雪道でも使える!?オールシーズンとスタッドレスとの違いは?

2021年1月8日

スタッドレス・オールシーズン

万能タイヤと呼ばれるオールシーズンタイヤと冬タイヤと呼ばれるスタッドレス。どちらも「冬でも使える」というイメージですが、それぞれ、メリットとデメリットはあります。そこで、オールシーズン・スタッドレスのメリット・デメリットと使える地域の条件を解説していきます。また、非降雪地域にオススメのスタッドレスタイヤも紹介します。

オールシーズンタイヤのメリットは交換なし。使える条件は・・・?

スタッドレス

オールシーズンタイヤの最大のメリットは交換をせずとも1年間使用できることです。冬と春に交換する必要がないため、外したタイヤを保管する必要もありません。お金と時間を掛けて交換して、結局雪が降らず、「せっかくスタッドレスタイヤに交換したのに…」と後悔するよりは、オールシーズンタイヤの使用したほうがコストパフォーマンスは高いと考えられます。

ただし、オールシーズンタイヤが使えるのは、雪が降る可能性がある地域で、必ず雪が降るような地域、降った雪が積もる地域ではスタッドレスタイヤを使うべきです。

オールシーズンタイヤはオールラウンダーではありますが、絶対性能ではスタッドレスタイヤやサマータイヤには叶いません。都市圏にお住まいの方や非降雪地域の方にオールシーズンタイヤがオススメです。

【関連記事リンク】
オールシーズンタイヤを装着するメリット・デメリットとは?

スタッドレスタイヤのメリットは雪道でも普通に使用できること。ただ…

スタッドレスタイヤの魅力はなんと言っても普通に使えることです。スタッドレスタイヤならば、高速道路を100km/hで走ることも可能、一般道を走っていても別に大きく意識することなく走ることができます。

じつに普通に使えてしまうスタッドレスタイヤですが、それがかえって危険な状況を生み出す可能性があります。普通に使えていても、雪道や氷上でのグリップ力は決して普通ではなくとても滑りやすいのです。そうした滑りやすい路面のなかで「普通」だと思って使うのがもっとも危険なことと言えるでしょう。

スタッドレスタイヤでは雪道もシャーベット路でも凍り付いた路面でも驚くほど普通に走れますが、じつはかなりグリップは低いのです。油断せず無理をしない運転を心がけましょう。

【関連記事リンク】
今や必需品!スタッドレスタイヤの基本情報

非降雪地域にオススメのスタッドレスタイヤも…

普段雪は降らないものの、数年に1回雪が積もるからオールシーズンタイヤでは不安だし、表情性能が良いスタッドレスは必要ないし…

そんな方にオススメなスタッドレスタイヤは横浜ゴムの「iceGUARD 6 iG60」とダンロップのスタッドレスタイヤブランド「WINTER MAXX 」です。

横浜ゴムの「iceGUARD 6 iG60」夏用タイヤの性能でユーザーが求める性能の上位となるのが、ウエットブレーキ性能と燃費性能ですが、この「 iceGUARD 6 iG60」はその2つの性能をスタッドレスタイヤの性能を確保しながらも高いレベルで両立しています。

一方で、ダンロップのスタッドレスタイヤブランド「WINTER MAXX 」は、ハイスペックモデルとして「WINTER MAXX 02」、スタンダードモデルとして「WINTER MAXX 01」を用意しています。 「WINTER MAXX 02」のほうが全体的に高性能となっていますが、ライフ性能については「WINTER MAXX 01」も負けず劣らずの性能を確保しています。東京などの都市部での使用や、関東近郊のスキー場へのドライブなどでは十分な性能を確保しているといえます。

【関連記事リンク】
【氷上性能だけではない】非降雪地の人にお勧めのスタッドレスタイヤとは?


(みんカラ編集部)

スタッドレスタイヤに戻る

みんカラを始めよう!

注目タグ

最近見た車

最近見たクルマはありません。

ニュース