• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

JIM KANOHのブログ一覧

2018年12月10日 イイね!

2018-2019 アジアン・ル・マン・シリーズ第2戦 富士4時間耐久レース

2018-2019 アジアン・ル・マン・シリーズ第2戦 富士4時間耐久レース」を見るために、12月9日に富士スピードウェイに行ってきました。
アジアン・ルマン・シリーズは、「ル・マン24時間レース」などのFIA世界耐久選手権(WEC)を頂点に、ヨーロッパ、アメリカ(2013年で発展的終了)、アジアで開催されている耐久レースシリーズのひとつです。
日本では、「ジャパン・ルマン・チャレンジ」が2006年と2007年に開催されていて、私も2007年に練習走行を見に行きましたが、思いのほか参加車両が増えず、残念ながら2シーズン限りで終了しています。
ル・マン・シリーズは、各地域で参加車両に微妙な違いがあるのですが、アジアン・ル・マンは、2009年から紆余曲折を経ながらシリーズを続け、2018-2019年は2018年10月から2019年2月にかけて全4戦を開催。
上海(11月23-25日、中国)、富士(12月7-9日、日本)、ブリーラム(1月10-123日、タイ)、セパン(2月22-24日、マレーシア)、と、過去2年とほぼ同じスケジュールで行われます。
カテゴリーは、LMP2、LMP3、GTの3カテゴリーで、LMP1がない替わりに、WECではまだ登場していないLMP3が楽しめます。
2018-19年は、上海には参戦したジャッキー・チェンDCレーシングが富士には来ていないのが残念なところですが、それでも、LMP2が7台、LMP3が8台、GTが5台、と耐久レースとしてもまずまずの台数がそろいました。
また、入場料が2000円で駐車料金は入場料に含まれ、2018-19年は入場券があればピットウォークも決勝のグリッド入場もできるのが嬉しいところです。ちなみに、近隣住民は、証明書を見せれば入場無料です。
ただ、2018-19年は、決勝が行われる日曜日にはサポートレースはなく、アジアン・ル・マンだけの開催になります。そのためか、前年まで行われていたパドックでのイベントもありませんでした。
そのかわり、ピットウォークとグリッド入場が前述の通りで、場内実況も場内テレビもあり、SUPER GTやSUPER FORMULAに遜色ないレースイベントとなっていました。日曜日のスケジュールは、以下の通りです。

9:55~10:35 アジアン・ル・マン・シリーズ ピットウォーク
11:35~11:50 アジアン・ル・マン・シリーズ グリッド入場
12:00~16:00 アジアン・ル・マン・シリーズ 決勝
私は、ピットウォークが始まるのに合わせて余裕を持って出かけ9時30分には着いたのですが、クルマはパドックに近いP19にとめ、ここを拠点にしました。
オフィシャルプログラムは600円と、一般的な1000円に比べると安く、厚みは少し薄いものの広告を除けば実質的なページ数はそれほど見劣りせず、リーズナブルでした。
ピットウォークは、SUPER GTやSUPER FORMULA同様、チームがピット前にイスと机を出し、ドライバーがサインや写真などに応じていました。また、チームにより、マシンとドライバーの写真やプロフィールなどが書かれたカードを用意し、そこにドライバーが流れ作業でサインを書き、希望者に配布していました。私も、もらえるだけもらいましたが、なかなかいいシステムだと思います。
グリッド入場は、15分と短めではありますが、参加台数も20台と手頃で、余裕を持って見たり写真を撮ったりすることができました。ただ、この頃から霧雨が降り始め、チームはタイヤを急遽用意するなど、タイヤ選択に頭を悩ませるようになります。
私は、スタートから15分ぐらいはピットビル屋上で見て、それから徒歩でレクサスコーナーに移動したのですが、雨にみぞれも混じるほど気温が下がり、コーナーの立ち上がりではリアが滑るほどになりました。
各チームも、いつピットに入るか、タイヤ選択はどうするか、悩んだようで、タイムにも差が出てきます。私も、立って見ているのも大変なので、ここからしばらくは、クルマでダンロップコーナーの外側に移動し、1時間半ぐらいは車内から観戦していました。
残り1時間ほどになると雨もほとんど上がってきたため、ダンロップコーナーの内側に移動し、写真を撮りながら観戦しました。また、レース終盤は、アドバンコーナー(ヘアピン)とピットビルの屋上で観戦しました。
LMP2とLMP3は、それぞれ2台で優勝を争う形になり、レースとしてはまずまず面白くなりました。結果は、LMP2がアルガーブ・プロレーシングの24号車リジェJS P2ジャッド、LMP3がユナイテッドオートスポーツの3号車リジェJS P3、GTがカーガイの11号車フェラーリ488GT3、がそれぞれ優勝。表彰式は、表彰台のすぐ下に移動し、表彰台を見上げる形で楽しみました。
レースもプロフェッショナルで、パドックフリーでピットウォークもグリッド入場もできて、2000円でこれだけ楽しめればコストパフォーマンスは高いです。翌シーズンも、ほぼ同条件での開催なら、ぜひ観戦したいと思います。
写真96枚はこちらです。
Posted at 2018/12/10 21:24:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | モータースポーツ | 趣味
2018年12月06日 イイね!

「PROJECT CARS 2」の75

「PROJECT CARS 2」のご紹介の続きです。

キャリアモードのティア1「TCマスターズセミチャンピオンシップ」です。シリーズレングスがショートなら全2戦、フルなら全5戦、となります。ここでは、ショートを選択しました。
クルマは、BMW 320TC(E90)、メルセデスAMG A45 SMS-Rツーリング、ルノー・メガーヌR.S. SMS-Rツーリング、がありますが、「アジアチャンピオンシップ」、「ユーロチャンピオンシップ」、「USチャンピオンシップ」のいずれかで乗ったクルマになり、プラクティス、クォリファイ、レース(8、5周)、と進みます。

Round 1: レッドブルリンクナショナル
Round 2: サーキット・オブ・ジ・アメリカ
Posted at 2018/12/08 17:56:46 | コメント(0) | トラックバック(0) | Xbox、PS4・Vita、NSW、3DS | 趣味
2018年12月04日 イイね!

「PROJECT CARS 2」の74

「PROJECT CARS 2」のご紹介の続きです。

キャリアモードのティア1「TCマスターズインターナショナル」です。「アジアチャンピオンシップ」、「ユーロチャンピオンシップ」、「USチャンピオンシップ」があり、シリーズレングスがショートなら全2戦、フルなら全4戦、となります。ここでは、「アジアチャンピオンシップ」のショートを選択しました。
クルマは、BMW 320TC(E90)、メルセデスAMG A45 SMS-Rツーリング、ルノー・メガーヌR.S. SMS-Rツーリング、のいずれかに乗り、プラクティス、クォリファイ、レース(7、8周)、と進みます。

Round 1: サキットスプリント
Round 2: ルアプナパークGP
Posted at 2018/12/04 21:29:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | Xbox、PS4・Vita、NSW、3DS | 趣味
2018年12月02日 イイね!

11月の更新情報&プレイしたゲーム

このブログにおいて記事を更新する頻度は低いのですが、みんカラ利用者の方へのご案内として、月ごとの更新情報をお知らせしています。11月の更新情報は、以下の通りです。

11月10日 「ATTIC ITEM&EVENT」に「スマートフォン「モトローラ Moto G6 Plus」レビュー」を追加(みんカラ掲載)。
11月18日 「SLOT CAR」に「23rdホビーフォーラム2018」を追加(みんカラ掲載)。

コンテンツ: XBOX ONE PLAY REPORT
※このコンテンツは、ほぼ毎日、更新しています。Xboxのプレイリポートを中心に、スロットカーとモータースポーツの記事があります。
XBOX ONE PLAY REPORTのミラー

また、最近はみんカラにも同一の記事を掲載することが多いので、11月にプレイしたゲームをプレイ時間が長いと思われる順に、Xbox Oneに関しては一部を除き私のプレイ動画と合わせて紹介します。上の写真は、私の11月のプレイ状況です。
下の写真は、クリックすると、私のプレイ歴とゲーマースコアが一覧できます。以前は、実績のコンプリートや実績解除率にこだわっていましたが、元々、ダウンロードコンテンツ、特にマルチプレイ専用のものは買う気がないのと、サイト(メインブログ)の毎日更新に間に合わせる必要があるため、最近は、こだわりこそあるものの固執はしておらず、以前ほど各タイトルの実績が伸びません。

1. RISE OF THE TOMB RAIDER (Xbox One) 私のプレイリポート


2. PROJECT CARS 2(Xbox One) 私のプレイリポート


3. SYBERIA 3 (Xbox One) 私のプレイリポート


4. ASSASSIN'S CREED SYNDICATE (Xbox One) 私のプレイリポート


5. MOSS (プレイステーション4)


6. UNTIL DAWN (プレイステーション4)


7. MONOPOLY PLUS (Xbox One)


8. THE AMERICAN DREAM (プレイステーション4)
2018年12月01日 イイね!

ブラックフライデーセールで「PlayStation VR - Astro Bot Rescue Mission + Moss Bundle」購入

毎年、参戦を楽しみにしているアメリカのブラックフライデーセールですが、2018年は、「PlayStation VR - Astro Bot Rescue Mission + Moss Bundle」が通常価格$299.99の$100引きの$199.99、「PlayStation VR - Creed: Rise to Glory + Superhot Bundle」が通常価格$349.99の$100引きの$249.99、でそれぞれ販売されるということが事前に判明しており、そのいずれかを買うことに決めていました。
いざブラックフライデーセールがふたを開けてみると、アメリカのリテイラーはこの両バンドル以外のバンドルを大きく値引きして販売することはなく、日本では「PS VR」自体を安売りすることもなく、アメリカからどちらかを買うことになりました。
事前に、かなりの時間をかけて、アメリカと日本の公式サイトや個人サイトなどで「PS VR」対応・専用ソフトについて調べたり、通販サイトで価格やレビューを調べたりしたのですが、どちらを買うかは最後まで迷いました。
両バンドルの最大の違いは、「PlayStation Move モーションコントローラー」2本が付属するかどうかで、単純に価格を比較すると、$249.99のバンドルを購入する方が送料が高くなる分を加えても、後から2本追加で購入するよりも3000円ほど安くなります。

しかし、同梱ソフトは両者で大きく異なり、個人的に画がきれいで面白そうと考えられたのは「Moss」だけで、それ以外の3本は$9.99でも買うかどうか、特に、$249.99のバンドルの2本は$4.99でも微妙です。
そんなわけで、「PlayStation Move モーションコントローラー」2本を後から追加で買ったとしても、ソフト分で$199.99のバンドルの方がお得ということになりそうなため、$199.99のバンドルを買うことにしました。
買ったのは、結果的にはAmazon.comで、$199.99、Shipping & Handling $21.73、Import Fees Deposit $17.74、Grand Total $239.46、になりました。Import Fees Depositは、多めにとられているので、後ほど少し帰ってくると思います。
発送は、USPSの通常便を選んだので1週間ぐらいかかると思っていたのですが、以下のように驚くほど速かったです。私は、海外通販は何百回とやっていますし、当然、アメリカからが多いのですが、通常便でこんなに早く着くのは異例です。

Wednesday, November 21 4:57 PM Delivered
Wednesday, November 21 2:20 PM Package has left the carrier facility Tokyo, JP
Wednesday, November 21 12:31 PM Initiated customs clearance process Tokyo, JP
Wednesday, November 21 11:00 AM Package has left the carrier facility Narita, JP
Wednesday, November 21 10:18 AM Package arrived at a carrier facility Narita, JP
Tuesday, November 20 8:12 AM Package has left the carrier facility Anchorage, AK US
Tuesday, November 20 6:50 AM Package arrived at a carrier facility Anchorage, AK US
Tuesday, November 20 3:08 AM Package has left the carrier facility Ontario, CA US
Tuesday, November 20 2:30 AM Package has left the carrier facility Ontario, CA US
Monday, November 19 6:32 PM Package arrived at a carrier facility Ontario, CA US
Monday, November 19 5:33 PM Package has left the carrier facility San Bernardino, CA US
Monday, November 19 3:02 PM Package arrived at a carrier facility San Bernardino, CA US
Monday, November 19 Package has left seller facility and is in transit to carrier US
また、「PS VR」ならゾンビゲームかホラーゲームだろうと思っていたのに今回のバンドルではどちらもなく、同梱版のソフト2本と体験版集だけでは面白みがないため、アメリカと日本の「PlayStation Store」と、いつも使っているアメリカ、イギリス、日本の通販サイトであれこれと検討し以下の2本を注文しました。
「PS VR」のホラーゲームなら王道の「Resident Evil 7 Biohazard」と、サティリカルVRトリップゲーム「The American Dream」の2本で、いずれもイギリスのショップで9.99ポンドと安く、送料も2本で4.99ポンドだったため、日本円で3700円弱で2本買えてしまいました。
「Resident Evil 7 Biohazard」は、「バイオハザード7 レジデント イービル ゴールド エディション グロテスクVer. Best Price」(3300円)が12月13日に発売されるのは分かっていたのですが、本編がどこにもない9.99ポンドという安さで買えるのは魅力でした。
「The American Dream」も、よそではこの価格ではなく、1本でも2本でも送料は同じ4.99ポンドなので、2本まとめて注文しました。これらは、11月17日に注文し、19日に発送され、29日に到着しました。
アメリカの「PlayStation Store」でも、サバイバルアドベンチャーゲーム「The Solus Project」が12月1日1時~4日1時限定で$19.99が$5.99と70%OFFになったため、こちらも購入。未知の惑星でサバイバルしながら謎を解いて脱出をめざすゲームで、「PS VR」専用ゲームではないものの、好評で長く遊べて面白そうだったため買ってみました。

「PlayStation Move モーションコントローラー」は、ブラックフライデーながらどこでもセール対象になっておらず、現金価格が4453円と最も安いノジマオンラインで11月23日に注文し、同日に発送され、24日に到着しました。
「PS VR」では2本セットで使うため、充電も2本同時にできた方が便利と考えて、「Dual Controller Charger Charging Dock Station Stand For PS4 Playstation PS MOVE」をeBay.comで注文。5.59オーストラリアドル、送料無料で日本円で482円でした。11月20日に注文し、同日に中国・広州から発送され、29日に到着しました。
「PlayStation Move モーションコントローラー」は、必須の体験版で試したところ、さすがに使い勝手が良く、動きも自然でした。充電器も、置くだけで2本同時に充電できる上、充電中はもちろんのこと待機中も、ゴロっと転がさないで立てておけるのも便利です。
「PS VR」は、独自のオーディオ技術で前後左右上下の音も正確に表現するようになっており、目の前に広がる仮想空間に立体的な音響効果を加えて臨場感を増しています。
専用のイヤホンも付属しているものの音質・音場面で頼りないし、家にある開放型のELPAのヘッドホン「RD-A30」は音質は少し上がっても音が抜けて臨場感が物足りません。
そこで、「PS VR」と干渉しない形状で、本体が610gあるので重くなりすぎず、密閉しすぎない密閉型で、音質面で評価が高く、価格も安いヘッドフォンを探しました。
候補になったのは、JVCの「HA-S160」、「HA-S400」、「HA-S500」、オーディオテクニカの「ATH-S100」です。これらは、2000円以下の廉価機種の中では評判が良く、「HA-S500」以外は「PS VR」と相性のいいホワイトが選べます。
しかし、「HA-S400」の上位機種の「HA-S500」の方が、ドライバサイズが40mmと10mm大きくテレビゲームでは重要な低音が強調されており、価格も400円以上安くなっています。そこで、色はブラックで我慢で、最安値のビックカメラで1490円(149ポイント)で11月25日に注文し、26日に到着しました。
早速、試してみましたが、さすがに密閉型だけあり、かけた時のフィット感は抜群で、音もしっかりと耳に留まり、臨場感や方向性も高まっています。
「PS VR」のボリュームは0-25で、専用のイヤホンは20、開放型のヘッドホンは17-18、にしていたのですが、これだと12-13でも十分に音が聞こえます。密閉性が前2つよりも高いため、それらでは聞こえなかった環境音も聞こえるのが嬉しいところです。
唯一の誤算は、前2つは装着してから「PS VR」をかけることができたのですが、これはヘッドセットが干渉するため先に「PS VR」をかける必要があることです。幸い、その順番だとほとんど干渉しないので無事に使うことができています。

そんなわけで、まだプレイし始めたばかりですが、最初にやった配信開始されたばかりの無料VRアニメーション「Crow: The Legend」からして驚愕のVR体験で、そのすごさに買って良かったと思わされました。ゲームとしては、「Moss」を手始めに、最初の4本からプレイしていこうと思います。
それにしても、2年前に買った「プレイステーション4スリム-アンチャーテッド4バンドル」も、今回の「PlayStation VR - Astro Bot Rescue Mission + Moss Bundle」も、アメリカのブラックフライデーセールでアメリカのAmazonから買っています。
日本でもブラックフライデーに同様のセールをしてくれたら日本で買いますが、ブラックフライデーでバンドルが$100割引されていると、送料と関税を払っても日本で普通に買う価格よりも大幅に安く買えます。ソニーは日本の会社なのですから、本体やバンドルもアメリカ同様のセールを行ってほしいものです。
Posted at 2018/12/01 18:40:17 | コメント(1) | トラックバック(0) | ショッピング&レビュー | 趣味

プロフィール

こんにちは、JIM KANOHです。 メインサイトの「JIM'S ATTIC」http://home.netyou.jp/cc/jimkanoh/inde...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

ビッグバン 
カテゴリ:SLOT CAR
2012/08/30 10:24:44
 
サッキーズ・コレクションズ 
カテゴリ:SLOT CAR
2010/10/02 19:55:49
 
ボーダーレイヴァーズ 
カテゴリ:SLOT CAR
2009/10/26 09:30:16
 

お友達

スロットカーで情報交換orオフ会できる方、
Xbox(実績147000超)、PS4・Vita、NSW、3DS、
国内モータースポーツ、日本ハムファイターズで
情報交換できる方、お友達になってください。
「足あと」or「イイね!」はお互いに残しましょう!
45 人のお友達がいます
super_HRDsuper_HRD * ぐる&#215;ぐるぐる×ぐる
ボビ。ボビ。 ぶるすぽぶるすぽ
ざりがにざりがに ファイターズ・LOVE!ファイターズ・LOVE!

ファン

31 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ RX-7 マツダ RX-7
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ あなたのXboxかスロットカー ...
いすゞ ジェミニ いすゞ ジェミニ
1台目、1年半所有。 100万円に近い価格で買えるクルマの中から、スタイリングとセイシェ ...
ホンダ CR-X ホンダ CR-X
2台目、2年11ヵ月所有。 クルマの運転にも慣れ、ジェミニのパワーに不満が出たところで、 ...
マツダ RX-7 マツダ RX-7
3台目、7年所有。 CR-Xに不満を感じ始めていたところ、憧れのRX-7でFD3Sがいよ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.