• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

@yori7110のブログ一覧

2018年05月11日 イイね!

NBロードスター&マツ耐久準備

NBロードスター&マツ耐久準備
先ほど仕事を終えました。
今週に納車の車が何台かあり、その準備をしていたのですが、急きょ日曜日に横浜に行くことになり、作業が間に合わないので、いつも通り夜の部の仕事をしておりました。
FD2のシビックを温存するために2代目にロードスターを選ばれたお客様のNBロードスターです。
車高調を装着して、アライメントを取りました。
alt
オイル交換は明日の朝にしようと思います。
他のスタッフはそれぞれに仕事を抱えていて、頼めないのでやはり自分で作業をすることになります。
いったい何歳まで、深夜まで仕事をするこの状態が続くのかと思うと時々恐ろしくなります。
ただ、利用していていただいているお客様が多い事は本当にありがたいです。
やはり感謝しながらこれからも頑張ろうと思います。
良いこともありました。
転勤で関東に住むことになったお客様がランエボを手放すので、内藤さんに買取をお願いしたいとの事でした。
それで週末横浜に行ってきます。
遠く離れても、お付き合いいただいて本当に嬉しかったです。
あと、7月8日のマツダ耐久レース後に宿泊する宿がとても良いところが取れました。
alt
黒川温泉の「山みず木」です。
何度か立寄り湯には入らせて頂きましたが、宿泊させて頂くのは初めてです。
昨年は、「新明館」、一昨年は「いこい旅館」を予約しておりましたが、震災のためキャンセルせざるを得ませんでした。3年前は「ふもと旅館」に18人で宿泊させて頂きました。
マツダ耐久レースの九州ラウンドが、お客様と一緒に旅行に行くイベントになりつつあります。
今年は昨年とは全く違うメンバーでの参戦なのでそれも楽しみです。
自分は親子でチームを組むので何とか父と一緒に表彰台に上がりたいです。


Posted at 2018/05/11 00:34:50 | コメント(2) | トラックバック(0) | 本日の作業 | クルマ
2018年05月09日 イイね!

S15シルビア(赤)サージタンクの件

S15シルビア(赤)サージタンクの件

今日は火曜日で定休日ですので、朝からS15シルビアの作業を行いました。

久しぶりに赤いシルビアの作業です。

alt



3月11日のAttack岡山での走行後、すぐに、山口県の藤井レーシングにて、エンジンのオーバーホールをお願いしておりました。

初めてAttackに参加させて頂き、まだまだ自分に足りていない部分が多い事に気づかされ、更に上を目指すべく、サージタンクを交換することにしました。

alt

5月に入りやっとサージタンクが届いたのですが、自分のシルビアは、エンジンを下方向にに50mm&後方に70mm移動させているので、サージタンクがクラッチマスターシリンダーとブレーキマスターバックに干渉して取り付けができないとの事でした。

alt
 

5月5日に白いシルビアを修理&リセッティングのために山口県に運び、赤いシルビアを広島県に持って帰りました。
そして本日 やっと時間が取れたので作業を開始しました。


シルビアのクラッチマスターはクラッチオイルラインが下向きなのでサージタンクに干渉してしまいます。

alt

CP9Aのランエボのマスターシリンダーに交換して干渉しなくなりました。
(石ちゃんのランエボの一部が僕のシルビアの中で生きておりますよ。)
alt

シルビアのクラッチマスターをランエボに変換するのは割と簡単で、ブラケットの加工のみで装着が可能でした。
左がランエボで右がシルビアです。

次はブレーキマスターバックの返還ですが、こちらはトップフューエルのピンケロ君に相談させて頂き、EK9シビックのマスターバックを流用しました。 

こちらも、ピンケロ先生のアドバイスが素晴らしく、更に簡単な作業でした。

この後、サージタンクの負圧を取る穴を埋めてもらうべく、なかっさんの所に向かいました。

alt
 

多くの友人に助けてもらいながら、冬のタイムアタックに向けてシルビアを仕上げていっております。

alt

本当にみんなに感謝しております。

Posted at 2018/05/09 00:22:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年05月02日 イイね!

ディレッツァ・デイ NCロードスターで走行

ディレッツァ・デイ NCロードスターで走行
先日、タカタサーキットで行われた第一回のディレッツァ・デイに参加させて頂きました。
走行台数は40台でちょうどいい台数でした。
今回はの良い状態のA052タイヤでの走行なので、59秒台を狙っての走行でしたが、朝一の60秒7がベストタイムで、のちは61秒前半どまりでした。
またも源さんを抜けない・・・
2回目の走行で、
alt
新品のディレッツァZ3をお借りして走行させて頂きました。
大会本部にお借りしたタイヤに新品ホイールが装着されているのでかなり慎重に走行しました。
タイヤを温めた後の計測1で、かなり感触の良い走りが出来ました。
コーナーの進入で自分の思い通りのラインを取ることが出来、コーナリング中も横にズレることもなく狙ったところにクリップを取ることが出来ます。
走行後に、源さんとヨリさんを自分とで話したのですが、3人とも同じ意見でした。
本当にコントロールの効くタイヤに仕上がっていると思いました。
また、15分の走行時間をまるまる使って走らせて頂いたのですが、熱ダレもほとんどなくずっと61秒後半のタイムを維持できます。
A052は実用向きのタイヤではないので、Z3が本当じ現実的なタイヤだと思います。
という事は自分のタイムは・・・かなり実力不足なようです。
alt
この日は、3本目の走行で、大井さんのアドバイスで、アクセルを全開にせずに、ブレーキも強く踏むのではなく、ゆっくり弱く踏む練習というものを行いました。
他の上級者は参加していない人も多かったようですが自分はこの走行が本当に役に立ちました。
アクセルを7部山しか踏まず、ブレーキに至ってはいつもの半分~3分の1程度の踏力しか使いませんでしたが、しっかりと車を走らせることが出来ます。
またステアリングもいつもの半分程度の陀角で曲がれることも確認できました。
ステアの切りすぎが課題だったので、本当に良い練習になりました。
タイムも少しづつ詰めることが出来、62秒6で走ることが出来ました。
ストレートでは5000回転でシフトUPしての62秒なので、いままでいかに無駄な動きをしていたかが解りました。
また、この練習は車にダメージがほとんど無く練習できるので、練習としては本当に理想的だと思いました。
後ほど色々な人にこの話をしたのですが、ほとんどの人に理解してもらえなかったように思います。
特に自分は上級者と思っている人には解ってもらえませんでした。
目先のタイムではなく、よりよい走りを考える良い経験が出来、午後からの走行は明らかにステアリングの舵角が少なくなりました。
素直に大井さんの話を聴いて本当に良かったと思います。
タイム云々ではなく自分にとってはほんとに実りの多い一日となりました。
今後のサーキットライフに大きくプラスになりました。
全国でディレッツァ・デイは開催されるようなので、本当にお勧めの走行会です。
alt
 
サーキットの攻略や車の走らせ方もほんとに丁寧に説明していただきました。
この度は本当に有難うございました。

Posted at 2018/05/02 20:04:10 | コメント(1) | トラックバック(0) | TSタカタサーキット | クルマ
2018年04月28日 イイね!

ディレッツァ・デイ NCロードスター準備

ディレッツァ・デイ NCロードスター準備
明日はタカタサーキットでディレッツァ・デイなる走行会があります。
その準備をしました。
今回は必要ないのですが、次のタイヤは17インチで235/40/17を装着し、ホイールはリーガマスター8.5j+45の予定です。
オフセットが+45だと中に入りすぎるので5mmスペーサーを入れる準備のためロングボルトに打ち換えました。リアは・・・時間がかかりますので次回にします。
alt
フロントのスプリングが柔らかいようなので、10kg→12kgにレートをUPしました。シルビア用のKYBのスプリングなので、NCロードスターには少し長めです。
alt
これまでは車種不明のブリッツの車高調に付属していたスプリングだったので、スプリング自体もグレードアップだと思います。自分の今使用している車高調は、S.T.D 「スーパーチューンデザイン」と言うものなのですが、お客様がローダウンのために使用していた車高調です。
どれくらいの容量があるのか不明ですが、意外にも乗り心地が良いしサーキットでもタイムが出てしまいました。こういう事がロードスターにはよく起こります。
alt
「ラベルに謎の漢字が書いてあるので、多分中国か台湾あたりで造られているのではなかろうかと思います。」

足回りはとても重要なはずなのに、なぜかロードスターは適当な車高調でタイムが出せてしまい、困惑気味です。
ただ、バネレートの選択や車高の微調整は頻繁に行い、車の動きの変化を考えながらセットUPしている・・・つもりです。
いま使用しているタイヤは、A052ですが、これはNA8Cのためのタイヤがたまたまあったので使用しております。
次はきちんとしたホイールに走りに適したタイヤ竿図を履こうと思いますが、何のタイヤにするかを迷っております。
今までは迷わず、71Rを選択しておりましたが、「今年のZ3は違う」という父の意見も聞き流せません。
明日のディレッツァデイでは、なんとZ3のタイヤを4本試し履きしてサーキットを走れるという今の自分には大変有り難い走行会です。
ディレッツァにするかポテンザにするか楽しみです。
A052は17インチのタイヤサイズに235/40/17のサイズが無いので使えません。
明日は、会社はスタッフが仕事をしてくれているので本当に心置きなく楽しめそうです。
Posted at 2018/04/28 22:21:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | NCロードスター | クルマ
2018年04月22日 イイね!

NCロードスター 源さん走行

NCロードスター 源さん走行
昨日、源さんにタカタサーキットをNCロードスターで走ってもらいました。
結果は、3周目で、60秒489で走り、タイヤが終わったので走行をやめたそうです。
僕が走行した時もタイヤは十分終わっていましたが、それでも自分より速いタイムを出されてしまいました。
車の状態は、「まぁまぁいいんじゃないか」程度でした。
まだセッティングもしておりませんし、リアのロアアームも くの字に曲がっていたのをプレスで直しただけで、実はアライメントも出ておりません。
まぁ、速いドライバーが乗れば、細かい点は関係ないのかねぇ!?。
ただ、タイヤが悪すぎたため、本日もう一度タイヤを準備してタカタを走ってもらいました。
alt
電動カンナを操る源さんの手元が見えない・・・
車だけでなく電動カンナの扱いも達人なようです。
源さんは車の運転も速いけと、ユンボやダンプカー、その他の運転もものすごく上手です。
タカタで少しタイムが近づいただけで、源さんに近づいたと勘違いしていた時期がありますが、基本的な経験値や幅の広さが違うように思います。
20年前に先輩に言われたことが有るのですが、
「源さんが 60歳になってから、サーキットで勝っても自慢にならんじゃろ。だからおっと頑張れっ。」と言われました。
全くその通りだと思います。
あれから20年経ちますが、「ほんまにすごいと思います。」
今 走っているドライバーが60歳を超えた時に、一体、何人があれほどのパフォーマンスでサーキットやジムカーナを走れるのか見当が付きません。
本当の意味で、源さんに公平に勝負を挑むなら、自分が63歳になってから同じ体力で勝負を挑むべきなのか・・・
今でも勝てんのにかなり無理な気がします。
自分のブログなのに父親の事ばかり書いてしまいました。
alt
新品ではありませんが、溝は一番走るのに適していると思います。
本日の走行は一周目で60秒293で走れたので、早々に走行をやめたそうです。
最近、僕が、「僕の車なのに、必ず源さんが自分のランキング上におる。」とブツブツ言っていたので、どうやら59秒台に入れるのは譲ってくれたようです。
今週末、ディレッツァデイを走るので、59秒台を目指しましょう。
この日に出せなかったら、僕の力ではしばらく60秒切れないように思います。
夏の間にバネレート変更や、曲がったアームを直して季節が良くなる秋まで待ちましょう。
まぁ、NCロードスターはタカタを速く走るのが目的ではなく、セッティングをするのが目的です。
最近、どうもすぐにタイムを追いかけてしまって、本来の目的を忘れてしまいがちです。
本来の目的は、7月8日のマツダ耐久レースに出場し、親子で表彰台に乗るのが目的なので、壊さないように走ろうと思います。


Posted at 2018/04/22 23:11:59 | コメント(2) | トラックバック(0) | NCロードスター | クルマ

プロフィール

「NBロードスター&マツ耐久準備 http://cvw.jp/b/2570814/41464357/
何シテル?   05/11 00:34
@yori7110です。よろしくお願いします。 ほぼサーキット走行と車の整備のことしかありませんが、自分の記録として書き留めておこうと思います。 走...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/6 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

シルビア赤 岡山国際サーキットシェイクダウン 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/27 18:56:57

お友達

全国に知り合いが出来ればよいと思いますので、よろしくお願いいたします。
104 人のお友達がいます
つぼ氏つぼ氏 * 我が道を行くぶた我が道を行くぶた *
f-techf-tech * Koji GSⅡKoji GSⅡ *
ヒデキ+ヒデキ+ * キハランサーキハランサー *

ファン

85 人のファンがいます

愛車一覧

日産 シルビア シルビアS15 赤 (日産 シルビア)
サーキット仕様のシルビアS15(赤) ミニサーキット仕様のシルビアS15(白) 街乗り用 ...
日産 シルビア シルビアS15 白さん (日産 シルビア)
ミニサーキットを走ることだけを考えて造りました。 手持ちの部品を使い非常にリーズナブルな ...
マツダ ロードスター マツダ ロードスター
友人から5万円で譲っていただいたNBロードスターです。 その後いろいろと手を加え、足回り ...
マツダ ロードスター 軽量ロードスター (マツダ ロードスター)
軽量化したロードスターです。 車重は、837.5kgです。 地元のサーキットではマツダ関 ...

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.