、それなりに元気で散歩も10月前半まで行き、食欲もあった。でも10/17位から食欲が無くなり、以前にも疑われた免疫介在性溶血性貧血(IMHA)という病気が疑われた。一時食欲も回復し元気になったが、10/25から肺炎を併発し、27日午前に亡くなったのだった。

長女が2004年に生まれる前から当家の一員だった。いろんなところに連れて行ったが、車のイベントにも連れて行ける時は連れて行っていた。元気で車中泊でもおとなしくしてくれていたので、どこにでも出掛けられた。今回古い写真から色々集めてみた。

2005年8月、びわこバレイミーティングで。うちの長男と、kotaroさんの末娘ちゃんと。クルマは少しだけ所有していたテーマ i.e16Vの珍しい5MT。サンルーフ付きだった。


2011年11月、茨木ヴィンテージカーショーで。


2012年はもう11歳だったのに、たくさん連れまわしている。娘は8歳(小2)だ。
2012年4月、狭山池ミーティングで。


2012年4月、米子ユーロカーミーティングで。手前の服を着ていないのがナナちゃん。よく似たわんこと。


同年5月、NCCR滋賀で。


同年6月、ジーロデル大山の鏡が成ゴールで。


同年9月、名古屋クラシックカーミートで。


家族旅行も行った。
2013年四国への正月旅行(ミルキーでの沈下橋リベンジを兼ねて)で帰りに寄った尾道で。階段を降りてゆく娘とナナちゃん。


2013年9月のジーロデル大山のゴールにて。


2014年は13歳でおばあちゃんだったのに、最後のチャンスとミルキーウェイ・ブルーアイランドラリーにまで連れて行った。出発直前

やっと会えたジャニママさんと。

帰りにP6を運転する嫁さんの膝の上のナナちゃん。



最近はめっきり弱くなり、家で寝ていることが多くなったが、最後に連れ出したのが6月。奈良の里山にRover75で出かける時、お気に入りのママの腕にアゴを乗せて。

私もよくこうされて、左手が重かったっけ(笑)

昨日やっと火葬してあげた。ナナちゃんの調子が悪かったので、今年のミルキーは欠席かなと思っていたのに、ゼッケンの届いた10/28に亡くなったのだった。まだまだ悲しいが、ナナちゃんが
「頑張ってミルキー行ってらっしゃい。私は先に行ってるから。」
と言ってくれている気がする。
虹の橋の向こうで待っていてね。

まだ涙が止まらない。
でも、時が流れれば、思い出だけが残るのだろう。
今は弔ってやりたい。
Posted at 2017/11/02 23:30:39 | コメント(7) | トラックバック(0) | 日記
2017年10月15日 イイね!

ランチアランチに展示せず

鳴門のランチアランチまであと1月。フラミニア生誕60周年という事で、何とかうちのフラミニアGTLを動かなくても展示したいと思っていた。
ランチまであと一月になった日曜日、モンツァのNさんに
「何らかの形で展示出来ませんかね?」
と聞くと、
「まあ一度お越しください」
との事だったので伺った。

まず目にしたのがこれ。


完全にエンジンとサブフレームが組み上がってる!T工場長に
「ここまで来たんですね!凄い!」と言うと
「いやー苦労しましたよ。組んでみたらエンジンとサブフレーム前端がギリギリなんです。だから…



欠き取りを作ってまた組んだんですよ。色んな所に使われてるバンジョーボルトも全部腐っていて、全て作り直しましたよ。」
「凄い時間と労力じゃないですか!」
Tさんはただ苦笑い。









エンジンも綺麗だが、このステアリングラックとフロントアクスル取り付け部は何?!アルミ鋳物の塊だ!

Nさんが
「これ、横幅が広くて、ワンボックスに乗らないんですよ。積車に載せるしか無いんですが、積車はやっぱりサスの有るクルマを載せる為の物なんです。これを積んで、ショックを与えるのはおススメ出来ません。」
やっぱり無理か。
「見たら納得しました。これは展示はやめましょう。ボディー側も


苦労して頂きブレーキの配管がやっと綺麗に入ったのに、動かしたくないです。今回は見送りましょう。」


「ボディーが組めてそれからやっと内装に掛かれるんです。T(工場長)でも何度も組んではバラして、やっとここまで来たんですから、まだ掛かりそうです。」
「あと一年は掛かりますね。」
「そうですね。」

道は遠い。でも確実に前に進んでいる。
という事で、stratosさん、lancistaさん、展示は無理になりました。私はアルファスパイダーでいきますので、会場の端か外に停めさせてください。ごめんなさい。





Posted at 2017/10/15 16:37:26 | コメント(12) | トラックバック(0) | フラミニア
2017年07月28日 イイね!

二人でデュエット・スパイダー

二人でデュエット・スパイダーこのごろ、クルマに乗っていない。毎週木曜日に通っていた、郊外の仕事場が無くなり、週一回の通勤が無くなってしまったからだ。それに伴って、だんだんクルマへのパッションも下がってしまっている。スパイダーもうちの車庫で手持ち無沙汰そうだ。時々出して走らせているが、嫁さんに使ってもらっている時間の方が長いかも。

これではいけない。
この水曜日から金曜日、娘が合唱部の合宿で家にいない。こんな時ぐらいアルファスパイダーで走りに行こう。水曜日夕方6時、嫁さんとスパイダーに乗り、阪神高速の湾岸線を西に走った。雨上がりなのか、素晴らしく空気が澄んでいて、明石海峡大橋や比叡山までよく見えている。目的地は芦屋浜にあるパン屋「グラース・グラツィア 潮芦屋」だ。高くて良いレストランもありそうだけど、よく分からなかったので、まずは美味しそうなパン屋に行く。

嫁さんとパンとスープで簡単な夕食を取る。窓の外には港と邸宅が見えているが、あまりよく見えない。どうももっと見えるところがありそうだ。店を出て少し散策すると、海辺の散策路とステップが見つかった。嫁さんと二人で腰を下ろす。どんどん夕闇が迫り、最初は三日月と木星しか見得ていなかったのが、スピカが見え、アークトゥルスが見え、土星、アンタレス、夏の大三角...どんどん見えてくる。こんな阪神間のど真ん中で、これだけ星空が見えるとは。


潮風が涼しくて心地よい。ゆっくりと夫婦だけで話をできる、こういう時間が必要だったな。
娘のこと、この近くに住んでいるshihoudaiさん夫妻の話、戦艦ゲームをヘッドホンしてプレイしていると、何も聞こえていないからすごく嫌という話など。お互い愛想を尽かさないうちに、いろいろ聞けて良かった(笑)。2時間ほどそこに座っていただろうか。ふと
「芦有、上がってみない?上の展望台は綺麗だと思うよ」
「いいわね。行きましょう」

展望台はいつも行っているけど、嫁さんと二人は初めてかも。トップを下ろして走ってきたから、どんどん気温が下がってくるのを体感できた。

3台ほどしかクルマは居ない。やっぱり水曜日の夜に上がってくる人は少ないな。
「寒いね!」と嫁さん。
確か下の料金所で23度だったから、ここは21度くらいかな。下は26-7度だったはず。
「かなり冷えるね。戻ろうか。」

戻ったのは、何を隠そう、始めのパン屋の横にある、サイゼリヤ。もう10時前だったので、ここしか開いてないのはちゃんとリサーチ済み。


トップを下ろしたまま、ゆっくり阪神高速を自宅に帰ったのだった。
デュエット・スパイダーだから、二人で走らないと。
Posted at 2017/07/28 22:26:10 | コメント(4) | トラックバック(0) | アルファスパイダー | 日記
2017年04月19日 イイね!

2017チームヤマモトに参加してきました。

2017チームヤマモトに参加してきました。4/16日曜日、舞鶴赤レンバパークで開催されたチームヤマモト・クラシックカーフェスティバルに家族で参加してきた。昨年も参加したのだが、ぐずぐずしている間にブログに書き損じたので、今年はサクサク書こうと思う。

4/15土曜日、16時過ぎに自宅をRover75で出発。途中で雨に降られて、嫌な感じだった。P6を置いてある南丹市日吉の田舎家に向かう。風呂が使えるか分からなかったので、手前の「スプリングひよし」で夕食バイキングと温泉に浸かり、21時頃到着。お湯や水もしっかり使えたのだが、翌朝に備えて22時過ぎには就寝。
4/16日曜日は朝630起床。朝からガスがかかるが、晴れそうだ。75とP6をCG風に並べて撮影。

今年は桜が長いなあ。舞鶴ではもう散っていた桜だったが、山間部ではまだまだ咲いている。

美山町から大飯町を回って、会場に着いたのは8時半だった。誘導に従い案内されたのは、

メインの赤煉瓦倉庫のすぐ横の特等席。昨年もここだった。その上、EタイプとXK-120の隣という豪華な場所。このXK120は京都のKさんご夫婦だな。

このクルマの隣で一日中。嬉しいなあ。


Kさん夫婦はいつものようにハンチングとタータンチェックのニッカボッカ。日本のアクアスキュータムでオーダーしたのが気に入らなくて、ロンドンまで行って作り直した逸品だ。しっかり特別賞をもらっておられた。

チームヤマモトは一昨年まで丹波ワインで行われていたのだが、昨年から舞鶴に場所を移した。市内でもあり、とにかく観客が3倍増という感じになった。市長も毎年来られるし、舞鶴市もすごく力が入っている。人が多くならないうちに見て回ろっと。

いつもはセリカで来られるkazuさんの新車、ヘラルドクーペ。
「え、こんなの持ってたんですか?」
「ええ。二年かかりましたけど。」
「綺麗なデュオトーンですね。ハードトップは外れるんですか?」
「ねじ止めですけど、内装が外れないので、実際はクーペですね。」

うわー綺麗なアルファ・ジュリエッタスパイダー。後で審査員特別賞をもらっていた。

ひろちゃん365BBさんの365BB。美しい70年代ピニンファリーナデザイン。

ミルキーでご一緒した(その時は2002tiiだった)播磨のNさんのフェラーリ330GTC。これは美しい60年代ピニンファリーナデザイン。うちのアルファスバイダーと同系統だが、美しい!ハアーーとため息が出る。

亀岡の森師匠のアウレリアB20GTと、金沢から遠路来られたフルヴィアクーペ。煉瓦倉庫とよくマッチしている。

あまりにたくさんあるので、駆け足で。

ロータス軍団。

日産車軍団。
そして今回の私のCar of the showはこれ。

これは珍しい。子供の時よく見たプリンスの商用車、プリンス・クリッパー。なんと地元舞鶴からの参加。舞鶴観光協会長賞に輝いていた。はたらくクルマだがこのポリバケツ色が懐かしい。


クルマも増えてきて賑わってきた。お、隣の空いている場所に来たのは、

ジャガーマークIIならぬ、ディムラ-250V8、それも二台並べて!一台なら見たことがあるが、二台は珍しい。向こう側のブルーの個体の方と仲良くなり、いろいろ見せていただく。
エンジンルーム

ローバーV8に比べると小さい感じがする。SUキャブが左右バンクにあるのは同じなんだけど。ちなみにうちのは

SUがデカイ。

現設計が50年代らしいオーセンティックな英国車の内装。
「オーバーヒートしませんか?」
と聞かれたので、
「一度それでエンジン積み替えてますが、ファンやオルタの強化で、もう大丈夫ですよ。ディムラ-はどうですか?」
「これも大丈夫です。滋賀から茨木までこれと同時代のジャガーマークIIで毎日通勤してますけど、クーラーも効くし大丈夫ですよ。」
うちのP6通勤を上回る猛者だな。

だんだん太陽が昇り暑くなってきた。

中一になった娘は英語の宿題と格闘中。

お昼はミルキーウェイで出るミル弁ならぬヤマ弁(?)すごい量で美味しうございました(笑)

ご飯の後はせっかく舞鶴に来たので、軍港めぐりの遊覧船に家族で乗船。これが凄かった!

ヘリ空母「ひゅうが」

イージス護衛艦「あたご」

護衛艦「あさぎり」
ここまでは舞鶴が母港だ。

イージス護衛艦「きりしま」は横須賀が母港だが、補給で立ち寄っている。

巨大なフェーズドアレイレーダーと、前檣楼。これの前身、高速戦艦「霧島」に今World of Warshipsで乗っている(笑)え、ミリオタだったのかって?いえ、軍艦が好きなだけです(笑)

珍しく12時前にkotaroさんが登場したので、折角だからレストアなった850クーペを見せていただく。

「これ一台になってしまいましたね。」
「そうやね。でもすっきりしたよ。」
「これが原点ですものね。ずっと乗ってあげてください。」

「サイドシルもほとんど無くなってたんだけど、バハの親父さんが一から全部作ってくれたよ。」

「天井も全部作り直してくれたよ。力作だ。」
「すごいですね!」

青色のクーペ。これからも長くkotaroさんと一緒に有ってほしいものだ。

会場に戻って展示物を見ていると、嫁さんから
「模型のジオラマがあるから、見てきたら?」
と言われて行ってみると、

これは貨車移動機!懐かしいなあ。

一日続いたイベントももう夕刻。


また来年、お会いしましょう。

綾部から京都縦貫道を南回りで日吉に帰り、Rover75に乗り換えて20時には帰宅した。久しぶりで家族で出かけたクルマのイベント、楽しかった。
Posted at 2017/04/19 19:07:50 | コメント(6) | トラックバック(0) | ローバーP6 | 日記

プロフィール

「2017ミルキーウェイ・ブルーアイランドラリー 土曜日 http://cvw.jp/b/769949/40735870/
何シテル?   11/19 23:47
紺の豚です。 「飛ばさない豚はただの豚だ」 でも、三角窓を使うには、それほど飛ばせない(笑)。 よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

愛犬の死 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/03 06:02:00
【能掻き】フェラーリの純正シャシー。エンツォとキネッティーの公道FRフェラーリ。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/01/12 08:37:41
山中湖 ドッグリゾートワフ  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/07/31 19:31:25

お友達

クルマ趣味ももう10年以上。イタリア車が殆どでしたが、何故か近年英国サルーンが大勢を占めています。違うベクトルの方たちとお知り合いになれればよいなあと思っています。
ただし、あまりに方向が違いすぎるときは、お友達をお断りする事もあります。ご承知下さい。
131 人のお友達がいます
パパンダパパンダ * こるまろこるまろ *
KEI@FSZKEI@FSZ * hide&#39;sⅡhide'sⅡ *
トルクステアトルクステア * 青き群馬青き群馬 *

ファン

69 人のファンがいます

愛車一覧

ランチア その他 フラミニアGTL (ランチア その他)
1968年初登録のランチア・フラミニア・GTL・トゥーリングです。ディーラー車で希少なナ ...
ローバー P6サルーン きいろいくるま (ローバー P6サルーン)
1975年式の微妙な年式の旧車、ローバーP6 3500です。CG誌で小林彰太郎さんが絶賛 ...
アルファロメオ スパイダーベローチェ アルファロメオ スパイダーベローチェ
四年前tokirioma5さんに貸して頂いた個体を、今回私が譲っていただきました。初のア ...
フェラーリ 550マラネロ フェラーリ 550マラネロ
すばらしいピュアスポーツですが、いかんせん私には荷が重すぎました。硬い足回り、操作系。高 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.