• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

レーデクのブログ一覧

2021年11月28日 イイね!

難所「親不知」を迂回する道路

地図を眺めていたら見つけた気になる道をドライブしてきました。

場所は

↑こんなところ。
富山県境付近の難所として知られる「親不知子不知」を、山側から迂回する道路です。路線名としては「林道 大平線」「林道 橋立上路線」。
この辺りは国道しか無いと思っていたので、こんな道路があったなんて知りませんでした。

↓例によって4倍速動画にしてみました(笑)


全線に渡って舗装されている、結構手の行き届いた林道です。
糸魚川市HPでも通行可否の状況は随時更新されているのも、管理が行き届いている証拠のひとつかなと。

国道8号が通行止めになった際の代替路として使われたり使われなかったりしているんだとか。まあ冬は閉鎖されてしまうんですけどね(^^;
Posted at 2021/12/03 21:45:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2021年11月03日 イイね!

クルマで通れる長野県北部と上越地方の境 残り

ちょうどひと月前の記事では県道・国道をメインに長野県北部と新潟県上越地方の県境を取り上げましたが、残りの林道、市町村道での県境も走破?してみたのでまとめてみました。

○「野々海峠

野々海池という溜池にほど近い峠。

新潟県側から峠までの道は 林道 西菖蒲線 という名前が。
長野県側にはこのような標が確認できず名称は不明。

○「牧峠

新潟県旧牧村の奥にある峠。


長野県側の麓には「上越 牧区」の表記が。


そしてこの記事内のいずれの峠も「信越トレイル」の一部。
尾根伝いの登山道が各峠を結んでいます。

地図を見る限りだと、これくらいが「クルマで通れる長野県北部と上越地方の境」だと思います。

・おまけ
野々海峠のすぐ東隣には別な峠があります。
それは
○「深坂峠



こちらの峠には立派な石碑があります。


深坂峠から見えるこの景色は新潟県十日町市。十日町市は中越地方に入るので今回の記事の調査対象からは外れますが、野々海池を境に野々海峠から大して離れていなかったので寄ってみました。


訪問時は新潟県側が通行止となっており、十日町入りはできませんでしたが(^^;


峠からは先に続く道が見えました。再開通したらいつか走ってみたい道ですね。

ということで、先日の記事と併せてざっとこんなところが「クルマで通れる長野県北部と上越地方の境」のまとめとなります。


妙高高原付近のこういった場所もありますが、ここまで挙げるとキリがないのでこの辺で(^^;

何も無い所ではありますが"キワ"にはなにか寄せられるものがあります(笑)
Posted at 2021/11/23 18:02:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | 旅行/地域
2021年10月03日 イイね!

長野県と新潟県上越地方を跨ぐ国道・県道まとめ

新潟県上越地方は長野県北部や富山県東部と生活圏が一体になっており、県境を跨いだ移動は公私問わず日常的なものとなっています。直江津の海岸から下道でも1時間程南へ行けばもう長野県、西へ1.5時間走ればもう富山県です。

そんな新潟県上越地方と長野県北部。地図を眺めてみると県境を跨いで通っている道路が数多く存在し、その実態を探ってみました。(今回は国道、県道+αの探索です)

国道148号線

「国界橋」という橋で沢を跨ぐ県境。
1995年の「7.11水害」を機に現在の位置に移動。復旧工事中にも犠牲者を出す規模の土石流が発生し、事故の犠牲者を弔うために慰霊碑が建てられています。

新潟県道280号線 長野県道119号線

新潟県側は杉ノ沢地区 長野県側は黒姫高原と両県の行楽地を結ぶ路線に架かる、地震滝(ないのたき)橋という橋で関川を跨ぎます。
名前の由来のひとつは近くにある苗名滝(なえなたき)。

国道18号線

1997年竣工の妙高野尻バイパスを成す「信越大橋」によって県境の関川を跨ぎます。

信越大橋は下から見ると高速道路と見間違えるほどの立派な造り。
橋の上、真ん中あたりに突っ立っているのは県境を示す標識。実際の県境とほぼ狂い無く設置されているようです。

国道18号線旧道

1997年まで国道に指定されていた旧道は、現道のすぐ下流側に現存。一之橋というトラス橋で関川を跨ぎます。
現在は妙高市道、信濃町道となっています。

一之橋わきの駐車場に設置されている看板。
色褪せて見辛いものの、上信越道開通前のものがそのまま残されています。

デリニエーターには「建設省」の文字が残されていました。

新潟・長野県道96号線

一之橋より1本下流側の道路橋「両境橋」で県境を跨ぎます。妙高高原駅にほど近い位置にあります。

橋のすぐそばにはこのような事業所が。

橋から東の方を見てみると、山頂に建物、そしてスキージャンプ台のようなものが確認できます。2000年代前半まで営業していた「妙高パノラマパーク」というスキー場の跡地らしいです。
長野県と新潟県にまたがっていたスキー場でしたが、登記上は長野県のスキー場となっていたそうです。


○長野県道504号線「万坂峠

県境にまたがって広がる斑尾高原の途中にある峠。

切り通しの壁面には、さり気なく県境を示す看板が埋もれていました。

新潟・長野県道97号線

斑尾高原の中を走る県境。

この「斑尾高原ホテル」は地図を見る限り手前の駐車場は新潟県、奥の建物は長野県にあるように見えます。

県境に沿った道路の区間。跨ぐのは結構ありますが、「沿う」というのは珍しいのではないでしょうか。赤線より左側が新潟県、右側が長野県です。

国道292号線

群馬県内には「国道最高地点」がある道路。
新潟-長野県境には雨量制限の案内が書かれ、遮断棒が用意されています。

新潟県側には長沢トンネルが通っています。

○新潟県道412号・長野県道411号線「平丸峠

峠のサミットは長野県内。サミットへの途中に県境があります。
写真をご覧いただいて分かる通り、県境に舗装の切れ目があり管轄が変わることが分かります。

○新潟・長野県道95号線「関田峠

新潟県側には「光ヶ原高原」がある県境の峠。

峠には開通記念碑が建てられています。

信越トレイル」なる、各峠を稜線に沿って結ぶ登山道の入り口があります。2010年頃から順次整備されている登山道らしいです。

○国道403号線「伏野峠

新潟県側からだとキューピットバレイスキー場脇をずっと登っていくと辿り着く峠。国道のくせに前出の県道よりも道幅が狭い典型的な酷道です。

ここにも信越トレイルの登山口があります。

以上が県道以上の長野県と新潟県上越地方の県境です。

○おまけ
他にも何本か林道、市道で県境を越える道があるそうですが、その中の1本をご紹介。
・林道妙高小谷線「乙見山峠

新潟-長野県境を唯一トンネルで貫く道路?
例年7月-11月頃のわずかな期間しか通行することが出来ず、未舗装区間もあり走行できる車種がある程度絞られる道です。

コンクリート吹き付けながら素掘りなのか、表面に凹凸が見られます。

県境を示す標識?は支柱が傾いた上に落ちてしまっています(^^;
ただ、その奥に広がるパノラマは見事なものです。

メインルートである国道148号線、国道18号線は近代的な橋で跨ぐように改良されていますが、他の箇所には道が開拓された頃の名残を感じることができる造りのままのところもありました。そして意外にも林道がトンネルという高規格な造りでの越境というのは面白い発見でした。

他に2、3程クルマで通れる県境があるので、また後日巡ってみたいと思います。
Posted at 2021/10/09 22:09:53 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2021年08月31日 イイね!

消えゆく新潟の風車たち

消えゆく新潟の風車たち何シテル?で投稿した上越市の風車の撤去。

調べてみると新潟県内の他の風車もここ何年かで発電の終了・撤去が進んでいることが分かったのでまとめてみました。いずれも北陸道から見える比較的目立つ施設なので、無くなるとなるとその光景が結構変わることになると思います。

○風の丘風力発電所(柏崎市)

北陸道米山SA付近で見えた風力発電。
2001年発電開始 2020年発電終了 2021年4月撤去

休日割引が適用されないこともあり、しばらく高速を走っていなかったので気づきませんでしたが、2021年4月に撤去されていました

○風力発電1号機(上越市)

上越市直江津港に設置された風力発電。
末期には交換した古い羽根が根元に放置されていた。輸送費の問題?
2001年発電開始 2018年発電終了 2021年8月現存

○風力発電2号機、3号機(上越市)

上越市直江津地区の西側の山地にある三の輪台いこいの広場に設置された2機の風力発電。
2002年、2003年発電開始 2020年発電終了 2021年8月撤去

○うみてらす名立風力発電所(上越市 旧名立町)

道の駅「うみてらす名立」内に設置された風力発電。「平成の大合併」前の名立町によって建設。
2003年発電開始 2020年発電終了 2021年8月現存

○名立風力発電所(上越市 旧名立町)

「シーサイドパーク名立」内に設置された、民間企業による風力発電。シーサイド~は「うみてらす名立」のすぐ近くの山にある公園。
↑の画像内、赤丸付近に2機あったものの、2014年頃?に撤去。また、矢印部分はシーサイドパーク内のオランダ風車の基礎部分。こちらも羽根は撤去されていて遠目からは何か分からなくなっている。
1996年発電開始 ????年発電終了 ????年撤去

○徳合風力発電所(糸魚川市 旧能生町)

国道8号線沿い、うみてらす名立から糸魚川方に進んだ先、糸魚川市徳合地区の切り立った崖の上に設置された風力発電。
どういう訳か柱部分のみを残して撤去
2001年発電開始 ????年発電終了 2013年撤去(2021年9月柱のみ現存)

○能生海洋公園風力発電所(糸魚川市 旧能生町)

道の駅「マリンドリーム能生」内に設置されていた風力発電。
1999年発電開始 2019年発電終了 2019年撤去

いずれの風車もほぼ同じ時期(2000年前後)に設置され、同時に寿命を迎えているようです。交換部品の入手が困難、あるいは売電による収益より維持・修繕費の方がかかるようになってしまったと言った理由が撤去に繋がっているようです。

風力発電は、周辺に遮るものが無い高台こそ効率よく風を得られるので、そういった場所に進んで設置されてきたものと考えられます。しかし、新潟という土地柄、晩秋~初冬にはいわゆる「雪下ろし」と言われる雷が毎年のように落ちます。

記事中で取り上げた風車も、何度も復帰しては雷に撃たれて故障、の繰り返しだったものと考えられます。売電で得られた収益も落雷被害によってパーになるなんて年もあったのでは(;´Д`)
そういったことも含めた20年ほどの経験を踏まえた上での、今回の撤去ラッシュになっているのではないかと思われます。。。

いずれにしても、まだ残っている風車も既に発電を終えているので、近々撤去されると思われます。最後の姿をとどめておきたい方は今の内にドウゾ。

2000年前後に設置された風車は一旦姿を消すことになりますが、今度は洋上風力発電などと言った新たな風車群を建設する話が挙がっています。これまでとはまた違った場所で新潟県内に風車が増える日も来るかもしれません。
しかし落雷対策はどうすんだろ…?
Posted at 2021/08/31 22:49:21 | コメント(1) | トラックバック(0) | 旅行/地域
2021年07月31日 イイね!

【動画】上信越道の休止バス停を巡ってみた

先に書いておきます。誰得情報な動画です(笑)

以前から上信越道には走るたびに気になっていたハコモノがありました。

↑こんなモノです

上越地方に引っ越して調べやすくなったのでちょっくら見て回りました。

写真でもよかったのですが、動画でまとめてみましたので暇な方は見てみてください(笑)

Posted at 2021/08/28 13:20:53 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「動画だとこんな感じです☃
https://youtu.be/8h87NUyQwnE
何シテル?   11/29 14:42
インフラツーリズムを嗜んでいる"インフラツーリスト"です、と書けば何か様になっているように見えますが、要はダム・水路・道路・鉄路などを、気ままに巡っているモノ好...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/12 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

スズキ(純正) SUZUKIエンブレム 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/06/01 12:54:56
スズキ純正 JA11用フロントエンブレム 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/06/01 12:53:07
エーモン サイドビューテープLED 15cm 白 / 2709 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/07/04 07:59:18

愛車一覧

スズキ ハスラー スズキ ハスラー
やっぱMTっていいよね~ 普段の運転では楽しめるし、大雪のときなんかも4WDと相まって ...
スバル インプレッサ スポーツ スバル インプレッサ スポーツ
家族からドライバー頼まれるとコレに乗ってることアリ EyeSightで高速もバイパスも ...
その他 レンタカー その他 レンタカー
ハイドラ用
その他 公共交通機関 その他 公共交通機関
ハイドラでのバス、鉄道利用時向け

過去のブログ

2021年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.