• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

きよみ、のブログ一覧

2018年11月25日 イイね!

2018年第4回GEN CUP参戦

 先月27日に新東京サーキットで行われたGEN CUPに参戦してきました。
 更新が遅くなったのは、まさにこの記事を書いている最中にパソコンが立ち上がらなくなる不具合が出て、結局パソコンを初期化することになってしまったためです。しかも今使っているのは、Windows8がインストールされているものを買ったのですが、その後Windows10への無償アップデート期間にアップデートしていました。

 が、パソコン初期化に伴い、まさかの

Windows8に逆戻り…。


 無償アップデート期間にアップデートしていたので、再び無償でアップデートすることはできたのですが、その復旧作業にはけっこう時間がかかりました。

 話を元に戻します。
 例によって、自分は耐久レースのみの参戦でしたが、遅くても午前中のスプリントレースの決勝レースが始まる前には着くように出かけました。
 途中、常磐道内での事故渋滞の影響が外環道にまで伸びてきていたものの、主に渋滞していたのは常磐道方面に行く車線だけでしたので、所要時間の表示が、柏に行くより距離的には遠い高谷JCTに行く方が早く着くという逆転現象も起きていました。それでも大幅なタイムロスにはならずに、思っていたよりは早く新東京サーキットに着きました。

7:17 東北道 蓮田SAスマートICより高速に乗る。
7:26 東北道 浦和本線料金所通過。
7:34 外環道 川口JCT料金所通過。
8:06 外環道 高谷JCT通過。
8:13 東関道 湾岸習志野本線料金所通過。
8:23 東関道 湾岸幕張PA。
9:01 館山道 市原ICで高速を降りる。
9:17 新東京サーキット到着。

 レース当日、午前中は断続的に雨が降っていました。GEN CUPで雨のレースは、2011年5月に大雨の中行われたレースで経験していましたが、そのときは1日大雨だったのでレインタイヤ装着でのレースでした。この日は雨が降ったりやんだりという微妙なコンディションだったので、午前中のスプリントレースは、フルウェットの路面でスリックタイヤ装着でレースが行われていました。なので、一時 雨が強くなったタイミングでセッションが一時中断ということもありました。
午前中のスプリントレースは、当初予定していた3グループに分けての走行が2グループに変更になり、更に練習走行とタイムトライアルを別々のセッションに分けての走行という形で行っていました。

 決勝レースの模様は動画に撮影しましたので貼っておきます。例によって、スプリント・耐久ともにショートコースです。

Bグループ決勝↓


Aグループ決勝


 お弁当を食べたあと、自分みたいに耐久レースのみ参加の人のための練習走行の時間が設けられました。余談ですが、このレースで出るお弁当のクオリティが高いと参加者の間でも評判だったりします(エサで釣る作戦?w)。
 ちなみにこの日はとんかつ弁当でした。

 午前中のセッションが一時中断となった雨が上がった後は降らなかったものの、昼休みの時点ではまだレインコートはいらない程度に一部濡れている状態でした。耐久レースのスタートまでにはまだ時間があったので、そのまま雨が降らなければスタートからドライになりそうな感じでしたので、そういう微妙なコンディションで走れたのはラッキーでした。その時点では1コーナーとかはまだ濡れていて、2度ほどスピンしました。

 今回の耐久レースでも、個人参加の人で作ったsynergyチームからの参戦でしたが、同じチームだったのは、1人を除いてGEN CUPや他のレースで一緒に走ったことがある方でした。
 耐久レースは8チーム参戦でしたが、抽選の結果、ポールスタートということになりました。今年からTIA-MZクラスも新設されたのですが、エントリーはなかったようで…。
 最低ピット回数は7回で、各チーム4人が2回ずつ走ることになります。あと、本来は前回のGEN CUPで成績上位のチームは最低ピット回数が増えるというのがあって、うちのチームも本来対象になってたようなのですが、レース前にスタッフさんが伝達するのを忘れていたということで、最終的に今回は免除ということになりました。そして自分は2番目に走ることになりました。
 全面リニューアルされた新東京サーキットは電光掲示板はなくなったものの(もっとも、耐久レースの場合は上位チームの周回数のみが表示されるだけでしたが)、MYLAPSを導入してスマホのアプリとかで逐一順位と各周のラップタイムもわかるようになりました。
 そのMYLAPSの記録によると、スタートから徐々に順位を落として、16周目の終わりにドライバー交代して自分がコースインした時点では最下位に落ちていました。マシンの調子自体はそんなに悪いマシンではなかったと思いますが、マシンに乗り込んでエンジンをかけようとしてもすぐにかからずに多少タイムロスしました。
 コースインして間もなく、前方に何らかのマシンの不具合が原因と思われるペースが上がらないマシンがいたので、このレースでは多分久々にコース上でオーバーテイクしました。もっとも、その後マシンの調子が戻ったようで抜き返されましたが。w
どうやら、午前中まで降ってた雨の影響で、エンジンが水をかぶって吹け具合が悪いマシンがあったようです。
その後も危なげなく周回を重ね、31周目の終わりにピットインした時点では7位でした。
その後57周目に6位に上がりましたが、各チームが給油のタイミングになった頃にMYLAPSの不具合が出て、アプリでは情報の更新がストップして、現在の順位がわからない状況に…。(タイム計測、周回数のカウント自体は問題なく行われていましたが)
 80周目の終わりにドライバー交代してコースインした時点では8位でしたが、ピットインのタイミングの関係で、89周目には7位、90周目には6位、94周目には7位と、前後との差があまりない状況で激しく順位が入れ替わっていたようです。
 そんな中、一歩間違えれば大惨事になっていたかもしれないアクシデントが…。
 モナコヘアピンを立ち上がって最終コーナーのクランク状になっているところのピットレーン側の、本来のレコードライン上は、コース脇にたまっていた水たまりの影響で多少濡れている状況だったので、自分はそこを避けるようなライン取りをしていたのですが、前で競り合っていたマシンがそこでちょっとはみ出してしまい、派手な水しぶきを上げつつスピンして止まっているのが見えました。
ちょうどそこに通りかかった自分は、元々ライン取りを変えてたというのもありましたが、水しぶきの中、何とか止まっているマシンを避けてそこを無事通過しました。
 96周目の終わりで交代して、自己ベストは93周目に記録した50秒252でした。
最終的には、コース上での見た目の着順は7位フィニッシュでしたが、各チームのハンデ及びドライバーに起因しないマシントラブルによるロスタイム分等々を考慮した最終順位は5位になりました。

 ラスト5分の模様を動画に撮影しましたので貼っておきます。


 自分のスティントのラップタイムの推移を見ると、速いマシンに抜かれたと思われる周回を除けば、スティントの後半でタイムが上がらなくなるということがなかったのはよかったですが、やはりもっと高いレベルでこれができるようにならないとね…。

 帰りはアクアライン経由で帰ってきました。アクアラインの渋滞はそれほどでもなかったのですが、首都高速の中央環状線の山手トンネル内で渋滞していたので、レインボーブリッジ経由で帰ってきました。

17:12 館山道 姉崎袖ヶ浦ICより高速に乗る。
17:34 東京湾アクアライン 木更津金田本線料金所通過。
17:50 東京湾アクアライン 海ほたるPA。
18:57 首都高速湾岸線 川崎浮島JCT通過。
19:19 首都高11号台場線 芝浦PA。
19:53 東北道 川口JCT通過。
19:57 東北道 浦和本線料金所通過。
20:05 東北道 蓮田SAスマートICで高速を降りる。

 そして先週の18日には、毎年恒例で今年で10回目となったAZ山梨サーキットに行ってきました。エンジンが変わる前も含めた通算での自己ベストに迫るタイムを出したり、帰りには中央道の渋滞を避けて、7年ぶりのリアル頭文字D発動があったりとかありましたが、詳細は後日改めて…。(爆)
Posted at 2018/11/25 11:05:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | カート・2018 | スポーツ
2018年10月14日 イイね!

新東京&木更津のダブルヘッダー(爆)

 7日に新東京サーキットと木更津サーキットに行ってきました。
 新生・新東京になってからは4月のワンスマカートレースでTIA-MZで走って以来で、KT以上の性能のマシンで走るのは初めてでした。
 行きは外環経由で行きましたが、外環→東関道ルートは前回ハーバーに行くときに通ったので、今回は京葉JCTから京葉道路に入るルートで行きました。途中、花輪付近で渋滞していたものの穴川付近での渋滞はなく、思ってたより早く着き過ぎました。
 京葉JCT付近には京葉市川PAがありますが、スペース等の関係で、外環から入れる造りにはできなかったようで、東北道から外環を経由して京葉道路に入る場合、現状では蓮田SAの次のSA・PAは幕張PAまでないということになります。外環の八潮にPAを造る計画はあるようですが…?

7:27 東北道 蓮田スマートICから高速に乗る。
7:35 東北道 浦和本線料金所通過。
7:39 外環道 川口JCT料金所通過。
7:59 外環道 京葉JCT通過。
8:03 京葉道路 船橋本線料金所通過。
8:23 京葉道路 幕張PA到着(時間調整のため約30分停車w)。
9:05 京葉道路 千葉西料金所通過。
9:22 館山道 市原ICで高速を降りる。
9:38 新東京サーキット到着。

alt

 この日は台風の影響で、この時期にしてはかなり暑い日でした。GEN CUP参戦に備えての練習という意味ではよかったのかもしれません。27日の本番ではこれより暑くなることはまずないでしょうからね。
 新東京サーキットコースリニューアルに伴い計測器も変わって、電光掲示板やピットにあったモニターでタイムが確認できなかった代わりに、スマホで見れるようになりました。
 1本目でのベストラップは52秒607でした。1本目はN35のレンタルとの混走ということもあって慎重に走っていたのでまだまだ詰められそうかなという印象でした。
 2本目は、初心者走行時間のセッション終了のレッドシグナルが出るまで走って、19周連続走行になりましたが、52~53秒台でコンスタントに、スティント後半でもタイムは落ちずに走り切りました。ちなみにベストラップは、

52秒102

でした。

 新東京のHPに載っているコースレコードを見る限りでは、コースが変わってタイムは+5秒くらいということのようなので、正直言ってKTでは最低でも50~51秒台くらい(あるいはそれ以上?)で走れないとGEN CUP本番では厳しいのかもしれません。レーシングで使っているタイヤは通常レベルのレンタルで使っているタイヤと比べて、自分が思っている以上にグリップレベルが高いのかもしれません。

 その後イオンモール木更津に移動してお昼を食べた後、イオンモール木更津の敷地内にある木更津サーキットに行きました。こちらは、ちょうど貸切が終わって通常のスポーツ走行が始まったところでした。

alt

 木更津は今年の走り初めで走って以来でしたが、受付のところにシミュレーターが設置されていて待合スペースが狭くなった代わりに、受付の建物の上に上がれる階段ができたので、コース全体が見渡せるようになりました。

alt

 木更津では逆に、通常レベルのレンタル用のタイヤのグリップレベルにアジャストし切れなくて、2本走ってベストラップは

26秒278

に終わりました。

 そして帰りはアクアライン経由で帰ってきました。

17:20ごろ イオンモール木更津を出る。
18:07 東京湾アクアライン 木更津金田ICから高速に乗る。
18:31 東京湾アクアライン 海ほたるPA到着(約30分停車)。
19:25 川崎浮島JCT通過。
19:40 首都高湾岸線 大井PA到着。
20:17 川口JCT通過。
20:20 東北道 浦和本線料金所通過。
20:28 東北道 蓮田スマートICで高速を降りる。

 そして昨日、27日に行われるGEN CUPに、個人参加で耐久レースのみ参加ということでエントリーしました。
 その次は11月11日に毎年秋恒例のAZ山梨サーキットでの走行を予定しています。
Posted at 2018/10/14 11:25:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | カート・2018 | スポーツ
2018年09月30日 イイね!

2ヶ月ぶりのカート

 某資格試験を受けるための勉強時間を確保するため一時中断していたカートですが、先週の23日にハーバーサーキットに行ってきました。

 外環道の千葉県内区間が全線開通して以降では初のハーバーでの走行ということでしたが、休みの日はたいてい混んでる首都高の葛西付近を通らなくても行けるようになったばかりでなく、距離的にもだいぶ短縮になったようです。
 世間的には3連休だったということで、東北道の下り方面は蓮田付近から浦和ICを過ぎて武蔵野線と交差する付近まで渋滞していましたが、東北道上りと外環道は渋滞していなくて、予想していたよりも大幅に早く着きました。(爆)

8:10 東北道 蓮田スマートICから高速に乗る。
8:18 東北道 浦和本線料金所通過。
8:22 外環道 川口JCT料金所通過。
8:42 外環道 高谷JCT通過。
8:48 東関道 谷津船橋ICで高速を降りる。
9:00 イオンモール幕張新都心到着。

 元々イオンモール幕張新都心で買い物をする予定ではありましたが、イオンスタイルなど一部の店舗は自分が着いた時点で既に開いていたものの、大部分の専門店は10:00あるいは11:00オープンでした。
 イオンモール幕張新都心は入口で駐車券を取る方式(6時間までは買い物の有無に関係なく無料)でしたが、センサーでナンバーを読み取れるようになったようで、紙の駐車券は出ずに、今の時間を覚えておいてくださいというアナウンスが流れる方式に変わっていました。
 そこで買い物してお昼を食べたあと、ハーバーサーキットに向かいました。

 路面コンディション的には前回ほどではないもののそんなに悪くはない感じでした。前回同様、2コーナーやローズヘアピンのブレーキングでは必要以上に突っ込みすぎないように走りました。
 前回買った、今年いっぱい有効の回数券が6回分残っていたのを全て使い切りました。

 この日の自己ベストは、

23秒796

と、この時点でのこの日のランキングで4位、最終のランキングでも7位と、前回走行の昨年11月あたりのランキングと比べるとそんなに悪くはなかったのかなという感じではありました。↓
http://www.harbor-style.co.jp/harbor/index.asp?sd=2018/09/23

 帰りは例によって上り方向は東関道、京葉道路ともに渋滞していました。ただ、今までと違って外環道へはどちらから行っても入ることはできるようになりました。
 とはいえ、交通情報を見た限りでは東関道経由の方が所要時間は短そうでしたが、国道357号から直接東関道に入るパターンだと、湾岸幕張PAの脇を過ぎた直後に高速に上がることなり、その次のPA、SAというと現状は東北道の蓮田SAまでないので、どれくらいかかるのか試しに京葉道路経由で帰ってきました。
 案の定というか知ってたというか、京葉道路は船橋まで片側2車線なので、どうしても時間がかかりますね。

17:32 京葉道路 穴川ICより高速に乗る。
17:54 京葉道路 千葉西料金所通過。
18:20 京葉道路 幕張PA到着。
19:07 京葉道路 船橋本線料金所通過。
19:11 外環道 京葉JCT料金所通過。
19:43 外環道 川口JCT通過。
19:47 東北道 浦和本線料金所通過。
19:55 東北道 蓮田スマートICで高速を降りる。

 次回は、10月7日に新東京サーキットと木更津サーキットに行く予定です。そして27日に新東京サーキットで行われるGEN CUPに参戦を予定しています。(エントリーはまだしていませんが)
 ハーバーで走った感触は、2ヶ月以上あいていた割にはそんなに悪くはなかったかなという印象でしたが、果たして…?
Posted at 2018/09/30 21:12:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | カート・2018 | スポーツ
2018年08月15日 イイね!

終戦記念日

 今年もまたこの日を迎えました。

 先の大戦中は「大本営発表」という言葉に象徴されるような、政府にとって都合の悪いことは報道させない、国民には知らせない、ということが公然と行われていたことはよく知られていることですが、ここ数年の国内の動きを見ていると、報道の自由に対する圧力が年々強まっているように感じられるのに加えて、立場に関係なく、法律を犯した疑いのある人や組織が平等に捜査を受け、そして司法によって裁かれるという、法治国家の大原則が有名無実化されているように感じます。

 また、誰もが知っている大企業で不祥事が相次いだり、人権を侵害するような言動を公然とする人が相次ぐなど、日本が持っていたはずのいいところが急速に壊れていっているような感じがしています。長い年月をかけて少しずつ溜まっていった膿が、ここ何年かで一気に表に出てきているのでそう感じるだけなのかもしれません。
 相次いだ人権侵害の言動については、昔だったら心の中だけに留めておいたことを公の場で平然と言うことが許容される社会に変質してきているのでは?と感じる部分もあり、こういう状況が続けばいつか取り返しのつかないようなことになりかねない不安を感じています。

 ただ、レスリング、アメフト、ボクシングで発覚した不祥事については、その世界で権力を持っている人間がその権力を使って不公正なことをやっていて、そういうのではいけないという思いを持っている人たちによる内部告発によって問題が発覚した部分もあり、そういう意味ではこの国もまだまだ捨てたものではないという感じはしています。

 更に、2年後に開催される東京オリンピックに関連する提案として、

ボランティアに参加しやすくするために大学の夏休みの時期を調整すること
サマータイムの導入

など、戦時中の「お国のために」的な発想を連想させるような提案が相次いで報道されていることも不安を感じている要因の1つでもあります。

 先日の西日本豪雨でもよく言われた言葉として「正常性バイアス」という、人間が予期しない事態に対峙したとき、「ありえない」という先入観や偏見(バイアス)が働き、物事を正常の範囲だと自動的に認識する心の働き(メカニズム)を指す言葉があります。
 今の日本の状況に関しても同様のことが言えるのではないかと思います。長年政権を担当してきた政党なら大丈夫、大手メディア、とりわけ公共放送の報道は信用できると未だに信じている人が多いのではないでしょうか。どちらもその中身は大きく変質している(しかも悪い方に)ように自分には感じられます。

 あのような、文字通り国の存立にかかわるような過ちを繰り返さないために微力ながら何ができるのか考える日にしたいものです。
Posted at 2018/08/15 20:54:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | 社会 | 日記
2018年07月16日 イイね!

7年ぶりのオートランドテクノ

 14日に、茨城県石岡市にあるオートランドテクノに行ってきました。
 前回行ったのが2011年2月、東日本大震災が起こる約2週間前で、約7年ぶりの走行ということになりました。
 この連休中は日本列島の大部分の地域で記録的な猛暑に見舞われていますが、それでも茨城県内の海に近い地域は猛暑日にはならないくらいの暑さでした。
 圏央道の東北道~東関東道にかけての区間がつながり、大幅に時間短縮になったので、まっすぐ石岡には向かわずに、いつか行ってみたいとは思っていたものの遠くから見るだけだった牛久大仏に行きました。

alt

 大仏の中に入ることもできるのですが(有料)、割と最近造られたものなので、中は冷暖房完備、エレベーターで上に上がる方式です。
 地上85mにある「霊鷲山(りょうじゅせん)の間」からは窓があって東西南北を見渡すこともできるのですが、冬場とか、比較的空気が澄んでいる時期ならもっと遠くまで見えるのかも?と思いました。

 各ポイントの通過あるいは到着時間は次のとおりですが、アップルに行ってたころは2時間はみておかなければいけない状況だったことを思えば随分時間短縮になったものです。それだけにアップルが閉店になってしまったのが返す返すも惜しまれます。

8:46 東北道 久喜ICから高速に乗る。
9:40 圏央道 阿見東ICで高速を降りる。
9:53 牛久大仏到着。

10:54 圏央道 阿見東ICから高速に乗る。
11:21 常磐道 千代田PA到着。
11:33 常磐道 千代田石岡ICで高速を降りる。

 圏央道は、久喜白岡JCTから東の区間は基本的に対面通行になっていて、ICの前後に追越車線が設けられています。連休初日で、東京から放射状に伸びる高速が軒並み渋滞している中でも渋滞こそしていなかったものの、遅い車に引っかかることも少なくないという状況で、対面通行で開通させたのは交通量を少なく見積もり過ぎだったのでは?という気がするのは気のせいでしょうか?それに加えて、東北道~常磐道の間には1つもPAがなく、ETC2.0搭載車に限り、五霞ICで途中下車して道の駅ごかを利用して乗り直しても料金が割高にならないというのがあるのみというのは、ちょっと何とかしてもらいたいですね。地方のPAや首都高の簡易PAにあるような、自販機とトイレのみのPAでもあればそれで十分かなと思うのですが。

 石岡市内でお昼を食べたあと、オートランドテクノに向かいました。

alt

 オートランドテクノでは毎月第2土曜日の13:00~17:00まで乗り放題ということで、7500円で最低4回(13時までに走行受付をした場合)、乗る人が少なければ時間の許す限り何度でも乗れるというものです。
 同じ茨城県内にあったアップルフォーミュラランドでも毎月第2土曜日に乗り放題をやっていて、そちらは何度か行ったことがあったのですが、テクノの乗り放題は初めてでした。
 コースレイアウトは前回走ったときと同じで、タイヤはニュータイヤ(ダンロップ)だったようです。
 ここのマシンは無限PK?(レーシングカート用?)のフレームにスバルのEX21搭載のマシンで、主流となっているN35やRX-8と比べると耐久性は落ちるマシンというのはわかってはいました。
 が、自分の組の1本目の走行で、恐らく縁石に乗り上げ過ぎたせいで、前輪のついているところが根元から折れて?走行不能になるトラブルが、自分が乗ってたマシンも含めて2台に出たというアクシデントが…。(^_^;)
 自分の場合、そのトラブルが出たのがピットレーン入口のすぐ手前だったので、そのままゆっくりピットインしましたが、ピットレーンの途中でスタッフさんからストップの合図があったのでそこでマシンを止めて降りました。
 ピットでトラブルが出た2台のマシンをスタッフさんが確認したところ、2台とも折れていたわけではなくて外れたネジをつけ直せばすぐに走れる状態ではありましたが、特に4コーナーのヘアピンの立ち上がりは、レコードライン付近の微妙な位置に割と高めの縁石があって、それに乗り上げ過ぎるとまた同じことが起こる可能性があるので注意するようにという話がスタッフさんからありました。

alt

 この4コーナーのヘアピンは、縁石に乗り上げ過ぎるとマシンが壊れる可能性がある上に、スタッフさんの話によると、滑らせすぎてもタイムが出ないコーナーだそうで、全体的には高速コースながらもテクニカルなセクションもあって難しいコースですね。
 乗り放題ということで、速い常連さんと思われる方々も少なからずいたであろうと思いますが、速い人で29秒台は出ていたかと思います。
 4時間の乗り放題で計7回と、自分みたいな一般人でも乗り放題の時間が終わるまで何とか走れるくらいの回数は走れて、自己ベストは10号車で出した

31秒521

でした。

 帰りも圏央道経由でしたが、幸手IC付近の追越車線が終わる付近で多少流れが悪くなった程度で済みました。

17:27 常磐道 石岡小美玉スマートICから高速に乗る。
17:37 常磐道 千代田PA到着。
18:02 常磐道 谷田部東PA到着。
19:04 東北道 久喜ICで高速を降りる。(圏央道経由)

 次回は28日にハーバーサーキットに行く予定です。9月2日に某資格試験を受ける関係で、これで前半戦はラストで、その次は試験が終わった後という予定で考えています。
Posted at 2018/07/16 22:18:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | カート・2018 | スポーツ

プロフィール

「【走行予定変更】明日、平塚で予定していたカート走行ですが、風邪気味のため9日に延期します。🙄」
何シテル?   12/01 21:44
☆ハンドルネームの由来  NHK朝の連続テレビ小説”ちりとてちん”のヒロイン・喜代美のように、不器用で一生懸命なアホだけれど(ただの天然ボケかもしれませんが...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

ワンスマカート 華CUP / CITYKART戦を控えて【安全のしおり 映像あり】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/29 10:41:12
燃費記録 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/11 18:25:10
 
燃費記録 2015/02/22 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/02/22 17:43:38
 

お友達

カートを通して楽しくお付き合いできそうな方、お友達になりましょう。
64 人のお友達がいます
澤 圭太澤 圭太 * あくせる_F32/435iあくせる_F32/435i
悠夜♪悠夜♪ super_HRDsuper_HRD
tapiotapio ENZO (エンツォ)ENZO (エンツォ)みんカラ公認

ファン

12 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ フィットハイブリッド BLUESTAR号 (ホンダ フィットハイブリッド)
2012年5月4日契約。6月3日に納車。
ホンダ シビックフェリオ ホンダ シビックフェリオ
 10年も前の車なのに、ハンドリングが非常によくて乗りやすい車です。 かずみっちことレ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.