• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

アオイ団長のブログ一覧

2018年11月04日 イイね!

ジャイロキャノピー(08)_バスケット、グリップ、エアクリーナつける!


はいどうも。小太りのおじさんです。

前回までに、駆動系のメンテとリアボックスの取付が完了したので、一段落したのですが、どうしてもつけたいものがあって作業をしました。

①インナーバスケット(前カゴ)
 ちょっとした荷物を入れるのに便利なので、買ってしまいました♪

②ハンドルグリップ
 もう、つるつる滑ってあぶないんで。

③エアクリーナボックス(純正)
 パワーフィルターちょっとうるさいw

グリップはアマゾンの格安品。バスケットは純正品ですが、アマゾンで安く買えたので♪
alt

①んじゃグリップ付けます。安かったですでが、ジャイロに取り付けたレビューがあったので、これにしました。
alt
今の状態。純正品って、もともと細めで握りにくいのですが、経年劣化でつるつるテカテカw 滑ってあぶないので、どうせなら太目で柔らかいグリップにしたいと思ってました。
alt
外すのは簡単。ざっくり切ってやれば良いんですが、こびりついてるグリップボンドをナイフ等でそぎ落として、掃除しておきます。と、ここで左側のバーエンドにネジが切られていることを発見。なんだろな?右側には無かったような気がするんですが。まあどうせ非貫通式のグリップなので、気にせず組付けます。
グリップボンドを薄めに塗って、グリップ内部にパーツクリーナーを吹き付けて、一気にねじ込む!!

alt
ほいできた!いいねえ♪いい感じだねえ♪柔らかめのグリップで握りやすい♪

②さあ、バスケット付けます。
ていうかね、取付の説明書がありませんw なんで?安かったから?w
まあ、なんとなくは分かるんですが間違っちゃいけないので、ネットで取付方法探してみます。
alt
うは、これだけしか見つからなかった。
取付は左右合計6カ所なんだけど、一番上は既存のネジ位置でインナーパネルと車体へ共締め。残りはインナーに穴をあけてそこに組付けって感じですね。

alt
はい、使い方がわかりませんwww 結局、上図のフランジとワッシャっぽいのは使わず、付属のボルトナットに手持ちのナット、ワッシャを追加して、インナーパネルを外してから先にバスケットを組付け、最後に一番上のボルトで共締めする、という方法にしました。

alt
まずはバスケットを仮組して穴あけ位置をマーキング、インナーパネルを外して6mmドリルで穴あけします。
インナーパネルへの組み付けですが、フランジボルトがないため樹脂パネルを挟み込む形になるので、ダブルナットで固定するようにします。こうすれば、樹脂パネルが経時変化でクリープしても、ナットが外れる心配はありません。

alt
一番上は少しスキが出る形になるので、付属のカラーを挟みます。ちょっとカラーだけではスキが埋まらなかったので、手持ちのワッシャを適当に追加してはさみます。

alt
うぇーい完成♪ っと、インナーパネル中央部のボルトも忘れないように組付けます。

うん、いいかんじですねー。積載能力がまた一段と向上しました。

③さて、最後はエアクリーナボックス(純正)。
もともと購入時はパワーフィルターが付いてたのですが、クランクケースの吸気口が解放されてたり、吸気音が意外とうるさかったりして、純正のエアクリーナに戻すことに決めました。

alt
エアクリーナボックスはエンジンユニットに直マウントなので、サブフレームなしでOKです。サブフレームもそれなりに重たいので、できればつけたくないです。

alt
TA02の後期型、排ガス対策モデルは、キャブへの吸気口がボックスにつながってます(左写真中央のやつ)。組み方がわからなかったので、パーツリストを参考にして適当に組みます。ここで、チューブが千切れてたので、汎用の燃料ホースで代用します。
そして、フィルターは汎用の20mm厚のシートを切り出して使います。ヤフオクで何種類か買いましたが、ハズレもありましたw 

alt
そして、パワーフィルター用にキャブのメインジェットを前のオーナーさんが調整しているとのことだったので、純正エアクリーナーに変えて吸気量がネックになるのを懸念し、ボックスの吸気口面積を増やします。何をおもったか、ホールソーでガンガン穴あけしたのですが、すぐに大後悔します。

alt
いやあ、何というかその、、、不細工やわwww かっこわるいwww 
正直、キャブレターのインティークが一番のボトルネックなんやから、それより大き目の穴があれば十分じゃないか?ということに気が付きまして、、、

てか、これでは雨水とか入り放題ですよね。メッシュネットを内貼りするとか、ちょっと対策考えます。

それともう一つ。ジェネレーターカバーも掃除しようと思って外したんですが、、、
alt
ふぁ?!なにこれ?!?!
なんか、ゴミ屑みたいなのが詰まってますw なんでこんなとこに、、、、

カバー内にそれっぽいスペースがあったので、もしかしたらフィルターか何かかな?とおもってパーツリストで確認してみましたが、そんなものはありませんでした。

ファンの向きからして、ドライブベルトのある駆動スペースから吸い込まれる方向なので、もしかしたら摩耗したベルトの繊維とかが吸い込まれて堆積したのかも?

いやあびっくりしました。

試走して、大きなフィーリングの変化はなかったので、とりあえず完了です。ただ、エアクリーナボックスは穴だらけでみっともないので、近々、何か対策考えます。

でわでわ~

Posted at 2018/11/04 22:37:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | ジャイロキャノピー | 日記
2018年10月30日 イイね!

ジャイロキャノピー(07)_デリバリーボックスをつけるぜ。


はいどうも。小太りのおじさんです。

ジャイロくん、ようやく駆動系がリフレッシュできたので、念願のデリバリーボックスを取り付けたいと思います。

と、その前に、デッキ周りの外装を外して、掃除もしたいと思います。
alt
リアデッキ、背面パネルを外したところ。デッキは井桁のフレーム、背面パネルのフレームの上部にルーフピラーが固定されています。エアブローとワイヤーブラシ、パーツクリーナーで磨きます。右写真中央にある小さなボックスがレギュレーターですが、めっちゃ粉を吹いていたので、こちらも磨きます。

alt
オイルタンクと燃料タンク。以前、シートを外した際にも見ましたが、漏れたオイルが長期間放置されていたためか、燃料タンクの塗装が浮いて、剥がれてしまいました。一応掃除しましたが、このままではすぐにサビそうなので、早めにタンクのメンテをしなきゃ。

あと、オイルタンクも外して掃除したいけど、どうも燃料タンクを外さないと取り外せそうにありません。こちらも燃料タンクのメンテに合わせて掃除したいと思います。

さて、一通り掃除したのでデッキをくみ上げてボックスを載せます。
ていうか、、、、、あれ???

alt
ピラーが曲がってるうううう!!!!

今まで気が付かなかった。。。。。 これっておそらく転倒とかでピラーが曲がってしまったんだとおもうけど。

alt
ピラーを外してみてみると、根っこから曲がってますねw どうやって矯正しようかと思案しましたが、これがなかなか固くて人力では厳しいです。

そこで一計。

// こういう状態だったので、ハの字になるように向かって右側のピラーの内外をひっくり返し、上端を開くように矯正しました。完全には元に戻ってませんが、なんとなく直ったように思います。

alt
完成しました♪

いやー、ようやくジャイロ本来のスタイルになった気がします。これで荷物も十分な量が運べますが、パッキンが劣化してるので、できれば交換したいですねー。

でも、こうしてみてみると、白黒パンダ、牛乳屋さんのバイクみたいですねw

でわでわ~

Posted at 2018/10/30 19:22:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | ジャイロキャノピー | 日記
2018年10月29日 イイね!

ジャイロキャノピー(06)_駆動系のメンテ②


はいどうも。小太りのおじさんです。

前回からの引き続きで、いろいろ購入品が届いたので、駆動系のメンテを進めます。

まずはクランクシャフトのネジ修復から。
alt
M12の1.25ピッチのダイスはセットものではなく、単品でしか売っません。また、普通は専用のダイスホルダーがありますが、汎用の6角ソケット(24mm)で回せるようになってます。使ってみてわかりましたが、こちらの方が汎用のハンドル、ラチェットが使えるのでとっても便利です。慎重に少しづつ、ダイスでネジを修正していきます。

alt
錆びて腐食したフェースが修復できなかったので、クラッチ一式、購入しました。社外品の純正互換ですが、外観はほぼおなじ、フェース裏の溶接がMIGでモリモリになってくらい。あと、説明書にセンタースプリングが若干強化されている、とあったので、一応分解して確認してみました。

alt
バネの巻き数、線径、コイル系は全く同じですが、自由長が若干異なります。少し長いのでちょっと強めみたいですね。センタースプリングが強いと最高速が出にくくなるので、このスプリングだけは旧品を使います。

alt
ドライブ側のプーリーです。こちらも新品を購入しましたが、社外の純正互換品です。凹みもなくてきれいです。

alt
ドライブベルトも交換、駆動系を一新しました。組み付けにはちょっと手間取りました。クラッチ側のフェースを開いてベルトを落とし込むのが難しかったです。市販のプーリー圧縮クランプがあればラクなんだけどなあ。
この状態でセルモーターのギアも噛まないし、キックもかからないのでエンジン掛けられません。いったんケースを閉じて、エンジンをかけてみることにします。

alt
そのまえに。ケースのベアリングを交換します。予習した通り、ベアリングの周辺をバーナーで炙って温めて、外し易くします。ジャイロはスナップリングが抜け止めになっているので、まずはそれを外し、大き目のラチェットソケットを使って叩き出します。組付けは逆手順でベアリングを叩き込みます。丁度よい大きさのソケットがなかったので、アウター側を少しづつ叩いてはめ込みます。裏からチェックして、スキマなくセットされたのを確認します。
大きさのぴったり合うソケットを買いますかね。

alt
ついでにブレーキレバーの掃除もしておきます。錆を落として、グリスアップして、再組立てします。汚れて見えにくかったですが、ちゃんと位置合わせのマーキングがありました。結果的にはキー溝もついていたので、組付けに間違うことはなかったですね。

alt
キックギアをケースに組付けます。こちらも位置合わせのマーキングがありますが、中間ギアに山をつぶしている位置があり、それと最終ギアとの位置で、キックの戻り位置が決まります。位置を間違えるとキックが下りなくなるので、写真の位置で組み上がるようにしましょう。キックギアが完全に戻ってケース内部に当たってはダメです。

alt
ケースを組付け、キックペダルを仮組みして、エンジンがかかるか確認します。
ここで失敗がww エンジンがかかって、車軸がちゃんと回転するかアクセル煽ってみましたが、全然動かず。めっちゃ焦って考えて、ケースもも一回かけて確認してみましたが、クラッチケース自体もまったく動かず軽くパニックw 
しばらく途方にくれましたが、ふっと、

「もしかしてパーキングロックか??」

うへえ。そのとおり。ジャイロならではの機構ですからねw ていうか、クラッチ外すのにユニバーサルホルダーをかったけど、パーキングロック使えば普通に外せたよね、、、、

はい。引き続き組み付け作業を。
alt
プラグコードとオートチョークの配線の一部が向けてしまっていたので、100均のスパイラルチューブで保護します。
どうせ完全に防水シールとかできないので、こんなもんでいいと思います。

alt
排ガス浄化装置をつなぎます。前回外した際に、パイプ内からごっそり錆やカーボンの塊が出てきたので、しっかり掃除します。リードバルブのようなものも途中にあったので、それも分解清掃します。ていうか、今一つ、この機構の意味が良くわかりませんね、、、
そして、車体への取付に、サブフレームを介して組み付けられていたのですが、サブフレーム自体が役に立ってないし、走行中にビビり音が出てるので、これを機に外します。と、スキマが出来ちゃうので、市販のスペーサーを挟んで組付けます。

ふう、lこれで一通り、駆動系のリフレッシュが完了しました。
alt

割とすっきりしました。クラッチ/アクセルワイヤーのとりまわしも変更して、スムーズにしたおかげでアクセルも軽くなりました。外装のカバーを付ける予定ですが、小まめにメンテするならこのままでもいいような気がしてきました。

さっそく試走してみましたが、これまではクラッチの滑り感があり、最高速が40km位がやっとだったけど、スムーズな加速をするようになり、最高速も55km位でるようになりました。ほかにも吹け上がった時のモタツキ感も解消されました。これは排ガス浄化装置とキャブのメンテが効いたのかと思います。

ともあれ、ようやく普通に走れるようになったので、安心しました。後は排気音がちょっとうるさいので、マフラーとサイレンサーのメンテをしたいと思いますが、その前に調達したデリバリーボックスの取付をしたいと思います。

でわでわ~。

Posted at 2018/10/29 22:20:16 | コメント(0) | トラックバック(0) | ジャイロキャノピー | 日記
2018年10月21日 イイね!

ジャイロキャノピー(05)_駆動系のメンテ①



はいどうも。小太りのおじさんです。

今回はジャイロの駆動系をメンテしようと思いましたが、結論としては想定外のトラブルが続き、完了しませんでした。作業が来週以降に持ち越しになるため、その①としてまとめます。

購入当初より、駆動系には不安があり、メンテしたいと思ってました。どうも、クラッチかベルトが滑っているような感じで、エンジンはまわってるのに、最高速の伸びが悪い。乗りだしのとき、ちょっとバックすると引きずるような感覚がある。出だしのアクセルが一定以上でかっくんとつながる。などなど。

一応、、消耗品として、ベルトとウェイトローラー、ケースのガスケットを事前に買いました。
alt
ベルトはパーツリストの純正品番で探してたらなかなか見つからず、色々調べるとその後のモデルの共用品という形になってたみたいです。

alt
さっくりとジャッキアップして、左後輪を外します。インパクトレンチがあると便利ね~♪ ジャイロの場合ケースカバー外すのにキャブ周りのいろんな部品を外さないといけないので、ちょっと面倒。何がどこについていたか、どのネジか、写真を撮りながら作業を進めます。
alt
絶対、キックペダルの角度とか、迷いそうwww ベルト駆動の原付は初めての経験なので、事前に動画とかで勉強してましたが、いやあ、何がどこに何のためについてるのか、良くわからないなあ。エキパイからケースにつながってるホースもあるし。調べたら後期型だけらしいけど、他の原チャリとかにもあるのかなあ。

キャブは外さなくてもよさそうだけど、どうせあとでメンテしようとおもってるので、邪魔なラインは外していきます。とりあえず、燃料ラインを止めないと、、、、って、燃料コックはどこだ?w
alt
いろいろ探したらシート下にありました。とりあえずリザーブ位置はなさそうで、ONとOFFのみのようです。

alt
はい、早速不思議現象がw 燃料ホースと2stオイルホースを束ねて止めてるブラケットですが、なぜかケースにカラー付きのフランジボルトで止められてました。これって、樹脂部品の外装やタンクとかを固定するためのボルトですが、なぜにこれがここに、、、、 このジャイロはもともとリアフェンダーが外されてましたが、そのボルトとごっちゃになったんでしょうねー。

alt
はい、さらに不思議現象がww ケースカバーを固定してるボルト類が何本かなかったのですが、ほかにも違うボルトが刺さってたり、明らかに入れ替わってたり、、、、前のオーナーさん、超絶いい加減なことしてるなあ。一応、全てどこにどのボルトか、わかるようにしておきます。

alt
こんな感じ。M6の8mm頭、首下は28、35、40mmの3種類みたいですね。足りないボルトはホムセンに買いに行きましたが、M6で8mm頭ってのがそもそもない!特殊な部類になるんだろうなあ。ということで、10mm頭では外しにくくなるので、6角のキャップボルトにしました。

さて、カバーを外します。どきどきw
alt
なんじゃこりゃああああああ!!!!!!!アスベストみたいにびっしりと何かがああああ!!!
って、削れたベルトでしょうが、それにしてもひどい。前のオーナーさん、ベルトやウェイトローラーの交換したとか言ってたけど、、、、、普通か?普通なのかこれは。
alt
うーん、エンジン側内部もひどいね。なんか車軸もめっちゃ錆びてるし。とりあえず、エアでできるだけゴミをブッ飛ばします。

alt
掃除中に外れました。キックペダルの軸受けにスリーブが入ってました。お隣は中間ギアの軸受けですが、こちらはスリーブなしです。組み付けるときはパーツリストで確認しながら組み付けるようにします。

alt
カバー内側もエアーで飛ばしますが、その時は気が付かなかったのですが、ブラシでこすると、キックギアと中間ギアとの位置合わせがありました。

alt
そしてエキゾーストにつながるパイプを外してみると、がさっとゴミが出てきました。錆のような、カーボンのような、、、両方でしょうねw

alt
キックギアを外していきますが、軸受けのスリーブやワッシャ類があります。組むときに忘れないように。この三つのギアは錆びもそこそこあったので、クエン酸でサビ落としをして、いつもの亜鉛メッキをしてやりました。

alt
歯車部分、軸の根元などはメッキが付きにくいので、電極との位置を調整しながらメッキしていきます。ここから磨けはピカピカになりますが、まあ、見えないとこだし、キック用なんでこのまま組みます。

さて、外した他の駆動系部品をみていきますかねー。
alt
うわあ。削れてるとは思ったけど見た目でここまで減ってるとは、、、、新品と比較すると、幅の減少やゴムのヒビワレとか、もうダメですね。ドライブ側はどうかなー?

alt
むう、ローラーは割れてはないけど、全て片べりしてるし、プーリーは可動側は面がめっちゃ凹んでるし、、、
一応、固定側のプーリーは鉄製なので、そんなに凹みはないみたい。磨いて再利用しますが、ローラーと可動側は交換したほうがよさそうです。

そして今回の大惨事w ドリブン側(クラッチ)ですが、分解するとえらいことにw
alt
うわあ、グリス?ダスト?サビ? がっさがさのガビガビのべとべと、、、

alt
クラッチプレートもがさがさだったので磨いてみると、、、クラッチシューが無いーーー!
alt
スライド溝がえぐれてるうううーーー!!!なんじゃこりゃあああああ!!alt
めっちゃ錆びてるうううううう!!!磨いてもえぐれてるうううう!!!!(反対側も同じw半狂乱www)
ベルトが異常に摩耗してたのは、フェースのサビで削れたんでしょうね。

とりあえず、ケースは磨いてはみてみたものの。。。。alt

alt
ワイヤーブラシでごしごしと。疲れましたw
alt
ケース内部は車軸周辺が特に腐食がひどく、これ以上は無理。

何故ここだけひどいのか考えてみましたが、おそらく、前のオーナーさんがエアクリーナをパワーフィルター化したとき、本来エアクリーナボックスにつながっているホース(図示)を開放したまま放置したため、そこから水が浸入し、周辺内部の腐食がすすみ、さらに、ドリブン側をサビサビにしてしまったのではないかと思います。んで、嫌な予感がしましたが、車軸のベアリングを見てみると、がガタガタになってました。まあ、そうでしょうね。バックしたときの引きずり感はこれが原因なのかもしれません。反対側のベアリングも推して知るべしですね。

そしてもう一つ、衝撃の事実が。

とりあえず通勤に必要なので、新品部品の交換はせず、現状で再組立てしようとおもったら、、ドライブシャフトにプーリーを固定するナットが固くて組み付けれない。どうも少しネジ山がつぶれてるみたい。

ただ、外すことはできたんだからと思って、そのままインパクトで組み付けると、、、、あれ?プーリーがぐらぐら、、、

組付けできてないーーー! ナットが途中でとまってるううううう!!!!(顔面蒼白)
これって、、、、クランクシャフトだよね、、、、とりあえず、も一回インパクトで外します。ガガガガガガガガ カコッ!はずれた!!!

うわあ、ナットのネジ山がつぶれてる、、、、 シャフト側は、、、、、、ちょっとだけ潰れてる。なんでだよー、組み付ける前にワイヤーブラシで磨いて、パーツクリーナー吹き付けたじゃーん。 てか、もともとちょっとネジ山潰れてて、それを無理やり組み付けてたのかも。

ふうー、やっちまった。とりあえず、全部舐めてるわけじゃないので、タップダイスでネジ山立て直せばなんとかなるかな。って、これ、調べたらM12なんだけど、ピッチが1.25。手持ちのタップダイスがない!!!

はい。今日の作業はここまでです。もうおいらのライフはゼロです。

えー、買うものは、プーリー、ドリブンAssy、M12P1.25タップダイス、ベアリングね。ぽちぽちっと。

それにしても、前のオーナーさん、駆動系のメンテや、エンジンもクランク交換したとか言ってたのに、ちょっとあまりにもアレだなあ。まあ、色々できて勉強になりますけどね。

さて、部品が来たら来週また続きやります。今日はマフラーとかのメンテもしようと思ってましたが、もう疲れましたw

でわでわ~

Posted at 2018/10/21 22:43:57 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年10月16日 イイね!

ジャイロキャノピー(04)_ワイドバイザーを付ける!他


はいどうも。小太りのおじさんです。

通勤スペシャルとして購入したジャイロくん。色々と整備が必要なところはたくさんありますが、まずは雨の日も快適に通勤できるように、ワイドバイザーとレッグガードを増設したいと思います。

ノーマルでもキャノピーのおかげで雨通勤は快適ですが、やはり肩口とか袖とかが濡れちゃうのと、足元が泥はねで濡れるので、何とかしたいと思いまして。

alt
いろいろ調べると、カスタムパーツ専門店とかの部品でお手頃なのがありました。さすがに中古パーツは殆どで回ってないのを見ると、まあ、消耗品なんでしょうね。両方で、ヤフオクショップ入手、2万円弱でした。上のレッグガードの方が値段が高かったです。FRPパーツだからなんでしょうかね。

さて、取付にかかります。まずはワイドバイザーから。
alt
まずはフロントスクリーンのウェザーストリップ(縁ゴム)を外します。すると上記のように板金のクリップがいくつかカシメられているので、マイナスドライバーで丁寧に広げて外します。無理にこじるとキズが付くし、ポリカパネルも割れてしまいますので注意しましょうね。外れたらついでに掃除しましょうw コケみたいなのがこびりついてますねw

alt
バイザーの取付説明書が付属されてますが、、、まあ、よくわかりません。劣化コピーを重ねたようで、かろうじて文字は読めますが、写真とかがぜんぜんわからん。ということで、ようつべでレビュー動画とかを探して、なんとなくつけ方を調べました。
まずはルーフとスクリーンをつないでるボルトの両端を外します。ここで、ルーフ延長部とスクリーン延長部とを友締めするので、付属の長ビスに交換する必要があります。

alt
まずはさくっとルーフ延長部を取り付けます。上述のビスを仮止めして、ルーフの形に倣わせて、ルーフ側に穴をあけていきます。
この作業は一人ではちょっと難しかったので、自分がルーフ延長部を抑えながら、嫁さんにマーキングしてもらいました。6mmドリルで穴をあけていき、付属のボルトナットで組付けます。うむ、こう見るとルーフの幅が1.5倍以上になった感じですね^^

同様にして友締めの部分を起点に、スクリーン延長部を組み付けていきます。
ここで注意点ですが、スクリーンの素材はポリカ(ポリカーボネイト)で、非常に固い。加えて20年近く前のバイクなので、樹脂の劣化、脆化(もろくなる)もありますから、ドリルによる穴あけ作業で割れる可能性が高いです。
(実際、穴あけしてスクリーンを割ってしまった動画をみました)

慎重に、回転数を落としてゆっくりと穴あけしていきます。

alt
ルーフとスクリーンの延長部をつなぐ穴が開いてますが、これまたつかないww 仕方ないので、穴をあけ直して、つなぎました。

alt
付属のウェザーストリップを取り付けて、完了です。うん、こう見るといい感じですね。スクリーンの延長部のつなぎ目も、それほど気になりません。

引き続き、レッグガードの取付にかかります。
alt
「白色ゲルコート仕上げ」を買ったのですが、裏側はFRP素地のままでした。FRPパーツってこんなもんですかね?エアロパーツみたいに、裏側が見えない部品なら素地のままでもいいかと思いますが、これってばっちり裏側も装着時に見えるので、裏側も仕上げてほしいもんです。とりあえず、機能優先ということで、このまま組付けます。車体の塗装の際に、併せて仕上げようかな。

alt
こちらの組み付けは簡単。ウインカー横のプロテクタと、足元のサイドプロテクタの位置で友締めしてやります。ウインカー横は付属のボルトに組み替えます。

組付けは簡単でしたが、プロテクタの取り外しに手間取りました。特にウインカー横はドライバーネジでしたが、サビで固着してしまっていて、外すのに一苦労。普通に外したのでは舐めてしまいそうだったので、内装を外して、内側からCRCを吹き付けてしばらく放置。貫通ドライバーで叩きながらようやく外せました。こういう時はショックドライバー?が欲しくなりますねw

また、足元のプロテクターは六角のキャップボルトだったので、舐めることはなかったですが、こちらもそこそこ錆びついていて、タップを切り直しての組み付けとなりました。

古い車両はこういうチョコチョコしたメンテが必要になるので、スムーズな作業はむずかしいですねー。まあ、そこが面白いんですがねw

alt
というわけで取付完了。車体色は前のオーナーさんの自家塗装で黒ですが、いずれ白系に塗り直そうとおもって、白のレッグガードを買いましたが、そんなに違和感ないですねー。 フェンダーの白色とも相まって、なんだがパンダカラーみたいw 嫁には「牛みたいw ホルスタインカラーやねw」と言われましてw 車体色を何色にするか決めかねてますが、このまま白黒パンダ、もしくは牛乳配達仕様にしても面白そうですねー♪

さてさて。外装を色々外したので、ついでに外装のメンテもして行きたいと思います。

まずはこれ。
alt
メーターパネル。紫外線でカサカサになっていたので、バーナーで炙ります。表面だけさっと溶かす、ってイメージですね。左半分が加工前、右半分が加工後です。この方法は、焼きムラがどうしても出てしまいますが、表面状態が改善できます。あまりバーナーで焼きすぎると、本当に溶けてしまいますし、その前に表面が焦げてカリカリになってしまうので、慎重にゆっくりやりましょう。

次はこれ。
alt
ルーフ支柱の中央部にある連結部のパーツです。こちらもバーナーで炙って表面を整えます。こいつはもう一作業手間をかけます。

alt
裏側の固定ボスが折れて、部品がグラグラしていたので、ホットボンドで補修しておきます。

さて次は。フロントインナーカウル。
alt
作業途中の写真ですが、凹凸のある部品は、凹部分が入熱しにくいため、まずは凹角を狙って炙ります。その後、区切られた面単位で炙っていきます。こう見ると、メーターパネルよりも劣化具合がはっきりわかりますね。

alt
完成!やはり大きな部品では焼きムラがどうしても出てしまいますが、カサカサした前の状態よりは良くなりました。手触りが全然違います。内装部も塗り直す予定なので、まずはこれで良しとします。


そして今回の失敗ですが。
alt
やってしまいました。ルーフもカサカサしてたので、直そうと思って焼いたのですが、材質がAESだったので、焼いたら白化してしまいました。。。。。 うはあ、PP以外ではこんなんなっちゃうんですね。目立たないとこでよかったけど、これからは材質を確認してからやるようにします。とりあえず、ルーフはシリコンオイルをぶっかけて塗り混んでおきます。

とりあえず外装パーツのメンテはこのくらいにして、次は駆動系のメンテに進みたいと思います。どうにもクラッチが滑ってたり、出足が鈍かったりしているので、どんな状態か見てみないと。

でわでわ~

Posted at 2018/10/16 22:38:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | ジャイロキャノピー | 日記

プロフィール

「KSR(30) キャブ再メンテ、他 http://cvw.jp/b/2871924/41668697/
何シテル?   06/30 21:20
ヤマハ:ドラスタ400に乗ってますが、オフロードとバイク整備を楽しみたくて、以前から欲しかったKSR2を中古購入。バイク整備初心者が頑張りたいと思います。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

コラム ~全波整流化・・・って何?~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/04 03:52:29
自作オーバーフェンダー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/25 20:47:42
75cc化 ロングクランク&48ミリピストン 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/25 17:22:49

ファン

1 人のファンがいます

愛車一覧

ヤマハ ドラッグスター400 ヤマハ ドラッグスター400
2013年8月に、走行距離:14,394kmで中古で買ったドラッグスター400。前のオー ...
カワサキ KSR-II カワサキ KSR-II
2017年10月、ヤフオクにてカワサキ KSR-IIを中古入手しました。96年(B5)式 ...
ホンダ ジャイロ キャノピー ホンダ ジャイロ キャノピー
2018.09.24:ヤフオクにて購入。走行距離はメーター読みで67854km、ただし交 ...
ダイハツ タント ダイハツ タント
2014年7月に新車で購入。車の所有はこれ1台のみだったが、嫁の通勤用として使ってるため ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.