• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

marbo1955の愛車 [フィアット アバルト・124スパイダー]

デイライト(DRLデイタイムランニングライト)活性化 2020/4/6更新

カテゴリ : 外装 > ランプ、レンズ > 自作・加工
目的チューニング・カスタム
作業DIY
難易度★★
作業時間3時間以内
関連フォトアルバムURL https://minkara.carview.co.jp/userid/2788607/album/890337/
作業日 : 2020年04月04日
1
LEDデイライトの活性化です。
ライトは純正で装備されているので配線の加工で生き返らせます。
2
フロント前部のタイヤハウスの上部の内張カバーのクリップ(下半分くらい)を外して半分開き、アンダーカバー(左右)のクリップとボルトを外してアンダーカバーを取り外すとヘッドランプのコネクターに下からアクセス出来ます。
少々狭いですが、潜り込めばジャッキアップ無しで作業出来ます。
3
まずは右側。
緑色のコードがデイライト。
白黒のコードが共通のマイナスです。
4
緑色のコードからデイライトのプラス電源を分岐します。
5
白黒コードからマイナス電源を分岐します。
アースは通っているのでここは省略可ですが、何せA型なもので。
6
左側からはさらにポジション(スモール)の電源(白コード)からも分岐します。
ポジションは左右どちらから取っても構いませんが、左側がバッテリーに近いので配線が短くて容易です。
7
エーモンのエンジンON-OFFユニットと4極リレー&5極リレーを組み合わせて配線をします。
スモール電流オンでデイライトが減光するようにBのラインに整流ダーオードと抵抗(1W、75オーム)を組み込んで結線します。
逆流防止のためAのラインにも整流ダイオードを入れておきます。

尚、分岐ターミナルを使ったのは、出口が4つあるので、後でLEDを2本追加する事が出来るからです(たぶんやらないけど)。なので必要なければギボシ等での分岐で構いません。
8
エンジンオンでデイライトが点灯。
スモール&ヘッドライトオンでデイライトが減光します。
減光の加減はもう少し抵抗値を下げてもいいかなという感じですが、さじ加減が難しいので、この状態でいいのかなと!
新保安基準ではデイライトの明るさは400カンデラ以上〜1440カンデラです。
減光時に300カンデラ以下になれば車幅灯扱いになるので、デイライトは消灯してスモールランプ(4箇所までOK)が点灯という解釈になり、保安基準はクリアします。

また、5極リレーを入れないで、4極リレーを介して直結(常時点灯)にして、車検時対応用にスイッチでオンオフにすればより簡単に設置できます。
この辺りはお好みで。
フォトアルバムの写真
配線完了時の写真を載せ忘れてました。 リレーや余 ...

関連パーツレビュー

イイね!0件




タグ

関連コンテンツ( デイライト/DRL/124スパイダー の関連コンテンツ )

関連整備ピックアップ

LEDデイライト&シーケンシャルウインカー

難易度:

124スパイダー シーケンシャルウインカーに交換

難易度:

ハイマウントストップランプ交換

難易度:

前後ウインカーのLED化

難易度:

ユアーズ LEDデイライトユニット

難易度:

サイドマーカー交換

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

2020年4月5日 10:24
掲載有り難うございます❗
待ってました(^^)
コメントへの返答
2020年4月6日 20:26
トラブル回避のため、部品の追加と配線の変更を追加で投稿しましたので、ご確認ください。
2020年4月8日 15:03
貴重な情報ありがとうございます😺

私も早速施工してみます(*´∇`*)
2020年4月11日 9:47
詳細を掲載頂き感謝致します。
にゃんつぁーさんの
室内引き込みの記事も参考に
させていただき、
助手席側のFUSEBOXからの
電源確保もありかなぁと
思っています。
DRLは大電流では無いと
思いますので。。。

最近乗らずに放置することが
多いので、エンジン連動ユニット
ですと、電圧降下が心配です。
いづれにしても
今は単車の整備で手一杯ですので、
ちょっと先になると思います
コメントへの返答
2020年4月11日 14:22
自分が投稿している回路では、エンジン連動オンオフユニットは4極リレーに電流を送るだけなので、バッテリーへの負担はほとんどありません。本体のコードの太さも0.3sqの細い線なので電圧降下を起こすようなものではない事がわかります。
全体の消費電力は、4極リレーと5極リレーそれぞれ150mA、純正装備のDRLもおそらく左右で500〜800mAくらいと思われますので、全部合わせても1Aちょいなので大した事はありません。
わざわざ車内引き込みする必要は全くなく、バッテリー直結が一番安全です。
ヒューズから電源を取ると、万一のショート時にそのヒューズ元の回路が同時にダメージを受ける可能性があります。BCM(ボディコントロールモジュール)に繋がっている可能性が高いので、最近のコンピューター制御の車では致命的なことになりかねません。
投稿している回路は、エーモンの技術担当者にも確認をとっていますので問題はないと思います。
2020年4月11日 18:38
ご説明有り難うございます。
エンジン連動センサーを使わない
方法をゆっくり考えてみます。
コメントへの返答
2020年4月12日 8:19
エンジン連動ユニットを使わないのでのあれば、やはり助手席側のヒューズからとるのがいいと思います。
6番と7番がエンジンスタートボタン1回押しでONになるACC電源です。
前の返答にも書きましたが、エンジンルームのヒューズは危険なので、室内のヒューズからが確実です。
2020年4月12日 11:10
そのACCをDRY接点にしてバッ直ですね。
有り難うございます❗

プロフィール

「[整備] #アバルト124スパイダー エアコン外気取り入れ口フィルター取り付け https://minkara.carview.co.jp/userid/2788607/car/2906400/5992616/note.aspx
何シテル?   09/06 14:09
marbo1955です。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

愛車一覧

シボレー サバーバン シボレー サバーバン
2016サバーバンに乗っています。
ダッジ マグナム ダッジ マグナム
ダッジマグナムに乗っています。 以前から所有していたのですが、みんカラに投稿していなかっ ...
フィアット アバルト・124スパイダー フィアット アバルト・124スパイダー
NA6CEロードスターM2-1002(100台限定生産)からの乗り換えです。
マツダ ロードスター マツダ ロードスター
25年所有していたロードスターM2−1002です。 アバルト124スパイダーの購入を機 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.