• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ttrkameのブログ一覧

2018年07月22日 イイね!

クラリティPHEVに乗ってみた

クラリティPHEVに乗ってみた先日発表になった「クラリティPHEV」、バッテリーの容量が17kWhと大きくEV同様に使えそうです。
ちょいと興味が涌いたので試乗車を検索してみると、「イオンモール名取」の近くの名取中央店に試乗車があるようです。
アポなしでしたがイオンに行ったついでに試乗してみました。

alt
飛び込みだったのとちょうど忙しい時間だったため、コーヒーをもらって待つことしばし・・・。
簡単に説明を受けた後、担当の営業さんが試乗車を用意してくれました。

alt
パワーメーターとスピード表示、両脇にバッテリー残と燃料残が表示されています。
ODOメーターはなんと6km。
私が試乗第一号だそうです。

alt
ハンドル回りに各種スイッチが付いているのも最近の流儀ですね。
当然のように「Honda SENSING」が搭載されていますから、アダプティブクルーズ、レーンキープアシスト機能などがあり最近の車らしい装備満載です。

alt
シフトはボタン式でした。
シフトレバーが無いとちょっと寂しく感じるのは、私が「おっさん」だからでしょう。(笑)

alt
シートポジションメモリーも装備されていて、いわゆる高級車の作りです。
ワングレードしか無いのでレザーシートも標準装備。

一通り運転に必要な機能はチェックしたので試乗に出発です。
お店から国道4号線に出るのですが、さすがPHEV走り出しから静かです。
ウインカーを左に出すと、「LaneWatchカメラ」が作動して左後方がナビ画面に表示されました。
見切りの悪い車体では無いのですが、大柄な車なのでこの機能は便利でした。
少し走ると、国道4号線から逸れて交通量の少ない道に入りますが、大きな凹凸を通過しても終始安定した乗り心地で、リアサスにマルチリンクを採用している恩恵を感じます。
前を走る車が居なくなったタイミングで、アクセルのクリックポイントを超えて踏み込みフル加速・・・。
ここまで踏むとエンジンが掛かり全力加速しますが、車重(1850kg)が有るためか静粛性が高いためか猛然と加速するような感じではありません。
(ノーマルモードです。スポーツモードは試していません。)
走ってみた感じはまさに高級車・・・。
フル加速以外ではエンジンも掛からず走行感覚もEVそのまんまですが、「暴走おっさん」が乗る車ではないようです。(笑)

お店に戻ったのであちこちチェックを・・・。
alt
Eセグメントのセダンと言うことで後席は非常に広く、リアエアコンも有るので嫁さんは非常に快適だったと申しておりました。

alt
デザイン的に5ドアハッチバックだと思い込んでいたのですがトランクが付いておりました。
「ゴルフバックが4個積み込めます。」の説明に、私向きでは無いのだなあと実感・・・。

alt
運転席側後方のハッチは急速充電ポートでした。

alt

助手席側フロントフェンダーに普通充電ポート。
キャップはハッチと一体型でした。

alt
PHEVですから当然有ります給油口。
助手席側リアのハッチです。

alt
工事中でしたが急速充電器、これが重要だと思います。
営業さん曰く「充電器の有るお店にしかクラリティPHEVの試乗車は置いていないのです。そんなわけでこの近辺ではここと仙台の泉松森店の2店舗なんです・・・。」とのこと・・・。
(7/21時点です。現在は3店舗に増えました。)
売っている車に急速充電ポートを付けているなら、充電器は販売店に設置しておいて欲しいと常々思っていたのでホンダの好感度がかなり上がりました。

ところで、販売店にこれが無いと納車時にどうやって急速充電器の使い方を教えるのでしょう?
某社には見習ってほしいものです。

思い付きで向かったクラリティPHEVの試乗でしたが、車も販売姿勢もかなり好印象でした。
高級車を欲しいとは思っていないのですが、来年以降に発売されるというホンダのEVに期待が出来そうです。(笑)
Posted at 2018/07/22 21:58:39 | コメント(1) | トラックバック(0) | 試乗 | クルマ
2018年07月19日 イイね!

フクロウ神社に行ってみた

フクロウ神社に行ってみた
春頃から嫁さんが行ってみたいと言っている、フクロウ神社こと鷲子山上神社(とりのこさんしょうじんしゃ)・・・。
「キビタンフラワースタンプラリー2018」のポイントになっているのもありますが、なにより「金運」に御利益があるとか「商売繁盛」とか・・・。
フクロウ=不苦労だそうで・・・。
これは行かないわけにはいきません。(笑)
そんなわけで先週末、栃木・茨城県境にある鷲子山上神社へと遠征しました。

alt
 仙台から国道4号線を南下して栃木方面への遠征は、だいたい片道6時間程度は必要です。
日帰り日程で走るとなると早朝の出発になるので、ここのところは前日夜に出発し道の駅で車中泊するのが常套手段です。
今回は国道4号線から少々離れますが、充電器のある道の駅「季の里天栄」を利用しました。

 alt
道の駅「季の里天栄」から途中道の駅「ばとう」で少し充電して2時間ほど、目的地の鷲子山上神社に到着しました。

alt
鳥居をくぐるとすぐにお清めの手水がありますが、その横にさっそくフクロウが登場です。

alt
参拝するにはこの難所を越えなければ・・・。(迂回ルートもあります)
石段が96段。(苦労)
往復すると2×96段→二×苦労→フクロウ→不苦労だそうです。
当然、往復いたしました。(笑)

alt
本殿を参拝し「不苦労」の階段も攻略しましたので、こんどは迂回路の「福ふくろうロード」を歩いてみます。
紫陽花がちょうど見頃で綺麗です。

alt
息子は「九星ふくろう」を見つけて大喜び。

alt
およそ100体あるというフクロウ像の頭を撫でてまわります。
お賽銭をお供えしてある像も多く、息子は用意してあった小銭(約40枚ほど)を使い放題・・・。

本殿を2回参りましたので今度は本宮へ・・・。
alt
石段を登った先には「大神様の使い」が・・・。

alt
いました、「日本一の大フクロウ」w
ゆるキャラみたいで思わず笑っちゃいそうですが「大神様の使い」です・・・。

alt
すぐ横には「フクロウのポスト」なるものもが・・・。
同封する「初穂料」が決め手になるのでしょうか?(笑)

alt
お参りも済んだので「おみくじ」を・・・。
自営業ですので「金運」です。
結果は聞かないで下さい当たっていたので・・・。(笑)

alt
お参りも済み、お守りもゲットして目的は達成したので帰路に付きます。
鷲子山上神社は文字通り山の上にあるのでアクセス道路がかなり狭く、特に栃木県側の道路はすれ違い出来ない場所もあり退出用に一方通行(任意)になっています・・・。
お参りの際の入口は茨城県側からが無難です。

帰路は道の駅「ばとう」で充電して国道294号線で白河へ。
「福島日産白河中央インター店」で充電した後、国道4号線を北上するのも飽きたので・・・。
alt
少し西側の広域農道(岩瀬グリーンロード)で、郡山市喜久田→本宮市と抜けて北上してみました。
道が少々荒れているので平均速度は上がらないのですが、なにより信号での停止が少ないのでこの区間の移動時間としてはあまり違いが無いようです。
連休などの混雑時はこちらを走った方が精神衛生上はよろしいかも知れません。

alt
途中、蔵王の遠刈田温泉「神の湯」に寄ったので帰宅は21時を過ぎました。
かなり暑い日で充電も朝から6回ほどしていますが、バッテリークーラー搭載のe-NV200だと帰宅時でもバッテリー温度は7セグです。
帰路での最高温度は8セグ(最高部で41℃位)でしたが、これ以上(42℃?)にはならないよう全力で冷却しているようでした・・・。
リーフに是非とも搭載して欲しい機能ですが、大幅な設計変更とコストアップが見込まれるのでしょうか・・・。
バッテリークーラー未搭載の謎は深まるばかりです。

家族3人で車中泊可、バッテリークーラーで連続チャージも安心・・・。
真夏の遠征旅行ではリーフ君の出番が全くありません・・・。(泣)
関連情報URL : http://www.torinokosan.com/
Posted at 2018/07/19 09:46:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | 旅行 | 旅行/地域
2018年07月13日 イイね!

e-Golfに乗ってみた

e-Golfに乗ってみた
先日「何シテル?」に「ワーゲンも充電し放題プラン(5200円/月)が設定されたようですね・・・。」とつぶやいたため、なんだかe-Golfが気になって試乗車の検索をしたところ近所の「Volkswagen仙台太白」に有ることが判明しました・・・。

ゴルフ7がデビューした頃・・・。
alt
GTIを一日貸してもらったり

alt
Rも試乗したりとずいぶんとお世話になったのに、結局ワーゲンは買わずたどり着いたのがリーフ君(中古)でした。

「もうワーゲンも試乗すること無いなあ」と思っていたのですが、昨今のディーゼル問題などでワーゲンもEVに注力し始め気にはなっていたのです。
昨年末にやっとe-Golfも正式に販売開始しましたが、当初はWeb販売のみのスタートでしたし、なにより充電プランに魅力が無いわ試乗車も無いわ・・・。
で、完全に忘れていたところに、「e-Golf Premium」の発表と新しい充電プランの発表があり、「試乗してみるか?」となったわけです。(笑)

e-Golfの試乗がしてみたいと「Volkswagen仙台太白」に電話で申し込み、約束の時間に行くと・・・。
alt
白いe-Golfが用意してありました。
店内で簡単に説明を聞き早速試乗に出ます。
(EVユーザーであることと、Webカタログを一読していたため説明が短縮されました)

alt
走り出す前に各部を観察します。
ハンドル周りはいかにもゴルフ7です。
メーターパネルは最新の液晶タイプになっていますが、やっぱり落ち着いた雰囲気のゴルフですね。
alt
メーター左側はパワーメーターになっていました。

alt
シフトレバーは普通のゴルフ7と一緒ですね。
Dまで引いてシフトノブを左右に振ることで回生ブレーキの効きが選択できます。
もう一段手前に引くとBになり回生ブレーキが最大になります。
この辺も操作方法はともかく設定はリーフと似たような感じです。

観察はこれくらいにしていよいよ試乗開始です。
セールスさんの指示に従って店舗周辺を走ってみますが、走行感覚はリーフとそう変わらない感じです。
回生ブレーキの効きも調整出来るのでほとんどD2かD3、交差点を曲がる時などはBにシフとして走行しました。(DとD1以外ではブレーキランプが点くようです)
普段乗っているのがEVですから走行感覚に驚くことは無かったのですが、やはりCセグの優等生と言われるゴルフがベースです・・・。
先ず気が付いたのが静粛性の高さ、遮音性能の高さはAZE0よりも一枚上手です。
そして足回り、リアサスがトーションビームのリーフに対して、4リンクのマルチリンクタイプのe-Golf・・・。
サスペンション形式だけが乗り心地を決めるわけでは無いのですが、どっしりと落ち着いた走行感覚はやはり一段上質、やはりゴルフなんだなあと感じました。
試乗前メーターには走行可能距離が184kmで表示されていましたが、周辺を試乗して戻ってきても表示は減らず184kmでした。
これもリーフと同様に運転の仕方で表示距離は変わるようです。
なんだかもうぜんぜん違和感なくゴルフ7が電気自動車になったのがe-Golfだと感じました。(エンジン車のユーザーには走行感覚に違和感あるでしょうが・・・。)

試乗後にもう一度外回りを観察します。
alt
普通充電のポートはここにありました。
急速充電はガソリン車の給油口の位置。
alt
荷室は普通にゴルフ7のサイズです。
なので使い勝手は本当に普通ですね・・・。

alt
最後にリーフ君と並べてみました。
車体サイズもCセグなんでほぼ一緒・・・。
アダプティブクルーズやレーンキープアシストもゴルフ7同様に搭載されていますから、新型リーフと比べてもバッテリー容量の違い以外足りない部分は見当たりません。

とてもよく出来たゴルフ7の電気自動車でしたが・・・。
問題が有るとすれば・・・。
・車体価格が100万円ほど高いこと。
・急速充電器がディーラーには未整備で、充電し放題とは言え「日産で充電」などの事態も有りそうなこと・・・。
などが現状では考えられます。

それでも魅力のある車だって事は確かで、チャンスがあれば1日借り出して乗ってみたいと思いました。
この車はアリかナシかと問われれば、私は「アリ」だと思います。

最後に、未確認情報ですがe-Golfにはバッテリークーラーが搭載されているようですよ。(爆)

Posted at 2018/07/13 20:12:52 | コメント(1) | トラックバック(0) | 試乗 | クルマ
2018年07月12日 イイね!

NANKANG NS-20をテストドライブ

NANKANG NS-20をテストドライブ
5月の「リーフチャンピオンレース第2戦」で参加したタイムアタック・・・。
「ATR SPORTS2」の寿命が近かったため走行後のタイヤの状態は・・・。
alt
1コーナーの突っ込みで無理させて接地面のゴムが剥がれてしまいました。
まあ、寿命も近かったので構わないのですが、これでは「朝練?」もままなりません。

そんなわけで購入したのが、NANKANG NS-20(215/50R17)です。
alt
225/50R17へのサイズアップも検討したのですが、メーターの狂いも気になるのでGグレード用の標準サイズに戻しました。

alt
7Jのホイールに組み付けていますが、元々ショルダー部分が丸いためサイズの割に細身に見えます・・・。

alt
方向性のあるトレッドパターンですから当然回転方向指定ありです。

alt
表示されているTREADWEARは360。
「ATR SPORTS2」の400に比べると少し柔らかい表記ですが、触った感触は数字以上に柔らかく感じます。
XL規格タイヤのため空気圧は高めにする傾向ですが、ロードインデックスが91→95のXL規格ですので標準空気圧より少し高い260kpaで組み付けてありました。
この状態でも「ATR SPORTS2」と比べると、転がりも良く乗り心地は滑らかでスポーツ系のタイヤらしくない感触です。

とにかく走ってみなければタイヤはわからないって事で、いつものように「蔵王エコーライン」へテストドライブに向かいました。
移動中少々空気圧が低いように感じるので、260kpa→280kpaに調整してテスト開始です。
alt
入口の信号からここまで約13km、標高差は1000mを一気に駆け上がります・・・。

alt
その結果・・・。
フロントタイヤは1本目の登りで皮が剥けました。(笑)
alt
さすがにリアはイボが残っています。
こんな感じですのでフロントのグリップは安定していますが、リアはターンインで少しスベるようなヨレるような感じを受けました。
下りと2本目の登りも同じ様な印象です。
少々気になるので空気圧を280kpa→300kpaに再調整。
この辺りでタイヤ自体が変形することによる、ヨレたりネジレたりの感触が改善しました。
いい感じになったのでテストは2本目で終了・・・。(タイヤもったいないですから)

この日は微妙な天気で路面はドライとウェットが入り交じる状態でしたが、タイヤのテストにはある意味絶好の条件でした。
テストしてみた感想は、静粛性や乗り心地も考慮したタイヤのようで、パターンブロックが小さめの事に起因する「ネジれる」ような感触が有りますが、総じてグリップ力は高くスポーツ系のタイヤと言えます。
「ATR SPORTS2」と比べてもドライグリップが少々落ちるかな程度で、特筆できるのはウェットグリップが高く安定していたことです。
コーナーの途中でドライ→ウェットなどの状況でも、よほど攻め込んでいなければ何事も無く曲がり続けます。
また、けっこうなペースで曲がってもスキール音が出にくく、縦方向のグリップが良好なのでコーナーの立ち上がりもトラクションコントロールの介入が遅い傾向でした。
この点においては「ATR SPORTS2」よりも良好な感触でした。

転がりも良さそうなので、帰路に海沿いの平坦な道で電費計をリセットしてみたところ
alt
9.2km/KWhを表示しました。
(これはちょっと出来すぎですね・・・。)

帰宅してからタイヤ溝の深さが気になったので、ほとんど摩耗していないリアで計測すると8.3mmほどありました。
alt


alt
デザイン的にわかりにくいのですが、5mmほどのリムガードも有ります。
基本的な性能や機能は十分に備わっていますし、組み付け時のタイヤバランスも良く整備の担当さんも驚いていたくらい・・・。(4本中3本はウエイト必要なし)
コスパ高すぎです・・・。

150kmほどのテストドライブでしたが、結果は普段使いと気まぐれに行く「朝練?」には満足できそうなタイヤでした。
コストパフォーマンスも非常に高く、侮れませんね「maid in Taiwan」。(笑)

Posted at 2018/07/12 21:38:06 | コメント(1) | トラックバック(0) | テストドライブ | クルマ
2018年07月10日 イイね!

6ヶ月点検とタイヤ交換

6ヶ月点検とタイヤ交換今年2月が初回車検だったリーフ君、6か月点検には少々早いのですが、これからピットが混み合う時期とのことで前倒しで昨日点検を行いました。
ついでに、ようやく購入した新品タイヤとの交換もお願いしました。

点検の結果は特に問題なし・・・。
alt
まあ、耐久性については折り紙付きのようですので、心配はしていませんが・・・。(笑)

alt
登録から3年と5ヶ月、ODOは5万kmほど・・・。
バッテリー容量はフルセグ維持できています。

alt
半月ほど前の画像ですが、SOH値は春先に一旦下がったものの93%台に戻りました。
いまのところ普段使いや筑波サーキットへの遠征に問題無いので、しばらくは車両の乗換予定は無しですね。(笑)

alt
これが今回交換してもらった、NANKANG NS-20(215/50R17)です。
7Jのホイールに装着していますが、ショルダー部が丸いため少し細身に感じます。
整備の担当さん曰く「このタイヤはバランスが良いですねえ」とのこと、4本中3本がバランスウェイト無しで問題無かったそうです。(以外と当たりなのかも知れません)
ディーラーから自宅までの走行で感じたことは、「静かで乗り心地が良いなあ」ですが「朝練?」用のタイヤなので評価は本格的に走ってみてからです・・・。(笑)
Posted at 2018/07/10 18:42:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「プリンス栃木「鹿沼店」でQC中。埼玉の実家寄って帰路に付きましたが、寄り道するのでもう少し走って車中泊w」
何シテル?   08/15 22:36
ttrkameです。 子どもの頃から機械イジリが大好きで、免許を取ってからは車もバイクも出来る整備は自分でするのが趣味です。 今回乗り換えたリーフは、自分で...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

サベルト(4点シートベルト)取り付け 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/03/25 19:43:03
リーフチャンピオンレース決勝動画☆ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/03/24 11:10:44
助手席アシストグリップ取付 その1 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/13 17:31:56

お友達

ファン

7 人のファンがいます

愛車一覧

日産 リーフ 日産 リーフ
程度の良い中古(元試乗車の模様)と出会いリーフに乗り換え2年が過ぎました。 維持費の安さ ...
日産 e-NV200 日産 e-NV200
new嫁さん専用車です。 燃料代が気になってすっかり乗らなくなってしまった「マーチん先生 ...
日産 マーチ 日産 マーチ
嫁さん専用車。 e-NV200と入れ替えで知人に譲りました。 まだまだ元気なのでしばらく ...
ダイハツ ムーヴカスタム ダイハツ ムーヴカスタム
ランクルを手放して次期メインカーを手に入れるまでつなぎに買った、ゲタ代わりの軽四のつもり ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.