• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

miracle_civicのブログ一覧

2018年06月18日 イイね!

何度でも・・・

 この記事は、減災のてびき について書いています。

 トラックバック先のもと部長さんの記事は、①災害が起きる前 ②災害が起こりそうなとき ③災害が発生したら それぞれ何をしておくべきか、という内容をすべて網羅したものになるので是非御一読ください。
 ついでにお時間があれば私の過去記事である、 7年経ちましたが・・・を併せて御覧いただければと思います。
 
 災害が起こる前に出来ることというか、災害が起きる前の平常時だからこそ出来ること・しておくべきことが沢山あります。
 ○ 住んでいる地域の特性・過去の災害履歴を知る
   市町村が作成しているハザードマップを見ると、例えば崩れやすい
  崖がある、溢れやすい川がある、などが分かるようになっています。
   避難所がどこにあるのかなども一緒に書かれています。
   また、旧い石碑、地域の言い伝えなどに災害に関するもの
  があればそれは気にかけておきましょう。
   
 ○ 家族の防災会議
   地域を実際に歩いて、目で見て確認しながら家族で話し合ってみましょう。
  ・ 避難所・避難場所がどこか
  ・ そこまでどれくらい時間が掛かるか
  ・ 避難経路上に危険な場所はないか
    (災害の類型で異なることも)
  ・ 家族とバラバラの状態で避難をしたとき、どうやって
   連絡を取るか、どこで落ち合うか    などなど・・・

 ○ 地域の繋がりを
   地域にどんな人が住んでいるのか、お互いに『顔が見える関係』であれば
  いざというときに助け合いやすいということにつながります。
   そして、ちょっと助けが必要な人(足腰が弱い、など)がどこにいるか
  知っておくことも重要です。
   津波で被災した海側の人を山側の人たちが助けた岩手県野田村のことを
  いつも引き合いに出していますが、
  「地元のおまつりがあるような地域は、地域防災力が高い」
  といわれています。
   いつも会っている人ならお互い協力しやすいしお願いしやすい、そして、
  困っている人がいたら自然に助け合うようになります。

 ○ 出掛けているときは?
   帰宅困難者になることを前提として、職場や滞在先に留まる、という
  選択肢も重要です。


 ○ 正しい情報を得る
   災害時にはラジオが一番強いですが、インターネット環境を持ち歩ける
  現在なので、気象庁のホームページは確認しておきましょう。
   また、市町村が発出する避難勧告等の情報や、それのベースに
  なっている気象庁・各気象台が出す情報が何を意味するのか、最低限
  知っておくべきだと思います。


 長々書いていますが、これらは実際に災害が発生した場合、自分の身は自分で守る=「自助」につながり、自助が集まることで、自分たちの地域は自分たちで守る=「共助」という力につながります。
 共助が充実すると、警察・消防・自衛隊・役所といった「公助」は違う方向に向かうことが出来ます。それそのものも共助になります。

Posted at 2018/06/18 23:40:25 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2018年06月16日 イイね!

震災から7年の岩手県野田村へ その2

 前回記事から時間が空きましたが・・・

 まだ時間が早かったので、記念碑からさらに南下して久々に普代村へ向かいました。画像はありませんが、目的地は「上神田精肉店」というお店。
 ここで購入したのは

昆布が入ったメンチカツ。

 昆布のうまみがお肉の甘味とマッチして美味しいです。これとこちらのお店の人気テイクアウトメニューであるカレーパン。

 どちらも寄るとつい購入してしまいます(^^)

 みんなしょっぱいものなので、甘いものがどこかにないか見渡してみると、お肉屋さんの向かい側に光が見えました。

(三船製菓店というお菓子屋さん)
 以前から気になっていたものの、実際に入ったのはこの時が初めてでしたが、気になった洋菓子をいくつか。 


パイシューとともにチーズケーキとチョコクリームたっぷりのチョコケーキを。

 いずれもこってりしていて甘さもしっかりしており、美味しかったです。
 私が大好きな昔ながらのお菓子屋さんが作る古典的な味ですが、こういう味のケーキが最近減っているのが寂しいところ(*_*;


 ちょうど夕食の時間になったので、元来た復興道路~国道45号を再び北上し、国民宿舎「えぼし荘」へ行ってみると、入口にこんな看板が。

(月替わりメニュー「ベビーホタテのピリ辛炒め丼」)

 レストランに入り、家人が見た目に惹かれこれを選んだので、私はいつもどおり野田村産の「南部福来豚」を使った炙り丼を選びました。

(今回は塩味を選択)
 こちらはいつもどおり美味しいのですが、ベビーホタテ丼が着丼。

 薫りも香ばしく、しっかりとした味であっという間に完食しました☆
 月替わりではなくレギュラー化して欲しいくらいです(^^;

 お腹も満たされ、高速経由で帰宅しましたが、四半期に一度は行かないと落ち着かないのでそろそろ再訪したいと思います(^^)
Posted at 2018/06/16 19:44:38 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2018年06月09日 イイね!

東京にて

 東京ビッグサイトでのイベント参観1日目終了後の話です。
 ホテルを有楽町線沿線~都バスの停留所に近い場所に取ったのと、終了時間まで粘ったためゆりかもめも混雑していたという理由で戻りはバスにしてみました。


(目的地近くの勝鬨橋)


 最近都内で白バスが妙に増えた気がします(違)が、乗ったバスは普通のナンバーでした(^^; 

 そろそろ退役なのかな?

 涼しかったこともありホテルまでの道のりを散策し、

(築地本願寺は初めて見たかも)
ホテルに戻ってホテル前の不思議な道を見てみると、

道路に不思議な余白が広がっています。未成線なのか廃道なのか分からないのがますます謎ですが・・・

 この後はホテルに一度戻って都内勤務の友人と久々に会食のため再び外へ。

(月島でもんじゃ焼を食べ)

(新富町に戻り焼鳥を・・・)
 こんなことをしているので、この日の歩行距離は12kmを越えたみたいです(^^;

 翌日、ホテルで遅めの朝食をいただきながら

もう一度ビッグサイトに行った方が良いな、と思い再びビッグサイトに行きましたが、前に書いたとおり防災科学技術研究所ブースで長居してしまい、次の会議の移動がドタバタに。

 そして、会議終了後友人の職場で私の業務関連の調査を実施し、毎度最終の新幹線を目指して東京駅へ。
 この日も10km近く歩行したものの昼食を食べていないので、既に19時近くでしたが

八重洲地下街でおやつの天丼を掻き込み(爆)、


家や職場への土産物、夕食代わりの万世のかつサンドを購入して、珍しくかなり時間に余裕を持って準備万端ホームへやって来てみると、

既に発車しているはずの22番線(画像右)に、乗務員扉の故障を起こしたやまびこ219号が抑止されていました(汗)

 その後しばらくこの修理が続き、遅れとともになすのやつばさの番線変更、自由席がある新幹線の番線変更により民族大移動があちこちで(@o@;;

(23番線に入線したつばさ)

 何だかんだで隣の東海道新幹線ホームから20時20分発の「のぞみ」を見送り、22番線から反対側に移された列車に飛び乗り、回復運転の強烈な揺れの中帰宅。

 揺れた中食べるのが面倒になり、かつサンドは結局帰宅後に食べました(^^;


Posted at 2018/06/09 21:19:52 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2018年06月06日 イイね!

陸上自衛隊第9師団創立56周年・青森駐屯地創立67周年記念行事

 6月2日から3日にかけて、青森港新中央埠頭や青森駐屯地において、気付いたら恒例行事化している(笑)陸上自衛隊第9師団の創立記念行事が行われました。


 新町通りではパレードが、青森港や駐屯地では装備展示、音楽演奏が行われましたが、航空機の飛行展示も例年どおり実施されました。

 この前日東京ビックサイトで東京消防庁航空隊によるユーロAS365N3

(JA01FD 総務省消防庁「おおとり」)
を用いたピックアップ訓練を観覧し、SUBARUブースでベルヘリコプターの412EP、412EPIとUH-X

についての濃いめのお話(爆)をさせていただいたせいか、何となく既視感がある方々が上空を通過していきます。


(OH-6とUH-1Jが隊列を整えています)


(UH-1J)


(ちょっと遠いですが海自SH-60J)

(海自八戸のP-3Cかな?)


(小さいですが空自F-2)

 そして何故かこんな方も。


 塗色を考えるとUHではなくベルヘリコプター社製412EPI

(JA16AM 青森県防災ヘリ「しらかみ(2代目)」)
のような・・・??
Posted at 2018/06/07 00:31:24 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年06月03日 イイね!

東京国際消防防災展2018

 会議のため上京するのと時期を同じくして、東京ビッグサイトで開催されていたイベントを見学してきました。
 仕事に関係がある機関、企業が多数含まれているので、木曜日と金曜日に食事時間も削ってじっくりと見学しました(^^;


(モリタのブース)

(セコム)

 各企業の展示も面白いのですが、やはり実動機関だけあり、国際消防援助隊やさいたま市消防、米海軍消防隊との合同訓練の展示が楽しかったです。



(東消ヘリ「おおたか」によるピックアップ)


(クレーンの意外な活用法)

(米海軍消防隊との共同による消火作業)


 また、東京消防庁ブースでは面白い車輌が。

「まちかど防災訓練車」
 東京消防庁で2台配備している放水訓練車輌ですが、特徴は放水の的である荷台に水回収タンクを備えているため、模擬消火栓からの放水訓練を水道がない場所でも実施できること。

 この時は子どもが消防職員の方と一緒に放水していますが、なかなか面白い仕組みです(^^)


(昭和41年に製作・配備されたベンツの消防車)
 左ハンドルの旧いはしご車です。


(いすゞTX)
 このモデルはトミカやもう少し大きいサイズのおもちゃでお世話になりましたが、乗員の安全性が担保されることが前提の現代だと考えられない構造ですね(^^;


(旧そうだな、と思ったら左ハンドル)


 近くにいた東消の方に訊ねてみたところ、これらは個人所蔵の実動車輌だそうで(驚)




(スーパーアンビュランスの新車)
 地下鉄サリン事件や秋葉原でのテロ事件に出動した車輌の後継ですね。


(東京消防庁消防ヘリ 旧「ちどり」)
 屋内展示として「ヘリコプター」の記載がありなんだろうと思っていたら、退役した機体だったんですね。


 こちらは米海軍の消防車輌ですが、何と右ハンドル。近くにいた方に聞いてみたところ、「仕様書でそうしたんだけど、(モノが大きいのと、当然誘導をつけるので)扱いづらいとかのレベルではあまり関係ないような気がしてきた(^^;」とのこと。
 ちなみに屋外展示されていた車輌は左ハンドルでした。


 これ以外にも、この展示会場の向かいの会場で開催されていたイベントも参観し、クラリティの活用方法を見せていただいたり、防災科学技術研究所では4月に意見交換させていただいた方がいらっしゃったので挨拶したところ、またしても長々と話し込んでしまい、本題の会議時間が迫ってしまい、またしても食事抜きでの移動に(爆)
 この後この方が某社ブースのとあるシステムに突っ込みを入れていたら私のせいです(^^ゞ
Posted at 2018/06/03 23:19:42 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「@とんぼ2008さん 普段は時間がないのでやりませんが、旅館などでTKG with海苔はよくやります☆ 」
何シテル?   06/19 22:31
 古くマイナーなクルマばかりですが、備忘録代わりに登録してみました。  御覧になってくれる方がいらっしゃるようなので、特に整備手帳を少しずつ追加していきたいと...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/6 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

減災のてびき 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/12 20:50:22
日本のドラクエ化 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/22 21:34:36
震災から7年目の今日 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/03/12 23:38:02

ファン

86 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ シビック ホンダ シビック
 最初の私専用車両なので永年保存するつもりで内外装の部品を少しずつ交換しながら大事にして ...
ホンダ レジェンド ホンダ レジェンド
 Top of Honda(NSXが不在となってからは事実上)だけあり、見えないところ( ...
日産 ティアナ 日産 ティアナ
 外装の程度が悪く、過走行ということもあり引き取り手が居なかったのですが、内装はそこそこ ...
ホンダ N-ONE ノネ (ホンダ N-ONE)
 車検で車を引き取りに行っただけのはずが・・・  元々買うつもりだったので良いのですが ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.