• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

himedicのブログ一覧

2017年03月19日 イイね!

タイロッドエンドブーツ交換編 2017/03

タイロッドエンドブーツ交換編 2017/03タイロッドエンドブーツのヒビ割れ。グリスも少し漏れてるし。





割ピン、一旦ナットを取り外し、真鍮ブラシで清掃します。




安価な物も沢山ありますが、安定のKTCで。
数年前にいつか使うと思い準備していました。元はソコソコの金額ですが、ホームセンターの見切り品ワゴンで発見しました。外箱の痛みはありましたが確か\1,000!だった様な。だから即買いしたのですが・・・・・。

タイロッドエンドセパレーター AS201/KTC






ねじ山破損防止の為、再度ナットを取り付け、推力ボルトを締め込みます。この推力ボルトの2面幅が24mmって・・・・・。モンキー?信用してません。どうしてもって時は使いますが。この為に22mm-24mmのメガネレンチを買いましたヨ。
バキンッ!」「ゴキンッ!」まあまあな音と共に取り外す事が出来ました。




ブーツを切り取ってみると、まだグリスは入っていて安心しました。




交換用に準備したのは、

「タイロッドエンドブーツ DC-1167/大野ゴム工業
⇒\357*2個=\714(プロの工具ショップ YOSHIMURA/楽天市場)

ピン,スプリット 2.0X18/94201ー20180
⇒\54*2個=\108(ホンダカーズ)





古いグリスを可能な限り取り除いて、新しいグリスをこんもり塗布します。
先人のアイデアに感謝を払いつつ、同様に圧入します。




サービスマニュアルによると締付トルクは43N・m。チカライッパイってとこですが、デジラチェがあるので。コレ来てから重要な箇所は「」で締め付けるって事がなくなりました。




割ピンを取り付けて終了です。ムチムチのブーツで安心します。
整備をする度に工具が増えますが、自分も1UPすると思えば・・・・・。

ロアアームのナックルブーツもヒビ割れを発見しましたので、スグ工具の出番がありますね。
えぇ、不具合を発見してワクワクすると言う変態です。
2017年01月26日 イイね!

HID Loランプ バーナー(6000K)交換編 2017/01

HID Loランプ バーナー(6000K)交換編 2017/01前回、交換にチャレンジしてナンダコレって言う商品だった為、断念しましたが懲りずにまた入手しました。








【送料無料】2012年モデルHID D2/R HID 純正交換用バルブD2S/R HID D2S/R ケルビン数選択 D2R/D2S/6000K/8000K/10000K【35W/55W兼用】【3年保証】」って長い商品名だな。
⇒\3,100+送料\0=\3,100(azzurri car shop/楽天市場)
D2Rの6000Kを選択しました。

楽天市場で購入する時はハピタス経由で購入するとお得ですね。




これまで使用していたのが左の「D2C」で、今回は右の「D2R」です。D2Rには遮光用の塗装がありますね。今回のバーナーはグラスチューブは青色ですね。ガラスチューブは金属支持の為、剛性面での心配はなさそうです。




バーナーを交換するだけなのですが、取り外したパーツはきれいに清掃~保護してから取り付けたい・・・・・。




一応空焚きを行い、取り付けます。この商品は良いですよ。白く明るく、見やすくカットラインもきちんと出てます。(青っぽいのが好みの方には物足りないかも)
Posted at 2017/08/15 11:23:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | アヴァンシア_電装品 | 日記
2017年01月26日 イイね!

冷却水漏れ・アッパーホース交換編 2017/01

冷却水漏れ・アッパーホース交換編 2017/01


帰宅時、自宅まで数km。クーラント臭いぞ!?エンジンの調子は普通、水温計も普通。一旦停止して確認するよりも帰宅強行。
で、この有り様・・・・・。アッパーホースの小さな亀裂よりクーラントが噴き出しています。
以前ヒーターホースで同じ様な症状がありましたね。その時はホント小さな穴でなかなか発見出来ませんでしたが、今度はまぁダダ漏れです。

時刻を確認すると18:45。ホンダカーズ閉店まで15分!早速電話してアッパーホース(一応ロアホースも)手配しました。
折り返しの電話で、遅くとも翌営業日の16:00には入荷との事。(注文の電話は月曜日で火曜日は店休日の為、水曜日の16:00入荷。最短手配ですね。感謝!)
いつもショートパーツばかりの手配で動いてもらって心苦しい限りです。





ホースクランプをズラし、ホースを抜こうとしますが固着して外れない・・・・・。






まぁ亀裂の入っているホースなので容赦なくブッタ切ります。





ホース,ウオーターアッパー/19501-PAA-A00
⇒\2,926(ホンダカーズ)

ホース,ウオーターロアー/19502-PAA-A00
⇒\4,082(ホンダカーズ)

計\7,008。やはり値上がりしてますね。が、入手可能なだけでもまだマシかな。次は「ご相談パーツ」かもしれませんし。




クーラント?ホームセンターの安物です。





お気に入りの「3-36」で防錆して、装着。




入念にエア抜きしますが、数日間は移動の度にリザーバータンクの液量を確認、補充しました。それだけエア噛んでるって事ですね。




漏れていた所の内側は、表面の小さな亀裂の3倍位の大きさでした。内側から亀裂が進行して来るとは。
これは漏れるまで分からないですね。ただ、手でホースを潰して「メリメリ」「パキパキ」感があったらそろそろだなと。
Posted at 2017/08/15 10:21:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | アヴァンシア_エンジン | クルマ
2017年01月07日 イイね!

バッテリー交換編 2016/01 □km(マーチ)

バッテリー交換編 2016/01 □km(マーチ)









急激に寒くなって来た事や、お正月休みで丸1週間以上乗らない期間があった為か、先日E/gが掛かり難い感じでした。

前回の交換は2010/04だった様で交換時期かなと。
出先で立ち往生する位ならサクっと交換です。バッテリー代なんてたがが知れてますし。
安価な普通のバッテリーで良いかなって調べていると、良い物見つけました。




Hightec Premium ハイテック プレミアム HTP-60B19L/BOSCH
⇒\3,980+送料\0=\3,980(アットマックス@/楽天市場)

楽天市場で購入する時はハピタス経由で購入するとお得ですね。

昨今のアイドリングストップ車対応のバッテリーの様で容量が大きくてこの価格!マーチには十分過ぎますね。てかこんな容量の規格って数年前ありました!?

Panasonicカオス同等品より2割は安いですし、私はあの青色ボディがどうも・・・・・。

取っ手はもちろん、端子カバーは便利ですね。バッテリーを車両に固定し、端子を接続する直前まで付けていればショートするリスクも減りますし。




因みにこの様な梱包状態で届きました。簡単ですが転倒しない工夫が見て取れます。




交換前の端子は残念な状態・・・・・。
ワイヤーブラシで徹底的に磨きました。




最近のお気に入りは「KURE 3-36」。ひと吹きして暫く放置しておくだけでかなりの防錆効果があります。
工具はもちろん、なんでも塗布しまくっています。時間がある時は1~2日放置していれば乾きますし。塗布した数か月後、数年後にあぁ塗布しておいてヨカッタと思いますよ。




バッテリートレイも掃除しました。




やはり地味な黒色ボディが私は好みですね。E/gの掛かりは明らかに力強くなりました。直ぐ感動は薄れますが・・・・・。
毎回きちんとE/gが掛かりさえすれば十分満足なのです。
Posted at 2017/01/10 22:53:11 | コメント(1) | トラックバック(0) | マーチ_電装品 | クルマ
2016年12月11日 イイね!

点火時期調整編

前回の続きです。製作したDLC短絡カプラを使用して点火時期の確認・調整を行います。




タイミングライトは安定のパナソニック製(TL-3C)です。
現在は廃版の様で・・・・・。数年前は普通に購入出来たのに。


手順はサービスマニュアルに従います。(下記抜粋)

*エンジンを始動し、ラジエータ ファンが2回作動後、さらに3,000rpm(Pポジション)で2分間以上暖気運転をする。
暖気運転に関しては近所を走って来てエンジンが暖まっていましたのでハショリました。

①アイドリング回転数を確認し、基準値から外れている場合は調整する。
アイドリング回転数(無負荷):700±50rpm(NまたはPポジション)

②DLCカプラのSCS端子をショートさせる。

③タイミング ライトをNo,1シリンダのハイテンション コードに取付ける。

④クランク シャフト プーリにタイミング ライトを向け、アイドリング回転時に合わせマークと点火マーク(赤い刻印)が合うことを確認する。

点火時期:12°±2°BTDC/アイドリング回転数(NまたはPポジション)

⑤基準値以外の場合は、PGM-F1 ECUを交換し、再度確認する。

⑥DLC ターミナル ボックスを取外す。






DLCカプラは助手席側センターコンソール左横です。ピンアサインはOBDⅡそのものですね。





製作したDLC短絡カプラを接続するとPGM-F1警告灯が点灯しました。点滅していないので異常履歴は無い様です。




タイミングライトで合わせマークを確認します。
実は赤い刻印が経年で消えていて、ジャッキアップ⇒刻印部にペイントマーカーを塗布と言う作業を事前に行っています。
確認には少しコツが必要です。見る角度で見え方が違うし、近づき過ぎると髪の毛を巻き込まれそうで・・・・・。また、日中よりも夕方等の方が見え易いかと。

単純にクランクプーリは、
700rpm ÷ 1min(60sec ) = 11.666回転/秒!
してる訳で。タイミングライトでないと見えない訳で。(タイミングライトってスゴイな)




タイミングライトを使用した目視では確かに見えるのですが、画像に収めるとなるとなかなか大変でした。iPhoneの連写でやっと撮れました。(iPhoneってスゴイな)

結果、画像の様に点火時期はバッチリ合っていました。一応デジラチェでデスビ取り付けボルトの締め付けトルクをチェックしました。

「最近燃費が悪い様な気がする・・・・・。」
「アクセルのフィーリングが悪い様な気がする・・・・・。」
は、点火時期では無い様です。やはり、気のせい?経年?
Posted at 2016/12/29 11:05:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | アヴァンシア_エンジン | クルマ

プロフィール

「LEAF。初めて乗ったけれども、色々スゴイ。CMのスタートダッシュで180SXが負けてたけれど、あれホント。ショックレスでグイグイ加速。新鮮な体験。」
何シテル?   09/22 23:01
コツコツ補修しながらを楽しんでいます。 作業内容が誰か目に留まり、誰かのお役に立てれば。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/6 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

お友達

ブログ等を見て共感出来る内容等あればシビック、アヴァンシアオーナー問わず、是非お友達に誘って下さい。
4 人のお友達がいます
としふみ@USRとしふみ@USR ゆう@RB1ゆう@RB1
現場監督A現場監督A ゴクラクゴクラク

ファン

10 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ シビックフェリオ ホンダ シビックフェリオ
アヴァンシアとは正反対の周回系です。
ホンダ アヴァンシア ホンダ アヴァンシア
シビックフェリオとは正反対の動態保存系です。 しかしながら大径ホイールに憧れたりもしてい ...
日産 マーチ 日産 マーチ

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる