どんどん難解になるクルマのカタログ 3文字アルファベットを解く

2018年10月18日

3文字アルファベットの謎

クルマのカタログを見ていると出てくるのが3文字のアルファベットの表記です。なじみのあるもの、そうでないもの含めて3文字アルファベットの意味を説明していきます。一部、説明の都合上4文字も登場しますが、それはご愛敬ということでお許し下さい。

AとEで始まるのがかなり多い

Aはオートやアクティブ、オール、アンチなどの頭文字なのでAで始まる3文字アルファベットは非常に多く存在しています。その代表的なものを紹介しましょう。

・ABS(Anti-lock Brake System):アンチロック・ブレーキ・システムのこと。ブレーキング時にタイヤロックを防ぎ、ステアリング操作を有効にする装置。ALBと(Anti Lock Brake)と呼ぶメーカーもありましたが、現在はABSに統一されています。

・AWD(All Wheel Drive):オール・ホイール・ドライブ。総輪駆動という意味で4輪車の場合は4WDと同義語です。

・ACC(Adaptive Cruise Control):アダプティブ・クルーズ・コントロール。日本語は定速走行・車間距離制御装置となっています。従来のクルーズコントロールは一定の速度で走るだけでしたが、ACCでは車間距離も保つ機能がプラスされています。

・AVS(Adaptive Variable Suspension System):アダプティブ・バリアブル・サスペンション・システム。トヨタの減衰力可変ショックアブソーバーの一種。SがサスペンションのSなのか、システムのSなのかは不明。

・EBD(Electronic Brake-force Distribution):エレクトリック・ブレーキフォース・ディストリビューション、電子制御制動力配分。4輪に適正なブレーキ力を配分すること。またはその装置を差します。

・ESC(Electronic Stability Control):エレクトリック・スタビリティ・コントロール。直訳すると電子制御安定化装置ですが、通常は横滑り防止装置のことです。エンジンの出力制限と4輪独立ブレーキ制御で横滑りを防止します。ASC、VDC、VSA、ESPなども同じもので、順次ESCへの名称統一が行われています。

・LKA(Lane Keeping Assist System):レーン・キーピング・アシスト・システム、車線維持装置のことでトヨタでの名称。レクサスブランドではLDA(レーン・デパーチャー・アラート)と呼ぶ。LDP、LKAS、なども同じもの。

ABS


(諸星陽一)

ページの先頭へ ▲

みんカラ 人気のカテゴリ

もっと見る

表示:スマートフォン|PC

ログイン

ヘルプ|利用規約|プライバシー

© 2019 Carview Corporation All rights reserved.