• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

HONDAISMの愛車 [ホンダ アコード]

整備手帳

作業日:2024年3月22日

ストックエンジン オイルポンプ分解/点検/洗浄

他の整備手帳を見る 他の整備手帳を見る

目的 修理・故障・メンテナンス
作業 DIY
難易度

初級

作業時間 30分以内
1
さて、クランクシャフト/ピストンが組めたんで、お次は何組んでいきますかねぇ〜。

実は、シリダーヘッドも既に加工から帰ってきてはいるのですが、ヘッド作業は、まだまだする事山積みで、落ち着いてしたいんで、先にオイルポンプでも組んでおこうかと思います。

ってな訳で、オイルポンプ引っ張り出してきてっと。
2
まだ洗浄もしてませんので、ドロドロです。。。

では、オイルポンプのカバー外してみますかね。
3
カバーは、プラスネジの皿ボルトで固定されてて、食い付きがあると+頭を舐めちゃいそうなくらいにかたいのですが、今回は一箇所以外は、プラスドライバーで何とか外れました。1本は、舐めちゃいそうだったんで、ショックドライバーで外しました。
4
オイルポンプの点検方法は、こちらになります。各部の摩耗状況の点検ですね。では、測ってみましょう。

因みに、画像上側の題目『インナとアウタ ロータのチップクリアランス』と『アウタローターとボディ径のクリアランス』とありますが、画像を見るに、シクネスゲージの差し込み位置が左右入れ替わってるような??題目が入れ替わってるのか?もしくは、絵が入れ替わってるのか?数値は、どっちが正しいんやろ??う〜ん、どの組み合わせが正しいのか?よう分からん。。。

数値からするに、おそらく絵のシクネスゲージ差し込み箇所だけが入れ替わってるんだとは思うんだけど。。。
5
まぁ、とりあえず測ってみますかね。まずは、ロータとボディのサイドクリアランスから。

ストレートエッジを持ち合わせてないんで、ノギスの側面を使って測りましたが、0.04mmがギリ入るくらいですね。標準値が0.02〜0.07mmなんで大丈夫でしょう。
6
んで、アウタローターとオイルポンプボディとのクリアランスを測ってみましたが、0.04mmが何とか入るくらい。

う〜ん、ちょっと怪しいサービスマニュアルですが、絵のシクネスゲージ差し込み箇所だけが入れ替わってるとするならば、標準値は0.1〜0.019mmが標準となってるんで、数値結果は狭すぎるんでしようか??もし、数値も入れ替わってるのかとするならば、標準値は0.02〜0.016mm。こちらの方が当てはまるような気はしますね。

まぁ、とりあえず広がってはないようなので、ヨシとしますかね。(汗)
7
んで、インナとアウタ ロータのチップクリアランスを測ってみます。結果は0.09mmです。

こちらの標準値もサービスマニュアルがあてにならないんで、0.1〜0.019mmが正解なのか?0.02〜0.016mmが正解なのか?よく分かりません。。。まぁでも、こちらも広がっては無さそうなんで、もうヨシとしときますかね。

ただ、数値結果からすると、やはり絵のシクネスゲージ差し込み箇所だけでなく、数値も入れ替わってるような気がしますねぇ。。。
8
では、オイルポンプに問題ない事が確認できたんで、洗浄準備にかかります。まずは、パッキン外してっと。

因みに、下側の写真のOリングは、初期H22Aのみ使われてて、BB6以降CL1なんかは、省略されてるパッキンになります。この穴は、前に『ストックエンジン KSTUNED バランサーシャフトエリミネーターkit組み付けvol.1』でオイルの流れを勉強した際にも説明してますが、バランサーシャフトを駆動させる為のギヤケース内のベアリングへとオイルを送ってる通路になり、今回バランサーシャフトを撤去してしまい、ギヤケースは付けずにメクラブタしてしまいますので、不要な通路になりますね。
9
っで、クランクシャフトとフロント側バランサーシャフトのオイルシールを裏から叩いて取り外し。オイルポンプを外すと裏から叩けるんで、表からマイナスドライバーで引っ掛けて外すよりもハウジングに傷を入れるリスクが少なくていいですね。
10
っで、今回リリーフバルブ内もきっちり洗浄したいんで、リリーフバルブも外します。リリーフバルブは、油圧がある一定の圧力を超えた際、かかり過ぎた油圧をオイルポンプ前へ逃して、油圧のかかり過ぎを防いでるパーツになります。

こちらも、また後ほどメンテナンスしますかね。
11
んで、オイルポンプからオイルフィルターへと高圧のオイルを送る通路の先端にあるメクラプラグを取り外し。因みに、ここのアルミガスケットは販売終了品です。。。M22/外径29mm/2mm厚のアルミワッシャーですが、他で手に入るといいんだけど。。。最悪は、液体ガスケット塗って再使用ですね。。。

もしくは、ここに油圧センサー組めば、最も油圧がかかる箇所の計測ができるんですかね。けど、油圧はポンプ直後でなく、少し先の油圧が少し落ちてるであろうところで読みたいところ。

とりあえず、オイルポンプユニットの分解が出来たんで、洗浄しますかね。
12
その前に、リリーフ・プランジャって言うんですかね?リリーフバルブ内の油圧を受けてバネを押し下げるピストンのようなパーツになりますが、そいつを軽くピカールで磨いておきました。磨いておくと、滑りが良くなり幸せになれる??との事。。。
13
っで、またメタルクリーンαに漬け置きして洗浄。綺麗になりました♪♪

さて、ここからパーツを組み上げていくのですが、まずはとある部品の組付けをしなくてはいけませんので、次回組付けしていきます。

イイね!0件




関連コンテンツ

関連整備ピックアップ

EGRバルブ、チャンバー清掃

難易度:

26年ぶりのマイクロロン

難易度:

ストックエンジン タイミングベルト組付け vol.2

難易度:

プラグとイグニッションコイル交換

難易度: ★★

オイルキャッチタンク洗浄/ホース交換 165800km

難易度:

エンジンオイル交換 Castrol EDGE RS 10W-50

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

「@ホエホエ. さん いやぁ〜、ホントセンターロック化したいですね!!ローライダーのワイヤーホイール用のタワーを使って加工すれば、どうにか組めるかな?と思ってるのですが、裏面がなかなかの特殊形状で。。。ってか、そもそも1本しかありませんけど♪♪(笑)」
何シテル?   09/29 08:21
以前は、ターボ車以外には興味が無く、スカイラインばかり乗ってきましたが、ひょんな事から、ホンダ車に乗る事になり、まずCD3に乗りました。見た目は、かなり気に入っ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

リンク・クリップ

クレーム代替品リビルトディストリビューター検証 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2022/12/23 22:38:21
エンジン搭載作業 vol.8(エンジン傾き手直し) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2022/11/05 05:13:04
ヒーターバルブ・ヒーターホース組付け vol.3(流用ヒーターバルブ探し) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2022/10/31 23:28:44

愛車一覧

ホンダ アコード ホンダ アコード
青アコに代わり、新しく相棒となって頂いた、100系(前期型)CD6MTです。 前オーナ ...
ホンダ アコード キャブアコード (ホンダ アコード)
お師匠様から『アコードの売りの話があるけど要らない??』とのご一報があり、既にアコードだ ...
ホンダ アコード 4スロアコード (ホンダ アコード)
2015/10/27 ナンバー切って動態保存中。。。 初めは、USDMを目指していまし ...
ホンダ その他 MacLaren Honda MP4/4 (ホンダ その他)
現在製作途中のデアゴスティーニ マクラーレンホンダMP4/4です。 製作レポートをこち ...
ヘルプ利用規約サイトマップ

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車、今いくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
© LY Corporation