• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ディーゼルオート店のブログ一覧

2018年04月23日 イイね!

「へ」が使われない衝撃の理由

「へ」が使われない衝撃の理由車のナンバーに「へ」が使われない衝撃の理由
2018年4月8日 18時15分 All About

写真・

車のナンバープレートには、数字や地名だけではなくて、平仮名が一文字書かれています。

実は、平仮名の中にも意味があるものがあって、たとえば「わ」。これはレンタカーだけに使われる平仮名なのです。沖縄では、案外「わ」を見かけることが多いのですが、それだけレンタカーがたくさん走っているということですね。もし「わ」が埋まってしまったら、次は「れ」を使うそうです。逆になかなか目にする機会がないであろう「よ」は、米軍の退役軍人の車につけられているのだそう。

事業用として登録すると「あいうえかきくけこを」のいずれか、自家用車の場合には「さすせそたちつてとなにぬねのはひふほまみむめもやゆらりるろ」になります。

さて、平仮名の中では使われていないものが4文字あります。

まずは「お」です。これは「あ」に形が似ているので、間違いやすいという理由。「し」は、「死」を連想させて縁起が悪いということで使われていません。さらに「ん」。たとえばデパートなどで車の移動の連絡をしたときに発音しにくいことが理由のひとつになっています。そして最後が「へ」。

実は、この理由がなかなかおもしろくて、なんと「屁」をイメージさせるからなのです。つまり「おなら」ですね。確かに「おなら」は不適切な感じはしますが、それだけの理由で「へ」が使われていないなんて、想像できないですよね。だからこそ、ちょっとしたときの話題にもってこいのような気がします。
(文:川崎 さちえ)

livedoor NEWS

ネットオークション
川崎 さちえ

ネットオークション暦12年。NHK「あさイチ」や日テレ「あのニュースで得する人損する人」などに出演し、経験に基づいた実践型のオークションの魅力を伝えている。


≪くだめぎ?≫
 事業用として登録・・・「あいうえかきくけこを」
 自家用車の場合・・・「さすせそたちつてとなにぬねのはひふほまみむめもやゆらりるろ」

「へぇ~」としか言えない・・。
Posted at 2018/04/23 07:42:19 | コメント(1) | トラックバック(0) | 車全般 | クルマ
2018年02月20日 イイね!

全チャンネルで販売「トヨタの販売力をフルに生かす」『ルーミー/タンク』

全チャンネルで販売「トヨタの販売力をフルに生かす」『ルーミー/タンク』2016年11月9日(水) 18時00分
【トヨタ ルーミー/タンク】全チャンネルで販売「トヨタの販売力をフルに生かす」

《撮影 小松哲也》トヨタ自動車 ルーミー/タンク

トヨタ自動車は11月9日、コンパクトカーサイズのハイト2ボックス車を子会社のダイハツ工業からOEM調達し、『ルーミー/タンク』のモデル名で発売した。価格は146万3400~200万8800円。それぞれ月3750台の販売を計画している。

トヨタ自動車で国内販売事業本部長を務める佐藤康彦常務役員は同日都内で開いた発表会で「品格と艶やかさを備えたくつろぎスモール、ルーミーをトヨタ店、カローラ店で、またダイナミックさとアグレッシブさを表現したこだわりスモール、タンクをトヨペット店、ネッツ店で扱うこととした。ルーミー/タンクには標準グレードに加えて、意匠の異なるカスタムグレードを用意し、豊富なラインアップの中から様々な志向、こだわりを持つお客様にお気に入りの1台を選んで頂けるものと考えている」と紹介した。

トヨタがダイハツ車をすべての販売店で取り扱うのは今回が初めて。全チャンネルで販売する背景について佐藤常務は「トヨタとしてはトール系の小さな車のマーケットは大変、規模的に大きくなっているという認識をもっており、大事な市場で、トヨタの販売力をフルに生かしたい。トヨタブランド全チャンネルで販売することにより、ダイハツとトヨタ、グループの総合力でコンパクト市場における新しいお客様の開拓にチャレンジしていく」と述べた。

その一方で「やはり150万台の販売をこれからもチャレンジしていこうということになると、この4つの色合いの違うチャンネルは大変な財産」とし、チャンネルごとの差別化は今後も図っていく方針を改めて示した。

《レスポンス・小松哲也》


≪くだめぎ?≫
 「直列3気筒1.0Lターボエンジン」搭載コンパクトカーサイズのハイト2ボックス車

トヨタ店・カローラ店『ルーミー』
・・・品格と艶やかさを備えたくつろぎスモール。

トヨペット店・ネッツ店『タンク』
・・・ダイナミックさとアグレッシブさを表現したこだわりスモール

◎「4つの色合いの違うチャンネル」・・チャンネルごとの差別化は今後も図っていく方針
・「トヨタとしてはトール系の小さな車のマーケットは大変、規模的に大きくなっているという認識をもっており・・・」
・「150万台の販売をこれからもチャレンジしていこう・・・」

 『ルーミー/タンク』の登場で"トヨタブランド全チャンネルで販売"が出そろった様子。「セダン」は中級車になった気分だ。
Posted at 2018/02/20 10:46:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車全般 | クルマ
2018年02月20日 イイね!

新型車『ルーミー』『タンク』 発売

新型車『ルーミー』『タンク』 発売2016年11月09日
FUN TO DRIVE,AGAIN

TOYOTA、新型車ルーミーならびにタンクを発売
-ミニバンの魅力をコンパクトカーに凝縮したトール2BOX誕生-

【主な特長】
・コンパクトでありながら広々とした室内空間と、快適で多彩なシートアレンジ
・最小回転半径4.6mと、コンパクトならではの小回りのきく取り回し
・乗り降りしやすいワンタッチオープン機能付パワースライドドアを採用
・1.5Lクラス相当のトルクを幅広い回転域で発揮する新開発1.0Lターボエンジン搭載車を設定
・5つの機能を備えた衝突回避支援システム「スマートアシストⅡ*1」を搭載
・「品格と艶やかさ」を表現したルーミー*2、「ダイナミックさとアグレッシブさ」を表現したタンク*3。
・それぞれに、メッキ加飾や専用バンパーなどを施したカスタムグレードを設定し、あわせて4つのフェイスデザインを採用


 TOYOTAは、新型車ルーミーを全国のトヨタ店ならびにトヨタカローラ店を通じて、新型車タンクを全国のトヨペット店ならびにネッツ店を通じて11月9日に発売した。

[写真]
(上)ルーミー カスタムG-T<オプション装着車>
(下)タンク カスタムG-T<オプション装着車>

 新型車ルーミーならびにタンクは、広々とした空間“Living”と余裕の走り“Driving”を掛け合わせた「1LD-CAR(ワン・エル・ディー・カー)」をコンセプトとし、子育てファミリーをはじめ、幅広いお客様の日常にジャストフィットする、新しいタイプのトール2BOXである。乗り降りしやすいパワースライドドアやゆったりくつろげる室内の広さ、多彩なシートアレンジなど、ミニバンの持つ魅力をコンパクトカーに凝縮した。

*1 スマートアシストはダイハツ工業(株)の登録商標
   X“S”、G“S”、G-T、カスタムG“S”、カスタムG-Tに標準装備
*2 ルーミー(ROOMY) : 英語で「広々とした」という意味
*3 タンク(TANK) : 英語で「タンク」「水槽」という意味。たくさんの物を積みこめる空間をイメージ

【販売概要】
1.販売店 :
<ルーミー> 全国のトヨタ店、トヨタカローラ店
<タンク>  全国のトヨペット店、ネッツ店

2.月販目標台数 :
<ルーミー> 3,750台
<タンク>  3,750台

3.店頭発表会 :
 11月19日(土)、20日(日)

【生産工場】
ダイハツ工業(株) 本社 池田工場

【メーカー希望小売価格】
<ルーミー・タンク>(北海道、沖縄のみ価格が異なる。単位 : 円)
グレード エンジン 駆動 トランスミッション 価格*(消費税込み)

X  1KR-FE(1.0L) 2WD(FF) CVT 1,463,400
X  1KR-FE(1.0L) 4WD CVT 1,636,200
X“S” 1KR-FE(1.0L) 2WD(FF) CVT 1,528,200
X“S” 1KR-FE(1.0L) 4WD CVT 1,701,000
G  1KR-FE(1.0L) 2WD(FF) CVT 1,620,000
G  1KR-FE(1.0L) 4WD CVT 1,792,800
G“S” 1KR-FE(1.0L) 2WD(FF) CVT 1,684,800
G“S” 1KR-FE(1.0L) 4WD CVT 1,857,600
G-T 1KR-VET(1.0L・ターボ) 2WD(FF) CVT 1,803,600
カスタムG  1KR-FE(1.0L) 2WD(FF) CVT 1,771,200
カスタムG  1KR-FE(1.0L) 4WD CVT 1,944,000
カスタムG“S” 1KR-FE(1.0L) 2WD(FF) CVT 1,836,000
カスタムG“S” 1KR-FE(1.0L) 4WD CVT 2,008,800
カスタムG-T 1KR-VET(1.0L・ターボ) 2WD(FF) CVT 1,965,600 ◎
◎ : 掲載写真(除くオプション)

CVT : Continuously Variable Transmission(自動無段変速機)
* 価格にはリサイクル料金は含まれない

【車両概要】
1.広々とした室内空間と取り回しの良さ
───────────────────
▽ゆとりある室内空間を実現したパッケージ
・最小回転半径4.6m*1と取り回しの良いコンパクトなサイズを維持しつつ、前後乗員間距離は最大1,105mm確保することで、広々とした後席周りを実現
▽乗り降りしやすく、電動で開閉可能な両側パワースライドドア(ワンタッチオープン機能・予約ロック機能付)を採用*2

2.使い勝手の良い荷室とシートアレンジ
───────────────────
▽様々なシーンに対応するシート機構
・フロントシートウォークスルーの採用で、前後席間のスムーズな移動が可能
・リヤシートは240mmのスライドを可能とし、最前方までスライドさせると、5人乗車で荷室に機内持ち込み用スーツケース4個の積載が可能
・リヤシートのリクライニング角度を最大70度まで倒すことができ、車中泊も可能な空間を確保
・リヤシートは、前に倒すと荷室の床がフラットになるダイブイン機構を採用。1,500mm超の荷室長で長尺物も積載可能
・デッキボードを反転し、防汚シートを広げれば、自転車の積み込みも可能

3.快適な室内装備
─────────
▽便利で安心、快適な装備
・容量5Lの脱着式大型センターダストボックスや、紙パックのドリンクも置くことができる回転式カップホルダーをはじめ、多様な収納スペースを用意
・乗降用大型アシストグリップ(チャイルドグリップ付)の採用で、子供から大人までスムーズな乗車をサポート
・パワースライドドアに連動して点灯する後席ステップランプを採用*3。足元を明るく照らし、夜や暗い場所での乗降が安心
▽「4.2インチTFT*4カラーマルチインフォメーションディスプレイ*5」を採用。
・ウォーニングやメンテナンスなどのインフォメーションを表示
▽「パノラミックビュー*6」を採用。
・駐車時や見通しの悪い交差点などで活躍するパノラミックビューを採用。車両の前後左右4ヵ所のカメラにより、前後左右や上から見下ろしたような映像をマルチインフォメーションディスプレイに表示

4.1.5Lクラス相当のトルクを発揮する新開発1.0Lターボエンジンで快適な加速性能を実現
─────────────────────────────────────────
▽1.5Lクラス相当のトルク(140N・m)を発揮する新開発直列3気筒1.0Lターボエンジン
・高速走行でもストレスを感じさせない加速性能を発揮、あわせて低燃費化を実現
・アクセル操作に対し優れたレスポンスをもたらすスポーツモードを設定
▽街中での発進や走行中の加速に磨きをかけた1.0Lエンジン
▽全車エコカー減税対象車となる優れた低燃費性能を実現
・2WD車は24.6km/L*7、4WD車は22.0km/L*7、ターボ車は21.8km/L*7を実現

5.街中から高速道路まで、優れた操縦安定性と快適な乗り心地を実現
────────────────────────────────
▽ボディとサスペンションの高剛性化を図ることで、ステアリング操作に対し車体姿勢がスムーズに連動し、運転時のストレス軽減に寄与するとともに快適な乗り心地を実現

6.衝突回避支援システム「スマートアシストⅡ」を搭載
──────────────────────────
▽街乗りでの事故被害の軽減を主眼とした、衝突回避支援システム「スマートアシストⅡ」を搭載。「衝突警報機能(対車両・対歩行者)」、「衝突回避支援ブレーキ機能(対車両)」、「誤発進抑制制御機能(前方・後方)」、「車線逸脱警報機能」、「先行車発進お知らせ機能」の5つの機能でドライバーをサポート

7.「品格と艶やかさ」(ルーミー)と「ダイナミックさ」(タンク)を表現した2つのベースデザインに、それぞれカスタムグレードを設定し、4つのフェイスデザインを採用
───────────────────────────────────────────────────────────────────────────────
[エクステリア]
▽ 4つのフェイスデザイン
・ルーミーは、厚みのあるヘッドランプと面を強調したグリルにより、重厚感のある力強さを表現
・タンクは、切れ長のヘッドランプと大開口アンダーグリルの組み合わせにより躍動感を強調
・ルーミーとタンクそれぞれに、メッキ加飾や専用バンパーを施したカスタムグレードを設定

[インテリア]
▽ ワイド感とハイテクイメージを追求したデザイン
・水平に広がるインストルメントパネルで、機能性の高さとワイドな印象を表現するとともに、見晴らしの良さを実現
・運転席前に配置したメーターは、フードを低く抑えることで視認性を確保
・内装色は温かみと落ち着きの感じられるオレンジとブラウンを基調とし、カスタムグレードは、テックブルーとシルバー加飾が映えるブラックの内装に、撥水加工シートを採用

[ボディカラー]
▽ 力強い重厚な色から鮮やかな色までを取り揃えたカラーラインアップ
・色、陰影の変化を強調させたレーザーブルークリスタルシャイン、インペリアルゴールドクリスタルメタリック、ブリリアントカッパ―クリスタルマイカの3色を新規開発色として設定
・9色のボディカラーにカスタム専用のツートーン仕様5色の全14色をラインアップするとともに、ルーミーとタンクそれぞれの特徴に合わせた専用色を設定

*1 14インチタイヤ装着車の場合。15インチタイヤ装着車は4.7m
*2 X、X“S”は、助手席側のみ
*3 X、X“S”は、助手席側のみ。その他は運転席/助手席に標準装備
*4 TFT(薄膜トランジスタ) : Thin Film Transistor
*5 X、X“S”を除く全車に標準装備
*6 X、X“S”を除く全車にオプション設定
*7 JC08モード走行燃費。国土交通省審査値

ルーミー 車両情報はこちら : http://toyota.jp/roomy/
タンク 車両情報はこちら  : http://toyota.jp/tank/

以上


≪くだめぎ?≫
 登場して1年以上経たが、完全に風景に融け込んだ印象である。ネッツ店「bB」、トヨペット店・カローラ店「ラクティス」の後継車である。車格が違うがカローラ店「ルミオン」、ネッツ店「ラウム」の買い換えも取り込んだ様子である。
 更に、「直列3気筒1.0Lターボエンジン」搭載車として、トヨペット店・カローラ店「ベルタ」のポジションも得た"エコカー"であろう。
Posted at 2018/02/20 08:45:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車全般 | クルマ
2018年01月03日 イイね!

「いすゞ自動車創立80周年記念特別仕様車」発売

「いすゞ自動車創立80周年記念特別仕様車」発売プレスリリース
2017年10月24日
いすゞ自動車創立80周年記念特別仕様車を発売
-大型トラック「ギガ」、中型トラック「フォワード」、小型トラック「エルフ」-

 いすゞ自動車株式会社(本社:東京都品川区、社長:片山正則、以下「いすゞ」)は、大型トラック「ギガ」、中型トラック「フォワード」、小型トラック「エルフ」のいすゞ自動車創立80周年記念特別仕様車を、あす10月25日より全国一斉に発売します。

[写真] (上から)
ギガ Gカーゴ
フォワード Fカーゴ
エルフ Eカーゴ
エルフ 平ボディ
エルフ インテリア

 いすゞは、1937年に前身である東京自動車工業株式会社として創立され、2017年4月で80周年を迎えました。いすゞの長い歴史を支えてくださったお客様のご愛顧と信頼に感謝を込めて、大型トラック「ギガ」、中型トラック「フォワード」、小型トラック「エルフ」のそれぞれに特別仕様車を展開します。

 すぐれた性能や使い勝手はそのままに、今回だけのプレミアムな装備を施したいすゞ自動車創立80周年記念特別仕様車は、そのインテリア・エクステリアを10月27日から開催される第45回東京モーターショー2017 いすゞブースにてご覧いただけます。※
 第45回東京モーターショー2017 いすゞ出品概要については、特設サイトをご覧ください。

※モーターショー出品車両は、実際に販売される車両とは仕様が異なります。

主な特長は以下の通りです。

・エクステリア
専用キャブカラーのアッシュベージュメタリックと、クロムメッキラジエータグリルを採用しました。

・インテリア
ISUZUロゴの刺繍をあしらった本革調の限定シートと赤色のシートベルトを採用。ドアハンドルとパワーウインドウスイッチはクロム調に統一※し、上質な空間を演出しています。また、AM/FMラジオ&CD(AUX/USB端子・時計付)を標準装備します。
※エルフ標準キャブはドアハンドルを除く。

・ボディ仕様
ボディ仕様は、ギガ・フォワード・エルフそれぞれの完成車と同一※の仕様です。
※一部車型を除く。

<車型展開 / 販売台数> 下記台数の限定販売です。
ギガ Gカーゴ 100台
フォワード Fカーゴ 200台
エルフ Eカーゴ / 平ボディ 400台

<東京地区希望小売価格>
車型 主な仕様 東京地区希望小売価格(消費税抜)(消費税込)

CYL77C ギガ Gカーゴ いすゞ自動車創立80周年記念特別仕様車 21,370,000円 23,079,600円
FRR90S2 フォワード Fカーゴ いすゞ自動車創立80周年記念特別仕様車 11,044,000円 11,927,520円
NLR85AN エルフ Eカーゴ いすゞ自動車創立80周年記念特別仕様車 4,734,000円 5,112,720円
NPR85AR エルフ 平ボディ いすゞ自動車創立80周年記念特別仕様車 4,724,000円 5,101,920円

以上


≪くだめぎ?≫
 対して、こちらも正月になっても"サンタ"さんがCMでがんばっている。

 エルフにすると「人手不足」?も解消できる!とがんばっている。
Posted at 2018/01/03 17:57:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | トヨタディーゼル店 | クルマ
2018年01月03日 イイね!

『デュトロ』 改良 新発売

『デュトロ』 改良 新発売ニュースリリース
2017年4月18日
No.17-006
日野自動車、小型トラック「日野デュトロ」を改良して新発売

―PCSを全車に標準装備、平成28年排出ガス規制適合車もラインアップ―

 日野自動車株式会社 (以下、日野)は小型トラック「日野デュトロ」を改良して、5月8日に発売※1します。 今回の改良では、衝突被害軽減ブレーキ「PCS※2」および「車線逸脱警報」を全車※3に標準装備としました。既に標準装備としている車両安定制御システム「VSC※4」や「電動パーキングブレーキ※5」とあわせて、安全装備が一層充実しました。また、車両総重量が7.5トンを超える車型についてはエンジンおよび排出ガス後処理装置の改良により平成28年排出ガス規制に適合させました。あわせて、3月から新設された「準中型自動車免許※6」に対応して、車両総重量の上限を7.5トン未満とした車型を新たに設定しました

 今回、全車に標準装備としたPCSは、フロントバンパー中央に装着したミリ波レーダーに加え、フロントウインドウの上部中央に画像センサーを装備しており、歩行者を検知することが可能で、先行車や、歩行者を含む停止障害物に対して衝突回避または衝突被害軽減を支援します。また画像センサーは車線逸脱警報の車線認識センサーとしても機能します。

 今回発売する「日野デュトロ」のハイブリッド車は平成27年燃費基準+15%、ディーゼル車のうち6速A/T車は同+5%を達成※7しています。このほかの車型も含め、「日野デュトロ」のハイブリッド車およびディーゼル車はすべてASV減税またはエコカー減税の対象※8となります。

 ※1:平成28年排出ガス規制適合車の6速MT車は6月発売。
 ※2:PCS=プリクラッシュセーフティ。「PCS」はトヨタ自動車(株)の登録商標です。
 ※3:従来も一部の車型に限定して標準装備していましたが、今回LPG車、消防車用車型を除く全車に標準装備としました。
 ※4:VSC=Vehicle Stability Control。LPG車には設定なし。「VSC」はトヨタ自動車(株)の登録商標です。
 ※5:「電動パーキングブレーキ」はダブルキャブ・ルートバン・LPG車には設定なし。
 ※6:「準中型自動車免許」では車両総重量7.5トン未満の自動車を運転できます。
 ※7:車両総重量が7.5トンを超える車型、および85kW(116PS)エンジン搭載車型は除く。
 ※8:ASV減税:先進安全自動車(ASV)技術を備えるトラック・バスについて自動車取得税、自動車重量税を軽減する特例措置。
    PCSとVSCを両方装備している場合は、取得税については取得価額から525万円控除、重量税は75%減税、VSCのみの場合は
    取得税については取得価額から350万円控除、重量税は50%減税となります。
    排出ガス記号「TDG-」の車型はASV減税のみ対象です。
   :エコカー減税:ハイブリッド車は取得税、重量税ともに免税、ディーゼル車は、燃費基準+5%達成車型は取得税、重量税
    ともに50%の減税、燃費基準達成車型は取得税、重量税ともに25%の減税、となります。

■日野デュトロ ハイブリッド   TSG-XKU710M-TQUMC (写真掲載)

■東京地区希望小売価格(代表車型) (単位:円)
車名・型式・仕様 エンジントランスミッション 最大積載量(トン) 価格※(消費税抜き)

日野デュトロ ハイブリッド
TSG-XKU710M-TQUMC ワイドキャブ・ロングボデー・全低床(写真掲載) N04C-UL 110kW(150PS)Pro Shift Ⅴ(5速 AMT) 2.0 5,616,540(5,200,500)
日野デュトロ
TPG-XZC605M-TQTMB 標準幅キャブ・標準長ボデー・全低床 N04C-UN 100kW(136PS) 6速AT 2.0 4,452,300(4,122,500)

■年間販売目標台数

 ・日野デュトロシリーズ全体     26,300台

以 上


≪くだめぎ?≫
 この正月もCMで「PCS」=プリクラッシュセーフティ を装備を唱っている「日野の2㌧」。"日野デュトロ"を出さなくても絶好調、と言うところか。
Posted at 2018/01/03 11:25:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | トヨタディーゼル店 | クルマ

プロフィール

「毎日、勤務時間がちがいます。体調を整えるのも大変。」
何シテル?   04/15 05:56
 「昔々、有ったとさ、 『トヨタディーゼル店』、『トヨタパブリカ店』、『トヨタオート店』、『トヨタビスタ店』・・・」。      身長165cm・体重6...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/4 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

新明和工業・特装車事業部 
カテゴリ:鉄道・バス
2016/09/29 08:29:33
 
マイナビ ニュース 
カテゴリ:マスコミ
2013/02/20 15:01:45
 
都道府県タクシー協会 
カテゴリ:鉄道・バス
2011/01/06 11:50:45
 

お友達

ご訪問ありがとうございます。
お気軽にコメントしてください。
10 人のお友達がいます
kyupi5kyupi5 * Nジャン(N-JUNKIE)Nジャン(N-JUNKIE)
grandistgrandist Heero YuyHeero Yuy
じんさん港302じんさん港302 ゆー030ゆー030

ファン

14 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ ヴォクシー トヨタ ヴォクシー
ライトエース「ヴォクシー」4WD。 ハイエースショートの後継。ディーゼル車が無くなる。 ...
ダイハツ ムーヴ ダイハツ ムーヴ
ムーブ4WD。 ラウム4WDの後継。ヴォクシーと同時購入。同時にハイエースショートとラウ ...
トヨタ ラウム トヨタ ラウム
ラウム4WD。 トヨタオート店→ネッツ店転換直後に購入。 カリーナバン・ディーゼルの後継 ...
トヨタ ライトエースノア トヨタ ライトエースノア
親戚が急遽し、借金を肩代わりし常駐する。ガソリン車であまり使わなかった。ヴォクシーがガソ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.