• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

kain_starloadのブログ一覧

2016年07月15日 イイね!

オートテストの模様が、JAFのHPにアップされてます。

先日参加したオートテストの模様がJAFのHPにアップされてます。

http://jafevent.jp/area/tohoku/miyagi/_mstohoku_0/1607_04_007_9.html

アップされている写真の一枚に、私の赤いフェアレディZが写ってました\(^^)/

Posted at 2016/07/15 08:11:25 | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年07月04日 イイね!

『カストロール エッジ オイルマイスタープロジェクト』やってますよ!

まさかの“あの”体験付き!?“カストロール エッジ”オイルモニター募集開始!【PR】

カストロールの最新オイルのモニター企画募集をやってますよ!



私も申し込んで見ました。

消耗品ですから、もしモニターに選ばれるとちょっとうれしいなぁ!

応募のページはこちら
Posted at 2016/07/04 08:13:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年07月03日 イイね!

【Z34 フェアレディZ】『マルイコンタクトレンズカップ オートテストチャレンジSUGOシリーズ第二戦』に参加しました。

5月8日に第一回が開かれた、『マルイコンタクトレンズカップ オートテストチャレンジSUGOシリーズ』の第二戦が開催されて、私も参加してきました。

IMAG1007IMAG1000


本日の天気はあいにくの雨。
当然のことながら、グリップの低下により、うまくアクセルコントロールをしないと、すぐにタイムロスにつながります。

IMAG0999


第一回の参加者は16人でしたが、今回の参加者は23人、女性も1名参加してました。ちなみに同乗者として女性2名が参加しています。

11時からの受付を終えて、ゼッケンをもらいます。今回は『70』番。

IMAG0994


この日は、地元のテレビ局・宮城テレビが取材に来ていました。
コースオープン前に、取材車両の『エルグランド』で試走していましたが、レポータの女性で斉藤さんは、この後、実際にエントリーし競技に参加されました。

11:30から車両の検査、その後、コースがオープンとなり、完熟歩行の時間となりました。

コース図


前回は、ミスコースをしたこともあり、完熟歩行は十分に納得するまで行います。
コースレイアウト自体は前回とほぼ同じでしたが、今回は車をどう動かすのか、そのためにはどこを目標に走るのかを、頭の中にイメージして、路上の目的物をしっかりと決めてゆきます。

注意したいのは3点
1点はコース図①の地点で、ここのパイロンの間隔が他に比べて、狭くなっている。このため、スタートから2番目のパイロン(②)を通過するときにスピードを出しすぎると、うまく通過できないというところ。実際に何人かが、急ブレーキで停止していました。

2点目は前回と同じですが、③の地点はパイロンの間を抜けるのが正解ですが、ミスコースが多いのがパイロンの右側を通過してしまうというもの。実は私も前回ミスをしました。ここは、リバースから出るときに、冷静にパイロンを確認しないのが原因です。

車庫入れの要領なので、
車の頭を振る→バックする、車庫に入ったのを確認する(判定員が緑旗をあげる)→リバースから1速にギヤを入れる→左側に出ていく。
と、言葉にすると長いですが、非常に短い時間でこれらの操作をするので、一瞬パイロンの配置を忘れてしまいます。

そして、注意点ではないのですが、④のパイロンの通過がタイムアップのポイントだと私は思っています。ここをうまく抜けるとフル加速する時間が長くなりますから。そのためには手前のパイロンをしっかりと減速して姿勢を整え、④の地点で素早くゴールに車を向けることが大切。

と、完熟歩行で確認したポイントです。

競技開始はドライバーズ・ミーティングを12:30に行い、13:00からスタート。

実はこのころ、天気が回復しはじめて、路面状況がよくなる可能性が出てきたので、少し迷ったのですが、1本目は早めに走ろうと思い、3番目に走ることにしました。

ここで、昨日のことを思い出します。特にアクセルでしっかり過重移動することに注意して走ろうと肝に銘じます。予想通り①のポイントは、かなりの減速が必要でした。ただ、事前に予想していたのと、きっちりと描いたコースを走ることができました。

③のポイントも無事通過したのですが、④のポイントで旋回中にアクセルを踏むのが少し早かったせいか、VDCを作動させてしまい、ほんの数秒パワーがカットされてしまいました。

このことが祟って、タイムは46秒台にとどまりました。

全体的にみるとやはり、軽量な車のほうがタイムが出ているようです。
後はやはり、メリハリのある加速・減速ができているとタイムは良いです。

2本目を走るまえに、またぽつぽつと雨が落ちてきました。
ここまで、晴れ間が見えていたので路面状態はようなっていたので、悪化する前に走ることにしました。

2本目はほとんどミスなく走れたのですが、2番目のリバースが少し遅かった気がします。少し右に寄せすぎた気がして、思い切ったバックができませんでした。

ただ、タイムは41秒台!

うまくやれば40秒切れたかも…

ちなみに宮城テレビのアルファードは、さすがに大きいし、重いしということでタイムはなかなか出ていませんでしたが、しっかりと2本とも完走していました。

IMAG1006


ほかにも軽自動車や、SUVも参加していましたが、パワーがある車が必ずしも有利ではないのは、競技としては面白いところだと思います。

DSC_0367 IMAG1003


前者は知り終わった後は、表彰式。一応MT(14名)とAT(9名)のクラス分けでそれぞれ6位までが名前を呼ばれました。ちなみに私もMT6位で名前が呼ばれました。

オートテストはライセンスなしでも参加できる、お手軽な入門競技です。
車の運転が好きな人にはぜひ一度体験してもらいたいイベント。全国で開催さえているのでJAFのホームページなどで、スケジュールが公開されているのでっ興味を持たれた方はぜひ参加を検討してください。

ちなみに、『マルイコンタクトレンズカップ オートテストチャレンジSUGOシリーズ第三戦』は10月2日(日)に開催予定です。私も参加予定ですので、どなたかご一緒しませんか?

それでは、今日の徒然はこの辺で…
Posted at 2016/07/03 22:19:04 | コメント(1) | トラックバック(0) | | 日記
2016年07月02日 イイね!

【Z34 フェアレディZ】『サーキットを走ろう!in エビスサーキット』を楽しみました!!!

楽しみにしていた、『サーキットを走ろう!in エビスサーキットに参加して、大いに楽しみました!

2016-07-02 08.19.29


今日のゼッケンは『205』

受付が8時からなので、自宅を6時半ごろに出て東北道を南下、8時ちょっと前にエビスサーキットに到着しました。受付をして、ヘルメットを借りて9時の開講を待ちます。その間に続々と参加者が集まってきます。

2016-07-02 08.28.06



やはりトヨタの『86』が多かったが、軽自動車やメルセデス(しかもディーゼル)なども参加していました。

開講式が終わると、プログラムの説明、その後ドライビングポジションについて座学。
サーキット走行の基本ということでしたが、ある意味でよく知られていることですが、私の場合は③のステアリング調整で、肩が浮いてしまうようなポジションをとっていました。

ドラポジ


今日のイベントを終わってみると、しっかりとステアリングを操作でき、シートに体がしっかりと固定できること、ペダル類はしっかりと踏み込めること、これが車の運転に絶対に必要だと感じました。

その後、実技で『スラローム&急加速・急減速』と『コーナリング』の2科目。

午前のかりきゅらう


私の組は『コーナリング』が先でした。アクセルワークによる過重移動で車をコントロールするのが意外と難しい。ハンドルの操作に合わせて、アクセルを操作するというのは、頭でわかっていても、恐怖感が先に出て思い切った操作ができませんでした。

また、S字からヘアピンへのラインをスムーズに描かないと、ヘアピンを抜けるときに加速ができなかったり、姿勢を乱したりする原因と、事前に言われていてもスピードコントロールとコーナリング姿勢のコントロールが両方しっかりとできませんでしたが、繰り返し走っていると、少しずつスピードも乗り、コーナーもリズムよく抜けられるようになっていました。

スラロームでも基本は同じ。間隔が短いのでハンドル&アクセルの操作で少しでもタイミングがずれると、もうグダグダで操作するほうも『あーダメだぁ』と実感します。講師が言っていたのが、
『目線に注意』。
次にどこに車を向けたいのかが大事だといううこと。スラロームなどの連続して右左に車を動かす際は、次のその次まで意識して視線を振ると、車はスーッと向きを変えるようになると。

ところで、この2科目をやっているときに気づいたことが
『車の性能のほうが、はるかに上だ』
ということ。
自分としてはかなり頑張ったつもりでも、VDCやABSが作動することはほとんどなく、運転するほうが『少し怖いなぁ』と思っても、何の問題もなく走り抜けてくれます。

ちなみに、プログラムの最後にIS-Fか86での同乗走行体験をしましたが、車の動きが全く別物で、車を限界まで操るスキルがあると、どれだけ高いレベルで走るのか体験できました。

2016-07-02 15.23.552016-07-02 12.12.15


午後は、西コースを先導走行で走ります。この日は約20分の走行を2回。先導車について走りますが、狭いコーナが連続するコースなので、絶対的なスピードは高くない。しかしコーナを抜けるとフル加速、その後またきついカーブのため急減速、の連続。

測度としては120km/h位が最高。ただ、1周するたびに車の動きがわかり、どこのコーナーを抜けるには、どうコース取りをすればよいのか、少しづつ理解できました。そのうえで、車の限界に近付いていけるよう、先導車が少しづつスピードを上げていき、それについていくことで、自分の車の動きが少しづつ変わった気がします。

2016-07-02 13.50.22


走行した後は、ボンネット開けておきます。 なぜなら…

2016-07-02 14.46.27


走行中だと120度以上になるからです。

このイベントに参加して、プロのドライバーに指導を受ける稀有な機会で、車を楽しくかつ早く、安全に走る方法を教えてもらう、よい機会だったと思います。自分の運転がまだまだ未熟であることもよくわかりました。

全国のサーキットで開催されているイベントなので、興味がある人はぜひ参加されることをお勧めします。

ちなみに私は
・目線気をつけて走る
・アクセル、ブレーキはメリハリをつけて過重移動させる
の2点を特に気を付けるようにしたいと感じています。

それと、オイルクーラつけようかなぁ…

それでは、今日の徒然はこの辺で…
Posted at 2016/07/03 08:41:10 | コメント(0) | | 日記

プロフィール

「[ハイタッチ!drive] ハイタッチ!drive
2018年05月02日 08:25 - 14:48、
207.68 Km 6 時間 22 分、
2ハイタッチ、コレクション2個を獲得、バッジ36個を獲得」
何シテル?   05/02 14:48
kain_starloadです。よろしくお願いします。 子供のころから「フェアレディZ」に憧れて、ようやっと手に入れることができました。 この車でサ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/7 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

お友達

モータスポーツに興味ある方、ぜひお友達になってください。
私はこれから始めたいと思っています。

お友達申請大歓迎です。
気軽に送ってください。
32 人のお友達がいます
シュアラスターシュアラスター *みんカラ公認 TAKUMIモーターオイルTAKUMIモーターオイル *みんカラ公認
みんカラスタッフチームみんカラスタッフチーム *みんカラ公認 kiyotozrxkiyotozrx
SF5-ミッチェル号-SF5-ミッチェル号- Neo.CargoNeo.Cargo

ファン

4 人のファンがいます

愛車一覧

日産 フェアレディZ 赤い稲妻 (日産 フェアレディZ)
Z33から乗り換えました。初めて見たときは、鮮烈な赤にちょっと引きました。
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
普段使いの車。人も乗れて荷物も積める。高速でも快適に走ってくれる。 1台あればマルチに使 ...
日産 フェアレディZ 日産 フェアレディZ
日産 フェアレディZに乗っています。

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.