• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

a-Dogのブログ一覧

2015年05月19日 イイね!

「アゥッ!」「ポゥッ!」「ッアッ!」(笑)

「アゥッ!」「ポゥッ!」「ッアッ!」(笑)唯一無二にして偉大なる先駆者

永遠のキング・オブ・ポップ

マイケル・ジャクソン

その楽曲には必ずと言っていいほど、「アゥッ!」「ポゥッ!」「ッアッ!」といった合いの手(?)が入ります。

おなじみすぎて、コレがなかったら物足りないですよね。(笑)

今回はそんな、マイケル・ジャクソンの合いの手のみをフィーチャーして可能な限り全コンプリート収録したと

思われる動画、「Every Michael Jackson Grunt」を見つけてきました。

ただ、YouTubeに投稿されている同作をご覧になっていただければおわかりいただけるかと思うのですが、

動画の画面に登場している静止画は、マイケルご本人……ではなく、マイケルのコスプレをした男性。

このことから、流れている声はこの男性によるものと予測できます。

この方が、ただひたすらに「アゥ!」「フーフー!」と部屋に籠って録音したと想像すると、

なかなかシュール

そしてこの部分のみチョイスした音源は、それに輪をかけて超絶シュール

「息遣い」の部分が多すぎて、誰かと聴いたらちと、気まずいムードが流れてしまいそうな予感すらします。

そこが、逆に面白い。(ノ∀`)



しかし、聴いているとどうしても、「マイケル、落ち着け・・・」と

声をかけたくなってしまう、そんな約3分半です。(笑)

Posted at 2015/05/19 01:48:57 | コメント(1) | トラックバック(0) | 音楽 | 日記
2015年03月11日 イイね!

元々、あの曲はこのCMに使われていたんです。

  元々、あの曲はこのCMに使われていたんです。E.L.O. エレクトリック・ライト・オーケストラの

Twilight』は元々、

セリカXXのCMに使われていた曲なんです。

後にDAICON4オープニングアニメや

ドラマ『電車男』オープニングテーマなど

日本におけるタイアップが多いのですが、最初に使ったのがセリカのCMだったのです。



だからこの曲、大好きです。(笑)



DAICON オープニングアニメにココロ囚われて、人生取り返しの付かなくなった人間の多いコト・・・。(僕もですが・・・)



これを作った人もココロ囚われて、作っちゃったんですかね?(笑)



ST185のCMでも使ってくれてたらよかったのに・・・。(´・ω・`)

未だにエディ・マーフィーのあのCMに納得いかないのです。(笑)

Posted at 2015/03/11 21:50:23 | コメント(3) | トラックバック(0) | 音楽 | 日記
2014年11月26日 イイね!

きっと誰もが耳にしたことがある。

きっと誰もが耳にしたことがある。きっと誰もが耳にしたことがある

映画「ゴジラ」のテーマ音楽。

このテーマを生み出したのは

今年生誕100年を迎える作曲家、

伊福部昭さん(1914~2006)で当時、怪獣映画というジャンルはまだなくて、

誰も見たことのない怪獣に一体どんな音楽を付ければよいのか考え抜いた結果、生まれたのがこの音楽でした。



伊福部音楽は、日本映画の黄金期を支えていた存在でもあります。

特に、「ゴジラ」を始めとする特撮映画音楽は、

今も多くの聴衆の支持を受け愛され続けています。





『ゴジラ』の音楽を担当以後、『ビルマの竪琴』や『座頭市』シリーズなど多くの映画音楽を手掛けました。





また、NHKをはじめとするテレビ各局で使用されている緊急地震速報音(チャイム)の作成者でもあるんですよ。

Posted at 2014/11/26 00:38:25 | コメント(3) | トラックバック(0) | 音楽 | 日記
2014年10月02日 イイね!

坂本龍一「未来派野郎」。

坂本龍一「未来派野郎」。1986年に発売された”教授”こと坂本龍一さんの

アルバム「未来派野郎」。

僕は子供の頃から知る人ぞ知る、

YMO」や「スネークマンショウ」を

年の離れた周りの人から聞かされていたので

この方とは随分、長い付き合いになります。(笑)

んで、このアルバムはすでに28年前に発売されたものですが時代を感じさせない作品です。

アルバム全体の曲調はポップな曲が多く聴きやすいアルバムとなっていて、

坂本龍一ファンではなくてもサラリと聴ける感じです。


アルバムタイトル「未来派野郎」は20世紀初頭にイタリアなどで起こった

前衛芸術運動「未来派」から付けられたタイトルです。

今でこそ芸術は社会とは切り離され自由な表現が出来るようになりましたが、

その頃は色々な目で見られていたのでしょうね。

まぁ、日本もかなり以前は「エレキギターは不良の象徴」などと言われたこともあったようですが・・・。

その思想をしっかりと表しているのがこのアルバムで教授のアルバムとしては珍しく

攻撃的なロック調が多いのも、この「未来派」に則った作りだからでしょう。


で、このアルバムで僕のお気に入りは1曲目に収録されている

Broadway Boogie Woogie」。

教授にしてはスピード感のあるロック調の曲です。



さらにこの曲の特長はどこかで聴いた事のあるSEがちりばめられています。

というか、PV見たらおわかりでしょうけど、男女が会話しているようなSEは

近未来を描いた映画「ブレードランナー」から引用しています。

「ブレードランナー」ファンならちりばめられた音声だけでも場面を思い出し、未来っぽさを感じられる曲です!



んで、もう1曲は「Ballet Mécanique」。

知る人ぞ知る名曲です。中谷美紀さんが「クロニック・ラヴ」という曲でカバーしていたようですが、

「クロニック・ラヴ」しか聴いたことがない人は是非こちらを聞いてもらいたいです。



時計やカメラの音をサンプリングした音でちょっと寂しそうなリズムから始まるこの曲。

そして途中からテンポアップしギターも激しさを増します。

まるで行き場のないフラストレーションをぶつけるかのように・・・。

そして一番心にしみるのは最後の歌詞

ボクニワ ハジメト オワリガ アルンダ

コオシテ ナガイ アイダ ソラヲ ミテル

オンガク イツマデモ ツヅク オンガク

オドッテ イル ボクヲ キミワ ミテル



何となくファンタジックでそれでいて近未来を美しく描いたような・・・。

寂しげな歌声が心に残る良い曲です。

歌詞は、機械仕掛けの踊る人形がそれを見つめる女の子に恋をするという寂しくも美しい内容です。



どこかで聞く機会などあれば是非。(笑)

Posted at 2014/10/02 02:22:49 | コメント(1) | トラックバック(0) | 音楽 | 日記
2014年06月12日 イイね!

科学的デザインが描かれたロック・アルバムのジャケット。

科学的デザインが描かれたロック・アルバムのジャケット。音楽(特にロック)と

サイエンス・フィクションというのは

非常に相性が良いのではないかなと思ってます。

で、それが「サイエンス」だけで

ノンフィクション」だったら・・・?

・・・それでも、多分、相性バッチリだと思います。 というワケで、欧米のミュージック・シーンに登場した、

科学的なモチーフをジャケットにしたアルバムを探してみました。


最初の画像はレッド・ツェッペリンの『LATTER DAYS:ベスト・オブ・レッド・ツェッペリン VOL.2』です。

ギタリストのジミー・ペイジさんがオカルトや黒魔術に傾倒していた、というウワサの真意はさておき・・・。

.現代科学技術の粋を集めた宇宙船に乗り込むパイロットの格好をしたレッド・ツェッペリンの面々。

イギリス人の彼らがなんでNASAの宇宙服を着ているのかという疑問は持たないほうが良さそうです。(笑)



で、こちらはメタリカの『デス・マグネティック』。



マイリプス!」とついつい一緒に叫びたくなってしまうこのアルバム。(笑)

棺桶を中心に広がる磁界というのが、タイトルそのものですね。



そして、ピンク・フロイドの『狂気』。



もうピンク・フロイドと言えばコレ!ってなくらい有名なプリズムのグラフィックですね。



で、最後にオマケでボイジャーのゴールデンレコード



1977年に打ち上げられた2機のボイジャー探査機に搭載された、金色のレコード盤です。

いつの日か、高度な知能を有する地球外生命体によって発見・解読されたら良いな、という

人類のロマンと夢が詰まったこのレコードは、ジャケットに音声と動画の再生に必要な

回転速度や、針の高さ、再生時間などが図解で描かれています。

これこそが、史上最高の科学的デザインが施されたアルバム・ジャケットでは?(笑)

 
Posted at 2014/06/12 23:57:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽 | 日記

プロフィール

「[ハイタッチ!drive] ハイタッチ!drive
2018年10月21日 08:27 - 22:34、
155.07 Km 3 時間 25 分、
バッジ35個を獲得、テリトリーポイント320pt.を獲得」
何シテル?   10/21 22:35
a-Dog[エードッグ]です。よろしくお願いします。 少し前、大阪で絵描きしてました。 今は地元で病弱会社員しております。 ST-18#は少し古い...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

OpenSky 
カテゴリ:趣味のサイト
2013/08/11 18:42:58
 
バリィさん公式サイト 
カテゴリ:趣味のサイト
2013/02/20 03:51:07
 
YouTube 
カテゴリ:趣味のサイト
2012/04/15 02:44:30
 

お友達

興味が沸いた方でお誘いあれば
車種も人種も性別も不問です。
基本的に恥ずかしがりやさんなので
お誘いくださるとうれしいかもです。
84 人のお友達がいます
MasaGotoMasaGoto * きむちゃん165きむちゃん165 *
若旦那@讃岐藩士若旦那@讃岐藩士 * 159ti159ti *
KITTKITT ash♪ash♪

ファン

48 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ セリカ トヨタ セリカ
ST-185#です。 不慮の事故により真横から突っ込まれ、ドアモール横のステッカーがボロ ...
ホンダ NSR250R ホンダ NSR250R
車を所有してなかった時にこれでどこでも走ってました。 今見るとリアタイヤほそいねぇ。(笑 ...
ダイハツ シャレード ダイハツ シャレード
イタリアのデ・トマソが監修したシャレード・デ・トマソ・ターボです。 軽快な走りを支えた3 ...
マツダ AZ-3 マツダ AZ-3
オートザムチャンネルで販売されたため、オートザムAZ-3を名乗っていました。 AZはオー ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.