• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

JB15のJB15的こころのブログ一覧

2018年08月17日 イイね!

最近、ウチのクルマの記事が少ない理由

気が付きゃ、やれ明治村だの、ラジオ作りだの、ミニ四駆(最近廃れつつあるけど)ばかりいじっていて、サニーとマーチの事書きませんねえ。

やることはやってるのよ。
なので顔のデカい人形に「ボーっと生きんじゃねーよ」って怒られたりはしないのよ。
さっきも会社から帰るなり、2台のクルマ並べて洗車したりね。
夜だけど、綺麗になったこの子達をニヤニヤしながら眺めてタバコ吸ったりしてね。

週一でエンジン掛けてお出かけはしてるのよ(あ、エンジン掛けなきゃ何処へも行けねえか)。
大したとこに行ってないけど。

古いけど、この子達元気なのよ。
洗車して、ガソリン入れて、タイヤの空気入れてやるだけで調子よく走っちゃう。
気になる不具合ってのがないのよね。


なので、しばらくはクルマとは関係ないネタで行きますね。















あ、そういえば、なんでも「M」ってのが消えたらしいですね。
お悔やみ申し上げます。ガハハハハ。
Posted at 2018/08/17 23:35:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | B15 | 日記
2018年08月15日 イイね!

LA1600 AMスーパーヘテロダインラジオ製作④ 製作

基盤の加工後。

既にOSCのIFTが乗っちゃっています。
OSCとIFTにはアースシールド用の足があります。
足の間隔は基盤ピッチに合っていないので、

こんな風に足を曲げ加工しておきます。

部品をハンダ付けします。
スズメッキ線で部品間を繋いだら、実装図に蛍光ペンなので印をつけておくと後が楽です。

基盤の裏側(ハンダ面)。

こんな感じ。

更に部品を取付け、スズメッキ線で繋いでいきます。
バリコンを取付けました。
部品面。

実装図の線が全てマーキングされてます。
基盤の裏側(ハンダ面)

次はバーアンテナの固定。
AM88には樹脂の取付部品が付いています。
基盤に差し込んで、ハンダごてでを溶かして固定しても良いのですが、

こんな風にスズメッキ線で固定+撚った部分にハンダを流しておくと、ガッチリ固定できます。

さらにアンテナの配線、LED、イヤホンジャック、スピーカー、電池ボックスを取付けます。
LEDの足はショートを防ぐため、電線取付部に熱収縮チューブを付けておきます。


電池を入れて鳴らしてみると、ちゃんと放送が聴こえます。
ここで、100KΩの可変抵抗を小型の+ドライバーで調整します
電波を受信しない時に、緑のLEDが点灯するかしないかのギリギリに合わせます。
まあ、バイアス電流の調整です。

つぎに小物の仕上げ。
バリコンつまみは

数字が刻んであるだけです。
このままだと、数字が判り難いので、

白いクレヨンで、文字の部分をグリグリします。
文字にクレヨンが埋まったら、ティッシュで余計なクレヨンを拭き取ります。

これで数字がクッキリと読めるようになります。


バリコンつまみを取付け、電波を受信した時に、チューニングインジケータが点灯するか確認。
LA1600 Radio test

スピーカーが裸の為、音が聞き取りにくいですが、電波を受信すると緑のLEDが点灯してますね。
設計通りです。

ホントは夏休み期間中にケースの加工もしたかったのですが、工作室が暑くてねー。
夏休みの宿題はここまでにします。

次回はケースの加工方法を説明したなあ・・・と思っています(←これもいつ手を付けるんだか・・・)。
Posted at 2018/08/15 22:42:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | 電子工作 | 日記
2018年08月14日 イイね!

LA1600 AMスーパーヘテロダインラジオ製作③ 各図面

くじけそうになったラジオの製作ですが、取り敢えず図面を紹介します。


まずはケースの加工図。
ケースはタカチ電機のSW100を使います。
こんな風に加工します。

私、図面の書き方を勉強していないので、知っている人がみると「悪い図面の見本」と言われそうですね。
フリーソフトのJW CADを使って書きました。
スピーカー止め金具が入手困難な場合は、φ38の穴の周りのφ3.2×3カ所の穴は開ける必要がありません。
あと3㎜用LEDブラケットが入手できない場合は、φ5.0×2の穴をφ3.2×2に変更します。


次は基盤加工図。

部品取り付け面(ランドが無い面)から見た図面です。
大き目のユニバーサル基盤(t=1.6 穴ピッチ2.54㎜)を切り出し、こんな風に穴開け加工をします。
左上のφ3.0×2と左下のφ1.5×2の穴は、元々開いている穴と穴の間に加工するので、少々難しい加工となっています。


いよいよ部品実装図(部品取付面)。
加工した基盤に部品をハンダ付けします。

赤い線が電源+線、黒が-線(グランド線)、紫が信号線等となっています。
アンテナコイル、赤LEDのカソード、スピーカー及びヘッドフォンジャックの-線及び電池ケースの-線は、グランド線の適当なところにハンダ付けして構いません。
部品と部品の間ははスズメッキ線で繋ぎます。
細かい部分のハンダ付けが多いので、ブリッジには細心の注意が必要です。
ブリッジしちゃったかな・・・と思ったら、テスターで抵抗値を確認しましょう。
尚、この画像を左右反転すれば、ハンダ面となりますので、ハンダ面の紹介は省きます。



次回はいよいよ部品のハンダ付けですが・・・
実はもう完成しちゃったんですよ。
動作確認も終了。
今日は湿度が低い+風有だったんで、作業場に籠りっぱなしでも大丈夫でした。
次回は作り方の簡単な紹介をします。
Posted at 2018/08/14 22:58:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | 電子工作 | 日記
2018年08月12日 イイね!

【悲報】ラジオの製作 黄色信号点灯

昨日、回路図や部品表を紹介して、本日は加工図や実装図を紹介してイザ製作・・・と意気込んていましたが・・・・

ええ、なんというか、高校野球面白いですねえ。
暇さえあればテレビで見て、屋外でタバコ吸う時はラジオで聴いて、クルマで買い物などの外出する時もラジオで聴きっぱなし。

夜は夜でプロ野球のナイター見ちゃってね。
しかもテレビでDeNA×阪神見ながら、ラジオで広島×読売を聴くという「聖徳太子」状態。
1日中野球観戦ですわ。

あと我が家の工作室にエアコンが無くてねえ。
ハンダごて握るのも勇気がいるのよねえ。


という訳で、夏休みの宿題は未完成どころか未着手で終わっちゃうかも・・・・
だから「作りたいなあ・・と思います」って、逃げ道作っといたんだよなあ。
Posted at 2018/08/12 22:54:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | プロ野球 | 日記
2018年08月11日 イイね!

LA1600 AMスーパーヘテロダインラジオ製作② 部品の説明

今回は部品の説明です。
まずは部品表。

実にアッサリ書いていますが、入手困難部品の山であります。
あと、純粋な部品代だけでも4000円程かかります。
これに通販の送料や交通費等を含めると、10000円程度必要になります。
なので、「どーしても自作したい」人以外は、手を出さない方が良いでしょう。
これより性能の良い国産ブランドラジオなら、2000円程度で買えちゃいますからね。


入手困難部品の紹介。
まずはIC。

上がSANYO LA1600、下がTOSHIBA TA7368Pです。
LA1600は8年程前に製造中止になりました。
が、自作派にとってはとても扱いやすいICなので、部品屋さんが製造中止前に大量に確保していました。
なので、現在でも比較的入手が容易です。
TA7368Pも製造中止らしいのですが、これも多くの部品屋さんが在庫を確保していたり、代替品が出回っていますので、入手は容易です。
両方共サトー電気さんで店頭購入しました。


バーアンテナ。

AM88というスーパーヘテロダイン用のアンテナコイルです。
コア全長は80㎜と長めです。
他にもAMスーパーヘテロダイン用のバーアンテナが有りますが、現在市販中のバリコンとの相性が悪く、短波ラジオになってしまいます。
AM88を選択した方が無難です。
現在は千石電商でしか取り扱いがありませんし、店頭在庫数も減ってきているような気がします。
絶版部品になる可能性が高い部品です。
千石電商の秋葉原店で店頭購入しました。


バリコン(スーパー用2連バリコン)。

PVC20Yというタイプです。
細かい仕様は不明ですが、150pF/70pF程度だと思います。
一時期、2連バリコンは中国製のCBM223というものしか手に入らなくなりました。
ところがフィルムがボロボロになったり・・・と品質がとても悪く使い物になりませんでした。
これはシオヤ無線の親父さんから聞いた話ですが「CBM223が余りにもひどいので、ミツミの元社員の人が独自設計し、中国生産して供給している」とのこと。
PVC20Yは耐久性に優れており、ウチの自作ラジオはこれを使っていますが、耐久性に問題は有りません。
ネット通販でも取り扱いがありますが、私は秋葉原のラジオデパート内にある「シオヤ無線」で店頭購入しました。


OSC(局発コイル)とIFT(中間波トランス)。

10㎜角の物は入手が容易ですが、これだと2.54㎜ピッチのユニバーサル基盤のピッチと合わないので、私は7㎜角の物を使っています。
ところが、この7㎜角の部品が入手困難であり、散々ネットで探しましたが、サトー電気さんでしか取り扱いがありません。
IFTは黄、白、黒の3色がありますが、黒はトランジスタスーパーヘテロダインの最終段用で、LA1600用には不向きだそうです。
なので、ここは素直に初段用の黄色を使います。
いずれもサトー電気さんで店頭購入しました。


セラミックフィルタ。

ムラタ製作所製のSFU455Bという部品です。
これもネットで散々探しましたが、サトー電気さんでしか取り扱いがありません。
あと1000円台で手に入るAudioCommブランドのラジオを分解するとこの部品が使われています。
が、わざわざ新品ラジオを分解して部品を取り出すのは、勿体ないでしょう。
当然ですが、サトー電気さんで店頭購入しました。


低輝度LED(3㎜ 赤、緑)

高輝度LEDは山ほど売っていますが、寝床で深夜放送を聴くには明るすぎて不向きです。
ここは昔ながらの低輝度LEDを使いましょう。
ところが、これが入手困難。
今回は以前購入した「オーディオレベルメーター」のキットから頂戴しました。
秋葉原の千石電商でも店頭販売が有ったり無かったりします。
ネット通販では大阪に店舗がある「共立エレショップ」で購入できます。
尚、赤がパイロットランプ、緑がチューニングインジケータ用です。


スイッチ付きVR(可変抵抗=ボリューム)。

Aカーブの10KΩです。
これはステレオ用の2連VRですが、AMラジオなので片チャンネルしか使いません。
パネル取付用のVRなら入手は容易ですが、基盤取付用のこの部品は入手困難です。
秋月電子でも同じ仕様の部品を取り扱っていますが、シャフトに回り止め用の切欠きがあるので、ツマミの相性が悪い可能性もあります。
なのでシャフトが丸いこの部品を、秋葉原のマルツパーツで店頭購入しました。
尚、基盤に取付ける前にシャフト(アルミ製)をツマミに合わせて切断する必要があります。
今回は19㎜のCSツマミをつかうので、シャフトは3㎜短くしました。
切断は100円ショップで売っているカナノコで十分です。


スイッチ付きステレオヘッドフォンジャック(パネル取付型、5極) 3.5㎜用。

基盤取付型は沢山売っていますが、意外とパネル取付型の取り扱いがありません。
AMラジオなのにステレオジャックは・・・と思うかもしれませんが、これを使うと100円ショップのステレオヘッドフォンが使えるので、両耳をヘッドフォンで塞いでゆったりとラジオを聴くことができます。
ここは少々贅沢をして、ステレオ用を選びました。
尚、5極タイプなので、ヘッドフォンプラグを差し込めば、スピーカーから音が出なくなります。
これもサトー電気さんで店頭購入しました。


スピーカー止め金具。

これも絶版部品です。
シオヤ無線の親父さんの話では、メーカーが金型を捨ててしまったそうです。
今回はかろうじて「マルツパーツ秋葉原本店」で店頭購入できました。
ネット通販でも取り扱いがありますが、間もなく在庫が無くなるでしょう。
が、どうしても手に入らない場合は、スピーカーをエポキシ接着剤やエポキシパテを使ってケースに固定することもできますので、無理する必要はありません。


3㎜用LEDブラケット。

LEDブラケットは金属製のものもありますが、このプラスチック製の部品が一番扱いやすいです。
千石電商で店頭販売していますが、100個/袋でしか販売がありません。
たった2個の為に、98個を無駄にするのは・・・という方はホットボンドで固定する方法もあります。
なので、無理に購入する必要はありません。
パネル取付部の直径が5.0㎜なので、LED取付部は5.0㎜のドリルで穴を開けておきます。


超低頭小ねじ(M3)。

超低頭トラスねじです。
M3×8を3個、M3×6を4個使用します。
ホームセンターで簡単に入手できそうですが、中々売っていません。
ネット通販でも見かけません。
今回は東急ハンズ横浜店で店頭購入しました。
入手困難な場合は普通のトラスねじで代用可能です。
尚、鍋ねじはカッコ悪いので論外、皿ネジはケースの皿穴加工が難しいので避けた方が無難です。


画像で紹介していない部品は、電子部品店で入手が容易なので細かい説明は省略します、


とこのように、アッチコッチに出かけて部品を集める必要があります。
交通費もバカになりません。
通販で一括購入もできないので、送料もバカになりません。
なので「何が何でも自作したい+部品集めが趣味」という人以外、手を出さない方が無難です。
くどいようですが、ソニーやパナソニックのAM/FMラジオが2000円で購入できますから。


次回はケース(タカチSW100)の加工図と基盤の加工図、部品実装図を紹介します。
Posted at 2018/08/11 21:06:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | 電子工作 | 日記

プロフィール

「最近、ウチのクルマの記事が少ない理由 http://cvw.jp/b/2540238/41845800/
何シテル?   08/17 23:35
生まれも育ちも関東のJB15です。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

ファン

3 人のファンがいます

愛車一覧

日産 サニー 日産 サニー
前車B13が事故で大破してしまったので、事故翌日にこのクルマを注文。私は鞭打がひどく、営 ...
日産 マーチ 日産 マーチ
父はK11 5ドア車に11年乗っていたのですが、シリンダーヘッド付近より、LLCが漏れて ...
トヨタ カローラ トヨタ カローラ
1980年式。E70系カローラの初期型(丸目4灯ライト)セダン。 新車で父が購入した車。 ...
日産 サニー 日産 サニー
カローラの次に父が購入したクルマ。本当はカローラが良かったんですが、日産の営業の人が親切 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.