• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

p_okaのブログ一覧

2019年12月06日 イイね!

初4台。

初4台。F34GTのグループをたまさんと作ってはや1年9ヶ月、東海方面からいらしてくれる448さんをお迎えすべく大黒Pへ。

出先からの帰りで洗車している時間がないからとの事、じゃ私もそれに乗っかって洗わずに行こう。
少し余計に眠れるしね。

首都高が呆れるほどすいているせいでだいぶ早く到着、しかも直前の首都高上でGTに遭遇…でも行っちゃいました。
なぜ私の告知を読んでいないんだ?(笑)

日曜日ってなんだかスーパーカー沢山だなー。
場所のキープもあってあんまりウロウロ見物できず残念。
でもコレ!


なんとアルファロメオモントリオールですよ。

信じられない事に5ナンバーサイズです。

そしてなんだかリアガラスがカムリに似ています。



コンソールに車名が書いてある。
これ真似しちゃおうかな。

そんなこんなでぼちぼち集まって3台。


GTは後ろが見えるように停めたほうが良いかなと思っています。



ごはん食べて帰ってきたら、


4台になってました。
ご無沙汰つんべさん。

最近メンバーがなんだか西寄りに傾いてきたので、つぎは東海方面でやりましょうか。まだ願望レベルですが。
Posted at 2019/12/06 21:50:20 | コメント(2) | トラックバック(0) | オフ会
2019年11月11日 イイね!

点検あがりがてら、

点検あがりがてら、滅多に行かないディーラーなので、そういえばまだ乗っていないZ4と出たばかりの1シリーズの試乗ができないか行き掛けに聞いてみたら、用意しておいてくれました。

点検時にやめておいた推奨メニューのうち、エアクリとエアコンフィルターは社外品を用意したのでこの後交換です。

ディーラーにはお願いしなかったけれど、これも点検の経済効果って言うんですかねー。


Z4 sDrive20i M Sport
新車価格で678万円もするんですね、しかもアンダー200馬力の4気筒が。
高くなったなあ。


あれ?
エンジン掛けたのにドアミラーが開かない。


なんだか屋根から頭が出そうな位フロントガラスの縦方向が薄いクルマに久しぶりに乗って、ドキドキ。


ZFの8HPは噂通りにソリッド感を増してます。パワーないのに楽しいなあ。

大きくなったと言われていますが、乗ってみるとまだ大丈夫な感じ。

最近の新しいインテリアは確かに質感上がっているけれど、


並んでいるボタンが真っ平らで区別がつかず、ブラインド操作なんて出来ません。

10秒ちょっとで屋根が電動オープン、風の巻き込みは全然ないので、真冬はヒーターガンガンで開けて走りたいハイシーズンかも。


続いて118i M Sport。

形はFF丸出しで好きじゃありません、ソツなくカッコ良いんだけどね。




1.5Lの3気筒ガソリンエンジン、音も振動も全然静か。
しかも、動力性能的にうちのGT(2L4気筒)よりも街乗りは断然上。

今回からFFになって、それをARBという仕組みでFF感なく走らせる事が出来るとか。

これは、
無意識の反射みたいに脳を経由せずタイヤのスリップを3倍早く処理して、フロントのFF感を消す仕組み、
なんだって。

体感しようにもフロントが飽和して滑る状況なんて無茶しないとできないじゃん。

乗ってみて最初に感じたのは、
「シート凄くいい」

レザーなんだけれども、一世代前のメルセデスSクラス(いや今のSクラス知らないだけなんですけど)みたいにじんわり沈んで包み込んでくれる印象。

今回の新型でFRをやめる理由を、
「駆動方式を解って乗っている人は少ない」
としてFF化に踏み切ったそうだけれど、まあ確かに駆動輪がどっちなのかより、座った椅子の感触の方が何倍もダイレクトですわ。

良いと思います。

でも走りが良いかどうかはまだ判りません。

気がつかなかったけれど、トランスミッションは7速DCTらしいですよ。



やっぱりスポーツカー欲しいなあ。
Posted at 2019/11/11 21:47:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | 試乗
2019年11月05日 イイね!

左前のABSセンサーでした。

左前のABSセンサーでした。先々週くらいだったかエラーが頻発したトラブル、点検のタイミングが近かったので先週の土曜にようやく入庫。


走行3万キロ位だけれど、
•エアクリフィルター交換
•エアコンフィルター交換
•プラグ交換

なんてのをバタバタと推奨されましたよ。


プラグ交換以外は自分でできるのでそのうちやりますが、プラグだってイリジウムの10万キロ対応なので、せめて5万キロ位はねぇ。

という事で一年点検と、保証でのABSセンサー交換、あとはオイル交換ですか。


代車は218d アクティブツアラーのSport LINE。


2018/6ライプツィヒ生まれ、走行2,500キロ程度のバリバリの新車です。ホイールも盛大にバリバリ(いやガリガリか…)だけどね。


Mスポーツサスとスポーツなシート、シートヒーターも付いて中々満足。


じゃ早速走ってみましょ。

丁度ClubF30の大黒ミーティングがあるので首都高など走ってみました。

燃費はイイです。高速で22キロくらい。下道でも16キロくらいは行くかな。

ディーゼルの加速はコンフォートだと普通、スポーツで中々気持ちいい感じ。

直進はあんまり得意じゃないみたい。それとサスが子気味よく小刻みに揺れます。

コーナリングには明らかに駆け抜ける歓びはありません。
ハンドル切れば切っただけ曲がるんだけれど、それが何?
別に何ひとつ気持ち良くありませんよ。

ハンドルとエンジンが直結してる印象、終始ザワゾワします。

アイドリングストップは、止まろうとする瞬間にエンジンを止めるのでカックンさせない様にするのが難しいなあ。

パークアシストで自動ハンドルやってくれるみたい。返すまでに試してみよう。

登録済未使用車なら250万円位からなので特にプレミアムな値段でもなく(むしろ安いくらい)、気に入れば良い買い物かもしれません。
Posted at 2019/11/05 17:02:00 | コメント(1) | トラックバック(0) | 試乗
2019年11月03日 イイね!

変わっていくモーターショー

変わっていくモーターショー2011年から参加している
「ジャーナリストと巡るモーターショー」
に今回も参加します。

でもその前に、
豊洲駅で線路の上ウォークイベント。


ビッグサイト到着。
早く行けば先着順でジャーナリスト選び放題なのです。
やった!
行列はまだこれだけ。


今回のメニュー。


あれ?
いつもはジャーナリストが2人付いてくれるのに、今回は1人。

選び放題なので、10秒くらい考えて③に決定。

恒例のインカムチェックから会場へGO!
とその時私を見ながらインカムに向かって、
「ロードスターの人来てますよ」


ああ覚えていてくれたんですね。でも残念、確かに以前ロードスターの話はしましたけど、

「私、AZ-1の人なんです」
(持ってないけどねー)

さて、近頃のビッグサイトは、オリンピックの報道拠点になるとかでちょっと前から東館が使えません。

なので今回はビッグサイトの西館と南館、一駅離れた青海展示棟、その間をつなぐオープンロードを解放しての無料展示とメガウェブ内の展示という、歩け歩け大会です。

という事で、
鈴木ケンイチさんのマシンガンツアースタート。


スズキの自動運転時代の乗り物。
ダイハツにも似た乗り物が…


クーペがワゴンに電動トランスフォーム。
日産エクサを思い出すね。


ホンダe。
後輪駆動なのにFFみたいなフロントタイヤ位置が残念。


ヤマハは前二輪を推していくよ。
そろそろライドバックに変形しそうだな。


そしてヤマハは昔から農業用などに無人ヘリを売っていたけれど、次は地上ドローンだそうで。


数少ない海外メーカー展示はメルセデスの他に、
ALPINEとALPINA(似


どうやら世界的にどこのモーターショーも本国メーカー以外は辞退する傾向だそうで、東京だけがオワコンという訳ではなさそうです。

ちなみに「TRIUMPH」は、
オートバイメーカーも下着メーカーも同じつづり。

レクサスの床がビミョー…


MXの名前がついたマツダのEV、マツダが考えるMXの方向性なの?第一印象カッコ悪いと思います。
折角電気なのにCX-30と同じ土台なのでFFのスタイリングだし。
ただ最近のクロスオーバー系フェンダーデザインの中では、(フェンダーだけは)トレンドの最先端なのでは。


この家具もマツダの展示なんだけれど、こういう類のプレゼンってデザイン系のアピールによく使う常套手段です。本当に売ったら大したものだと思います。


メルセデスは自社のショーカーデザインの王道的展示。


リーフ、最初からこれにすればイイじゃんて思いますわ、ホント。


日産やBMWが今売っているレンジエクステンダーは体力不足なので、これからのレンジエクステンダーとしては三菱のこのガスタービンが良いのかマツダロータリーが良いのか、どっちもダメなのか?


庶民のシャトルバスが大行列の中、
ツアー専用バスで青海展示棟へGO。


バス中、鈴木ケンイチさんと寛いでみました。


キッザニアブース。
各メーカーの特色が出ている仕事内容となっているそうだが、


日産のコンセプトカーデザインは楽しそうだけれど、三菱の新しいクルマをデザインする仕事では、企業のデザインコンセプトに合わないものをエライ人が次々とダメ出しして結局ロクでもないクルマが出来上がりましたというプロセスを子供達に体験してもらいたいなー(願望

今年も鯉のぼり。


この電気自動車(ベンチャー?)は水に浮いて、コイツが回って水掻きになるみたいですよ。
昨今の水害で一気にメジャー装備になるかも。


モンスターで有名なタジマEVは、ケンオクヤマのボディに謎(自動運転用?)の司令塔を乗っけたEV。
とりあえず低いパーキングですっ飛ばしそう。


環境省がなんでスーパーカー?
従来の金属シャシーやプラスチック部品、果てはガラスまでもセルロースナノファイバーで代替するというプロジェクトらしいですよ。
有名な宇部興産の専用道路でテスト走行したそうです。
走ってみたいなあ、あの道路。
て事はナニ?
このNSX風のボディをデザイン設計製造したって事だよね、誰が?


ていうかエンブレムがまんま環境省。


ダイハツが突如コンパクトSUVを発表。
ビーゴ (Terios)の後継かと思いきや、そんなに本気の四駆じゃないみたいで少し低めSUV、ボンネットの厚みのおかげで、なお低く見える感じ。


顔はまんまアウディだけどね。

今インスタでakiotoyodaをフォローすると。


その豊田社長が、クルマの運転は乗馬のように趣味の世界のみになると言っています。


なので移動中の時間をカラオケやGYMや楽器演奏に使ったり、


街を配達ドローンが歩き回ったり、


走行中のEVに空中給油さながらの給電したり。
(300km/h位出そうな外観だな)


スバルは、自社特有のフロントヘビーなディメンションを魅力的に見せるスタイリングにたどり着いた気がします。


UD TRUCKSのあいさつ表示、
自慢だけどこんなのオレ達中学生の頃から考えてたぜ。
血気盛んな若者だったから
名称はお先にどうぞじゃなくて

「バカヤロウ!」パネル

って名前にしたけどね。


どういう仕組みー?


空気抜くのかな?変な形。


最近社名がわからないー。




屋上屋台村。
でも結局家まで何も食べず。


ダラーラのストラダーレ。
乗るのはイイが降りられるだろうか…


二輪にもACC。
うちのGTの感覚だと、油断して振り落とされることがないかなあ。


給電なしにタイヤ空気圧の最適化と管理をするんだけれど、これは個人向けではなく大規模運用で初めてメリットを発揮する、シェアと自動運転時代の道具。


もうリアゲートはプラだよ。


無駄に欲しいレンチ




破損の仕方にまで安全性を考えているという。


どうやって成形してんのか?


タイヤの重さ比較なのだが、残念な事になぜ軽く出来たのかの説明を全く知らされていない人しか、そこには居ない。


このタイヤ、苔で光合成するよ。
そんな切り口のエコタイヤだよ。


カタログスタンドに惹かれます。


もう金属は要らないのかな?



オープンロード(無料エリア)を歩きます。







モータースポーツ展示広場、


その奥に、船ー。




なんとなく時空を移動できそう。


実際、雪がない所でも走れるのだろうか?


メガウェブの中は、見たこともないような人だかり。


なんか面白くなさそうなので軽く流しました。





最後はBMWブース。


って、BMWは不参加だよー。
その代わりにTokyo Bayではテクノロジーとヘリテージの体験イベントをやっているらしいです。

翌日から(爆

試乗車も普段の5倍(は言い過ぎだろ)混んでいるらしく、一台も空いていないとの事。

なんだかモーターショーのおのぼりさんを体良く断った感があるなあ。

それでも話題のデカい鼻の穴とか、


滅多に見られない6シリーズGTとか、


新車よりも光り輝くイセッタとか見られたので良しとします。






Mobility as a Service(MaaS)の旗印のもと、従来のモーターショーからあらゆる業界がIoTで繋がる展示会に変わろうとしている東京モーターショー。

この先、仕事で行かなければいけないとしても、趣味で見に行く事は無くなっていくんじゃないかとさえ感じさせる激動の東京モーターショーでした。

その意味でも、ジャーナリストと巡るショーはクルマ一台ずつだけでなく、業界を大きなくくりで説明してくれるとても良い企画です。

皆さんも次回は是非。

ところで最後に、
鈴木ケンイチさんはロードスター寄りの人で、当然三次のロードスター30周年イベントにも行かれているとの事だったので、
https://ascii.jp/elem/000/001/958/1958089/

「AZ-1の30周年にも来てねー。」

てお願いしときました。

ムリだろねー。
Posted at 2019/11/03 12:03:44 | コメント(2) | トラックバック(0) | 見た
2019年10月15日 イイね!

台風一過

台風一過我が家、川の近くです。

住まいはマンションなので洪水でも水は上がってこないけれど、地上に置いてあるクルマが心配。

そしたら近くのショッピングモールが洪水対策で自走式立体駐車場を解放するとか。

台風の夜は駐車場前に大行列ができるくらいだったけれど、翌朝8時には皆さん自宅にクルマを戻したようで、ガラガラでした。

でもね、
下流の洪水って時間差でやってくるんですよ。

グラフは朝9時のものなんだけれど、実際この後まだ水位は上がり氾濫危険水位まであと50cm位まで行ってる訳です。

よく晴れているからなのかみんな自宅にクルマを戻すわ、駐車場は朝には有料に切り替わっているわ…

今回は無事だったけれど、
台風一過こそ要注意なのに
みんな相当ナメてますね。


ただ、
普段は見ないマイバッハが一台、朝を過ぎてもひっそりと鎮座していました。
Posted at 2019/10/15 12:57:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | 時事

プロフィール

「@たま☆M@ster さん
先週と今週の入港は知っていたので見に行きたかったなあ。
30年に5回くらい会うクルマの知人が、多分そこから降りてきたハズ。」
何シテル?   05/05 20:50
ブログタイトルのわりに、 ここのところサーキット走ってません。 ていうか、アプリだとタイトル見えないですね。 2016/12からF34GranTurism...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2019/12 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

富士レーシングコース初アタック 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/10/19 14:54:47
バタバタだけど満足。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/04/27 23:08:00
トムさんのスクール 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/03/16 18:54:37

愛車一覧

BMW 3シリーズグランツーリスモ BMW 3シリーズグランツーリスモ
2016年12月に購入。 ついにファミリーカーに手を出してしまいました。アシが高速に弱そ ...
フィアット フィアット500 (ハッチバック) フィアット フィアット500 (ハッチバック)
2009年4月に購入。 8年間乗りました。 1.4 16V LOUNGE SS 購入の半 ...
スマート ロードスター スマート ロードスター
2005年から4年間乗っていました。 全国10台限定のクーペリミテッド。 (売れないか ...
マツダ AZ-1 マツダ AZ-1
1992年から12年乗っていました。 わたし史上最高に楽しいクルマでした。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.